日本語を勉強中の中国人です。面接に合格した人との連絡メールの文の中で、社長のことに触れる時に、私は社長に尊敬語を使うでしょうか。謙譲語を使うでしょうか。たとえば、「社長は……と言っていました」という文は「社長は……とおっしゃっていました」が正しいのでしょうか。それとも「社長は……と申していました」のほうが正しいのでしょうか。私はこれからこの人と同僚になるので、社長に対して、敬意を表すべきだと思います。「社長は……とおっしゃっていました」を賛成します。しかし、お客様に敬意を持つべきで、ちょっと違うなぁとも思いました。しかし、面接者は普通の取引のお客様とも少し違うような気がします。困っています。また、たとえば、社長は仲村と言うとします。社長のことを「仲村社長」と言うのでしょうか。それとも「仲村」と言うのでしょうか。それとも「社長」と言うのでしょうか。皆様、ご知恵を貸してください。

 質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。



>>>面接者は普通の取引のお客様とも少し違うような気がします。

合格者は、まだ社員ではないので、お客さんと同じだと思ってください。
「社長は……と申していました」
が正しいです。

>>>社長のことを「仲村社長」と言うのでしょうか。それとも「仲村」と言うのでしょうか。それとも「社長」と言うのでしょうか。

社長に関しては、社員に話すときもお客さんに話すときも、「社長」が普通です。
部長や課長の場合は、社内の同じ部署では「(仲村)部長」「(仲村)課長」で、お客さんに対しては「(部長の/課長の)仲村」です。

>>>質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。

あわゆきさんの日本語力はすばらしいですが、今回に限ってはミスが多かったようです。

・私は社長に尊敬語を使うでしょうか。謙譲語を使うでしょうか。 ⇒ 私は社長に尊敬語を使うべきでしょうか。それとも、謙譲語を使うべきでしょうか。

・たとえば、「社長は……と言っていました」という文は「社長は……とおっしゃっていました」が正しいのでしょうか。 ⇒ たとえば、「社長は……と言っていました」という文は「社長は……とおっしゃっていました」にするのが正しいのでしょうか。

・「社長は……とおっしゃっていました」を賛成します。 ⇒ 「社長は……とおっしゃっていました」という言い方に賛成します。

・皆様、ご知恵を貸してください。 ⇒ 皆様、お知恵をお貸しください。/皆様のお知恵を拝借したいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 さのりさん、こんにちは。ご丁寧に教えていただきありがとうございます。よく理解できました。わかりやすいです。質問文の添削にも感謝いたします。これから気をつけます。大変助かりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/24 12:16

追記です。



>面接に合格した人との連絡メールの文の中で、・・・

面接合格者は、まだ入社していません。身内ではなく部外者です。
そして、淡雪さんの会社の社長は身内・同士になりますよね。
淡雪さんの会社の社長=身内・同士 VS 面接合格者=外部の人 になります。

No.6の回答のように、自分の同士(社長)が外部の相手に言う場合は謙譲語を使います。
ですので、「当社の社長は……と申していました。」が正しいです。

ただし、面接合格者の雇用が確定している場合は、面接合格者は身内・同士になります。
上級同士 対 下級同士 の場合は、尊敬語の「社長は……とおっしゃっていました。」を使います。

面接合格者が部外者か、身内かで敬語が変わります。


>社長のことを「仲村社長」と言うのでしょうか。・・・

社内関係者同士の会話の場合は、
「社長(or 中村社長)がおっしゃっていました。」と役職名で尊敬語を使います。

社外関係者との会話の場合は「当社の中村が申していました。」と、
氏名で謙譲語を使います。

どうでしょうか、理解できたでしょうか?

