今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建材は優秀だから
問題無い」と言われました。

(1)ネットで調べると、外壁が"木造の場合"は耐久性の観点から
「最低でも60cmが望ましい」と書かれておりましたが建築会社の
言う通りサイディングの場合は25cmでも大丈夫という事なのでしょうか?

(2)知人の大工も「最低でも60cm。意匠なんかどーでも良いから軒を出せ」と
言われましたが「意匠はどーでも良い」とも思えないため悩んでおります。
機能性だけでなく意匠も考慮した場合、何cm位の軒の出がバランス良いと思われますか?

『屋根勾配について』
(3)スレート(コロニアル)のメーカー推奨が3.5寸以上となっており、建築会社も
3.5寸が良いと言っていますが、3.5寸「以上」と言う事は、以前に別の方が
仰っていた通り4寸勾配にしておいた方が良いものなのでしょうか?

大変お手数ですが、ご教授頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

軒は長いほど良いと思います。


私が以前建てた家はコロニアルで1尺でした。
日当たりが良く南面は全て大きな掃き出しでした。
夏は地獄のような家でした。
夏は家に入ると温室のように暑かったです。
紫外線により10年で床板は傷みました。
今は瓦屋根の古い中古住宅で2尺です。
夏も涼しく外から入ると締め切っていてもひんやりしています。
冬の日差しを確保するより、夏の日差しをさえぎる事の方が重要だと思います。
日本の家は夏向きが良いと言います。
理想の軒の長さは、軒から窓の下端までの高さの1/3が良いだったと思います。
夏の日差しをさえぎり、冬の日の入る長さです。
冬の日を入れることより、夏の日を遮るちょうど良い長さだと思います。
私の家は2尺ですが、庇が低いため1/3になっています。
当然家の中は少し暗いです。
屋根の勾配もきついほど良いと思います。
天井裏も大きくなります。
汚れも雨で流れますし、良い事はあっても悪い事は無いのでは。
安く建てたコロニアルの家は暑いですよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。

<<コロニアルで1尺=温室のように暑い+床が傷む=地獄のような家
見事なコンボで実に分かりやすい例えだと思いました(笑)
やはり経験談は説得力が違いますね。自身が灼熱地獄に置かれた
状況が想像出来ました。2Fリビングなので特に恐ろしいです。

<<2尺で窓の1/3=冬の日は入るが=家の中は少し暗い=でも夏涼しい
「窓の1/3が良い」は複雑な計算を要さず、基準としてとても分かり
易いので非常に助かります。天井高2400mm-床立ち上がりと天井から
窓までが各300mm、窓は1,800なので1800÷1/3=600mmって事ですね!
床立ち上がりがある分さらに床への直射日光が遮られる事を考えると、
600mmあればそこそこ涼しくなる(断熱性能は別として)のかなと
答えに近付けた気がします。

<<安く建てたコロニアルの家は暑いですよ。
ご推察の通り、ローコスト住宅のコロニアルです。
やはりそうですか。壁断熱10K-75mm-GW、天井断熱10K-100mm-GW、
「断熱性能は充分ですよ」と言われていますが、全く安心出来ない
仕様だとは思っていました。
西側にエコカラットとダウンライトを配して、シャレた感じにしながら
窓を無くす西日対策で少しでも暑くならないようになれば良いな~なんて考えてます。

西側断熱材と天井断熱材だけでも強化したいところなのですが、
従来からのグラスウール不足+震災の影響で断熱材が入手出来ないなんて
話がそこかしこに溢れているので何とも言えませんが…。

とても分かりやすい例で丁寧にご教授頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 00:08

我が家は木造軸組、切り妻屋根の洋風建築です。



屋根勾配は屋根材の指定範囲に収めれば問題ありません。我が家の屋根材はオークリッジプロ(ファイバーシングル)で、4/10(4寸勾配)にしました。雨漏りという点からはもっときつい方が良いのかもしれませんが、これ以上勾配がきついと屋根を点検する際ににつらいかな、と思ったためです。

3.5寸より4寸をお奨めします。


また軒の出は1,200mm(4尺)としました。理由は、
・夏場の強い日射を室内に侵入させないため(冬場は太陽が低いため十分室内に光が入ります)
・外壁・窓への雨のかかりを極力避けるため(1Fは駄目ですけど)
・ベランダのぬれを極力避けるため
です。

最近は、デザイン上の問題か、材料をケチるためかわかりませんが、軒の出がほとんどない家、少ない家が多いようです。

我が家は時代に逆らい実利を取りました。デザイン上も全く違和感ありません。設計力の問題だと思います。

ネットや知人の大工さんが言うように、最低600mm(可能であれば900mm)の軒の出をお奨めします。

ただ、軒を長くする際の注意事項としては、軒の出が長いと台風などの強風時に屋根にかかる力がかなり大きくなります。しっかりした垂木/桁を用いることと、ハリケーンタイ(あおり止め金具)を全ての垂木に施工させるようにする必要があります。
我が家では、ツーバイ用のハリケーンタイを用い、全ての垂木に対してハリケーンタイで桁としっかり結合させるように指示しました。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

tkofjiさんは1,200mm(4尺)との事、軒長いですねぇ~。
それだけあると洗濯物を干していて突然のにわか雨に
降られても大丈夫そうですし、ベランダが汚れにくそうで
良いですね。

改めてお伺いしたいのですが、軒を長くすると良い点は
皆様からもご教授頂き、身に染みて理解できたのですが、
tkofjiさんが1200mmで感じたデメリットはございますでしょうか?
私の場合に現状で考えると600~ベランダが900mmなので最大900mmに
しようと考え出しているのですが「夏の陽射しが防げる代わり常に
部屋が暗くなる」などを恐れております。

周辺家屋との距離などの状況によって異なるとは思うのですが、
いかがでしょうか?

補足日時:2011/04/12 19:08
    • good
    • 7

うちは寄せ棟4寸勾配、軒は50cmですね。


もう少し出したかったのですが、道路斜線の関係もあり無理でした。
耐久性よりも、真夏の太陽光を遮りたかったのが理由の一番ですね。
昔の木材で囲まれた家ではないですから、雨の降り込みに関してはさほど気にしなくても良いとは思いますが。

ハウスメーカーからは、50cmなら許容範囲かなぁって話しでしたけど実際に夏を経験して、やはりもう少し出せたらなと思いましたね。

真夏の太陽光を遮るには、60cm以上、出来れば90cm程度が良いって言われました。
冬は太陽の南中高度が下がる為、太陽光は入って来ますしね。

スレートの場合、4~5寸くらいが多いです。
緩勾配ですと水切りも悪く、横風の強いような雨の時は、雨が逆に昇ってしまい、雨漏りにもしやすくなります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答を頂きありがとうございます。

<<真夏の太陽光を遮るには、60cm以上、出来れば90cm程度が良い
出来れば90cmも出すと良いんですね。元から言われていたのが
25cmで殆ど無いに等しい状態であったため、その差が大きくなる程、
元々の25cmは何だったんだと思ってしまいます。

感覚的に水は下に落ちるものだと思っており、横風のことなど
まるで考えていませんでした。が、確かに仰る通り日々風は
吹いていますし、強い日もちょこちょこ無きにしもあらず…。
その度に不安な思いをするよりは安心出来る勾配が良さそうですね。

経験談を交えて丁寧にご教授頂き、ありがとうございます。
とても分かりやすく理解できました。

お礼日時:2011/04/12 18:36

雨水が素直に流れているうちはいいのです。

汚れ、コケ、ことに切妻のけらばなどは水の流れが素直にさっと流れきってくれない傾向があります。
屋根勾配は緩ければゆるいほど屋根面積は少ないのでお安いです。軒のでもないほうが屋根面積は小さいです。どうも、けちな建築会社であると感じてしまいます。

4寸以上は絶対ほしいです。4寸でも痛んだけらばを見たこともあります。
推奨が3.5ではありませんよ。最小勾配が3.5以上なんです。最低の勾配ということです。

長ければ長いほうがいいですが垂木が小さいと風に持っていかれます。
5~60センチはほんとにほしいですね。25センチでは軒裏もないどころか小屋裏換気も取るのか怪しいですね。妻から取るのか、軒先換気金物でも使うのかそのあたりも確認してくださいね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

kei1966さんには以前にもご教授頂き、助けて頂きました。
今回もご丁寧にご回答を頂きありがとうございます。

やはり"最低3.5寸"なんですね。
そして長ければ長い程良いが、垂木が小さいと風で持っていかれるとの事。
垂木のサイズや換気器具を付ける位置も確認する必要があるんですね。

いつも丁寧にご教授を頂き、本当にありがとうございます。
非常に助かっております。

お礼日時:2011/04/12 11:57

軒の出で悩んでいるようですが600以上は絶対に確保しましょう。


建材がよくなっているからなんて話にならない言い訳です。
屋根の勾配も4寸でいいと思います。(もっとあってもいいと思います。)

切り妻屋根の衣装からいくと軒の出もさることながら妻の出も確認してきましょう!
軒の出が浅いということは妻側も浅いということでしょう。

また600という寸法もどこからどこかも確認しておくとよいでしょう。桁に芯から直線で250ということになると見た目ではほとんど軒の出はないのでは・・・。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

<<軒出600mm以上は絶対確保、建材が良くなってるからは話にならない
やはり600"以上"と言われる程、軒の長さは重要なのですね。

<<屋根勾配も4寸で良い(もっとあっても良い)
勾配が強いことのデメリットはコストアップと建物の見た目が
「おでこが広いような状態?」になることぐらいでしょうか?

<<桁に芯から直線で250ということになると見た目では殆ど軒の出はないのでは…。
そうなんです。この建築会社の建てた家は大抵ガルバリウム0.5寸勾配屋根の
BOX形状でした。私も元は意匠的にBOX形状を望んでおりましたが、ガルバリウム
屋根の伝道熱暑さや雨音、軒無しのデメリットを知り、スレートで勾配を設け、
軒を出さなくては…と考えるようになりました。

建築会社との会話は節々から「軒が長い家=古臭くてダサい家」的な考えを持って
いる事が強く感じられます。また、相談すると何につけても「クレームが無いから大丈夫」
しか言わないので論理的な説明が無く、到底納得(安心)出来ないのです。

皆さんに相談し、やはり「クレームが無いから大丈夫」ではない事が分かりました。
クレームにはならないかもしれませんが、十年後の建物劣化あたりで施主は後悔して
いるかもしれない……と勝手に想像してしまいます。

ご回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 00:21

#2です


尺5 尺5寸 45cmです

なお軒の出を大きくすれば、その分屋根の面積が増えます
それだけ費用が増加します、このことを失念なされないように
    • good
    • 3
この回答へのお礼

尺5寸=1尺5寸ですね。完全に読み違えていました。
面積増加=費用増加 なるほどです。
イニシャルの費用増加もさることながら、ランニングの
費用増加が一番恐ろしいので併せて考えたいと思います。

どうもありがとうございます。

お礼日時:2011/04/11 23:49

i家のデザインは勾配とか軒出などをそれぞれ単独で決めるものではなく、何風の意匠にするのか、梁間や桁行はどうなのかなどをはじめとして色々な要素が絡んで決めるものだとはご存知だと思います。



近年は何とかハウスなどが各社独自の統一的デザインで客の希望を聞くまでもなく社内で決めてしまっている事が多く、それ以外を施主が希望する際には色々とそれらしい理由を付けて避ける傾向があると思います。

その傾向が強い会社ではないでしょうね。建築会社も千差万別です。

「屋根も軒も4寸が理想的」
うーん、何をもって理想だと判断されたのでしょうか。余りに単純化した考え方のような気もします。コロニアルが発売された当初は緩勾配に強いから3寸でも良いと言われていたと思いますが、屋根材はコロニアルを使うのだと限定するなら最低3.5寸ですが4寸以上なら問題はあまりないでしょう。下地防水ルーフィングの問題も釘穴の問題もあります。何かを決める時に、ある一つを持ち出してそれがあるから大丈夫と言ってしまうのは後々に問題に出くわす事がありますから何にしてもじっくり検討して下さい。軒出は外壁材が確かに向上して来てはいますが、それだけの問題ではありません。窓やテラス戸の庇が深くないと雨が降り込みやすいので、それへの考慮が十分でないなら60センチから90センチ欲しいです。「25センチでも十分」と言う判断は私ならしません。外気を遮断するのが当たり前のビルなら別ですが、自然を感じながらの生活を希望するなら雨の多い日本で軒出を確保するのはごく自然の事です。60センチから90センチと申し上げましたが、ご質問(2)のバランスを問われるならば設計図を見なければ自信を持った事は申し上げられません。また軒出だけでなくケラバ出も要チェックです。

それらの決定には、予算配分の問題も無視出来ません。予算が決まっていて融通が利かないなら如何に軽いコロニアルでも80センチも出せば垂木の太さ(立ち上がり寸法)と間隔と言う、予算総額に直結する問題に突き当たります。

ご質問者さんから見ればはっきりしない回答だと思われるかもしれませんが、今週末とは切羽詰まらされていますね。ペースにはまってしまっているのでは?。家はそれこそ全体のバランスと予算です。もう少し加えるなら発注者家族の生活スタイルがどう設計に反映されるかです。

少し余分な事を申し上げました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧にご回答頂き、ありがとうございます。

ケラバ出…について検索しました。
妻側の出っ張りをケラバ出と呼ぶんですね。初めて知りました。

そして、軒を出せば垂木の太さや間隔にも気を付けなければ
いけないなどは知りませんでした。理屈で考えればなるほどです。

<<少し余分な事を申し上げました。
とんでもないです。苦言を呈して頂けるのも非常に有り難いこと
だと感じます。仰る通り、急いでも慌てずに判断したいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 23:47

日本では軒の出は2尺は欲しいですね


前の家は3尺 今は尺5です、耐久性は問題ないのかもしれませんが使い勝手はできれば3尺欲しい状況です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答頂き、誠にありがとうございます。

>>日本では軒の出は2尺は欲しいですね
やはり600mm位は必要ということですね。

>>今は尺5です
っ!!ってことは1515mmですか?!
それだけ長くても冬の日差しってものは
入るってことですか・・・。

夏の日差し角度、冬の日差し角度を元に
直射日光が窓から室内に入る角度を計算
する?日射取得係数なるものがあると
発見しましたが、計算式が複雑で素人には
難しそうです・・・。

設計士に言えば計算して貰えるものなんですかねぇ。

ご返答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 20:36

屋根勾配は北側斜線とかもんだいなければ4寸にできるならそうしたほうがいいと思います。


軒の出は最近の家は短いものもいくらでもあります。25cmというのはほとんど雨除けの効果はないですね。
確かに最近の建材は大丈夫なのかもしれませんが、夏場の陽射しなど考えると60cmくらいはとりたいですね。
古いと言われるかもしれませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご回答を頂き、ありがとうございます。

<<夏場の陽射しを考えると60cm~
2階リビングでただでさえ1階リビングと比較するとやはり
暑いのでしょうから、夏場の陽射しは非常に気になるところです。
やはり軒の出は60cm位はとった方が良いのですね。
この「軒短い=新しい、軒長い=古臭い」みたいなのは
何なんでしょうね。流行りですかね…。

皆さん家を建てる際に修繕費までローン計算に組み込んでいる
ものなんでしょうかね。。。
意匠がどうでもよいとは思いませんが、こまめにメンテナンス
する程の費用を捻出する余裕があったら、少しでも繰り上げ
返済したいなんて正直考えてしまいます。

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 20:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q装飾幕板、カラートリム、カラー出隅の施工例

装飾幕板、カラートリム、カラー出隅の施工例の画像を探しております。

現在新築中で、外壁はニチハのサイディングを考えています。
ニチハのショールームには行ったのですが、その時点では外壁のみ
見学して、その後に上記の装飾部材を使用してみたらどんな感じになるのか、と思ったのです。

ニチハのHPにも施工例はほとんど載ってないし、外壁で東京のショールームに行った時も外壁の施工例自体もひとつもない有様で期待できません。

どなたかニチハの装飾部材の施工例を知っている方いませんか。
画像などで見れるとありがたいです。
またはニチハ以外でも参考にしてみたいので情報ありましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

1です。

こちらは「トステム」ですが結構楽しくシミュレーションできますよ。
(ニチハでもあれば良いのですが。)
http://www.tostem.co.jp/iedukuri/simulation/genkan_gaiheki/

下記は「旭トステム」(トステムと旭ガラスが提携した会社かな)です。
切妻屋根のbefore画面があり適当にクリックされますと7種類のafter画面を見る事ができます。
ただ7種類の似た様な幕板や付け柱が変わるだけですがそれなりに面白い試みかと思われました。
http://www.asahitostem.co.jp/#(右3段目の「デザインパーツ施工イメージ集」をクリックして下さい)

>photoshopでそれぞれ合成してみてもいまいちピンと来ないのです。
同様に「いまいち」の感そしれませんが一助となる事をお祈り致します。

末端であれ仕事柄か真剣に家に取り組む方には応援したくなりますね。
家を建てる事はいろんな意味で難しいものですからねえ。

Qパナホームの屋根勾配って、何寸勾配ですか?4寸?4.5寸?5寸?

パナホームの屋根勾配って、何寸勾配ですか?4寸?4.5寸?5寸?

Aベストアンサー

えっ?決まってるんですか?

Q施工例 「T邸」「M邸」?

建設・建築関係及び広告関係の方々にお尋ねいたします。
私は細々と特殊な浴室、浴槽の製作・施工を行って生計を立てているものです。
故に不特定のお客様方にウェブページやカタログを使ってその施工例、
製作例を紹介することが営業の一環です。製作例は問題ないのですが問題は施工例です。
よく建築雑誌などで施工例やデザインなどを写真を使って紹介する時に
「T邸」「M邸」などイニシャルを使っていますが、あれはお施主さんが
実名を出さないことを条件に写真の掲載を許可したものなのでしょうか?
それともお施主様には一切許可なく写真を掲載しているのでしょうか?
推測するにお施主様に無許可でウェブページやカタログへの掲載をすると
いうことはなんぞ違法行為になると思うのですが…
仮に許可をとるとしてお施主様は簡単に許可してくれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

建築業界で仕事をしている者です。

許可なく掲載することはあり得ないと思います。

広告として利用することを条件として一般より安く施工する例がほとんどのような気がしますよ。

工務店の会社関係の方が自分の住宅を新築する場合にモデル住宅として公開するケースも多くみられますよ。

新建材のモデルケースなどを撮影しているのを見たことがありますが、だいたいは工務店の社長宅であったり取引先の関係者であったりします。

しかしながら一般の方でも広告に出すことに関しては問題ないと思いますが。 綺麗に撮影してもらって広告に載って喜んでいる方々もおられるので。

Q軒なしの屋根および屋根の傾斜角度

新築木造2階建てを設計中ですが、
1.
設計事務所より、コロニアルで軒なしの屋根を提案されました。縦の雨樋と屋根周りの樋の接続がすっきりするとのことです。基本的にはデザインの好みによるものでしょうが、耐雨風等、機能的に軒なし屋根というものは問題はないのでしょうか?なお、各窓には庇をつけようと思っています。

2.
屋根の傾斜角度を10:4で提案されました。もっと鋭角にして山小屋風の家を思案していたのですが、この傾斜だと足場が不要となりコストが抑えられるとのことでした。その通りなのでしょうか?

Aベストアンサー

 コスト面から判断すれば軒の出が無いと屋根面積や屋根下地造作・軒裏工事が発生しませんので、かなりコストダウンが図れます。また、屋根勾配の件も6寸勾配(10:6)以下であれば屋根足場が不要になり、仮設工事費が安価になると同時に、屋根葺き材の施工費も割安になります。これらの事からコスト面で言えば、随分メリットがあると判断されて良いと思います。
 専門家として、注意しなければならない点は屋根面の通気工法です。通常、軒の出のある建築物は軒裏から空気を取り入れ、棟部分に換気金物を設置しそこから排気させます。これによって屋根面の熱気や湿気を屋根に篭らないようにします。屋根裏(小屋裏)の排熱も同様にして、夏場の熱気が室内に射熱しなようにします。軒の出が無いという事は、空気の取り入れ口の施工を工夫しないと、漏水の原因となってしまいますし、通気工法をしなければ、暑い家になるのと同時に屋根面に篭った湿気で木材が傷み、耐久性の悪い家になってしまいます。壁面や屋根面の結露を防ぐ為には、換気を促すしくみは重要です。外壁の耐候性にも依りますが、軒の無い家の外壁は色褪せも早くなると思われます。しかし、軒が無い分、屋根のメンテナンスが安価で済みますので、定期的に塗装等施せば、問題無いかと思われます。ご依頼の設計事務所さんに屋根&屋根裏の排気について確認されて、納得された上で承諾される事をお勧めいたします。
 最後になりますが、新築おめでとうございます。(まだ早いかな?)

 コスト面から判断すれば軒の出が無いと屋根面積や屋根下地造作・軒裏工事が発生しませんので、かなりコストダウンが図れます。また、屋根勾配の件も6寸勾配(10:6)以下であれば屋根足場が不要になり、仮設工事費が安価になると同時に、屋根葺き材の施工費も割安になります。これらの事からコスト面で言えば、随分メリットがあると判断されて良いと思います。
 専門家として、注意しなければならない点は屋根面の通気工法です。通常、軒の出のある建築物は軒裏から空気を取り入れ、棟部分に換気金物を設...続きを読む

Q隠し収納のある床の間の施工例

↓のNo.2の回答で、床の間を450、隠し収納を450という提案があり興味があります。
http://oshiete.homes.jp/qa2581995.html

ただ、隠し収納付きの床の間にした場合、外観や構造がどうなるのか想像が付きません。
ネットで調べてみましたが、該当する施工例が見つかりませんでした。
もし、施工例が出ている場所をご存じの方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

読ませて頂きました。910のスペースに、450の床の間の奥に450の堀込みの収納があるのではないのでしょうか?
言うなれば地袋の引き戸収納を床面につら一に施工し、戸は壁のクロスと同一なものを貼る。
これで外観は隠れますよね。個人的に感じた意見です。

Q片流れ屋根の軒の出について専門家のアドバイスをいただけたらと思います。

屋根について打ち合わせ中なのですが、屋根の材質はガルバリウムで軒の出を↓のホームページにあるお宅のように手前(柱を立てて)と片流れ屋根の低い方の2方向に深くとりたいと考えています。
今回建ててもらう工務店に話した所、「技術的に難しい。」と言われてしましました・・・。
自分達としてはこのような屋根の形状に憧れていただけにすごくショックです。
どなたか専門家のアドバイスをいただければ幸いです。どうか宜しくお願いします。
http://www.artweb-house.com/case/wood/003.html

Aベストアンサー

軒先を細くすることも断られたのですか・・・。可能だと思いますが。垂木の先だけ細くする、私は以前その方法で軒先を細く見せました。もしくは軒先の垂木だけ鉄骨で作り薄くする方法もあります。この方法は垂木をCチャンと言われる鉄骨でサンドイッチみたいに垂木を挟み、軒桁より先を構成する方法になります。コスト的にはあがりますが。木の垂木より強度も強いため軒先を細く出来ることが可能です。
図面さえあれば工務店もやるはずなのですが、設計もその工務店がされたのでしょうか?

Q壁紙(クロス)の施工例をいろいろ見たいのですが…。

輸入住宅系の某住宅メーカーにて、来月頃から一戸建てを着工する予定の者です。
壁紙(クロス)についてアドバイスをいただければと思い、質問させていただきます。

住宅メーカーから電話帳3冊分くらいの厚さのあるサンプル集(1,000種類ほど)を借りてきたのですが、1つ1つのサンプルは名刺の半分ほどのサイズと小さく、また施工例の写真も少ないので、なかなかイメージが湧きません。
実際の壁紙(クロス)の施工例をいろいろ見たいのですが、そのような機会があまりなく、困っています。
既に某住宅メーカーと契約しているので、住宅展示場に足を運んで「壁紙だけ参考のために見に来たんですけど…」っていうのも非常識ですよね。。。
施工例がいろいろ入れる機械はないのでしょうか?

また壁紙(クロス)に関する一般的な注意点がありましたら教えてください。
個人的には、以下のような構想を練っています。

・玄関やリビング:無難な白系統 (お客様が出入する場所なので)
・トイレ:花柄のクロス (輸入住宅ぽく)
・寝室:少し柄があるものにしたい
・子供部屋:白だとそっけないので、ちょっと遊んでみたい
・屋根裏部屋:ログハウスっぽく木目調に

「これは違う!」とか「こうした方がいい!」というのがありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

輸入住宅系の某住宅メーカーにて、来月頃から一戸建てを着工する予定の者です。
壁紙(クロス)についてアドバイスをいただければと思い、質問させていただきます。

住宅メーカーから電話帳3冊分くらいの厚さのあるサンプル集(1,000種類ほど)を借りてきたのですが、1つ1つのサンプルは名刺の半分ほどのサイズと小さく、また施工例の写真も少ないので、なかなかイメージが湧きません。
実際の壁紙(クロス)の施工例をいろいろ見たいのですが、そのような機会があまりなく、困っています。
既に某住宅メーカー...続きを読む

Aベストアンサー

某内装材商社の人間の意見ですが。

>玄関やリビング:無難な白系統 (お客様が出入する場所なので)

真っ白は汚れが目立つので、アイボリー色が一般的です。

>トイレ:花柄のクロス (輸入住宅ぽく)

とりあえず参考まで、輸入壁紙メーカーです。(最近は結構出回ってると思います。)
http://www.tecido.co.jp/

>子供部屋:白だとそっけないので、ちょっと遊んでみたい

メーカーの見本帳に乗ってると思いますが、蓄光壁紙なんてのもどうです?
参考:
http://www.sangetsu.co.jp/system/ShowProduct/?id=497&table=reserve

>屋根裏部屋:ログハウスっぽく木目調に

木目調の柄は各メーカー充実していると思うので、好みの木目で良いんじゃないかと。

最初ですから、落ち着いたものを選んだほうが奇抜にならなくて良いとは思いますよ。

Q落雪屋根の勾配

落雪屋根の勾配について教えてください
木造住宅で落雪屋根に必要な勾配はどれ位あればよいでしょうか?
屋根材はガルバニュウム鋼鈑です
4寸勾配ではどうでしょうか?

Aベストアンサー

落雪の計画をどのようにするのかによっても勾配は変わりますので、作戦によって必要な勾配が決まるでしょう。だから単純にいくつならという答えはないです。
家を設計する人はそういう知識はないのですか?なんかそれだと不安ですが、、、、

信頼できる設計士(or工務店)なのですか?
まず落雪の計画をどうするのか、そしてそれに適した勾配はいくつになるのかお聞きになってください。
それでまともな答えが得られないのであれば、、、、他に地元の設計士に相談するとか。

Q外壁タイルの色の選び方&施工例を探しています

TOTOのスクラッチ、テッセラで迷っています。カタログに施工例の載っていない色も候補なので、スクラッチ、テッセラの施工例が掲載されているHPをご存じの方、教えてください。
それと、よく、クロスなどはサンプルで見るより部屋全体に貼ると薄く感じる・・・・といわれるのが一般的だと思うのですが、タイルの場合、遠目に見て、「あんな感じの色がいいなぁ」と思い、間近まで行くと遠目に見るより色が薄い場合が多いのですが、サンプルで見る色より実際に貼ったほうが(遠目には)濃く見えるのが普通ですか?
外壁の色の選び方でポイントなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

ご質問は色の面積効果に該当すると思います。
面積の大小によって、色の明るさ等の感じられ方が変わる現象です。
面積が大きくなると、より鮮やかに、明るく感じられます。
その人で見え方の感覚が違うので一概にはいえませんが、通常設計等で色決めをする場合、色見本帳で選んだ色よりも、1ランクほど下げた(明度、彩度を)色を選ぶと良いとされている様です。

Q低勾配屋根に太陽光発電パネルを設置する場合の制約について質問です。

低勾配屋根に太陽光発電パネルを設置する場合の制約について質問です。
これから建てる家があり、屋根が南向き一寸勾配となる計画です。
ここに太陽光パネルを設置しようと思うのですが、風の噂で
「一寸勾配でもパネル設置が可能で保証も効くメーカーは京セラだけだ」とか
「他メーカーでは一寸勾配で設置しても保証が効かない」だとか聞きました。
この辺の真相を詳しくお知りの方いらっしゃいますでしょうか?
また、一寸勾配でも架台を介して角度をつけて設置すれば、他メーカーでも設置
できるのでしょうか?

Aベストアンサー

1寸勾配屋根に 勾配通りにパネルを設置すれば 物理的に 30度(6寸勾配の通常家屋)の角度で受ける時の 約85%、のエネルギーしか活用出来ません。これは ”保証以前 ”の問題ですので 日本は北緯35度前後ですので 春分、秋分の時の 正午の太陽の角度(およそ35度)に合わして 南向きに 架台を設置するのが 最適だと思います。メーカーは問いません。

京セラの 低勾配に強いと云われてる 根拠は 参考URLでの
”周囲を構成するアルミフレームには凹の形状をした水切り加工を施しています。表面に付いたホコリを雨水とともに流し、従来製品に比べ、より長期間美しさを保つことが出来ます(特許申請中)。”
の事だと思います。

保証の問題とは 関係無いと 思いますよ・・・・

メーカーより良く説明を聞いて下さい。

参考URL:http://www.kyocera.co.jp/solar/prdct/econoroots/type-g.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報