辛淑玉氏は
「最近、あちこちで文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』と言ってやる。だけど、アイツ働かないからな(笑い)」
と言ったことがあるそうです。

たしかに、桓武天皇の母は百済王の子孫ですし、神話においてもスサノオが息子を連れて新羅に降り立ったことはが書かれておりますが、
その論理で言えば、
清和天皇の子孫たる源姓を持つ人たち、つまり鎌倉時代の将軍の源氏、室町時代の将軍の足利氏、江戸時代の将軍の徳川氏、武田信玄、吉良上野介も第79代内閣総理大臣細川護熙氏も朝鮮人、
桓武天皇の子孫たる平姓を持つ人たち、つまり平清盛、北条時宗、上杉謙信も朝鮮人、
百済王の子孫たる大内義興も朝鮮人、
朝鮮出兵時に日本に連行された朝鮮人の子孫たるA級戦犯東郷茂徳も朝鮮人。
ということになり、
日本国民のうちで朝鮮人である人がかなりいることになりますが、
日本国民のうち大体何人ぐらいが辛淑玉氏に朝鮮人と分類されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

建国記念の日は何年。

    • good
    • 0

今まで政府はなにやってきたの?

    • good
    • 0

wy1です。

 日本国民と日本人と日本人種は異なった内容だと思います。 辛淑玉氏の分類?は全く学問的と言うか
まともに相手に出来ませんね。日本国民は全員(人種ではなくて)日本人です。 アメリカ系日本人、朝鮮系日本人、
中国系日本人、フィリピン系日本人、、、、 もう何系か不明の日本人など色々でしょう。私なんか何代遡れるか知りませんが、父方は江戸時代には存在していたようです。少なくとも日本人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辛淑玉氏の過去の発言

「日本ジャーナリスト会議北海道支部 2002年11月9日
辛淑玉講演要旨より

 私は男子高校を回って10校中7、8校で同じ質問をされます。進路や差別、就職活動に関する講演を行っている時にです。何だと思いますか。

 それは、「日本が好きですか」という質問なのです。私が行くのは、比較的偏差値の高い学校ですが、私が日本人らしくない名前で、彼らにすると初めて見る生意気な女なのでしょう。そこで私は「あなたの言っている日本とは政治、文化、それとも?」と聞き返してやります。すると、彼らは「日本人は好きですか」と聞き返してくる。そしたら私は「日本人の中にアイヌ民族、沖縄の人、父親と母親の国籍の違う人、同性愛の人、ハンディキャップを持っている人・・・は含まれるの? 女は含まれるのかい」と聞いてやるのです。」

上記の通り、辛淑玉氏は人に対して、「日本とは何か」、「日本人とは何か」についてここまで明確に定義することを要求している人物なので、天皇を朝鮮人と分類した基準について、彼女なりに明確な定義を持っていて、私の質問に対してもよどみなく答えられると思ったのですが、何人かの回答者様の回答内容を見ても辛淑玉氏の定義は分かりませんね。

お礼日時:2011/05/02 15:32

ま、ただのジョークなんだから、マジメに考えるのもどうかと思うけれど、その朝鮮出身説は、諸刃の剣というか、戦前の日本が風潮した主張にも似たようなのがあるのです。

加羅とかね。
もし天皇家や日本人の祖が、彼女らのいうような定義の”朝鮮人”とするなら、韓国併合も帰還だといって正当化できるし、支配して何が悪いんだという話にもなれるわけです。

しかしもちろんですが、地球上のホモ・サピエンスはすべて同根であり、チンパンジーと人間のDNAの差が2%に満たないのに、日本人と朝鮮人でそんなに差があるはずはないのです。もちろん遺伝的に遡れは、日本人も朝鮮人も、有史以前の段階でつながるのは明らかであって、馬鹿馬鹿しいくらい常識的なことです。
そして分化の枝葉の先に、現在の我々がある以上、もとがどうだこうだいうのは意味がありません。というのも分化する以前には、それら二つの枝葉は存在せず、ひとつだからです。単純な図式でかんえてもあきらかで、枝葉は同時進行で伸びていくので、もとになった古いものがずっと存在するわけではない。

日本が縄文以前のときに、朝鮮半島にいた人々と、現在の朝鮮半島の人々は、同じではありません。それどころかまったく別といっていいです。日本人が日本人として形成されるのと同じように、韓国・朝鮮人もその形成される過程を、同じ年数か重ねています。

あれは朝鮮人だどうだという理屈が成り立つとすれば、朝鮮人は古代から全く進歩してない、冷凍保存されていたも同然であるということになります。そんな馬鹿な。

ジョークにジョークで返すなら、「お前らまだ原始人か」、ってことなんですよ。それも笑えるでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ま、ただのジョークなんだから、マジメに考えるのもどうかと思うけれど

ジョークかどうか分からないので、真面目に考えたのですが、真面目に考えた結果、ハッキリとした答えが出るわけでもなく、ただ煙に巻かれたみたいに感じます。

お礼日時:2011/05/02 15:20

NO,7のウチです。


お礼に問いかけがありましたので、ムキになってもー1回来ました。

>テレビや雑誌を見たりすると、日本が大嫌いな日本人がいますが、その人たちは日本人と解釈しないということなのでしょうか?

そんな人もまれにいるのでしょうね。
見識不足でした。(汗)

しかし、
「郷土を愛する人・自国を慈愛する心がある人」
は、〈わたし個人の概念〉ですから人に押しつける気持ちはありませんよ。

>辛淑玉氏は朝鮮人というものにどのような概念を持って発言しているのか分からないので、単なる大きな独り言だと考えたらいいのでしょうかね?

彼女の発言は概念ではなく「ジョーク」です。
(独り言にしては声が大きいので…)
    • good
    • 0

まるでヒトラーの”ユダヤ人”分類と同じような程度のことだと思います。

 大体朝鮮と言う分類は何時ごろからですかね。そんなに古い時代ではないのでは? 現在の朝鮮半島からの渡来人の血が一寸でも入っていれば”朝鮮人”ですか?あるいは南方のメラネシア人?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辛淑玉氏の朝鮮人分類の基準が明確でないので、答えようがないということですか?

お礼日時:2011/04/19 17:21

〈概念の違いかな?〉


こんにちは。
だいぶ盛り上がってきましたねぇ。
そういう意味ではikyoikyoさんの狙い通りでしょうか。
表題がもっとセンセーショナルだったらなお萌え上がったかも。(恐)

辛淑玉氏の論理ですが、
こういった発言に日本人はナイーブなんですよね。
(個人的にはセンスのあるブラックジョークだと思いますが…)

だから在日や中韓から、からかわれてムキになるのは
わたしをふくめて島国根性なのか? 
あるいは国策的自虐史観の反発かなぁ? 
などと考えたりします。

さて、質問は辛淑玉氏の論ずる
「日本国民のうち何人が朝鮮人に分類される?」
ですね。

──質問内容には、
>桓武天皇の母は百済王の子孫ですし…云云

とありますが、どこまで時代をさかのぼるかによるでしょう。

もし、「古事記」「日本書紀」を依拠とするならば、
時代の線引きは誰が・どのような意図で、という概念が明確でなくてはなりませんよね。

たとえば縄文時代であれば、アイヌ人&琉球人などのネイティブが日本人といえるでしょう。
しかし、ポリネシア人からは、
「あいつらヒャクパー(100%)ポリネシアンだぜ!」
と、からかわれていたかもしれませんね。(笑)

弥生時代であれば、朝鮮半島に住んでいた日本人が、
隣島(日本)に渡来したという解釈もできるのです。

「蒙古斑のあるやつは、みんなモンゴリアンだ~」
「いやいや!骨格が勝負だろ」なんて不毛な論議もあるでしょう。

また、どこまでも祖(みなもと)を追求するなら、
人類の起源まで時代をさかのぼって、
「ジンルイミナ、アフリカジン」とのなるでしょうね。(笑)

概念の違いがあれば、どこまでいっても答えはでませんよね。

で…………
わたし個人の概念は、

「郷土を愛する人・自国を慈愛する心がある人」

これをもって自国人(日本人)と解釈しているので、
「朝鮮人はすこ~しいるが、日本国民のほとんどが日本人」
が回答です。
(なんかムキになっちゃった…汗…このムキになるところが日本人なのでしょうかねぇ?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>概念の違いがあれば、どこまでいっても答えはでませんよね。

そうですね、辛淑玉氏は朝鮮人というものにどのような概念を持って発言しているのか分からないので、単なる大きな独り言だと考えたらいいのでしょうかね?

>「郷土を愛する人・自国を慈愛する心がある人」
>これをもって自国人(日本人)と解釈しているので、
>「朝鮮人はすこ~しいるが、日本国民のほとんどが日本人」
>が回答です。

そうなんですか、テレビや雑誌を見たりすると、日本が大嫌いな日本人がいますが、その人たちは日本人と解釈しないということなのでしょうか?

お礼日時:2011/04/19 17:04

正確には朝鮮からの帰化人と言うのは、歴史上にあまり存在しません


朝鮮が国として興ったのはせいぜい500年くらい前のことです。
百済王家が亡命してきたのは事実ですが、新羅が南下してくる以前から日本人は半島に定住していました
九州に住む者と交易し、言語・習俗が同じであったこと、刺青をしていたことなどが史書に散見されます
そもそも当時、朝鮮人など存在していません。
しいて区別するならば雑多な種族が半島に暮らしていました
百済本紀や新羅本紀にも載っていたと思います
半島は都市国家のような状況で、複数の部族が存在したこと
南部の鉄鋼山周辺に日本人の拠点たる都市が存在したこと
そして、現代においてこの跡地から前方後円墳が発見されたことからも示唆されます
北から来た蛮族に追い出された形で百済や日本府は滅亡し日本へ流民しましたが
その部族長が藤原氏であるとされています
(朝鮮半島出兵時とその後の藤原氏の動きをお調べあれ)

結果、ツングース系と中華系の混血を祖とする現朝鮮人と関係のある日本人と言うのは
秀吉の朝鮮出兵時に渡来した人までなら確実です
それ以前は眉唾です。

源氏が朝鮮人であるという論拠が笑い話で
源 新羅三郎義光 がいるじゃないか!きっと新羅人だから源氏は朝鮮人だ!
と主張したことがありましたが。
彼のお兄さんは加茂二郎義綱
さらに上のお兄さんは八幡太郎義家
加茂人ってなんですか?八幡人っているんですか?
そもそも三男だけ外人なんですか?
 以 上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天皇を朝鮮人と分類することがそもそもの間違いであるということですね。

お礼日時:2011/04/19 16:55

 全員でしょう。

最近の韓国では、沖縄も我々民族が作ったと言ってますから。

 そもそも桓武天皇の生母が百済王の子孫だという話は歴史的に確認された事ではありません。「ほぼそうだろう」という程度の証拠も無いのが実際のところです。
 生母がそう言ったことがある、と書いてあるだけで他の資料が一切ありませんので、生母だから皇后に格上げしてもらえるかと思っていたのに格上げしてもらえなかった生母が悔しまぎれに言って見ただけ、かもしれません。
 生母の家系が元々「やまと」と付く名前の家系ですので、本当に渡来系かどうか疑わしいという学者も多くいるらしいですよ。
 今上天皇も「記録に百済王の子孫だと書いてあることに縁を感じる」とおっしゃってます。「百済王の子孫であることに」とはおっしゃっていません。
 百済王の子孫については朝鮮半島に文字資料が全然残ってないので、つき合わせて資料を検討する事も不可能です。

 大内氏の先祖が百済王というのも、大内家に伝わる伝承が元ですが歴史的にそうだという資料は全くありません。
 始祖が百済王の子、琳聖太子という話が大内家に伝わっているというものですが、琳聖太子という子孫もまた上記と同じく朝鮮半島の文字資料には全く出て来ない名前で、本当にいた人かどうかわかりません。もちろん本当にいたかもしれないし、本当にその人が日本に亡命して来たかもしれません。しかしそれを証明する資料はもちろんそれを推測させるような資料も皆無です。
 大内氏は元々、多々良姓を名のっていましたが多々良姓を名乗りはじめたのは始祖さんから8代以降です。多々良姓は渡来系と関係付けられる事が多い姓ですが、8代以降の人が現在の山口県の多々良という所に国庁官人として赴任して来て以降の姓なのです。地名を取って姓にしたというのが定説です。多々良という地名は中国地方の各地にあります。
 自分たちの始祖が朝鮮半島にある、と言い始めたのは大内氏が朝鮮・中国との貿易でお金儲けをしだしてからです。
 大内氏は朝鮮・中国との貿易で巨万の富を得ます。
 朝鮮との貿易では表向きの勘合貿易だけでなくニセの勘合府を使った密貿易もやってました。高麗が作って国外への持ち出しを禁止していた八万大蔵経を、くれくれと高麗王朝へ直接の使者を何度も送ったりもしてます。その時に、「他の人たちへは持ち出し禁止のままでも、私たち大内家は元々が百済ですのでそのよしみで何とか許可してください。」と説得したりしてます。
 貿易などで有利な立場を取りたいために朝鮮半島始祖説を唱え始めたというのが今までの定説です。子孫の一部の人は伝承を信じて韓国にシンパシーを感じてる人もいます。が、何と言っても歴史的資料が一切無いのですからロマンです。


 韓国朝鮮の人は何でも自分たちに取り込みたがります。
 また自分たちに有利だと思った事は拡大解釈します。
 こういう韓国人の性格を韓国人自身が批判した文を読んだことがありますが、「紙ヒコーキを宇宙ロケットだと言うのと同じ拡大解釈」だと書いてました。まさに紙ヒコーキを宇宙ロケットと言い張る論理が韓国には溢れています。
 韓国朝鮮の人が言う事を、日本人は素直に信じないで「本当かぁ?」と疑わなくてはいけません。人を疑うことはよくないですので本当はしたくありませんけど、そうしないことにはとんでもない論理に日本人が呑まれてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

沖縄も朝鮮人が作ったとの主張は知りませんでしたが、

アイヌはどうなんでしょうか?

羽田孜第80代内閣総理大臣や長宗我部氏のような始皇帝の子孫と言われるような人は朝鮮人ではなくて中国人ではないのでしょうか?

朝鮮人と呼ばれない日本国民はツルネン・マルテイ先生のような新たに日本国籍を取得した人に限られるのですか?

>紙ヒコーキを宇宙ロケットだと言うのと同じ拡大解釈

映画「猿の惑星」で猿のコーネリアスがどうやって他の星から来たかを聞いたとき、宇宙船員のテイラーが紙飛行機を飛ばして見せましたが、説明としては不正確だったのでしょうか?

お礼日時:2011/04/18 23:10

一億500万人ほどらしいです。


推計の根拠が、不明確ですが\(^^;)...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大体9割ぐらいと言うことですか。

お礼日時:2011/04/18 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q群馬の館林市の多々良沼には、現在、白鳥はきているでしょうか?

群馬の館林市の多々良沼には、現在、白鳥はきているでしょうか?

Aベストアンサー

私もまだ未確認ですが…ピークは1月からというのが例年ですので、飛来していてもそう数は多くないと思います。
沼もそれなりに広いですので、数が少ないと目撃も難しいかと。

Q天皇は朝鮮人?辛淑玉氏だけの主張なのでしょうか?

辛淑玉氏は
「最近、あちこちで文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』と言ってやる。だけど、アイツ働かないからな(笑い)」
と言ったことがあるそうです。

今上天皇が桓武天皇の生母が朝鮮系であることが続日本紀に書かれてあることを論拠として、朝鮮にゆかりを感じるとのことをおっしゃったのは知っておりますし、
日本書紀にもスサノオが息子のイソタケルを連れて新羅に降り立ったことが書かれていることは知っております。

上記の事を持って、辛淑玉氏は「天皇は朝鮮人」という主張をしたのでしょうか?

もしも上記の論拠から「天皇は朝鮮人」と主張するのであれば、

清和天皇の子孫たる源姓を持つ人たち、つまり鎌倉時代の将軍の源氏、室町時代の将軍の足利氏、江戸時代の将軍の徳川氏、武田信玄、吉良上野介も朝鮮人、
桓武天皇の子孫たる平姓を持つ人たち、つまり平清盛、北条時宗、上杉謙信も朝鮮人、
百済王の子孫たる大内義興も朝鮮人、
朝鮮出兵時に日本に連行された朝鮮人の子孫たるA級戦犯東郷茂徳も朝鮮人。

渡来人の子孫と言われ、秦の始皇帝の末裔と称する秦氏の子孫たる長宗我部氏、元総理大臣羽田孜は中国人。

上記のように判断することになり、朝鮮人や中国人でもない日本人はほとんどいなくなってしまいます。

辛淑玉氏のように「天皇は朝鮮人」などと発言する人は多いのでしょうか?

辛淑玉氏は
「最近、あちこちで文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』と言ってやる。だけど、アイツ働かないからな(笑い)」
と言ったことがあるそうです。

今上天皇が桓武天皇の生母が朝鮮系であることが続日本紀に書かれてあることを論拠として、朝鮮にゆかりを感じるとのことをおっしゃったのは知っておりますし、
日本書紀にもスサノオが息子のイソタケルを連れて新羅に降り立ったことが書かれていることは知っております。

...続きを読む

Aベストアンサー

私の知っている天皇朝鮮人説は、以下の2つがあります。
1;高野新笠(桓武天皇の母)朝鮮人説
2:弥生人自体が朝鮮からの渡来人

1ですが以下の理由で信じるに値しません。
問題の高野新皇は、百済王であった武寧王の子孫ということになっていますが、彼女の代で在日10世となっており、彼女の朝鮮人のDNAは計算上は0.01%もなく、全くの日本人です。
更に、これだけ代を重ねているので、武寧王の子孫という事もわかったものではありません。
また、当時の百済は日本の属国(植民地)で、韓国の古文書には、東城王は日本(倭)から来たと書かれています。ということは、東城王が日本人だった可能性もあり、だとすると全く縁がないことになります。
以上から、結論として天皇家と韓国・朝鮮半島とは全く関係がないと言ってよいでしょう。
陛下のご発言は、ただの社交辞令のリップサービスだったのでしょうが、朝鮮人は、表面的なことしかわからないので、真に受けてしまったのだと思います。

2の、弥生人=朝鮮からの渡来説は、現在では否定されています。
理由として、弥生人がもたらしたとされる稲のDNAの種類が、日本の種は1つしかなく、朝鮮では2種類確認されており、片方のみ伝播することは考えられません。
現在では、稲作の伝播は、南方→日本→朝鮮←中国のルートと考えられています。
稲作の形跡も、日本の方が朝鮮より古く、矛盾が生じます。
最近では、稲作が縄文時代から行われていたとする説もあります。

更に、仮に当時は日本と関わりがあったとしても、今の朝鮮人のルーツは百済滅亡後に入ってきた新羅人の系統なので、今の朝鮮人に何を言われる理由もありません。


>辛淑玉氏のように「天皇は朝鮮人」などと発言する人は多いのでしょうか?

雁屋哲の美味しんぼ日記2009年11月16日
http://kariyatetsu.com/nikki/1175.php
日本と、朝鮮半島の歴史は、そもそも、大和朝廷・天皇一族が朝鮮から来たところから始まって、二千年以上続いている。

他にも、朝鮮人か日本人かに関係なくいますが、それらには以下の種類があります。

A:嘘だと知りながら、それらを広めようとしている。
B:内容を本気で信じている。

Aは、それにより、日本人に朝鮮に対する劣等感や同属意識や親近感を持たせ、警戒心を薄めて、
彼らの目的である、日本の世論を韓国寄りにすることで、韓国に有利な外交をさせる、在日コリアンの権利を拡大する→日本を弱体化する為です。

Bについては、朝鮮人は都合の良い歴史しか教えられていないからですし、日本人については、その朝鮮人やAの嘘に騙されているからです。

「韓国の捏造問題についてLが・・・」
http://www.youtube.com/watch?v=FG5g4Pytf68

私の知っている天皇朝鮮人説は、以下の2つがあります。
1;高野新笠(桓武天皇の母)朝鮮人説
2:弥生人自体が朝鮮からの渡来人

1ですが以下の理由で信じるに値しません。
問題の高野新皇は、百済王であった武寧王の子孫ということになっていますが、彼女の代で在日10世となっており、彼女の朝鮮人のDNAは計算上は0.01%もなく、全くの日本人です。
更に、これだけ代を重ねているので、武寧王の子孫という事もわかったものではありません。
また、当時の百済は日本の属国(植民地)で、韓国の古文書には、東城...続きを読む

Qjust another

英語の歌詞に「just another」という言葉がやたら出て来ます。辞書には「ありふれた」という意味だと書いてありますが、しかし、実は、この言葉にはほとんど意味がないのではないでしょうか?。

「ありふれた」ならusualあたりでいいものを、何をみんなして「just another」を使いたがるのか?。語感がいいのでしょうかね?。

私の知る限り以下の例があります。

ミック・ジャガーのjust another night
バングルスのjust another manic monday
シーナ・イーストンのjust another broken heart

ミックの just another nightの歌詞はgimme just another night of youという。
これは「君の夜を僕にくれ」という話で「君のありふれた夜を僕にくれ」といったら変だろう。

バングルスのマニックマンデーは「憂鬱な月曜日」という歌詞。これを「ありふれた憂鬱な月曜日」と言ったらおかしい。せいぜい「また憂鬱な月曜日だよ」ならわかる。

シーナのjust another broken heartも「ありふれた失恋」というメッセージなどなく、ただ「失恋しちゃった」と言ってるだけの歌詞だ。

日本語でも「携帯」が電話の意味にすり替わり、本来の役割を失うような例はあるので「just another」もそうなんじゃないでしょうか?。

解説お願いします。

英語の歌詞に「just another」という言葉がやたら出て来ます。辞書には「ありふれた」という意味だと書いてありますが、しかし、実は、この言葉にはほとんど意味がないのではないでしょうか?。

「ありふれた」ならusualあたりでいいものを、何をみんなして「just another」を使いたがるのか?。語感がいいのでしょうかね?。

私の知る限り以下の例があります。

ミック・ジャガーのjust another night
バングルスのjust another manic monday
シーナ・イーストンのjust another broken heart

ミックの just an...続きを読む

Aベストアンサー

 辞書によっては、just anotherで説明しているものもありますし、その2語の組み合わせで説明していない(ゆえに、justとanother別々で読者に解釈を任せている)ものもあります。

 個人的には、just anotherを慣用句のように思わないほうが解しやすいのではないかと思います。なまじ説明してしまうと、その説明だけに限られるような気がしてしまいがちですから。just anotherで説明のある辞書でも、万能の訳例を示しているのではなく、参考程度だと考えるほうが無難です。

 ではどうするかですが、説明のない辞書でそうせざるをえないように、justとanotherそれぞれの語義から解釈するといいかと思います。

 justは語義が広いですが、「単なる」といった、大したものではないといった意味と取るとよいと思います。just another ~は、just a ~でも意味が同じような感じになることも多いです。

 では、なぜanotherを使ったかになります(just aの代りに気まぐれといった場合は除きます)。anotherは「別の」といった意味ですが、類するもの、似たもの、同じものの中での「別の」という意味で使うことが多いです。ご質問の件については、その意味だと考えてよさそうです。

 するとjust another ~は、大したことが無くて、何かと似たり寄ったりの別のもの、といった意味になります。just a ~では出しにくい、「また~なのかよ」といった、うんざりした、飽き飽きした、といったニュアンスが出せるということになります。

 辞書によっては、just anotherで説明しているものもありますし、その2語の組み合わせで説明していない(ゆえに、justとanother別々で読者に解釈を任せている)ものもあります。

 個人的には、just anotherを慣用句のように思わないほうが解しやすいのではないかと思います。なまじ説明してしまうと、その説明だけに限られるような気がしてしまいがちですから。just anotherで説明のある辞書でも、万能の訳例を示しているのではなく、参考程度だと考えるほうが無難です。

 ではどうするかですが、説明のない...続きを読む

Q伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏

伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏
は今でも続いているんでしょうか?それとも滅んだんでしょうか?

Aベストアンサー

大名家は直系の子孫は絶えることが少なくなく、親戚周りから養子が入って血脈を継ぐことで氏族としては繋がっています。
北条氏も狭山藩1万石の大名として幕末まで続き、創価学会の北條浩(4代目会長)などが出ています。
徳川氏は家光の(男系の)血脈は館林藩越智清武で絶えていますが、8代将軍吉宗の血脈として、德川恒孝氏が徳川宗家でしょう。
豊臣氏は氏(うじ)ですから、木下家が豊臣氏であり、足守藩木下家として幕末を迎えます。
血筋としては、真田信繁の3男に秀次の血が入っており、出羽亀田藩の家臣として三次氏を称しています。

Qanotherの使い方

anotherの使い方で質問します。(基本的なことは一応わかっています。)
 基本的に、anotherは「もうひとつ(もうひとり)別の」という意味だと思いますが、人のことで使う場合、単に「誰か(ある人)」という意味になるでしょうか?

 たとえば、「わたしは another girlと話した」という場合、「わたし」がすでに誰かと話していて、「また別の人」としてanother girl が出てくるというのがわりとふつうだと思います。(つまり、わたしが話題にしている中では、2人目以降。)
 そうではなくて、単に<自分ではない別の人>という意味にもなりますか?つまり、2人目以降ではなく、1人目という意味で。ふつう、a girlとかsomeoneというのと同じ意味でも使えるでしょうか。それとも、another girl (another person, another manでもなんでもいいのですが)と言ったら、その前に誰かいた、という意味を必ず含むのでしょうか?

 説明がわかりづらくてすみません。文脈から見ても非常に微妙なので質問いたします。
 よろしくお願い致します。  

anotherの使い方で質問します。(基本的なことは一応わかっています。)
 基本的に、anotherは「もうひとつ(もうひとり)別の」という意味だと思いますが、人のことで使う場合、単に「誰か(ある人)」という意味になるでしょうか?

 たとえば、「わたしは another girlと話した」という場合、「わたし」がすでに誰かと話していて、「また別の人」としてanother girl が出てくるというのがわりとふつうだと思います。(つまり、わたしが話題にしている中では、2人目以降。)
 そうではなくて、単に<自...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、

ご質問1:
<単に「誰か(ある人)」という意味になるでしょうか?>

なりません。

someoneやsomebodyの用法はないのです。


ご質問2:
<それとも、another~と言ったら、その前に誰かいた、という意味を必ず含むのでしょうか?>

はい、含みます。

1.anotherはoneに対する代名詞です。

2.既に出てきた名詞を前提に、「もうひとつの」「他の」という単数名詞について言及します。

3.anotherが単独で使われていても、言外にもうひとつのoneを含んでいます。
例:
another dress is better for you.
「もうひとつのドレスの方が似合います」
ここでは、言外に先に別のドレスを着た、という事実がanotherと比較級から読み取れます。

以上ご参考までに。

Q李氏朝鮮時代、朝鮮人庶民の識字率はほぼゼロだったところに、キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字

李氏朝鮮時代、朝鮮人庶民の識字率はほぼゼロだったところに、キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた根拠として以下の論文を紹介されました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000990148
しかしどう贔屓目に読んでも、これはキリスト教宣教師たちが聖書を現地語に翻訳してキリスト教を広めた痕跡を研究した資料で、もともと朝鮮は識字率が低くて、男性に限定しても40%も識字率があるわけではなく、キリスト教宣教師たちが朝鮮人庶民にハングルを教えたことなんて書いてないですけど、もう少しはっきり李氏朝鮮時代、朝鮮人庶民の識字率はほぼゼロだったところに、キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた根拠がわかる資料や論文ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた

ハングルの民衆への普及に最も貢献したのが日本の政策ですが、
それ以外には全くハングルを教育する機会が無かったということはなく、
キリスト教が教育に熱心であり、各地に学校を作ったのは事実です。
しかし、当時の布教の中心は都市部で、地域格差もありました。
また、書堂やキリスト教が設立した学校は個別の活動をしていたので
担当者による差が大きく、当時は朝鮮人の学問の主流が漢文なので、
ハングルしか読めないから教科書や聖書がハングルで書かれていても、
教科としてハングルを教えたとするのは無理があります。
ハングルの普及に寄与したとしても非常に限定的であったと考えます。



ちなみに、当時のキリスト教の学校でどのような教育をしていたか、
日本側の調査報告があります。

「1.政況/14 韓国地方政況ノ概要(統監府政況報告並雑報)」
(アジア歴史資料センター レファレンスコード B03041514200)

 ロ.耶蘇教徒の状況
 耶蘇教徒は依然として排日思想極めて旺にして、各地方に於ける
 耶蘇教徒の勢、亦侮るべからざるものあり。
 (中略)
 又、耶蘇学校に於ては近来解散兵を傭ひ、日々学事を曠廃して
 兵式操練を教習し、銃剣を携へ、喇叭を吹き、隊伍を組んで
 市中を闊歩するが如き虚勢を張り、我官民に対し、
 暗に其の威を示さんとするが如き不穏の妄動を為し~
(P20 3~7行目 15行目~P21 2行目、ちなみに1908年頃です)

現在のイスラム国の様に、学校で学問ではなく軍事教練をして
示威行動をするなどの反日活動に精を出していたそうです。
当時のキリスト教は、本国政府からの潤沢な資金によって
各地で布教を行いながら甘言を弄して反政府活動をして、
自分たちの支配下に置くことで影響力を拡大していました。
実際に、李朝末期にはそれほど多くなかった教会が、
大韓帝国時には急増しています。
その理由は勧誘方法にあります。

「韓国警察報告資料巻の3」
(アジア歴史資料センター レファレンスコード A05020350600)

(二)宣教師・韓人牧師等の態度
 宣教師にして思慮浅薄、人格劣等なる者及韓人牧師にして
 時事に不平なる者の中には、布教伝道の際に於ける口実として、
 外国の圧迫を免るるには耶蘇教に入るの外、道なし。
 韓国を文明に導くは、耶蘇の力にあり。
 耶蘇教徒は、官憲の干渉を受くることなし等時事問題を提げ、
 韓人の弱点に乗じて信徒たらんことを勧誘するものなきに非ず。
 尤も、此等不穏の言は、多く韓人牧師輩の口にするところにして、
 宣教師の多くは此等の言動は与り知らざるものの如し。
 (P458 20行目以降)

病院や学校を開設するとともに、「キリスト教に入信すれば
政府のいうことを聞かなくて済む」と言って勧誘していました。
他の資料では、町で暴れて「耶蘇信徒は韓国政府の支配を受けず」
と言って警官に抵抗したり、「税金が安くなる」とか、
まともな宗教活動とは到底思えない勧誘方法でした。
ここではこの活動が韓国人主体で宣教師は知らないことになっていますが、
1908年8月26日の「私立学校令(隆熙2年韓国勅令第62号)」に
「キリスト教の学校は私塾だから学校令には従わない」と
俵孫一学部次官に抗議しに行っています。
彼らがまじめに朝鮮のためにハングルの普及に努力したという説は
そのような事実がほとんどないので、資料はおそらくありません。

>キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた

ハングルの民衆への普及に最も貢献したのが日本の政策ですが、
それ以外には全くハングルを教育する機会が無かったということはなく、
キリスト教が教育に熱心であり、各地に学校を作ったのは事実です。
しかし、当時の布教の中心は都市部で、地域格差もありました。
また、書堂やキリスト教が設立した学校は個別の活動をしていたので
担当者による差が大きく、当時は朝鮮人の学問の主流が漢文なので、
ハングルしか読めないから教科書や聖書がハン...続きを読む

Qanotherのフィーリング?

NHKラジオ英会話講座より
(1)It's just another day.  ( いつもと変わらない一日だよ。)
(2)I look forward to another great year together.
(今年もよろしくお願いします。)
(3)It's look like another year's passed.
(また一年が過ぎちゃったみたいだな。)
質問:
(1)anotherには「もう1つの」や「違った」といった意味がある一方、「そっくりの」や「匹敵する」と言った相反するような意味もあります。、「もう1つの」や「違った」のイメージが頭から離れません。just anotherが「ありきたりの」となるフィーリングもつかめません。anotherのコアイメージを教えていただけませんか。
(2)上記3題のanotherについて、もう少し具体的な易しい日本語訳をつけて説明をお願いできませんか?
(3)another year'sの「アポストロフィS」は短縮形ですか、それとも所有を表しますか?どういう意味で使われているか、教えて下さい。 以上

NHKラジオ英会話講座より
(1)It's just another day.  ( いつもと変わらない一日だよ。)
(2)I look forward to another great year together.
(今年もよろしくお願いします。)
(3)It's look like another year's passed.
(また一年が過ぎちゃったみたいだな。)
質問:
(1)anotherには「もう1つの」や「違った」といった意味がある一方、「そっくりの」や「匹敵する」と言った相反するような意味もあります。、「もう1つの」や「違った」のイメージが頭から離れません。just anotherが「ありきたり...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
「不特定の別のもの」と理解してみるのはいかがでしょうか。

(2)
訳しませんがanotherの持つ意味上の役割を解釈してみます。

 1番目の文:今までと変わらない1日なので特定するほどの意味はない。
 2番目の文:これまでの年と同様の良い関係で別の1年間(不特定)を過ごしたい(ただし、あいさつという性格上、結果的に「今年」の意味が付与されている)。
 3番目の文:1年という時間が経過したが、この1年はそれ以前に過ごしてきた他の年と変わりが無く、そのため特定する必要はない。

(3)
短縮形です(year has)。現在完了です。
It's look like は It looks like の誤記でしょうか?

Q李氏朝鮮時代

以下はウィキペディアに書かれたものですが、本当でしょうか

「日本が清国を破ったことにより、朝鮮を近代国家にすべく行った政策」

1.朝鮮は主権国となる。清との宗属関係を廃止し、完全に独立する。
2.国王は単独で(両班によらず)施政を行う。
3.才能ある者は教育の機会を与えられる。
4.軍隊は素性によらず、徴兵によって築かれる。
5.人材は門地によらず実力登用とする。
6.革の加工とそれに関わる者は賎業とは見なされない。
7.奴隷制及び身分制の廃止。

Aベストアンサー

回答:それらは日本が行った事ではありません。
朝鮮内でそのような試みがあったことは事実ですが、↓のように自力では無理だったようです。

【甲午改革】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%8D%88%E6%94%B9%E9%9D%A9
(日清戦争が起き日本が清を破ったので、高宗は開化への障害となる清の圧力が日本軍の武力によって排除されたと判断し、開化派の主張を受け入れ、日本の明治維新の経験(身分制度撤廃、人材登用、司法制度等)から学び、以下、それまで清朝政府に半強制されていた律令制度文化(奴婢、白丁などの賤民制度、身分制度は律令制度の特徴である)等の悪弊、つまりは途方もない旧弊である中華思想の悪弊から脱却せんと改革案を断行したものである。
中略
この後、三国干渉が起きるが、それを重視した朝鮮王朝では親露派の威勢が強くなり、またもや事大主義が朝鮮王朝を席巻し、露館播遷によってこの改革を無に帰すことになる。
そのような経緯を見れば、この甲午改革は朝鮮王朝や朝鮮民衆の近代化への意思にもとづく自発的改革ではなく、日清戦争の勝者である日本への事大主義によるものであることを示していることが明らかである。)

>「日本が清国を破ったことにより、朝鮮を近代国家にすべく行った政策」

と言っていますが、前述のWikiの項にはありませんが、どこの記述でしょうか。

日本は、朝鮮を近代化する為の指導や援助は行いましたが、建前上は独立国家であり、自分が清国から独立させたという事もあり、露骨な内政干渉や介入は行っていません。

そのような理由で、日本は強硬な要求や強制は控えていましたが、属国根性が抜けない朝鮮は、派閥による国内の政争に他国を介入させてしまい、それが元で日露戦争が起り、保護国を経て併合に至る原因となりました。

回答:それらは日本が行った事ではありません。
朝鮮内でそのような試みがあったことは事実ですが、↓のように自力では無理だったようです。

【甲午改革】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%8D%88%E6%94%B9%E9%9D%A9
(日清戦争が起き日本が清を破ったので、高宗は開化への障害となる清の圧力が日本軍の武力によって排除されたと判断し、開化派の主張を受け入れ、日本の明治維新の経験(身分制度撤廃、人材登用、司法制度等)から学び、以下、それまで清朝政府に半強制されていた律令制度文化(奴...続きを読む

Qanother

I don't like this pen. Please show me _____.
another
one
のどちらかが入って、正解は anotherなのですが、どうしてoneはだめなのでしょう?

Aベストアンサー

another は an other と考えてください。この場合の another は an onther pen を表します。ある一つを除いた別のものを一つ という意味です。例文で考えると、ある文房具屋でペンを一本見て、それが気に入らなくて、他のペンを見せて欲しいと言っている場面だと考えてください。最初に見たペン以外のペンを見たいのだから another を使うのです

one にしてしまうと、one=a pen になるので、最初に見た気に入らないペンも含まれてしまいます。だから、one は使えないのです。

Q李氏朝鮮における白の種類

民族によって、ある特定の種類の色の区分けに非常に敏感になるという事例があるかと思います。

ウクライナのオレンジ革命ではいろいろなオレンジが出てきたそうです。

李氏朝鮮の時代、白の種類が多く出てきた、という話しを聞きましたが、それは何故そうなったのか、また、それを示す資料をどなたかご存知であれば、教えて頂けないでしょうか? 

Aベストアンサー

回答が少ないようなので・・・。
 骨董が好きなので「李朝白磁」のことはよく聞きます。私は持っていません(苦笑)。
 今の朝鮮の民族衣装は、蛍光色のようなカラフルなものをテレビで見かけますが、古い絵などでは白が多かったように思います。
 下のURLでは白の種類が多く出た原因らしきことを書いています。
 参考になりますでしょうか。
(1)朝鮮民族は古代より数千年の歴史を白衣で通してきた。
(2)儒教が国教になっていたので、白衣をやめさす一方で、国民服色ともいうべき色彩を決めて強要した。英祖王にいたっては、国の基本法である国の基本法である「続大典」に「文武百官はもとより民百姓にいたるまで、国民はすべて青色の服装をしなければならない」と書き加えている。
(3)国民は不服であったので思案を重ね工夫を凝らし「浅淡服(限りなく白色に近いブルー)」を考案して抵抗した。
 下のURLから想像すると、こんなようなことで、いろいろな白色が生まれたのではないかと思います。
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2004/06/0406j0402-00001.htm
 まあ、現在でも、白色といってもイッパイありますね。自動車(白)を傷つけたので、自分で修理しようとホームセンターへラッカーを買いに行ったら、たくさんの白色があって往生しました。

回答が少ないようなので・・・。
 骨董が好きなので「李朝白磁」のことはよく聞きます。私は持っていません(苦笑)。
 今の朝鮮の民族衣装は、蛍光色のようなカラフルなものをテレビで見かけますが、古い絵などでは白が多かったように思います。
 下のURLでは白の種類が多く出た原因らしきことを書いています。
 参考になりますでしょうか。
(1)朝鮮民族は古代より数千年の歴史を白衣で通してきた。
(2)儒教が国教になっていたので、白衣をやめさす一方で、国民服色ともいうべき色彩を決めて強要し...続きを読む


人気Q&Aランキング