【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

フランス大使館のサイトです。
http://www.ambafrance-jp.org/spip.php?article4221

私たちの同朋であるアルノー・シモン氏が11月19日(金)、自ら命を絶ちました。享年35歳、2006年から日本に滞在され、東京でフランス語教師をしていらっしゃいました。

シモン氏には生後20ヶ月の男の子がおり、本年3月のパートナーとの別離以来、親権を得ようと努力しましたがかなえられませんでした。フランス人コミュニティーを代表して、ご親族の皆様方に深い哀悼の意を表します。

若くしてこれほどまでに恐ろしい行為に及んだ理由について、確信を持って断言できる人は誰もいません。しかしシモン氏は最近、ご子息との面会が非常に難しい旨、当館の領事部に訴えており、お子さんとの別離が決定的な原因のひとつである可能性は非常に高いと言えます。このことは、同じような境遇にある32人のフランス人の父親たちや、世界中の領事関係部局が把握している限り約200名存在する、親としての権利を行使できていない方々の苦悩を、私たちに想起させます。

これだけの悲劇に対して私たちが発言や行動をもってできることは限られています。しかしフランス当局および当館は、ドイツ、アメリカ、オーストラリア、ベルギー、イギリス、カナダ、コロンビア、スペイン、ハンガリー、イタリア、そしてニュージーランドと共に、日本国に対し、国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約を批准し、早急に個々の案件を検討に付し、可能な場合には、それぞれの置かれた状況に即した適切な解決法を見出すよう、断固として要請しております旨、ここに改めて確認致します。

焦点となっているのは子供たちの利益であり、片方の親との接触を妨げる権利は誰にもありません。また、この悲劇的な例が物語るように、父親たちの苦悩も考慮しなければならないのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今の世の中は、左翼思想にかぶれた 女権運動が



幅をきかせてきています。

男女共同参画などが良い例でしょう。

この左翼思想は 日本に昔からある「家庭」を破壊しようとするものです。

まず、手始めに 女の無闇な権力を高めて、夫を蔑ろにし、家庭崩壊を

目論んでいます。

父親を中心に 母親が夫を助け、その両親の傘の元に子供が育つ、、、のが

日本の家庭の美しき姿であり、子供にとっての一番幸せな姿なのですが

民主党政権による左翼思想は、日本のその美しい家庭の

在り方を破壊しようとしています。

女性の「権利のみ」の追求に わがまま放題の妻に 

手を挙げた夫がさもDV男のように扱われ

男性はおどおどしながら暮らすことになり、父親としての

尊厳まで奪われ、家庭崩壊が始まっています。

社会党の福島みずほ をはじめ 岡崎トミ子など その代表的なものです。

各企業、各自治体にもその思想は徐々に蔓延ってきています。

ここのカテゴリーでも、夫の実家に行くのが嫌、、、などと ふざけた

嫁の質問が多いのも、これらの女権運度の影響によるものでしょう。

日本は、経済で破綻する前に 左翼思想による家庭崩壊で

日本沈没は進んで行くものと思われます。

左翼集団の代表である日教組による 道徳教育の廃止によるものが大きい

でしょう。

安倍元総理がこのような日本を なんとかまともにしようと

左翼思想集団と戦いましたが、、、。

また、中川一郎議員も 日本国をどうにか元の素晴らしい国ししなくては、、

と熱い思いを持っておられましたが、左翼新聞 朝日新聞女性記者の甘言に

乗せられ それが元で議員職を失い、亡くなられてしまいました。

その女性記者のブログには「してやったり、、」と載ってたそうです。

中川さんは この朝日新聞記者にはめられたのです。

朝鮮総連等の根回しや甘言に乗せられてるお馬鹿な左翼議員。



左翼政権民主党が崩壊しない限り、日本の明日は無いと思います。

仙石由人官房長官など 全共闘の日本破壊運動の急先鋒だった人間が

政権を握ってることからして、日本は破滅の一途をとげるのみです。

このことに気づいていない女性が多いのも 情けないことです。
    • good
    • 0

質問の名を借りた演説はおやめなさい。

    • good
    • 0

http://www.riconavi.com/page015.html
ハーグ条約で親権者の交流が難しいと聞きます、日本が単独親権、渉外戸籍云々問題が背景に有るではないですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング