新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

倍率2倍って、二人に一人が落ちるって事ですよね?じゃあ倍率2.5倍率だとどうなりますか?

A 回答 (5件)

単純に計算すれば、25人に10人すなわち5人に2人が受かることになる。

    • good
    • 0

単純な算数としては御質問や他の方々の回答の通りなのですが、大学入試については必ずしもそうではありません。



というのは大学の入試倍率とは出願者数と入学定員の比ですが、御質問は受験者数と合格者数の問題と捉えているように見受けられます。でも出願したからと言って必ずしも受験するわけじゃない、合格したからと言って必ずしも入学するわけじゃない。

前者は、国公立の後期日程において顕著です。基本的に後期を受験するのは前期日程に落ちた人だけですから、出願者数に対して実際の受験者数はかなり減ります。

後者は、私大において顕著です。受験機会が限られている国公立と違い、私立は日程ぶつからない限りいくつでも受験できるから、国公立や格上の私立の滑り止めとしての受験者がたくさんいて、彼等は本命校に受かれば入学辞退します。大学側はどの程度の辞退があるかあらかじめ予想して、入学定員よりはるかにたくさんの人を毎年合格させます。補欠合格は最後の微調整です。

「出願者数≒受験者数」、「合格者数≒入学者数」という関係が成り立つのは国公立の前期日程だけです。
    • good
    • 0

倍率2倍は1人当選のところに応募数2人、だから2-1=1で1人落選。


倍率2.5倍はは1人当選のところに応募数2.5人、2.5人は分かりづらいので整数にしてあげます。
応募数2.5人を2倍して応募数5人にして、1人当選も2倍して2人当選。5-2=3で3人落選。
5人に3人落ちる。
当選の比 当選数:応募数=1:2.5=2:.5=10:25=40:100 ですね。
    • good
    • 0

倍率2倍なら10人いたら5人しか受からなくて


倍率2.5倍なら10人いたら4人しか受からないっていうだいたいの目測です
    • good
    • 0

2.5人に2.5-1=1.5人が落ちる(5人に3人の割合で落ちる)ということです。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング