お世話になってます。

簿記2級の未着品販売についてなんですが・・

(たぶん都度法で)決算整理仕訳時、未着品の期末有高を
仕入勘定から未着品勘定へ振替るという処理なんですが

未着品≒仕訳ってことなんですか??

未着品は商品が到着したら仕訳の処理をすると思っていたので、、

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確認ですが、ご質問は未着品(貨物引換証)の期末有高を「仕入勘定から未着品勘定へ」振替る方法でよろしいんですよね?



No.1さんのおっしゃる期末一括法を私も想像したのですが、それは期末時において、期中に商品と引き換えされた未着品(貨物引換証)の有高すべてを「未着品勘定から仕入勘定へ」振替る方法でした。

そこで調べたところ、三分法の一種で、商品到着の都度の仕訳とは別に、決算整理仕訳時にそういう仕訳をする方法があるようです。
期首有高に未着品が存在しない場合に用いられます。

ただし、その場合の決算整理仕訳は

仕入**(期末有高)/未着品**(期末有高)
未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)

とペアになっていなくてはなりません。

質問者様のご質問で求められる仕訳は下の1行だけですよね。

未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)

となると、あと考えられるのは、決算日ギリギリにおける未着品商品発送&到着のタイムラグを考えた処理かなと。
未着品(期末有高)が、決算日を過ぎた後、決算日以前に発送された商品と引き換えされる可能性を見越し、既に商品が到着し貨物引換証と引き換えに商品を受取った扱いの処理を、実はしていた。

仕入**(期末有高)/未着品**(期末有高)

ここからが、ご質問の仕訳内容になると思います。
決算整理前残高試算表には、上の仕訳が加わった数字が掲載された。
この時点で手許に貨物引換証は残っていない扱い、そして、仕入残高には、商品引き換え前の未着品(貨物引換証)の期末有高が加わっている。
ところが、決算日から数日経っても、やはり商品は到着しない。

だから、今度は、未着品の純粋な当期仕入高(貨物引換証と引き換えに受け取った商品の金額のみ)を確定させるために、仕入勘定を未着品勘定へ振り戻し、消えた未着品残高を復活させた。
これがご質問で提示された「仕入勘定から未着品勘定へ」の仕訳。

未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)

この他に案はうかばない…ごめんなさい。

まとめますと、「仕入**/未着品**」の仕訳は、仕入勘定において未着品売上原価の算定をするための仕訳です。
この計算は、期中にて都度都度行うか、期末時に一括して行うか、どちらかです。
一方、決算整理仕訳のみに登場する「未着品**(期末有高)/仕入**(期末有高)」の仕訳は、純粋な未着品当期仕入高(貨物引換証と引き換えに商品を受け取った数)を確定させるためのものです。

商品売買における「仕入」勘定はこのように、場合によって売上原価を現す性質と文字通り仕入高を現す性質とに分かれますので、要注意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってすみません!

私の質問の仕方が言葉足らずでした。。

前半に書いていただいてる「そこで調べたところ~方法が
あるようです。」の部分が私が知りたかった答えでした!

私が持ってるテキストの問題文には「期首有高に未着品が
存在しない場合」という条件が書かれてなかったんですが
そう仮定したら納得できました!

おかげですっきりしました。
詳しく回答してくださってありがとございました!

お礼日時:2011/04/20 09:20

それ、都度法やなくて、期末一括法やろね。



期末一括法はふつーの商品売買の三分法といっしょで、期末に棚卸みたいな整理をするんよ。

都度法は名前のとおり都度仕入とかを計上するもの、期末の整理はせえへん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってすみません!

特殊商品販売、、難しいです。。
勉強になりました!

ありがとございました!

お礼日時:2011/04/20 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在庫管理の移動平均法について

お世話になっております。
在庫管理の移動平均法について質問があります。

移動平均法は、期間を区切っていいのでしょうか?
可能な場合は、税務署に申請が必要なのでしょうか?

例えば、「2004/1月から平均を取ったが、2005/1月からは新たな平均を取る」です。
切り替える際の、在庫単価は最終仕入値を使います。

上記の質問理由は、在庫原価が急激に変動して、昔の値を平均値に加えたくがないためです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 移動平均法は棚卸資産を新たに仕入れるごとにそのときに残存していた棚卸資産と新たに仕入れた棚卸資産とについて平均単価の改訂が行われたものとして棚卸資産を評価する方法です。
 棚卸資産の棚卸高はその人が選定している評価方法によらなければならないとなっておりますので、
 期間を区切るとか、最終仕入れ単価法を採用するとかは自由にできません。
 届出が無い場合は最終仕入れ原価法によるとなっていますが。移動平均法を採用していればそれによらなければなりません。

Q115回 簿記2級 委託(積送品)販売

問題
 かねて山梨商店に販売の委託をし、
A商品10個(原価@5,000円、売価@7,000円)を積送していたが、
本日、そのうち8個を顧客に販売した旨の売上計算書を受け取った。
なお、売上計算書には山梨商店が立替払いした包装費2,400円と販売手数料5,600円の記載があった。

 当店は、委託販売について、
積送品勘定を用いて手許商品と区分して処理する方法によって記帳しており、
販売時において積送品売上を手取金額で計上するとともに、
そのつど販売した積送品の原価を仕入勘定に振り替える処理を行っている。
また、山梨商店に対する債権債務は、委託販売勘定を用いて処理する。

答え
(借)委託販売 48,000 (貸)積送品売上 48,000
(借)仕入   40,000 (貸)積送品   40,000 

_____________________________________________

「(借)仕入   40,000 (貸)積送品   40,000 」の部分については理解できるのですが

「(借)委託販売 48,000 (貸)積送品売上 48,000」について
なぜ
売価@7,000円×8個=56,000円から
積送諸掛(包装費2,400円と販売手数料5,600円)8,000円を控除しているのでしょうか?
選択できる勘定科目に積送諸掛がないからですか?
「積送売掛金」なら積送諸掛も含めることが可能ですが
委託販売という勘定科目は積送諸掛は含めないのでしょうか?

どうやって判断して解くべきなのかわかりません。
よろしくお願いします。

問題
 かねて山梨商店に販売の委託をし、
A商品10個(原価@5,000円、売価@7,000円)を積送していたが、
本日、そのうち8個を顧客に販売した旨の売上計算書を受け取った。
なお、売上計算書には山梨商店が立替払いした包装費2,400円と販売手数料5,600円の記載があった。

 当店は、委託販売について、
積送品勘定を用いて手許商品と区分して処理する方法によって記帳しており、
販売時において積送品売上を手取金額で計上するとともに、
そのつど販売した積送品の原価を仕入勘定に振り替える処理を行...続きを読む

Aベストアンサー

P.S.
上記の問題の場合どこでこの2つのパターンを選択するかと言うと、「販売時において積送品売上を手取金額で計上する・・・」により判断する事となります。

Q月別移動平均法と総平均法(月別)の違いは何ですか?

月別移動平均法と総平均法(月別)の違いは何ですか?
ある会社の報告書を読んでいて上記の記述がありました。

Aベストアンサー

月別移動平均法と月別移動平均法は、結果的に計算結果は同じです。

では、なぜ月別移動平均法と月別総平均法があるのかと疑問が生じるかもしれません。
これは原則的な移動平均法と総平均法という棚卸の評価方法という理論からくるものです。
つまり、理論的な入口がちがうのです。

移動平均法は、その名の通り商品を仕入れる毎に商品単価を計算します。
例外として月別も認めているのです。

総平均法の原則は期首と期末の平均で単価を計算します。
例外として月別、半年毎も認めているということです。

上記のとおり、それぞれの例外として認められている月別は
結果的に計算結果は同じになるということです。

よって、報告書の注記に記載されている評価方法は、もともとの
会社として総平均か移動平均を原則にしているかが記載されている
ことになります。

Q簿記1級 割賦販売 取戻品の処理について

簿記1級 割賦販売 取戻品の処理について

取戻し商品の処理で未実現利益控除法を用いた時、前期と当期でどうして仕訳が異なるのか教えてください。

Aベストアンサー

原価80の商品を100で割賦販売すると以下の仕訳をしますよね。
(仕  入) 80 (買 掛 金) 80
(売 掛 金)100 (売  上)100
(利益控除) 20 (繰延利益) 20
割賦金が未回収であれば、当然、当期の利益は0です。

そして、次の会計期間に繰り越すのは次の2つです。この2つの科目の関係は、売掛金100の中に未実現の利益が20ありますよ~という関係です。
(売 掛 金)100 (繰延利益) 20

これが回収不能になり、商品を取り戻したら・・・
(繰延利益)20 (売 掛 金) 100
(戻り商品)80
売掛金がなくなると同時に、利益20も永久に実現することはなくなったので取り消す必要があるわけです。
取り戻した商品の価値が下がっていない限り損失も計上されないので当期の利益も0です。


これが、当期販売商品が戻ってきたものだったら・・・
販売時には以下の仕訳をしてます。
(仕  入) 80 (買 掛 金) 80
(売 掛 金)100 (売  上)100

これが回収不能になり、商品を取り戻したら・・・
(戻り商品)80 (売 掛 金) 100
(戻り損失)20
取り戻した商品の価値が下がっていない限り、収益100-費用100で当期の利益は0です。
当期販売分の売掛金はまだ繰り越していないので繰延内部利益は当然計上されてません。

繰延内部利益を計上しているかしていないかによって、仕訳が異なるわけですが、
商品を販売したが、その後取引を解消しその商品を取り戻したということは、結果として、取戻商品が同じ価値で戻ってくる限り、損は出ないはずです。
そういう視点で考えてみるのもよいと思います。

原価80の商品を100で割賦販売すると以下の仕訳をしますよね。
(仕  入) 80 (買 掛 金) 80
(売 掛 金)100 (売  上)100
(利益控除) 20 (繰延利益) 20
割賦金が未回収であれば、当然、当期の利益は0です。

そして、次の会計期間に繰り越すのは次の2つです。この2つの科目の関係は、売掛金100の中に未実現の利益が20ありますよ~という関係です。
(売 掛 金)100 (繰延利益) 20

これが回収不能になり、商品を取り戻したら・・・
(繰延利益)20 (売 掛 金) 100
(戻り商品)80
売掛金がなくなると同時に、利益2...続きを読む

Q移動平均法における新単価の再計算のタイミングは?

 移動平均法における払出単価の再計算のタイミングはいつなのでしょうか?
 一般的には材料購入時点といわれていますが、4捨5入の関係で、材料使用時点で単価が微妙に変化する場合もあります。ちなみに、具体的には、次のとおりです。
 問題:6月度の払出価額合計を移動平均法により計算せよ。なお、計算過程において算出される払出単価は円位未満を4捨5入。(第24回建設業経理事務士検定試験2級第3問)

A材料の6月度の受払状況
6/1 前月繰越100kg@250円(残高25,000円)
6/4 払出80kg(△20,000円、新@は残高5,000円÷20kg=250円で変わらず)
6/8 受入120kg@360円(+43,200円、新@は残高48,200円÷140kg=344円)
6/15 払出60kg(△20,640円、新@は残高27,560円÷80kg=4捨5入の関係で345円に変化)
6/20 払出50kg(この場合の@は344円or345円?それによって払出価格が17,200円と17,250円に分かれる)以下略

 なお、主催者からは正解が公表されていません。簿記学校や解説書により正解が57,840円と57,890円に分かれています。
 他の人の意見は、払出時に4捨5入の関係で単価が変化しても、あくまで払出時の単価は受入時(購入時)の単価を適用すべきであり、教科書等でも「新たな材料を購入した都度、~~」と書いてある、というのが主流です。
 私の意見は、確かに通常はそれでよいかもしれないが、実際には受入と払出だけではなく、返品や値引、割戻なども考えられるので、「何かあった都度」再計算すべきではないのか、というものです。
 そもそも問題作成時点でのチェックが甘い「悪問」といってしまえばそれまでですが、出題された以上、愚痴をいっても仕方がありません。どなたか、お知恵を拝借できないでしょうか?よろしくお願いします。

 移動平均法における払出単価の再計算のタイミングはいつなのでしょうか?
 一般的には材料購入時点といわれていますが、4捨5入の関係で、材料使用時点で単価が微妙に変化する場合もあります。ちなみに、具体的には、次のとおりです。
 問題:6月度の払出価額合計を移動平均法により計算せよ。なお、計算過程において算出される払出単価は円位未満を4捨5入。(第24回建設業経理事務士検定試験2級第3問)

A材料の6月度の受払状況
6/1 前月繰越100kg@250円(残高25,000円)
6/4 払出80kg(△20,000円、...続きを読む

Aベストアンサー

 移動平均法や先入先出法等は、払出し単価を求める方法です。
 本問によれば、15日の段階で単価は345円になっていますので、当然20日の払出しは、@345円で行います。
 本問のように端数が生ずる場合は、受入時だけでなく、払出し後においても単価が変動する可能性があるので、単価を算定する必要があります。
(これをやらないと、払出し後の数量、単価、残高の数値に矛盾が生ずることがあるからです。)
 なお、端数が出るのは当たり前なので、私は悪問だとは思いませんよ。

Q簿記3級 消耗品 消耗品費

(費用法)
7月7日 消耗品372,000円を現金で購入した。
12月31日 決算を迎えた。消耗品の期末有高は64,000円であった。

このときの仕訳なのですが、
なぜ、
(消耗品) 64,000  (消耗品費)64,000
(損 益)308,000  (消耗品費)308,000
のように、貸方に消耗品費が2つ出てくるのでしょうか。

Aベストアンサー

例えば、消耗品費 372,000円分を72,000円は現金で払って残りは月末払いにしたときは
(消耗品費)  72,000  (現金)  72,000
(消耗品費) 300,000  (未払金) 300,000
でもいいのですが、
(消耗品費)  372,000  (現金)  72,000 
               (未払金) 300,000
とまとめるほうが一般的です。

 しかし損益振替(主に当期純利益を求めるための仕訳)の場合は
(消耗品) 64,000  (消耗品費)64,000
とすることで消耗品費の残高を一旦308,000円と確定させます。
そのうえで
(損 益)308,000  (消耗品費) 308,000
のように振替えます。(費用の科目を貸方に、収益の科目を借方に集合させます)。
その際、損益に対応する科目の金額は同額になります。この場合、(損益)と(消耗品費)は表記上、308,000円という同額で対応します。
 
 (消耗品) 64,000  (消耗品費)372,000
(損 益)308,000  
のような仕訳の仕方は、形の上ではまずあり得ないと思ってください。

〔No.1より〕

例えば、消耗品費 372,000円分を72,000円は現金で払って残りは月末払いにしたときは
(消耗品費)  72,000  (現金)  72,000
(消耗品費) 300,000  (未払金) 300,000
でもいいのですが、
(消耗品費)  372,000  (現金)  72,000 
               (未払金) 300,000
とまとめるほうが一般的です。

 しかし損益振替(主に当期純利益を求めるための仕訳)の場合は
(消耗品) 64,000  (消耗品費)64,000
とすることで消耗品費の残高を一旦308,000円と確定さ...続きを読む

Q商品有高帳の移動平均法で

商品の平均単価が小数点(100.3円など)になり
売上があった際、
売上額が小数点を含んだ数字になった時は
扱いはどうするのでしょうか?

四捨五入すればよいのでしょうか?
それだと他の計算に影響が出そうな気がするんですが…

ご存知の方、回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の問題ですと割り切れない場合の端数処理の指示がありますが、通常は小数点以下四捨五入の処理をします。

移動平均法は棚卸資産の「払出単価」を計算する手法なので、先に売上原価が決定され、期末に期末商品の金額が決定します。

「他の計算に影響」については、払い出しの都度平均単価を計算しますので、その都度、売上原価の金額に影響してきます。

http://homepage2.nifty.com/NODE/accounting/bookkeeping/jituryoku-3-2-a.htm

参考URL:http://www.yayoi-kk.co.jp/icare/faq/quickbooks/qb3/1/hanbai_03.html

Q日商簿記2級と建設簿記(2・3級)

今年の6月の日商簿記試験で3級に合格しました
今度は、日商簿記2級に挑戦しようと思っていましたところ、
つい先日、建設簿記というものがあるということを初めて知りました。
私はずっと建設関係で働いてきたのですが、経理部門ではなかった為
建設簿記というものがあるという事を全く知らず・・・(無知も良いところですね・・・)
せっかく簿記を勉強するのなら、建設簿記にすれば良いのではないかと周りに勧められています
調べた結果、次回の建設簿記の試験は9月ですが、申し込みは締め切られており、その次は来年の3月です
11月の日商簿記2級に挑戦後、3月の建設簿記(2・3級同時)に挑戦・・・というのはどうかな?・・・と自分で考えたのですが、
日商簿記と建設簿記・・・両方取得する方向でいくのは無謀(無駄?)でしょうか?
また、今後、転職等をふまえて考えると、日商簿記と建設簿記、どちらが有利になってくるのでしょうか?
長くなってしまいましたが、詳しい方、どうか教えて下さい

Aベストアンサー

建設簿記というのは建設業経理士のことでしょうか??
日商簿記2級の知識があって、建設業の基本的な勘定科目等を知っていればほとんど勉強しなくても建設業経理士2級は合格できます。
私がそうでしたからほぼ間違いないでしょう。
建設業経理士3級は持っていて悪いとは言いませんが、あまり必要ないと思います。
11月に日商簿記2級、翌年3月建設業経理士2級。充分に間に合います。

ちなみに建設業経理士は土建関係及びその周辺の業種に関しては多少の強みはありますが、それ以外の会社には特に強みにはなりません。
日商簿記と違って広範に知られている資格でもないので『こんな資格あるの?』と聞かれたりもします(笑)

Q期中の在庫評価方法の変更について

期中で先入先出法から移動平均法に変更する際の考慮点について教えてください。
弊社は4月~3月を1会計年度としています。
この10月より在庫評価方法を先入先出法から移動平均法に変更することを考えております。
移動平均法に変更した場合、変更時点の在庫数と在庫残高をセットして計算することで問題無いでしょうか? 
それとも4月まで遡って移動平均法で計算をし直す必要がありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
貴社が「棚卸資産の評価に関する会計基準」の強制適用法人なのか適用外中小法人なのかは分かりませんが、私としましては法人税法の立場から記させていただきます。


最初に大切な事を確認したいのですが、

>この10月より在庫評価方法を先入先出法から移動平均法に変更することを考えております。

既に棚卸資産の評価方法として「先入先出法(原価法or低価法)」を届けておられる場合において、今事業年度から別の評価方法を適用されたい場合は変更しようとする事業年度開始の日の前日までに変更の承認申請書を出す必要がございます。
現時点ではまだ変更を考えておられる段階にすぎず承認申請書が未提出であられる場合は、今事業年度にかかる申告上は変更は認められないため、仮に決算上で変更処理を行ったとしても申告調整が必要となります。
また、現在採用されておられる評価方法の変更は、採用後3年を経過しないと出来ない事になっております。


>移動平均法に変更した場合、・・・

法人税法が規定しております移動平均法は、いわゆる「その都度移動平均法」といわれるものです。

法人税法施行令 第二十八条1一ホ
 移動平均法
  棚卸資産をその種類等の異なるごとに区別し、その種類等の同じものについて、当初の一単位当たりの取得価額が、再び種類等を同じくする棚卸資産の取得をした場合にはその取得の時において有する当該棚卸資産とその取得をした棚卸資産との数量及び取得価額を基礎として算出した平均単価によつて改定されたものとみなし、以後種類等を同じくする棚卸資産の取得をする都度同様の方法により一単位当たりの取得価額が改定されたものとみなし、当該事業年度終了の時から最も近い時において改定されたものとみなされた一単位当たりの取得価額をその一単位当たりの取得価額とする方法をいう。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40SE097.html

この場合において、払出および残高に使われる単価は、取引の都度ではなく1ヶ月毎に区切って計算する月別移動平均法も認められております。(法人税法基本通達5-2-3)

以上から結論付けられますことは、変更自体が期首からというのが前提でございますので、4月からその都度もしくはひと月毎に計算する事になろうかと思います。


http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_02_01.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_02_02.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_02_04.htm
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/mokuji.htm

これらの点をよく確認し、ご判断下さい。
ご参考にしていただけましたら、幸いです。

こんにちは。
貴社が「棚卸資産の評価に関する会計基準」の強制適用法人なのか適用外中小法人なのかは分かりませんが、私としましては法人税法の立場から記させていただきます。


最初に大切な事を確認したいのですが、

>この10月より在庫評価方法を先入先出法から移動平均法に変更することを考えております。

既に棚卸資産の評価方法として「先入先出法(原価法or低価法)」を届けておられる場合において、今事業年度から別の評価方法を適用されたい場合は変更しようとする事業年度開始の日の前日ま...続きを読む

Q日商簿記2級か全商簿記1級か

自分は高校2年です。全商簿記2級を持っています。
全商協会特別推薦対象大学というものでの進学を狙っています。
私の行きたい大学の資格条件には日商簿記2級か全商簿記1級があります。
来年の9月までにはこの種目を取らないといけないです。
日商簿記は来年の2月と6月の2回チャンスがあります。
全商簿記は来年の6月の1回のチャンスがあります。
合計3度のチャンスしかありません。
日商簿記2級と全商簿記1級(会計と原価)はどちらが難しいでしょうか?
また、今から勉強して2月の日商簿記2級に合格することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

高校生にとっては全商の方が易しいと思います。

全商は教師が問題作りを、生徒が解答し、教師が採点します。
このシステムは高校の期末試験と同じです。
また良くも悪くも学習指導要領に影響されます。
内容は基礎が多く基本に忠実です。
勘定科目や言葉遣いなどは教科書と同じになるように気をつかっています。
高校生には取っつきやすいです。
逆に日商に慣れている人にとっては戸惑います。

全商1級の特徴は科目合格制ですが、チャンスが1回しかないのなら活かせません。

日商2級は学者が問題を作り、会議所の職員が採点します。
日商2級は法規や基準などが絶対的な正解となります。
学習指導要領に縛られる全商とは違う内容が正解になることもあります。

3ヶ月間での日商2級の学習時間は、社会人ならば1日3時間くらいです。
実際には人それぞれなので、もっとかかる人もいます。


人気Q&Aランキング