先日、部長からパワハラのようなカタチで退職勧奨を受けました。
入社して4ヶ月目ですが、理由は能力不足です。
今の部署には不要だと言うので、人事に異動を申しでましたが、
それが受け入れられず、部長とも対立してしまったため、
前の部署にも戻れない状況となり、辞めざるを得なくなりました。

「会社都合」か「自己都合」とするかで、いま悩んでいます。
企業側も責任を認め、私にどちらかを選べるよう選択肢を
与えて頂いているのですが、
企業側はあくまで次の転職の印象を考え「自己都合」を選んだ方が
いいと勧めてきます。
一方で、明らかに「会社都合」を嫌がる態度も見え隠れします。


「会社都合」での退職者を出す事により、
企業側はどのようなデメリットがあるのでしょうか?

このあたりの事情に詳しい方、どうか宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

最初に書かれているように



>その後すぐ人事に配置転換・部署異動の対応を依頼したものの、
受け入れ先が見つからず、かつ前の部署にも戻れない状況です

これを盾にとり、「会社都合の退職」に持っていった方が得のようですね。

次の所で聞かれた場合、「感情的な上司で、自分が仕事ができる場ではないと
判断した。」とでも言われたらいかがですか。

次の所では、もう辞めないで下さいね。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

inu-cyanさん

昨日から、休日にも関わらずお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

「会社都合の退職」を選択し、極力言い訳や、会社を悪く言う事を避け、
これから自分が何をしていくかに焦点を当てて語りたいと思います。

次は、もう辞めません。というか辞められません!笑

本当に長々とお付き合い頂きましてありがとうございました。
これから頑張ります!

お礼日時:2011/02/06 22:14

まず企業側のデメリットは他の方もおっしゃってるように「助成金」でしょう。


あと聞こえが悪いことでしょうか?
会社都合だと業績不振と思われ聞こえが悪いし
業績不振じゃないのにクビにしたとなると、これまた聞こえが悪い。

あと失業保険に関してですが受給資格に
「離職の日以前2年間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある
雇用保険に加入していた月が通算して12か月以上あること。」
とあります。
質問者様の場合、2009年に入社して1年数か月、
今の会社で4カ月、前回の退職では失業保険をもらってない。
たぶん失業保険もらえるんじゃないでしょうか?
もしそうなら「会社都合」にしてもらったほうが待機期間もないし
質問者様には大きなメリットがあると思われます。
※これはご自身でもちゃんと確認してくださいね。

あと他の方のお礼を拝見すると、
今後の転職活動をするにおいて、どちらの方が質問者様にとって良いか?
が一番気になられているようですね。

私は正直どっちでも一緒だと思います。
まず、履歴書に「会社都合(自己都合)の為」なんて書きませんよ、普通。
「一身上の都合」と書くのが一般的です。
時々書く人もいますけどね。
私の友人は長年JALに勤めてましたが、その人は書いたって言ってました。
理由は話が早いから。
JALが早期退職をばんばんやっていたのは世間によく知られている事です。
会社都合とかけば
「早期退職の話に乗ったんですね。それは大変でしたね。」で話が終わる。
本来なら退職理由をクドクド聞かれるものですが、
彼女の場合はクドクド聞かれない。同情してくれる会社もある。だから書いた。
わざわざ会社都合と書く場合は、戦略的に使ったほうがいい。

質問者様の場合は、会社都合と書いても自己都合と書いてもたいして変わりはないと思います。
私のJALに勤めていた友人のように戦略的には使えないと思います。
質問者様が心配されているように
「たった2年で会社を2度も辞めている」その事実がハンデになるでしょう。
「自己都合」であっても「会社都合」であっても
そのハンデが払拭できないでしょう。
自己都合と書けば「根気のない若者」と思われるかもしれないし
会社都合と書けば「若いのにリストラ対象になるって、使えない奴?」
と思われるかもしれない。
いや、もしかしたら思われないかもしれない。
どっちが印象が良いか悪いかというのは、人事の人の価値観次第。
どっちが印象が良いかはわからないです。
どっちにしても印象が悪い場合もあります。

理由はどうであれ「2年で2度も退職した」という事実は変わらないし
どっち理由を選ぼうとも、そのハンデが払拭できるわけではない。
質問者様はそのハンデに打ち勝って次の職を得る以外道はない。
それだったら質問者様にメリットのある「会社都合」を選んだほうがいいと思います。
お金って大切ですから。
ただちゃんと失業保険をもらえるかどうかは確認してくださいね。

面接で「退職理由」を聞かれるでしょう。
でも面接官の知りたいことは自己都合だったか会社都合だったのかではない。
その会社で何を学び、どういう志をもって退職を決めたのか?
そしてうちの会社でどのように貢献してくれるか?です。

がんばってください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

debumoriさん

ご回答ありがとうございます!

>面接で「退職理由」を聞かれるでしょう。
でも面接官の知りたいことは自己都合だったか会社都合だったのかではない。
その会社で何を学び、どういう志をもって退職を決めたのか?
そしてうちの会社でどのように貢献してくれるか?です。


その通りですね。終わってしまった過去にこだわり、
マイナスの事実を少しでも好転出来ないかという事ばかりに
気を取られていました。

今回の失敗からどのような事を学び、
今後何を為すのか、という未来思考が今の私には欠如しておりました。

ありがとうございます。力を頂きました!

お礼日時:2011/02/06 17:51

会社都合の場合採用者の教育に失敗したと言うデメリットが有ります。


次に就職した会社で若し、芽を吹いたとすれば先程の会社の『落ち度』に成ります。

それを誤摩化すには『自己都合』で退職させた方が楽なんです。特に質問者さんの様に『セクハラ』状態ならば後で突っ込まれませんからね。(企業防衛の一つ)
    • good
    • 5

もう1つ伺って宜しいですか。



前回のご質問で 部長からパワハラのようなカタチで「退職勧奨」があり

とありますが、この経緯を簡単に説明して頂けますか。

何かあったから、パワハラがあったのですよね。この部長が
異常人格でない限り。

質問者さんが「やる気」のある方のようなので、その辺で
ぶつかったのでしょうか。

この回答への補足

異常人格とまでいかないと思いますが、
プライドが非常に高く、持ち上げる社員を可愛がり、
気に入らない部下に対しては冷遇するため、
社内でも、人の出入りが激しい部署であると、
あまりいい評判は聞いておりませんでした。


「やる気」の面で、若気の至りがあったわけでもなく、
部長の方針に対して、異論を唱えるような事もしておりません。

経緯として考えられるのは、
ここ1、2週間で、私のかわり以上の人材が続けざまに
入ったことが、大きな要因だと考えています。

そもそも「気に入られていなかった」ということが
前提としてありますが、営業成績も芳しくなく、失敗もままあるため、
足手まといにしかならないのだと判断されたのだと思います。

補足日時:2011/02/06 17:28
    • good
    • 4

助成金や奨励金を受給する条件で、一定期間内に解雇など行っていない事とかって条件が付く場合があります。

    • good
    • 26

会社側にとっては「会社都合」でも「自己都合」でも特にメリット、デメリットはないはずです。


特に会社が金銭的な負担が多くなることもありません。
多分、印象が悪くなるのを嫌っているのでしょう。

会社都合と自己都合が影響するのは失業保険の支給条件だけです。
ただし今回のケースではあなたは4ヶ月しか勤めていないので「会社都合」の要件を満たしておらず、「離職票」に「会社都合により」と書いてあったとしても、自己都合扱いにしかなりません。
つまりあたなにとっても、会社都合でも自己都合でも同じ事になります。

転職時には「離職票」を提示することはなく、履歴書だけですから、この履歴書に書くときに前の会社をやめた理由として「会社都合により」と書くか「自己都合により」と書くかだけのことです。
どちらの方が再就職先の印象がよくなるかですが、「会社都合」と書いてあって「辞めさせられた」と受取る会社はあまりないと思います。「業績不振により規模縮小のため」というのが最近の理由として一番多いです。
「自己都合」と書くと、かえってこの人は「自分の都合や気分で簡単に辞める人」という印象をもたれることがあります。
私が履歴書を見る場合は、「会社都合」と書いてある方を好意的に取ります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>どちらの方が再就職先の印象がよくなるかですが、
「会社都合」と書いてあって「辞めさせられた」と受取る会社はあまりないと思います。「業績不振により規模縮小のため」というのが最近の理由として一番多いです。「自己都合」と書くと、かえってこの人は「自分の都合や気分で簡単に辞める人」という印象をもたれることがあります。

●補足
ちなみに、私は2009年新卒で、前職を「自己都合」で
1年数ヶ月で退職しており、現職は入社してまだ4ヶ月という状況です。
「自己都合」で2回も続けざまに辞めるのは、
採用してもすぐにまた辞められてしまうのではないかと
いう印象を与える懸念を心配しております。

一方、「会社都合」でも、現状会社の業績としては上がっているため、
不良社員という印象を強く与えてしまうのではないかという
懸念をしております。


>私が履歴書を見る場合は、「会社都合」と書いてある方を好意的に取ります。

とありますが、Harry721さんは人事経験のある方でしょうか?

会社の業績が悪くない以上、「会社都合」は私にとって、
大変重いレッテルになりそうですが、
前職も一年数ヶ月で辞めているため、「自己都合」を2回繰り返すのも
書類選考の時点で確実にアウトになると考えています。

大変救いがたい状況で、ご判断されるにも難しいところになるかと思いますが、以上のような点も踏まえ、ご回答頂けると幸いです。


また私の認識では、
そもそも「会社都合」での退職を、
自分自身に営業失格、不良社員のレッテルが貼られる、
大変重いものとして受け止めているのですが、考えすぎでしょうか?


長々となってしまいすみません、何卒宜しくお願いします。

補足日時:2011/02/06 16:50
    • good
    • 4

現在まで4か月との事。

失業保険については、無関係ですね。
金銭面では、どちらも同じという事になりますね。

会社都合にすると、会社に原因がある事になります。
この場合、業績不振などの理由は無いようなので、お話を読む限りでは、
会社の「パワハラ」になるので、会社が不利になります。

調査はしないでしょうが、この会社の心象が悪くなるので、
「自己都合」に持っていこうとしているのではないでしょうか。

もし質問者さんが「自己都合」にした場合、「会社には落ち度がなく」
あくまでも自分の都合で退職した事になり、前回も同じ理由で退職して
いらっしゃるので、「この人は、続かない人」との悪印象を与えます。

ですから、今回は「会社都合」にして、パワハラを理由にすれば、
質問者さんにとっては有利になるでしょう。

それを証明する必要がありますが。

前回の退職理由は何だったのでしょう。そこも知りたい所です。

宜しければ補足して下さい。

前職での退職においては、失業保険を貰ったのでしょうか。
それならご存知ですよね。

http://career.biglobe.ne.jp/hellowork/resign.html

この回答への補足

inu-cyanさん

退職時の「印象面」で質問した際も、ご回答頂きありがとうございます。

●補足
前職の退職理由ですが、「自己都合」による退職で、
私自身にとってポジティブなものでした。

前職では某大手IT企業で1年と数ヶ月、
既存ユーザーまわりの営業をしておりました。

現職は100人前後のベンチャーで、
新規開拓メインの会社になります。

いわゆる大手のエスカレーターに乗っかって安穏とやりすごすより、
ベンチャーで成果を出してポストを獲得する、といった野心的なものでした。


また前職での退職においては、失業保険は貰っておりません。

以上、補足になります。

わざわざ参考URLまでご記載いただき、ありがとうございます!

補足日時:2011/02/06 16:19
    • good
    • 1

会社都合だと書類が一枚増えます


面倒なんでしょう
貴方の場合だと能力不足という記載内容になりますね
次の就職に影響は有るかもしれません

あとは大量に解雇する場合だと業績不振を疑われますが1人くらいなら関係ないでしょう
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q靖国問題のデメリットとは?

靖国問題のデメリットを検索したのですが、これといって見つけることができませんでした。

一方メリットはいくつか見つけることができました。

なので、よければデメリットを教えていただきたいです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

旧満州に行ったことがあるのですが、神社がありました。そこで、年輩の中国の方と話したのですが、お祈りをさせられたそうです。また、日本人と中国人で居住区が分けられていたそうです。日本人に対して好意を持っているようでしたが、その方の少年時代の心に深く刻まれていることは間違いないでしょう。詳しくは分かりませんが、そのような神社が1箇所(中国)だけとは思えません。靖国神社だけが問題なのではなく、外国人にとっては日本軍国主義の象徴的なものであることは間違いないでしょう。したがって、靖国神社というハードの問題として捉えるのではなく、外国人の心に刻まれた戦争の傷跡を象徴するものとして捉えるべきでしょう。私は南方の国々には行ったことがないのですが、同じようなものがあるのではないでしょうか?

Q会社都合による退社での会社側のデメリット

タイトルどおりですが、会社側にとってなにかデメリットってあるんでしょうか??

Aベストアンサー

・退職金が高くなる
自己都合だと、会社都合×60%などとなっている企業が多い。

・理由が必要
会社の経営が傾いているから涙を飲んでの解雇、労働者に解雇に値するほど問題が無くてはならない。
勤務実績にそれほど問題ない人を会社都合にしてしまうと、後で文句を言われたときに敗訴します。
酷い場合は、退職金を多く貰うために会社都合にさせておいて辞めていった人が、転職先が見つからなかったから、解雇は不当だと訴えて会社に戻ろうとするケースなども想定されます。これだと辞め得です。より都合のいい会社が見つかればそこに転職。見つからなければ元の仕事に戻ることができ、さらに解雇期間分の給与の補償まで受けられます。

Q社会保険と民間保険のメリット・デメリットとは何ですか?

社会保険と民間保険のメリット・デメリットについて
お伺いしたいのですが、

社会保険が強制加入、民間保険が任意加入という
一般的なことの他、

社会保険の健康保険ならば、半額を事業主が負担してくれたり、
傷病手当金という休業補償を受けることができる、とお得なようですが、民間保険に比べてデメリットってあるのでしょうか?
調べてみましたが、強制加入くらいしか分かりませんでした。

逆に民間保険はがん保険など社会保険に比べて、メニューが豊富だと思いますが、社会保険に比べてメリット・デメリットはあるのでしょうか?

やっぱりそれぞれの保険とも一長一短で
限界はあるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 社会保険と民間保険は相互に代替できるものではないためメリット/デメリットの比較は困難と思われます。

 参考URL等みれば理解できるのではと思います。

 私が理解している範囲では....
 医療機関にて治療行為を受けた場合、民間保険の多くは入院/通院期間や、治療内容の大まかな分類で保険金が支払われることが多いようですが、社会保険の場合、使った薬から検査内容、治療内容に基づき社会保険で一定の割合で治療費を負担し残りを医療機関で治療を受けた人自身が支払います。
 治療内容は医療点数で定められており、疾病などの種類により適応できる治療内容が定められています。そしてそれぞれの治療行為に関する医療点数も定められています。
 社会保険を使わず自由診療ということも可能ですが、原則として(例外は幾つかあるようです)は社会保険の診療と自由診療を混合した形で治療を受けることはできません。

 国内においては社会保険の場合は基本的には傷病手当金等自分で申請して受給するもの以外には治療時に自動的に負担するようなシステムです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA

 社会保険と民間保険は相互に代替できるものではないためメリット/デメリットの比較は困難と思われます。

 参考URL等みれば理解できるのではと思います。

 私が理解している範囲では....
 医療機関にて治療行為を受けた場合、民間保険の多くは入院/通院期間や、治療内容の大まかな分類で保険金が支払われることが多いようですが、社会保険の場合、使った薬から検査内容、治療内容に基づき社会保険で一定の割合で治療費を負担し残りを医療機関で治療を受けた人自身が支払います。
 治療内容は医療点...続きを読む

Q退職理由を自己都合から会社都合に変えた場合、会社に通知は行きますか?

先日、5年間働いた会社を退職しました。
会社には表向き「異業界へ転職したい」と言って辞めましたが、
本来の理由はあまりに残業が多いことによります。
しかし、円満に辞めたかったので(社風は好きでしたので…)、
自己都合ということで辞めました。

ただ、自己都合で辞めると3ヶ月間の給付制限が付き、
その間、再就職先も見つからないままだと、
貯蓄を切り崩さざるを得ず、生活が苦しくなってしまいます。
そのことを職安の係りの方に相談すると、
残業時間が退職直前の3ヶ月に45時間以上は軽く超えていたので、
会社都合に切り替えられる(特定受給資格者になれる)と言われました。
ただ、円満退職した以上、会社都合に変えることを会社に知られたくはありません。
特に総務課・人事課には仲の良い人たちもおり、
退職後も付き合いがあるので、そのことによってギクシャクしたくありません。

そこで質問ですが、退職理由を変えたことを会社に知られてしまうことはありますか?
もし知られてしまうようなら、このまま自己都合で我慢しようと思っています…。

Aベストアンサー

結論から言うと、職安の担当者に「因り」ます。

最初(離職時に会社にて)に自己退職としておき、いざ職安の窓口で色々と「申し立て」をし、会社都合「扱い」(干渉による解雇)にする場合が実は良くあります。

昨今良くあるケースなんで、その際に前の会社に「わざわざ」問い合わせるというのは、私の知る限り有りませんが、無いとも言い切れません。
ですから、前述の様な回答になります。
ちなみに「通知」というのはありません。しかし、新しい会社に就職するときに「会社都合」と言うのが判ります。

ズバリ、職安の担当者に「前の会社には言わないで下さい」と頼んでみましょう。

Q外来魚の販売禁止によって起こるデメリットとは?

外来魚の販売禁止をするか否か、という問題を最近よく耳にするのですが、私は外来魚は生態系を破壊する物だし元々日本に居なかったものなのだから販売禁止をしてもデメリットはないと思うのですが、
外来魚の販売禁止に反対している人々にとっては、外来魚の販売が禁止になるとどういうデメリットが起こるのでしょう?

Aベストアンサー

 「自分たちが楽しめなくなる」というデメリットでしょう。

 「反対活動」に「正当性」は必ずしも必要ではありませんから。

Q自己都合、会社都合による会社側の負担の差異は?

自己都合、会社都合による会社側の負担の差異は?

リストラによる希望退職の場合、自己都合になるらしいですが、
会社にとって、負担面からみるとどのような差があるのでしょうか。

Aベストアンサー

補足に基づきまして、再回答します。
「この場合、交渉相手は 会社か役所かどちらなのですか。」
とのことですが、これは当然お勤め先である会社です。
役所(この場合ですと、職業安定所のことかと思います)では、お勤め先から提出された書類に基づいて、離職者票を作成するだけですから、交渉は無理かと思います。
もし、会社が「会社都合」にすることをどうしても渋るようであれば、労働基準監督署の「労働条件相談コーナー」へご相談されることをオススメします。
丁寧に相談に乗ってくれるはずです。

Q借地権付きの土地のデメリットとは?

借地権付き土地を購入し住宅ローンを組み注文住宅をたてたいのですが、一般的に言われてるデメリットは50年後更地にして地主に返却となりますがその他にデメリットはありますか??ま

Aベストアンサー

宅建業者です。

他回答通り、住宅ローンを借りる金融機関の選択肢が無いのがまずは当面の問題ですね。土地に抵当権を設定できないので借入出来る額が少なく、金利も高い上に、多くの金融機関に承認されないという問題があります。

それをクリアしたとして、書かれている通りの更地返却の問題。
相談役である私のお客さんの中で、80歳にして更地返却を求められている方がいますが、その歳で家を失うのはいかがなものか。旧借地法に守られ契約は持続していますが、新借地借家法の元での契約ですから、更新不可であれば、おのずと返却を迫られる。

30歳で借地権を買い、60歳で建替えを予定した方が、ローンを借りられないという問題にも遭遇しています。借地は土地に抵当権を設定できないからです。
大規模リフォームをしようともしましたが地主が承諾がとれません。その理由は建物の寿命が延びる事で借地権の更新を拒否できないためでしょう。新借地借家法は、建物の寿命が延びようが借地権の更新が出来ない契約ですと、いずれ土地は返却をしなくてはなりませんが、リフォームや増築での地主の承諾を得ると言う面倒な手続きが待っている事には変わりありません。
もちろんリフォーム程度ですと、承諾が無くても強引に行ってしまう方もいますが、増築などですと差し止めを起こされる事も稀にあります。

地主の承諾は、借地権や建物の売買時にも必要ですし、承諾料を支払う必要がある場合が多く、初期投資は安く済んでも、最終的には高くつくと言う事も無きにしも非ずです。

私の地域で、現在の土地価格が約1000万円の物件に、毎年50万円近い借地料を支払っている別荘地があります。土地価格が下がったためにバランスが悪くなっただけですが、その借地権を売って他に安い土地を買いたいと思っても、売る事がままならないため、借地料を滞納するか、まだ使える家を解体して無償にて借地契約を解約している家が相当数あります。

もちろん、これは最悪の例をあげているだけですが…。

宅建業者です。

他回答通り、住宅ローンを借りる金融機関の選択肢が無いのがまずは当面の問題ですね。土地に抵当権を設定できないので借入出来る額が少なく、金利も高い上に、多くの金融機関に承認されないという問題があります。

それをクリアしたとして、書かれている通りの更地返却の問題。
相談役である私のお客さんの中で、80歳にして更地返却を求められている方がいますが、その歳で家を失うのはいかがなものか。旧借地法に守られ契約は持続していますが、新借地借家法の元での契約ですから、更新不可であ...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

QODAのデメリットとは?

ODA(政府開発援助)に詳しい方、教えてください。

日本がアフリカへのODAの額を増やすことで、何かデメリットはあるでしょうか?

Aベストアンサー

ODAはドル建てで行うでしょうから、既に保有している外貨預金準備高から拠出すれば別にわざわざ新たな
借り入れを行う必要などないでしょうに。

デメリットがあるとすれば、折角支出したODAを戦争に使われる、とか本来の目的のために利用されず、支出
先の支配者の懐に大部分が入ってしまう、とか、昔あったみたいに、先方の教育をきちんと行わずに日本企
業が撤退して、ODAで開発されたものが無用の長物と化してしまう、とかそんなレベルじゃないですか?

Q契約期間満了は自己都合ですか?

3月末まで派遣で働いていました。辞めた理由は派遣先と派遣元の契約が終了し、仕事そのものがなくなりました。
今日離職票が届きました。見たところ、労働契約期間満了による離職にチェックが付いていて、具体的記載欄には契約期間満了と書いてありました。
会社都合と書いていないので自己都合なの?と心配になり相談しました。

Aベストアンサー

chikotomoさん、はじめまして。

実は、この質問に対する回答って微妙なんです。

離職理由の判断は、最終的には質問者さんの現住所地を管轄する公共職業安定所が行います。
基本的には、契約期間満了の場合、その会社での通算の勤務期間が3年以内であれば、契約更新にならなかった理由に関係なく、会社都合の扱いになります。

3年以上過ぎていれば、期間の定めのない契約と同じ扱いになるので、会社側の理由で更新しなかった場合は会社都合扱いになり、自分の都合で更新しなかった場合は自己都合扱いになります。

ですので、今回のケースでは、会社都合の扱いになると思うのですが・・・?

なぜ、疑問符が付くかというと、“派遣” で働いていたという部分なのです。

派遣には、「特定派遣(常用型派遣)」 と 「一般派遣(登録型派遣)」 の2種類あるのはご存知ですか?

特定派遣の場合は、基本的には正社員の場合と同じなので関係ないのですが、一般派遣の場合は状況が違ってくるのです。

今、公共職業安定所では、一般労働者派遣事業の派遣会社に対しては、派遣先の業務終了に伴って自社の派遣社員が離職票を求めてきたときに、業務終了から “1ヶ月以内” の場合は、自己都合扱いにするように指導しているのです。

これは、派遣会社が次の派遣先を確保するための猶予期間として1ヶ月間を認めているためで、この間に派遣社員の側から離職票を請求することは、その派遣会社から引き続き仕事の紹介を受けることを自ら拒否していることになる、と判断されてしまうのです。

今回は、離職票自体に契約期間満了と記載されているので、大丈夫かと思うのですが、チェックの厳しい職安だと調査が入るかもしれません。
ただ、先走って職安に確認してしまうと、自ら墓穴を掘るかもしれないので、判断が難しいですね。

もし、どうしても心配なら、ご自分のエリア外の職安に匿名で聞いてみたらいかがでしょう。
それでおおよその見当がつくと思います。

全く、こんなことで苦労するなんて、もっと分かりやすい制度にして欲しいものですね。

chikotomoさん、はじめまして。

実は、この質問に対する回答って微妙なんです。

離職理由の判断は、最終的には質問者さんの現住所地を管轄する公共職業安定所が行います。
基本的には、契約期間満了の場合、その会社での通算の勤務期間が3年以内であれば、契約更新にならなかった理由に関係なく、会社都合の扱いになります。

3年以上過ぎていれば、期間の定めのない契約と同じ扱いになるので、会社側の理由で更新しなかった場合は会社都合扱いになり、自分の都合で更新しなかった場合は自己都合扱いに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報