「灯台」el faro
「光」la luz
「光あふれる」se derrama la luzまたはse llena de la luz
これらをカタカナ読みするとどんな感じになるでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

el faro エル ファロ


la luz ラ ルス
se derrama la luz セ デラァーマ ラ ルス
se llena de la luz セ ジェナ デ ラ ルス

se filtra la luz セ フィールトラ ラ ルス
penetra la luz ペネートラ ラ ルス

luz ルスの「ス」ですが、辞書にも載っている発音は
英語のthinkのthに近い発音です。
llenaのllは英語のmillionに近い音[lj]で発音する人もいるかも知れません。
derramaのrrはいわゆる巻き舌音です。
faroのrは日本語のラの音でもいいかも知れません。
スペイン語はまだ日本語の音で代用できる音も多い方かと思いますが、やはりスペイン語の音です。地域差もあります。
参考URLをご参照ください。

参考URL:http://www.alc.co.jp/mlng/spanish/prnc.html, http://home.alc.co.jp/db/owa/navisys?genre=006&c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧で非常に分かりやすい説明でした。
ありがとう御座います。

お礼日時:2003/09/25 09:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハナミズキの種

ハナミズキの赤い種を子供が拾ってきました。
これってそのまま植木鉢に植えればいいですか?
(でもそうなるとハナミズキの木の周りは種が落ちているわけですから、ハナミズキだらけ(?)になるってことですよね?)
うーーん(@_@)
ハナミズキはとても綺麗で好きな花なので、
種から育てることができたら嬉しいのですが・・・
教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハナミズキは四季折々いろいろと変化(花の時期も良いですし、紅葉の時期も赤い実が混ざって綺麗ですね)するので、見ていて飽きませんね。

お子様が種を拾われたとのことですが、種から育てるとなると、開花までには5~7年程度かかります。
ですが、育てることは可能ですので、もし、『数年かかっても!』ということであれば、頑張って育ててみてください。
まずは拾われてきた種(実生)の果肉を取り除き、乾かさないように、ビニール袋(ジップロックが便利)に湿らした後、固く絞ったキッチンペーパーと一緒に入れ、冷暗所に保管する。
それを翌春の3月頃にまく。
その際1~1.5cm覆土する。
また、ハナミズキは腐植質に富む肥沃な湿潤地でよく育つので、元肥として完熟堆肥や腐葉土などを十分にすき込んでおく。(苗木を植えるときも同様)
無事芽が出て育ち始めたら
・5月と8月下旬に、油粕と化学肥料を等量に混ぜたものを一握り(大きくなってきたら2~3握り)根本にばらまく。
・2月には寒肥として、根本周辺に溝を掘り、堆肥や腐葉土をすき込み、土中の水分を保つようにする
ことを行ってください。
なお、ハナミズキは日光を好みます(あまり日が当たらないと花も咲きません)ので、できるだけ日当たりの良いところに植えてくださいね。

長々書きましたが、頑張ってください。

ハナミズキは四季折々いろいろと変化(花の時期も良いですし、紅葉の時期も赤い実が混ざって綺麗ですね)するので、見ていて飽きませんね。

お子様が種を拾われたとのことですが、種から育てるとなると、開花までには5~7年程度かかります。
ですが、育てることは可能ですので、もし、『数年かかっても!』ということであれば、頑張って育ててみてください。
まずは拾われてきた種(実生)の果肉を取り除き、乾かさないように、ビニール袋(ジップロックが便利)に湿らした後、固く絞ったキッチンペーパー...続きを読む

QEl Duque de Cantalapiedraの意味は?

スペイン語の教材の中に出てきたのですが意味がわかりません。
(たぶん建物の名前ではないかと思います。)
教えて下さい。

Aベストアンサー

Cantalapiedra(カンタラピエドラ)は首都マドリーの西方約200キロにあるSalamancaの近くにある町の名前です。
Duqueは公爵のこと。訳語は教材の内容によって決めざるを得ませんが、「カンタラピエドラの公爵」で良いと思います。deは所属を表す前置詞です。

なお語源的には石が歌ったという民間伝承などから
命名されたものと思われます。
canta=cantar(歌う),la piedra(石)

Q灯台の管理について

景色がいいので観光で灯台がよく人気スポットとなっていますが
その灯台でも上に登れる灯台と立ち入り禁止にされている
灯台がありますが
どのような違いで「入れる入れない」にしているのでしょうか?

また、管轄は運輸省でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どのような違いで「入れる入れない」にしているのでしょうか?

地元の要望に対して、灯台としての機能に影響が無い範囲で、一般人の構内立入・灯台立入を許可するかしないかです。
原則的に、小学生低学年でも安全に立ち入る事が出来る灯台の場合は、地元自治体・観光団体が要望すれば許可が出ます。
当然、期間限定で夜間は不可です。

>また、管轄は運輸省でしょうか?

国土交通省管轄の「海上保安庁」です。

木下慶介監督映画「悲しみも喜びも幾年月」の舞台になった「男木島灯台」(香川県高松市沖・第六管区高松海上保安部管轄)は、夏休み等に一般人に公開しています。
私もこの灯台内に入りましたが、明治に建てられた灯台で、総御影石造りの灯台は、平成の世でもどっしりしていて綺麗で頼もしい存在でしたよ。
なお、無人化されるまで灯台守が住んでいた宿舎(官舎)は、高松市営資料館になっています。

参考URL:http://www6.kaiho.mlit.go.jp/takamatsu/e_service/e_05ogi/e_5_0/e_5_0.html

Qスペイン語、confundir la velocidad con el tocino

スペイン語で“confundir la velocidad con el tocino”は直訳すれば「豚の脂身と速度を混同する」で「とんでもない勘違いをする」とかの意味ですよね。そこで疑問なんですが、なぜ、豚の脂身と速度なのでしょうか? velocidad とtocino では綴りも似ていないし、片方は目に見える物体で、片方は一応は抽象名詞なので、取り違いの取り合わせとしてはピンと来ません。だからこそ、ひどい間違いをするという意味になるんでしょうけど、スペイン語に詳しい方、この表現の由来を教えてください。

Aベストアンサー

confundir la velocidad con el tocinoは勘違いの場合もあるでしょうが一般的には比較できないものを比較することの例えです。例えば工業生産と芸術作品を作ることは比較できません。方や効率(生産性)中心の量産、方やすぐれた感性による唯一の作品作りです。

velocidadが選ばれた理由は分かりませんがtocinoは先ず間違いなく中世までのスペインのもっともポピュラーな食料だったことに関係すると思われます。
スペインは牛よりも豚が食料の中心でした。そこでtocinoは貧乏人でも欠かせない安い食材だったのです。 同じようにcebollaもよく消費され安い食材の代表でした。 Contigo, pan y cebollaという俚言があります。「お前となら手鍋さげても」とでも訳せます。つまり、いくら貧乏な生活が待っていても惚れたお前と暮らせるならパンとタマネギさえあればいいという殺し文句です。

hacerse suecoという表現もあります。分からないふりをするという意味です。なぜここでスエーデン人が出てくるのか分かりませんが、スペイン人とスエーデン人はラテン系とゲルマン系で言葉も習慣も違うので、このような表現がうまれたものと思われます。歴史や語源に興味を持ち、徹底的に調べるのもひとつの方法ですが語学の学習では、まず慣用的にそのような表現をするということを学ぶのが先決です。

confundir la velocidad con el tocinoは勘違いの場合もあるでしょうが一般的には比較できないものを比較することの例えです。例えば工業生産と芸術作品を作ることは比較できません。方や効率(生産性)中心の量産、方やすぐれた感性による唯一の作品作りです。

velocidadが選ばれた理由は分かりませんがtocinoは先ず間違いなく中世までのスペインのもっともポピュラーな食料だったことに関係すると思われます。
スペインは牛よりも豚が食料の中心でした。そこでtocinoは貧乏人でも欠かせない安い食材だったの...続きを読む

Q灯台や灯台守が登場する小説を探しています。

先日、アントニオ・タブッキの『レクイエム』を読みました。
灯台の描写がとても印象的で、
ほかにも灯台や灯台守が登場する小説があれば読みたいと思い、探しています。
何かご存知の方、ぜひ教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

レイ・ブラッドベリの「霧笛」はどうでしょう。
主題は恐竜なのですが、灯台が重要なモチーフになっています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102211012/qid%3D1101953078/249-8538681-1088302

Qスペイン語の「el la un una」の使い分け

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかなぁ」って教わったんですがそれってなーんか微妙な回答じゃないですか?別の友達には「とりあえず全部にel laを付けとけ」というような訳の分からない回答をもらいました。
数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。なにか規則のようなものがあるんでしょうか?絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?どなたか分かる方おりましたら教えてください。

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかな...続きを読む

Aベストアンサー

私には、その友人の方の言われたとおりだと思えます。
要するに、普通の名詞にいきなり定冠詞をつけて登場させることは、まぁないだろうということ。
英語の a, an, the の区別にちょっと似ていると思います。
ただし、地名などの固有名詞に定冠詞がつくこともあるので注意(El Salvador など)。
また、本来は女性名詞なのに男性名詞につく冠詞がつくこともあるそうです(例:El agua limpia - La agua とすると a agua のように a が重なるのを嫌って El を用いる)。
以上は下記のページを見てにわか勉強いたしました。
→ http://www.spaingo.jp/bkn011.html
→ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4968811.html
→ http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/europe/espana.htm

Qハナミズキ

ひととようのハナミズキは、叶わない恋の相手に幸せになって・・・って歌かと思ったのですが、
母の日にハナミズキの・・・ってどういう意味だと思いますか?
親が子を思う気持ちを歌った歌なのですか?

Aベストアンサー

歌番組で一青窈自身がいっていたのを聞いたことがあります。
(うたばんかMステでした)
9.11事件を見て、詞を書かれたそうです。
なので、色々な人の想いが詰まっているのかもしれません。
(母が「僕」というとは思えないので)

QMe alegro de que el venga a verme man~ana.

スペイン語です。お願いします。

彼が明日会いに来てくれることが嬉しいです。

Me alegro de que el venga a verme man~ana.

通じるとは思うのですが、チェックお願いします。

Aベストアンサー

violoncelloさん今日は。熱心ですね。

>Me alegro de que el venga a verme man~ana.
問題なく通じます。最近はme alegro que も多用されます。Elにアクセント記号を忘れないように。e'l

Qハナミズキの剪定について

我が家の小さな庭には、家を新築したときに2.5m位のハナミズキを植えましたが、それから5年経ち、相当大きくなってしまいました。秋の落ち葉も隣の家にずいぶんと落ちますので、この際選定をして小さくしようと思っていますが、ハナミズキの剪定方法を教えてください。

Aベストアンサー

下記サイトの中程に剪定の仕方が載っていますのでご参照下さい。
剪定には冬剪定と夏剪定があり冬剪定はなるべく早くできれば年内に行うと良いようです。
枝先の花芽を確認してそれを切らないようします。
ご希望の剪定は太枝を切るような大掛かりな強剪定に成りますので2月中旬頃に行うと良いでしょう。
また夏剪定は不要な枝や徒長枝を切る程度にします。
それらの適期以外に剪定すると樹液が出て木が弱りやすくハナミズキは剪定に弱いので切り口には必ず癒合剤を塗って切り口を保護ましょう。
ハナミズキのミズキは「水の木」だから活動期に切ると枝枯れを起こすと聞いたことがあります。

参考URL:http://www.komeri.com/howto/html/01080.html

Qフランス語、Je crois que vous n'etes pas bien de la tete!

タイトルの仏文は「あなた、ちょっとおかしいんじゃないの」くらいの意味だと思うんですが、“ne pas etre de la tete”というのは成句なんでしょうか? 辞書で調べても載っていません。

Aベストアンサー

"ne pas etre de la tete"が成句なのではなく、"pas bien de la tete"が一つの慣用句です。これは「狂っている」ことを指す婉曲な表現で、日本語の「頭がおかしい」という言葉に相当します。

ここで bien は副詞ではなく、"Je ne suis pas bien"(私は気分がよくない)という場合と同じように、eterの補語で「(身体の)具合がよい」という意味の形容詞として使われています。
"de la tete" はbienを修飾する副詞句です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報