【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

私は税理士になりたいと思い、経営学科に進みたいと考えているのですが、大学の推薦の面接でよく「なぜ、経営学科?」と聞かれるそうです…
どう答えればいいのでしょうか?
今準備の段階で困っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>私はみんなとは違って、この大学に入りたい!という思いから税理士を選んだのだと思います。



その気持ちも大切なことだと思います。そもそも志望動機がどこから始まるかというと、「この大学に入りたい!という思い」なのですから。

>では自己推薦書や面接で「志望理由は?」と問われたら、「私はこれまで学校で学んできた中で税金や会計に興味を持ちました。貴学に入って会計学などを学び、それを行かせる税理士などの仕事に就いて人々の役に立ちたいと思いました。貴学を志望したのは、貴学の~~という他の大学とは違う学習方法に魅力を感じたからです。」と答えればよいのでしょうか?

私としてはそれでいいと思います。
もし強いて言うなら

>これまで学校で学んできた中で税金や会計に興味を持ちました。
学校で何を学んだ結果税金や会計に興味を持ったのか。

>貴学の~~という他の大学とは違う学習方法に魅力を感じたからです。
ここについては必ずしも他学と違うところが明確にあるとは限りませんが、もしそのようなことがあれば、その大学のカリキュラムの中で質問者さんが魅力に感じたことを述べればいいと思います。

では、頑張ってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

税金に興味を持ったのは、すべての人に関わるということからです。

大学に魅力を感じたところがあったので、それも書こうと考えています。

1回このように書いて提出してみようと思います。
これからは面接練習も入ってきます。それに向けて準備もあります。
また問題がでてくると思いますので、また返答お願いいたします。


面接では「日本の企業の改善すべき点は?」「なで日本は不況?」「今の日本経済に影響をおよぼしたものは?」などという質問もあるそうです。
これについてもアドバイスお願いいたします。
色んなお願いを聞いていただき、本当にありがとうございます。本当に感謝しています。

お礼日時:2010/10/16 13:57

私は今、税理士とは何の関係もない仕事に就いていますので、税理士の仕事そのものについては知識がありませんが、できるだけアドバイス差し上げられればと思います。




>またなぜ税理士になろうと思ったのかについても考えなくてはなりません。
私なりに税理士ときっかけを結びつけようとして「中学の授業で税金について学び、すべての人に関わる税金について詳しくなりたい」と書いて提出したところ、「税金に詳しくなる=税理士」にはできないといわれました。

問題は、
・なぜ税に興味を持ったのか
・税の知識を得て何がしたいのか

ということだと思います。ただ、補足の文章を読む限りはっきりとしたビジョンがあるわけではないようなので、

>私は経験やエピソードがないのでそこで止まってしまいました。
どう結びつければ良いのでしょう…。

ということになってしまっているのだと思います。

気を悪くされるかもしれませんが、「税理士」というキーワードに必要以上にこだわってしまっていませんか?
つまり、「中学の授業で税金について学び、すべての人に関わる税金について詳しくなりたい」ということだけで実は十分なのではないか、ということです。そこに税理士ということを無理にくっつけようとするから話に無理が出てきているような気がします。

確かに大学というのは希望の職に就くためのプロセスであることは否定しません。
しかし、大学で学ぶこと自体が大学を目指す目標になりうるものだと私は思っています。
質問者さんの場合、「税金に詳しくなりたい」という希望があります。
ただ、「税金に詳しい=税理士」というのがやや短絡的なのではないか、ということを先生もおっしゃっているのだと思います。

この質問に答え始めてから疑問に思っていることなのですが、
「これまで学校で学んできた中で税金や会計に興味を持った。この大学に入って会計などを学び、それを生かせる税理士などの仕事に就いて人々の役に立ちたいと思った」というようなシンプルな形ではだめなのでしょうか。
「まず税理士になりたいと思っている。そのために…」という形に持っていこうとしているから無理が出てきているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに私は「税理士」にこだわっていたのだと思います。
クラスのみんなは将来の夢がはっきりしていて、そのために大学や学科を決めているので…
私はみんなとは違って、この大学に入りたい!という思いから税理士を選んだのだと思います。

では自己推薦書や面接で「志望理由は?」と問われたら、「私はこれまで学校で学んできた中で税金や会計に興味を持ちました。貴学に入って会計学などを学び、それを行かせる税理士などの仕事に就いて人々の役に立ちたいと思いました。貴学を志望したのは、貴学の~~という他の大学とは違う学習方法に魅力を感じたからです。」と答えればよいのでしょうか?
この文章に何か訂正すべき点などありましたら、また返答お願いいたします。
このように自己推薦書に書いてまた先生に見てもらい、訂正されて完成に近づきたいと思います。

お礼日時:2010/10/14 20:18

>でわ経済学科もJP-21さんの大学にはあったのですか?



ありましたよ。経済学部の下に二つの学科がある形でした。日本海岸にある某国立大ですが。

>私の志望校にも経済学科と経営学科があります。
質問には、まず「志望理由は?」です。そこで、税理士になりたいので貴学で~~を勉強したい。と言った方がいいのでしょうか?「なぜこの大学か?」と突っ込まれると指摘されました。

ベースになるのは「経営学科に入って何をやりたいか」ということだと思います。質問者さんの場合は税理士になりたいという目標があるわけですから、「税理士になりたいので貴学で~~を勉強したい。」という形でいいと思います。たぶん~~の部分は会計や税務に関することになるでしょうね。
その上で、質問者さんなりに調べたその大学の良さ、例えば会計についてのカリキュラムが充実している、または卒業後の進路で税理士に進んでいる人が多い、ということがあればそれを盛り込むのもいいと思います。
どうするにしても、その大学でどんなことが勉強できるかというリサーチは当然必要です。できればどんな科目(例えば簿記、税務会計など)が履修できるかということまで調べられるといいですね。

>また、経済学科と経営学科の違いは?などという質問もされるかもしれません。
私の認識では、経済学科は理論的。経営学科は実利的。と簡単に区別していますが、実際はどうなのでしょう…

私も入試の時は、推薦ではありませんでしたが面接でした。でも経済学科との比較をするような質問は一切ありませんでしたが、念のため。

経済学は有限の資源をどのように配分するのが一番合理的なのか、ということを研究する学問です。ですので社会の全体を研究の対象とする学問であるといえます。

経営学はもともと組織の運営を研究の対象としています。一般には企業組織を研究することが多いですので、企業の運営に必要な簿記・会計を含めて学部・学科を形成していることが多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学では簿記論、会計学を学ぼうと考えています。

またなぜ税理士になろうと思ったのかについても考えなくてはなりません。
私なりに税理士ときっかけを結びつけようとして「中学の授業で税金について学び、すべての人に関わる税金について詳しくなりたい」と書いて提出したところ、「税金に詳しくなる=税理士」にはできないといわれました。
私は経験やエピソードがないのでそこで止まってしまいました。
どう結びつければ良いのでしょう…。
これについても返答お願いいたします。

お礼日時:2010/10/12 20:58

>ありがとうございます。


つけたしですが、
経営学科を卒業後に税理士になる方はいます。
私は、昔から税理士になりたいと考えていませんでした、この大学に推薦で入りたいと思って、税理士という職業を選びました。
志望大学に過程はありませんが、簿記論、会計学はあってそれを学びたいと思っています。


了解いたしました。申し遅れましたが私6年半ほど前に経営学科を卒業しているので、ちょっと消えかかってますがその時の記憶を掘り起こして、僭越ながらアドバイスを差し上げられればと思います。

まず質問文にある税理士ですが、主要な業務が税務に関わることですので、会計学を含めても経営学科で学ぶことがそのまんま役に立つかというと、必ずしもそうでもない部分が多々あると思います。経営学科で普通に勉強していたら、たぶん税制についての知識なんてほとんど身に付きません。

カリキュラムの中にひょっとしたら「税務会計」に関するものがあるかもしれませんが、志望理由として「税理士になりたいので税務会計を学びたい」というのはちょっと弱いかもしれません。もしかしたらそれがないかもしれませんし。

むしろ、この大学で会計学を学び、その理論と技術を生かす道の一つとして税理士を考えている、とした方が説得力をだせるかもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ丁寧な返答ありがとうございます。
経営学科のご卒業でしたか!でわ経済学科もJP-21さんの大学にはあったのですか?
私の志望校にも経済学科と経営学科があります。
質問には、まず「志望理由は?」です。そこで、税理士になりたいので貴学で~~を勉強したい。
と言った方がいいのでしょうか?「なぜこの大学か?」と突っ込まれると指摘されました。

また、経済学科と経営学科の違いは?などという質問もされるかもしれません。
私の認識では、経済学科は理論的。経営学科は実利的。と簡単に区別していますが、実際はどうなのでしょう…

また返答くれると嬉しいです。
これからも面接練習や志望理由書の下書きなどあり、また分からない事が出てくると思うので、そのときにまたアドバイスをくれると嬉しいです。

お礼日時:2010/10/12 18:05

志望の大学に税理士になるための課程があるならそのまま答えればいいし、なければ根本的に見直しが必要。



つまり「税理士になりたい→経営学」が本当に合っているの?ということ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
つけたしですが、
経営学科を卒業後に税理士になる方はいます。
私は、昔から税理士になりたいと考えていませんでした、この大学に推薦で入りたいと思って、税理士という職業を選びました。

志望大学に過程はありませんが、簿記論、会計学はあってそれを学びたいと思っています。

お礼日時:2010/10/12 15:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指定校推薦の志望理由書

某大学の経済学部経営学科の志望理由書を書こうとしています。将来、何をしたいかを書いたほうがいいと思うんですが、今のところ、何をしたいかが決まっていないのです。書き始めも含めて書き方を教えてください!!

Aベストアンサー

私も指定校ではありませんが、某大学経済学部に推薦入試で大学に入学し卒業した者です。
書き方についてですが、特に決まった様式はありません。
志望する大学に建学の理念などの教育方針があるのならば、それに賛同する意見を書くと合格しやすいかもしれません。私はそうしました。
何をしたいかですが、経済学部にあった職業なりやりたいことを書いておけばよいです。
それが、たとえ嘘でもあっても、面接で聞かれても嘘を貫き通しましょう。

Q税理士の方、税理士を目指している方に質問です。

皆さんが税理士を目指した理由を教えていただきたいのです。

私は現在大学二年生で、来年の簿・財同時合格を目指し9月頃から大原などに通う予定です。
そもそも私が税理士を目指したのは、簿記をやってみたら意外と面白く、大学生の間は勉強をしようと考えていたので、
勉強のやりがいがありそうで、年収も安定して、世間に認められている資格である税理士は私にぴったりだと思ったのが理由です。

まだ税理士の勉強は始めてないですが、今はしっかりと毎日勉強して税理士に一歩一歩近づこうという気持ちがあります。
しかしこのようなきっかけで始めた勉強が何年もモチベーションを保てるのかな?という不安もあります。

そこで実際に皆さんの税理士を志した理由や、現在の状況などを教えていただいて、自分のモチベーションにつなげたり、参考にしたいと考えております。

出来るだけたくさんの意見をいただけたらうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>税理士を目指した理由などを聞かせていただけますか?

私がこれを始めたのは単純な理由です。
私は経理を長年やっていましたが30代の半ばにあるセミナーでよその会社の社員とお会いした時に、他社には良く勉強している人がいると言うことに気が付いたことがきっかけです。
それから再度簿記の基礎からやり直しをし、結局簿記1級まで取りました。そこでここで辞めるのは勿体ないと言う気持ちになり、どうせなら税理士までやってみるかと言う気楽な話でした。
初めは気楽でしたがその後ではこの試験の実態がわかるほど中途半端ではいけないという気持ちになり、結局5年間は本当に真面目に勉強したつもりです。合格は42歳です。
ただ私は最初の動機が上記のとおりなので、開業のつもりはありませんでした。
でもその後は会社の申告は定年までやらせてもらえましたし、国税局の調査も自分で対応し、調査官と方の解釈をめぐって理論闘争をするなど、互角は無駄にはならなかったと思っています。
その間に中高年で転職がありましたがそのときはこの資格は十分役に立ったと思っています。
なお今は年金世代ですがまだフルタイムの現役です。

>税理士を目指した理由などを聞かせていただけますか?

私がこれを始めたのは単純な理由です。
私は経理を長年やっていましたが30代の半ばにあるセミナーでよその会社の社員とお会いした時に、他社には良く勉強している人がいると言うことに気が付いたことがきっかけです。
それから再度簿記の基礎からやり直しをし、結局簿記1級まで取りました。そこでここで辞めるのは勿体ないと言う気持ちになり、どうせなら税理士までやってみるかと言う気楽な話でした。
初めは気楽でしたがその後ではこの試験の実態がわか...続きを読む

Q税理士を目指すには『経済学部?』『経営学部?』

今現在、経済学部か経営学部どちらが「税理士」に向けての勉強ができるのか色々調べているのですがチンプンカンプンです・・・。
「税理士」を取得するのに大事な勉強をするのは経済学部と経営学部どちらなのか教えてください。
(自分の希望では商学部は考えていません)

Aベストアンサー

 経営学部か商学部がおすすめです。特に会計学や簿記などの講義や演習などは経営学部・商学部などに多いからです。経済学部は、「理論・政策・歴史」を中心に学ぶので、会計学や簿記などの講義が経営学部や商学部に比べて少なくなります。公務員などを目指すのであれば、経済学部や法学部へ入学するのが一般的です。あと、経営学部=商学部と考えて結構です。商学部は経営学部に比べて流通系・会計系の講義が多くなりますが基本的なベースは経営学部と変わりません!!
 
 どちらかというと、「商学部」「経営学部」に入学して会計系のゼミなどに入ることです。また、大学で資格取得講座などを開講しているので簿記検定などを受検してそのあとに税理士試験の「簿記論」「財務諸表論」などの会計科目を受験するのが一般的です。そのあとに、税法3科目受験するといった感じです。
 あと、リクルートの進学系サイトのURLを載せておくので「商学部」「経営学部」「経済学部」などの違いなど確認してみると良いと思います。

 関東の私大なら「早稲田・慶応・中央・明治・法政・専修」あたりがお勧めです。個人的には、中央の商学部をお勧めしたいです。余談ですが、大学内で会計士講座などを中央などでは開講しているようです。また他の大学でも専門学校(大原)や資格スクール(TAC)などの講師を派遣して会計士や税理士講座をやっているので各大学のパンフレットや大学HPの在学生向きの就職関係のサイト(資格取得やキャリアセンター)などのページを確認することなどお勧めします。

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 経営学部か商学部がおすすめです。特に会計学や簿記などの講義や演習などは経営学部・商学部などに多いからです。経済学部は、「理論・政策・歴史」を中心に学ぶので、会計学や簿記などの講義が経営学部や商学部に比べて少なくなります。公務員などを目指すのであれば、経済学部や法学部へ入学するのが一般的です。あと、経営学部=商学部と考えて結構です。商学部は経営学部に比べて流通系・会計系の講義が多くなりますが基本的なベースは経営学部と変わりません!!
 
 どちらかというと、「商学部」「経...続きを読む

Q税理士法人(補助的な業務)への志望動機

税理士法人(補助的な業務)への志望動機

23歳、大卒、男。税理士法人は未経験。前職は販売職。資格は日商簿記2級。

仕事内容は会計資料の点検、整理から事務所運営、庶務、雑務などです。補助的で女性を対象とした求人かと思います。この求人への志望動機で迷っています。

(1)「世の中の仕組みを学びたく、税理士法人の仕事に就きたいと思った」
…と自分はするつもりです。税理士法人での仕事はお金にかかわることであり、それを通してお金を学ぶことができる。そしてお金を学ぶことは世の中を学ぶことにつながる。ですので税理士法人の仕事に携わることでより世の中の仕組みを学び、それを通して社会の役に立てる仕事に就きたいと思った、という風にしたいと思っています。どうでしょうか?


(2)税理士を目指しているというべきか?
税理士事務所は税理士を目指している人を歓迎すると聞きました。私自身、今後も税理士事務所や企業の経理でキャリアを積んでいきたいと考えています。しかし、税理士資格に対してはそう簡単に取れる資格ではないので今現在関心が薄いです。今現在個人資産に運用に関心があり(税理士業務に直接関係のない)FP技能士のほうを勉強しています(来年5月受験)。ただし、税理士科目の簿財の2科目、もしくは日商1級は税理士に比べれば容易なので3年以内に取得したいと考えています。
志望動機で嘘でも「税理士は目指している」と言わなければならないでしょうか?、また「税理士の簿財を3年以内取得するつもり」といったほうがいいでしょうか?

女性向けの求人で不利なのは承知ですが、以上2点についてご意見、お願いします。

(お願い)
「簿記2級なんて大したことない」的な回答は極力やめてください。簿記2級と書いたのは会計事務所に勤めるためのごく最小限の資格を有しているのではということで書いています。あくまでも質問内容は上記2点の志望動機に対する意見を聞きたいということなのでお願いします。

簿記2級と書くと質問の趣旨を無視して必ず「2級を金メダルみたいに思うな」という回答が出てきて悲しいです。かといって書かなければ「簿記2級もないなら無理だ」という回答が出てきます。

税理士法人(補助的な業務)への志望動機

23歳、大卒、男。税理士法人は未経験。前職は販売職。資格は日商簿記2級。

仕事内容は会計資料の点検、整理から事務所運営、庶務、雑務などです。補助的で女性を対象とした求人かと思います。この求人への志望動機で迷っています。

(1)「世の中の仕組みを学びたく、税理士法人の仕事に就きたいと思った」
…と自分はするつもりです。税理士法人での仕事はお金にかかわることであり、それを通してお金を学ぶことができる。そしてお金を学ぶことは世の中を学ぶことにつな...続きを読む

Aベストアンサー

税理士事務所の元職員です。
立場は無資格の補助者(決算担当)で、採用時には税理士を目指しており、全経上級と税務会計検定ぐらいでしたね。

1についてですが、採用担当者や採用方針がわかりませんが、税理士業界には閉鎖的な部分もあります。私の世話になった事務所は、他の税理士事務所や業界団体との付き合いはなく、あるのは登記などを依頼するだけの付き合いの司法書士事務所ぐらいでしたね。
税理士業務は、お金を扱うのではなく、お金の動きの計算が中心です。
そして。社会の役に立つのではなく、依頼者の役に立つことが仕事でしょう。

2についてですが、単純ではありません。小さい税理士事務所や税理士法人の場合、最低限の資格者がいれば、あとは無資格者の処理である程度まかなえます。資格者を採用するということは、資格者が独立するとなると、担当顧客を持っていかれたりすることとなります。特に経営者が年配などの場合には、営業活動自体が制約されていたこともあり、固定客を手放すことを強く嫌がることがありますからね。

うそをついて採用されると、あとでつらい思いをしますよ。
私は、独立欲はないが税理士やその業務に興味があり、簿記会計を中心に好きな勉強を仕事にしたい、などの理由で採用してもらった覚えがあります。この中にもうそは含まれています。独立欲はありましたからね。独立欲はいつかは退職ですから、それを前提の応募はしないほうが良いかな、と当時は考えましたね。

FPには、相続業務や資産運用という面で、税理士業務やその付随業務に関連する知識です。アピールにはなると思います。税理士やその補助者などにも、FP資格者は多いでしょう。

正しい回答は難しいでしょうね。頑張ってください。

税理士事務所の元職員です。
立場は無資格の補助者(決算担当)で、採用時には税理士を目指しており、全経上級と税務会計検定ぐらいでしたね。

1についてですが、採用担当者や採用方針がわかりませんが、税理士業界には閉鎖的な部分もあります。私の世話になった事務所は、他の税理士事務所や業界団体との付き合いはなく、あるのは登記などを依頼するだけの付き合いの司法書士事務所ぐらいでしたね。
税理士業務は、お金を扱うのではなく、お金の動きの計算が中心です。
そして。社会の役に立つのではなく、依頼...続きを読む

Q志望理由書について

香川大学の経済学部・経営システム学科を受けようとしている高3です。
志望理由書を書いても何度も突き返されるので質問しました。
※指定字数800字。

<下記は実際に私が書いて突き返された志望理由書です>
 私は商業科目教員を目指しており、その為に、貴大学の経済学部・経営システム学科で経済や経営に関する専門的な知識や教養を身につけるため志望します。
 商業科目の教員を目指したきっかけは、高校生になって初めて簿記や情報処理、ビジネス計算などの商業系の授業に触れ魅力を感じました。世の中のお金の流れや会社の運営形態や経営理念、株式の仕組みなどを知り、社会の全体的な動きに益々興味が湧きました。そんな中、全くの無知の分野で難しい授業内容を分かり易く教える先生方の指導を受け、私もあのように授業を教えたいと強く思いました。更に言えば、コミュニケーションによって展開される道徳面で生徒達を正しい道へ導きたいという思いがあったからです。
 歴史と伝統ある貴大学の経営システム学科に進学し、企業経営やマーケティング、会計学、多彩な知識を深く学びたいと思っています。そこで得た豊富な知識をこれからの人生、社会生活で何に対して活かせれるのかを自らが考えそれを発見し、有効に活用していきたいと思います。また、貴大学ではフィールドワークがとても著しく、国外のみならず、まずは地元の地域に視野を向けイベントなどを取り組んでいる点では、実際に現地に赴いき体を動かす勉強方法、尚且つその活動によって地域活性化にも繋がっているので非常に興味深いと感じました。私もそういった地域社会とのふれあいに積極的に参加し、体験的に学ぶ事によって様々な価値観を理解し社会に出たときに必要なコミュニケーション能力を今以上に高めると同時に、 人間力を更に成長させたいと思っています。
 それと並行して教員としての必要な知識・教養をしっかりと学び身につけ、高等学校教諭1種免許状の資格を取得したいと考えています。
 以上の理由から、私は貴大学の経済学部・経営システム学科を強く志望します。


この志望理由書をどのように変えれば良いか教えてください。
よろしくお願いします!