要点の覚え方

尊敬語 - 相手が主語。相手が上級。 お客様は神様と同等に扱う。
謙譲語 - 自分や身内が主語。相手が上級。
丁寧語 - 自分や身内が主語。社内の同僚や部下、友達、兄弟姉妹に使う。
      相手が同級、または下級。

社内では、上司に尊敬語を使う。
社外では、社長が主語でも謙譲語を使う。社外では、社長は身内だと覚える。

この五点の要点を覚えておけば、言葉選びに迷った時に解決できます。 ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再びありがとうございます。理解できました。要点を覚えておきます。日本のサービス業がいいわけですね。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/24 13:42

淡雪さん、こんにちは。



謙譲語、尊敬語、丁寧語 どれも敬語です。
では、何が違うかですが、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
尊敬語-相手が主語、主体の場合に使います。

謙譲語-自分自身(または自分の同士、自分の家族)が主語、主体の場合に使います。

 (相手の格が上級の場合のみ使用する。
 対象は 国王、社長、老師、裁判官、議長、大統領、お客様、部外者など)
  
丁寧語-相手が自分と同級、または、相手が下級の場合、または自分自身に使います。
 丁寧語は、動詞の基本形 +「です、ます」

http://dmail.foo.ne.jp/manners/b1_5.html
http://www.job-getter.com/3interview/380.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でも・・・現在の日本ではどちらも混同、混用されています。
厳密には正確な使い方ではないのですが、混用が常習化されているのが実情です。

正しい使用例 **注目点** 動詞の変化を確認してください。

* 言う
尊敬語-お客様が当社社長へ、意見を[おっしゃります。おっしゃいます。]
謙譲語-当社社長からお客様へ、意見を[申します。] 
 部外者やお客が上級になります。

尊敬語-社長が社員へ、意見を[おっしゃります。おっしゃいます。]
謙譲語-私から社長へ、意見を[申します。]
 同じ会社の同士でも、社長が上級になります。
丁寧語-同僚に意見を[言います。]

以下同様

* 食べる 
尊敬語-審査員が試食品を[召し上がります。]
謙譲語-私も試食品を[いただきます。]
丁寧語-友達と一緒に昼食を[食べます。]

* 見る
尊敬語-お客様が私の資料を[ご覧になります。]
謙譲語-私がお客様の資料を[拝見いたします。]
丁寧語-同僚が部下の資料を[見ます。]

* 聞く
尊敬語-ローマ法王が賛美歌を[お聞きになられます。]
謙譲語-私が老師の談話を[拝聴いたします。]
丁寧語-私が同僚の話を[聞きます。]

* 合う
尊敬語-国王が国民に[お会いになられます。]
謙譲語-当社社長が大統領に[拝謁いたします。]
丁寧語-私の友人に[合います。]

* ~をする 
尊敬語-議長が演説を[なさいます、なさります。]
謙譲語-私が演説を[いたします。]
丁寧語-息子が演説を[します。]

* 着る
尊敬語-社長が[お召しになられている]背広は100万円します。
謙譲語-私が[身に付けている]背広は2万円します。
丁寧語-私の妻が[着ている]服は5000円です。

など、この他にも多くの動詞に謙譲語、尊敬語があります。


また、名称(名詞)にも謙譲語、尊敬語があります。

* 会社
尊敬語-御社、貴社 (相手の会社)
謙譲語-弊社、小社 (自分の会社)

* 両親、子供
尊敬語-相手の[お父様、お母様、ご両親様、御主人様、奥様、御子息様、御息女様、お孫様]
謙譲語-私の[父、母、両親、夫、妻、息子、娘、孫]
丁寧語-[お父さん、お母さん、息子さん、娘さん、お孫さん]

* 一人称、二人称、三人称
尊敬語-御貴殿、あなた様、この方、その方、あの方、どの方
謙譲語-私(わたくし)、小生、私ども、これ、それ、あれ
 謙譲語の場合は[わたくし]を使います。
丁寧語-私(わたし)、僕、彼、彼女、こちら、そちら、あちら、どちら

* 作品(著書、原稿、作品(絵画、工作物)、詩歌、文章)
尊敬語-相手の作品[貴著、玉稿、御高作、玉詠、御高文]
謙譲語-私の作品[拙著、拙稿、拙作、拙詠、拙文]

* 上司
尊敬語-相手会社の上司[貴社長、貴社長殿、貴社長様、貴部長、貴部長殿、貴部長様]
謙譲語-私の上司[社長・当社長・部長・当部長]

その他、様々な名称にも謙譲語、尊敬語があります。

実は私も、この他の大部分の敬語は知りません。
もしかすると、上記の一部分は間違っているかもしれません。

ですので淡雪さんが日本に来日した時に、日本語の敬語専門辞書を購入すると好いです。
あるいは中国国内の大きな書店で探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 kentaulusさん、こんにちは。敬語はとても難しいですね。いろいろ教えていただきありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/24 13:30

回答はほとんど出ているようなので


>質問文に不自然な表現がありましたら、
だけですが…。

>「社長は……とおっしゃっていました」を賛成します。
「賛成」という表現はふさわしくないように思います。
自分の意見に賛成というのは当たり前です。
「~が良いと思います」とするのが適当と思います。

また「A君の意見に賛成します」など
「~に賛成します」の方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。とても参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/24 13:20

まずあなたは会社側の方ですか?


面接を受けた側ですか?
そこが書かれていないので分かりませんが、おそらく会社側の面接を行った側と推測します。

内定状態の人が、会社の「身内」かどうかということですよね。
採用が完全に確定した状態なら社内の人間として扱えばいいですし、
まだ契約まで行ってないなら外部の人とすればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。よくわかりました。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/24 12:48

敬語は難しいですが、難しいからこそ基本が大切だということにもなります。



まず敬語の基本で最初に身につけなければいけない「感覚」があります。
当たり前ですが、謙譲語は自分のことに使い、尊敬語は相手のことに使うということです。1対1の関係であればシンプルで、比較的わかりやすいと思います。でもこのことが理解できていないと、もっと複雑な関係になった場合混乱してしまいます。

問題は自分の他に2人いる場合ですね。シチュエーションが色々考えられますが、基本の1対1に「内(うち)と外(そと)」というものを当てはめると、わりとわかりやすいと思います。

例1.自分と社長と同僚
これは全てが「内」です。となると誰に尊敬語を使うか、謙譲語を使うかは、年齢や役職の順となります。
(1)3人が同席していれば、自分と同僚は社長に対して尊敬語を使い、他の2人はそれぞれ自分と相手(同僚)に謙譲語を使います。
(2)自分と社長が同僚の話をする場合、社長に対して尊敬語を使い、同僚のことは謙譲語を使います。
ただし同僚ではなく上司の場合は、自分は上司に対しても尊敬語を使い、上司のことを社長に言う場合は会社の規模によるでしょうか。大きい会社なら、社長と上司の距離があるのが普通なので、課長・部長クラスなら謙譲語を使い、役員クラスなら尊敬語を使いますね、私なら。小さい会社なら、社長の前で上司のことで尊敬語を使っても、あまりおかしくはないと思います。ただこの辺は会社の雰囲気とか社長の性格によるところもあるので、絶対とは言えないですね。

例2.自分と社長と社外の人
これは自分と社長が「内」で、社外の人は「外」になるので、社長であっても、社外に人に対しては謙譲語を使います。例えば「社長の仲村が、このように申しておりました」など。ただ、社外の人を前にしていても、社長と1対1で話す際は尊敬語にします。

例3.自分と社長と社長の関係者
社長の関係者とは家族とか友人・知人などです。この場合は、社長とその関係者を「外」と考えて、常に相手には尊敬語を使います。

「内と外」という感覚の他に距離感もありますね。
例1で自分と上司と社長という場合、自分と上司、上司と社長との距離感のどっちが近いか遠いかによって、使い分けることができると思います。自分と上司の方が近い距離感なら両方に謙譲語、自分と上司よりも上司と社長の方が近い距離感なら、上司と社長の両方に尊敬語…という感じです。


長くなりましたが質問文にも気になる点があったので、続けますね。

>私は社長に尊敬語を使うでしょうか。謙譲語を使うでしょうか。
私は社長に尊敬語を使えばいいでしょうか、謙譲語を使えばいいでしょうか。
>「社長は……とおっしゃっていました」を賛成します。
「社長は……とおっしゃっていました」の方がいいと思います。

ちなみに「面接者」というのは面接を担当した人で、入社する会社に既にいる人ですか?それとも面接の時に知り合った同期入社する人でしょうか?
面接を担当した人なら先輩か上司にあたることになるので、その人とやり取りする場合は相手にも社長にも尊敬語を使うべきです。この場合「面接者」ではなく「面接官」と言います。
同期入社などでも、お互い「内」の関係ですから社長のことは尊敬語になりますね。

社長のことは社外の人に対してなら「社長の仲村」とか「当社社長」などになります。社内の人と話す場合や社長本人には「社長」とだけ言うのが一般的です。会社に社長は一人しかいないので、普通は社長の前に名前を付けて読んだりはしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。敬語は複雑ですね。特に二人以上の場合は混乱します。ご回答を拝見して、日本の方は日々大変だなぁと感じています。中国人はある意味で楽かもしれません^^;。「面接者」で面接を受ける人の意味を表したかったと思います。私は間違えましたね。いろいろとても参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/24 12:34

日本人でもなかなか難しい問題(日本人でもこのような使い分けが正しく出来る人は少ない)だと思います。


原則を言えば、身内の人間のことを他人(外部の人)に対して言う場合には「謙譲語」を使い、「内部の人」(身内)同士であれば目上の人のことは「尊敬語」を使います。
たとえば、自分の父親のことを外部の人に話す場合は「父はこう申していました。」といいますが自分の母親に同じことを言うなら「おとうさんはこうおっしゃっていました。」で良いのです。
質問の問題点は、このようにしゃべる場合の「相手」の立場です。
「これからこの人と同僚になる」ということから考えると、この人は「内部の人間」と考えて良いと思います。よって「謙譲語」を使う必要はなく、社長ですから目上の人として「尊敬語」を使って良いでしょう。
「お客様に敬意を持つべき」という文意がちょっと不明ですが、「同僚になる」方ならお客様ではないでしょう。その会社からみて「外部の人間」であれば「お客様」かもしれません。そのときにはたとえ社長であっても自社の人間のことは「謙譲語」で話すべきです。「うちの社長は(社長は敬語ではなく単に地位を表しているだけなので他人に対して使っても良い)、こう申しております。」と言うべきです。
>社長のことを「仲村社長」と言うのでしょうか。それとも「仲村」と言うのでしょうか。それとも「社長」と言うのでしょうか。
それは場合により異なります。上に書いたように「社長」と呼ぶのは、別に尊敬語ではないので誰に使っても良いでしょう。社長の名字が珍しいなら名字で呼んでも誤解はないでしょうが、「鈴木」とか「田中」だとすると名字で呼んでも誰のことかわかりませんから「鈴木社長」という風にはっきり呼んだ方が誤解がありません。単に「鈴木が・・・」では、それが社長なのか、部長なのか間違えることもありそうですのであまりお勧めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。要するに、「相手」の立場によるのですね。ご意見は参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/24 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセンター古文の敬意の対象について

(冷泉帝は)かたがた思し悩みて、日たくるまで出でさせ給はねば、かくなむと聞き給ひて、大臣(光源氏)も驚きて参り給へるを☆ご覧ずる☆につけても、いとど忍びがたく思しめされて、御涙のこぼれさせ☆給い☆ぬるを、おほかた故宮の御ことを干る世なく思しめしたることなればなめり、と見奉り給ふ。
☆☆で囲まれた、ご覧ずると、給ひ、は誰に対する敬意を示すか。
a冷泉帝
b光源氏
c故宮

ご覧ずるは尊敬で主語が帝だから帝に対する敬意だと思いました。またその後の文で、『いとど忍びがたく思しめされて、御涙のこぼれさせ給ひぬる』←ここまで主語は変わらず帝だと思いましたので、『こぼれさせ☆給ひ☆』の給ひは、帝が涙を流したわけだし、直前のさせと合わせて尊敬の最高敬語で帝に対する敬意だと考えたんですが敬意の対象は光源氏でした。なぜ光源氏なのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。

なるほど。
「させ(する)」を尊敬ではなく使役の助動詞と捉えているわけですね。
しかし、これはちょっと違うのではないかと思います。
「主語が帝から光源氏に変わるのではないか、」という想定がおかしいですね。
そこまでで光源氏が出てくるのは、「大臣(光源氏)も驚きて参り給へるを☆ご覧ずる☆につけても」という箇所ですが、それ以降、光源氏が主題、あるいは主格、つまり主語に変わることを示す表現はないはずです。
「大臣(光源氏)も驚きて参り給へる」は、「☆ご覧ずる☆」の目的語として示されているのであり、この目的語の要素内にある名詞を主語として変えるには、「こぼれさせ☆給い☆ぬる」の間までに、なんらかの別の表現が挿入されていなければならないでしょう。
まあ、古文素人の私見ですが、このように考えます。

Q現代文について愚痴らせてください。 ハッキリ言って本当に本当に現代文、特に評論文はセンスだと思いませ

現代文について愚痴らせてください。
ハッキリ言って本当に本当に現代文、特に評論文はセンスだと思いませんか?
この間、某大学で出され加藤周一さんの「日本文化における時間と空間」の文章を解いたのですが、あまりにも話が難しいし記述もあるので解き終わるのになんと2時間半もかかってしまいました。
しかも、点数は時間と労力に合わずボロボロで90点中30点弱しか取れませんでした。
私は、本を読むのは好きですが現代文は死ぬほど苦手でせめて平均点を取りたいと思い、漢字、語彙、科学論や近代論、環境論などの現代文背景を抑え、筆者の言いたい事や段落における対比関係、相同箇所などもう無茶苦茶意識して今まで勉強してきたのですが全く進歩もしてないし何を言ってるのかサッパリなんです。
勿論、今まで解いた文章は解いたら終わりではなく何度も復習し正解の根拠なども理解した上でやってました。
また、この加藤周一さんの文章を理系で現代文の勉強なんか一切してない友人に解かせたら83点でした。
もう本当に泣きそうになって心もやる気も砕け散りました。
入試も近いのにこんな状態で私はどうしたらいいのでしょうか。
私は一体何をしたらいいのでしょうか。
どなたかせめて今からでも少しあの堅苦しい評論文を理解できる方法を教えてください。
回答どうかお願いします。

現代文について愚痴らせてください。
ハッキリ言って本当に本当に現代文、特に評論文はセンスだと思いませんか?
この間、某大学で出され加藤周一さんの「日本文化における時間と空間」の文章を解いたのですが、あまりにも話が難しいし記述もあるので解き終わるのになんと2時間半もかかってしまいました。
しかも、点数は時間と労力に合わずボロボロで90点中30点弱しか取れませんでした。
私は、本を読むのは好きですが現代文は死ぬほど苦手でせめて平均点を取りたいと思い、漢字、語彙、科学論や近代論、環境論な...続きを読む

Aベストアンサー

まず、試験問題なんですから、センスで解くような問題は出ないです。(解答を見つけられる方法論をセンスと呼ぶならばそうかもしれませんけどね)
今までの勉強では、きちんと根拠を確認していたわけでしょう?(つまり、根拠があると言う事です)
国語の問題文なんて、ほとんどの受験生が初見のものを使わなければ不公平になります。
だから、その裏の問題文の真意なんてのは、見る必要は無いんです。(書いてあることを素直に読めば良いだけなんですよ)
つまり、答えはその問題文の中にしかありません。(本文に無くて、解答に必要な事は注釈で記載されているはずです)
読書が好きだと言う事ですが、どのような本を読んでいますか?(論理的な構造を持った本は読んでいますか?)
筆者の言いたいことなんて、はっきり書いてあることしかわからないですよ。
難しく考えすぎて、余分な事を解答しているから、正答にならないんだと思います。
まずは、問題文をきちんと段落毎に分解してみてはいかがですか?
そして、文の構造をつかむ訓練をしてください。(この段階では、意味なんか考えなくて良いです)
構造の接続が、意味を作り出します。
問題は、その接続が意味する内容を問う事が多いでしょう。
要約を求められているならば、構造の構成文から余分な部分を除いて、同じように接続すれば良いだけですよ。
まずは、さっぱり内容がわからない理由を理解しなければいけません。(単純に、段落の中の余分な部分の意味を考えすぎて、考えがまとまらないだけではないですか?)
簡単な方法ですが、問題文に自分が解答した内容と正解の部分を色を変えてマーキングしてみてください。
どのように間違えたかが、構造で見えてきませんか?
速読法で、3色マーキング法とかがありますから、参考にしてみても良いと思います。
評論は、きちんと論理的に構成されているので、純文学とかに比べれば、非常に簡単な部類なんですよ。
純文学の場合は、感性に訴える部分もあるので、問題を作るにはコツがいるんです。
ほとんど、感性によらない解答が得られる出題しかできないと言う事です。(つまり、裏を読む事はいらないと言う事です)
このような問題の場合は、自分が受け取った印象は切り捨てて解答しないと、失敗する場合があります。(自分が受け取った印象より、解答として求められていることを優先する必要があると言う事です)
個人の感性が必要な問題は、小論文などだけですよ。(意見を述べよと言う出題は、国語では出ないでしょう?)
小論文でも、基本的には個人の感性などは問いません。(それは、検閲になってしまいますからね)
論文として、意味が通る構成の文章である事と、主張がはっきり理解できる構成であれば、正解と言う事です。
まずは、良い参考書を見つけて、試験が求める読解力とは何かをつかんでみてください。

まず、試験問題なんですから、センスで解くような問題は出ないです。(解答を見つけられる方法論をセンスと呼ぶならばそうかもしれませんけどね)
今までの勉強では、きちんと根拠を確認していたわけでしょう?(つまり、根拠があると言う事です)
国語の問題文なんて、ほとんどの受験生が初見のものを使わなければ不公平になります。
だから、その裏の問題文の真意なんてのは、見る必要は無いんです。(書いてあることを素直に読めば良いだけなんですよ)
つまり、答えはその問題文の中にしかありません。(本文...続きを読む

Q文中の「申し伝える」は誰に敬意を示しているんですか

日本語を勉強中の中国人です。ビジネス日本語についてお伺いします。以前も聞いたことがある質問なのですが、まだよくわかっていません。もう一度教えていただけませんか。

「かしこまりました。今日の午後三時にお越しになるのですね。そのように社長の田中に申し伝えます。」

上記の文は秘書が電話でお客様に言う言葉として自然でしょうか。「申し伝える」という言葉は社長に敬意を示すことになるのでしょうか。それともお客様に対してでしょうか。もし前者でしたら、社内の人間に敬語を使うことになってしまい、お客様には失礼ですね。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#18です。なんどもすみません。
一緒に考えていただきたいので、#19 OKAT さんのご投稿に応じる形で投稿いたします。
焦点は2つあります。
「そのように社長の田中に申し伝えます。」が、身内(社長)に対する敬意ではない、という点では、みなさん一致しているわけで、それは質問者さんもご理解されたことと思います。

では、なぜそうなのかという理由について、これが謙譲語1だからなのか謙譲語2だからなのか、ということが1つ目の焦点で、意見も分かれているわけですが、そのことに関しては、#11で、『「申し伝える」が謙譲語1なのか謙譲語2なのか、というのは、非常に難しい問題です。
ややこしいので、今回の質問では保留にするほうが良いでしょう。』
と述べました。
それぞれの主張は述べられていますが、どちらも確たる根拠を示せていない(とわたしは思う)状況だからです。

2番目の焦点は、#11でも回答したとおり、「お伝えする」という謙譲語1は、「社長に」という間接目的語だけに対する敬意(だから間違い)なのか、または、「お客様の伝言を」という直接目的語に対する敬意として機能する場合もある(ので間違いとばかりは言えない)のか否か、ということです。
これは、「申し伝える」が謙譲語1か謙譲語2か、ということよりも重要な問題だと思いますが、この点に関しても意見は割れている状況。
仕切り直しとするのが妥当ではないか、という一応の合意は 1311tobi さんとの間でできたと思いますが、これが現段階の状況でしょう。

   

#18です。なんどもすみません。
一緒に考えていただきたいので、#19 OKAT さんのご投稿に応じる形で投稿いたします。
焦点は2つあります。
「そのように社長の田中に申し伝えます。」が、身内(社長)に対する敬意ではない、という点では、みなさん一致しているわけで、それは質問者さんもご理解されたことと思います。

では、なぜそうなのかという理由について、これが謙譲語1だからなのか謙譲語2だからなのか、ということが1つ目の焦点で、意見も分かれているわけですが、そのことに関しては、#1...続きを読む

Q敬意度

「この人は」「この男は」「この男性は」は敬意度はどういう順になりますか?少なくとも「この男は」より「この男性は」の方が敬意度は上ですよね。

また、殉になった理由があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

敬意度とは、「敬語」が使用されている場合の「敬意」を比較して言われるものです。「この人は」「この男は」「この男性は」等の比較は、文章表現としてどれが適切かは言えますが、「敬意」の比較対象にはなりません。おっしゃていることは分かりますが、表現意図や文脈ではじめて判断できることです。「この男」の場合は、相手を同等以下の人間として扱っている感じはあることはあります。「この女」も似たことが言えるかと思います。

Q敬意の示す先

 日本語を勉強中の中国人です。相手と第3者(仮に「田中」とさせていただく)の話をする時のことについてお伺いします。

田中さんからは、~たいとの意向を伺っております。

 お伺いしたいのですが、この言葉のなかの「伺っております」という部分は田中さんに対して敬意を示しているのでしょうか。聞き手に対して敬意を示しているのでしょうか。それとも両方でしょうか。敬語関係は三人以上になると、混乱です。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から申し上げると「両方」です。

1.
ご存知のように、敬語というのは、「敬意を示すべき人」を対して使う表現です。
(ア)田中さんからは、早く会いたいとの意向を聞いている。
この文は、田中さんに対しても、聞き手(たとえば同僚)に対しても特に敬意は示していません。

「田中さんは敬意を示すべき人(顧客など)である」とsobatya_cnさんが判断した場合には、
(イ)田中さんからは、早く会いたいとの意向を伺っている。
のように表現します。
大事なのは、「聞く」というのは、敬意を示すべき人である田中さんに向かうsobatya_cnさんの行為である、という点です。
「聞く」という行為の対象が「田中さんの意向」なので、それを聞くというsobatya_cnさんの行為は、「田中さんに向かっている」と言うことができます。
このような場合、「聞く」の替わりに「伺う」という謙譲語1を使い、自分の行為をへりくだって表現します。
しかし、この文の場合、田中さんに対しては敬意を示していますが、聞き手(たとえば同僚・友人など)に対して敬意は示していません。

「この聞き手も敬意を示すべき人(社長など)である」とsobatya_cnさんが判断した場合には、
(ウ)田中さんからは、早く会いたいとの意向を伺っております。
のように表現します。
「おる」は「いる」の謙譲語2です。
謙譲語2は、「聞き手」に対して丁重に言うための言葉です。
この例文の「おる」は補助動詞ですが、誰かに向かう行為を表しているわけではありません。
これが謙譲語1との決定的な違いです。

「丁寧語」という種類の敬語を使って、「聞き手」に対して丁重な表現をすることもできます。
(エ)田中さんからは、早く会いたいとの意向を伺っています。
のように言っても、聞き手に対しては一応の敬意を示していることになります。
ただ、謙譲語2のほうが敬意の度合いとしては上位なので、使える場合には使うほうが好ましいわけです。

2.
謙譲語1には、「お(ご)~する」という型も良く使われます。
(A)わたしが田中さんの荷物をお持ちする。(聞き手に対しては敬意を示さない場合)
(B)わたしが田中さんの荷物をお持ちします。(聞き手に対して一応の敬意を示したい場合)
(C)わたしが田中さんの荷物をお持ちいたします。(聞き手に対して正式に敬意を示したい場合)
すべての文で、田中さんに対する敬意は正式に示されています。
(C)の「いたす(いたします)」は、「する(します)」の謙譲語2です。
「お~いたす」=「お~する」なので、謙譲語1の型の中に謙譲語2が混ざった状態の表現です。
そのため、「お~いたす」は「謙譲語1 兼 謙譲語2」と分類することもできます。
つまり、「お餅いたします」で、「持つ」という行為の向かう先である田中さんに対しても、聞き手に対しても敬意を示していることになるわけです。
文化審議会答申<敬語の指針>20ページ。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/pdf/keigo_tousin.pdf
  

結論から申し上げると「両方」です。

1.
ご存知のように、敬語というのは、「敬意を示すべき人」を対して使う表現です。
(ア)田中さんからは、早く会いたいとの意向を聞いている。
この文は、田中さんに対しても、聞き手(たとえば同僚)に対しても特に敬意は示していません。

「田中さんは敬意を示すべき人(顧客など)である」とsobatya_cnさんが判断した場合には、
(イ)田中さんからは、早く会いたいとの意向を伺っている。
のように表現します。
大事なのは、「聞く」というのは、敬意を示すべき人で...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報