閲覧ありがとうございます。

今月8日より喉の痛み、軽い咳があり次の日に37.6℃の熱が出て12日(火)にお医者さんに行きました。
9日~11日までは熱が上がっても38℃前後で朝は36℃台に下がったりを繰り返していました。
身体は若干怠さはあるものの頭痛や下痢等はほぼ無く、その変わり喉の痛み(声が出せない、物を飲み込む度激しい痛みがありこちらが一番辛い)と節々の痛みがあります。
12日の朝は37℃程の微熱でしたが病院に行きました。しかし、診察は少し喉を見て症状を聞かれた程度で1分程で終わってしまいました。

その後処方されたお薬を朝昼晩で飲みその日の夜39℃を超える熱が出たのでインフルエンザを疑い念のため本日別の病院に診察を受けに行きました。
そこで先生にここ数日の熱の出方を聞かれ答えたところ、もう発症して時間が経っているからインフルエンザの検査をしても意味ないねと言われ点滴・採血等もせずまたお薬を処方され帰されました。(病院で熱を計ったところ38℃でした)

何をお伺いしたいかというと
・インフルエンザの検査は体調を崩してから時間が経つとやっても意味がないのは何故か
・点滴はどういったタイミングでしてくれるのか

以上2点です。
単純にふと疑問に思っただけなのですが、回答して頂けると嬉しいです。

以上、長文失礼致しました。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 インフルエンザの簡易キット検査は、インフルエンザウイルスの量を量り、一定量以上のウイルスがある場合に陽性という判断をするようになっています。

発症した直後のウイルスは量が少なく、2日目に最も多くなり、4~5日で減少します。
 質問者の場合には、9日か10日の検査であれば陽性と出てくる可能性があるわけですが、12日、13日では陽性になる可能性が少なくなるとともに、12日ころに抗ウイルス薬を投与しても、効果が期待できないことが多いので、検査の意味がないと判断したのでしょう。

 点滴の効果は多々あります。解熱、脱水症状の改善、栄養状況の改善、血中電解質の改善などです。
 希望があれば行うこともありますが、自分で栄養や水分が取れるのであれば自分の口から摂取した方が効果があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔に解りやすく教えて頂いてありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 16:23

一般的にはインフルエンザにかかって5日程度で自然治癒しますから、特に要望もなけれは検査しないのでしょう。

別料金をかかりますし。
点滴もよほどひどくない限り医者から言われることもないですね。こちらも希望すればになると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頭痛の原因について

頭痛(片頭痛)の原因は脳の毛細血管の拡張だと習いました。したがって喫煙によるニコチンの血管収縮作用は頭痛の軽減にプラスに働くよううに思えます。専門家の方回答をお願いします。

Aベストアンサー

NO.#17134で、専門家として答えておられるstaphyloさんに、専門家の回答を求められても困ってしまうので、あえて、経験者(いつのまにか関係者が経験者になってしまっている!)(頭痛のメカニズムを基礎医学のレベルから研究している者ではない)としてアドバイスいたします。
まず、片頭痛の原因が、「毛細血管」の拡張だ、と本当に習いましたか(少なくとも私は、学生にそういう風には教えていない)?毛細血管(これはご存じの通り、動脈ではなく、動脈のような中膜筋層はありませんよね?)がそんなに強く収縮や拡張をしますか?
次に、片頭痛の原因は、現在なお、完全にこれだ!と言うところまでは究明されていないと私は理解しています。ただ、セロトニン(5HT)が大きく関与していることはおおむね間違いがなさそうです。ご存じだとは思いますが、何らかの原因でセロトニンが大量放出され、そのため血管が収縮し、セロトニンが枯渇して、血管が拡張し始めたときに頭痛が起こるというあれです。ただし、片頭痛患者が前兆を訴えたとき、すなわち血管が収縮しているときに脳血管撮影を行っても、頭蓋内、頭蓋外とも血管撮影で見える程度の太さの血管には収縮が起こっていないとされています。しかし、rCBF(regional cerebral blood flow:局所脳血流量)を測ってみると、前兆として視野障害を訴えている患者さんの場合には、後頭葉でのrCBFが低下していますし、逆に、視野障害がなくなって頭痛が起こり出すと、rCBFが増加しています(このことは実際に私も臨床の現場で検査して経験しています)。また、頭蓋外血管由来の片頭痛でも、その側の皮膚温が上昇していますので、血流量が増えているのは間違いなさそうです。ですから、収縮したり拡張しているのは、どうやらもう少し細い血管のレベルではあるようです。
最後に、喫煙によるニコチンの血管収縮作用が片頭痛の軽減にプラスに働くかどうかですが、喫煙により摂取された程度のニコチンの量で片頭痛発作時の血管を収縮できるかどうかが疑問なことと、片頭痛発作時のひどい頭痛や嘔気を訴えている患者さんが通常たばこを吸えるかどうかも大変疑問です。従って、「喫煙」が(理論的にはわかりませんが)臨床的に役立つとはとうてい考えられません。

NO.#17134で、専門家として答えておられるstaphyloさんに、専門家の回答を求められても困ってしまうので、あえて、経験者(いつのまにか関係者が経験者になってしまっている!)(頭痛のメカニズムを基礎医学のレベルから研究している者ではない)としてアドバイスいたします。
まず、片頭痛の原因が、「毛細血管」の拡張だ、と本当に習いましたか(少なくとも私は、学生にそういう風には教えていない)?毛細血管(これはご存じの通り、動脈ではなく、動脈のような中膜筋層はありませんよね?)がそんなに強く収...続きを読む

Q診察してないのに診察料って取られるの?

先日、風邪をひいて病院に行きました。
診察をしてもらい、その後点滴、薬を貰いました。
先生には、明日も点滴しに来て下さいと、紙を貰いました。

翌日、その紙を持って内科に行き点滴を受けました。
会計をすると、診察料が請求されていました。
(先生の診察は1秒たりとも受けていません)

会計の方に聞いても、法律で決まってますというので
支払って帰りました。

これで正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

法律では無診察診療というのは禁止されています。
診療(今回の点滴)を行うに際して診察が必要という意味で、コストでも診察という再診料が発生します。

「薬だけください」や「リハビリだけします」という場合も同様に診察(再診料)が発生しています。

おそらくは、診察の翌日ではそんなに症状が変わらない、悪くなっている場合には申し出があるという前提で、質問者の無駄な時間(待ち時間)を省くというメリットのもとで(同時に医師の診察の時間も省ける)の行為と考えられます。

Q頭痛の原因と検査してくれる病院

小さいころから頭痛もちで悩んでます。種類は偏頭痛のようなズキズキと脈うつような痛みのときもあるし目の疲れからきているような時もあります。
最近では生理前、生理中時、肩こりやムチウチ後遺症からきてるような頭痛にもなったりしたので頭痛になってもどれが原因かわからず対処方に困っています。
そこで頭痛の原因の検査をしてくれる病院などがあれば検査してみたいのですがどこにいけばやってもらえるでしょうか?
またこういう頭痛は体質だから治らないものですか??(ちなみに兄弟や母親も同じ感じです。)

Aベストアンサー

以前ひどい頭痛で通院していました。
神奈川県の北里大学病院で、神経内科を受診していました。
もともとその病院の別の科を受診していたのですが
頭痛がひどくなって手に負えなくなり、神経内科にまわされました。
神経内科、頭痛外来、などで探すといいと思います。

私の場合は緊張性頭痛だったので、
緊張をほぐす薬、寝つきをよくする薬、血行をよくする薬、
それと鎮痛剤などを処方され症状はだんだん改善しました。
一番の原因であったストレスが家庭の都合で解消して
頭痛もなくなったので、それからは通院していません。
私も子供のころから頭痛持ちでしたが治るケースもあるんですね^^
最近は半身浴と使い捨てカイロの活用で、鎮痛剤いらずです。

よい解決策がみつかるといいですね。
どうぞお大事になさってください。

Q昼の診察と夕の診察の間の過ごし方について

入院病棟のない、それ程大きくない病院に勤めて
いらっしゃる、院長ではない勤務医の方に質問さ
せていただきます。

昼の診察と夕の診察の間の時間に何をして過ごされて
いますか?何か仕事があるのでしょうか。あるので
あれば、どのような仕事があるか教えて下さい。
ないのであれば、何をして過ごされているのか
教えて下さい。

また、昼食は何時頃に取られますか?出前を取られたり、
外食したりされますか?外食するときは、看護婦の方たち
と行かれますか?

このような細かいことが知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

病床が無いということであれば、診療所のことですね。
19床以下の病床を持てば、「医院」と呼びますから。
(有床診療所というものもある)

それは置いといて、診療所あるいはクリニックでのお昼休みの過ごし方、勤務医の場合ですが、
・外に食事に行く(1人がほとんど。たまにほかのスタッフと)
・ぶらぶら時間を過ごす
・診療所内で寝る
・往診に行ったりする
・書類書きをしたりする
・本や教科書を読んだり、DSをやったりする
・他のスタッフと雑談をする
などです。

私が以前そのような形態で勤務していたときは、昼間に訪問診療に行っていたので、休む時間など無く、お昼ご飯も食べる時間が無いくらいでした(お昼休憩が3時間もあるのに!)

食事を看護師さんと行くことは少ないです。
看護師さんは看護師さんだけで群れたり、別の仕事があったりしますから。
昼食を何時に取るかは、その診療所の休憩時間が何時からかによります。
お昼休みのはっきりしない診療所はありません。
出前か外食かコンビニかは、気分です。

常に患者さんやスタッフなどに囲まれ、誰かと話をしていないといけないわけですから、休み時間は1人で過ごしたいものです。

病床が無いということであれば、診療所のことですね。
19床以下の病床を持てば、「医院」と呼びますから。
(有床診療所というものもある)

それは置いといて、診療所あるいはクリニックでのお昼休みの過ごし方、勤務医の場合ですが、
・外に食事に行く(1人がほとんど。たまにほかのスタッフと)
・ぶらぶら時間を過ごす
・診療所内で寝る
・往診に行ったりする
・書類書きをしたりする
・本や教科書を読んだり、DSをやったりする
・他のスタッフと雑談をする
などです。

私が以前そのような...続きを読む

Q弱い頭痛が続く原因は何?

ここしばらく、弱い頭痛がずっと続いています。ジーっと同じような痛さが続いている感じです。気にしていると、痛い位置や痛みの強さに変化があるように感じます。(それでも我慢できないような痛さにはなりません)頭痛薬を飲めば、その間はおさまっていますが、薬が切れると痛みを感じます。
風邪の頭痛かと思い、内科の先生に相談したら「ズキンズキンじゃないなら心配ない」と言われました。
でも、考えることも億劫に思うし、やる気も起きず、生活に支障が出ているんです。それに、こうも続くと不快を通り越して辛くなってきます。
弱い頭痛が続く原因として考えられるのは、どんなことでしょう? 原因の候補がわかれば、自分に当てはめてチェックしたいので、頭痛に詳しい方、ぜひお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

頭痛の原因はたくさんあります。
私が経験したのは低血圧と歯、目です。
別の病気で検査を受けたときに血圧の上が90しかなく、看護師さんに「頭が痛いときない?」と聞かれてわかりました。
その後、歯科で治療を受けたときに以前治療した歯科医院が誤って抜髄に使う細い針を歯の中に折り込んだまま放っておいたことがわかり、それを取ってもらうといくらか楽になりました。
最近は老眼が進み、新聞を読んだりすると頭が痛くなります。
いずれも我慢できないほどの痛みではなく「頭が重い、髪の毛が濡れているような感じ、何かかぶっている」というような感じですが、うっとうしいので気になるときには頭痛薬を飲み、薬が切れると痛み始めるので、「ああ、やっぱり頭痛がしてたんだ・・」と気づくぐらいです。
鼻の病気や、気温・気圧の変化でも起こりやすくなるようです。
頭痛の原因が重大な病気のこともありますから、気になるようならお医者様に見ていただいたほうがいいと思いますよ。。

Q病院で一度の診察で二回分の診察代を請求されました。何故?

 病院の会計時に「今日は処方箋が2枚なので、支払いも2回分です」といわれました。
 
 支払いしてしまったんですが、釈然としません。

 長期投与、問題なしの薬が2か月分だったのですが、一枚にまとめればすむ話なのでは?

 回答、お待ちしています。

Aベストアンサー

「支払が2回分」というのは、再診料を2回取られたということでしょうか。診察は1回だけなのですよね? ならば再診料を2回取れる筈がありません。

 薬の投与日数については、以前は厳しい制限がありましたが、平成14年4月の制度改正により、原則として投与日数制限が廃止となりました。ただし、「予見することができる必要期間に従ったものでなければならない」(保険医療機関および保険医療養担当規則)とされ、薬によって14日、30日、90日の制限がかかっているものも多くあります。

 tako3yuuhiさんの事例の場合、わざわざ処方箋を2枚に分けているということは、次のいずれかの可能性が考えられます。

1.30日制限の薬を2ヶ月分同時に処方した。

2.2ヶ月分同時に処方できる筈の薬だが、医療機
 関の診療報酬や薬局の調剤報酬を稼ぐために、2
 回に分けた。

 もちろん、いずれも違法行為です。処方箋の処方日がどう書いてあったかご記憶ですか? もしかすると片方は一ヶ月先の日付になっていませんでしたか? 再診料を2回分取った辻褄を合わせるために、実際には診療していない一ヶ月後の日に診療したことにして、カルテに虚偽記載し、保険請求も行っている可能性があります。

 tako3yuuhiさんが今後やるべき事は、ふたつに分けられます。

◆1.ひとまず自分の問題として解決する。

 この場合、医療機関窓口でよく説明を聞いて、上記のように不当な診療報酬算定であった場合は返金させましょう。また、薬局でも調剤技術料・指導料等を2重算定されている可能性があるので、医療機関に薬局へ連絡させ、不当なものは返金を求めて下さい。

 なお、医療機関にやましいところがある場合は、医療機関との関係がこじれて今後受診しづらくなるケースも想定されます。それが困るなら、次の2の手ですね。

◆2.医療費不正請求事件であり、再発防止のために
 行政に通報して指導してもらう。

 医療費は国家財政を圧迫している要因のひとつで、厚生労働省の発表によれば平成15年度に発覚した診療報酬不正・不当請求額は約63億3千万円にのぼるとか。当然これは氷山の一角です。不正・不当請求を見つけるには、保険料・保険税を納めている私たち患者一人一人が医療費に敏感である必要があります。

 というわけで、ひとまず状況を静観した上で、今後保険者から送られてくる筈の医療費通知を確認してみてください。もし、実際には受診していない筈の月に医療費が発生していれば、明らかな不正です。また、保険者に対してレセプト開示請求をすれば、ある月にその医療機関に何日受診したことになっているかが判ります。1回しか受診していないのに2日になっていて再診料も2回請求してあれば、これも明らかな不正です。

 不正・不当請求の疑いのある場合は、是非お住まいの都道府県の社会保険事務局保険課へ通報してください。

「支払が2回分」というのは、再診料を2回取られたということでしょうか。診察は1回だけなのですよね? ならば再診料を2回取れる筈がありません。

 薬の投与日数については、以前は厳しい制限がありましたが、平成14年4月の制度改正により、原則として投与日数制限が廃止となりました。ただし、「予見することができる必要期間に従ったものでなければならない」(保険医療機関および保険医療養担当規則)とされ、薬によって14日、30日、90日の制限がかかっているものも多くあります。

 tako3...続きを読む

Q頭痛の原因がわかりません。

頭痛の原因がわかりません。

数年前からなのですが、不定期に頭痛が起こります。
運動しているとき、立っているとき、座っているとき、寝ているとき…
と特に一貫性も無く原因がわかりません。
左の後頭部(?)の一部分が数秒間だけ、かなり痛みます。
ガンガンする、ズキズキする…といった、普通の頭痛とは異なる痛みです。
ジュワッ、と一気に痛くなって、数秒経つと直ります。

それほど病気などを心配しているわけではないのですが、
このような頭痛がおきるのは普通なんでしょうか?

病院にいくほどではないと思っていますが、少し気になるので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一度、『マッサージ』を受けてみてはいかがでしょうか。

夏場、特に今年は暑いですし、冷房も効いているところが
多いとは思います。身体の冷えも要因の一つでしょう。

また、パソコンなどの操作で、同じ姿勢を長時間にわたって
行っていると、血流が悪くなったり、眼精疲労から頭痛に
なることもあるでしょう。

3度の食事はきちんと取れていますか?

また、お風呂は毎日湯船に入っていますか?

●お風呂、若しくは湯あがりに足首、ふくらはぎ辺りを
優しく揉み解すだけでも効果はあるかと思います。

それでも、症状が続くようであれば、一度病院で相談
されると良いかと思います。

Q耳鼻科で、朝の受付開始の前に行き診察券を出せば普通に行くよりも早く診察を受けられますか。

題名のとおりなのですが、先日から耳鼻科に通っています。

9時30分から診察開始で、いつも10時ぐらいに行くのですが、沢山の人がいて、後から来た人のほうが早く診察してもらっている場合もあり、1時間ほど待ちます。
この人達はいつ予約しているのだろう???
といつも気になっていました。

明日も診療を受けに行くのですが、どうしても11時からはずせない予定が入っているので11時までにそこに着かなくてはいけません。

この場合、診療開始の9時半より前の9時ぐらいに行って、診察券を入れておけば、普段よりも短い待ち時間で診察を受ける事ができるのでしょうか?
そもそも9時半に診療開始で、9時ぐらいに医院は開いているのでしょうか?

あまり病院にいかないのでシステムがわかりません。
たぶん電話予約とかは行っていない(手術などの場合は別だと思います)と思いますが、回答いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

病院によると思うので確実なことは言えませんが。

私の勤務先の場合、朝はお掃除の人が入るのでかなり早くから入り口は開いています。なので近所の方は朝診察券だけ受付に出して一旦家に帰り、診察開始時間にまた来たりしてます。
なので、病院さえ開いていれば可能じゃないかなとは思うのですが…。

確実なのはそこに電話して聞いてみることですが、明日の朝のことでしたら駄目もとで早めに行ってみてもいいと思います。
9時半診療開始であればスタッフは8時半~9時には出勤しているでしょう。

Q原因不明の頭痛

私の身内の知り合いが原因不明の頭痛に悩まされております。
その人は女性で30代ですが、18歳のときから頭痛に悩まされて
いるそうです。

過去に大きな病院で多くの検査をしたようですが、原因が特定でき
なかったとのことです。

毎日、頭痛薬を服薬しており、服薬しなければ、ひどい頭痛が起こる
ようです。服薬していても頭痛のため起き上がっているのが辛い日も
あるそうです。

先日は右半身が痺れることがあったそうです。そのため、再度病院へ
行って検査をしたようですが、何も悪いところは見つからなかったそう
です。

上記のことを読んで、何か思い当るところ、治療法などについて何でも
いいのでアドヴァイスいただければ、幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

頭痛薬の服用し過ぎかも知れません.市販の鎮痛剤などを大量に飲み続けても治らない頭痛を「薬物乱用頭痛」と言います.

大きな病院でも,普通の内科や外科では,頭痛は治せません.頭痛は「脳神経外科」の「頭痛外来」を設けている病院を探して診察を受けて下さい.

あなたが,どこの地方の方かは分かりませんが,大きな都市であれば「頭痛外来」を設けている病院があるはずです.
その病院で治療なされば,群発頭痛・片頭痛・緊張型頭痛などが治ります.

私も5年ほど前までは,片頭痛もちで,数十年間も片頭痛で苦しみました.以前は病院で医師に相談・治療しても治らなかったのです.これは,その当時,医師が片頭痛の治療法を知らなかったからです.

その後,片頭痛の治療法が研究・開発され,今では,頭痛の治療も,かなりの良い効果が上がります.私も今は,治療の効果が顕著にでて,片頭痛が発生しなくなりました.

「たかが頭痛」という時代は,もう既に終わっています.頭痛も,結核などと同じ立派な病気です.

私が片頭痛の治療を受けている専門医の著書に「頭痛・耳鳴り・めまい・難聴を治す本」という本があります.「主婦の友社」から2009年10月に発行されています.大きめの本屋さんならあるはずです.「頭痛」を理解するための,ご参考に如何でしょうか?

私が治療を受けて片頭痛が治った病院を書いておきます.よろしければ,ご相談してみて下さい.診療には,予約が必要です.

● 東京女子医科大学病院  http://www.twmu.ac.jp/
 脳神経センター,脳神経外科,頭痛外来,清水 俊彦 医師

● 住所 〒162-8666 東京都 新宿区 河田町 8-1 
  TEL: 03-3353-8111(大代表)

私は,今でも,3ヶ月に一度,片頭痛の定期診断で,上記,頭痛外来で治療を受けております.

是非,頭痛の専門医に治療してもらうべきです.必ず頭痛は治ります.

参考URL:http://www.twmu.ac.jp/

頭痛薬の服用し過ぎかも知れません.市販の鎮痛剤などを大量に飲み続けても治らない頭痛を「薬物乱用頭痛」と言います.

大きな病院でも,普通の内科や外科では,頭痛は治せません.頭痛は「脳神経外科」の「頭痛外来」を設けている病院を探して診察を受けて下さい.

あなたが,どこの地方の方かは分かりませんが,大きな都市であれば「頭痛外来」を設けている病院があるはずです.
その病院で治療なされば,群発頭痛・片頭痛・緊張型頭痛などが治ります.

私も5年ほど前までは,片頭痛もちで,数十年間も片頭...続きを読む

Qステロイドの耐性と副作用について質問がございます。

ステロイドの中でも強力と言われるデキサメタゾン(デカドロン)やベタメタゾン(リンデロン)錠についてなのですが、実際問題、とあるお医者様が言われるには重大な副作用に関しては、例えば一日の最大摂取量20ミリグラムを毎日摂取して半年以上でも使用しなければ先ず有り得ないとお聞き致しました。
では耐性についてもこれと同様の事が言えるのでしょうか。
例えば自分でしたら訳ありで2.5ミリを週3日程度使用しております。(※時々医学的見解の範囲内で限界摂取する場合もありますが。)
もちろんある程度の個人差はあるでしょうが、この程度の服用量で仮に半年間使用したとして、耐性が出来て効かなく成ったり、副作用が出たり等は考えられるでしょうか。
答えられる範囲内で構わないので是非ともなるべく素人の自分にも解りやすいアンサーを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ステロイドに耐性なんてあるのだろうか?

抗生剤の様に相手が微生物であれば、抵抗力を獲得するというのは理解できるが・・・・

おそらくはこんな事では無かろうか?

ステロイドは、人が本来持っているべき皮膚のバリア能力や回復能力が不十分な場合に外部から補う手段として役割を持っている。
不足しているから補うのだが、人の身体は外部から補ったホルモンも自分の身体で作り出したと勘違いしてしまい、ホルモンを作る能力を弱めてしまう。

だから少ないながらもホルモンを作り出す能力があったのに、不用意に多量投与してしまうと身体が勘違いして僅かに残っていたホルモン合成能力まで失われてしまう。

そうなると、外部から更に多量のステロイドを補う必要に迫られる。

こういった状況を、耳馴染みの良い耐性という表現をしているのかも知れない。

そう言う意味ではない、ステロイドが本来の意味で効かなくなる本来の耐性に関しては容易には発生しないと言われているそうです。

具体的な数値に関しては、専門医の判断無しに素人がどうのこうのは言えない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報