この間、ジョージルーカスのインタヴュー番組でスターウォーズがキルケゴールの「良心の飛躍」から来ているとインタヴュアーが言っていましたが、意味がわかりません。ルーカス自身も否定はしていませんでした。検索エンジンを使っても見つかりませんでした。どなたか教えてください。気になります。

A 回答 (2件)

キルケゴールは「良心の飛躍」ということは言っていません。

おそらくインタビュアーはキルケゴールのいう「信仰の飛躍」をもじって使っているのだと思うのですが。

すごく大雑把な説明をします。
キルケゴールは、人間の絶望を「死に至る病」と呼びました。
そこから快復するには、最終的には信仰しかない、と。
けれども、信仰を持つためには、飛躍が必要である。
そうして、旧約聖書からこの例を引きます。

アブラハムは神から息子のイサクを焼いて犠牲に捧げるよう、命じられます。
倫理規範に照らし合わせると、自分の子どもを殺すようなことは許されることではない。
けれども、神の命令は絶対であるとして、それに服従しようとします。
殺せない→殺さなければならない
アブラハムは段階的な思索を経て、徐々にそういう考えに至ったのではなく、その間には飛躍があったに違いない。

キルケゴールは、最終的な絶望を取り除くためには、アブラハムのように、ただ一人、神の前に立ち、「信仰の飛躍」をおこない、宗教的生活へ至らなければならない、と考えたわけです。

さて、ここでルーカスに戻りましょう。
『スターウォーズ』のインタビューですね?
当然、次のメインテーマは、アナキンが、いかにしてダークサイドに引き寄せられるか、です。

インタヴュアーが言いたかったのは、アナキンが、徐々に、段階的に暗黒面に引き寄せられたのではなく、そこに飛躍があった、ということではないでしょうか。

アブラハムのような、絶望を脱する「信仰の飛躍」ではなく、決定的に暗黒面に取り込まれていく、いわば、良心を一掃するような「飛躍」。
これが次のエピソードの中心になる、と。

たぶん、こんなところではないか、と推測しているだけなので、まるっきり違っているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 かなり細かいところまで含んだ回答ありがとうございます。確かに「良心の飛躍」では検索できませんでしたが、「信仰の飛躍」では30件ほどヒットしました。自分でこれらの文章を読んで考えます。僕の聞き違いであるとも考えられます。
 スターウォーズでは、次作でどのようにジェダイの騎士が壊滅するのか?僕自身とても気になります。
 「まるっきり違ったら」とのことですが、僕はこうした質問を真摯に受け止めてくれる人がいただけでとてもうれしいです。偉そうな事を言ってすいませんが、「進もうとしているところに人の価値がある」と思っているので結果がすべてではないのです。ここであなたのような人に出会ったことを感謝します。重ねてありがとうございました。

お礼日時:2003/09/03 10:44

「良心の飛躍」という言葉は知りませんが、快楽的から倫理的に、そして宗教的に合理的な理由なしに(かなり宗教的に)飛躍していく精神の成長のことを説いているのではないかと想像します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
僕自身、もう少し調べてみます。

お礼日時:2003/09/03 10:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛躍しすぎてませんか?

このサイトで「彼にバレンタインの義理チョコを受取ってほしくない」という内容で
質問をさせていただき回答をいただきました。

その回答の中に
・義理チョコ受取るな、なんて挨拶もするなと言っているのか
・義理チョコもらう=もてる、人気がある
・義理チョコ拒否=いずれは出世に響く
・義理チョコ拒否は相手の女性を傷つける
・義理チョコは社交辞令で挨拶と同じ

などがありました。
私は義理チョコは渡しませんし、正直驚くような回答でした。
義理チョコって世間ではそのような位置づけなのですか?
義理チョコと挨拶を同じ扱いにするなんて飛躍しているようにも思います。

また、義理チョコをたくさんもらったからって、もてる・人気があると言う事ではないですよね。
(本命チョコをたくさんもらう、だったらそうかもしれませんが…)
拒否することが出世に響くというのもびっくりです。そんな会社があるんですか?

相手を傷つける、と言うのも本命だったら分かりますが、義理チョコ一つ断るくらいで
女性って傷つくのでしょうか?私だったら彼女の事大事にしてるんだーくらいにしか思いません。

義理チョコは社交辞令で、受け取るのも社交辞令…という事なのでしょうか。
日本においてバレンタインの義理チョコと言うのがお歳暮やお中元と同じくらい浸透しているのですね…。

バレンタインは愛を告白する日との認識でしたので私が世間知らずなだけなのでしょうか。
(うちの会社は表向きは義理チョコ禁止ですし、個人的にやりたい人はそっと渡す、
と言うのが暗黙の了解でしたので。)

義理チョコってそんなに重要視されるものですか?
世間の義理チョコの扱いって飛躍しすぎてませんか?

このサイトで「彼にバレンタインの義理チョコを受取ってほしくない」という内容で
質問をさせていただき回答をいただきました。

その回答の中に
・義理チョコ受取るな、なんて挨拶もするなと言っているのか
・義理チョコもらう=もてる、人気がある
・義理チョコ拒否=いずれは出世に響く
・義理チョコ拒否は相手の女性を傷つける
・義理チョコは社交辞令で挨拶と同じ

などがありました。
私は義理チョコは渡しませんし、正直驚くような回答でした。
義理チョコって世間ではそのような位置づけなのですか?
義理...続きを読む

Aベストアンサー

確かに飛躍してる(笑)とは思いましたけど、色んな人が居るのが世の中ってものですしo(^-^)o

一部の人から見たら、質問者様も「たかが義理チョコにヤキモチなんて飛躍してる」って思われているかもしれません。

ですから、一部の意見にそんなに翻弄されないで「ふーん、そう思うの」くらいに構えましょ(^_^)


世の中の全員に賛成されるなんて無理なお話なんだ、とキチンと納得していればとっても楽ですよ(^-^)

質問者様は質問者様、他人は他人です。


そして質問者様の会社のように「表向きは禁止」という会社があれば、「毎年の社内行事」になっている会社も本当にあるんです。

自分の知る世界や価値観が、他の場所に共通する訳じゃないというのも、哀しいかなよくある事です。

バレンタインなんか元々日本に無い文化だったのに…と仰ってましたが、それを言われるとドレスもパーマも日本には無いですし…

ヤキモチ焼きさんだからついつい義理チョコの習慣を嫌いになっちゃっただけで、異文化自体が嫌な訳じゃないんですよね?(^_^)

私だって性○は神聖なものであって欲しいけど、○俗があったりして残念だとか思います。

でも、私が世の中の中心人物じゃないのですから、納得いかない事があって当たり前なんです。



あんまり力を入れないで、かる~くいきましょo(^-^)o

たかが、小さな画面の中の文字です。


質問者様の「バレンタインは恋人にとっての大切な日」というのは素晴らしいと思いますよo(^-^)o

バレンタインに対する神聖なお気持ちはそのまま持って、大事になさって下さい(^_^)

確かに飛躍してる(笑)とは思いましたけど、色んな人が居るのが世の中ってものですしo(^-^)o

一部の人から見たら、質問者様も「たかが義理チョコにヤキモチなんて飛躍してる」って思われているかもしれません。

ですから、一部の意見にそんなに翻弄されないで「ふーん、そう思うの」くらいに構えましょ(^_^)


世の中の全員に賛成されるなんて無理なお話なんだ、とキチンと納得していればとっても楽ですよ(^-^)

質問者様は質問者様、他人は他人です。


そして質問者様の会社のように「表向きは禁止...続きを読む

Q「聞く」「考える」「カンガエル」「考える」「発話」

言葉を通して考える事について。

「聞く」
誰かの発話を空気の振動を経由し聴覚神経を経て
(あるいは何かの本を読んで)
「考える」
発話された意味を言葉に翻訳して理解する、
「カンガエル」
発話による刺激と、脳の中の記憶により、信号に変換
01.01.01.・・・又は、同じ、違う、同じ、違う・・・
この繰り返しの結果
「考える」
脳の中の信号の結果を、言葉に再度翻訳して、
「発話」
『言語のない世界に生きた男』の話は本当ですか?

大変大雑把な図式ですが、
質問は、「カンガエル」と言う部分が、
カントの言葉を借りれば「物自体」にあたり、
感性的な理解は不可能であり、結果として、
思考に言語が必要かどうかを問う事は、断念せざるを得ない。

皆さん、どう思われますか。

Aベストアンサー

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所でカンッという、皿のふれあう音がすれば「条件反射」で駆け寄って
餌を催促するように吠え続けます。

この条件反射なるものが、実は「カンガエル」の原型であるかのように
思うのです。
記号論的に言えば、意味作用とでもいうのでしょうか、
事象やモノに意味を付与する(意味を選択する)行為が、
「思考」の実体であると思えます。

次に記憶ということがあげられます。
学習といいかえてもいいです。
条件反射は記憶による学習ですが、そこに言語は介在しません。
嗅覚と音などがおりなす気配が、次のおこりうる事象を予感させる
から、犬は吠えたり、そわそわしたりします。

ただ、そこに、いわゆる人間の言語は介在しないのは間違いない
けど、犬は犬なりに一連の気配を、グーとがガルルとか◎$)(’&%$
とか名前はないにしろ感性的に識別してる可能性はあるかもしれない

しかし、一方でそういう行動を観察する人間が「ゴン太。ごはんよ」
とか「ポチ。散歩だよ」と「発話」することで、音を聞き取って、この
僥倖は「ごはん」という発話でもって確定するという学習をしている
という可能性があります。
おそらく、感性的な思考はあると思います。
記憶と密接にむすびついていて瞬間的に一定の結論を導きだします。
それが未来の記憶(デジャヴュや潜在意識)であったりするから
不思議で楽しいのでしょうね。

なんか的外れで恥ずかしいなぁ(^^;

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所...続きを読む

QJ-100の飛躍

先日選手とゴスペラーズがコラボして
話題になった飛躍なんですが
どこかのサイトでその映像を見れるらしいんです。
とりあえず公式のほうには行って見ました。
ほかに知っている方がいらっしゃいましたら
教えてください。

Aベストアンサー

http://home.att.ne.jp/sun/nomaki/
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/J-100/

探しましたが2サイト見つかりました。

Qキルケゴールの言葉で

キルケゴールの言葉で
「日常に絶望していないことこそ絶望的なのだ」というのがあるそうですが、これは彼のどの本に書いてあることですか?
この言葉がある著作または解説書などをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

もちろんこれはNo.1の方が言っておられるように、『死に至る病』のことを言っているのだと思うのですが

> 「日常に絶望していないことこそ絶望的なのだ」

という文章は、おそらくあまり正確な引用ではないと思います。

たぶん第一編「死に至る病とは絶望のことである」の二、

「だが人々は自分が精神であるということをはっきりと意識するに至ることなしに日々を過ごしているというのが実に一般の状態である(中略)。それで人々は自分では非常に安全なつもりでおり、人生に非常に満足していたりする、――これこそ絶望にほかならないのである。」(p.40 岩波文庫 斎藤信治訳)

この「精神であるということ」あたりが厄介なので、それをいささか乱暴に「日常」という言葉でまとめてあるのではないかと思います。もしかしたら、解説書でざっくりとそう書いてあるものがあるのかもしれませんが、わたしにはわかりません。

もちろん、「自分の絶望に無知」な人のことに関しては、第一編で繰りかえし出てきます。たとえばこんな部分。

「この形態の絶望(ひとが自らそれと知らずして絶望していること)は世間では最も普通なものである。実際人々が世間と呼んでいるもの(中略)はそのような絶望にほかならない――すなわち自分が絶望していることを少しも絶望していないような絶望である」(p.71)

でも、ちょっとニュアンスがちがうでしょう?

何ヶ所かあたりをつけて、ざっと見返しただけなんですが、おそらく、質問文中そのままの文章はないと思います。

もちろんこれはNo.1の方が言っておられるように、『死に至る病』のことを言っているのだと思うのですが

> 「日常に絶望していないことこそ絶望的なのだ」

という文章は、おそらくあまり正確な引用ではないと思います。

たぶん第一編「死に至る病とは絶望のことである」の二、

「だが人々は自分が精神であるということをはっきりと意識するに至ることなしに日々を過ごしているというのが実に一般の状態である(中略)。それで人々は自分では非常に安全なつもりでおり、人生に非常に満足していたりする、――これ...続きを読む

Qスペイン語

無料で出来るスペイン語の翻訳サイト有りませんか?

日本語→スペイン語  スペイン語→日本語
   または、
英語→スペイン語   スペイン語→英語

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろあるサイトです。
http://www.kooss.com/honyaku/#P10

スペイン語←→日本語は、無料サイトだと無いのではないでしょうか?
英語と各国語はありますが。

皆さんおっしゃるように、不完全なものです。
単語の意味だけ調べるにも足りないことがありました。
(saludがhealthとしか出ない。乾杯の意味があるのに。。)

でも英語→日本語よりは、横文字どうしのほうがマシかも?
Webサイトの英文和訳をするとかなり笑えます・・・・。

Qキルケゴールとニーチェについて

もし、あればなのですが、キルケゴールとニーチェの解説書について教えて下さい。

現代思想を学ぶ上で、まず上の2人の著作を読んでおきたいと思っています。
ただ、私には哲学の知識が無いに等しいので、何か参考になる本を片手に
読み進めたいと思っています。

哲学に詳しい方、なにか良い入門書、参考書等ありましたら、
教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは

色々な読み方があるのでしょうが、年齢の若い方でありましたら、
まず解説書は読まないで、現代日本語訳の「著作」をお読みになるのが
良いと思います。

一冊全部読む必要はありませんが、まず自分の思考パターン・能力に
テキストを通してみては如何でしょうか?

入門書や参考書は、高級な本よりは、新書や文庫などの発行部数の多い
本がいいと思います。

それでも、もっと知りたいと思いましたら、専門書を選択されては
どうでしょうか?

Q化合物の同義語について

こんにちは。製薬企業の特許関係の仕事をしています。
仕事上、多量の文献を調査するのですが、その際同義語も含めて調査する必要があります。この、同義語を調べるのに苦労しています。
同義語を調べるのに便利な本、又はWEBページはありますでしょうか?
どなたか知っていたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらで引いてみたら,うまくいくかもしれません.
http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

他にも,便利な情報がこちらに出ています.
http://www.chem-station.com/
http://chemnews.cambridgesoft.com/index.cfm?language=j

Qキルケゴールの質的弁証法が調べたのですが、「絶望の人間に語りかける人格

キルケゴールの質的弁証法が調べたのですが、「絶望の人間に語りかける人格神と交わす対話」というのがよくわかりません。
簡単でいいので質的弁証法について教えてください。

Aベストアンサー

「キルケゴールはヘーゲル的な弁証法を量的な弁証法と批判、神と人間との質的断絶を強調しつつ、宗教的実存へと高まりゆく人間存在を質の弁証法で説明した」(http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%DB%BE%DA%CB%A1)そうです。
平たく言えば、ヘーゲル的な量的弁証法では、正と反の矛盾を、合となって止揚し、それがまた反と矛盾して、新たな合となって止揚することを繰り返して、平面的な回転ではなく、立体的な螺旋状の渦を巻いて歴史が動くと
考えます。
これ対して、キルケゴールは、「たとえば美的・倫理的・宗教的実存の領域は、質的に本質を異にし、そこにはあれもこれもでなく、あれかこれかの決断による選択、あるいは止揚による総合でなく、挫折による飛躍だけがある。実存は、成りつつあるものとして無限への無限な運動、また単なる可能でない現実としてつねに時間的であり、その時間における運動は、決断とその反復において、時間における永遠を満たす。矛盾によって各々の実存に対して迫られた決断における真理の生成が、主体性の真理であり、主体的かつ実存的な思惟者は、いわば実存しつつ問題を解く」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%A8%BC%E6%B3%95)。
非常に難解な説明であり、私はキリスト教徒でないので、正確なことは分かりませんが,自分なりに平たく説明すると、次の通りです。
人間は信仰によって神に近づき、最期は神に召されて昇天するという意識が当時の西欧社会では根付いていた(今でも続いているらしい)のですが、キルケゴールは信仰心を捨てきれないけれども、信仰にすがって救済されると思わなかったのでしょう。そこで、完全な層ん罪である神と、不完全な存在である人間とは質的に異なるものであって、神に近づこうとしても近づけないことに絶望感を抱いたのでしょう。それでも、キルケゴールはニーチェのように。「神は死んだ」とは考えずに、「絶望の人間に語りかける人格神」なる概念を編み出し、対話を交わすことに信仰の意義を見出そうとしたのではないかと科考えられます。

「キルケゴールはヘーゲル的な弁証法を量的な弁証法と批判、神と人間との質的断絶を強調しつつ、宗教的実存へと高まりゆく人間存在を質の弁証法で説明した」(http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%DB%BE%DA%CB%A1)そうです。
平たく言えば、ヘーゲル的な量的弁証法では、正と反の矛盾を、合となって止揚し、それがまた反と矛盾して、新たな合となって止揚することを繰り返して、平面的な回転ではなく、立体的な螺旋状の渦を巻いて歴史が動くと
考えます。
これ対して、キルケゴールは、「たとえば美的・倫理的・宗...続きを読む

Q大正琴がフィーチャーされた洋楽を捜しています

最近、大正琴の響きが気に入り、自作曲のアレンジの参考にする為、大正琴がフィーチャーされた洋楽を捜しています。

条件
1.邦楽は除く。
2.単に大正琴でジャズやシャンソン等を演奏したものは、除く。
3.大正琴だけのアンサンブルではなく、
あくまでも、楽曲の中でさりげなく、
あるいは、効果的に大正琴が使われている。
4.大正琴の流派は、不問。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

QUEEN/A NIGHT AT THE OPERA(クイーン/オペラ座の夜)に収録されているTHE PROPHETS'S SONG(預言者の歌)にはほんのわずかですが、琴が使われています。
琴の種類までわかりませんが、クレジットには、TOY KOTO-BRIAN MAY とクレジットされています。
おもちゃの琴をブライアン・メイが弾いている、という意味でしょうかね?
参考になれば。

Q「不安」に順応する「思考」(キルケゴールに詳しい人求)

様々な不快な感情(怒り、悲しみ、イライラ、)を感じた時、人は「思考」と感性が変化する事で、順応し、進歩したりしていきます。新たな希望も見つけていきます。
ですが、「不安」に大して「思考」を変える事で、「不安」に順応するのは難しいと思いました。

女「嫌いなら嫌いってはっきりいってよ。分からないのが一番「不安」」

と、鬼気迫って発言している女について考えてみます。

会話でもし、女が嫌われている事を自覚した途端、
「嫌われているならこっちも相手を嫌いになってやるわ」とか「自分を好きになってくれる人もいるんだわ」という気分安定に向けた順応する「思考」「変化」が始まります。希望とかも探します。

「差」「変化」「進歩」は生きる上で絶対に必要な刺激に思います。(感覚遮断というナチスの人体実験で幻覚を見た事からも分かるように)

ストックホルム症候群のように、変える事の出来ない絶望の状況では人は「思考」や感性が変わる事で、その絶望の環境についての捉え方や「思考」が「変化」していきます。そして希望を見だします。

それに対して「不安」を感じている時は「思考」の「変化」や「進歩」を求めないから個人的に大嫌い。


「不安」ではなく、「絶望」を感じたい。絶望を感じる事で気分安定に向けた順応「思考」を始るから。「変化」が応じるから
しかし、それが出来ないのは、

不安には、助かるかもしれないという無意識な「希望」も含んでいると思います。
その無意識裡な「希望」があるから、希望に意識が行く事で、順応するためのエネルギーが応じない気がします。

一たび「不安」を感じると「変化」が応じなくなるので、最初から「不安」を感じない事が大切



では、不安の順応の仕方はどんな手段があるのでしょうか。

後、キルケゴールは不安はチャンスでもあると言っていますが、具体的にはどういう事でしょうか。

様々な不快な感情(怒り、悲しみ、イライラ、)を感じた時、人は「思考」と感性が変化する事で、順応し、進歩したりしていきます。新たな希望も見つけていきます。
ですが、「不安」に大して「思考」を変える事で、「不安」に順応するのは難しいと思いました。

女「嫌いなら嫌いってはっきりいってよ。分からないのが一番「不安」」

と、鬼気迫って発言している女について考えてみます。

会話でもし、女が嫌われている事を自覚した途端、
「嫌われているならこっちも相手を嫌いになってやるわ」とか「...続きを読む

Aベストアンサー

自分に対する何らかの変化から、「悪くなる予感」を感じることが「不安」といえ
ると思います。

この「外部からの挑戦」に対し、最悪の対処は「何もしない」ことだと思います。
はじめは「面倒だ」くらいのことが理由でも、次第に「恐怖」に変わってきて、そ
の恐怖を消すために「大丈夫だ」と自らに言い聞かせる度合いが強くなってくる。

そうしているうちに、「恐怖から逃げる」ことが習慣化される。
逃げるということは恐怖を増大させるし、それによって心の力が弱まると思う。

私は経験上、あるいは世の中を見てこのように思います。
こういうことは、とても多いと思います。

「不安」に対する最も効果的な対処法は、「応戦すること」つまり、それが何なの
かを見極めて、解決する方向へ行動すること、と考えます。
不安を消すことは簡単ではないと言えますが。


人気Q&Aランキング