建築確認申請後の窓の変更は可能でしょうか?
この場合の変更は、「追加費用がかからない変更」です。

(1)窓の大きさの変更
(2)窓の種類の変更 (引き違い窓→オーニング窓のように)
(3)予定していた窓をなくして、その部分を壁にすること

以上3点ですが、いずれも不可になるのでしょうか?

私が現在悩んでいることではありませんが、両親も今後、建て替えをする予定なので参考にさせていただきたいと思います。
お詳しい方、ご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)と(2)は、その窓が居室(寝室やリビングなど)でないなら、


完了検査の書類に【軽微な変更】扱いで記載して、関係する設計図書に変更訂正をして提出すればよいだけです。
これについては、(3)も同様の手続きです。

また、(1)と(2)で居室だった場合に窓を大きくしたりする場合は法規制にかかることは少ないと思いますが、開口面積が小さくなった場合には、「採光、換気」の有効判定をチェックする必要があります。
これが問題なければ、前述同様に設計図書へ(採光、換気共に有効開口面積に支障なし)とした文言を記載すればOKです。

どちらにせよ、関与した設計事務所に書類をつくってもらうことになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答者様には以前も回答を頂いたことがありますが、この度のご回答にも感謝いたします。
居室以外なら、「軽微な変更扱い」ですね。
居室なら、開口面積によっては、採光、換気の有効判定が必要になるのですね。
なるほど、居室か否かによって違いがあるとは知りませんでした。
ここで質問するといろいろ勉強になります。
詳しく教えて頂いたので、とてもよくわかりました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/03/14 20:35

建築基準法上の採光や排煙計算に関わる場合があるから、建築士または役所建築関係課に相談。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答頂きまして感謝いたします。
いろいろ難しい面がありそうですね。
今は疑問に思っただけなのでここで質問しました。
もしそのような問題に直面したら建築士に相談した方が良いということですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/03/13 16:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2重窓で引き違い吐き出し窓の出入りについて

2重窓で引き違い吐き出し窓にも付けるか迷っています。

ベランダとの出入りに片側の窓しか使わないのであれば、
朝起きたら、2重窓を開け、寝る時に2重窓を閉めれば、
日中は、窓を1回開けるだけで外へ出られるのでしょうか?

戸締り箇所の装着イメージがあまりがわかなくて・・

Aベストアンサー

リビングの二ヶ所の窓を二重窓にしている者です
一ヶ所は掃き出し窓です

お宅では何の目的で二重窓にしたのでしようか?
二重窓は日中にも効果があるものだと僕は考えております

我が家では日中でも二重窓状態です
但し、日中は外窓にはロックはかけておりません

二重窓にした効果を考えれば
二度開け閉めすることは苦にはならないと思います
慣れもあります

Q建築不可の家の建て替え

昔の家は、今の建築基準法などに対応していないために建て替えできない物件があると思うのですが、以前「劇的ビフォーアフター」などで大幅に改造していたように思います。

これらは柱1本のこせば、リフォームという扱いで確認申請がいらないため大胆に建て替え(というよりリフォーム)しているのでしょうか?

増築などはある程度の広さがあると確認申請が必要だった(ような気がします)・・・。

この辺のカラクリはどうなっているのでしょうか?

それともあれらは結局違法なんでしょうか?

Aベストアンサー

原則としての話でしたら、10m2以上の床面積の変更がなく、
家のフォルムの変更がなければ、建築許可を受ける必要が
ないケースがあります。
開口部、屋根形状、構造変更などがない場合に可能性がある
のですが、ちょっとした改造以外が合法とは言い切れません。

又、建て替え不可能な案件では、リフォームで乗り切るしか
ないと言えますので、本当は新規購入や新築時に確認をして
おくべきでしたね。

今、再生住宅として大規模リフォームがはやっていますが、
もし計画をされるのでしたら、十分に合法な範囲内で行う
ことが非常に重要なことになります。
いずれにしても、よく業者の方と協議をして計画を立案
すべきで、もし違法な改造であれば、後々泣くことになり
ますよ。

Q建築基準法に合致していない実家の建て替え

実家が古くなってきたので親が建て替えたいといってきました。
ただ、古い建物なので、現在の建築基準法に沿っていません。
道路に2m面していないのです。

こういった場合建て替えはできないのでしょうか?建坪40坪ほどです。
柱1本残してリフォーム扱いで建て替えることは無理ですか?(昔放送していた某リフォーム番組はそれに近いことを毎回していましたが・・・)

Aベストアンサー

敷地が2m以上道路に接していないのであれば、
残念ですが建て替えはできません。
2m未満だというのは確かですか? 

基礎や柱、2階の床組や屋根を撤去したり移動させたりするリフォームは、
「大規模修繕」という扱いになって確認申請の対象となります。
柱一本残して、というリフォームは当然大規模修繕になりますので、
既存不適格の建物では確認が通りません。こちらも難しいと思います。

ただ、自治体によっては、耐震補強工事の場合は、建蔽率オーバーなどの既存不適格物件でも大目に見てくれる場合があります。
小うるさいことを言うより、地震時の被害を抑えることの方が優先だ、という考え方をしているようです。
自治体によって多少考え方が違うようですので、ご実家の耐震補強が可能かどうか、市役所等に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

耐震補強とあわせて、屋根の葺き替えや外壁の貼り替え、サッシの交換などは行うことが出来ます。
お風呂やキッチンと言った水回りの交換も、確認申請は不要です。
柱を移動させない間仕切りの変更もOK。壁、天井の仕上を変えるといった工事も問題なく可能です。

内部の間取りを大幅に変えようとすると、柱の移動や梁の補強と言った工事が発生しますので、確認申請対象となります。

問題となる場合が多いのが階段で、古い住宅では非常に急な階段が多いため、
これを緩やかにしたいというご要望をよくいただきます。
階段を緩やかにするためには、柱や梁を移動させる必要がある場合も少なくありません。
耐震補強工事のどさくさに紛れて、ちょっと柱を動かす程度であれば、
業者もやってくれるかもしれませんが、厳密に言えば建築基準法違反です。

敷地が2m以上道路に接していないのであれば、
残念ですが建て替えはできません。
2m未満だというのは確かですか? 

基礎や柱、2階の床組や屋根を撤去したり移動させたりするリフォームは、
「大規模修繕」という扱いになって確認申請の対象となります。
柱一本残して、というリフォームは当然大規模修繕になりますので、
既存不適格の建物では確認が通りません。こちらも難しいと思います。

ただ、自治体によっては、耐震補強工事の場合は、建蔽率オーバーなどの既存不適格物件でも大目に見てく...続きを読む

Q調整区域内の倉庫の建築(建て替えについて)・その他

先日質問したのですが、質問が途中になってしまいた。
なので、もう一度質問したいとおもいます。 

調整区域内で倉庫の建てるのですが、市役所に聞いたところ建て替えということならできますよと
言われ、(同一敷地内に倉庫2棟あり、片方を建て替え)60条証明もいらないと言われました。
ということは、線引き前からあるからいいとゆうことなのでしょか?
 
もうひとつは、建て替えとは、改築になりますよね。しかし既存建築物があるので、増築になるのか
判断がつきません。(市役所では建て替えならとゆうことなので)
あと、都市計画区域内の市街化調整区域とゆうことは、22条にかかると思うのですが延焼ラインにかからなければ軒裏などははらなくてもいいのでしょうか?
私の判断では、張らなくてもいいと思うのですが?

もうひとつ質問させてください。
敷地のことを聞きに市役所にいったときに、測量図がないから公図読みで敷地をだしてくださいといわれましたのですが。
公図と登記簿などの敷地面積と現況敷地が合わないときは図面など現況の敷地図を描けばいいのでしょうか。(隣が田んぼで、1mくらい削られた感じです)
このサイトの質問集などを見ると公図などはあまり関係ないとゆう回答が多いので現況で書いていますが。 

なにぶん建築設計の経験が浅く市街化区域の場所しかしたことがないので、建築に詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

先日質問したのですが、質問が途中になってしまいた。
なので、もう一度質問したいとおもいます。 

調整区域内で倉庫の建てるのですが、市役所に聞いたところ建て替えということならできますよと
言われ、(同一敷地内に倉庫2棟あり、片方を建て替え)60条証明もいらないと言われました。
ということは、線引き前からあるからいいとゆうことなのでしょか?
 
もうひとつは、建て替えとは、改築になりますよね。しかし既存建築物があるので、増築になるのか
判断がつきません。(市役所では建て替えならとゆうこ...続きを読む

Aベストアンサー

都市計画区域内の市街化調整区域で同一敷地内に倉庫2棟あり、片方を建て替えですね。
法務局に行き、敷地の公図をコピーして実測図を書いて提出です。
公図には、敷地が此処だと分かるように色鉛筆で塗って提出です。
公図が古いと、現況と道路幅とかが違っていて合わない場合もあります。
先ずは、敷地と農地の境の木杭を探して実測しましょう。

建築確認申請書の工種は、同敷地内に1棟建っていますから「増築」となります。

法22条指定地域内の場合、延焼の恐れのある部分は、現わしでかまいません。


屋根:折板屋根t0.6~0.8mm○○○鋼板
軒裏:折板屋根裏現わし
で良いでしょう。

Q定年後に建て替え予定

30代の長男嫁です。

義実家から車or電車で2時間半の主人の職場近くにマンションを借りていますが、
いずれは同居の予定です。
同居といっても、義実家には主人の祖父母も健在で、2家族で敷地内別居をしていますので、繰り上げ方式にその形を引き継ぐと思います。

2時間半かけて通勤するのは厳しいので、恐らく主人の定年後に
現在義祖父母が住んでいる家へ入ることになると思いますが、祖父母が住んでいる家は戦前からある古い平屋なので、建て替えをしなければ住めないと思っています。

そこでふと気付いたのですが、定年まで賃貸で家賃を払いながら、定年後に住む家を一から建てるのは負担が二重ですよね。

同じ立場の方は、毎月賃貸費を払いながら、老後住む住居の貯蓄をしているのでしょうか。

30年近く賃貸で家賃を捨てていくより、定年まで住むマンションを購入して、実家に戻るときに売却し、その費用を立て替え費用に充てた方がいいのでしょうか?

ちなみに3歳と0歳の子供が二人、夫婦の年収は600万弱、毎月10万程度の貯金ができています。

文章がまとまらず申し訳ありません、よろしくお願い致します。

30代の長男嫁です。

義実家から車or電車で2時間半の主人の職場近くにマンションを借りていますが、
いずれは同居の予定です。
同居といっても、義実家には主人の祖父母も健在で、2家族で敷地内別居をしていますので、繰り上げ方式にその形を引き継ぐと思います。

2時間半かけて通勤するのは厳しいので、恐らく主人の定年後に
現在義祖父母が住んでいる家へ入ることになると思いますが、祖父母が住んでいる家は戦前からある古い平屋なので、建て替えをしなければ住めないと思っています。

そこでふと気付いたの...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。
追加の御質問を拝読しました・・・

1LDKにお住まいであれば、御長子様が小学校へ入学するくらい迄には広い物件に移り住んだ方が宜しいですね。


【試算】
お住まいの地域の賃貸物件相場が分かりませんが、「そこそこ新しめで3LDK以上の戸建てorマンションで、相場は2800万前後」という事から、その地域の3LDKの賃貸物件を契約して、月額10万円程度の賃料+共益費と想定できますので、30年分を計算します。

年額120万円×30年間=3600万円


次に2800万円の分譲物件を購入するとして、上記と同じく30年ローンを試算してみます。
貯金800万円から手元資金を300万円残すとして、諸費用・転居費等で100万円は必要ですから、2400万円の借入金です。
変動金利は2%未満で安いですが、インフレ傾向を考えれば危険ですので、2.5%の固定金利とします。

そうなると、

ローン総支払額:約3400万円
管理費・修繕積立金等:2.5万円×12か月×30年=900万円

つまり、30年ローンで2800万円の分譲マンションを購入すると、4300万円支払うことになります。
毎月の支払額は12万円弱ですね。

ただし、30年後に売却するとして、おそらく売却相場は700万円前後。

4300万円+貯蓄取崩分500万円-700万円=4100万円

つまり分譲マンションを購入して30年住むということは、4100万円を消費するということです。
これを月額に直すと、月額約11万円強です。

ということは、分譲マンションを購入しても実質上の資産形成は200万円程度にしかなりません。

とはいえ、賃貸マンションより分譲マンションの方が建物グレードが高く、断熱性も高いケースが多いので、同じ床面積なら分譲の方が毎月の光熱費を少々節約できるかも知れません。


再度まとめます。

賃貸(賃料月10万円)の30年間コスト:3600万円
分譲(30年ローン)の30年間コスト :4100万円

この仮定における比較では、賃貸の方が500万円ほどお得という結果となりました。

ただし、上記の概算における数字が若干変わるだけで、この損得は簡単に逆転しますし、
賃貸と分譲では建物や設備のグレードが異なるので、損得だけは判断できません。
500万円余分に払っても、それ以上の満足と快適・安全を得られる可能性もあります。


※以上は仮定の数値を元に作成しましたので、現実とは完全一致致しません。
 目安程度にお考え下さい。


で、結論。
「賃貸と分譲は、どちらが得、どちらが無駄という事はありません」
「分譲の方が満足感が高くてハイリスク、賃貸の方は満足感が低めでローリスク」
ということになります。

No.4です。
追加の御質問を拝読しました・・・

1LDKにお住まいであれば、御長子様が小学校へ入学するくらい迄には広い物件に移り住んだ方が宜しいですね。


【試算】
お住まいの地域の賃貸物件相場が分かりませんが、「そこそこ新しめで3LDK以上の戸建てorマンションで、相場は2800万前後」という事から、その地域の3LDKの賃貸物件を契約して、月額10万円程度の賃料+共益費と想定できますので、30年分を計算します。

年額120万円×30年間=3600万円


次に2800万円の分譲物件を購入するとして、上記と同じ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報