平面鏡の場合、実際に鏡の中に見える像は虚像の説明と一致し理解できるのですが、
鏡面鏡の場合、レンズと同様に焦点と物体の位置関係によって、
実像が現れる場合と虚像が現れる場合があります。
実像が現れる場合においても、鏡には像が写っているわけですが、
その像の見え方は平面鏡のように説明できないのでしょうか?
分かりやすい説明の仕方があれば教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

>実像は教科書などの説明では鏡の外に描かれていますよね。


>そのため、鏡の中にある像についてどうしてそのように見えるのか
「鏡の中」には実像は出来ないと思いますが・・・
鏡の中にある像 ってどれのことですか?虚像がどうしてそのように見えるか,というご質問ですか?

虚像は鏡の中(鏡の奥)にモノがあるかのように見える(そのように光線が鏡で反射して進んでくる)のですが,
凹面鏡(鏡面鏡は誤記ですね?)による実像は鏡の手前にモノがあるかのように(その点から光が発しているかのように鏡で反射して,…実際その点を光が通過してくるのですが)見える。
つまり,そう見えるように鏡に“うつっている”・・・のです。


>説明しにくいのですが、分かってもらえるでしょうか?
「鏡に映る」というイメージが平面鏡による虚像(像が鏡の向こうの奥ほうにあるように見える)のことだと思い込んでしまうと,これ以上説明は難しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなって申し訳ありません。

この回答が一番僕の知りたかったことに近いのかもしれません。
が、
>つまり,そう見えるように鏡に“うつっている”・・・のです。
の部分を分かりやすく説明するにはどうすれば良いか何かいい案があれば。

若しくは、
>「鏡に映る」というイメージが平面鏡による虚像のことだと思い込んでしまうと,
の部分の鏡に”映っている像”と”虚像”との違いが分かりやすく説明できたら・・・、
と思うのですが。

自分の理解も不十分な為説明がうまくできません。
何かよい説明のしかたを教えてください。

ご協力ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 23:33

凸レンズで実像の観察を行う場合、対象物→レンズ→実像→観察者の眼という位置関係になります。


一方、凹面鏡の場合、鏡→凹面鏡→観察者の眼→対象物という位置関係になることがあります。
この場合、観察者が対象物をさえぎってしまうため、観察者は自分の虚像を見ることになります。
こような意味でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうゴザイマス。

僕が聞きたかった事とは違うような気がします。
回答としてはこの回答の前の回答が一番聞きたかった事に近いかと思います。
が、もう少し分かりやすく説明してもらえるとありがたいです。
ご協力お願いします。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 23:37

こんにちは。



>実像が現れる場合においても、鏡には像が写っているわけですが、
と,お書きになった時点で,見え方はお分かりのはずですが,

>その像の見え方は平面鏡のように説明できないのでしょうか?
とは,何をお尋ねですか?
「平面鏡のように」とはどういうことでしょうか?

この回答への補足

早速の返事ありがとうございます。
実像は教科書などの説明では鏡の外に描かれていますよね。
そのため、鏡の中にある像についてどうしてそのように見えるのか
知りたいと言われたのですが、上手く説明できません。

説明しにくいのですが、分かってもらえるでしょうか?

補足日時:2003/09/19 07:54
    • good
    • 0

こんにちは。



>実像が現れる場合においても、鏡には像が写っているわけですが、
と,お書きになった時点で,見え方はお分かりのはずですが,

>その像の見え方は平面鏡のように説明できないのでしょうか?
とは,何をお尋ねですか?
「平面鏡のように」とはどういうことでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れて申し訳ありません。
鏡の中の見え方を説明したいのですが、どの様にすればよいかが分からないのです。
平面鏡の場合は物体の”虚像”がそのまま”鏡の中に見える像”と同じなので
子ども達にとっては何となく理解しているようなのです。
しかし、実像が現れる場合は図で説明されているのは鏡の外の光の集まる点についてのみで、
子ども達にとっては「鏡の中の説明も欲しい」とのコトなのです。
どの様に説明すれば、分かりやすく伝わるのか良い案はないでしょうか?

回答有り難うございました。

お礼日時:2003/10/11 23:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車ボディの汚れは何故落ちないのですか?

よく、コイン洗車を利用するのですが、もの凄い高圧の水流を吹き付けても、細かな汚れって落ちないですよね。
大きな泥は落ちても、粉のような汚れが落ちないのは何故でしょうか?

ところが、この頑固な汚れも、雑巾(ウエス)などでかる~く拭くだけで落ちるんです。こんなに簡単に落ちる汚れ(パウダー状のもの)があの高圧水流で落ちないのが不思議なんです。

何故でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

細かい汚れのほうは、表面積が小さいわけなので、水圧がかかっても、かかる力は、

(力) = (水圧) × (汚れの側面の面積) … (1)

によって小さくなります。

これが大きな汚れの塊としますと、汚れの横から、また汚れとボディーの間にできた隙間(取っ掛かり)から水が浸入することにより、はがす方向に大きな力が働きます。

大きな汚れと小さい汚れの違いは、それらの側面の面積だけではなく、小さい汚れであれば、汚れとボディーの間にできた隙間(とっかかり)も非常に小さく、ANo.1にも書かれているように水にも粘性がありますので、その小さい隙間には入りにくいわけです。

ボディー面
 |
 |○ ←小さい汚れのイメージ
 |↑
  ボディーと汚れの間に水が入りにくい

ボディー面
 | ○
 |○○○
 |○○○ ←大きい汚れのイメージ
 | ○
 |↑
  隙間:ボディーと汚れの間に水が入り易い


このように一定の水圧に対して、小さい汚れは有利ということがわかります。

例えば、大きい汚れとして、ボディーとの取っ掛かりがまったくなくなるように滑らかにボディーにつながるような形状で、薄くしかも、水圧によっても壊れないようなものをボディーに貼り付ければ、いくら高圧の水を吹き付けてもその汚れは落ちないことは容易に推察できますね。

ここで「壊れないようなもの」と限定したのは意味があります。もし大きい汚れが壊れないものであれば、ボディーとの粘着力は接触面の大きさに比例するので、水圧による力と同様になります。

しかし実際には大きい汚れは壊れますし、また隙間も大きくなるので、水圧で容易にはがれます。

小さいものと、大きいものの話が、スケールを変更するだけで同じ話にならないのは、スケールの変更を受けない決まった長さが存在するからです。この話の場合では、例えば、水の分子の平均間隔や、水の分子間の相互作用の有効距離がそれに相当します。これらの「長さ」は汚れの大きさとは関係なく一定値なので、その「長さ」と汚れの大きさの比較で、小さい汚れは有利(くっついたままで居やすい)、大きい汚れは不利(はがれやすい)ということが起きます。これは上に書いた粘性の話をミクロな観点から言い直したものです。

一方、小さい汚れが雑巾で落ちるのは、汚れにとって、ボディーよりも粘着しやすいものを反対側に接触させ、そちらにくっつけてボディーからははがしているので、上の考察とは汚れが落ちる仕組みが違います。水は流体なので、多少は溶ける部分はあるでしょうが、基本的には、雑巾の場合のように、汚れが水にくっついて落ちるわけではないからです。

こんにちは。

細かい汚れのほうは、表面積が小さいわけなので、水圧がかかっても、かかる力は、

(力) = (水圧) × (汚れの側面の面積) … (1)

によって小さくなります。

これが大きな汚れの塊としますと、汚れの横から、また汚れとボディーの間にできた隙間(取っ掛かり)から水が浸入することにより、はがす方向に大きな力が働きます。

大きな汚れと小さい汚れの違いは、それらの側面の面積だけではなく、小さい汚れであれば、汚れとボディーの間にできた隙間(とっかかり)も非常に小さく、ANo.1...続きを読む

Q凸レンズの実像、虚像。凹レンズの実像、虚像。

凸レンズの実像、虚像。凹レンズの実像、虚像。

中学で凸レンズ、凹レンズそれぞれの実像と虚像の勉強をしたのですが、
黒板にレンズと光線の図を書かれただけで、
それが実際にどんなものなのか、まったくわかりません。

実例を教えてください。
画像を紹介していただけると、すごくありがたいです。

Aベストアンサー

太陽の光を虫メガネで集めて紙を焦がす実験をご存じでしょうか。
あれはすごーく遠くにある太陽の実像を紙の上につくって、
紙に太陽を映しているようなものです。
(厳密には像を結べないのですが、それは大学の学習内容です)

同じことを蛍光灯でやってみると面白いですよ。
虫メガネを用意して、蛍光灯の光を集めてみましょう。
蛍光灯のスタンドを机の上に置いてやるのが一番見えやすいです。
焦げないので机の上に直接映しちゃって大丈夫ですよ。
それで見えたものが、蛍光灯の実像です。

それと虚像というのはスクリーンに映らない像と教わったはずです。
普通に何かを虫メガネを覗くとレンズ越しに拡大されて見える。
それが虚像です。

こんな感じでどうでしょう?

Q数年前にマウンテンバイクが汚れてきて、タオルで拭いても落ちないのでいっそのこと自分の好きなデザインに

数年前にマウンテンバイクが汚れてきて、タオルで拭いても落ちないのでいっそのこと自分の好きなデザインにしようと思います。
ですが、落ちない汚れは塗装を剥がすときに一緒に落ちますかね?
塗装の上から汚れが乗ってるみたいになっているので、そこだけ塗装が剥がれないんじゃないか心配なんですが。

Aベストアンサー

剥離剤で 汚れと一緒に塗装は剥がせますが
部品を全部外さないと 作業できません クランクを外して ボトムブラケットを取り除く作業方法を知ってるか? 専用工具をお持ちか?

新車は、焼き付け塗装で固い塗膜で強いです。
後塗りスプレー塗装など 直ぐに剥がれちゃいます。サビサビになります。
塗り直しは、お薦めしません。
汚れた要因は、ウエットオイル チェーン専用でないオイルなどをベタベタに塗って 飛び散らしてしまったのでは? 直ぐにふき取れば汚れず済んだのに放置し塗膜を侵し汚れとして蓄積かな?
チェーンオイルの知識も 扱い方も知らなければ もっと酷いことになりますよ。

自転車塗装や 自転車塗り直し 自転車フレーム塗装など 言葉をいろいろ考えて検索してみてください。

Q虚像と実像

の定義は夫々
虚像・・・実体と光束が反転しない
実像・・・実体と光束が反転する

でよいのでしょうか?
何だかよく分っていません.
できるだけ厳密な定義を知りたいです.

Aベストアンサー

#7お礼欄に関して

無収差の理想光学系
任意の一点(物点)から出た光が、別の一点(像点)にきちんと集まる光学系です。
実際の光学系(収差があるもの)では、像点に完全には集まらず、少し拡がりをもって光が集まります。

光軸
通常の光学系は軸対称になっています。
で、この対称軸を光軸(中心軸)として扱うかと。
(一連の用語のひとつとして、光軸もきちんと定義されてるはずですが、まだ確認してないので、、)

数学の図形での焦点と、幾何光学での焦点の扱い(定義)の違い
要は、「図形や光学系の特長を表す点として、使えるか(意味があるか)」ということに尽きるかと。
二次式(楕円や放物線)では、「一点からでた光線(あるいは平行光線)がもう一点に完全に収束する点(二次図形で使われる焦点の定義)」は、楕円の場合には2点、放物線の場合には1点しかありません。したがって、この定義で表される点を、「図形の特徴をあらわす点」として使うことができます(意味がある)。
ところが、理想的な光学系だと、「一点(物点)から出た光が他の点(像点)に集まる」点の組み合わせは無数にあります。したがって、このような点を光学系の特徴をあらわす点として使うことはできません。
これに対して、#7で書いた「軸上焦点」は2点しかありませんので、光学系の特徴をあらわす点として使えます(意味がある)
(意味のある焦点が定義できれば、(もう一点「主点」というのを決める必要がありますが)(光学系のパラメータとして意味のある、あるいは、理論で使える)焦点距離を定義できて、結像の各種公式を焦点距離を使って表すことができます)
と、まあ、こんな感じで、数学の図形(放物線や楕円など)での「焦点」と幾何光学での「焦点」は定義が異なっています。
(光学でも、幾何光学以外の分野では、図形と同様な焦点の定義が使われてるようですし、カメラでも図形の「焦点」と同じ意味合いで「焦点」の用語が使われることがあって、混乱の元になってはいるのですが)

#7お礼欄に関して

無収差の理想光学系
任意の一点(物点)から出た光が、別の一点(像点)にきちんと集まる光学系です。
実際の光学系(収差があるもの)では、像点に完全には集まらず、少し拡がりをもって光が集まります。

光軸
通常の光学系は軸対称になっています。
で、この対称軸を光軸(中心軸)として扱うかと。
(一連の用語のひとつとして、光軸もきちんと定義されてるはずですが、まだ確認してないので、、)

数学の図形での焦点と、幾何光学での焦点の扱い(定義)の違い
要は、「図形や光...続きを読む

Qバスマジックリンで風呂の汚れが落ちない

バスマジックリンの宣伝ではこすらずに泡で汚れを落とせる。とありますが、汚れが落ちません。ため込んだ汚れではなく、新バスルームです。なぜでしょうか?実はこすらないと落ちないのですか?妊婦のため簡単に掃除をしたいのですが・・・。

Aベストアンサー

こすらずに泡で落とすためには大量に吹き付けないと駄目でした。
ドラッグストアで安いときに買ってもすぐ減ってしまいます。
私はまず浴槽を軽く濡らしてから吹き付けます(スポンジに吹き付けると少し節約)
それから撫でるようにスポンジを動かすだけで汚れは落ちます。
もし、乾いた状態or水蒸気が水滴として付着した状態で掃除をしていましたらお試しください。

Q実像か虚像か?

スプーンに映る自分の姿が上下左右逆になりますが、
これは実像、虚像のどちらになるでしょうか。
凹面鏡の作図で考えると実像のように感じますが、
平面鏡の作図で考えると虚像のようにも感じます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> スクリーンがないのになぜ実像が見えるのか

小学校/中学校で習ったように、虫メガネ(凸レンズ)は物体~レンズ間の距離によって実像と虚像を作る場合の両方があることはお分かりですよね。そして虚像は正立(左右上下が反転しない)で、実像は倒立(左右上下が反転)でしたね。この実像の場合、結像位置にスクリーンをおけば、スクリーン上に像を観察することができる訳です。今、物体~虫メガネ~スクリーン~目が一直線上にある状態を考えてみてください(つまりスクリーンの裏から、スクリーンにできた像を見る)。この時、スクリーンだけを取り去るとどうなりますか?
やはり虫メガネ越しの倒立像が、今度は直接見えるはずです。これは作図してみると分かることですが、「結像」というのは物体上のある1点がスクリーン上で再び1点に集光することですから、これって別にスクリーンがあってもなくても1点は1点ですよね? 物体~虫メガネ~結像位置にスクリーン~スクリーン後方に第二の凸レンズ(目の水晶体)~その結像位置に第二のスクリーン(目の網膜)、という結像関係を作図してみてください。第一のスクリーンを取り去ったとき、そのスクリーン上の1点へ結ぶように集光してきた光線をそのまま延長していって第二の凸レンズまで引いてやると、そのまま第二のスクリーン上に像ができますよね? これは、第二の凸レンズで、虫メガネによってスクリーンの位置にできていた実像を今度は空中像として見ているのです。


> 仮にパイプの断面のような鏡の場合は、合せ鏡と同じような現象が起こるのですが、...

いいところに気が付きましたね。
これは、レンズでも同じタイプのものがあります。シリンドリカルレンズといって、円柱の一部分を切り取った、カマボコ状のレンズです。
さて、この円筒ミラーですが、断面が円弧になる方向には凹面鏡、直線になる方向には平面鏡として作用します。だから、一言でこのミラーでできる像は実像か虚像かって言うことはできないのです。この円筒ミラーでできる像らしきものを、スクリーンを一番集光した位置に置いて良く見てやると、一方向には何となく集光していて、一方向にはボケていませんか?

> スクリーンがないのになぜ実像が見えるのか

小学校/中学校で習ったように、虫メガネ(凸レンズ)は物体~レンズ間の距離によって実像と虚像を作る場合の両方があることはお分かりですよね。そして虚像は正立(左右上下が反転しない)で、実像は倒立(左右上下が反転)でしたね。この実像の場合、結像位置にスクリーンをおけば、スクリーン上に像を観察することができる訳です。今、物体~虫メガネ~スクリーン~目が一直線上にある状態を考えてみてください(つまりスクリーンの裏から、スクリーンにできた像...続きを読む

Q作業着の泥汚れを落とすには、どの洗剤がよいですか?ハイターでも落ちないので、オススメの洗剤を教えてく

作業着の泥汚れを落とすには、どの洗剤がよいですか?ハイターでも落ちないので、オススメの洗剤を教えてください。

Aベストアンサー

泥汚れは手洗いですね。
付けおきならアリエールを使いますが、洗濯機に入れる前の汚れ部分の手洗いにはかないません。
ウタマロ石鹸や廃油石鹸が良く落ちます。
まあ作業着だとまた汚れるからと普通に洗濯する事も多々あります。
http://www.e-utamaro.com/products/sekken

Q虚像と実像

虚像と実像の定義とはなんですか?
物体が焦点より内部にあるとき虚像ができるというのはわかりますが、平面鏡にうつった自分の像が虚像だとなぜわかるのですか?

Aベストアンサー

ANo.1 です。
> スクリーンに映ったものもそこにあるように見えて、
> その位置にはないのになぜ実像なのですか?

いえ、「その位置に像がある」のですよ。

説明文がよくなかったようなので、訂正します。

誤> 実像は、そこにスクリーンを置くと映るもので、
正> 実像は、そこのスクリーンになるものに映るもので、

です。

カメラで風景や人物を撮影する際、フィルム(デジカメなら撮像素子)に
映るのが実像です。カメラのレンズを通ってきた光がそこに像を結びます。

虫眼鏡でものが大きく見えますが、この大きな像は虚像です。
「そこに大きな像があるように目が錯覚」しています。

Qどうしても落ちないトイレの汚れ

汚い話で申し訳ないのですが、便器の水面付近にどうみてもウンチっぽい茶色い汚れがあります。
ところがこの汚れ何をしても落ちません。
ブラシで擦ってみた所サビみたくガリガリいって固い感じがします。
ブラシでも、ドメストでも、錠剤でポンとするヤツでもまったく落ちないのです。
どうしたら落とせるでしょうか?

Aベストアンサー

その汚れは尿石と呼ばれるものです。
成分はカルシウムですので、酸性の薬液で簡単に取れます。

まずトイレの水をポンプなどで汲み出し(100均などで灯油ポンプを売ってます)、サンポールを1~2本、注ぎ込みます。便器にはティッシュなどで湿布するとよいです。
二時間そのまま置いて、あとは水を流すだけです。
少々残るかもしれませんが、いらないスプーンなどで軽くこするとポロポロと落ちます。真っ白な新品のような便器になりますよ。

これはプロの業者に頼むと一万円くらいでやってくれる方法と同じものです。
サンポールでやるなら500円もかかりません。
ちなみに、尿石はアルカリ性では取れませんので、ドメストなどは効きません。またサンドペーパーなどでこすっても無駄ですので、傷をつけるだけなのでやめましょう。

Q虚像を実像にするには?

ある一枚の凸レンズにおいてそのレンズの焦点内にある物体を置くとその虚像ができるとします。そこで疑問ですもう一枚の凸レンズを用いることによりこの虚像はスクリーンに写る実像になるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに、「虚像」はスクリーンに写る実像になりますね。しかし、ここで「虚像」という用語を使うのは不適切です。なぜなら、虚像がスクリーンに映っているわけではないからです。虚像のできる位置には光はやってきませんから。
たとえば、物体AがレンズLの焦点距離内にあった場合には、物体からの光はレンズによって、集光しませんので、虚像ができます。集光させるためにさらに凸レンズMを用いることにより、集光させてスクリーン上に像を結ぶことができます。しかしこれは、虚像の像ではありませんね。これは、物体Aの実像です。極端な話、2枚の凸レンズの距離を近づけて、互いに接するようにした場合、連結した2枚の凸レンズは、1枚の凸レンズとみなすことができます。実際、レンズL、Mの焦点距離をそれぞれ、F1、F2としたとき、連結した凸レンズは、焦点距離1/{(1/F1)+(1/F2)}の1枚の凸レンズと等価ですね。ここで、虚像を考えることは、意味のないことだということが納得できるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報