香川大学の経済学部・経営システム学科を受けようとしている高3です。
志望理由書を書いても何度も突き返されるので質問しました。
※指定字数800字。

<下記は実際に私が書いて突き返された志望理由書です>
 私は商業科目教員を目指しており、その為に、貴大学の経済学部・経営システム学科で経済や経営に関する専門的な知識や教養を身につけるため志望します。
 商業科目の教員を目指したきっかけは、高校生になって初めて簿記や情報処理、ビジネス計算などの商業系の授業に触れ魅力を感じました。世の中...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 細かな要素は割愛し、志望理由書を書くにあたって心がけておいた方がいい内容を書きます。

 自らが考えそれを発見し、
  …3段落目に書かれている内容ですが、「目標もなくこの大学にした理由は?」と私なら聞きますし、、面接官も同様な考えでしょう。通常、「私は○○になりたく、またその目標達成のために貴学を志望する。なぜなら貴学では(環境などを挙げて)最適だから…」となるはずです。つまり、最初の自分の目標が明確でない状況で入学後に勉強内容を決めるのは、推薦・AOでは「遅すぎ」ます。一般入試では、汎用性がある「勉強できる能力」の有無で合否が決まりますが、推薦では「事前に自分で調べられる能力」があるかどうかを見られています。
 「とりあえずお金貸してよ。借りてから返済方法考えるから」というのと同じになっています。それより、しっかりと返済方法や期間を明示した人間の方が借りやすいのと同じで、入学後にどのように勉強するかを詳しく書かないといけません。
 
 日本の教育は、先生が言ったことをどれだけ覚えこんだかが成績の基準ですが、推薦入試ではいかに自発的に活動するか(してきたか)が勝負になります。 そのうえであなたに一番足りないものは(かかれていないもの)は「今までに何をしてきたか」です。何回もお金を借り、それをしっかり返済してきた人はまた借りることはできますが、今までに実績がない人は借りにくいです。入学後に一生懸命勉強するというのは結構ですが、入学後に勉強することを相手に納得させる要素がありません。積極的に勉強してきた要素、たとえば簿記検定1級などがあれば「勉強しているね、夢のための努力を自分でしている」と認められます。ちなみに、簿記2級では「あっ、あるんだ」程度のレベルです。偏差値がかなり低い私立ならともかく、人気大学では逆に「1級取れない能力」とみなされる場合もあります。
 「今までにやってきたことがないので…」、そうした人間はハナから志望理由書が必要な入試は無理です。一般にしましょう。国立大学にそうした要素もない人間が合格するなら、このようにそこより低い私立大学は存在しないはずです。先生が突き返している理由は分かりかねますが、ハナから無理な志望理由書を添削する時間はもったいないのか、そうした態度で接してあなたが、一般に切り替えるのを待っていると思います。
 何か、全国大会にでも出場した経歴でもあるのでしょうか?あればまず、それを書くべきです。 また、この回答を踏まえての質問があれば、お礼にでも書いてください。ちなみに、最近お礼を書かない人が多いですが、そうした人は推薦入試などではまず、合格しないでしょう。心構えくらいは面接官はすぐに見抜きます。
ご参考までに。

 

元塾講師です。

 細かな要素は割愛し、志望理由書を書くにあたって心がけておいた方がいい内容を書きます。

 自らが考えそれを発見し、
  …3段落目に書かれている内容ですが、「目標もなくこの大学にした理由は?」と私なら聞きますし、、面接官も同様な考えでしょう。通常、「私は○○になりたく、またその目標達成のために貴学を志望する。なぜなら貴学では(環境などを挙げて)最適だから…」となるはずです。つまり、最初の自分の目標が明確でない状況で入学後に勉強内容を決めるのは、推薦・AOでは「遅す...続きを読む

Q志望理由

高校3年です。とある大学の経営学科の指定校推薦をとったのですが志望理由に悩んでます。
先日、担任に「レコード会社に就職してみようと思っているので経営学科で著作権や商法について学びたい。その大学には『マーケティングコース』というのがあるのでそこで市場について学べるのでこの大学に決めた」といったら
担任に「理由を固めすぎ」、「それじゃ大学側がとらない」といわれました。
どういうことを言えば大学側はとる気になるんでしょうか??

Aベストアンサー

とる気になるか…どうかはケースバイケースだと思いますが、「どういう事を言えば大学側はとる気になるか」では無く、「あなたがどういう気持ちで大学に入りたいのか」が重要ではないかと思います。

例えば、あなたが本気でレコード会社に就職したいと思っていらっしゃるなら、何故レコード会社に就職したいのか。どうして他の会社や分野(例えばレコード会社なら音楽です。音大を選ぶ、デザインセンスを磨く為に他分野へ進学する事も可能な筈です)で無く、マーケティングを選んだのか、その辺りまでしっかり簡潔に説明出来なくてはなりません。

面接の質問は、ある程度決まっています。ただ、それに受け答えをされる学生さんの返答によっては、更に内容確認が求められる場合があると思います。

先生が仰った「理由を固め過ぎ」というのは、恐らく先生の側から見て「中身が漠然としているのに、具体的名称(レコード会社)が出ている」と取られたからではないでしょうか?

本気であなたがその理由で、大学に入りたいと思っていらっしゃるのなら、その理由を更に突き詰めて筋道を立ててください。先生を説得できるかどうかも、面接の練習(あるいは将来、レコード会社に入った際のプレゼンテーション(売り込み)の練習)と思ってみて下さい。

そこに熱意があれば、面接をする側にも伝わる筈です。
頑張って下さいね。

とる気になるか…どうかはケースバイケースだと思いますが、「どういう事を言えば大学側はとる気になるか」では無く、「あなたがどういう気持ちで大学に入りたいのか」が重要ではないかと思います。

例えば、あなたが本気でレコード会社に就職したいと思っていらっしゃるなら、何故レコード会社に就職したいのか。どうして他の会社や分野(例えばレコード会社なら音楽です。音大を選ぶ、デザインセンスを磨く為に他分野へ進学する事も可能な筈です)で無く、マーケティングを選んだのか、その辺りまでしっかり簡...続きを読む

Q大学入試の志望動機書がうまくかけません。。

今度経営学部の大学をじゅけんするのですが、志望動機書になんて書いていいかわかりません。なにかいい参考になるものはありますか?もしこういう形からこういうのにもっていくと書きやすいとかありましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

No.5です。
資格を取りつつ、経営の勉強がしたいことを書くのは、別にかまいませんが、なぜその大学でそのようなことをしたいかなどを少し書き加えたらどうですか?
例えば、資格を取れるようなカリキュラムが組まれているやそのようなシステムができているなど、その大学にしかないものを訴えるのも手ですよ!
これは、動機書だけでなく、面接とかでもいいと思います。

参考に入試要綱やその大学のHPなどを見ながら書くのも手だともいます。

Q税理士を目指すならどこの学部?

将来税理士を目指している高校三年生なんですけど、税理士を目指すなら大学の何学部が一番いいのでしょうか?または何学科が適しているのでしょう??
教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

特に何学部が一番いいというのはありません。
法学部・経済学部・商学部・経営学部を卒業すると受験資格を得られますが、他の学部でも一般教養で法律学か経済学を履修すれば受験資格は得られます。

経済学部・商学部では、簿記論・財務諸表論などの税理士試験科目と重複する科目を履修することが出来ますが、これらを大学で勉強する場合、学問的な探求の勉強になるので、税理士試験とはほぼ関係ありません。また、大学で税法の勉強はありません。

通常、大学生で税理士を目指す方は、大学院に進学するか、大学在学中又は卒業後に専門学校に2~3年通学します。
ですから大学に進学することのメリットは、大学院まで進学する場合を除くと、受験資格を得られるだけです。
絶対に税理士になりたい!と思っているのでしたら、大学よりも税理士の専門学校(TAC・大原・東京会計等)の方がいいですよ。

Q志望理由書の書き方にアドバイスを!!

私は、2006年の大学入試を控えています。
その入学方法は、指定校推薦で入学したいと思っています。
そこで、9月26日以降に、第一次校内審査があるのです。
その校内審査には、志望理由書が審査の対象になるので、是非、良いアドバイスをくれたらなと思います。
やっぱり、志望理由書は自分の考えでうまくまとめるのが一番だと思います。
どうか、ヒントだけでも教えてください。
頑張って書いてみるので、皆さんアドバイスをお願いします!!!

Aベストアンサー

再び#1です。
教育学部の教師志望は結構書きにくいですね。
と、いうのも将来の夢が他業種(例えば税理士や国家公務員II種あたり)だと、教師がおおよそしか知らずに添削しようとするので言い負かせたりするのですが、
教師は自分のテリトリーだけに採点も辛め、酷い場合は教師の辛さはそんなもんじゃない!風な言い方でノーアドバイス書き直しもアリです。(逆にツボにはまった時の成功報酬は大きいのですがね)

あなたがどれだけ教師への情熱があるのかが分かりませんので月並みなアドバイスになりますが、
まず、自分が教師になろうとした理由(大方、誰かに感銘を受けたというのだろうから、その先生が他の先生とどこが違ったかを良く考えて下さい)ですね。
次に理想の教師像(教師は手を抜けばいくらでもぬけるでしょうから、自分の理想の先生が自分達の為にやってくれた事を想像して下さい)。

大学については、他の教育大学とあなたの行きたい大学の違いをよく調べる(無い場合はパンフを読んで教育方針等で目ぼしいのを見つける。その場合は内容が薄くなりがちなので要注意!)。地元ならば『将来は地元で活躍したい』という手っ取り早い理由があるので少し楽。

書き方については参考書もたくさん出てるでしょうからそちらを参考に!最近はメールの影響か?無意識のうちに話し言葉調に書いてしまう人が多いので要注意です。


※ちなみにAO入試の事に触れられていた方がおりましたので補足(指定校推薦ということで関係ないでしょうが)
私が指導した生徒のAO試験(経営学科、会計士志望の面接)は志願理由もソコソコに、会計士の日常から試験の合格状況、地元の会計士事情、自分が独立するまでの道筋(年数からその年に何をするかまで)、現在、自分が何を行っているか?まで事細かに聞かれたそうです。
私も『ここまでの知識を入れなくても良かったかな?』という面接対策をしたつもりでしたが、危うく足りないところでした。(その生徒と一緒に行った生徒は、爆死して通常30分の面接を10分程度で切り上げられたそうです)
大学の志望動機や学問からの今後の展望を聞かれているのはある意味ラッキーなのかも知れないと思ってAOに臨まないと大学によっては大変な目に遭うかも知れません。

再び#1です。
教育学部の教師志望は結構書きにくいですね。
と、いうのも将来の夢が他業種(例えば税理士や国家公務員II種あたり)だと、教師がおおよそしか知らずに添削しようとするので言い負かせたりするのですが、
教師は自分のテリトリーだけに採点も辛め、酷い場合は教師の辛さはそんなもんじゃない!風な言い方でノーアドバイス書き直しもアリです。(逆にツボにはまった時の成功報酬は大きいのですがね)

あなたがどれだけ教師への情熱があるのかが分かりませんので月並みなアドバイスになります...続きを読む

Q大学のゼミの志望理由記入についての参考記事

当方、大学生で会計関連のゼミを履修しようと思っております。
ゼミ選択の際には必ず調査書類を提出が義務付けられており
志望理由欄500文字程度を埋めなければなりません。
自分の中でそのゼミで学びたいことを書いてもほんの少ししか
書くことが出来ず条件を満たすことが出来ません。
そこで、現在起きている会計関連のニュースを参考に
志望理由を書き上げていきたいと思っています。
どなたか、参考になりそうな記事を教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

某大学の会計学ゼミを卒業し、メーカーで経理をしている者です。
自分も、ゼミに入るときにちょっとしたレポートを書かされました。
現在起きているコトを書こうと思っておられるようですが、
調査書類提出後、(面接がある場合)書いたことを深く聞かれて
答えられない・・・なんてことがあっては困るので
漠然としたことでよいと思うので志望理由を考えてみては
いかがでしょうか?

会計関連の書物に書かれてある言葉の受け売りでもいいと思います。
ワタシ自身は
「会計がわかれば企業が見える」という教授のヒトコトで、
このゼミだと思いました。
実際、今企業で経理をやっていますが、
決算書や有報、事業報告書は
企業をうつす鏡だと感じています。
その鏡を作るのは経理の人間の職人技。
たとえば、東洋シャッターという会社であった出来事。
「利益処分金の10分の1を利益準備金として積み立てる」
配当を出す会社としてはアタリマエのことをしなかったが
ために臨時総会が開かれる・・・というニュースがありました。
これは会計処理のずさんさが現れたニュースでした。
つまり、先ほどの話でたとえると鏡を作る職人がズボラだった
ために、鏡は全て返品された・・・といったカンジです。

会計の面白さは「数字をあみだし、根拠を明らかにする」ところに
あると思います。
税金の算出や、決算の分析は大変な作業ですが
数字が出たときのうれしさと喜びは計り知れません。
これは経理をやる人間だけでなく、公認会計士や
税理士も同じだと思います。

なんだか長々になりましたが、何か参考になれば・・・と思います。

参考URL:http://www.sanyo.oni.co.jp/newspack/20060721/20060721010043561.html

某大学の会計学ゼミを卒業し、メーカーで経理をしている者です。
自分も、ゼミに入るときにちょっとしたレポートを書かされました。
現在起きているコトを書こうと思っておられるようですが、
調査書類提出後、(面接がある場合)書いたことを深く聞かれて
答えられない・・・なんてことがあっては困るので
漠然としたことでよいと思うので志望理由を考えてみては
いかがでしょうか?

会計関連の書物に書かれてある言葉の受け売りでもいいと思います。
ワタシ自身は
「会計がわかれば企業が見える」と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング