core i3 と i5の違い

クロック数は互いにあまり変わりない感じがします。
しかし、値段が1-2万円程度違います。

体感でわかる位、速度が大きく変わるのでしょうか?

win7 32bit版で新しいPCを考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご参考。


http://kait-field.spaces.live.com/blog/cns!B90E9 …
 
i5-600とi3の違いは「ターボモードの有無」です。
 
i5-700とi3の違いは「ターボモードの有無」「ハイパースレッディングの有無」「内蔵グラフィックの有無」「物理コアの数」「キャッシュサイズ」です。
 
>体感でわかる位、速度が大きく変わるのでしょうか?
 
現状では大きくは変わりません。
    • good
    • 12

i3とi5。

どちらも4スレッド対応ですが、i3ではターボブーストが省かれます。

i7とi5-600のどちらもBIOSの設定変更によりターボブーストを無効化できますが、そのような特異な使い方を好まれるようであれば最初から機能を省いたi3で十分ということになります。

昨今の3Dゲームは推奨環境の要件が厳しくなっています。Windows7世代ではマルチスレッドに対応したソフトウェアが増えてきていることに加え、ハイクラスのi7-860以上が必須なんていうタイトルもあるくらいですから、3Dゲームをする予定があるならばCPUは動作クロックよりもスレッド数で選んでおけば後々がラクでしょう。

マルチスレッドに最適化されていない古いソフトウェアの場合でも、ターボブーストつきのCPUでは自動的にオーバークロック状態になるので、Superπ などの計測結果でも明らかな差が出てきます。

※どんなに高性能なCPUでもHDDのアクセス速度自体は変わりません。
OSの起動ドライブはHDDよりも高速なSSDを、しかもRaid0で組んだときは、シャットダウンの状態からデスクトップ使用可能になるまでの待ち時間が体感でハッキリとわかるくらいの違いを感じられます。

グダグダ書きましたが、要は『今から買うなら、大幅値下げで買い得感の高いi7-870かi7-950以外の選択をすると損しますよ』ということを言いたいのです。
    • good
    • 16

お察しの通りほぼ一緒です。


速度の目安になるクロックやキャッシュなどが一緒のため、あまり大きな違いは原則ありません。
(一部、Corei5のほうがクロック高いモデルもありますが・・・)
ただ、i3はIntel TBやVT-dなどの拡張機能がオミットされています。
基本的な利用に大きな影響はありませんが、仮想化を行う場合やシングルスレッドのアプリケーションを動かす時など、この拡張機能が有効に作用する場合にはそれなりに差が出てきます。

一般的なオフィスユースであったり、ブラウズであればどちらでもよいです。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QパソコンのCPUのコア数についてです。

パソコンのCPUのコア数についてです。

yahoo知恵袋でも質問してのですが、使いにくいため
こちらでも質問させて頂きます。

yahooにてご回答頂いた方、申し訳ありません。


現在64ビットのPCを購入しようと考えています。

デルのハイエンドワークステーションT7500で
CPUの動作周波数は2GHz以上を考えています。
しかし、動作させたいソフトは2コアまでしか対応しておらず
上記製品のラインナップでは2コアは1.数GHzのCPUしか
選択できません。

そこで、ペンティアムDが出た際に、デュアルコアをシングルコア化
して使用できたと記憶していますが、4コアを2コア化する事は
出来るのでしょうか。

4コアのままでもソフトは動作はしますが、
機能上2コアしか使用しないのでCPUの性能の
50%しか使用しない状態になってしまします。

2.2GHzの4コアの場合、1.1GHzで2コアのCPUを
使っているのと同じ状態になってしまいます。

そのため、2コア化出来ないのか調べております。


よろしくお願いします。

パソコンのCPUのコア数についてです。

yahoo知恵袋でも質問してのですが、使いにくいため
こちらでも質問させて頂きます。

yahooにてご回答頂いた方、申し訳ありません。


現在64ビットのPCを購入しようと考えています。

デルのハイエンドワークステーションT7500で
CPUの動作周波数は2GHz以上を考えています。
しかし、動作させたいソフトは2コアまでしか対応しておらず
上記製品のラインナップでは2コアは1.数GHzのCPUしか
選択できません。

そこで、ペンティアムDが出た際に、デュアル...続きを読む

Aベストアンサー

デュアルコアの2コア中1コアは50%の性能
クアッドコアの4コア中1コアは25%の性能

決してそんなことはありません。
(タスクマネージャの表示はあくまで使用率のパーセンテージ)

1コアしか使わないスーパπの例。
デュアルコアかクアッドコアかの違い以外ほぼ同等のCPU
Core2Duo E6600とCore2Quad Q6600は
104万桁の参考値は両方とも22秒です。

マルチコアの利点は”遅くならない”こと。
確かに2コアしか使わないなら4コア分高速化しませんが、
2コアの余裕が出来てOSの動作はもちろん、
セキュリティソフトなど基本的な常駐ソフトの妨げになりませんし、
他のアプリで処理をさせても遅くなりません(遅くなりにくい)

2コア対応(2スレッド処理対応)アプリを使うなら4コアのCPUの方がよりベターと言えます。

QCore i7 4710とCore M

dynabook R73 R73/38MB PR73-38MBXB とLet's note RZ4 CF-RZ4CDJRでどちらを買うか迷ってます。普段は自作パソコンを使用していてその緊急時に使うのと旅行時に使う目的でノートPCを探しています。緊急時といってもインターネットやLR5での写真の現像処理は最低でもする必要はあります。旅行時においても撮った写真をすぐ現像して確認したいと思っています。それで特に迷っているのがCPUについてでひとつはCore i7 4710MQ(Haswell Refresh)/2.5GHz/4コアでもうひとつはCore M-5Y10(Broadwell)/800MHz/2コア です。
ノートPCでHaswellでi7のUシリーズはi7とは名ばかりでクロック制限があって本来の性能が生かされないという書き込みを「見ました。ノートだと排熱の関係でモバイル用途に特化された最新CPUのcore-mの方が実際の能力(使用に耐えうる)では上なのではないかと疑問が出てきました。
ノートPCについてはほとんどよくわかりませんのでわかる方おられましたらよろしくご教示お願いいたします。

dynabook R73 R73/38MB PR73-38MBXB とLet's note RZ4 CF-RZ4CDJRでどちらを買うか迷ってます。普段は自作パソコンを使用していてその緊急時に使うのと旅行時に使う目的でノートPCを探しています。緊急時といってもインターネットやLR5での写真の現像処理は最低でもする必要はあります。旅行時においても撮った写真をすぐ現像して確認したいと思っています。それで特に迷っているのがCPUについてでひとつはCore i7 4710MQ(Haswell Refresh)/2.5GHz/4コアでもうひとつはCore M-5Y10(Broadwell)/800MHz/2コア です。...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

おそらく、Core i7の仕様に関して勘違いされているのではないかと思います。

http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/140616r73/spec.htm
上記の仕様を確認していただきたいのですが、dynabook R73/38Mでは、15.6型ワイドの大画面ノートの上位機種と同じノートパソコン用のCPU(クアッドコアCPU)を搭載しています。
そのため、モバイルノートでありながら、メインマシンと遜色ない高クロック・処理能力を実現しています。

ノートパソコン向けCPUの中には、バッテリ駆動時にCPU動作周波数に制限がかかるのは確かに存在します。
しかしながら、バッテリ駆動時のCPU動作周波数制限があるのは、4ケタの数字(プロセッサ・ナンバー)の後に"U"が付くものが多いようです。例としては、富士通のLIFEBOOK AH42/Sに搭載されているPentium 3558Uにバッテリ駆動時のCPU動作周波数制限(800MHz固定)があります。

Let'snote RZ4に搭載されているCore M-5Y10はタブレット端末の用途としては有効ですが、クロック周波数が小さいために、Core i7-4710MQに比べて圧倒的にパワーが劣ります。

こんにちは。

おそらく、Core i7の仕様に関して勘違いされているのではないかと思います。

http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/140616r73/spec.htm
上記の仕様を確認していただきたいのですが、dynabook R73/38Mでは、15.6型ワイドの大画面ノートの上位機種と同じノートパソコン用のCPU(クアッドコアCPU)を搭載しています。
そのため、モバイルノートでありながら、メインマシンと遜色ない高クロック・処理能力を実現しています。

ノートパソコン向けCPUの中には、バッテリ駆動時にCPU動作周波数に制限...続きを読む

QマルチコアCPUの、コアひとつあたりの周波数

マルチコアCPUは物理的にコアがわかれているのでしょうか
もしそうならば、
デュアルコアCPUやクアッドコアCPUのコアひとつあたりの周波数はいくつになるのでしょうか
例えば、周波数が3GHzのデュアルコアCPUがあったとします
ひとつあたりの周波数は1/2の1.5Ghzになるのでしょうか

Aベストアンサー

周波数3GHzのデュアルコアCPUの場合、1つあたりの周波数は3GHzです、コア数で割ることはありません。

Qcore i 3や5など体感的な違い

近々ノートパソコンを購入しようとかんがえてますが
以前のcore2 duoとかとくらべ数値的なものは調べると
いろいろ書いてありますが体感的には違うものなのでしょうか?
何やらターボブーストなるものもあるようで
なにがどういいのでしょうか?
ご存知の方今したらお教え願います。

とはいってもネット閲覧と音楽編集位。
ゲームはメイプル位しかやりません

Aベストアンサー

世間一般でいえば、性能は最低でも15%以上の差がなければ、体感速度を目に見えて感じることはありません。それを基準にすればよいでしょう。

そういう点で見て、性能が15%を超えるかどうかを基準にされるのが大事でしょう。
尚、コア数が2コアから4コアになるなら、パフォーマンスは最大で約2倍になります。

ターボブーストについては、発熱量に対して規定を下回る場合や、使用するコア数が規定より少なく、1コアでのCPU使用率が高い場合に、クロック周波数を既定のパフォーマンス値より高く稼働させる手法をさします。これによって、最大クロックを高めることで、処理能力を高める仕組みとなっています。
尚これらの処理は動的に行われユーザーが設定を変更したりする必要はありませんので、ユーザーは意識することなくその恩恵を受けることができます。
Windows7になった現状では、大半がマルチタスクに最適化されていることもあり、たいていの場合は、これらの恩恵を受けるようなことはあまりありません。どちらかというと、コア数などの方が重要になります。(尚、ノートPCの場合4コアはCore i7 Qシリーズのみとなります)

最後に、Core 2との違いについてです。
Core2では、64bit処理に最適化された命令においては、MacroFusionと呼ばれるμOPのデコード処理ができないため、クロックあたりの処理能力が64bitプロセッサではあまり発揮できない場合があります。

それに対して、Core iシリーズは、これらの処理が可能なため、クロックあたりの処理能力が数パーセント高くなる傾向があります。また、Core2では、メモリコントローラが別に搭載されたチップセットに統合されているため、メモリ処理において数クロックの遅延が発生しますが、Core iではメモリコントローラがCPUのホスト内に統合されているため、メモリへのアクセスが圧倒的に高速になります。さらに、SandyBridge製品ならば、AVX命令セットに対応します。

これらが、利点となり同じクロックの同じコアならば、最大で約2割以上の性能向上が見られます。
このほかに、グラフィックス機能がCPUに統合され、ビデオエンコード技術がCPUに内蔵されています。ゲームなどのグラフィックス処理はG45に比べれば1,5から2倍程度に性能が上がっています。

尚これはあくまでCPUのみの評価となります。
ハードディスクの性能向上なども見られるため、相対的に性能は倍以上に高まる場合もあります。


個人的な意見として言えば、長く使うならCore i7かi5を選択されることをお勧めします。
そうでなく、単に安くてコストパフォーマンスが高いものを選ばれるなら、i3で十分でしょう。

世間一般でいえば、性能は最低でも15%以上の差がなければ、体感速度を目に見えて感じることはありません。それを基準にすればよいでしょう。

そういう点で見て、性能が15%を超えるかどうかを基準にされるのが大事でしょう。
尚、コア数が2コアから4コアになるなら、パフォーマンスは最大で約2倍になります。

ターボブーストについては、発熱量に対して規定を下回る場合や、使用するコア数が規定より少なく、1コアでのCPU使用率が高い場合に、クロック周波数を既定のパフォーマンス値より高く稼働させる手法を...続きを読む

QマルチコアCPUでの複数ソフト同時使用について

マルチコアCPUでの複数ソフト同時使用について質問させてください。
最近のCPUはマルチコアのものばかりなので買い替えを検討中なのですが。
マルチコアを使いにはマルチコア対応のソフトが無ければ、シングルコアとしてしか作動しないと聞きました。
corei7のPCでシングルコアのソフトを起動した場合8スレッド中の1スレッドが使用された状態になるわけですよね?
するとそのシングルコアのソフトを8個同時に起動しても処理速度は変わらないということでいいんでしょうか?
メモリーの消費率などもあると思いまずが、教えてください。

Aベストアンサー

処理速度 を どのように定義していらっしゃりますか?

仮に 10000桁 x 10000桁 の計算を行うソフトがあると
します。
   この処理時間が、0.01秒 かかるとします。


 このソフトを 1つ起動しても、8つ同時に起動しても、
その処理時間は、 0.01秒です。
 (※厳密に言えば、オペレーティング・ソフトウェアも動作
  しているので、同じソフトを 8多重で処理することはできません。)



 ただし、1つ起動した場合の結果は、1つですが、

 8つ同時に起動した場合には、同時に8個の結果が得られます。

Qi5モデルよりi7モデルのほうが安い

ノートPCの購入を検討しているのですが、最新モデルのCORE i5より、1つ前のCORE i7モデルのほうが圧倒的に安いということが起こっています。

http://kakaku.com/item/K0000250661/
http://kakaku.com/item/K0000294643/

こちらになるのですが、前者のほうが高性能にもかかわらず、価格も圧倒的に安いので、悩ましいです。
実際、近所のショップでは前モデルの最上位機が最新モデルの中位機より約23%も安かったです。

このモデルは、買って大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に型落ちだから安いだけで特に品質に問題はないと思われます。もちろん発売が5ヶ月ほど早いので、搭載ソフトウェアのバージョンが最新でないものもあるとは思いますが、使用に差し支えはないでしょう。
最近は過剰在庫にならないように生産を絞っているのですが、この春夏は想定以上に売れなかったようなので売れ残っているのでしょうね。この型落ちはねらい目かもしれません。

なお、スペックは基本的に上ですがCPUクロックを比較すると
> Core i7 2630QM/2GHz
> Core i5 2520M/2.5GHz
と後者の方が高いので、使い方によっては後者の方が速いかもしれません。
もちろん前者はクアッドコアなのでビデオエンコードなど高負荷多スレッド可能な処理では高性能ですし、メモリなど他の要素も高スペックですけど。

Q深いコアは再根管治療の際に除去が困難でしょうか?

根管治療と言うのは、一度治療してもいつまた再発するかわからない疾患だというのは理解できたのですが、
一度填めたコアとクラウンは次回の再根管治療の際にちゃんと除去できるのでしょうか?
歯がほとんどない状態のコアは深い物になると思うのですが、深いメタルコアを填めた場合には除去は非常に困難なのでしょうか?
また、深いファイバーポストコアの除去も同様に除去は困難で抜歯になる可能性高いのでしょうか?

残ってる歯がほとんどない状態のコアで、将来起こりうる再治療のためにコアを除去しやすいように比較的浅くすることは可能でしょうか?
メタルコアの場合には、ポストを立てないで浅いメタルコアを填めることは適切でしょうか?

Aベストアンサー

書かれてる通り、深いコアは除去に時間がかかります。
単に深いだけなら何とでもなりますが、コアが太く残存している歯質が薄い場合が困難です。

メタルコアあるいは既成の金属ポストとレジンを併用したコアは歯質がある程度残っていれば、長くても困難さは低いです。(もちろん、それなりの時間はかかります)

ファイバーポストは削り取らなければならないので、長いだけで困難です。


大臼歯部などで、周囲の歯質が十分に残っている場合は、根管部に維持を求めなくても大丈夫ですが、部位にかかわらず歯冠部の歯質がない場合はどうしても根管部に維持を求めます。

大昔と比べ、セメントの接着性が向上していますので、自分の臨床でもコアの長さは少しづつ短くなっていますが、残存している歯質が無いにもかかわらずコアを極端に短くすると、補綴物が脱落します。

上下の噛み合わせの関係、ブラキシズムの強い弱いにも左右されますが、「再根治」を考えて短いコアを意図的に入れる歯科医はいないと思います。

QCore i3ってどの位の性能ですか?

Core i3ってどの位の性能ですか?
現在ノートパソコンの購入を検討しています。
Core2Duo P8700とどちらが良いのですかね? ほとんど価格は変わりません。
OSはXPを予定しています。
Celeronで結構痛い目見ているので・・・
伝授願います。

Aベストアンサー

あくまで参考の1つとして受け止めていただければ、
パソコンの処理能力を測るものとして実際に処理をさせ、
その速さで数字に表し比較することができる
ベンチマークというものがあります

このベンチマークというのにも様々な種類がありますが、
代表的なものを1つ
参考URLを見ていただければグラフから比較がわかるでしょう。

ですが、仰っているCore i3にも幾つか種類がありますが、
グラフ中にあるモデルは中でも一番弱い子です
Intel Core i3 M 330  @ 2.13GHz   スコア1,994です
Intel Core2 Duo P8700 @ 2.53GHz  スコア1,790
差は約200

結論、以上からの情報からi3のが処理能力は高いと言えるが、体感で差を感じるほどではないだろう。

参考URL:http://www.cpubenchmark.net/common_cpus.html

Q8コアについて

現在、既に4コアが主流になっております。
次のプロセス(22、32nmプロセス)になったら6,8コアが主流になるのですか?
それとも、8コアはハイエンドのみで、主流は4コアにとどまるのでしょうか。

Aベストアンサー

intelだと、メインストリームは、次世代IvyBridgeまでは4コアですね。
現行販売中のPCだと、メインストリーム向けのCore i5が、前世代と現行世代が入り混じっているため、2コアのPCが多いのではないかと思います。
廉価モデルに採用されてるi3やpentium、celeronが多いのは確かだけど、メインストリーム向けは4コアが主力になっているのは確実ですね。
ちなみに、AMDの新型CPUについては、モジュール毎に2コアですから、奇数コアは存在しなくなりますね。
コア単位の性能が低いから、intelに対抗するには、コア数増やすしか無いだけですね。
6コア以上は、ハイエンドモデルだけですね。

QCore i7-4500U スピードが出ない

Intel® CoreTM i7-4500U Processor
(4M Cache, up to 3.00 GHz)

http://ark.intel.com/ja/products/75460/Intel-Core-i7-4500U-Processor-4M-Cache-up-to-3_00-GHz

vaio pro11
ですが、フルパワーになりそうな仕事をさせていますが、残念ながら2.39GHzにしかなりません。
さらに、放っておくと、2.15GHzまで落ち込みます。

CPUの使用率は90%で推移しています。

ただのメモリ不足で、CPUが全力運転できていないだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

ターボ・ブースト・テクノロジーの仕様です。

 下記を参照してみてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB_%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC

Core i7の名が付いていますが所詮2コア4スレッドなので、エンコードなど高負荷をかければ、記述されている状態になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報