このブログでは琉球大学で起きた研究不正について公表しています。

http://blog.goo.ne.jp/naoki_mori

この事件はすでに大学が調査済みで、不正行為者の氏名・顔写真を非公開にして事実を公開し、処分も決定済みでした。

しかし、このブログは大学の調査・処分発表後にこのブログで不正行為者の氏名、顔写真、不正の詳細を公表しています。これは名誉毀損罪になるのでしょうか?

名誉毀損罪(刑法230条1項)は公然と事実を摘示して、名誉を毀損することで成立しますが、このブログはこれを満たしています。しかし、230条の2、1項の違法性阻却規定(通説の見解)では公表行為
が公共の利害に関する事実でかつ(2)専ら公益を図る目的で、かつ(3)真実であることの証明があったとき無罪になります。

このブログは(3)は満たすのでしょうが、(1)(2)を満たすのか疑問です。
なぜなら、すでに不正の詳細は大学が発表しているので、このブログが改めて不正を公表する意味は不正行為者の氏名と顔写真をあばく程度の意味しかなく、(1)(2)を満たすと思えません。むしろ、嫌がらせが主目的に見えます。

確かに、大学の公表よりブログの方が具体的かつ詳細で、不正の概要はよくわかりますが、そういう点があれば(1)(2)は満たすのでしょうか。


要するに氏名・顔写真付で改めて詳細に不正をあばくことが(1)(2)を満たすのかどうかわからず、名誉毀損になるか判断できないので、質問しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>不正行為者の氏名・顔写真を非公開にして事実を公開し、処分も決定済みでした。


この場合は、「名誉毀損罪」が成立する可能性が十分にあります。

このブログは、「公益性」がありませんし、公共の利害関係を害する内容ではありませんから、公開に正当性が見られないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうかもしれませんね。

お礼日時:2011/04/08 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名誉毀損とは?

よく、雑誌などである事無い事書かれたと名誉毀損で
訴えるって、ありますが、たとえば、自分が近所の人に
ある事無い事、いわれた場合も名誉毀損で訴える事ってでき
るんですか?名誉毀損って紙の上で、なんたるかの証拠が
ないかぎり名誉毀損にはならないの?ちょっとした疑問でした。

Aベストアンサー

「たとえば、自分が近所の人にある事無い事いわれた場合」ですが、まず問題になるのは、Aあなただけの時に言われたのですか?Bそれとも何人かの前で噂をされたのですか?それによって大きく違ってきます。
と、言うのも「名誉毀損」の成立には、(1)公然と事実を摘示し、(2)人の名誉を毀損した との2つの要件が必要です。ですからAの場合には名誉毀損は成立しません。言い換えれば2つを兼備していなければ名誉毀損に当たりません。

ただし事実が公共の利害に関する事で、目的が公益を図る目的であれば、摘示された事実が真実であると証明された場合に限り罰する事は出来ません。保護法益を公共性に見出しているんでしょうね!

ちなみに侮辱罪とは事実を摘示せずですから、ただ単に「○○ばアホやで~」と言った場合。名誉毀損は「「○○ばXXだからアホやで~」と言った場合です。XXの部分が本当の事かどうかは成立要件には関係ありません!

興味があれば「判例付きの六法」などをオススメします。
本屋さんで立ち読みしても充分ですけどね。(本屋さんゴメンなさい)

Q自分への痴漢を氏名特定してブログに載せたら名誉毀損は阻却?

下記の捉え方で間違いはないでしょうか?

電車内で痴漢されたとき、犯人を指して「この人痴漢しました」と言っただけなら、名誉毀損要件(公然と訴え、社会的評価を下落させる)は成立しない。次に、彼女がその犯人を特定できるようにして、公益のため写真を添えて公然とインタネットブログでで訴えると、名誉毀損は成立するが、彼女には一般多数者である被害者として公共性があるので、名誉毀損阻却になる。

Aベストアンサー

(1)電車内で痴漢されたとき、犯人を指して「この人痴漢しました」と言っただけなら、名誉毀損要件(公然と訴え、社会的評価を下落させる)は成立しない。
→痴漢が立件されれば、名誉毀損は成立しないでしょうが、逆に立件できなければ、名誉毀損で訴えられ敗訴すると思います。

(2)名誉毀損です。
名誉毀損というのは、たとえ犯罪者でも、その名誉を傷つけてはならない、という法律です。

ただ・・・じゃあ、テレビで殺人者を実名で報道されていますが、それは名誉毀損に当たらないのか・・・とか、私もよくわかりません。

どうやって、線引きするのでしょう。
・・・というのをここで質問すればよいのか(笑)

Q掲示板での名誉毀損について

 ここのOKWEBでは名誉毀損など、多分ありえないかも知れませんが
名誉毀損とはどの時点で発生するものなのでしょうか?

 自分自身が傷つけられたと感じたとき、名誉毀損が発生するのでしょうか? 極端な例ですけど、芸人に軽く頭をたたかれた!とすると、不快に感じたときには、名誉毀損に値するのでしょうか? 
これは違うのかな(´ヘ`;)

教えてくださいお願いいたしますm(__)m

 

Aベストアンサー

犯罪としての名誉毀損罪の成否という観点から回答します。

名誉とは、人に対する社会的評価である「外部的名誉」と本人が自分に自身に対して持っている主観的評価である「名誉感情」をいいます。名誉毀損とは、これらを傷つける行為を指しますが、名誉毀損罪は「公然と事実を摘示して」と規定しているので、公然性のある行為だけが名誉毀損罪になります。名誉を傷つける行為が不特定多数、少なくとも特定多数が知りうる状態で行われたものでなければ名誉毀損罪は成立しません。
また、名誉毀損罪は「事実の摘示」によって犯す罪ですから、芸能人に軽く頭をたたかれて不快に感じても、暴行罪の成否は別として、名誉毀損罪が成立することはありません。

なお、名誉毀損罪の特色の一つとして、そもそも検挙数が少ないこと、検挙されても起訴率が異常なほど低いことがあげられます。被害者の告訴があっても犯罪として問題にするに足る例は少なく、まして刑事裁判の対象とするほどのものは極めて少数しか存在しないのです。

Q詐欺女の氏名をネットで公開した男が名誉毀損で逮捕された理由

女に金を騙し取られた男が、
この女の氏名と顔写真をネットで公開したとして、
名誉毀損容疑で逮捕されました。

報道を基に判断する限りにおいては、
女が金を騙し取ったことは事実であり、
騙し取った金額も少なくないようでした。

これらが正しいとすれば、
なぜ男は名誉毀損で逮捕されたのでしょうか?

マスコミは犯罪被疑者の氏名を公開していますが、
個人が公開すると名誉毀損罪に問われるのでしょうか?

どちらも同じ私人であるにも関わらず、
マスコミと一個人で扱いが異なるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

名誉毀損罪
事実や嘘に関係なく、相手の名誉を毀損する目的で、公然と内容を指摘し、不特定多数に公開する事により成立します。

報道機関には、警察からの記者クラブへの発表があり、事件性を考慮して報道するかの判断も任されています。
ある意味、報道と言うのは、こんな事件があり容疑者の〇〇が逮捕されたと報道する事で、社会的な影響を押さえる意味合いもあります。

個人の場合、詐欺師とは言え、事件にもなっていない相手の事、事件になっても詐欺師だと公開する事は、認められていません。
況してや、ネット上に書き込みをした場合、不特定多数への流布と言う事になり、名誉毀損罪の成立は仕方がない事です。

被害者だから、ネット上に書き込みをしても許される事はありませんし、被害者であっても内容次第では加害者にもなります。

Q名誉毀損について素朴な疑問

名誉毀損について素朴な疑問

素朴な疑問なのですが、例えばストーカー行為で訴えられた人が敗訴して、きちんと賠償金も払ったとします。それで被害者や被害者の近い人が、加害者の職場の人間や親などに、ストーカー行為があったことをバラすことは名誉毀損になりますか?

ネットで名誉毀損について調べてみたところ、社会的な評判が落ちることになっても公共の利害に関するものであれば、名誉毀損には当たらないとありました。また、別のサイトには、公共の利害が【目的】でない場合は名誉毀損に当たる、とありましたので、ストーカー被害者などの報復が目的の場合は名誉毀損に当たる、ということなのでしょうか。

もし上記の例が名誉毀損に当たらない、となれば、加害者側は一生居場所がないなぁと疑問に思った次第です。

Aベストアンサー

ストーカー行為があったことをバラすのは
見方を変えればストーカー行為されたことを
ただ言うだけの話なので名誉毀損になるとはおもえません。
加害者が居場所を変えるしかない気がします。
>ストーカー被害者などの報復が目的の場合は・・
法解釈というより判例があるかどうかではないでしょうか?
裁判所が名誉毀損にあたるとすればあたるでしょうし
あたらないとするならあたらない。
そもそも民事ならともかく
刑法で名誉毀損罪ってちゃんと機能してるか疑問です。
結局裁判所が理屈をつけてきめるだけの話だとおもいます。

Q理事長の不正行為を組合員に知らせる事は名誉毀損か

マンション管理組合の理事になって過去や現理事長の不正行為に気がつきました。
歴代理事理事長が引き継いできたと思われます。
巧妙なので普通の理事では見抜けないと思います。
不正行為とは規約にない支出を長年継続していること、管理会社との癒着とも言える契約です。
退職した管理人からその経緯を聞き驚きました。

理事会で指摘しても理事長は取り上げません。
監事も理事長派なのか不正と言いません(意図的発言はミエミエ)。
不正行為による組合員の損害額は一組合員当たり10万円を超えます。

この事実を投函、掲示などで組合員に知らせたいのですが名誉毀損になるかもしれないと聞いたので躊躇しています。
不正行為の開示が許されないとしたら永久に不正は表面化しないことになりませんか。

Aベストアンサー

管理規約には、「役員は、法令、管理規約、総会決議に従って、組合員のために誠実にその職務を遂行しなければならない」と規定されているはずです。

理事会でも理事長が取り上げず、監事も不正とは言わない、というのであれば、理事として掲示板に公開質問状を掲示しましょう。

具体的な事実を記載し、管理規約に規定された支出ではないことを明らかにして、この事実を理事会で審議しないのはなぜか、監事も不正としないのはなぜか、ということを質問するのです。
回答期限を切って、文書での回答を求めましょう。
これなら名誉毀損にはなりません。

回答がなければ臨時総会を開催して決着をつけることになります。
理事長と監事は臨時総会を開催しないでしょうから、区分所有者の1/5以上の同意を集めて理事長に臨時総会の開催を求めます。
理事長がこれを拒否すれば、開催を求めた人が臨時総会を開催できます。
この手続の詳細は管理規約に規定されています。

で、臨時総会で黒となれば訴訟です。
ただし、過去の支出分は総会の承認を得ていますから、管理組合として承認されていることになります。
具体的な不正がここでは分かりませんので何とも言えませんが、その支出に関して総会で虚偽の説明をした、あるいは決算そのものを不正に作成したというのが明らかであればよいのですが。
「巧妙なので普通の理事では見抜けない」ということですから、絶対的な証拠でなくてはなりません。

ただし、臨時総会で白ということになった場合は、「その事実を良しとする」ということで、それが区分所有者の総意ですからどうしようもありません。

なお、個人的に「損害額は一組合員当たり10万円」は許せないのであれば、個人として訴訟を提起することは可能です。

管理規約には、「役員は、法令、管理規約、総会決議に従って、組合員のために誠実にその職務を遂行しなければならない」と規定されているはずです。

理事会でも理事長が取り上げず、監事も不正とは言わない、というのであれば、理事として掲示板に公開質問状を掲示しましょう。

具体的な事実を記載し、管理規約に規定された支出ではないことを明らかにして、この事実を理事会で審議しないのはなぜか、監事も不正としないのはなぜか、ということを質問するのです。
回答期限を切って、文書での回答を求めましょう...続きを読む

Q名誉毀損の基準は?

名誉毀損の基準についてお伺い致します。

名誉毀損とは住所・氏名・電話番号などを明らかにした上で特定の個人や団体を批評することであって、例えばネットなどで使われているハンドルを用いて批評した場合は名誉毀損にならないと聞いたことがあるのですが、もしそのハンドルが社会的に広く浸透しているものであっても名誉毀損にはならないのでしょうか?

また、本名で活動している芸能人や芸術家などに対して批評を行った場合、それは公人に対する批評として受け止められ、例えそれが本名を使った批評であっても名誉毀損としては取り扱われないのでしょうか?

Aベストアンサー

芸名・ハンドルなど本名でなくとも、事実無根の中傷により、芸能活動やネットでの言論活動に支障が出ることで迷惑はかかると思います。
本名以外の「名称」でも、名誉毀損は成り立つとおもいます。

参考URL:http://www.pie-net.jp/hosei/student/1997/tsuchiya.html#2-1

Q名誉毀損 公然性 信用毀損 虚偽の風説 メール 添付書類 社長宛て

この度、取引先の元社員を名誉毀損・あるいは信用毀損で訴えようと考えています。
弊社の担当営業課長が、取引先会社(重要なパートナーです)に多大な損害を与えたとの内容文書を取引先社長宛てで送っただけでなく、海外の仕入先に事実無根の悪評を言いふらしています。
日本国内では、取引先社長宛てのメールにて文書を送っており、複数人への送信はありません。
1)刑法230条の「公然と事実を摘示し」に該当すると解釈することはできないでしょうか。
2)また、刑法233条の「虚偽の風説を流布し」の「虚偽」を争うには非常に困難なビジネス上の判断ですし、「風説を流布」についても
海外の仕入先担当者の証言は証拠能力に乏しい気がします。
 取引先の重役の方々は既に文書を読んでいます。営業課長が海外仕入先から賄賂をもらっているとの記載もあり、今後その人間にこのような嫌がらせをさせないためにも、法的な手段(内容証明だけで効果があるとは思えない相手のため)を取りたいので、1)2)について、ご存知の方、是非お願い致します。

Aベストアンサー

民事と刑事を仕分けして考えるべきです。
刑事訴訟であれば、警察に相談し立件してもらう。
民事訴訟であれば、民法710条を根拠とし、訴訟する。

近いケースがありましたが、取引先のめんつもあり、
うちうちに収めました。

Q名誉毀損と批評

例えば、私がブログで、ある作家のことを、かなり辛辣に批評したとします。その人が、私を名誉毀損で訴えた時、名誉毀損になるでしょうか。内容にもよる、という答えがありそうですが、名誉毀損と批評の違いは何ですか?その人にとって都合の悪いことが名誉毀損になってしまったら、批評ができなくなってしまう恐れはないのですか?法律に詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民事と刑事は少し別なので、刑事(刑法第230条の名誉毀損)について論じます。

人の名誉権/プライバシー権等と、表現の自由/知る権利等はぶつかり合うことがあります。批評すれば、当然に他人の名誉を毀損する可能性はあるため、名誉権を保護すると表現の自由の制限してしまうことになります。

よってその両者の調和のために、刑法230条の2で、公共の利害に関する場合の特例が設けられていて、「行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。」と定められています。

少し言い換えると、批評が公共の利害に関することであり、それが主に公益目的からであって、かつ真実であれば、罰しないということです。

ただし、なかなかその線引きは難しく、個々の具体例で考えるしかありませんが。

Qブログの書き込みと名誉毀損

匿名でのブログの書き込みをしていました。
ふとした事がキッカケで書かれた本人が気が付いてしまいました。
名誉毀損で訴える!精神的被害を受けて出社できないと言っています。
と事務の方に相談されましたが、法的な事に全く無知なので教えてください。
ちなみに書かれた本人も書いた方も同じ社内の事務員(女)です。

Aベストアンサー

そのとおりです。
ただ、裁判にするとなると、客観的な事実が必要になってきます。
証拠ですね。
心療内科にかかって診断書を出してもらうとか、
書き込みの内容を保存しておくとかが必要になってくるかと思います。
内容は削除されてないんですよね・・・
くれぐれも慰謝料を払わないなら告訴するなどというようなことは言わないようにしましょう。
脅迫罪に問われる可能性もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報