お世話になってます。

簿記2級の未着品販売についてなんですが・・

(たぶん都度法で)決算整理仕訳時、未着品の期末有高を
仕入勘定から未着品勘定へ振替るという処理なんですが

未着品≒仕訳ってことなんですか??

未着品は商品が到着したら仕訳の処理をすると思っていたので、、

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確認ですが、ご質問は未着品(貨物引換証)の期末有高を「仕入勘定から未着品勘定へ」振替る方法でよろしいんですよね?



No.1さんのおっしゃる期末一括法を私も想像したのですが、それは期末時において、期中に商品と引き換えされた未着品(貨物引換証)の有高すべてを「未着品勘定から仕入勘定へ」振替る方法でした。

そこで調べたところ、三分法の一種で、商品到着の都度の仕訳とは別に、決算整理仕訳時にそういう仕訳をする方法があるようです。
期首有高に未着品が存在しない場合に用いられます。

ただし、その場合の決算整理仕訳は

仕入**(期末有高)/未着品**(期末有高)
未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)

とペアになっていなくてはなりません。

質問者様のご質問で求められる仕訳は下の1行だけですよね。

未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)

となると、あと考えられるのは、決算日ギリギリにおける未着品商品発送&到着のタイムラグを考えた処理かなと。
未着品(期末有高)が、決算日を過ぎた後、決算日以前に発送された商品と引き換えされる可能性を見越し、既に商品が到着し貨物引換証と引き換えに商品を受取った扱いの処理を、実はしていた。

仕入**(期末有高)/未着品**(期末有高)

ここからが、ご質問の仕訳内容になると思います。
決算整理前残高試算表には、上の仕訳が加わった数字が掲載された。
この時点で手許に貨物引換証は残っていない扱い、そして、仕入残高には、商品引き換え前の未着品(貨物引換証)の期末有高が加わっている。
ところが、決算日から数日経っても、やはり商品は到着しない。

だから、今度は、未着品の純粋な当期仕入高(貨物引換証と引き換えに受け取った商品の金額のみ)を確定させるために、仕入勘定を未着品勘定へ振り戻し、消えた未着品残高を復活させた。
これがご質問で提示された「仕入勘定から未着品勘定へ」の仕訳。

未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)

この他に案はうかばない…ごめんなさい。

まとめますと、「仕入**/未着品**」の仕訳は、仕入勘定において未着品売上原価の算定をするための仕訳です。
この計算は、期中にて都度都度行うか、期末時に一括して行うか、どちらかです。
一方、決算整理仕訳のみに登場する「未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)」の仕訳は、純粋な未着品当期仕入高(貨物引換証と引き換えに商品を受け取った数)を確定させるためのものです。

商品売買における「仕入」勘定はこのように、場合によって売上原価を現す性質と文字通り仕入高を現す性質とに分かれますので、要注意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってすみません!

私の質問の仕方が言葉足らずでした。。

前半に書いていただいてる「そこで調べたところ~方法が
あるようです。」の部分が私が知りたかった答えでした!

私が持ってるテキストの問題文には「期首有高に未着品が
存在しない場合」という条件が書かれてなかったんですが
そう仮定したら納得できました!

おかげですっきりしました。
詳しく回答してくださってありがとございました!

お礼日時:2011/04/20 09:20

それ、都度法やなくて、期末一括法やろね。



期末一括法はふつーの商品売買の三分法といっしょで、期末に棚卸みたいな整理をするんよ。

都度法は名前のとおり都度仕入とかを計上するもの、期末の整理はせえへん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってすみません!

特殊商品販売、、難しいです。。
勉強になりました!

ありがとございました!

お礼日時:2011/04/20 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未着品について

私の勤めている会社は、外資傘下の製造業を営んでいる会社です。海外にある系列工場より船便で部品を送ってもらい、日本で加工し製品としています。
その際、我社の工場に入る前と海外工場出荷後の間には、所謂未着品が発生しています。
この未着品はどちらの在庫と考えれば宜しいのでしょうか?
昨今、在庫日数の管理が海外の親会社から、厳しい目が注がれ、日本の工場サイドとしては、工場の倉庫に入っていないから、うちの在庫ではない!在庫から除外するとして、在庫日数計算しているようです。
宜しくお願いたします。

Aベストアンサー

未着品は自分の所の在庫になります。しかし、実際に目の前にはないので勘定は未着品勘定にします。
通常輸入品はFOBなので、相手の国を出港すると荷物の責任は輸入元が負うことになります。実際は海上保険をかけるので保険会社が補填してくれるでしょうが。
実際にインボイスは発行され、出港されているので自分の会社の在庫になります。しかし、EX/FACTORYの場合は相手国の出荷港で手続きが終わるまではこちらの在庫とはなりません。
でも在庫の滞日数の計算では除外してもいいと思いますがね。
貸借対照表では商品として在庫に含む。損益計算では在庫棚卸ではなく商品他勘定振替で処理するということでいいのではないでしょうか。

Q個人事業開業時の、持ち家の自宅兼事務所の経費等について

初めまして。
様々な本を読んだりして経理の勉強をしても
どうしても分からないのでどうか良きアドバイスをお願いいたします。

開業の準備は昨年1月からスタートし、
4月に小物の製作・販売をする個人事業として開業、
同時に青色申告の届出もいたしました。
現在はソリマチの「みんなの青色申告」を使用し複式簿記で記帳しております。

質問(1)
現在使用している自宅兼事務所の経費についてなのですが、
事務所使用割合は在庫の保管場所や作業部屋等を床面積で計算し、
30%としてあります。
建物の火災保険料、固定資産税も同様に30%としております。


あとは家屋の減価償却費についてなのですが、

家屋の購入が平成16年8月。
開業準備が平成18年1月。
開業が平成18年4月。

家屋の金額が3000万円。
銀行のローンが2500万円。
毎月の利息分4万円。
毎月の返済分4万円。
合計8万円が毎月個人の口座から引落とし。
とした場合、
家屋の減価償却費は、どのような計算で求めればよいのでしょうか?
また、毎月の記帳はどのようにすれば良いのでしょうか?

質問(2)
小物の製作に使用する機械もローンで購入しました。
こちらは購入日が平成18年1月。
付属機器等総額が200万円。
頭金100万円。
ローン100万円。
個人の口座より毎月2万円引落とし。

機械の耐用年数7年(税務署に貰った耐用年数表で調べました)
この場合減価償却費はどのように算出すれば良いのでしょうか?
また、毎月どのように記帳すれば良いのでしょうか?


本来なら今頃こんな事をしていては遅いのですが、
毎日慌しく、先延ばしにしていた結果この2点だけが残ってしまいました。
お恥ずかしい限りですが、皆様のお力をお借りできればと思います。
どちらかだけでも構いませんので、何卒よろしくお願いいたします。

初めまして。
様々な本を読んだりして経理の勉強をしても
どうしても分からないのでどうか良きアドバイスをお願いいたします。

開業の準備は昨年1月からスタートし、
4月に小物の製作・販売をする個人事業として開業、
同時に青色申告の届出もいたしました。
現在はソリマチの「みんなの青色申告」を使用し複式簿記で記帳しております。

質問(1)
現在使用している自宅兼事務所の経費についてなのですが、
事務所使用割合は在庫の保管場所や作業部屋等を床面積で計算し、
30%としてあります...続きを読む

Aベストアンサー

#2の者です。

>償却基礎価格の計算は
>土地代金を引いた家屋の金額のみで計算すれば良いのでしょうか?

仰るとおりです。土地は非減価償却資産ですから、開業日現在の評価額の計算は
家屋についてだけ行います。

家屋の場合、

・ 業務転用後の減価償却計算の計算要素となる「業務転用日現在の評価額」を
  算定しなければならない。
・ 青色申告決算書の3頁の「○ 減価償却費の計算」に記載される「未償却残高」と、
  4頁の貸借対照表の期末の残高とは一致している必要がある。

といったことから、家屋は非事業用部分を含めた全体を資産計上しますが、
土地については減価償却しませんから、強いて資産計上する必要はありません。
ただ、固定資産税は土地についても課されていますから、
その30%を租税公課に計上する根拠を明示するために資産計上しておく、
ということも考えられます。
土地を資産計上すれば、その分だけ開業日の元入金が増えることになります。

家屋の取得価額が2,000万円でしたら、#1の
(1) 1,800万円
(4) 1,800万円×0.031×2年=1,116,000円
(5) 2,000万円-1,116,000円=18,884,000円
となります。また、平成18年分の家屋の減価償却費等は
  1,800万円×0.046×9月/12=621,000円
  621,000円×30%=186,300円(必要経費)
  621,000円-186,300円=434,700円(事業主貸)
  18,884,000円-621,000円=18,263,000円(償却後の未償却残高)
となります。

#2の者です。

>償却基礎価格の計算は
>土地代金を引いた家屋の金額のみで計算すれば良いのでしょうか?

仰るとおりです。土地は非減価償却資産ですから、開業日現在の評価額の計算は
家屋についてだけ行います。

家屋の場合、

・ 業務転用後の減価償却計算の計算要素となる「業務転用日現在の評価額」を
  算定しなければならない。
・ 青色申告決算書の3頁の「○ 減価償却費の計算」に記載される「未償却残高」と、
  4頁の貸借対照表の期末の残高とは一致している必要がある。

とい...続きを読む

Q金利の調整とは?

償却原価法の勉強をしていてどうしても意味が分からないところがあったので質問します。
「債権を債権金額より低い価額又は高い価額で取得した場合において、取得原価との差額の性格が金利の調整と認められる時は、償却原価法に基づいて・・・」
とありますが、「金利の調整」とはどういうことでしょうか?どういう時に何のためにするものなのでしょうか?また「金利の調整と認められる時」とはどんなときですか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

例えば、額面が100のものを95で取得して5年間で満期になるとします。

取得時 有価証券 95/現金預金 95 ですよね。

そのまま何もしないと
5年後 現金預金 100/有価証券  95
               有価証券利息 5
と、差額5が発生します。

でもこの差額5は、5年間持っていたから発生したものです。
だから収益を5年目だけじゃなくて5年間に均等にだしてあげよう、
と考えるのが償却原価法です。

期末 有価証券 1/有価証券利息 1
を毎期末にすることで利息が1づつ5年間にわけることができます。

5年後 現金預金 100/有価証券  99
               有価証券利息 1

となりますから。

>「金利の調整」とは
こうすることによって、利息が調整できるわけです。

>「金利の調整と認められる時」とはどんなとき
問題文にあるのであまり気にしなくていいと思います。

Q原価になる費用と、販管費になる費用 ルールは?

会社の費用は、原価になるものと、販管費になるものがあると思いますが、どの費用がどちらに分類されるのかというルールはあるのでしょうか?それは何によって規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

>原価

 製品の製造にかかる費用
 材料費、製造に係わる労務費、外注費、製造部門で使う備品費、消耗品費、固定資産の減価償却費、電気代など
 製造に係わる間接要員(管理部門、管理職)の費用も含まれる。

>販管費

 販売や管理にかかわる費用
 営業、総務、経理の労務費や消耗品費やその他
 運送費

 上記の区分けがが基本だと思いますが、会社の考え方や区分けにより若干変ります。
 製造コスト以外を販管費(販売管理費)としています。
 細かいことをいうと、原則、建物費用や電気代、水道代も、製造コストと販管費に分けます。

Q未着品売買は「手許商品区分法」ですか?

とくに参考書には「何法」とは記載されていないのですが
未着品売買は
手元にある商品と送った商品を区別する方法をとっているため
試用販売にででてくる「手許商品区分法」と一緒でしょうか?

また試用販売は
対照勘定法と手許商品区分法がありますが
未着品売買は手許商品区分法のみですか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の持っているテキストには「手許商品区分法」と書いてあり
ますよ。
「手許商品と区分するために仕入勘定ではなく未着品勘定を用
いる」とされてます。
1級まで勉強してますけど、未着品売買は手許商品区分法しか
出てきませんね。

ちなみに手許商品区分法には、その都度法と期末一括法があり
ます。貨物代表証券のまま転売した時に、
仕入 ○○/未着品 ○○ 
という振り戻す仕訳を転売の都度するのか、期末にまとめてす
るのかの違いです。
2級では決算の処理は習わないのでその都度法しか出ないはず
です。1級では両方出ます。

決算時には
仕入 ○○/未着品 ○○(未着品勘定の残高)
未着品 ○○/仕入 ○○(期末未着品原価)
という仕訳をします。

仕入先から発送されてまだ届いてない商品(未着品)も決算時
は資産として計上しないといけないので、税務調査では漏れ
がないかどうかも見られるみたいですよ。

Q税理士になりたいのですが年齢が40歳を超えてます

税理士事務所で働いている人、又は税理士をやっている方に質問です。私は簿記1級を持っています。そこで、転職して税理士受験を考えています。しかし、年齢的に40歳を超えており、会計事務所への転職は難しいとTACのアドバイザーに言われました。やっぱり、40歳を超えると、一部科目合格していても、年齢的に会計事務所への転職は難しいですか?ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が生きるのではなく、中小企業・個人事業主の日常の処理がほとんどですので、3級合格程度でも若い体力のある方を求めます。
高度な処理は税理士がするので、これで充分なのです。一級合格40歳だと「こき使うわけにはいかんだろうな」という面もあります。
40歳、税理士試験の簿財合格という方が、知人の税理士事務所に採用されましたが、この方は外資系営業経験があり、日常英会話と、契約書を作成するレベルの専門用語を使用しての会話ができた点を買われて採用されました。
会計事務所で「それが欲しい」という別の能力があるなら、採用もあります。

仮に45歳で合格、独立したとして、少なくとも3年間は喰っていけるような収入はないと思った方がいいです。
ここで奥様がどのように協力してくださるかも考えてください。

定年退職がない仕事ですので、魅力があります。
勧めないという意見ももっともです。
仕事以外の時間をすべて学習に向けるのは、きついですよ。
私自身は「独身時代の空白の6年間」と呼んでますが、夕食時と大晦日、元旦以外はテレビを見ない6年間でしたので、その間のアイドルとか流行歌とかまるっきりわかりません。
なつかしのアイドル番組などみても「これって誰?」状態です。流行っていたドラマなど名前も知りません。
妻は「あなたの空白時代に活躍した人だよ」と笑います。
覚悟しないとできませんよ。

一級合格してるのですから、それを無駄にしないようにして欲しく思います。

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が...続きを読む

Q前払年金費用について

退職給付会計における前払年金費用について教えて下さい。
退職給付のうち企業年金部分で次のような場合があるとします。

期首退職給付引当金 9000
期中退職給付費用  600
年金支給額     700
掛金拠出額     1000

この場合、期末の退職給付引当金は9000+600-700-1000=7900となります。

一方で予測値と実績が次のようになったとします。

(予測値)
退職給付債務10000
年金資産  12000

(実績)
退職給付債務12000
年金資産  12500

このような場合、B/Sの前払年金費用と退職給付引当金はいくらになるのでしょうか?
(未認識差異は翌期からの処理とします)

前払年金費用を計上する際の仕訳についても教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問分の中の「一方で」の前と後の脈絡がよく分からいのですが、前の部分は質問とは関係なくただの例示と考えて回答します。
その上で、前の部分;

>この場合、期末の退職給付引当金は9000+600-700-1000=7900となります。//

違います。8,600です。年金支給額は退職給付債務と年金資産の双方が減額されるので、退職給付引当金計算では差引0となって考慮の必要がなくなります。


さて、ご質問内容である「一方で」の後の部分;

>このような場合、B/Sの前払年金費用と退職給付引当金はいくらになるのでしょうか?//

前払年金費用が2,000です。
仮に、このご質問の「一方で」の前と後が繋がったご質問であって、企業年金部分に8,600の退職給付引当金が計算されるとしたら、企業年金部分以外の部分で10,600の前払年金費用が計算され、差引2,000の前払年金費用の計上とするのが妥当と思います。前払年金費用と退職給付引当金の併記計上は下記規定にそぐわないと思います。

「退職給付債務から年金資産の額を控除した額を負債として計上する。
ただし、年金資産の額が退職給付債務を超える場合には、資産として計上する。」
(平成24年5月17日改正 企業会計基準第26号 退職給付に関する会計基準 第13項)

前払年金費用2,000の計算方法は単純に
年金資産 12,000-退職給付債務 10,000
です。未認識数理計算上の差異はご指示通り翌期からの処理とすれば考慮不要です。

但し、連結会計で計上するのなら、「前払年金費用」ではなく、「退職給付に係る資産」500を計上です。計算は実績値を用い、
年金資産 12,500-退職給付債務 12,000
です。

>前払年金費用を計上する際の仕訳についても教えてください。
個別会計であれば、普通に「退職給付引当金」科目を用いて通常のプロセスで計算し、集計後「退職給付引当金」の借方残2,000を

前払年金費用 2,000  / 退職給付引当金  2,000

で前払年金費用に振替えればいいと思います。


連結会計の場合には、未認識数理計算上の差異が純額で1,500の損失発生となっているので、その部分を

退職給付に係る調整額 1,500  / 退職給付引当金    1,500
繰延税金資産      600  / 退職給付に係る調整額  600
         (税率を40%として計算)

とし、個別会計時に集計していた「退職給付引当金」の借方残2,000との相殺額として借方残500を計算し、

退職給付に係る資産 500  / 退職給付引当金  500

と振替えればいいと思います。個別にせよ連結にせよ「退職給付引当金」科目で仕訳しておいて、借方残/貸方残を確認の上、必要に応じて表示科目に振替(今回は「前払年金費用」または「退職給付に係る資産)すればいいと思います。

こんにちは。

ご質問分の中の「一方で」の前と後の脈絡がよく分からいのですが、前の部分は質問とは関係なくただの例示と考えて回答します。
その上で、前の部分;

>この場合、期末の退職給付引当金は9000+600-700-1000=7900となります。//

違います。8,600です。年金支給額は退職給付債務と年金資産の双方が減額されるので、退職給付引当金計算では差引0となって考慮の必要がなくなります。


さて、ご質問内容である「一方で」の後の部分;

>このような場合、B/Sの前払年金費用と...続きを読む


人気Q&Aランキング