人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

VW車の修理専門又は得意なショップ・・?

板金塗装ではなく、駆動系などのメカ部分が得意で
関東又は中部地方近辺で探しています。

具体的には、高速走行中のステアリング振動をなくしたいです。
ホイールバランスは何度も取り直しています。ディーラーでも原因が分からず困っています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どうも、#2です。



今日愛車のアルミホイール洗浄してて、急に思い出しちゃったので参考までに書いときますわ。

ブレーキディスクのハブ部分の錆が進行してるとね、高速走行でステアリングの振動が出ちゃうんっすよ。
難しい話をするとハブの錆でホイールとの接地面の表面体積が増して本来より直径が0.数mm-数mmハブのほうが直径が大きくなって、ホイールがわずかに斜めに取付けられてる状態になるんっすよ。だから本来取りたいアライメント値に設定してもタイヤの装着そのものが狂ってるからある許容範囲を超えるとガッタガタになっちゃうってわけ。許容範囲ってのが、この場合高速走行ってわけ。
これってハブが出べそみたいに出てるVWやメルセデスやBMWやOPELなんかでありがちなトラブルで、全然問題ないはずなのに高速でハンドルガッタガタ、っつー現象が起きやすいんっすわ。

対策はね、まずリフトアップしてホイールを外す、次にブレーキディスクとブレーキキャリパーを新聞紙3枚重ねで養生(上に被せて濡れないように)する、次に写真で示した出べそ的なハブに潤滑材を吹きかける、次にワイヤブラシで錆をガシガシ磨いて落とす、そして潤滑材をキッチンペーパーか布に染み込ませて錆を完全に拭き取る、最後に養生を剥がしホイールを再装着して規定トルク値で締める、で終了っす。これを反対側でもやる。以上っす。
潤滑材はね、CRCでも可だけどCRCは熱に弱いからワコーケミカルのラスペネかバーダルのスペシャルアッセンブリー(http://gefallen.ocnk.net/product/50)か化研産業のNASKALB(http://www.kaken-s.co.jp/original.html)がイイっすよ。くれぐれもブレーキディスクとブレーキパッドには掛からないように注意して下さいね。

多分ね、タイヤ交換で直ったっつーのはこの辺知ってる人が作業してくれたんっすね。ドイツ車では基本中の基本作業だから「錆びてんなぁ。。。」っつって親切心で見えない技を見せてくれた、的な?俺もタイヤ交換の度にやってんのに、さっきまで忘れてたけど、ね。物は試しでやってみてくだされ。ここじゃなければ、いよいよステアリングギヤボックスっすわ。

それにしてもディーラーの連中がこんな基本的な事分かんないって言い切っちゃうなんて。。。今時のディーラーって、地に落ちたっすね。
「VW車の修理専門又は得意なショップ・・?」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅くなり申し訳ありません。

2度に渡る書き込みと今回も詳しいアドバイスありがとうございます。

ハブの錆とは今まで全くのノーマークでした。
これは自分でも確認できますので、近日中に早速確認して見たいと思います。

ハブをチェック後まだ改善されないような場合、最初の書き込みでご紹介いただいたショップへのコンタクトも考えたいと思います。

この度は貴重なお時間を拝借してのアドバイス、本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/11/14 00:26

実は!!


驚く無かれ
タイヤを4本新品に替えれば治ります!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅くなり申し訳ありません。

レスありがとうございます。

つい先日フロントのみ2本新品に交換してみました。
サイズや銘柄は全く同じものですが、結果は変わらずでした。

交換するなら4本とも全く違う銘柄が良いのかもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/14 00:02

年式や走行距離が分からないからザックリした勘だけで感じた所だとステアリングギヤの噛み合わせって感じが、するっすけどね。



俺が乗ってるOPELオーナーの間では「駆け込み寺」扱いの、江東区辰巳(お台場の隣)にある藤井オート(http://www2.ocn.ne.jp/~fujiiat/)さんなんかも良いんじゃないっすかね。ドイツで修業なさって来たらしいっすから。基本OPEL扱ってる所ってVWにも強いっすから、ね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅くなり申し訳ありません。

ご紹介いただきありがとうございます。
後からのいただいたアドバイスの方でコメントしますね。

お礼日時:2010/11/14 00:20

とりあえず、VW、AUDIのチューナーの老舗で、神奈川県足柄上郡にある


 COX
http://www.cox.co.jp/

本業はチューニングで、自社ブランドのチューニングパーツやコンプリートカーの販売の他、レース活動も行っていますが、カスタマーセンターではコンディション維持のためのメンテナンスなどの一般整備も受け入れているそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅くなり申し訳ありません。

ご紹介いただきありがとうございます。
hpを見てみましたところ思いの他近いことがわかりました。
整備以外にも色々されているようで楽しそうなところですね。

近いうちに行ってみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/13 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神奈川・東京でVWの良い専門店はありますか?

神奈川(横浜近郊)と東京でVWの修理をしてもらえる所でお薦めの場所を知っている方がいれば教えてください。11月に車検なのですが、大分古い型なので専門のお店に出したいと思っているのですが、あまり良く知らないのでこちらに投稿させてもらいました。(乗っているのはフォルクスワーゲンのゴルフカブリオです。)

Aベストアンサー

我が家にも89年登録の90年式ゴルフ2があります。

◎お近くのヤナセが一番。
過去、長年ゴルフを日本で育ててきた実績があります。
当時の扱い車種なら、詳細を知り抜いていますから安心。
但し、その時代の整備士さんは少数派になりつつあるかもしれませんので、問い合せてください。

◎マニアックな改造等がお好きなら、
スピニングガレージ http://www.rakuten.co.jp/spinning
東京都町田市

ハイタイム http://www.hightime.co.jp
東京都町田市

Q神奈川近郊で腕の良い整備工場 ご存知の方がいらっしゃいましたら

神奈川近郊で腕の良い整備工場 ご存知の方がいらっしゃいましたら
是非教えて下さい。

車種は、2001年 VWパサート です。
チョットしたトラブルでディーラーに出すと
かなり整備代金が高いので困ってます。
長くお付き合いできるような整備工場があればと思います。
クチコミや評判でも結構です。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

欧州車でディーラー以外の工場、っつったらまずはBOSCHカーサービス(http://www.bosch.co.jp/jp/bcs/)、っつーのがお約束っすよね。何しろ欧州車は100、どこかしらにBOSCH使ってるっすから。

次に探すのはビルシュタインのカーボンクリーンシステム(http://www.jabis.co.jp/automobile.html)を導入しているお店っすね。神奈川県内だとアイピーエムさんとサンコー車輌さん(http://www.jabis.co.jp/proshop.html)っつープロショップはイイ感じっすよ。どっちも横浜市内なので横浜市外にお住まいだと逝くのがチョイ厳しいかもっすね。
エンジン洗浄かオートマトータルケアかを実施している店(http://www.jabis.co.jp/shop.html)も腕の良い所は多いっすけど、ガイシャは苦手、とかランエボ専門店、とか制約が入る場合があるっす。サイトの備考欄を見て判断してくだされ。まず外れはねえっすから。

この辺りで探していくと、結構ステキな感じの工場が見つかるっすよ。

欧州車でディーラー以外の工場、っつったらまずはBOSCHカーサービス(http://www.bosch.co.jp/jp/bcs/)、っつーのがお約束っすよね。何しろ欧州車は100、どこかしらにBOSCH使ってるっすから。

次に探すのはビルシュタインのカーボンクリーンシステム(http://www.jabis.co.jp/automobile.html)を導入しているお店っすね。神奈川県内だとアイピーエムさんとサンコー車輌さん(http://www.jabis.co.jp/proshop.html)っつープロショップはイイ感じっすよ。どっちも横浜市内なので横浜市外にお住まいだと逝くのが...続きを読む

Qフォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

フォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

Aベストアンサー

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防いでいるゴムなんかも溶かしちゃって。。。#2さんが指摘している不具合が起こっちゃう原因って、人よりクルマに詳しかったり拘ったりするのが逆に働いちゃった!!ってのが原因だったりするんっすよ。

例えばVWでもGTIとポロではメーカー推奨のオイルって、全然違うでしょ?それって、そういう事なんっすよ。

一番難しいのが中間グレードとか中間よりチョイいいモデルっすね。どの辺までグレード上げたらいいのか、迷ったりしちゃうっす。
そういうのがメンドクセ!っつーならディーラーで純正オイルを入れてもらうのが一番っすね。

でもバックス的な店に行ってもふらりとホームセンター的な店に行っても「安くて良さそう」なオイルがあるとつい入れたくなっちゃうっすよね。ラーメン出てきたら、食っちゃうよね。。。巨乳って、見ちゃうよね。。。っつーのと同様、人情っす。

そういう時のために車検証入れに入っている取扱説明書を読んでおくんっすよ。たいていはエンジンオイルの項に適正オイルの粘度と等級(グレード)が書いてるっすから、それと同等のオイルを入れていれば社外品でもOKっす。何しろ純正オイルも社外オイルもオイルの品質を管理する団体のチェックを通さないと売れない仕組みになっているっす。逆に言えば入れ物のロゴ以外は同品質だから純正も社外品もヘッタクレもねえんっすわ。#1さんが言ってるのって、こんな感じの事だと思うっす。
取扱説明書ばかりじゃなくてディーラーのフロントで尋ねればオイルの粘度と等級を聞いてみるとすぐに教えてくれるっすよ。教えてくれなかったらココで再度質問を立ち上げれば割とすぐに誰かが教えてくれるっす。

あとはメーカーが推奨しているオイルメーカーのオイルっつーのも手っすね。VW/AUDIだとバナナで釘が打てるでおなじみの モービル1 とドイツの リキモリ(Liqui-Moli) と フックス(Fuchs) なんか推奨してるっすね。


っつー事でまずはご自分のVWのグレードに見合うオイルの粘度と等級を知っておく必要があるっすね。それさえ知っていれば社外のオイルでも、平気なんです。

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防い...続きを読む

Q埼玉にある良心的な輸入車整備のお店は?

今年の五月より、念願のVWパサート(2003年型、B5.5, V6 4motion)を中古で手に入れ、乗っています。今のところ故障箇所もなく、
快調ですが、今後、車検や故障時、点検などを腕もよく、良心的にやっていただけるお店(整備工場)を埼玉(さいたま市・上尾市周辺)で探しています。
現在、なじみになっているVWディーラーも良心的ではあるのですが、性質柄、車検代や整備代などが割高に思われます。今後の無用な散財を避けるため、どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、私の友人が以前に使っていた整備工場ですが、規模も大きく扱っている輸入車の種類も多く、まぁ安心できるかなぁというところです^^(下記URLご覧ください)。

但し1つだけ申し上げたいのは、
>性質柄、車検代や整備代などが割高に思われます。
という考え方は必ずしも正しくないかもしれません。というのは、ディーラーは整備の際「今は大丈夫だけど近いうちに逝っちゃいそう」と判断した部分については出来るだけ前倒しで交換等を勧めます(車検などのときに交換していきます)が、いわゆる整備工場では「どうにか今の部品で保たせる(ダメになるまでは触らない)」ことを前提に整備をしていく場合が多いので、この辺が整備費用の差に反映されて割高に見えることがあります。危ないところを一気に交換するか、ダメになった順に交換していくかの差ですね。ディーラーでも整備前に見積もりを取り、説明を聞いた上で「こことここは今回は修理しない(もちろん安全にかかわる部分は除いて)」と言った形でも依頼も可能ですからそうすると整備費用も町工場と大して変わらないかも知れないですよ。元より、輸入車にはある程度の無用な散財が付き物だと思ってつきあった方がいいと思います(趣味のためのお金ですから・・笑)。

参考URL:http://www.yamamimotors.com/index_bb.html

こんばんは、私の友人が以前に使っていた整備工場ですが、規模も大きく扱っている輸入車の種類も多く、まぁ安心できるかなぁというところです^^(下記URLご覧ください)。

但し1つだけ申し上げたいのは、
>性質柄、車検代や整備代などが割高に思われます。
という考え方は必ずしも正しくないかもしれません。というのは、ディーラーは整備の際「今は大丈夫だけど近いうちに逝っちゃいそう」と判断した部分については出来るだけ前倒しで交換等を勧めます(車検などのときに交換していきます)が、いわゆる...続きを読む

QVWゴルフのオイル交換

半年前に新車で買ったVWゴルフのオイル交換(2回目)をしようと考えています。
しかし、ディーラーに9000円と言われたので、純正と同様の10W-40か
もしくはそれ以上のオイルをオートバックスで交換しようと思ったのですが…。

パッキンが必要と言われました。
なんですか?それ。ディーラーでしか手に入らないモノ?
国産車にはないんで全くわかりません。

やっぱりディーラーでしかできないものなんですか?

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。

>パッキンが必要と言われました。

 パッキンとは、ドレンボルト(オイルを抜く穴にフタとしてネジ込んであるボルト)にハマっているパッキンで、これが無いと完全にフタが出来ず、オイルがタラタラ漏れてきてしまいます。
 パッキン、と言ってもお弁当のフタのパッキンの様なゴムとは違い、普通は銅かアルミで出来ています。

>国産車にはないんで全くわかりません。

 勿論国産車にも使われています。ガソリンスタンドや町のショップ、或いはオーナー御自身でオイルを替えられる場合は古いモノをそのまま使ってしまいますが、しかしどのメーカもオイル交換毎に新品を使う様に指定しているはずです。

 尚、オートバックスさんなどでは、このパッキン不良によるオイル交換後のオイル漏れクレームを回避する為に、何年か前からオイル交換時には無料でパッキンを新品に交換する様になりました。
 このパッキンはサイズが何種類かありますが、国産車ならだいたいどのメーカのクルマでも3~4種類程度のサイズ内に入る様で、店で予め在庫しています。

 これが輸入車ですと、サイズがマチマチだったり材質が違ったりで、大きさが似ているから、と国産車サイズのモノを代用するにはリスクがあります。
 しかし(例え大量に売れているVWでも)輸入車の普及率は国産車の比では無く、輸入車のパッキンまでイチイチ在庫しているワケにはいきません。そこで輸入車の場合には『パッキン持込で』と謳っているワケです。

 さてこのパッキンですが、10円玉に穴を開けた様なモノなので、VWでも¥300もしないでしょう。勿論ディーラで購入可能ですが、そこらにある『自動車部品屋』(普通は修理工場などプロ相手なので、非常に地味な店構えです)でも購入可能です(この様な店の中には、個人購入でも業販価格で売ってくれるところもあります)。

 尚、最後に2点。

 輸入車ディーラのオイル交換費用はベラボーに高いですが、これは工賃が高いとゆぅのもありますが、使っているオイルが既にかなり高い場合が多い様です。勿論、これほど高価なオイルを使う必要は全くありません。以前はディーラ指定以外のオイルを入れると保証が受けられなくなる、などとゆぅタカビーな輸入車ディーラもありましたが、今どきそこまで無謀な事を言うディーラも無いでしょう。オートバックスなどでオイルを交換されても、問題は無いと思います。

 また、オイルの上抜きとゆぅヤツですが、これはオイルのディップゲージの穴(オイル量を見る棒が刺さっている穴)から細い管を入れ、オイルを吸い上げる方法です。
 輸入車ではオイルパンがアルミの鋳物で出来ている場合がありますが(見た目は非常にカッコよく、またオイルの冷却能力も高いです)、これはドレンボルト用のメスネジも柔らかいアルミなので、ネジ山が潰れ易いとゆぅ欠点があります。
 この様なトラブルを回避する為に、輸入車では上抜きを勧める店が多い様です。

 そこで上抜きと下抜きどちらがヨイか?とゆぅ点です。
 一時期上抜きは古いオイルを出し切れない、などのウワサが立ちましたが、実際に測ってみるとオイルパンの構造や抜き方によってマチマチで、絶対的にどちらが優れている、とは言えない結果となりました。
 ゴルフのエンジンのオイル抜きにどちらが適しているかは判りませんが、もしかしたらドレンプラグを外さない上抜きの方が安心出来るかもしれません。

 クルマの設計屋です。

>パッキンが必要と言われました。

 パッキンとは、ドレンボルト(オイルを抜く穴にフタとしてネジ込んであるボルト)にハマっているパッキンで、これが無いと完全にフタが出来ず、オイルがタラタラ漏れてきてしまいます。
 パッキン、と言ってもお弁当のフタのパッキンの様なゴムとは違い、普通は銅かアルミで出来ています。

>国産車にはないんで全くわかりません。

 勿論国産車にも使われています。ガソリンスタンドや町のショップ、或いはオーナー御自身でオイルを替え...続きを読む

QVW Polo 9N の整備について

輸入車の整備に詳しい方への質問です。
現在、2005年のPoloに乗っています。車自体、非常に気に入っており、それなりに長く乗りたいと思っています。年数が8年目に入りだんだん車の挙動があやしくなったこともあり、自分なりに勉強してリフレッシュ(非ディーラの整備工場に依頼)を始めました。整備内容はWebの検索とヘインズのマニュアルを入手して修理・交換事例を見て、そこから決めました。(下記(1)と(2))
私の質問は、(1)、(2)に挙げた事以外にあらかじめ予防措置的に交換しておいた方がよいもの、チェック点検をした方がよいものがないかどうかです。一応(3)に書いた項目あたりが気になるのですが。
素人なので的をはすしていたり、見落としがたぶんあると思います。一般論・この車特有、どちらでもアドバイスいただけるとありがたいです。

車: 2005年9NBKY Polo 1400cc 16V DOHC 4速AT (9N前期丸目の最終形) 2005年夏登録。40,000km
私: 車のメカ整備経験はオイル・オイルフィルタ・プラグのみの理系中年。

(1) <<この車に限らず普通にメンテ:リフレッシュ済み>>
オイル:マニュアル無視の短めに交換。たまにバーダルなどでお掃除
オイルフィルタ:15000kmめどに交換(すごいとりづらいところにあるけど)
ブレーキフルード:車検毎に交換
ブレーキパッド:ヘインズに書いてあるのを信用して2mm残量を限界に交換
ブレーキディスク:同上、片面の削れが1.5mmを限界として交換
タイヤ:溝やヒビをみて早めに交換
スパークプラグ:ロングライフでも6万キロを限度に交換
エアクリーナー:3~4km毎に交換
ポーレン(室内エアコン)フィルタ:現物チェックで逐次交換
バッテリー4年+-αで交換
LLC:マニュアル無視で6年をMaxに交換
ATオイル:3~4万kmサイクルで交換

(2) <<9N Poloの弱点と思われるところ:リフレッシュ済み>>
タイベルト・テンショナ類・WP:9NBBYより故障事例が少ないが、WPが最終対策品ではないのでマニュアル信用せず交換
Vベルト・テンショナ:すべってからでもと思うが、タイベル交換するついでに
ロアアームブッシュ:チェックしたら亀裂が入っていた
ボールジョイント:まだ、ゴムは破れてなかったがロアアームはずすついでに交換
ダイレクトイグニションコイル:はずれにあたると6万キロ行く前に破損するらしい。対策品(F, G)ではないのが付いてたので換える
サーモスタット:結構壊れるらしい。LLC入れるついでに
温度センサ:サーミスタなのに、なぜか壊れることがあるらしいので、これもLLC入れるついでに
ABSヒューズ:板ヒューズ2個(ベッテリーふたの中)が切れるらしい。調べたらすこしゆがんでいた

(3) <<どうしたらいいかよくわからない>>
フュエル(燃料)フィルタ:交換した方がよいのか、放っておいてよいのかどうなんでしょう?
ブローバイホース:熱と油で朽ちるらしいが、取替え事例が少ないので、オイルをゲージの真ん中まで減らして(おまじない)、様子見
エアコン関係:こわれてから?
ブーツの破れ:数が多すぎなので予備交換大変そう。やぶれてから?
タイロッドエンド:ジョイントまだこわれていないので様子見?
インテークマニホールドセンサー:あまり壊れた事例が見当たらないない
O2センサー:あまり故障事例が見当たらない
電球類:なぜか頻繁に切れる。この際全とっかえもあり?
オルタネータ:壊れないことを祈る?
ラジエータファン:壊れるらしいが、いつ壊れるか分からないので、たまに回っていることを確認
パワステオイル:減っていなければよしということでよいのか?
スイッチ類:どれが壊れるかわからない
オイルのにじみ漏れ、LLCの漏れ:漏れないことを祈りつつ、たまにチェック
ベアリング:どのくらいもつものでしょう?
ABS / ABSセンサ:??
サスペンション関係:お取替え時期と判断基準が分からない
エンジンマウント:どのくらいもつのか?問題が起きるまで放置でよいか?
その他?

以上長くなりましたが、よろしくお願いします。

輸入車の整備に詳しい方への質問です。
現在、2005年のPoloに乗っています。車自体、非常に気に入っており、それなりに長く乗りたいと思っています。年数が8年目に入りだんだん車の挙動があやしくなったこともあり、自分なりに勉強してリフレッシュ(非ディーラの整備工場に依頼)を始めました。整備内容はWebの検索とヘインズのマニュアルを入手して修理・交換事例を見て、そこから決めました。(下記(1)と(2))
私の質問は、(1)、(2)に挙げた事以外にあらかじめ予防措置的に交換しておいた方がよいもの、チェッ...続きを読む

Aベストアンサー

イイ感じのスケジュール構成っすね。じゃあチョイと気になった所だけをピックアップして調整してみましょうか。特に突っ込み入れてない所は「それで充分っす」って事で。。。


(1)<<この車に限らず普通にメンテ:リフレッシュ済み>>

バッテリー4年+-αで交換
→ たいてい10年目途で交換で充分っすよ。オーディオにサブウーハー付けてる、とかイルミネーションチューンしてる、とかなら4年前後のローテーションになり得るけど。

LLC:マニュアル無視で6年をMaxに交換
→ どうせウォーターポンプが5万km目途で交換でしょ?その時自動で交換になるから深く考えないでイイと思うっすよ?

ATオイル:3~4万kmサイクルで交換
→ これも4万km目途でATフィルター交換があるんだから(むしろフィルター交換がメイン作業)フィルター交換のついでで考えときゃイイと思うっすよ?


(2)<<9N Poloの弱点と思われるところ:リフレッシュ済み>>

ロアアームブッシュ:チェックしたら亀裂が入っていた
→ ブッシュ類は基本こんな感じでの交換でイイんっすよ。ホントは交換するタイミングでポリウレタン製にグレードアップしとくとイイんだけど。。。とりあえず国内で販売してる所がないっすね。

ボールジョイント:まだ、ゴムは破れてなかったがロアアームはずすついでに交換
→ 欧州車の強みはこういう走るのに絶対に必要な部分は結構使い回しが出来るんっすよ。ただサスペンション関係の所と絡めて「走りをチョイとグレードアップしたい」目線で交換する事を推奨しときますわ。


(3)<<どうしたらいいかよくわからない>>

フュエル(燃料)フィルタ:交換した方がよいのか、放っておいてよいのかどうなんでしょう?
→ 4万km毎に絶対交換。っつーのもどんなに日本の石油精製技術が優れてても給油の際勢い良く周りの空気もガソリンに混ぜてるからね?ちょうど今の季節だとスギ花粉にヒノキ花粉に黄砂が自動でガソリンに混ざるからね?それを濾してるのがフューエルフィルターなわけだから、絶対交換、の理由はわかりますよね?

ブローバイホース:熱と油で朽ちるらしいが、取替え事例が少ないので、オイルをゲージの真ん中まで減らして(おまじない)、様子見
→ 即交換っすね。っつーのもゲージ真ん中に減らして、じゃなくて通常はゲージ真ん中で適正っすから。つまり普段が入れ過ぎの状態で、常に吹き零しながら走ってた、って事っすから。当然内側からの腐食は進んでいると判断すべきっすね。
で、交換するならこの際シリコン製品に交換すると以降はメンテナンス不要っすね。シリコンは耐油性と耐熱性に優れた夢のような奴っすから。9NPoloならイギリスの名門・Forge(http://www.afterparts.co.jp/forge/forge_vw.html) がリプレイスメントパーツを出してるっすから。コレを機にグレードアップしとくと安心っすね。

エアコン関係:こわれてから?
→ エアコン関係の目途はね、バルブの低圧側(自転車の空気バルブみたいな形状のほう)から泡が出てないか、蓋を開ける時プシュー…とかポン!とかいかにも漏れてたっつー状態じゃあないか、を最初に見るんっすよ。コレはどっちもガス漏れが起こってる証拠っすから。で、漏れの原因は継ぎ目にゴムを使ってる箇所から漏れるのが通例で、コンプレッサー側のOリングと低圧側のバルブ(いわゆる『虫』)を交換っすわ。で、ガス補充が終了したらエアコン潤滑剤を補充するんっすよ。コレはいわゆる添加剤だけど、燃費向上を謳ってるアヤシイ奴じゃなくて添加する以外に入れようがない潤滑剤なんっすよ。つまりエンジンのエンジンオイル・ATのATF・ギヤのギヤオイルと一緒っす。お勧めはバーダルのフラーレンC60(http://csoshop.shop25.makeshop.jp/shopdetail/004000000003/order/)っすね。9NPoloなら1本あれば充分っす。

ブーツの破れ:数が多すぎなので予備交換大変そう。やぶれてから?
→ これこそなかなか破れない所っすよ?日本車だと10万km持たないけど欧州車は軒並み10万kmオーバーでへこたれねえっす。ワーゲンだと15万km位は余裕っすよ?人によっては20万km持ったってのもあるからね?

O2センサー:あまり故障事例が見当たらない
→ 基本的に8万km目途の交換部品っすね。出来れば純正品じゃなくてBOSCH製品の汎用品じゃない、専用品を装着するのをお勧めするっすわ。っつーのも純正の電装品は軒並み複数の部品メーカーをひっくるめて『純正』認証してるんっすわ。だから当たりはずれが出て来る、と。だから逆に製品が安定しているBOSCHを選ぶと間違いがない、っつーからくりっす。ただBOSCHはワンランク高い値段だけどね?

電球類:なぜか頻繁に切れる。この際全とっかえもあり?
→ この際LED化するっつーアップグレードもあり。但しCan-BUSキャンセラー対応品じゃないと確実にトラブルに見舞われるっす。セーフティーモードが入っちゃうんっすね。無難に攻めるならタングステンで交換っすね。基本タングステンは8万km手前で大体切れるようにできてるんっすよ。

パワステオイル:減っていなければよしということでよいのか?
→ 基本ATFなんっすよ。おんなじフルード使ってるから。だから4万km目途で交換っすね。さもないとパワステポンプが壊れちゃう。ATと一緒でデキシロンIIが指定っす。交換はエンジン掛けてハンドルまっすぐにしといて古いフルード抜いて、新しいフルードを入れてからの右一杯左一杯に切る、で真っ直ぐに戻してまたフルード抜いて…を3~5回繰り返すんっすわ。但しこの作業でパイプに空気が入るとパワステ変なんなっちゃう。注意は必要っすね。

スイッチ類:どれが壊れるかわからない
→ 基本インパネ周りのスイッチは電球切れ位なんでタングステンの寿命を目途に交換って感じっすね。それ以外の、窓開けるスイッチとかはその先の機構に寿命が待ってる場合が多いっすから、その都度の対応って事になるっすね。

オイルのにじみ漏れ、LLCの漏れ:漏れないことを祈りつつ、たまにチェック
→ オイル滲みはほぼ100、エンジンのヘッドカバー(カムシャフトカバー)のガスケットがペッタンコになって起こる現象っすね。5千円しないゴム製品なんで漏れを見つけたらOリングを含めて即交換っすね。大体5万km目途っすわ。LLCの漏れはまず大丈夫。だけど漏れが出てしまったらシリコンホースに替えてしまうのが得策っす。ヨーロッパにはそういうリプレイスメントパーツが充実してるっすけど、最悪汎用ホースで自作も出来るっすわ。

ベアリング:どのくらいもつものでしょう?
→ グリース漬けの状態だから10万kmは確実に持つっすね。ただベアリングのブーツはそれ以上に持つからベアリングだけ交換、って事になるのが欧州車の世界っすわ。ベアリングが逝っちゃうとガランガランうるっせえからすぐ分かるっすよ。

サスペンション関係:お取替え時期と判断基準が分からない
→ サスペンション、つまりバネは20万km毎の交換っす。バネは早々へこたれねえっす。だけどショックアブソーバーは国産車でも5万km目途の交換で、どんなに引っ張っても7万kmでご臨終です。燃費が悪くなるのはたいていここから始まってるんだよね。
で、ココで純正品をバカ丁寧に交換すんのもイイっすけど、グレードアップパーツに交換するのが利口っすね。ワーゲンっつったらMONROE(http://www.afterparts.co.jp/monroe/monroe_vw.html)か、BILSTEIN(http://www.afterparts.co.jp/bilstein/bilstein_vw_polo.html)若しくはSACHS(http://www.afterparts.co.jp/sachs/sachs_vw.html)ってのがお約束っすね。車高下げない高速が安定する奴。そもそも高速安定性が高いドイツ車でもっと安定しちゃうっつー夢のようなセッティングっすね。
で、足回りのブッシュ・特にFF車ならフロントのトップマウントは5万km目途の交換なんっすけど、ショックアブソーバーを交換すんだから同時作業になるっすよね。

エンジンマウント:どのくらいもつのか?問題が起きるまで放置でよいか?
→ これも8万km目途の交換っすね。

その他?
→ 肝心なのはカムシャフトセンサーとクランクシャフトセンサーそれにウォーターポンプっすね。5万km目途で交換が必要な消耗品で、それこそリプレイスメントパーツやアップグレードパーツがないんっすわ。ココを中心にメンテナンススケジュールを組むと、頭ん中もお財布の予算も驚くほど整理がつくんっすよ。

それにVAG-COM を購入して月に1度チェックしておくと完璧っすね。ワーゲンの強みはココにある、っつって過言じゃないっすからね。


とりあえず、こんな感じじゃないっすかね。

イイ感じのスケジュール構成っすね。じゃあチョイと気になった所だけをピックアップして調整してみましょうか。特に突っ込み入れてない所は「それで充分っす」って事で。。。


(1)<<この車に限らず普通にメンテ:リフレッシュ済み>>

バッテリー4年+-αで交換
→ たいてい10年目途で交換で充分っすよ。オーディオにサブウーハー付けてる、とかイルミネーションチューンしてる、とかなら4年前後のローテーションになり得るけど。

LLC:マニュアル無視で6年をMaxに交換
→ どうせウォーターポンプが5万km目途で交換...続きを読む

Q外車の車検安く済ませたいのですが。。

来月、7年目の車検を受けるのですが、5年目の車検の時、ディーラーにお願いしたら、最初は14万くらいです!と言っていたのに、点検をしたら、交換しなきゃいけない部品がありまして・・・と結局24万請求されました。
今まで、ランプやオイルの交換まで、殆どディーラーにまかせっきりな状態でした。

でも、今年は、経済的な事情もあり、何とか安く済ませたいのですが、○バックや、ガソリンスタンドの車検や点検でも、問題は無いのでしょうか?
7年目と言う事もあり、きちんとした点検を受けなくて、車が故障してしまうのは困りますし、あと3年は乗りたいと思っています。

車について詳しい方、ぜひ、ご意見をお聞かせ願います。

Aベストアンサー

輸入車は定期的にディーラーに整備に出すことをお勧めします。そういう意味では、車検がちょうどいい時ではあります。

国産車の場合、オイル交換とバッテリー交換程度のメンテで、10年10万キロ程度はトラブルなしで走り切れます。
一方、輸入車はそういう設定にはなっていないことが多いです。
3年毎、5年毎とか、3万キロ、5万キロといった具合に定期的に部品交換を行うことを前提にしているメーカーが多いです。しかしこの定期交換をしっかりやっている車は、国産車と違って20年20万キロを走っても、まだまだ現役、元気に走るという形です。

格安車検は、あきらかに壊れている部分を交換といった程度の整備です。輸入車独特の各部品の定期交換には対応していません。部品交換を怠った時、大きなトラブルになる可能性はあります。
あと3年は乗りたいというのも、一般的な国産車の10年10万キロで寿命という発想がありますよね。しっかりメンテすれば、まだまだ走ることは可能ですよ。
自分はVOLVO、BMW、ポルシェといった輸入車何台かを乗り継いでいますが、ドライブ会とかで30年前の車とかも参加して、普通に走ってますよ。

輸入車は定期的にディーラーに整備に出すことをお勧めします。そういう意味では、車検がちょうどいい時ではあります。

国産車の場合、オイル交換とバッテリー交換程度のメンテで、10年10万キロ程度はトラブルなしで走り切れます。
一方、輸入車はそういう設定にはなっていないことが多いです。
3年毎、5年毎とか、3万キロ、5万キロといった具合に定期的に部品交換を行うことを前提にしているメーカーが多いです。しかしこの定期交換をしっかりやっている車は、国産車と違って20年20万キロを走って...続きを読む

Q外車(フォルクスワーゲン)の維持費用について

外車(フォルクスワーゲン)の維持費用について

現在、新車購入を検討を行っています。

候補としては
1.ホンダ CR-Z
2.フォルクスワーゲン POLO GTI(2010年秋ごろ発売予定)
特にフォルクスワーゲンのPOLO TSIに試乗したところ、車の作りの良さに非常に感心し、驚愕をしました。

どちらの車にしようか非常に迷っています。判断が迷う原因のその一つとして、維持費用のネックとなっています。

外車購入のデメリットとして「高額な維持費用」が挙げられると思います。少しの故障や事故などのアクシデントで十数万円が飛ぶような話も聞きます。

ここで質問です。
上記のようなデメリットは事実なのでしょうか。他に挙げられるようなデメリットは何か存在しますか。
年間の維持費用は国産の新車と比較して、高額となりますか。聞いたところによると国産車の維持費用は自動車保険やガソリンなどで30万~35万円/年と聞いております。

また、フォルクスワーゲンの車種を日頃から乗車されている方に質問しますが、経年劣化による車のへたりや日常使用時の車自体への信頼性は如何でしょうか

以下に私の情報を載せておきます。
性別:男、年齢:29歳
現在、車は父親の車をシェアする形で扱っており、パーソナルユースの自動車購入は初めてとなります。
使用頻度としては休日のみの使用頻度で、平日には乗る機会はまずないです。
自動車通勤は出来ない状況ですので、使用頻度は少ないかとは思います。完全に趣味の領域での使用となります。

以上、回答よろしくお願いいたします。

外車(フォルクスワーゲン)の維持費用について

現在、新車購入を検討を行っています。

候補としては
1.ホンダ CR-Z
2.フォルクスワーゲン POLO GTI(2010年秋ごろ発売予定)
特にフォルクスワーゲンのPOLO TSIに試乗したところ、車の作りの良さに非常に感心し、驚愕をしました。

どちらの車にしようか非常に迷っています。判断が迷う原因のその一つとして、維持費用のネックとなっています。

外車購入のデメリットとして「高額な維持費用」が挙げられると思います。少しの故障や事故などのアクシ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは☆

昔、golfに乗っていました。
その後、BMW318ti⇒スバルインプレッサSRX⇒シトロエンC3と乗り換え、
現在はフィアットグランデプントに乗っています。
(どれも、『現地のカローラ』的存在の車ばかりです^^;しかも中古です^^;)

プント購入時にPOLOも検討したのですが、良い車ですよね~!!
ドイツ車独特の硬い感じが何ともいえず、キビキビ動いてくれるのが好きです(^-^)
今では希少な5ナンバーなので、税金の安さも魅力だと思います。

維持費のお話ですが、国産(インプレッサ)と変わり無い様に感じますよ。
任意保険は、入る内容によって金額が大きく変わるので、一概には何とも・・。
例えば、私の場合、自損事故時(対物)の車両保険は下りない契約になっています。
保険内容を細かく検討し、納得がいくプランを決めて下さい♪♪

また、ガソリン代の件も、一概には何とも申し上げられません^^;
ハイオクとレギュラーの違い位では無いでしょうか??
お休みの日に乗られる位であれば、それ程お財布には響かないと思いますよ。

少し感じるのは、こまごまとした部品交換代が割高かなぁ~と言う点です。
とはいえ、MAX1.5倍程度だと感じています。
(ハイクラスな外車だと、『えっ!!』となる様な価格を請求されますが^^;)

VWは、外車の中でも故障が少ないと思いますよ!
周りでも、乗っている人が多いですし。
318ti、golf、インプレッサは故障無く乗れたイメージがあります。
(C3は内装がちゃちで、意味不明な場所が壊れたりしました・・。)

下取り価格がゼロになってしまう国産車と比べ、
外車は下取り価格に多少なりとも価格が付く様に思います。

維持費にそれ程の差は無いと思いますし、ご自身が一目惚れした車に乗られる事をオススメします(^▽^)/
家族が出来て・・子供が出来て・・となると、自分の趣味を反映した車に乗る事が難しくなってきますもの(T_T)

こんばんは☆

昔、golfに乗っていました。
その後、BMW318ti⇒スバルインプレッサSRX⇒シトロエンC3と乗り換え、
現在はフィアットグランデプントに乗っています。
(どれも、『現地のカローラ』的存在の車ばかりです^^;しかも中古です^^;)

プント購入時にPOLOも検討したのですが、良い車ですよね~!!
ドイツ車独特の硬い感じが何ともいえず、キビキビ動いてくれるのが好きです(^-^)
今では希少な5ナンバーなので、税金の安さも魅力だと思います。

維持費のお話ですが、国産(インプレッサ)と変わり無い様...続きを読む

Q輸入車をディーラー以外で点検・車検を受ける

輸入車を持たれている方でディ-ラーではなく、
輸入車専門の整備工場などで点検や車検を受けている方教えてください。

・エンジンオイルやブレーキオイルなどは、メーカー純正がいいんでしょうけど、
それらは整備工場で手に入るんですか?
エンジンオイルは今はロングライフのようなので、一般に売っているものとは
違う気がします。
国産車だと、粘度や規格があってれば銘柄など気にしないんですが。

・オイル交換などを車が警告灯で教えてくれるらしいですが、整備工場でその警告を
消すことはできるんですか?
ディーラーの特殊なツールでしか解除できないのではないでしょうか?
警告灯を点灯させたままだと、動かなくなると聞いたような。。。
それとも、警告灯を消すためだけに、ディーラーに行ってるんでしょうか。

3年目の初車検を迎えるころには、メンテナンス無料プランや割引パックは効能が無くなります。
国産車のディーラーでも、高いなって思って近所の整備工場に出してます。
輸入車のデイーラーはもっと高いし、整備工場で受けてる人って多いんでしょうかね。

Aベストアンサー

<オイル>
輸入車にはそれぞれ推奨オイルがありますが、「粘度」と「化学合成かどうか」を合わせれば差し支えありません。たとえば10W-50、100%化学合成オイルを純正指定してあるなら、他の銘柄でもありますから使えます。ただ、直噴エンジンなどはスラッジが出やすいため吸着性能を上げたものを指定してある場合もあるので、輸入車の経験の多い整備工場のメカニックなどに相談して決めたらいいでしょう。

<交換スパン>
道路事情が欧州とは異なり、1年で走行する距離が短いので、輸入車のマニュアルに記載してある交換スパンではエンジンを劣化させることになります。1年未満の交換が現実的です。

<メンテナンスアラート>
オイル交換や整備時期の警告を消すのは、古くはクルマの特定キーの組み合わせで解除したり、リセットツールなどがありましたが、近年は専用の整備用コンピュータでしかリセットできないメーカーもあります。たとえばAlfa Romeoはエギザミナーという専用パソコンでしかリセットできません。これはインポーターと契約したところにしかないので、町の整備工場では無理ということです。メーカーがわからないので何とも言えませんが、ディーラーにリセットの仕方について電話で聞いてみたらどうでしょうか。

<町の整備工場でメンテできるか>
実際にやっています。オイル、消耗品類、定期整備など、ほとんどのことは可能ですし、技術的に問題はありません(ご自宅のエリアや近郊で輸入車を多く手がけているところを探してみたらいいでしょう)。ただし、私の場合は、警告のリセットや車両のエラーログは専用コンピュータのあるディーラーでしかできていません。状況によって使い分ければリーズナブルなコストでメンテができると思いますよ。

<オイル>
輸入車にはそれぞれ推奨オイルがありますが、「粘度」と「化学合成かどうか」を合わせれば差し支えありません。たとえば10W-50、100%化学合成オイルを純正指定してあるなら、他の銘柄でもありますから使えます。ただ、直噴エンジンなどはスラッジが出やすいため吸着性能を上げたものを指定してある場合もあるので、輸入車の経験の多い整備工場のメカニックなどに相談して決めたらいいでしょう。

<交換スパン>
道路事情が欧州とは異なり、1年で走行する距離が短いので、輸入車のマニュアルに記載して...続きを読む

QGOLFの走行距離について

こんにちわ。
先日1997年製GOLF CLiの走行距離が128,000kmに達しました。しかし、走行距離が増えるに連れ故障も多発し、修理費もかさんできました。でも、新車で購入したまさに愛車であり、最後まで乗り尽くす予定です。そこで質問です。皆さんは自分の車を何万キロくらい乗っていますか?また、どのくらいまで乗るつもりですか?そして、GOLFはどのくらいまで乗れるのでしょうか??

Aベストアンサー

ドイツ車は壊れない、長持ちというのは正しくもあり正しくないこともあります。

製造工程や設計などにきちんとコストをかけているせいでしょう、基本となる骨格部分は丈夫であり初期の性能を長く保てる造りだと思います。

しかしながらゴム部品に代表される熱や経年変化による劣化・破壊んのある消耗部品についてはあまり長持ちさせるというような設計にはする気がないように見受けられます。骨格はしっかり作ってあるから劣化する消耗品を交換すれば初期の性能に戻せるからいいじゃないかという発送なのではないかと推測しています。

日本車はある意味クルマ全体が消耗品で構成され、走行距離・経年変化とともに全体がヨレていき部分的に消耗品を交換しても交換不可能な部品の劣化が進んでいるためヨレヨレ感は変わらず進行していく事になります。
けれど日本車のゴムや樹脂部品は初期の性能は維持できなくてもミニマムの性能(交換しなくても使い続けることは可能)を永く発揮してくれるために世界中で評価される所以ではないかと思います。

親会社が左前になる以前(シュレンプが社長になる前)に設計されたメルセデスのボディなどは丈夫すぎてエンジン2~3回載せ替えるユーザも少なくなく、ディーラで中古エンジン扱っていたくらいですよ。

私が考えるにドイツ車が好きなら目先のお金が多少かかっても消耗部品はきっちり交換をして末永く初期の性能を維持しながら乗り味を楽しむ。ただし電装関係の多いクルマは保管時の湿度などの影響を受けてハンダ浮きなどのトラブルが多発する可能性は否めませんが日本車でもこのテの持病持ちのクルマはあります。ただ日本人が日本で乗る日本車の走行距離が少なくて目立たないだけの様です。

ですから気に入って乗られており、質問者の言われる"故障"が消耗品の賞味期限切れからくるものなのか、恒久部品の故障なのかを分けて考える必要があると思います。
恒久的に機能するはずの部品のトラブルが続出していてそれが悩ましいなら手放し、消耗品の交換が必要な故障がほとんどならば交換して所有しつづけるという判断がよろしいのでしょうか。この辺のことは修理工場のサービス・フロントから説明すべきことなのですが新車が売りたくてあまりそういった情報を提示してもらえなかったのでしょうか?

年式・走行距離からするとまだまだ現役で使える状態だと思いますので長く乗るための手助けとなる整備工場を探された方が良いのではないかと思います。

ドイツ車は壊れない、長持ちというのは正しくもあり正しくないこともあります。

製造工程や設計などにきちんとコストをかけているせいでしょう、基本となる骨格部分は丈夫であり初期の性能を長く保てる造りだと思います。

しかしながらゴム部品に代表される熱や経年変化による劣化・破壊んのある消耗部品についてはあまり長持ちさせるというような設計にはする気がないように見受けられます。骨格はしっかり作ってあるから劣化する消耗品を交換すれば初期の性能に戻せるからいいじゃないかという発送なので...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング