高校2年生女子です

昨年10月から微熱・頭痛・めまい・吐き気・体のだるさ・精神的なやる気の無さに悩んでいます。
初めは風邪だろうと思って町医者を受診したのですが、血液検査などもしましたが疑わしき点はなく、大学病院へ回されました。そこでも脳のMRIなど様々な検査をしたのですが異常は見つかりませんでした。現在は一番辛かった時期に比べると症状は軽いですが、依然として辛い事に変わりはありません
先日親のすすめで一緒に思春期外来を受診して来ました。今までの経緯など全て話したのですが担当の先生は「うーん…」としか言わず。最終的には「当院にも通い、体の方も再び調べましょうか」と言われました。

大学病院に行けば、思春期外来に行け入院だとか薬が出るとか、とにかく楽になれるんだ。という事を信じて過ごしていました。ですが結果はどこへ行ってもはっきりした答えが見つからず、未だに治療はされていません。そんな事言ってはいないのですが「貴女の気のせいなんじゃないの?」と言われているような気がして、医師にも不信感が募ってしまっています。

私はどんな病気なのでしょうか?
どの病院へ行き、どのような治療を受ければ良くなるのでしょうか?

体調を崩した事で全てを無くした気分です。部活もうまくいかないし、成績もがた落ち…受験までそう余裕はないのに。

10月以来、涙の日々を過ごしています。
将来を考えては不安やいら立ちに涙し、泣き寝入りする夜です。
こんなになってしまって、もう人生終わりなんじゃないかと…

幸い、睡眠は十分すぎるほど取れています。ピーク時は学校(体がもたず、午前中で早退ばかりしていました)・食事以外はほとんど寝ていました。
食欲もさほど落ちる事はなく、寧ろ最近は増える一方で満腹感は結構あるのに「食べたい」という衝動に駆られます。常に食べてます。

大学病院では下垂体腫瘍だとかバセドー病だとか言われましたが、どれも違ったようです。

医師に相談することが正しいのは分かっています。ですがどの科の先生に相談すればいいのか、また不信感を少しなりとも感じているのでどうしたらいいか分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の場合は、丁度30歳になるころ、突然のめまい(横になっていても)、吐き気、だるさに襲われ、思い当たる内科・外科を重複した科であっても行ってみましたが、どこでも異常なしでした。

これは多分、病院をあちこち回って何も答えを得られなかった人にしか分からない孤独感ではないでしょうか。自分がおかしいのではないかと思ったりして、人生がずっとこのままだと思って、生きていけるのかどうかも不安でした。

結局、当時の症状については何故か理由が分かりませんでした。一般的な自律神経失調症用のお薬を飲んで、恐い症状を起こさないようにビクビクしていた日々からも解放されて今に至っています。なんだったのでしょうか。

多分、ホルモンのバランスが関係していたように思います。私はその後、橋本病があることが分かりお薬を飲み始めましたが、その他の病気自体もだんだん改善されていったように思えます。病院で「○○病です」と言ってもらい、お薬をもらうのが一番安心できる回答なのですが、ホルモンも生きている私達の身体の機能の一部ですから、どのようなバランスを保っているのが良いのか、一人一人違うのかもしれません。私の橋本病も血液検査で甲状腺の値を計ってもらわなければ、そのままでなんとか過ごせたかもしれません。
特にご質問者様は高校2年で、勉強のこともあるし、身体の中で見えない成長もある時期で、心や身体のバランスを取るのも、気がつかないうちに一生懸命なのだと思います。あまり自分を追い込めないで下さい。身体は誰も同じでなく、医師がはっきりと答えを出せないのは、ある意味で正直なのです。診断を言い切って、実は違うなんてことになっても、お薬を出したんだから、という先生達ではなかったのです。

もしお近くにあるなら、東洋医学系を取り入れている病院も良いのではないでしょうか。
今は漢方を処方してくださる病院もあります。即効性と言うわけではありませんが、体質改善が漢方の本筋なので、西洋医学と違った側面で治療ができるかもしれません。今は保険の効くところもあるので、お薬代も高くなくなりました。
http://www.gokinjo.co.jp/kampo/

あと、春は気持ちの良い時期ですが、反面、全てが新しいスタートで、非常に人の心は落ち着きません。エネルギーも使います。焦って5月に疲れが出て「五月病」なんてものもあります。天候でも自律神経には響きます。アロマテラピーなど、自分が心をゆったりできるものを探してみるのも一つですよ。良い香り、爽やかな風景、気持ち良い音楽、さわり心地の良いクッションなど、感覚にピンと来たものを側に置いておくのも一つです。鉄分の多い食事や良質のたんぱく質なども積極的に取りましょう。

早く青空が心に戻ると良いですね。

参考URL:http://www.gokinjo.co.jp/kampo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大袈裟だと笑わって頂いて構わないのですが、本当にこれで私の人生終わりなのかな…と思う日々でした。このお話が聞けただけで、少し心が楽になった気がします。
周りの多くの方に相談してきたのですが、相談する度に謎は深まるばかり、追いつめられる一方でした。今回は自分を分かってもらえた気がして、嬉しい気持ちです。
きっと知りたかった答えは、回答者様がおっしゃってくださったような事だったんですね。
漢方を利用する、という考えは今回の相談で初めて意識しました。近場にないか、ぜひ探してみようと思います!
体験も書いて下さり、感謝の一言です。

回答者様にも素敵な毎日が振り注ぎますように

お礼日時:2011/04/14 20:41

感染症は別ですが、突然体調を崩すことはありません。

必ず原因がありそれが体に現れています。その原因は昨年の10月以前の生活にあります。原因を探ることなく相変わらず同じ生活を続けてると体調不良の改善は難しいし、それどころかもっと症状が酷くなる可能性すらあります。
質問者さんの体質やどういう生活をされてきたのか分かりません。一つの例として参考になさってください。
体のだるさや精神的なやる気のなさはリ心や体のリラックス過剰、沈静がもたらすことがあります。食べたり睡眠をとることは心身をリラックスさせてくれますが、あまり体を動かさないで過食に走ったり睡眠をとり過ぎるとリラックス過剰となりますます食欲が亢進していきます。リラックス過剰になるとエネルギー代謝が低下するためにエネルギー不足に陥ります。体はその不足を補うために食欲を亢進させるしかないからです。
これは悪循環となります。心も体も重くなり気力減退、自信喪失に繋がってきます。心や体は時としてゆったりリラックスすることも必要ですが、過剰なリラックスは体を冷やしうつ的な症状をもたらします。
またリラックス過剰はプロスタグランジンという物質を増やして知覚過敏、発熱、痛みなどの症状を引き起こしやすくなります。
こういう場合は温浴で体を温めることはもちろん、天気の良い日はお日様を浴びながら散歩したり、軽く体を動かすことからはじめなくていけません。活動と休息のバランスから生まれる睡眠の質を向上させ、睡眠時間を適正にしたり、小食にするこも大切なことです。生きる意欲、活力はこうした一見ごく普通のことを続けることから生まれてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リラックス過剰なんてものもあるのですね。知りませんでした!
普段の生活改善も大切ですよね…睡眠と食事、しっかり正したいと思います。

お礼日時:2011/04/14 20:29

原因不明の場合は大学病院とかの漢方外来がいいかと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学病院でも検査して頂いたのですが…何も見つからなくて。もっと深く検査してもらった方がいいのでしょうか;;
漢方外来というものは初めて聞きました!参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/04/14 20:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング