dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

その2つとは偽りの信仰と真の信仰でありまする。

偽りの信仰とは神や仏を説く信仰のことでございまする。
偽りの信仰とは極楽や地獄を説く信仰のことでございまする。
そして善行を行えば極楽へ行き、悪事を行えば地獄に落ちるなどと偽る信仰のことでございまする。
また見栄えの良い仏壇やら、お題目を唱えるのに必要な御本尊を高いお金を支払って買うことになる信仰のことでございまする。
戒名料やら高額なお布施などを要求する坊主らを相手にせねばならぬ信仰のことでございまする。
更には南無妙法蓮華経などと意味不明のお題目を唱えさせ、新聞等を購読配布させ、挙げ句の果てには選挙活動などに引きずり込ませる信仰のことでございまする。

一方、

真の信仰とは神や仏とは無縁の信仰でございまする。
真の信仰とは殆ど何も無くてもできる信仰のことでございまする。
真の信仰とはただ1つのものさえあれば可能な信仰でございまする。
そのただ一つのものとは夢見る心でございまする。
なぜなら信仰とは夢見ることに他ならないからでございまする。
夜布団の中にはいって猫のよーに夢見ることができれば、それはもー立派な信仰なのでございまする。
真の信仰とは夢見ることなのでございまする。

質問者からの補足コメント

  • うれしい

    マッチ売りの少女

      補足日時:2017/08/02 09:07

A 回答 (25件中1~10件)

この世は物質と精神で構成されています。

もし、この世は物質のみで構成されているとしたら、私は何も感じないでしょう。

熱いとか赤いと感じている主体が私です。熱いとか赤いと言う感じは、幾ら高性能な顕微鏡で脳の中を覗いても見えません。物質が、熱いや赤いに対応する動きをしているのが見えるだけです。
その動きの刺激を受けて、精神である私が熱いとか赤いと感じているのです。
熱いや赤いは物質ではないので、それを感じている私も物質ではありません。私は、無限の感受性である精神です。

物質の全体を宇宙と言います。質問者さん、それでは「精神の全体」を何と呼んだら良いでしょうか。

そして、この世の始まりを物質のみで説明することは出来ません。物質の因果関係は、原因が結果を生じ、その結果が原因となり更に結果を生じると言う形になります。
従って、宇宙の始まりは原因なくして結果を生じなければなりません。つまり、無から有を生じなければなりません。しかし、それは不可能です。

一方、精神は物質を動かすことが出来ます。精神である私は物質である手を動かすことが出来ます。ですから、宇宙の始まりにおいて最初に動いたものは、「原因から自由な精神」以外にはありません。

質問者さん、この「宇宙を創造した精神」を何と呼んだら良いでしょうか?

 ユダヤ教・キリスト教では、外界は神が創造したと信じます。
 ここに物が落ちたのは、ここに落ちるように、宇宙が作られているからであると考えます。そして、どうしてここに落ちたのかを追求し、 物体は外から力が加わらなければ、そのまま飛び出した方向へ等速運動を続けるが、落下距離は時間の2乗に比例する為、 放物線を描いて地上に落下し、ここに落ちたことを発見します。
 宇宙で起る全てのことは、必然であり意図されたものであると考えます。ですから、一見偶然に思える事柄に対しても、 必然であると確信し、その仕組みを解明しようとします。
 ある天才は、「神はサイコロを振らない。」と言いました。 これは、現象を確率で説明しようとする態度に対して、必然な説明をしなければならないと批判したものです。
 この様に、西洋では神が宇宙を創造したと言う確信により、自然科学は発達して来ました。

 それに比べて、東洋では仏が宇宙を作ったとは考えません。精神の中に仏が存在していると考え、内心の仏を追求します。
 宇宙は偶然出来たと考えます。物は色んな所に落ちます。物がここに落ちたのは偶然だと考えては、 落下の法則や万有引力の法則は思いつかないでしょう。
 無神論も同様です。ハッキリと必然と分ること意外は偶然であると考えたのでは、人に先駆けて新しいものを発見することは出来ません。


 神を持ち出すと、単純に非科学的であると非難する方が居られます。しかし、科学で全ての現象を説明出来るでしょうか。
 第一、物質の因果関係のみでは、宇宙の始まりを説明することは出来ません。 物質の因果関係は、原因→結果=原因→結果=原因→結果・・・と続きます。原因があり、その為に結果が生じ、 その結果が原因となり次の結果が生じると言う順番となります。
 しかし、これでは最初の原因が存在出来ません。その最初の原因は、何らかの原因により生じなければなりませんが、それがありません。 物質のみでは、宇宙の始まりを説明できないのは自明のことです。

 また、コインのゲームを考えて見ます。コインを縦に立て、倒れて表が出れば私が勝ち、裏が出れば貴方が勝ちます。 科学では、このゲームで私が勝つ確率は50%、負ける確率も50%としか言えません。 しかし、現実にはどちらかが勝ち、掛け金を全て手に入れます。それを決めるのは何でしょうか。
 これと同じことは、素粒子レベルでは無数に起っています。完全に均衡している状態で、僅かな力が加わり少しの不均衡が生じると、 不均衡が不均衡を呼び次第に大きくなり、終にはコインは倒れます。

 確率は50%ですが、ほんの僅かな力が加わることで、表が出たり裏が出たりする。その為に、ある者は人生で成功し、ある者は失敗する。 その僅かな力が精神である可能性はあります。

 精神である私は、物質である手を動かすことが出来ます。肉体は動かすか動かさないかで物的に均衡した状態にあります。 ほんの僅かな精神の力を、物的に均衡した物質(脳)に加えることにより、手は動いたり動かなかったりします。 この様に、精神は物質を動かすことが出来ます。

 単なる偶然の連続で、この宇宙は進行しているのでしょうか。それとも、何らかの意図があり、僅かな精神の力が加えられているのでしょうか。

正しい知識を得るには、全てのものを疑うことの出来ない自明なものなのか否か問いかけることが必要です。 デカルトは、この方法的懐疑により、全ての知識を自明なものか否か検証して見ました。
 その結果、自明なことは唯一つしかないことが判明しました。それは、全てのものを疑っている自分が存在することだけは 疑うことが出来ないと言うことでした。 「我思う故に我あり。」です。それ以外は、正しいと思ってはいたが、そう思っていただけであることが分りました。 これが「無知の知」です。

 しかし、自明なものしか信じないのであれば、そこまでです。そこから先は、何を信じるかによります。
 心は、その中に宇宙を作り出しています。私たちが感じている宇宙は、心の外の宇宙ではありません。心が作り出した宇宙です。 心の外を覗くことは不可能です。心の外に、宇宙があるのかどうかも分りません。
 しかし、心は外界に似せて、心の中に世界を作り出しているのです。心の中では、1+1=0でも、1でも3でも何でも構いません。 心の中に在るものは、消えたり生じたりします。従って1つと1つ在ったものが消え去り0となっても良いし、 新しく生じて3になっても良いのです。決して増えもせず減りもしないと前提して、1+1=2としなければならない必要はありません。

 しかし、外界では、無から有は生じませんし、有が消滅して無となることもありません。エネルギー保存の法則が成立します。 従って、1+1=2でなくてはなりません。
 心が1+1=2に制約されている事実は、心の中の世界は、外界に出来る限り似せて作られていることを証明しています。 外界に1+1=3を適用すると、その行動は誤りであり、失敗するからです。
 従って、外界には、心で感じている様な世界が存在することを前提とせざるを得ません。

 宇宙の仕組みを完全に解明した時、物質だけでは説明出来ないことが残されたら、神の存在を証明したことになります。  この様に、宗教は全く科学的な態度であると言えます。

「神の存在」について、私のホームページに纏めました。是非ご参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/syuukyouhahikagakut …
    • good
    • 1

馬鹿だなーちみて(°▽°)


価値観なんてひとそれぞれ
信じる者は救われる
信じる者は騙される
どちらもありうる
宗教など個人的には必要を感じない
むしろ戦争の引き金だよね分かる僕?
ただ心の拠り所がない人には良いんやない本人納得してるなら後々騙された言わないなら
    • good
    • 0

色即是空。

無一物。空即是色!
    • good
    • 1

>自分で考えよーとしないから。



それはそのまま、ご自分にも言えますよね。
何かを主張する側が自分なりの表明できないのは、致命的ですね。
    • good
    • 1

信仰色々あって良いんじゃないですか♪


見えないものを妄想する気持ちですよね、きっと。

人はこの世からなくなっても、この世と大差ない世界でこの世と同じように暮らしていると思うんですよ。
その世界の事を霊界だの天国だの神だのと言っているように感じますね…私は。
    • good
    • 1

高度の哲学を知らないで 哲学を語る人は


ハイブリットカーを知らず 子供の三輪車の話を 得意になってする
ヒマラヤを知らず 多摩川の土手で バンザイってする
スカイツイリーを知らず 火の見やぐらが一番高いと言う
4Kテレビを知らず 紙芝居を得意にやってる

その程度の レベルの低すぎる 脳に 合唱
    • good
    • 0

まあまあ、さ、二つとは言わず、三つでも、四つでも、、、。

    • good
    • 1

>自分の脳味噌で考えることもできない○○に手とり、足取り教えてあげる気はないよ。



動画に丸投げしているご自分は違うとでも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分で考えよーとしないから。

お礼日時:2017/08/03 06:33

>君は自分の脳味噌で考えることを知らんのかね。


>とにかくこの中に答えがあるから見てみなさい↓

という回答ですと、あなたも自分の脳味噌で回答を出しておらず、動画に丸投げしているわけですが。
私が補足要求しているのは「動画を見た私の脳味噌の考え」ではなく「あなたの脳味噌の考え」ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

自分の脳味噌で考えることもできない○○に手とり、足取り教えてあげる気はないよ。

お礼日時:2017/08/02 23:05

>>>なお夢を見ることは無一文でもできますが、一般的にそれを信仰とは呼びません。



>どこの誰が何を根拠にそんなこと言い切れる。
>夢は無一文でも出来るがゆえに信仰なんだよ。

こちらは従の記載なので、その前に主たる内容

>できるというなら、具体的にどうやるのかを補足して下さい。

こちらの補足をお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>できるというなら、具体的にどうやるのかを補足して下さい。



君は自分の脳味噌で考えることを知らんのかね。

とにかくこの中に答えがあるから見てみなさい↓

マッチ売りの少女
https://youtu.be/iq2Y0cFzGCs

お礼日時:2017/08/02 22:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!