家の庭で山椒の新芽が出てきました。とてもいっぱいとれたので、おいしく料理したいと思います。何かよい調理法があったら是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

山椒の新芽は香りが高いのでほんの少しでも存在感があり、あまり大量には使いません。



suikomamaさんの文を見ていて、そう云えば我が家でも殆んどいつも使い切れないのを思い出し探して見ました。
__________________________

山椒の佃煮
[材料の目安]
山椒の若芽 ……… ボール(小)に一杯
醤 油   ……… 80cc
みりん   ……… 40cc
お 酒   ……… 好み

(1)山椒は、柔らかい新芽をボール(小)一杯に摘んできて、塵を落とすため一枚一枚丁寧に洗います。
(花なども一緒に摘んでも良いでしょう。)


(2)洗った後は、あくを取るため、一瞬熱湯に通し、すぐに冷水(できればアルカリイオン水)に放ち30分程度さらしておきます。

(3)鍋に醤油とみりん、酒を入れて弱火で煮詰めます。
 このままですと固い山椒の佃煮になってしまいますので、いったん煮詰まったところで120ccの水をたし再度水気がなくなるまで煮詰めます。これでちょうど良い歯ざわりと香の佃煮となります(長期保存が可能です)。

 器に盛り付けて完成となります。
熱々のご飯などに春の強烈な香を楽しむことができる日本のハーブの佃煮となりました。

参考URL:http://www2q.biglobe.ne.jp/~sakai/sansho.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。早速調理したいと思います。+

お礼日時:2001/04/14 15:05

こんにちは



山椒の新芽ですか。
実ならよく料理に使うんですけど…。

ご存知だと思いますが、「木の芽あえ」に使われる「木の芽」とは,サンショウの若葉ですので、とりあえずはこの料理で…。あと、ちらし寿司とかの飾りとか,お吸物に浮かべたりとか。

上記のものが代表的な使い方だと思いますが、確か、会津地方の郷土料理にニシンの山椒漬がありました。造り方は、身欠ニシンを米のとぎ汁に浸してアクぬきをして、ニシンと山椒の葉を交互に重ね合わせて、砂糖醤油ベースの調味料に漬け込んで出来上がり。であったと記憶しています。(あまり詳しくなくて、すみません)

あと、フキと山椒の佃煮が、京都のおみやげ物やさんにありました。実ではなく、新芽?を使用していました。 佃煮ですので、作り方はごく普通の方法だと思います。

あまり回答になってないと思いますが、ご参考に。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぶりの”アラ”の下処理について教えてください

料理初心者です。
スーパーでぶりのアラが非常に安く売られていたので買いました。
下処理は以下の方法でいいのか教えてください。
1・アラに塩を振って10分ほど置く
2・熱湯をかける
3・2の湯を捨て、水につけてうろこなどを取る

ぶりのアラのレシピを探したらほとんどがぶり大根で、そのレシピと一緒にこの下処理方法が紹介されていました。
私はぶりは焼いて食べるのが好きなので塩焼きにしたいです。
ぶり大根に使うための下処理と同じやり方でいいか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブリの下処理は臭みを取るために行うものなので、焼く場合は水につけた後良く水分を拭き取れば、それまでの行程は同じ処理で大丈夫です。

ブリが新鮮ならば下処理は不要です。

Q山椒の実の調理法教えて!

お世話様です。

親戚の庭で取れた山椒の実を美味しく食べられるよう、調理したいのですが、どうしていいものかさっぱり分かりません。

どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

我が家では、いかなごの釘煮に入れる程度ですが、こちらに山椒のレシピが数種載っているので、よければご覧下さい。
               ↓
http://www.city.sasayama.hyogo.jp/i/rcpd.html

下ごしらえはこちら
               ↓
http://allabout.co.jp/gourmet/homemade/closeup/CU20030618/

Q下処理済みの牛すじの使い道・・・

下処理済みの牛すじの使い道・・・

下処理済みの牛すじをもらい、しばらく冷凍してました。
使ってみようと思うのですが、どのようなレシピがおすすめでしょうか?
使った事がないので困っています。

何でもいいのでレシピの詳細も教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

煮込み

カレー


下処理済が軽く茹でてあるだけなら、
煮込み時間がかかりますので、
圧力鍋があるのでしたら使用したほうが早いです。

Qちりめん山椒の山椒がピリピリすぎる

初めてちりめん山椒を作ってみました。
レシピを参考にしながら、まずは山椒を下茹でして、あとはちりめんと一緒に酒・みりん・しょうゆで味付けし、コトコト煮ました。

ですが、完成品を食べてみたら、山椒が効きすぎてしまって・・↓↓
仕方がないので、山椒を除けながら食べていこうと思っています。

実は、茹でた山椒がまだまだ残っています。
次回再挑戦する時に、何に気をつければよいでしょうか?
茹でる時間の問題でしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

回答としては、山椒の下茹で時間の長短でピリピリ感が変わります。

時間長く茹でれば少なくなり、短ければ多く残っています。
当然香りも一緒に変化してしまいます。
何分茹でたのか分かりませんが、下茹でして残っている物を再度下茹すればピリピリは減ります。

しかし何分茹が良いかは山椒の産地・採取時期によってだいぶ違うので回答は出来ません。
そして、それぞれの人の好み・感じ方も違うので更に回答困難ですね。

再下茹でしている時に、途中1分毎位に数粒つまんで試食して加減をみながら茹でてください。
味付け煮の段階では長時間煮てもピリピリ感はそれほど変わらないです。

ご存知かと思いますが、下茹でしたら冷凍庫で長期保存できますので、一年中いつでも「ちりめん山椒食べたくなった!」時に作れます。
(鰻山椒も美味しいですね)

Q牛タンの下処理方法

アメリカ在住なのですが、
こちらでは牛タンはスライスされた物ではなく
一本皮付きでドーンと売られています。
かなりグロテスクで躊躇しているのですが、
この牛タンを使ってお料理したいのです。
でも下処理(皮むき)の方法が分かりません。

下処理の方法をご存知の方、是非お教えください。
もしくは、下処理について分かりやすく説明してあるサイトがあれがお教えください。

Aベストアンサー

タン塩などにする場合には、まずはきれいに洗って、使う部分(だいたいは付け根あたりを使う)をカットしたら、よく切れる肉切り包丁でそぎ落とすように丁寧に皮やスジを剥いでいきましょう。

面倒なら、多少肉が皮に付くのは覚悟で、ズバズバ切り落としてください(これだと非常に簡単)。

冷凍品なら、表面が解けてきたあたりで、皮と肉の間に包丁を入れて、皮を引っ張れば、一気に剥けます。

ちなみに生のものでも、わざと少し凍らせてからだと肉がある程度硬い状態になっているので、皮を剥いだり、薄くスライスする作業がやりやすいです(凍らせすぎると刃が立たなくなりますので、多少の見極めがいりますが)。

シチューなどに使うなら、丸ごと1~2時間ほど熱湯で茹でてから、一度取り出します。
皮は煮込むと固くなるので、あとはタンを押さえながら皮を剥ぎとります。

あとは、適当にカットして煮込んでください。
下記URLも参考にするといいでしょう。

参考URL:http://www.rheinbruecke.de/vorstellen1.htm

Qゴーヤーのおいしい調理法

こんにちは。
もう季節ではないかもしれませんが、我が家ではこの夏から秋にかけて、ゴーヤーをよく消費しました。
しかし、メニューはゴーヤーチャンプル一種類のみ。
しかも、苦い時と全然苦くない時がありました。
よかったら、皆さんご自慢のゴーヤーレシピをお聞かせください。
また、ゴーヤーの苦くない調理法なんかもあわせてお願いします。

Aベストアンサー

ゴーヤーは中の種・わたを取って薄く切り、塩でもんでから20~30分水に漬けておくと、多少苦さが軽減します。(使う時は、よく水洗いして塩気を抜く)
でも、ほろ苦いのが、美味しいのですけど・・・ね。

私は普通の野菜炒めに入れたり、水にさらしてからサラダに入れたりします。

他には薄切りの豚肉(もしくは牛肉)に茹でたゴーヤーとにんじんなどを巻いて、焼いたり揚げたりしても美味しいです。

我が家で好評なのは、ゴーヤーのお浸しや酢の物・マヨネーズ和えです。
作り方は、とっても簡単。
このH.Pに書かれています。

ゴーヤーは体に良いっていうので、今年はこのH.Pをずいぶん活用しました。

参考にしてみてくださいね!
http://www2u.biglobe.ne.jp/~bird-st/goyaindex.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~bird-st/goyaindex.htm

Qゲンコツの下処理。

ラーメンのスープを作りたいのですが
下処理が下手なのか臭みの強いスープができてしまいます。
血抜きをしてタワシで余分な肉を取っています。
このときにプルプルしたものも取ったほうが良いのでしょうか?
下処理方法を教えてください。
よろしくお願いします・

Aベストアンサー

こちらで
http://www.wakoushokuhin.co.jp/ramen/ramen1.html
http://www.geocities.jp/iejiro55/iejiro4.htm

Q小松菜の簡単でおいしい調理法

生まれて初めて小松菜を買いました。ほうれん草と同じ感じかと思って、色々な野菜と炒めたんですが、青臭くて大失敗でした。しかもまだ半分小松菜が残っています。
何か簡単で、しかもおいしく小松菜を処分できる料理はないでしょうか。

Aベストアンサー

私も初めて買ったときは失敗した~~と思いました。
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/series/komatsuna02.html
いろいろありますが、今の時期だと(お住まいの地域にもよりますが)
かなりデカくなって固めのものだったかもしれませんね。
軽くゆでて小分けして冷凍しておくとベチャっとならず、ちょっと青みのものが欲しいときなど重宝しますよ。
あと半束がんばって消費なさってくださいね。

Q中国料理だと、海老って余熱で火を入れようとしますが、海老の天麩羅って揚げ時間が長く感じます。 下処理

中国料理だと、海老って余熱で火を入れようとしますが、海老の天麩羅って揚げ時間が長く感じます。
下処理でプリプリ感を出しているのは分かりますが、
中国料理の下処理もなかなか手間がかかってます。
海老の天麩羅の衣に限って揚げ時間の長さが長いのは関係がありますか?

Aベストアンサー

中華料理のエビは衣で覆わない直接加熱が可能な物ばかりで、小型のエビを使う事が多く、その分調理時間も短くなります。

中国料理でも、衣をつける(粉を着けるではありません)調理方法の場合は時間が掛かりますし、イセエビやロブスターなどの大型エビを使う場合は、それなりに時間がかかりますし

天ぷらは、揚げたてを食べる物で、余熱で加熱されるのを待っていると、衣が水分を吸ってしまって、ゆるゆるのベチャベチャになってしまっておいしくありませんん

中国料理だから、日本料理だからという区別ではなく料理の種類や食べ方で調理時間が変わるのは、中国も日本も同じです。

Qもやしとクレソンのおいしい調理法

こんばんは。今日、本のレシピどおりにステーキを作ったのですがその付け合せのもやしとクレソンがまずかったのです。ステーキはガーリックと塩、こしょうのみなのですがおいしかったです。もやしは同じフライパンでいためておしょうゆを少しいれるだけなのですが、食べてみるともやしのなまぐさいかんじだけの味でした。これはいため方が足りないのでしょうか?あとクレソンはそのままお皿に添えるとあったので水で洗っただけなのですが緑くさくてまずかったのです。質問をまとめます。
1.付け合せのもやしのおいしい調理法を教えてください。
2.クレソンはどう調理したらいいですか?
なんとなくバターを入れたらしんなりおいしくなりそうなのですが、まだ料理をはじめたばかりなのでお料理上手な方の意見を聞きたいです。お願いします。

Aベストアンサー

もやしは一度湯通しをするといいですよ。
沸騰したたっぷりのお湯にサラダオイルと塩を少々入れそこにもやしを入れて30秒ほどで引き上げます。
十分にお湯を切った後で炒めてやってください。
こうすると青臭さなどが消えておいしくしかもしゃきしゃきと食べれます。
炒めた後に水もでにくくなります。

クレソンはそのまま生で添えるのが一番かと思います。
ただし供する直前にさらに入れてください。
熱が加わるとくたっとしやすいですので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報