【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

志望理由書添削をお願いします。


私は将来、税理士になりたいので〇〇大学経営学部経営学科に入学し、会計ファイナンスとについて学びたいと思う。そう思ったきっかけは、「江戸時代でのインフラ整備が行われて街全体が劇的に変化した。」という記事を目にしたことで、インフラ整備による社会貢献、さらに経済活動の支援に関心を持ったことである。インフラは税金により支えられて、また経済活動を行う者にとって税金は必ず発生する。私たちから切っても切り離せない税金について興味を持ち、税理士を目指したいと思った。
貴校の会計ファイナンスの研究室の中では実証的税務会計、税務会計について専攻されている。私はこの研究室で税が抱える問題の解決策を見出すには、経営者、労働者、投資家などが、どう向き合い、どう対応していくべきなのか。ということついての学びを深めたい。学んだことを活かして、税理士になった時依頼を受けた方より知識のある自分が税務代理や税務書類の作成を行い役に立ちたいと思う。
また、研究室の説明文に、国際会計基準との統合かを通じた国内会計基準の国際化により、財務報告の情報内容や信頼性などに大きな影響を与えるとあるが、税務を行う以上タックスヘイブン税制など、国際的な知識も必要であると思う。貴校が行なっている経営学部生対象の正規科目履修プログラムに参加し英語でのコミュニケーション能向上と、海外で経営学を学ぶことで国際化による影響を海外からの視点からも見てみたいと思う。
また知識をつけるためには企業分析などの会計スキルが必要であると思う。私の出身校ではカリキュラム上文系であっても、3年間数学を学んできた。貴学かならではの文系・理系の枠組みを越えた新しい視点からの経営で十分活かせると思う。今まで学んできたことを最大限活用したい。以上のことから、〇〇大学経営学部経営学科を強く希望はする。

A 回答 (4件)

内容ではなく書き出し部分。



私は税理士を目指しています。(将来の夢を明確に)
その為に経営の知識が必須になります。

あと、大学で人間性を磨くことでより知見を広げることができる。

そのことができる大学だと感じたので、この大学で夢に向かって過ごしたい。



文書にメリハリがなく途中で読むのをやめました。
一体何がしたいのかがわかりません。

文書がうまくなくてもその部分を自分でしっかり持っておかないと、文書からすぐにわかります。

ただ、受かるところを受験することぐらい皆さんわかってますから、あの文書でも良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にしますありがとうございます。

お礼日時:2017/10/15 18:13

元塾講師です。

私自身大学で経営学を勉強しました(私の出身大学には経営学部はなく、商学部しかいないので商学部出身です。)

 まず、あなたが目指す大学がどの程度のものであり、倍率がどの程度が分からないので、一般論になりますが、私があなたの文章を読んで感じたことは「試験に合格するために、いろいろとかき集めて、耳障りの良い言葉をつなげた」というものです。
 ご自身で一生懸命作成したものだと思いますが、どこかの政党の八方美人でバラ色のマニフェストと同じように見えます。馬子にも衣装という言葉もあり、自分をよく見せる努力はあっても構いませんが、全く自分がない場合は文章そのものが空虚なものになります。知識がない人間が英語やカタカナ語で虚勢を張るのと同じように、この文章には難しそうな言葉がちりばめられていますが、多少経営学や簿記・財務諸表の知識がある人が見ればちぐはぐです。大学の先生はその道のプロであり、虚勢を張っても無駄です。もちろん、大学の先生もその辺は分かってくれているので、それなりに頑張ったと認めてくれることもありますが、この状況で認められるとなるとかなり程度が低い大学となりますし、難関大学ではまず低評価になるでしょう。

 また志望動機ですが、記事を見て、その記事の影響で志望大学(学科)を決めるほど、進学する大学を決めることは軽いものでしょうか?学生が卒業旅行を決めるのと同じテンションで大学選びが行われるとは思えません。しかしながら、記事のことしかない時点で、志望意志が固いものでないと判断されてしまいます。というより、「AOを受験することが決まってから、ネタ探しで記事を見つけたのではないか?」と疑われます。
 理由書の「また、研究室の説明~」の段落をバッサリ切って上の内容をもっと丁寧に書いた方が高校生らしいがしっかり勉強した内容が書けると思います。他の部分はもう少し真剣に考えてご自身で改善されることをお勧めします。
ご参考までに
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/10/15 18:14

「私は将来、税理士になりたいと思います」


だけで良い気がしますが、、、。

「実証的税務会計」「国際会計基準の国際化」「タックスヘイブン税制」など専門的な用語を使用されているが、どこから持ってきたのかな?と思います。
教科書ではなく、学校案内などに記載されてる文言を借用しているように感じます。
専門用語は、自分の血肉になってないのに使用すると、読んでる人は「借りものだ」とわかりますよ。

「インフラは税金により支えられて、また経済活動を行う者にとって税金は必ず発生する。」
論理的に感じるが、言葉に酔っているだけ。
税が国家社会を支える必須のものであることを、インフラ整備から理解したというなら「おばあちゃんが病気で倒れた時に、私は何もできなかった。救急車を呼んだらすぐに来てくれた。おばあちゃんは助かりました。救急車も税金で買っていることを知りました。税は大切なものだと知りました」という中学生の作文と変わらない。
高校生なので、難しい言葉を使って論理的だと思ってる点が逆に「痛い」。
    • good
    • 0


推薦入学のために、志望動機の記載が必要なのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。

お礼日時:2017/10/10 21:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営学部志望理由書の添削をお願いします。 私は将来、税理士、会計士になりたいので〇〇大学経営学部経営

経営学部志望理由書の添削をお願いします。



私は将来、税理士、会計士になりたいので〇〇大学経営学部経営学科に入学し、会計ファイナンスとについて学びたいと思う。そう思ったきっかけは、パナマ文書が明らかにしたタックスヘイブンについての記事を目にしたことだ。自国より税率の安い国を見つけ利用し、節税されることにより本来納められるはずの税金が納めらかくなるというタックスヘイブンを規制し、節税されていた分の税収が社会発展のために使われるような問題解決の糸口となりたいと思った。
貴校の会計ファイナンスの研究室の中で大沼教員の研究室で実証的税務会計、税務会計について専攻されている。私はこの研究室で 企業の課税リスク軽減等の解決策を見出すには、経営者、労働者、投資家などが、どう向き合い、どう対応していくべきなのか。ということついての学びを深めたい。また、大沼教員の研究室の説明文に、国際会計基準との統合かを通じた国内会計基準の国際化により、財務報告の情報内容や信頼性などに大きな影響を与えるとあるが、タックスヘイブン問題の背景としても金融のグローバル化が挙げられる。貴校が行なっている経営学部生対象の正規科目履修プログラムに参加し英語でのコミュニケーション能力の向上と、海外で経営学を学ぶことで国際化による影響を海外からの視点からも見てみたいと思う。
このプログラムを通じて様々な意見や疑問を持つもの同士が意見を共有しあうことによって、相手の知識を吸収し自分の知識と重ねる、より深く金融の国際化による影響や問題解決について考えることが出来ると思う。また知識をつけるためには企業分析などの会計スキルが必要であると思う。私の出身校ではカリキュラム上文系であっても、3年間数学を学んできた。貴校ならではの文系・理系の枠組みを越えた新しい視点からの経営で十分活かせると思う。今まで学んできた数学を最大限活用したい。以上のことから、〇〇大学経営学部経営学科を強く希望はする。

経営学部志望理由書の添削をお願いします。



私は将来、税理士、会計士になりたいので〇〇大学経営学部経営学科に入学し、会計ファイナンスとについて学びたいと思う。そう思ったきっかけは、パナマ文書が明らかにしたタックスヘイブンについての記事を目にしたことだ。自国より税率の安い国を見つけ利用し、節税されることにより本来納められるはずの税金が納めらかくなるというタックスヘイブンを規制し、節税されていた分の税収が社会発展のために使われるような問題解決の糸口となりたいと思った。
貴校の会...続きを読む

Aベストアンサー

大学はわかりませんが、税理士や会計士の制度という点で書かせていただきます。

税理士という文言がありますが、税理士は、国際税務を取り扱う資格ではないと思います。税理士は国内資格でしかなく、海外の多くの税務は会計士に業務であって、日本の会計士資格は一定の範囲において国際的に認められた資格となります。

ですので、タックスヘイブン等を中心に書くのであれば、税理士ではなく、公認会計士による国際税務で十分だと思います。それに、公認会計士資格は税理士試験を免除され無試験で登録できるという点で、会計士を上位資格のように考える場合が多いですが、そもそも資格制度の目的や経緯が異なる資格だからわかれているのです。弁護士や司法書士のような立ち位置のように業務の一部を扱えるようなものではないのです。

何でしたら、海外の会計士資格を含めた考え方でもよいのかもしれません。日本でいうところの外国公認会計士という制度もあるわけですからね。

Q指定校推薦の志望理由書

某大学の経済学部経営学科の志望理由書を書こうとしています。将来、何をしたいかを書いたほうがいいと思うんですが、今のところ、何をしたいかが決まっていないのです。書き始めも含めて書き方を教えてください!!

Aベストアンサー

私も指定校ではありませんが、某大学経済学部に推薦入試で大学に入学し卒業した者です。
書き方についてですが、特に決まった様式はありません。
志望する大学に建学の理念などの教育方針があるのならば、それに賛同する意見を書くと合格しやすいかもしれません。私はそうしました。
何をしたいかですが、経済学部にあった職業なりやりたいことを書いておけばよいです。
それが、たとえ嘘でもあっても、面接で聞かれても嘘を貫き通しましょう。

Q志望理由

高校3年です。とある大学の経営学科の指定校推薦をとったのですが志望理由に悩んでます。
先日、担任に「レコード会社に就職してみようと思っているので経営学科で著作権や商法について学びたい。その大学には『マーケティングコース』というのがあるのでそこで市場について学べるのでこの大学に決めた」といったら
担任に「理由を固めすぎ」、「それじゃ大学側がとらない」といわれました。
どういうことを言えば大学側はとる気になるんでしょうか??

Aベストアンサー

とる気になるか…どうかはケースバイケースだと思いますが、「どういう事を言えば大学側はとる気になるか」では無く、「あなたがどういう気持ちで大学に入りたいのか」が重要ではないかと思います。

例えば、あなたが本気でレコード会社に就職したいと思っていらっしゃるなら、何故レコード会社に就職したいのか。どうして他の会社や分野(例えばレコード会社なら音楽です。音大を選ぶ、デザインセンスを磨く為に他分野へ進学する事も可能な筈です)で無く、マーケティングを選んだのか、その辺りまでしっかり簡潔に説明出来なくてはなりません。

面接の質問は、ある程度決まっています。ただ、それに受け答えをされる学生さんの返答によっては、更に内容確認が求められる場合があると思います。

先生が仰った「理由を固め過ぎ」というのは、恐らく先生の側から見て「中身が漠然としているのに、具体的名称(レコード会社)が出ている」と取られたからではないでしょうか?

本気であなたがその理由で、大学に入りたいと思っていらっしゃるのなら、その理由を更に突き詰めて筋道を立ててください。先生を説得できるかどうかも、面接の練習(あるいは将来、レコード会社に入った際のプレゼンテーション(売り込み)の練習)と思ってみて下さい。

そこに熱意があれば、面接をする側にも伝わる筈です。
頑張って下さいね。

とる気になるか…どうかはケースバイケースだと思いますが、「どういう事を言えば大学側はとる気になるか」では無く、「あなたがどういう気持ちで大学に入りたいのか」が重要ではないかと思います。

例えば、あなたが本気でレコード会社に就職したいと思っていらっしゃるなら、何故レコード会社に就職したいのか。どうして他の会社や分野(例えばレコード会社なら音楽です。音大を選ぶ、デザインセンスを磨く為に他分野へ進学する事も可能な筈です)で無く、マーケティングを選んだのか、その辺りまでしっかり簡...続きを読む

Q大学入試の志望動機書がうまくかけません。。

今度経営学部の大学をじゅけんするのですが、志望動機書になんて書いていいかわかりません。なにかいい参考になるものはありますか?もしこういう形からこういうのにもっていくと書きやすいとかありましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

No.5です。
資格を取りつつ、経営の勉強がしたいことを書くのは、別にかまいませんが、なぜその大学でそのようなことをしたいかなどを少し書き加えたらどうですか?
例えば、資格を取れるようなカリキュラムが組まれているやそのようなシステムができているなど、その大学にしかないものを訴えるのも手ですよ!
これは、動機書だけでなく、面接とかでもいいと思います。

参考に入試要綱やその大学のHPなどを見ながら書くのも手だともいます。

Q指定校推薦の志望理由書

指定校推薦で大学に入ろうとしているのですが志望理由書に書くことがありません。
もうすぐ、AO入試、推薦入試が始まるころなので焦っています。

学科・学部は経営情報学部です。

指定校推薦の志望理由書についてのアドバイスがあれば何でもいいです誰か助けてください、お願いします。

Aベストアンサー

経営情報学部に入学して、こういう勉強やあういう勉強がしたい、そういう科目はないのですか?

行きたいと思うからには、何か理由があるのでしょう。

指定校推薦で、あなたの成績ならこの大学の経営情報学部あたりが無難と言われたのでしょうか。

Q大学商学部への入試志望動機について

大学商学部の会計学科への入試志望動機について質問です。

志望している大学は、税理士や公認会計士の資格取得に力を入れています。

私は将来は事務関係の仕事をしたいので簿記の資格は取ろうとは考えていますが、税理士などは考えていないです。

その大学には合格したいです。

大学側は難しい資格を取得しようとしている意識が高い人を望んでいるのでしょうか?

もしそうだとしたら志望動機には、無理にでも税理士の資格取得したいと書いた方がいいでしょうか。

すいませんが、意見を聞かせて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ぼくのNo.1の「嘘でもいいから書いちゃえ」という回答に,あなたがどんな反応を示すか興味があったのですが,まだ投稿がありませんね。それから,「大学側は難しい資格を取得しようとしている意識が高い人を望んでいるのでしょうか?」にもぼくは答えていない。

「税理士になりたい=意識が高い」かどうか,まずぼくは疑います。少なくとも「まじめなやつ」だろうとは思います。

資格取得を謳っているような水準の大学で,かつ推薦入試とくれば,難関試験を突破するような試験学力は望めないだろう。しかし,最初から「平凡な事務員でいいです」というやつよりは,大風呂敷を広げるやつのほうが「世渡り」は上手いかもしれないし,入学後のモチベーションも維持できるだろう。この水準の大学では,モチベーションを保てない学生に苦慮していると思います。

合否判定で「資格をとりたい」という学生を優先してかかるとは思えません。しかし,ボーダーライン付近で団子状になった魅力を欠く受験生から「いくらか見込みがありそうなやつ」を選ぶときには,大風呂敷を選ぶかもしれない。これはあくまでも個人的で無責任な想像です。

また,言葉には知らず知らずの拘束力があります。だから,あなたもいまは税理士になる気はなくても,受験対策でいろいろ調べてみるうちに,あるいは大学でそれを目指す学友に触れるうちに,「一度きりの人生だから,おいらもやれるだけやってみよう」と思うかもしれない。

まあ,好きにおやんなさい。

ぼくのNo.1の「嘘でもいいから書いちゃえ」という回答に,あなたがどんな反応を示すか興味があったのですが,まだ投稿がありませんね。それから,「大学側は難しい資格を取得しようとしている意識が高い人を望んでいるのでしょうか?」にもぼくは答えていない。

「税理士になりたい=意識が高い」かどうか,まずぼくは疑います。少なくとも「まじめなやつ」だろうとは思います。

資格取得を謳っているような水準の大学で,かつ推薦入試とくれば,難関試験を突破するような試験学力は望めないだろう。しかし,最...続きを読む

Q研究計画書

大学院進学の試験に『研究計画書』と言うものを書かなければいけないと聞いたのですが、自分は税理士試験免除が目的の進学で、実務に役立つ事を中心に学びたいと思っています、なので大学院に進学してから研究したい事を書く。と言う研究計画書というのが何を書いたらイイのかわかりません。実際に研究目的以外での研究計画書の書き方を教えてください。ちなみに自分は法学の院で税法を専攻したいと思ってます。

Aベストアンサー

sunasearchさんも書いておられますが、大学院は「研究」をするところです。その意味で、あなたの場合、失礼ながら研究をする準備ができておられないようですので、大学院進学はお勧めしません。

そもそも試験免除という制度が悪いのかも知れませんが、「大学院で研究し、修士論文を書いたほどの人間ならば、その実力を問うまでもないだろう」というのが、本来の「免除」の意味だと思います。ですので、免除を目当てに進学するということ自体が、本来あるべき姿ではないと私は思います。
今のままで進学されたとして、おそらく、研究計画書作成(研究テーマ探し)には大変苦労されることになると思いますし、また必要に迫られて「創った」問題意識であれば、どうしても軽いものになりがちですし、最終的な修士論文の質が低いものに終わりかねません。指導教員の先生によっては、門前払い扱いされる危険性もあります。

その上で大学院進学を目指されるのであれば、まずはamazonなり何なりで「研究計画書」とか「大学院」というキーワードでヒットする文献を読んでみられては如何でしょうか。
参考までに挙げると、『研究計画書の考え方(妹尾堅一郎著)』などが良いでしょう。

sunasearchさんも書いておられますが、大学院は「研究」をするところです。その意味で、あなたの場合、失礼ながら研究をする準備ができておられないようですので、大学院進学はお勧めしません。

そもそも試験免除という制度が悪いのかも知れませんが、「大学院で研究し、修士論文を書いたほどの人間ならば、その実力を問うまでもないだろう」というのが、本来の「免除」の意味だと思います。ですので、免除を目当てに進学するということ自体が、本来あるべき姿ではないと私は思います。
今のままで進学された...続きを読む

Q志望理由書について

香川大学の経済学部・経営システム学科を受けようとしている高3です。
志望理由書を書いても何度も突き返されるので質問しました。
※指定字数800字。

<下記は実際に私が書いて突き返された志望理由書です>
 私は商業科目教員を目指しており、その為に、貴大学の経済学部・経営システム学科で経済や経営に関する専門的な知識や教養を身につけるため志望します。
 商業科目の教員を目指したきっかけは、高校生になって初めて簿記や情報処理、ビジネス計算などの商業系の授業に触れ魅力を感じました。世の中のお金の流れや会社の運営形態や経営理念、株式の仕組みなどを知り、社会の全体的な動きに益々興味が湧きました。そんな中、全くの無知の分野で難しい授業内容を分かり易く教える先生方の指導を受け、私もあのように授業を教えたいと強く思いました。更に言えば、コミュニケーションによって展開される道徳面で生徒達を正しい道へ導きたいという思いがあったからです。
 歴史と伝統ある貴大学の経営システム学科に進学し、企業経営やマーケティング、会計学、多彩な知識を深く学びたいと思っています。そこで得た豊富な知識をこれからの人生、社会生活で何に対して活かせれるのかを自らが考えそれを発見し、有効に活用していきたいと思います。また、貴大学ではフィールドワークがとても著しく、国外のみならず、まずは地元の地域に視野を向けイベントなどを取り組んでいる点では、実際に現地に赴いき体を動かす勉強方法、尚且つその活動によって地域活性化にも繋がっているので非常に興味深いと感じました。私もそういった地域社会とのふれあいに積極的に参加し、体験的に学ぶ事によって様々な価値観を理解し社会に出たときに必要なコミュニケーション能力を今以上に高めると同時に、 人間力を更に成長させたいと思っています。
 それと並行して教員としての必要な知識・教養をしっかりと学び身につけ、高等学校教諭1種免許状の資格を取得したいと考えています。
 以上の理由から、私は貴大学の経済学部・経営システム学科を強く志望します。


この志望理由書をどのように変えれば良いか教えてください。
よろしくお願いします!

香川大学の経済学部・経営システム学科を受けようとしている高3です。
志望理由書を書いても何度も突き返されるので質問しました。
※指定字数800字。

<下記は実際に私が書いて突き返された志望理由書です>
 私は商業科目教員を目指しており、その為に、貴大学の経済学部・経営システム学科で経済や経営に関する専門的な知識や教養を身につけるため志望します。
 商業科目の教員を目指したきっかけは、高校生になって初めて簿記や情報処理、ビジネス計算などの商業系の授業に触れ魅力を感じました。世の中...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 細かな要素は割愛し、志望理由書を書くにあたって心がけておいた方がいい内容を書きます。

 自らが考えそれを発見し、
  …3段落目に書かれている内容ですが、「目標もなくこの大学にした理由は?」と私なら聞きますし、、面接官も同様な考えでしょう。通常、「私は○○になりたく、またその目標達成のために貴学を志望する。なぜなら貴学では(環境などを挙げて)最適だから…」となるはずです。つまり、最初の自分の目標が明確でない状況で入学後に勉強内容を決めるのは、推薦・AOでは「遅すぎ」ます。一般入試では、汎用性がある「勉強できる能力」の有無で合否が決まりますが、推薦では「事前に自分で調べられる能力」があるかどうかを見られています。
 「とりあえずお金貸してよ。借りてから返済方法考えるから」というのと同じになっています。それより、しっかりと返済方法や期間を明示した人間の方が借りやすいのと同じで、入学後にどのように勉強するかを詳しく書かないといけません。
 
 日本の教育は、先生が言ったことをどれだけ覚えこんだかが成績の基準ですが、推薦入試ではいかに自発的に活動するか(してきたか)が勝負になります。 そのうえであなたに一番足りないものは(かかれていないもの)は「今までに何をしてきたか」です。何回もお金を借り、それをしっかり返済してきた人はまた借りることはできますが、今までに実績がない人は借りにくいです。入学後に一生懸命勉強するというのは結構ですが、入学後に勉強することを相手に納得させる要素がありません。積極的に勉強してきた要素、たとえば簿記検定1級などがあれば「勉強しているね、夢のための努力を自分でしている」と認められます。ちなみに、簿記2級では「あっ、あるんだ」程度のレベルです。偏差値がかなり低い私立ならともかく、人気大学では逆に「1級取れない能力」とみなされる場合もあります。
 「今までにやってきたことがないので…」、そうした人間はハナから志望理由書が必要な入試は無理です。一般にしましょう。国立大学にそうした要素もない人間が合格するなら、このようにそこより低い私立大学は存在しないはずです。先生が突き返している理由は分かりかねますが、ハナから無理な志望理由書を添削する時間はもったいないのか、そうした態度で接してあなたが、一般に切り替えるのを待っていると思います。
 何か、全国大会にでも出場した経歴でもあるのでしょうか?あればまず、それを書くべきです。 また、この回答を踏まえての質問があれば、お礼にでも書いてください。ちなみに、最近お礼を書かない人が多いですが、そうした人は推薦入試などではまず、合格しないでしょう。心構えくらいは面接官はすぐに見抜きます。
ご参考までに。

 

元塾講師です。

 細かな要素は割愛し、志望理由書を書くにあたって心がけておいた方がいい内容を書きます。

 自らが考えそれを発見し、
  …3段落目に書かれている内容ですが、「目標もなくこの大学にした理由は?」と私なら聞きますし、、面接官も同様な考えでしょう。通常、「私は○○になりたく、またその目標達成のために貴学を志望する。なぜなら貴学では(環境などを挙げて)最適だから…」となるはずです。つまり、最初の自分の目標が明確でない状況で入学後に勉強内容を決めるのは、推薦・AOでは「遅す...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング