高校で吹奏楽部をはじめたものです
アルトサックスのド♯の音(何の指も押さずに鳴らす音)がなんか他の音と違うんです
なんか、ベ~ベ~いうというか・・
これは自分だけでしょうか?
あと、ド♯の音が低いです
いつも強くかんでピッチをあわせているのですが、直す方法ありますか?

A 回答 (2件)

こんにちは


>なんか、ベ~ベ~いうというか・・
>これは自分だけでしょうか?

 最近はC#を改善したという超高級なサクソフォーン?(SELMER Serie III Jubileeとか)をお持ちの方以外は、みんな悩んで楽器の調整具合を確かめたり#1さんのアドヴァイスのように運指を工夫して我慢しています(笑)

 他にもある替え指を紹介するURLをご参考に書いておきます。
 ただ替え指が質問者さんの楽器に合うかどうかは判らないので鵜呑みにしないで演奏して確かめてから使って下さいね。

参考URL:http://www.wfg.woodwind.org/sax/sax_alt_1.html
    • good
    • 1

全解放の指使いの音が安定しないのは、木管楽器の宿命です。


自助努力で何とかするしかありません。

とりあえず、左手薬指のキーとオクターブキーを同時に押してみて下さい。
これで多少はピッチが上がると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフルートの楽譜をアルトサックスの楽譜に移調する

よろしくお願いします。
私は、アルトサックスを個人レッスンのサックス教室で習ってます。
葉加瀬太郎さんのエトピリカをアルトサックスで吹きたいと思い、楽譜を探したのですが見つからずフルート用が見つかっりました。
このままじゃ吹けないだろうと思い(このときはあまり移調について詳しくなく理解はしてませんでした。)先生にレッスンの時相談しました。
先生に楽譜を見せると、♯を3つ増やして音符を1段下げれば良いと教えていただきました。
先生に教えてもらった通り移調しました。
ただ、アルトサックス用の楽譜が見つからない度に先生に相談するのもあれだからと思い移調楽器入門と言う音楽之友社の本を買って移調の勉強することにしました。
そこで質問なんですが
本によると実音(フルート)からE♭(アルトサックス)への移調は長6度高くするとなってます。
先生は短3度低くするように言われてます。
何故ですか?
確かにエトピリカの楽譜を長6度高くしたら、アルトサックスでは吹けない音になるのでそこら辺の兼ね合いで先生が調整してくれたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
#1の補足です。
>移調楽器入門を読み進めると『代理楽器を選ぶ原則』として

 伊藤先生のこの本は、吹奏楽や管弦楽の演奏または編曲の際、とかく煩わしいとされている移調の方法を実用面から分かりやすく述べた本で、吹奏楽や管弦楽の指導に携わっている方々、編曲されている方々、音楽を勉強されている方々が、スコア・リーディ ングやスコア・リングのとき実際にすぐ役立つように企画されたとあります。

 なので『代理楽器を選ぶ原則』は、『〔5〕不足楽器を補うための具体的な方法』の一部であって、既にアンサンブルとして決められた複数の楽器群の一部の楽器が無い場合にどの楽器に代役をやらせたら妥当かの記述です。

 もちろんピアノ伴奏のソロ曲であってもオリジナルと全く同じであるのが理想ですが、サクソフォーンやクラリネットののように比較的新しい楽器は、ソロ曲も少ないですし歌曲(文部省唱歌とか童謡とか)は元々無いわけですからレパートリーを増やして楽器の魅力を伝える意味においては『代理楽器を選ぶ原則』は無視して構わないと思いますよ。

 でないとバイオリン協奏曲をビオラで弾いてしまうとかチェロのソロ曲をコントラベースで弾いてしまうとか有ってはならないことになりますが、それはそれで味があるではありませんか(^^;

 ちなみに葉加瀬太郎作曲のエトピリカ(Etupirka)は、ヴァイオリンとバンドネオンをフィーチャーした曲だったはずで、すでにフルート用に編曲されているその楽譜のソロパートを移調してフルートの代わりにアルトサックスで吹いても問題ないでしょう(^^)
P.S.
 出版したりお金を取る演奏会で使用するなら著作権法を遵守しなければなりません。

こんにちは
#1の補足です。
>移調楽器入門を読み進めると『代理楽器を選ぶ原則』として

 伊藤先生のこの本は、吹奏楽や管弦楽の演奏または編曲の際、とかく煩わしいとされている移調の方法を実用面から分かりやすく述べた本で、吹奏楽や管弦楽の指導に携わっている方々、編曲されている方々、音楽を勉強されている方々が、スコア・リーディ ングやスコア・リングのとき実際にすぐ役立つように企画されたとあります。

 なので『代理楽器を選ぶ原則』は、『〔5〕不足楽器を補うための具体的な方法』の一部で...続きを読む

Q吹奏楽でアルトサックスやってる高校1年生です。

吹奏楽でアルトサックスやってる高校1年生です。

私は管楽器専攻で音大に行きたいと考えているのですが
将来プレイヤーになれる人は
かなり少ないですか?

あと、ディズニーランドで演奏しているプレイヤーさんにひそかに憧れているんですが
どうやったらなれるのでしょうか?

Aベストアンサー

私は高校で、吹奏楽をやって居ましたが、音大は行きませんでしたが、自衛隊音楽隊からは誘いが有りました≪その時に目指していた職業が有ったのでお断りしましたが≫
今考えたらもったいなかった
名前が売れている演奏者は少ないですが、
演奏できる所は、以外と有りますよ≪ただディズニーランドを含めて求人が少ないですね≫
例えば各県警や、消防署でも音楽隊を持っています
ディズニーランドに関しては、オリエンタルランドと言う所が運営していますので、調べてみてはいかがですか?≪当然審査は有ると思いますが≫

Qピアノ用の楽譜でアルトサックスで吹くには

ピアノ用の楽譜で、ピアノではなくアルトサックスで吹くには
どうしたらいいんですか?

アルトサックスで吹いてみたんですが、微妙に音が違うので

どうすればいいのか質問しました。

ピアノ用の楽譜でアルトサックスを吹くことはできないんでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アルト・サックスはE♭管なので、実音(ピアノ等がこれに当たる)より長6度高く記譜されます。

どういうことかと言うと、アルトサックス譜で五線内の「ド」だと認識している音が、実際はそのピアノ譜の五線内の「ミ♭」と同じ音になっているということです。
逆に言うと、ピアノ譜の「ミ♭」を「ド」と読む、もしくは「ミ」なら「ド♯」と読んでアルトサックスを演奏すれば、いつも通りの結果が得られると思います。

例えば、ピアノ(実音)の「ドレミファソラシド」は、アルトサックスで「ラシド♯ レミファ♯ ソ♯ ラ」になることをまず基本として考えて、ピアノ譜のどの音に♭や♯が付いているかで、サックスをどう演奏するかを判断する必要があります。
もしピアノ譜が変ロ長調(「シ」だけに♭が付いてる)なら、アルトサックスはこの「ラシド♯ レミファ♯ ソ♯ ラ」のうちの「ソ♯」だけを「ソ」にして奏でる・・・そんな感じです。

Qテナーサックスとアルトサックスでアンサンブル

私はテナーサックスを習い始めて半年くらいなのですが、あと数ヶ月したら、クラス全員で発表会に出たいと考えています。そこで演奏する曲として何がいいのか悩んでいます。できれば、先生に頼らず、自分たちでやりたい曲ができればなあと思っていまして、質問させていただきました。ちなみに私のクラスはテナー3本、アルト2本の編成で、中学生と高校生が一人ずつ含まれています。子供がいるのでジャズの定番はいかがなものかなと思ってますし、何よりまだまだレベルは低いので、選択肢は限られています。そこで、テナーサックスとアルトサックスでアンサンブルでき、楽譜が手に入り、割と簡単で、明るめの楽しい曲を知っていましたら、教えてください。すごいわがまま言って申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サックス吹いて○年のアマチュア奏者です。
テナー3、アルト2の5重奏ですよね?
デュエットやトリオの曲を5人で吹くのとは違うのですよね?

うーん…その編成ですと、選択肢は非常に限られると思います。
一番手っ取り早いのが、何か適当な5重奏の楽譜を買ってきて、移調することだと思うのですが…もちろん、テナーとアルトで音域をカバーできる曲の。
ねらい目はリコーダーの5重奏曲です。
リコードーの音域はサックスより狭いので、楽譜に書かれている音域がテナーとアルトでカバーできる可能性が高いです。

もし移調が無理なら、YAMAHAか山野楽器(いずれも銀座店)の楽譜売り場に電話をして、「テナー3、アルト2の『サックス』5重奏の楽譜はありますか?」と聞いてしまった方がいいと思います。
この編成は、滅多にないでしょうから。

Qアルトサックスのドイツ音名と実音

アルトサックスの初心者ですが、アルトサックスのべーはソですよね
で、アルトサックスでソを吹いているときにでている音がピアノでシ♭を押したときにでた音らしいですが
ハーモニーとかでキーボードを使ってアルトサックスのソ(ベー)を合わすときはキーボードでシ♭を押すんですか?

また、アルトサックスでだすドレミはピアノでだすドレミとと違いますよね
でも、アルトのドレミの音でピアノのドレミを押して曲を弾いても違和感なく曲が更けるんですが、ドをシ♭におきかえないでもいいんですか?

Aベストアンサー

こんにちは
>でも、アルトのドレミの音でピアノのドレミを押して曲を弾いても違和感なく曲が更けるんですが、ドをシ♭におきかえないでもいいんですか?

 質問者さんが違和感がないと感じるのはたまたま質問者さんが気持ちよく感じるハモりになっているからで楽譜通りの音が出ているわけではありませんね。
 ピアノ:ドレミ
 アルト:ドレミ(ピアノだとオクターブ下のミ♭、ファ、ソ)


 楽譜通り、つまりピアノのような実音楽器と同じ音で演奏する(ユニゾン)ときは、実音楽器の楽譜から移調楽器への楽譜の音符を置き換える(移調)ことは必須です。

Qテナーサックスの楽譜をアルトサックスで演奏

バンドを組もう、という話になり私はアルトサックスの担当になりました。
しかし練習する曲にはアルトサックスの譜面がなく、テナーサックスのパートをアルトで吹くことに。
けれどテナーはbで、アルトはEじゃないですか?なのでそのままではいけないのはわかります。が、自力で音を変えてみたけれどやはりどこかずれてしまい。。。
CDを聞きながら耳で探すのがいいのかも知れませんが私はそれは苦手で。。。楽譜を見て吹くのは割りとすぐにできるのですが(><)

テナーの譜面をアルトで演奏する際どのように音を変えたらいいのでしょう?わかる方、回答お願いします。

Aベストアンサー

前の方のように考えるのも一つの方法ですね。
テナー用からアルト用へ直接変える方法は次のとおりです。
1、調号を変える。
♭系なら♭を一つ減らす。♯系なら♯を一つ増やす。
ハ長調なら♯を一つ付ける。
2、音を変える。
例えば、ドはソにします。レはラにします。
3、臨時記号を付けます。
テナーの楽譜に臨時記号が付いていたら、その音に臨時記号を付けます。半音上がっていたら半音上げるなど。

Qアルトサックスとギターが競演できる楽譜を探してます。

アルトサックスとギターが競演できる楽譜を探してます。
アルトサックスの楽譜をいろいろ見ましたが、楽譜に記載されているコード進行はE♭で書かれていて、Cの楽器であるギターとは合奏できない物でした。
つまり、E♭とCが1セットになった楽譜を探してます。
自分で移調すればいいのですが、それが面倒なのでどこかで購入できないでしょうか?
ジャンルはJ-POPです。

どなたか知っている方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

先の例はほんの一例でです。
ピアノ伴奏譜付き、コードネーム付き等、各種あります。
楽譜類の豊富な大型楽器店で手にとって見ることが効果的です。

Q昔のドと、今のドは同じ音?

音楽を専門に習ってないので恥ずかしいですが、以前から素朴な疑問をもっていたので、教えて下さい。

例えば、「ハ長調のド」 の周波数は一秒間に何ヘルツって決まっていると思うんですね、自分的には。 

今だったら、音響機器なんかでイッパツで分かると思うのですが、さて、100年前とか200年前の、機器なんか何もない時代に、ハ長調の「ド」 って、当時どうやって正しい音になっているか、調べたのでしょうか?

楽譜は現存していますが、「音」 としては現在と全く同じ音程なんでしょうか?  また、録音テープなどで残ってない今、それを科学的・物理的に証明はできるんでしょうか?

もし、微妙に違うのであれば、ベートーベンとかバッハみたいな大昔の曲なんて、本当は当時全然違うメロディーになっていた可能性ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

1939年に国際標準ピッチとしてA=440Hzとされただけで、他の音は特に決まってませんし、
別にA=440Hzでなくどんな音でもいいわけです。
今もA=442Hzとして調整、作成されている楽器の方が多いかも知れません。

実際、ピアノのような音程が自由にならない楽器で無い場合は、音程は時と場合によって変化しています。
ですから、微妙な差ということであれば、現在でも奏者ごとにあると思っていいと思います。
音程は、何Hzと決まっているからその高さで出すのではなく、演奏者が相応しい音程で出すものですから。

ピッチは以前は一般的には低かったとされていますが、
高い場合もあったようです。
実際、現在の演奏で、比較的知られているバロックピッチ 415Hzの他に、
392Hzのベルサイユピッチ,466Hzのルネサンスピッチというのもあります。

また、A=440Hzとした場合でもCのピッチの決め方はいくらでもあります。
例えば機械的に完全に均等に割り振るとすれば決まりますが、
これは一つの割り振り方に過ぎません。(12平均律)
詳しいことは「音律」について調べるといろいろと出てきます。

>もし、微妙に違うのであれば、ベートーベンとかバッハみたいな大昔の曲なんて、本当は当時全然違うメロディーになっていた可能性ってあるんでしょうか?

バッハなら比較的新しい時代です(笑)
この辺なら楽譜だけでなく、いろいろと楽器やら本やらがありますので、わりとよくわかるようです。
この時代は今で言う古典調律(ヴェルクマイスター、ミーントーン等)が一般的なため、微妙に違うのはたしかですが、
微妙ですのでメロディーが全然違うようには聞こえないでしょう。
そういえば、よく信号機や清掃車が調子外れの不快な音程で曲を流してますが、あれよりははるかにずっと微妙な違いです。

あと、管楽器やパイプオルガン等空気を直接使う楽器は大きさで音程が決まるため、
楽器や図面がが残っていればピッチはわかります。

ピアノや弦楽器は弦の種類や張る強さによってピッチが変わる為そうはいきませんが。

1939年に国際標準ピッチとしてA=440Hzとされただけで、他の音は特に決まってませんし、
別にA=440Hzでなくどんな音でもいいわけです。
今もA=442Hzとして調整、作成されている楽器の方が多いかも知れません。

実際、ピアノのような音程が自由にならない楽器で無い場合は、音程は時と場合によって変化しています。
ですから、微妙な差ということであれば、現在でも奏者ごとにあると思っていいと思います。
音程は、何Hzと決まっているからその高さで出すのではなく、演奏者が相応しい音程で出すものですから...続きを読む

Q独学でアルトサックス

高1の男子です。
バンドや趣味程度でアルトサックスが吹けるといいなと思い、アルトサックスを買おうと思っています。

しかし、ヤマハ等に通う時間もお金もないので独学で練習しようと思っています。

音楽経験は、ピアノを9年間(今もやってます)、吹奏楽(中学は打楽器、フルート。高校はユーフォニウム)を経験しています。

やっぱり楽器を使うときは音楽教室に通ったほうがいいのでしょうか?
でも、ピアノも習っているので教室代が…。 不景気ですのでw

趣味程度なので独学でも大丈夫でしょうか? また、独学でやるとしたら、オススメのサイトやら教本があったら教えていただくとうれしいです。

Aベストアンサー

#1です。

ギターはそれなりに弾けたのにバイオリンが弾けないのは

ピアノもギターも音を出すためには最初の瞬間
ピアノなら鍵盤を押した瞬間、ギターなら弦をはじいた瞬間が
重要であるが、バイオリンは弓を継続的に動かす必要があることが
感覚的に異なるのが大きい様な気がします。

ギターのチョーキングやビブラートは左手のみに
気を使えばいいのですが、バイオリンのビブラートは
弓を動かしながら行わなければならないので
そこで挫折?してます(笑)
それと弓のストロークもギターのピッキングとは
まるで異なりますし・・・

アルトサックスはE♭管であること以外は
なんとかなりそうです。
ちなみに自分は、トランペットとフルートは
音が出せませんでしたが、サックスは出せました。

いつかはアルトサックスもやりたいと思いますが
今のところはそこまで手が回らないです・・・

Q♯ドは♭レよりも高い??

質問No.1665245の回答についてわからないことがあり、教えてください。
♯ドは♭レよりも高くあるべきだ。との主張がありましたが、私にはこれがわかりません。
たとえばハ長調の曲で、臨時記号として♭ミをCmolの第三音として使う場合、純正調的な響きを求めるなら「高く」あるべきです。
また、Ddurにおける♯ファは、同様の理由で「低く」あるべきで、これが♭ソよりも高いとはとうてい思えません。
私は、曲の流れのその時々で状況は違ってくるので、一般的な話として「♯は音の真ん中ではなくやや高め、♭はやや低め」だと言う主張は間違いだと思うのですが、もし一般的にこれが言えるとすれば、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

「#ドは♭レよりも高い」というのは,ピタゴラス音律での話だと思います。

ピタゴラス音律というのは,五度が純正(周波数比2:3)となるように音をとっていく音律です。旋律はこの音律を用いて演奏すると心地よい,とされています。

各半音の音程は,次のように計算されます。
・ドから周波数を3/2倍していき,#シがあらわれるまで続ける
・ドから周波数を2/3倍していき,♭♭レがあらわれるまで続ける

この計算結果を,等分平均律での半音を100セント,という表示方法を用いて示すと,

・♭レはドから2/3を5回かけると表れます。セント表示では90.225
・#ドはドから3/2を7回かけると表れます。セント表示では113.685

となり,#ドは♭レよりも高い,という事になります。その他の音の場合も,常に「#nは♭(n+1)よりも高い」となります。これは,平均律の五度音程よりも純正の五度音程の方が約2セント広いことが原因です。

ただ,もちろんのこと,どの音律を用いて演奏するかは一律でないですし,おっしゃるとおり,純正律ならば調性によって音程が変動しますから,「常に#ドは♭レよりも高い」とは到底言えないと思います。

こんにちは。

「#ドは♭レよりも高い」というのは,ピタゴラス音律での話だと思います。

ピタゴラス音律というのは,五度が純正(周波数比2:3)となるように音をとっていく音律です。旋律はこの音律を用いて演奏すると心地よい,とされています。

各半音の音程は,次のように計算されます。
・ドから周波数を3/2倍していき,#シがあらわれるまで続ける
・ドから周波数を2/3倍していき,♭♭レがあらわれるまで続ける

この計算結果を,等分平均律での半音を100セント,という表示方法を用いて示すと,...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング