債権回収に弁護士が介入してきましたが
委任状を見せません。
債務者本人からの連絡もありませんので、
「委任状を見せないなら授権が分からないから弁護士とは話さない」と拒否していますが
相手方弁護士は、
「そうですか。では場合よっては手段をとりますので」
と言っています。

これ、正当な行為でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>あ、逆です


>債務者が弁護士に依頼した、弁護士は債務者から受任したと言っているのですが・・・

債務者が弁護士に依頼した場合でも同じです。
債権者と弁護士との法律的立場は、債務者と債権者の間と同じです。
従って、債権者として、債務者が弁護士に依頼したことが、仮に、虚偽だったとしても、債権者として「その弁護士は債務者の代理人であろう。」と言うことであれば(そうでなくても)、債権者と弁護士との取引は債権者と債権者との取引したことと同じことです。
例えば、債権者が弁護士に「残金は100万円です。」と言えば、債権者が債務者に「残金は100万円です。」と言ったことと同じです。
そこで、弁護士として、例えば、そうではなく50万円だが、となれば「そうですか。場合よっては手段をとりますので」と言う発言は何ら不当な発言ではなく正当です。
債権者が、その弁護士は債務者の代理人と認めないとしても、「そうですか。では場合よっては手段をとりますので」と言う発言は違法ではなく正当です。
    • good
    • 0

正当です。


この案件は、債権者が、その債権の取り立てを弁護士に依頼したのでしよう。
その委任状があっても、なくても、債務者として、「私が債権者から受任した。」と言うことを知ったために、債権者に支払わず、弁護士に支払ったとしても、債務者に落ち度はないので、二重の支払わなくてもいいことになつています。(民法478条)
従って、債務者として、弁護士に対して、授権があったかどうかの確認は必要ないのです。
債務者としては、「弁護士が受任したと言うので弁護士に支払った。」
と言うことだけで十分なのです。
なお、私は「支払い」に対して述べていますが、「話し合い」も同じことです。
弁護士の発言は、債権者の発言と同じなのです。

この回答への補足

あ、逆です
債務者が弁護士に依頼した、弁護士は債務者から受任したと言っているのですが・・・

補足日時:2011/04/17 16:45
    • good
    • 0

正直、正当な行為かといえば、正当ではありませんが違法でもありません。



しかし、正当に委任されているかの確認は、相談者さんの権利ですから、相談者さんも間違いではありません。
受任通知すらない場合は、弁護士会に苦情を言ってください。
    • good
    • 0

委任状(契約)を見せる義務はありませんし、契約の守秘義務が


非開示の正当な理由になります。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自治会総会における委任状について

自治会総会における委任状の効力について伺います。
(1)議案が具体的(人事案件)に提案されていない中で、委任状による議決権の効果。
(2)委任状に記名した委任者又は代理者でも、総会当日に参加できるのか。
(3)委任状を書いた委任者又は代理者が、総会当日に、委任状の取り消しや撤回ができるのか。
(4)総会当日において委任状を取り消すには、どうすればよいのか。

Aベストアンサー

1)議案が具体的(人事案件)に提案されていない中で、委任状による議決権の効果。

 具体的な委任状における記載次第です。

(2)委任状に記名した委任者又は代理者でも、総会当日に参加できるのか。

 理論的には,委任を解除したうえで,できます。


(3)委任状を書いた委任者又は代理者が、総会当日に、委任状の取り消しや撤回ができるのか。

 理論的には可能です。

(4)総会当日において委任状を取り消すには、どうすればよいのか。

 受任者に対し委任を解除する旨を伝えて,かつ,総会の主催者に委任を解除した旨を伝えて下さい。

Q悪質債務者から債権回収する方法は?(強制執行、財産開示請求等)

私は商売で買取をしていて、ある商品をヤフオクで数回取引した出品者に、先払いで40万円振り込んだところ品物も届かず返金もせず、電話もメールも手紙も無視です。最初の数回はちゃんと届いたので信用して先払いしてしまいました。
 警察は、民事不介入と言い張ったのですが、何度も訴えてようやく被害届だけは受理されました。しかし、遠隔地なので、2年たっても全く捜査しません。

相手の住所、氏名等は合っているようです。裁判をして債務名義を取りました。相手は特別送達を全部「不在」ということで無視。付郵便で届いて判決が出ました。

で、口座は私が振り込んだ一つしか分かりません。相手は裁判知識がある程度あるようなので99.9%、口座には金を入れてないと思います。
おそらく息子(20代)の名前を使って取引してたと思います。電話で話した感じで年齢が全く違ったので。父親はマンションを持っていますが税金滞納で抵当が付いてます。債務名義は息子です。知人に現地調査してもらったら、ヤンキーみたいな息子で部屋の内部を窓から覗いたら汚い部屋だったそうです。

このような状態で、有効な債権回収方法はあるでしょうか?
1回強制執行しただけでは財産開示請求はできないんでしょうか?
そもそも開示させても財産そのものがなければ無駄ですよね?

相手は毎回裁判所からの送達を受け取らないので、強制執行するにしても送達が不能になるまで数週間かかるし、その後住民票取って現地調査して付郵便、という感じなので切手代も手間もかかるし、ホント頭が痛いです。

私は商売で買取をしていて、ある商品をヤフオクで数回取引した出品者に、先払いで40万円振り込んだところ品物も届かず返金もせず、電話もメールも手紙も無視です。最初の数回はちゃんと届いたので信用して先払いしてしまいました。
 警察は、民事不介入と言い張ったのですが、何度も訴えてようやく被害届だけは受理されました。しかし、遠隔地なので、2年たっても全く捜査しません。

相手の住所、氏名等は合っているようです。裁判をして債務名義を取りました。相手は特別送達を全部「不在」ということで無視...続きを読む

Aベストアンサー

その「商品」が何んだかわかりませんが、それを差し押さえることはできませんか ?
動産執行の手続きで、執行官と同行して、執行官に経緯をお話し下さい。
もし、その商品か、同類の物があって「それは私の所有」として、父親が言うなら、父親を相手として再度訴訟して下さい。
「執行を免れる目的で、本来、被告がすべきところを、訴外息子(20代)の名義でしている。」と云うような内容でいいです。
また、99.9%の確率で執行不能といいますが、それをするか、上記の動産執行しないと、次の開示請求できないです。
更に、時間がかかることを、ご心配ですが、銀行を第三債務者とした場合は、「送達不能」は考えられないです。
債権の取り立ては、債権者が先にあきらめるか、債務者が先にあきらめるか、で勝負は決まります。あきらめないで進めて下さい。

Q自治会総会における委任状のあり方

自治会総会の委任状の取扱いについて、自治会各班長が班内で委任状をとりまとめ、総会開催時若しくは開催前に提出するといった場合、欠席者(委任状提出者)は委任状を各戸1枚でなく、連名で委任状を出すといったことができるものでしょうか。本質的に委任状とは、欠席する会員が1枚の委任状を提出することで総会に参加し票の賛否を問うことができるものであると認識しております。因みに、会則の中には、その位置づけが明確にありません。

Aベストアンサー

1枚の委任状に複数の人が署名することは、何ら問題がありません。署名者の意思に反しなければ有効です。
しかし、委任者は、連署を断って、単独の委任状を書くこともできます。
一般慣行として定着していることですから、会則に載せる必要はないでしょう。もし会則に載せる場合、連署を強制すれば、その条項は無効と考えられます。
なお、委任状には被委任者を明記しなければなりません(特定個人、議長、執行部など)。

Q【債権】不可分債権・債務と連帯債務の免除

こんばんは。
債権の不可分債権・不可分債務・連帯債務と免除の関係について教えてください。

A、B、CがDから75万円の自動車を購入した。DはAの債務を免除した。


これを連帯債務ととるか、不可分債務ととるか、いずれにしても結果はかわらないと思います。

・不可分債務の場合
もともと、A,B,Cはそれぞれ25万円の債務を負っている。
DがAの債務を免除しても、BとCはなお、Dに対して(自動車の)全部の請求ができる。
そこでBCは、Aの25万円も負担し、代金75万円と引き換えに、自動車を手に入れる。
Dは受け取った代金75万円のうち25万円をBCに償還する義務を負う。
結果として、BCは自動車を手にし、Dは代金50万円を手にする。

・連帯債務の場合
DがAの債務を免除すると、そのAの負担部分についてのみ、ほかの連帯債務者の利益のためにも効力を生ずるから、BCはDに50万円を支払い、車を手にすることができる。
結果として、BCは自動車を手にし、Dは代金50万円を手にする。

以上と同じ事例で、不可分債権だとした場合に、結果が違ってくるのが納得いきません。
不可分債権も不可分債務も表裏一体であり、誰の立場から考えるかによって、不可分債権とも不可分債務よもなりうるのに、なぜ結果が違ってくるのでしょうか?

・不可分債権の場合
DがAの債務を免除する。
BCはそれぞれ25万円、合計50万円をDに支払う。これに対しDはBCに車を引き渡す。
しかし、Dは75万円の価値のある自動車を支払っているのにかかわらず、50万しか受け取っていない。そこでBCは本来Aに分与するはずの分(すなわち、自動車代金の三分の一)の25万円をDに償還しなければならない。
結果として、BCは自動車を手にし、Aは代金75万円を手にする。

もしかして、免除する側がどちらか、というのが関係してくるのでしょうか?

絶対に自分はどこか勘違いしていると思い、考えているのですが、わからなくなってしまいました。

わかる方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします、

こんばんは。
債権の不可分債権・不可分債務・連帯債務と免除の関係について教えてください。

A、B、CがDから75万円の自動車を購入した。DはAの債務を免除した。


これを連帯債務ととるか、不可分債務ととるか、いずれにしても結果はかわらないと思います。

・不可分債務の場合
もともと、A,B,Cはそれぞれ25万円の債務を負っている。
DがAの債務を免除しても、BとCはなお、Dに対して(自動車の)全部の請求ができる。
そこでBCは、Aの25万円も負担し、代金75万円と引き換えに、自動車...続きを読む

Aベストアンサー

補足質問がされているのに気づきました。
遅くなりましたが回答します。

回答No.1とNo.2は質問者さんの真の悩みに
到達していなかったようですね。
読解力が不足していたようで、
お詫びいたします。

実は今でも質問者さんの真の悩みに到達しているのか
わからないのですが、ともかく回答を継続します。

補足の
>今回のような事例では、代金債権を中心に考えるのでしょうか。

そうです。なぜなら、3事例ともDが免除した場合を
考えているのですから(当たり前のことですが、免除権者は
債権者ですので、Dが免除できるのは代金債権以外ありえません)。

続いて、補足の
>車の引渡し債権を中心に考えれば、債権者多数で、
>不可分債権の場合を検討する余地はないですか?

検討する余地はありますし、というか性質上の不可分債権で
あるということはNo.1でも述べたとおりです。
しかし、自動車引渡債権の免除をなしうるのは、
ABCのいずれか又は共同で、ということになります。

余談になりますが、Aだけが免除し、B,Cが免除しないという事例を
考えてみましょう。

不可分債権の免除は相対効なので、Aの免除はB,Cに無影響であって、
Dは75万円を請求できる一方、BまたはCに対しては、免除の効果もはかなく
自動車全体の給付をしなければなりません(25万円相当の備品をとりはずす
ことはできません)。
その後、DはAに対し不当利得(25万円と推定)の返還請求をすることになります。

補足質問がされているのに気づきました。
遅くなりましたが回答します。

回答No.1とNo.2は質問者さんの真の悩みに
到達していなかったようですね。
読解力が不足していたようで、
お詫びいたします。

実は今でも質問者さんの真の悩みに到達しているのか
わからないのですが、ともかく回答を継続します。

補足の
>今回のような事例では、代金債権を中心に考えるのでしょうか。

そうです。なぜなら、3事例ともDが免除した場合を
考えているのですから(当たり前のことですが、免除権者は
債権者ですので、Dが...続きを読む

Q委任状の有効期限について

委任状の有効期限についてご存知の方、教えてください。

委任状に有効期限はあるのでしょうか。

例えば、5月3日付の委任状は現在も有効になるのでしょうか。

Aベストアンサー

 委任状という紙に有効期限はありません。

 委任状は,委任契約に基づいて,何らかの法律行為をすることを委任していることを示す書面ですから,その元となった委任契約が続いている間は有効,委任契約が終了した場合には無効となるということです。

 ですから,委任状の有効性に疑問があれば,委任者に直接確認することが本筋ですし,重要だということになります。

 ただ,委任状を示されて,その委任状の有効性を疑うような事情がないという場合には,委任契約が実際には終了していても,その受任者とした取引が有効とされることがあります。

 これを逆に委任者の立場からいうと,委任契約をして委任状を出した以上は,委任契約を止めるときには,委任状を回収しないと,思わぬ事態になるおそれがあるということになります。

Q債権回収弁護士の手法

私の知人で東京23区に住んでいる者が、大阪に本社があるクレジット会社からの50万円の借金をして返済できなくなって、大阪の弁護士から1週間以内に50万円を全額返済しなければ、法的措置を採るとの通知を受けました。たとえ大阪のクレジット会社でも東京の弁護士に依頼すればいいとは思うのですが、敢えて大阪の弁護士に依頼するのは東京の弁護士には依頼できない事情があるのだと思います。ところで、仮に大阪の弁護士が東京の債務者に対する法的措置を採るとすれば、どのような方法が考えられますか?

Aベストアンサー

あのー
大阪の会社がわざわざ東京の弁護士に頼む方が不自然と思いますけど。

契約書に紛争が発生した場合は大阪の裁判所って書いてましたよね?

弁護士もわざわざ東京に行く訳じゃないんですよ。

必要性があるときは仕方なく行きますけど。

裁判になったら、あなたがどこに住んでいようが、大阪の裁判所に行くことになるでしょう。

行かないのは自由ですが、不利になるだけです。

弁護士事務所と債務者の住所と手続きに違いはありません。

債務処理は
裁判→判決→財産差し押さえ


この流れしかないと思います。

口座や給料も差し押さえられるので、普通の人は支払うしかなくなります。

一括返済はできないんでしょうから、分割での返済となるでしょう。

家財道具とかも差し押さえられますので、約束したら守りましょう。

あなたが無職で、財産が何もなければ、
返済できないので返済しなくていいってことになるのが現状です。

貸した人はたまらないですけど、死んでも払えと思いますけど、なぜかそれが許されるんですね。

あのー
大阪の会社がわざわざ東京の弁護士に頼む方が不自然と思いますけど。

契約書に紛争が発生した場合は大阪の裁判所って書いてましたよね?

弁護士もわざわざ東京に行く訳じゃないんですよ。

必要性があるときは仕方なく行きますけど。

裁判になったら、あなたがどこに住んでいようが、大阪の裁判所に行くことになるでしょう。

行かないのは自由ですが、不利になるだけです。

弁護士事務所と債務者の住所と手続きに違いはありません。

債務処理は
裁判→判決→財産差し押さえ


この...続きを読む

Qローン業者が作成する公正証書作成嘱託委任状について。

ローン業者が作成する公正証書作成嘱託委任状について。
はじめから公正証書を作らずに委任状で済ますのは、公正証書だとお金がかかり委任状だとお金がかからないからでしょうか?
この委任状は公証人役場で作る必要はないのですか?
公正証書作成の費用はどれくらいかかるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足で回答します。
ご指摘のように,ローン業者が借り主から委任状を取り付けておき,その後,この委任状で公正証書を作って差し押さえ手続きをすることが過去ありました。

この弊害を防ぐため,2年前の法改正で,ローン業者は,借り主から公正証書作成の委任状を取得することが禁止されたのです。また,代理人の選任に関与してもならないことになりました。改正前であれば,ローン業者が,あらかじめ借り主から取得しておいた委任状により自分の従業員を借り主の代理人にして公正証書を作成することがよく行われていましたが,法改正後はこれが禁止されました。

ですから,現在では,ローン業者が委任状を取得すること自体禁止され,この禁止ににもかかわらずこの委任状で公正証書を作ろうとしても,公証人は絶対にその嘱託を受けません。
この意味で無意味な委任状と書いたのです。

ただし,強制執行認諾文言のない委任状であれば,ローン業者はこれを借り主から取得して公正証書を作成を公証人に嘱託できますが,およそ,強制執行認諾文言がない公正証書ではせいぜい証明力が強い借用証という程度の意味しかありません。

補足で回答します。
ご指摘のように,ローン業者が借り主から委任状を取り付けておき,その後,この委任状で公正証書を作って差し押さえ手続きをすることが過去ありました。

この弊害を防ぐため,2年前の法改正で,ローン業者は,借り主から公正証書作成の委任状を取得することが禁止されたのです。また,代理人の選任に関与してもならないことになりました。改正前であれば,ローン業者が,あらかじめ借り主から取得しておいた委任状により自分の従業員を借り主の代理人にして公正証書を作成することがよく行わ...続きを読む

Q委任状があれば個人情報は開示請求できますか?

携帯電話代のことで、現在ソフトバンクショップと交渉をしています。

ショップ側は状況などを詳しく聞きたいので一度ショップまで来てください、本人が実際に来店しないと電話ではお答えできないの一点張りなのですが、そのソフトバンクショップというのが現在の居住地からだと飛行機でないといけない場所にあり困っています。

そこで、単身赴任中の夫なら車で行ける距離なので代わりに行ってもらおうと思ったのですが、その場合私の直筆の委任状を持たせれば、情報を開示するように請求することは法律上可能なのでしょうか?

ちなみにソフトバンクショップとの間でもめている契約の内容については、契約の際に夫も隣にいたので夫でも状況を話すことは可能なのですが、ショップ側はとにかく本人でないとダメだとしか言いません。

委任状を持たせたとしても、向こうが拒んでしまえば引き下がるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

>直筆の委任状を持たせれば、情報を開示するように請求することは法律上可能なのでしょうか?

法律で規定されていることではありません。
内容次第になりますが、先方が拒否する場合は委任状があっても拒否します。

確実に開示させたい場合は裁判所から開示命令を出してもらうしかありません。

Q委任状について

カテゴリをどこにすればいいのかわかりませんが役所などに持っていくようの委任状なのでここに書きます。
このたび委任状を書いてもらい書類を取りにいくのですが
委任状に押す印(委任者が押す印)はどんな種類の判子なのでしょうか?
また、委任状は役所に渡すのでしょうか?見せるだけでしょうか?
見せるだけならいろいろ回るので使いまわそうかと思います。

Aベストアンサー

 委任者が会社の場合は代表権のある役職者の社印を押して提出します。個人の場合は重要な書類なら実印とこれを証明する印鑑証明が必要になりますが、戸籍謄本などの取得の場合は三文判で構いません。
 委任状の使い回しは不可能でしょう。委任状にその用途が明記してありますからね。

Qお金の貸主から委任状をもらって相手(借主)と交渉。この委任状は法的に効果(意味)がありますか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を迫っていない)ので、代わりに私が行動を起こして、父が生きているうちに早く決着をつけたいと思います。
もちろん訴訟を起こすことも念頭に、まずは債務の内容を書面で相手にきちんと確認させることから始めて、公正証書を作成したり、抵当権を設定したり、保証人をつけさせたりなど、相手と交渉していきたいと考えています。

しかし、一度相手と接触したところ相手は「私はあくまでお父さんから借りたのだから、これは私とお父さんとの関係だ」というような口ぶりでした。

貸主の地位を私が父から譲り受ければ問題ないと思いましたが、いわゆる債権譲渡って税金も含めてかなりコストがかかるんですよね?(父が貸している金額もかなりの高額ですし)
だから債権を回収するための手段として父から債権譲渡してもらうのは無理そうです。

そこで、ある人から「お父さんから委任状をもらえば?」とアドバイスを受けました。
実は、当初 私自身も「委任」ということも考えたのですが、今回のような場合は「委任」を受けても “法律的” には効果を発揮しないのではないか(事実上の意味はあるかもしれないが)と思っていたのでした。

一般に「委任状」の存在は知っていますし、「委任」とか「代理」とかの法律上の意味もだいたいわかっているつもりです。
訴訟代理人である弁護士は、依頼者から「委任」を受けてすべての権限を持って相手と交渉する、ということも知っています。

ただ 今回、私が父から「今回の契約に関するすべての権限を子供に委任する」との「委任状」をもらった場合、これは相手に対して法律的に意味(効果)のあるものでしょうか?
相手が「名義人(貸主)はお父さんなんだから、君の言うことは聞かない。お父さんとしか話さない。」と言ったときに、父からの「委任状」を持っていることとの関係は法律的にどうなんでしょうか?

<追記>
書面上の名義人ですが、たとえば弁護士だと「○○の訴訟代理人 ○○弁護士(弁護士の押印)」ですよね?
今回、かりに交渉の法的権限(?)が私にあるとしても、再確認の契約書、公正証書、抵当権設定契約などにおける名義人は「父の名前(父の押印)」であって、契約上「私の名前(私の押印)」が出るわけではないですか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが父から委任を受けて、父の代理として相手と交渉あるいは取引等をすることは可能です。
法的にはあなたと父との間で委任契約を結びます。その中で代理権を付与してもらいます。
委任の内容としては、父の債務者に対する金銭消費貸借契約上の一切の権限を付与するとしてもらえばいいでしょう。
その委任契約書の内容、あるいは代理権を付与した内容の委任状を相手に提示すればいいのです。
疑うなら父に電話で確認してもらってもいいでしょう。

記名債券譲渡の話しも出ていますが、これは贈与ではなくて、父から債権をあなたが買い取るものですが、債務者との債権の内容がはっきりしていれば可能ですが、あやふやな場合は債権譲渡の内容もまたあやふやとなってしまいますので好ましいとは言えません。

まずは、あなたが代理人となって債務確認書を作成しようとされているのはいいことだと思います。

追加で質問があればどうぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報