車は購入できるんですか?申請には医師の診断書が必要みたいですけど、医師って個人レベルでの話ですか?それとも病院レベルの問題ですか?病院は自分で選べれないんですか?(精神科)
何ヶ月ごとに役所にいかないといけませんか?自分で勝手に病院変えたりしたら打ち切られますか?障害者年金の受給条件ってなんですか?大まかに全部教えてくださるとありがたいです。(文章の理解力の乏しい者でも分かるように)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちわ、No.1の者です。



質問者さまは、微妙な受給資格者?だと思われるので参考までに
下記サイトをご参照ください。

精神病では、国民年金か厚生年金かどちらに加入しているかが非常に
問題です。

もし、精神病院の初診日の時に国民年金に加入だったら2級からもらえます。
しかし、3級ではもらえません。(厚生年金でしたら、もらえます)
ほかに、どのくらい加入していないともらえないかも・・・

すなわち、初診日にどちらの年金に加入していたかです。

車の所有などについては、主治医さんの判断によると思われます。

診断書については、年金の診断書を書ける資格がない先生だと書けません。

病院を変えることは、複雑になりますから避けた方が良いかも知れません。

では、お大事に!!

参考URL:http://www.nenkin.go.jp/question/013/kyufu_qa_an …
    • good
    • 0

少なくとも、ここにこんな質問が書けるくらいの状態であれば


間違いなく障害者年金の受給対象にはなりませんのでご安心を。

重度の統合失調とか知的障害、常時介護が必要な身体障害など
であれば受給できるでしょうが。

年金支給要件の一つに日常生活での介助の度合いがありますが、
車が運転できる時点で即対象外です。
    • good
    • 0

はじめまして、よろしくお願い致します。



いっぱい質問がありますが受給資格がないと役に立ちません。

ポイントからご回答します。

まずは、お近くの日本年金機構で受給資格があるか確認してください。
障害年金申請書は貰えません。

大まかでした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qやりがいある仕事?(言葉の意味)

 「やりがいのある仕事」をする。

 世間ではよく耳にする言葉です。
 しかし?やりがいのある仕事って(言葉)の意味がわかりません。やりがいって仕事では何なのでしょうか?

 僕はまだ仕事の経験もなく、アルバイトで「お金を稼ぐ=仕事」だと認識しています。だからやりがいという言葉を耳にしてもぴーんとこないので、教えてください。
 できれば、具体的な事例もあげていただきたいです。(より深く理解をしたいので)

Aベストアンサー

あなたが仕事(アルバイトであっても同じ)をしたことによって、例えば、お客が喜んでくれたり(例えばわざわざお礼の電話をかけてきてくれたり)、雇い主が喜んでくれたり、自分の知識・経験・能力が増えたりしたとしたら、あなたもうれしくないですか? 私はうれしいです。

また、いいことばかりではなく、仕事の上での困難な状況を解決する努力をしたりすることにも、私は価値を見出します。

また、さらに言えば、自分の部下がそれらの経験をしてやりがいを感じてくれたら、それ自体、わたしはうれしいです。

働きによってお金をもらうのは当然のこととしても、人が働くのはお金のためだけではなく、そのようなやりがいの要素は非常に大きいと思います。

Q障害年金申請時の診断書について

15年前の33歳の時に腎臓病(多発性のう胞腎)と診断され1つの病院で定期観察を続けておりましたが、去年の8月にクレアチニンが8 BUN120となり今年の2月から人工透析を導入しました。シャント作成と
透析の最初の数回のみは今までお世話になっていた病院で行いましたがそれ以降の透析は別の
専門病院にて行っています。教えていただきたい事は障害年金の申請に必要な診断書はどっちの病院で書いて貰えばいいのか 又 初診日から1年6か月以内に症状固定がある との文面をよく
みますが私の場合、前の病院での初診日から1年6か月というのはまだ軽度の腎不全だった訳で
それでは認定されない?のでしょうか?今年の2月から通っている透析病院の最初の通院日が初診日?とゆう解釈になるのでしょうか?そうすると3か月後から申請が可能なのですか??かなり自分でも勘違いしていそうなのですが教えて下さいませ。

Aベストアンサー

障害年金の請求にあたっては、大きく分けて、以下の2つの請求があります。

1 初診日から1年6か月経ったときの状態が、年金法でいう障害の状態であることによる請求
2 1は満たされておらず、その後65歳を迎えるまでに障害の状態に達したことによる請求

1を、本来請求(ないし障害認定日請求)といいます。
いわゆる遡及請求(現在の請求日から数えて、最大5年前までさかのぼって受給できるもの)も、この一種です。
一方、2は、事後重症請求といいます。

それぞれの請求において、必要な診断書は以下のとおりです。
様式第120号の6-(2)という障害年金専用の診断書用紙(腎疾患・肝疾患・糖尿病用)で、年金事務所(旧・社会保険事務所)で入手して下さい。
現症(のちほど説明します)の時点で受診していた医療機関に記してもらう、という必要があります。

本来請求 ‥‥ 障害認定日(初診日から数えて1年6か月後)の後3か月以内の現症を示した診断書
事後重症請求 ‥‥ 請求日(窓口提出日)の前3か月以内の現症を示した診断書
遡及請求 ‥‥ 上記の診断書をどちらとも用意すること(つまり、2通用意する)

現症というのは、上記診断書で必要とされる時期の範囲内の、実際の病状のことです。
実際に受診していることが必要で、その当時のカルテに基づいて、医師から診断書に示してもらいます。

さて。
国民年金・厚生年金保険障害認定基準というものがあり、「糸球体腎炎(ネフローゼを含む)、多発性嚢胞腎、腎盂腎炎に罹患し、その後に慢性腎不全を生じたものは、両者の期間が長いものであっても、相当因果関係があるものと認められる。」とされています。
これは、「慢性腎不全を生じて人工透析に至った場合であっても、人工透析が始まった日を初診日と見るのではない」という意味です。
ですから、既に説明させていただいた請求のパターンに照らすと、対応は以下のとおりとなります。

ア 多発性囊胞腎と診断された当時が初診日となるので、その医療機関(15年前/33歳)で「受診状況等証明書(初診証明)」を取る
イ アの初診日から1年6か月が経った日(障害認定日)の障害の状態が、年金法でいう障害の状態(国民年金・厚生年金保険障害認定基準)に該当しているか否かを調べ、該当していれば遡及請求(本来請求の一種)を考える
ウ イに該当していなければ、現在の病状をもって事後重症請求を考える

初診証明は、当時のカルテが存在していることが必要です。
カルテの法定保存年限は5年ですから、カルテが廃棄されてしまっていたりすることも少なくありません。
そのような場合はまた違った対応が必要となり、いまの症状にかかわらず受給に結び付かなくなってしまうなど、非常に困難をきわめる事態に陥ることもあります。
言い替えれば、とにかく「初診がすべて」なのです。

人工透析治療が開始された場合、「人工透析導入から3か月が経った日」が「初診日から1年6か月以内の範囲内の日」におさまっていれば、人工透析導入から3か月経過後に3級となります。
一方、「人工透析導入から3か月が経った日」が「初診日から1年6か月以内の範囲の外」にあるときは、初診日から1年6か月以上が経たないとダメですし、人工透析導入という事実以外に、クレアチニン値などや一般状態区分(生活の困難度を示す指標)の考慮なども追加されてきます。

国民年金・厚生年金保険障害認定基準は、参考URLから入手して下さい。
すべての障害について、実に詳しく定められています。非常に貴重なものです。
昨年11月1日に改正されたばかりです(今年も9月に改正が予定されています[精神の障害(知的障害・発達障害)に対する改正])。

いずれにしても、かなり細かい定めがなされていますから、いろいろなことをひとつひとつ丹念に調べた上で丁寧に対応してゆかないと、なかなか受給には結び付きません。
初診日よりも前の保険料納付実績も問われてきます。一定以上の納付実績がないと、どんなに障害が重くとも受給できない場合があります。
また、初診日が国民年金のみの被保険者期間中であったときには、3級相当の障害の状態であっても、1円も受給できません(この場合に支給される障害基礎年金には、3級が存在しないから)。
したがって、幅広い知識も必要になってくるものと思います。
 

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000010opz-att/2r98520000010v5d.pdf

障害年金の請求にあたっては、大きく分けて、以下の2つの請求があります。

1 初診日から1年6か月経ったときの状態が、年金法でいう障害の状態であることによる請求
2 1は満たされておらず、その後65歳を迎えるまでに障害の状態に達したことによる請求

1を、本来請求(ないし障害認定日請求)といいます。
いわゆる遡及請求(現在の請求日から数えて、最大5年前までさかのぼって受給できるもの)も、この一種です。
一方、2は、事後重症請求といいます。

それぞれの請求において、必要な診断書は以...続きを読む

Q今の仕事にやりがいを感じていますか?

私は30代前半の男です。
現在、ある会社の査定員をしています。

今の会社に勤めて7年目ですが、私なりに一生懸命に仕事をし、人並みに楽しいことや辛いことを経験して来ましたが仕事にやりがいを感じません。

職場の人間関係や給料は良くも悪くもないのですが・・・、どうしてもやりがいを感じられないです。最近では、仕事がマンネリ気味になってきてモチベーションが下がってきています。

そこで皆さんに質問ですが、今の仕事にやりがいを感じていますか。また、やりがいを感じられるようにどのような努力をされているのでしょうか。

Aベストアンサー

やりがいはありますが、あり過ぎて辛い時もかなりあります。
今の仕事は、誰でもできる仕事なのかもしれませんね。やっても評価されないのでしょう。

自分が必要とされているとか、自分の仕事を評価してもらえること等が「やりがい」に繋がるのではないかと思います。
しかし、やりがいは必ず「仕事の辛さ」と引き換えなので、そのあたりの覚悟は必要だと思いますが。

Q障害年金受給申請の記載についての質問です。

障害年金受給申請の記載についての質問です。

現在、心療内科で治療中です。実は、6年前にも精神的障害の診断を受け、通院と
入院による治療で完治させました。

その後、4年間働きましたが、昨年10月より、以前と同じような状態に見舞われ、
現在は休職しています。(病名は前回とは違いますが、病院は同じです)

障害年金を受給する年金納付要件は満たしていますが、初診日が前回と今回のどちら
を記載すれば良いのかわかりません。

私のような場合、初診は6年前になるのでしょうか?それとも、6年前の病気は治癒
しており、今回は同じ精神疾患でも別の病名で発病しているので、昨年10月が初診
になるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.1です。
役所の障害福祉課にて「地域生活支援センター」の存在を確認しましょう。
精神疾患者の生活を支援する機関で、ほとんどの市町に存在してると思います。
機関の特徴として必ず精神保健福祉士が居られます。
「申請書を書いたが、見て欲しい」とお願いすれば、アドバイスいただけます。

Q今の仕事にやりがいを感じている方

今の仕事にやりがいを感じている方に質問です。

(1)性別(よければ年齢も)
(2)仕事内容
(3)どんなところにやりがいを感じていますか?
(4)やりがいはあるが、ここはちょっといやだ、ということはありますか?
 (残業が多い、給料が安い etc)
(5)今の仕事はいくつめの仕事(会社)ですか?
 (転職経験の有無)

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

(1) 男 32歳
(2) 社内経営コンサルティング(業界は保険会社)
(3) 常に新しいことに挑戦できること
(4) 同じ社内改革の意識をもって、腹を割って話せる仲間が少ないこと(皆無ではないです。でも少ないのです。)
(5) 2社目(前職:経営コンサルティング会社)

Q障害基礎年金受給後の遡及請求の申請について

精神障害者(統合失調症)です。

障害年金の遡及請求について、お詳しい方いらっしゃたらお教えください。

私は現在、障害基礎年金を受給中なのですが、受給後しばらくしてから、遡及請求のことをしりました。

基礎年金の申請の時には、事情がよくわからず、また私自身が症状も重かったため、事務員の方の説明も聞き漏らしてしまい、誤った判断をしてしまったように思います。結局、遡及請求はしませんでした。

時間がたった今からでも、遡及請求をすることは可能でしょうか?

初診日が21歳くらいの時で、年金をもらい始めたのが28歳くらいの時です。国民年金の未納期間はありません。

Aベストアンサー

結論から言いますと、可能な場合があります。
下記の過去回答で詳しく触れていますので、そちらをごらん下さい。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7282746.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7537271.html

なお、「遡及請求・障害認定日請求」と「事後重症請求」の違いはわかっておられますよね?
初診日後1年6か月経過時点の病状が示された診断書を用意する、というのが「遡及請求・障害認定日請求」です。
請求日直近のときの診断書しか用意できないときは「事後重症請求」です。

あなたがいま受けている障害年金を請求したときに、「障害認定日時点の診断書」と「請求日直近時点の診断書」の2通を出していて、かつ、「障害給付請求事由確認書」を添えて『私は、下記の請求事由を確認し、傷病名◯◯◯◯で「障害認定日による請求」を請求事由として、障害給付を請求します。ただし、「障害認定日による請求」で受給権が発生しない場合は、「事後重症による請求」を請求事由として障害給付を請求します。』としたのなら、もう「遡及請求・障害認定日請求」はできません。事後重症請求でしか認められなかった、という結果が出ているからです。

つまり、「事後重症請求」だけしかしなかった(請求日直近の診断書の1通しか用意できなかった)というときにのみ、あらためて「遡及請求・障害認定日請求」としてやり直しができます。
こちらも過去回答で詳述しています。
下記の過去回答をごらん下さい。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7616479.html

いずれにしても、もうちょっと詳しく初診日や障害年金受給権獲得年月・支給開始年月(年金証書に記されています)がわからないことには、いまの段階では何とも申しあげられません。
 

結論から言いますと、可能な場合があります。
下記の過去回答で詳しく触れていますので、そちらをごらん下さい。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7282746.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7537271.html

なお、「遡及請求・障害認定日請求」と「事後重症請求」の違いはわかっておられますよね?
初診日後1年6か月経過時点の病状が示された診断書を用意する、というのが「遡及請求・障害認定日請求」です。
請求日直近のときの診断書しか用意できないときは「事後重症請求」です。

あなたがいま受けている障害...続きを読む

Q今している仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

今皆さんがしている仕事の内容にもよると思いますが、その仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

僕は今フリーターですが、以前は正社員で働いていました。
ただ、いくら働いてもやりがいを感じることができませんでした。(事務系の仕事だったんですけれども)

Aベストアンサー

ブライダルのヘアメイクです。
モデルやタレントではなく、一般の方が対象です。結婚式で花嫁さんが誰よりも美しく輝けるように工夫&努力してます。

肌の質感が美しく仕上がった時、
その人に似合う髪形をイメージ通りに作れた時、
メイクの仕上がりを見て新郎が「きれいだよ」と言ってくれた時、
それを聞いた花嫁が「ほんと?」と言いながら照れた時、
花嫁の母が「こんなにきれいにしてくださってありがとうございます」とおっしゃる時、
友人やご親族が「とってもきれいよ」「いつもと違うね」とお嫁さんをほめる時、
式が終わり新郎新婦からお礼の言葉を頂いた時、

挙げればきりがないです。

だけど、人からお礼を言われたり誉められる以外にも、自分で自分を誉めたいとき、ないですか?
どんな仕事でも自分で自分をほめられるくらい真剣に取り組めば「やりがい」を感じられるのでは?と書きながら思いました・・・。

Q失業保険受給の申請前にバイトをしても失業保険は受給できますか?

7月7日に「会社都合」で退職します。「会社都合」なので3ヶ月の待機期間はないと思いますが、(1)失業保険の受給の申請に行くまでに1~2ヶ月短期のバイトをしても、失業保険の受給を受ける事は可能ですか?8月下旬頃手続きに行きたいのですが・・・。
また(2)失業保険受給中に市外に引越しをする予定なのですが、その際は住民票を動かせば引越し先から一番近い職安で受給の手続きをしてもらえるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の追加です。

>それでは退職した後、短期のバイトではなく、派遣で3ヶ月くらいの契約のお仕事、又は長期のバイト(共に雇用保険あり)をしてしまったら、失業保険は受給できないのでしょうか?

バイトでも派遣でも同じことです。
退職後1年間は手続きが出来ます。

1年を経過してしまった場合は、最初の離職票は無効になります。
ただ、次の職場で失業保険に加入していれば、次の職場での離職の日以前1年間に通算して6ケ月以上被保険者期間があると、新たに離職票を発行してもらえぱ、受給資格が出来ます。

Qやりがいのある仕事と、働きやすい会社、どっちをとるべき?

今年の3月末に退社し、今、転職活動中のもうすぐ29才の女性の者です。
今までは、自分の裁量をある程度持って、やりがいのある仕事をやってきました。
しかし、ほとんど毎日終電、時に朝帰り、そして土日の休みもままらなかった為、長く続けていくことやりがいは難しいと考え、転職に至りました。

そして今、
(1)「働きやすいけど、やりがいは多くはない。でも、長く勤めたら、いずれはある程度の裁量を任される。」
(2)「すぐにやりがいある仕事は出来るけど、残業もある程度あり、休みも少なく、大変(以前ほどではないけど)」
どちらが良いのか分からなくなってしまいました。
この転職、後悔はしたくないと考えています。
ある程度の裁量を任されて、仕事で自己実現をしたいと考えている方、アドバイスをください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事に対して、やりがいと自己実現を優先させるのであれば
私なら間違いなく(2)です。
必ず残業が伴うとは限りませんが、仕事に妥協しない以上、
残業を辞さない姿勢は必要だと思います。
外資系企業がこのタイプのような気がします。

(1)はもう少しじっくり人生計画を立てるならよいと思います。
日本企業ならこちらでしょう。
少なくとも数年間実績を残さないと上に上がれない点は残念ですが、
その分体調の回復に努めたり、余暇を自己研鑽に当てられます。
いずれ裁量を任される時までの準備期間と捉えれば納得できます。


質問者さんが何のお仕事をしているかわかりませんので
勝手な推測で回答します。
違ったらスミマセン。

Q今現在、障害者年金を受けています。先々の話しですが、老齢年金の受給はど

今現在、障害者年金を受けています。先々の話しですが、老齢年金の受給はどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

老齢基礎年金=国民年金です。
現在、障害厚生年金を受給中とのこと。2級だと仮定して。
現在の受給額=障害基礎年金+厚生(共済)年金額=792,100+α
だと思います。

65歳になった時、老齢基礎年金=792,100円(40年間納めた場合)に
なります。
つまり、今の障害基礎年金は40年間納めた場合の満額金額なのです。
今後、国民年金をいくら払っても、792,100円以上にはなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報