先日、海上釣堀でメジロと鯛を釣ったのですが、すぐ腹を見せて弱っていたので、〆てクーラーに入れておいて、持って帰ったのですが、食べたらまずかったんです。鯛の身は白くぶよぶよで、メジロもやわらかくなって歯ごたえがありませんでした。まあ、メジロはお寿司の上に乗っているような感じの柔らかさでしたが、歯ごたえは無し。
いつもはもっとプリプリっとしておいしいのに、何故だろうと悩んでいます。
魚が腹を見せて死にかけだったので〆たのが10時ごろ、さばいたのが夕方6時ごろ、食べたのが夜9時ごろです。メジロは神経締めもしました。
早く〆てクーラーに長時間いたのがいけなかったのか?絞め方がまずかったのか?持ち帰るとき水を吸ったらこうなるのか?いつもは〆てから、3時間後くらいにさばいていました。時間経過に問題があるのか?
それにいきなり魚がお腹を見せて死にかけたらどうしたらいいでしょうか?やっぱり〆た方がいいですよね?エア抜きした方がいいのかな?エア抜きは未経験です。
また釣りに行って持って帰りたいので、是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どうも、こんばんわ。



>お腹を見せて死にかけたらどうしたらいいでしょうか?
 原因はこれだと思いますが...。
 ストレスで体中に不要な血が流れる、死んだあと水温の高い海面近くでいたために
 身がふにゃふにゃになるなどが推測出来ます。
 #2様の言われる通りほぼエア抜きは関係なしです。
 ストレスからくる魚自体の酸素不足とその日の潮からくる水面の酸素不足が原因の
 死亡と思われます。
 こればかりは処置のしようがないので、やばそうになったらすぐに絞めるなり
 した方がよいと思います。
 全ての魚が死んだわけではないですよね?死んだ魚は輪ゴムを尻尾に巻くなどして
 区別して調理方法を変えたらどうでしょうか?

私は以前はしっかり血抜きしてました今は氷水で凍死させるだけです。
ただ、前提は刺身で食べるのは2にちまでです。
漁協によっては絞めたら売りに出せず、漁師も箸を付けてくれません。
味に対する好みは人それぞれなので絞め方などは特にこれが絶対というのはありません。
ただ、持ち帰り方まで言及されていますので個人的な考えを言わせて頂きますと。
氷水作成から十分に冷えるまでに入れた魚は身に水分が含みやすくなり美味しくなくなる
傾向はある。
冷えすぎた氷水は身を硬直しやすいです。(そのための神経抜き)
氷に直接あてると低温やけどをして美味しくなくなる。
氷だけで保存すると身と皮の間に汁がたまる。
しめた傷口が大きいと旨みが逃げ、身の酸化も早くなる。
日にちがたてば(1日程度)旨みも増すが血の臭いがきつくなってくる。
(そのため好みの血の量に合わせた血抜き)
細かく書けばきりがないのですが、だいたいこの程度理解されていたら絞め方、持ち帰り
方などは問題ないかと思いますが...。
あと、蛇足ですが(質問内容に対して後半の文書がすでに蛇足ですが)
大きなクーラーをもう一つお持ちなら、そちらにキンキンに冷えた氷水を作り、釣り上げた
後にすぐに魚を投入、心臓麻痺で弱らせた後に絞めると魚にストレスを与えずに絞めることが
でき、身に不要な血がまわりません。
複数人数で釣行される場合などは有効です。

あくまでも個人的な見解であって回答とは言えません。
ご質問者様、ご覧になられた方で不快に思うor間違っていると思うと感じられた場合、忘れて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございます。
鯛がフニャフニャだったのはお腹を見せた状態で長く居たからですね。
今度は教えてもらった方法でストレス軽減をはかってあげようと思います。
傷口が大きいのもダメとは!結構ザックリやっちゃうので。
気をつけます。

お礼日時:2011/04/22 14:29

魚を美味しく食べる上で欠かせないのが血抜きと〆ですが


特にメジロなどの青物は、血抜きをしっかりしていないと生臭くなりますので
釣った直後にエラを切って血を抜き→神経〆の順番が良いと思います。

釣った魚をクーラーに入れて置く場合は
氷で冷やした海水の中に漬け込むようにして保管するのがベストです。
尚、釣堀など水深の浅い場所で釣った魚はエア抜きの必要はありません。

同じ処理をしたにも関らず食感が悪かったのは
魚そのものに問題があったのではないでしょうか?
例えば、釣堀の中で長期間を過ごした魚だと
餌の偏り、運動不足、ストレスなどのせいで、食味が落ちることもあります。
.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
エア抜きは必要ないんですね。私が釣ったのは7~8メートルくらいでしたから。やっぱり要らないかな。
絞め方の順番を良く守って丁寧にやってみます。

お礼日時:2011/04/22 14:24

〆た後に血抜きしてみましょう

    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもどおりにやってみたんですが、今回はなぜか・・・・。
今度は丁寧に血抜きもしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/22 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内蔵を取り出して持ち帰ると鮮度は?

最近、海上釣り堀に、はまっていまして、真鯛、ワラサ、シマアジなんかを釣って帰って、自分で捌いて、美味しく食べています。家族や、ご近所さんにも好評で、新鮮な魚を買いに行く気分で釣りに出かけています。しかし、釣れる数が、場合によっては半端でなく、40センチ級真鯛10匹、60センチ級ワラサ2匹、40センチ級シマアジ2匹もあると、家中、鱗だらけ、血だらけ、また処分する内臓の量も、これまた半端でなく、従ってスカリから上げるとき、活け絞め(船頭がやってくれる:エラからナイフを入れ絞める)の後、鯛は鱗を取り、内臓を取り出した後、クーラーに入れます。ワラサは内臓とエラも取りクーラーに入れます。シマアジは内臓を取るだけです。クーラーに氷を入れ海水を入れて、ギンギンに冷やして持ち帰っていますが、最近の情報で、鯛類は直接冷やさない方が良いと有りましたので、今後は注意します。(シマアジは直接冷やした方が良いのでしょうかね?)
さて、このように、内臓を取り出して持ち帰ることでの鮮度への影響は如何でしょうか?もし取り出さない方が良いのでしたら、ゴミの処分方法を再検討することにします。
又、前回神経絞めについて質問し、死後硬直を遅らせる技について理解しましたが、内臓を取り出した魚についても神経絞めは有効なのでしょうか?とにかく持ち帰った魚を、出来るだけ美味しく食べたいと思っています。

最近、海上釣り堀に、はまっていまして、真鯛、ワラサ、シマアジなんかを釣って帰って、自分で捌いて、美味しく食べています。家族や、ご近所さんにも好評で、新鮮な魚を買いに行く気分で釣りに出かけています。しかし、釣れる数が、場合によっては半端でなく、40センチ級真鯛10匹、60センチ級ワラサ2匹、40センチ級シマアジ2匹もあると、家中、鱗だらけ、血だらけ、また処分する内臓の量も、これまた半端でなく、従ってスカリから上げるとき、活け絞め(船頭がやってくれる:エラからナイフを入れ絞める)の後、...続きを読む

Aベストアンサー

内蔵を取った魚を海水を入れたクーラーに入れたまま帰ると身に水分が廻り刺身で食べても水っぽくておいしくなくなります。
またそんな身ですと捌いて刺身にするまでは運良くプルプルの身でも刺身を食べているうちに水分が身から出てきて刺身の下に水分がたまり身が洗いにしたように、はぜてきて最後は皿が水だらけということに成りかねません。
特にこれは鯛がなりやすいですね。
だから最後の方の身は弾力もなくなり水っぽくて旨味も全然なくなってしまいます。

釣場でそこまで出来るのは決して悪いことではありませんが、そこまでしたのなら魚に水分が付かないように1匹ずつビニールに入れて口を締め海水は入れずにまんべんなく氷を隙間に入れていくのがおいしく持ち帰る方法だと思います。
ホントにおいしく食べようと思ったら内蔵を出した時に海水で洗ったのなら腹の中にペーパータオルなどを詰めて腹の中の水分も取っておくべきです。
氷も出来れば漁業者が使うような小さなバラ氷が一番ですけど、もしなければアイスピックなどで出来るだけ小さく砕いて魚が多いときは魚を立てた状態で隙間に氷を入れれば魚の重みによって身割れすることもなく長く新鮮さを保てます。

青物は本来内臓の痛みが早いので通常は氷締めにしたりしますが内臓とエラを取っていればそうギンギンに冷やさなくてもいいと思います。
外気温やクーラーの性能にもよりますが食べるまで2時間以内ぐらいならあまり氷を多くしなくても良くて
もっと早いのなら上に新聞などを敷いて直接魚に氷があたらないようにして冷気だけで冷やしてもいいでしょう。
冷やしすぎはやはり早く硬直を招きます。
私は厳冬期のグレ釣りは自宅まで磯から2時間ほとんど氷はいれません。

神経締めは一気に即死させてすぐ、まだ神経が活きているうちでないと意味はありません。
神経締めの概要はお分かりいただけたかと思いますが実際は神経自体1mmほどのほんの小さな部分ですし青物だとその長さの線もいります。
文面からの理解以上に超難しいと思っておいて下さいね。
まず初っぱなからうまくいくことはないと思います。

内蔵を取った魚を海水を入れたクーラーに入れたまま帰ると身に水分が廻り刺身で食べても水っぽくておいしくなくなります。
またそんな身ですと捌いて刺身にするまでは運良くプルプルの身でも刺身を食べているうちに水分が身から出てきて刺身の下に水分がたまり身が洗いにしたように、はぜてきて最後は皿が水だらけということに成りかねません。
特にこれは鯛がなりやすいですね。
だから最後の方の身は弾力もなくなり水っぽくて旨味も全然なくなってしまいます。

釣場でそこまで出来るのは決して悪いことで...続きを読む

Q海上釣堀で死んでしまった魚を〆てスカリに入れると釣れなくなりますか?

海上釣堀で鯛や青物を釣った際、ハリを飲み込んでいて、それを外すのに手間取って
いる間に魚が弱って死に掛けの時、そのまま放置すると死んでしまい、後で食べる時に美味しくないので、
そんな魚はすぐに〆てスカリに放り込んでおこうかと思うのですが、それをすると、血が海に流れ出して
他の魚に警戒心を与えて釣れなくなるのでは?と疑問に思いました。
実際、鮎釣りでは、鮎を触った手を川で洗うと警戒物質を鮎が出していて、そこから下流は釣れなく
なると聞いた事があります。
血と魚が出す危険を知らせる物質は違いますが、やはり血は魚に警戒心を与えてしまうので、〆た魚をスカリに
入れるのは釣り終わった後にした方が良いでしょうか?

また、流れ出た血が警戒される場合、死にそうな魚はどうすれば一番良いでしょうか?

Aベストアンサー

三重県伊勢志摩方面で筏からの黒鯛釣りをよくしますが、筏の上で魚を〆るのはご法度とされてます。
実際一部の釣り人が洋上で魚を〆たり贓物を捨てたりするとそれまで絶好調だった釣り場がその後数日間に亘って全く釣れなくなります。
けど弱った魚をそのままスカリにいれてしまうと夏場ですと美味しい、不味い以前に魚が腐り食べれません。
この為私たちは弱った魚はオケやビニール袋の中で〆め一刻も早くクーラーに入れ、血で汚れた海水は渡船場など別地で処分しています。

Q釣りに行く際のクーラーボックスの使い方

釣りに行く際はクーラーボックスが必要だと思いますが、クーラーボックスはどのように使用していますか?私はクーラーに直接海水と氷を入れて魚を入れたのですが、帰ってきてクーラーを洗ってもにおいが取れませんでした。クーラーをどのように使っているかや、クーラーについた匂いをとるにはどうしたらよいのか教えてください。

Aベストアンサー

魚と氷を一緒に入れると、浸透圧の関係で魚がふやけて美味しくなくなります。
とはいえ、冷水と接触させないと、鮮度が下がります。

というわけで...
1)クーラーボックスの中に氷を入れて釣り場に向かいます。
2)魚が釣れたら、クーラーボックスに海水を2/3程度入れます。
3)ジップロックの中に魚を入れ、空気を抜くようにしてクーラーに袋ごと入れて冷やします。
4)数が釣れ始めたら、同じ袋にも入れますが、あまり膨れあがらないうちに、別のジップロックに入れます。
5)見込みがなさそうな時、速度が必要なときは、スーパーの袋をクーラーの投入口に取り付けています。
(開封した袋を密封したいときにパッチンと止めるヤツ...を2つクーラーの蓋に貼る)
6)幸運にも大きな魚が釣れた場合、ゴミ袋やスーパーの袋に魚を入れ、結束バンド(輪ゴムとか面倒なので)で縛って入れます。多少の水の侵入は許容範囲。
7)不幸にも魚が釣れなかった場合、土産を冷やしたり、ビールが入っていたりします。

これだと、クーラーを洗うのも楽ですし、それほど臭くなりません。
問題は、ジップロックが足りなくなるほど魚が釣れた...ことがないってことです。

匂いを消す方法ですが...
1)洗剤で洗います。
2)キッチンハイターを使うときもあります。
3)日光に当てて乾かします。
3)100円均の活性炭や珈琲の出し殻,バーベキュー用の炭を崩して、クーラーに放り込み仕舞っておくと匂いが吸着されます。

魚と氷を一緒に入れると、浸透圧の関係で魚がふやけて美味しくなくなります。
とはいえ、冷水と接触させないと、鮮度が下がります。

というわけで...
1)クーラーボックスの中に氷を入れて釣り場に向かいます。
2)魚が釣れたら、クーラーボックスに海水を2/3程度入れます。
3)ジップロックの中に魚を入れ、空気を抜くようにしてクーラーに袋ごと入れて冷やします。
4)数が釣れ始めたら、同じ袋にも入れますが、あまり膨れあがらないうちに、別のジップロックに入れます。
5)見込みがなさそうな...続きを読む

Q海上釣り堀での使用タックルについて

海上釣り堀に行こうかと思っています。
青物用にベイトのバスロッドヘビーアクション7フィートを使用しようかと思っています。(キャストウェイト1・1/2オンスです)
大き目の青物が来た場合など大丈夫なのかなぁ?と思い質問してみました。
どなたか教えてくださいませ。

Aベストアンサー

海上釣堀ですが、何回か利用した事があります。
細かいルールなどは釣堀ごとに違っていますので、その釣堀のルールに従ってください。

海上釣堀では青物がかかった場合、そのイケスで釣っている他の人はオマツリ防止のために仕掛けを上げます。また、青物をかけた人は「アオです」とか他の人に仕掛けを上げてもらうために声かけをしないといけない所もあります。(仕掛けを上げないとホントあっというまにオマツリします)

青物はばらしてしまうといっきに活性がさがり、そのイケスではしばらく釣れなくなることが多いので、他の人に迷惑をかけない為にもばらさないタックルの調整が求められます。腰の強い柔らかめの竿にゆるめのドラグ設定です。イケス内では根にまかれるなどの心配はないので青物の走りを止める必要はありません。とにかくばらさない様な設定でいってください。

安物の竿にしょーもないスピニングリールでもドラグ設定さえゆるめにしておけば十分釣り上げられます。自然の海でなら確実にばれるようなやわなタックルでも十分です。

Q基本、鯛狙いで、青物も釣れる一番良いエサは何でしょうか?

海の釣堀(海洋釣堀?)で基本、鯛狙いのエサで有りながら、青物も釣れる一番良いエサは何でしょうか?

基本的には青物が放流された時は、青物が釣れるチャンスですので、アジの生きエサで釣っているのですが、放流されていない時は青物が釣れる可能性は低いので、
仕掛けやエサを変えて、鯛を釣っています。
しかし、鯛を釣りながらも、運良く青物も釣れると嬉しいので、鯛を釣りながら、青物も結構釣れる万能エサを知りたいです。
何だか都合の良い話ですが、貴方ならそんな時、どんなエサを使いますか?釣りに詳しい方、アドバイスをお願いします m(_ _)m

また、違う場所に行く事も有るのですが、以下のケースの場合で分けて回答頂けると嬉しいです。
(1)エサは何でもOKな所。
(2)ダンゴ、イカ、野菜、ササミ、ミミックは不可な所(エサが腐って海が汚れるからダメなんだそうです)

Aベストアンサー

 オキアミ。多量に撒き餌出きるならかなり有効だと思います。

 キビナゴ

 活きエビ。冷凍物でもOK

 イワシ、アジ等のぶつ切り

 ざっとこのようなものが思い浮かびました。いかがでしょうか?

Qシマアジを釣る方法を教えて下さい。

シマアジを釣る方法を教えて下さい。

海上釣堀によく行くのですが、目の前にシマアジがウヨウヨと群れで泳いでいるのに、一匹も釣れない
事が多々あります。先日はシマアジデーで沢山放流されたのに一匹も釣れませんでした。
私に限らず全然釣れない人が多く居る反面、10匹以上釣っている方も居ます。
どうすればシマアジを釣る事が出来るのかが分かりません、シマアジを釣るのが上手い方、
どうすれば良いのかアドバイスお願いしますm(_ _)m
よくノーシンカーでダンゴエサをゆっくりと落とし込めば良いと聞くので試してみたのですが、エサの
所まで来てプイッ!(≧ヘ≦ )っとUターンしてしまいます・・・。

Aベストアンサー

ところで真鯛は釣れましたか?
真鯛も釣れていないなら根本的にタナ取りが出来ていません。
目の前の見えるところにいる魚が全てではありません。
見えないところにもシマアジは泳いでいます。
見えるところばかり追いかけていては釣れませんよ。

魚は餌だけで釣るのでは有りません。
餌とタナで釣ります。
まずタナ取りをしっかりやって下さい。

海上釣堀は底を取り、底から50cm~1m程度の場所でまず狙います。
そこで狙いの魚が釣れるかどうかが問題です。

同じタナで10分釣れなければ餌を2~3種類変えてみる。
同じタナを2~30分狙うということです。
狙い以外の魚が釣れた場合タナが違うと判断して50cmづつタナを上げて同じことを繰り返して下さい。
底どりが上手くないと言うなら上から狙い初めて50cmづつタナを下げて行きましょう。

海上釣堀はタナが1番、餌は2番だとキモに命じて下さい。

どうしても見えているシマアジを釣りたいと言うなら、ウキもオモリも外してハリスと針と餌だけでゆっくり沈めて行きましょう。
そして出来るだけ水面を見ないようにして体を筏の釣る側から離して自分の気配を悟られないようにして釣って下さい。
ラインは糸ふけを最小限に抑えながら少しづつ手で送り込んで下さい。

海上釣堀なんて簡単に釣れると言う方もいますが釣れない人は全く釣れません。
マグレアタリで釣る人もいますが釣り人なら狙いを定めて釣るという事をやりたいものです。
とにかく頑張って釣って下さい。

最後に貴方がどこの海上釣堀で釣っているのか分かりませんが、海上釣堀は全て同じではありません。
貴方の通う海上釣堀独自の癖をどれだけ早く掴めるかが鍵です。
釣り場の数だけ釣るポイントがあります。
頑張って探って下さい。

ところで真鯛は釣れましたか?
真鯛も釣れていないなら根本的にタナ取りが出来ていません。
目の前の見えるところにいる魚が全てではありません。
見えないところにもシマアジは泳いでいます。
見えるところばかり追いかけていては釣れませんよ。

魚は餌だけで釣るのでは有りません。
餌とタナで釣ります。
まずタナ取りをしっかりやって下さい。

海上釣堀は底を取り、底から50cm~1m程度の場所でまず狙います。
そこで狙いの魚が釣れるかどうかが問題です。

同じタナで10分釣れなければ餌を2~3種類...続きを読む

Q鯛は3日目がおいしい、ほんと ?

釣り好きですが、釣りたての魚は、スーパーでの魚と比べると雲泥の差で釣りたてがおいしいと思います。
ところで、先日のテレデでは、鯛など「熟成 ?」すると云っていました。
私は、とんでもないと思います。
いかがでしようか ?
「いなだ」「すずき」等々、「いわし」「あじ」等小魚でなくても釣ったすぐの方がおいしいと思います。
仮に、熟成とそうでない魚とあるならば、どこで見分けすればいいでしようか ?

Aベストアンサー

鯛、アジ、ブリ等、
「締めて3日目くらいが一番美味しい(うまみが多い)」
と言われる魚が多いのは事実です。
(生食ではなく火を通す場合(塩焼きや煮付け)は、私は新鮮な方が美味しいと思いますが)

これは、他の方もおっしゃっている通り、日を置くことでうまみ成分が増えるからですが、
ただ死ぬにまかせていただけではだめです。

生きているうちにきちんとした手順で締める(血抜きや神経締め等)ことで、初めて「美味しさ」につながります。
スーパーで売っている魚は、大抵の場合、獲ってからただ氷水にいれて締めているだけなので、
うまみにつながらないのでしょう。

現に、私はアジ釣りを良くしますが、
クーラーに入れる前に血抜きを行い、海水氷で冷やして持ち帰ります。
そうして持ち帰り、2日(長いときは3日)程クーラーの中で寝かせてから刺身で食べることが良くありますが、とても美味しいですよ(^^)

確かに歯ごたえは釣り立てには及びませんが、私は歯ごたえより、うまみを選びます。

ただ、必ずしも
「寝かせる=うまみが多くなる」
とは限りません。
例えば、イシモチ、カマス、ハゼ、サバ(生きているうちにエラと内蔵を除いたものに限る)等、
「足が速く、刺身で食べることが出来るのは釣り人の特権」
と言われている魚は、釣ったその日しか刺身で食べられません。

なので、熟成で美味しくなるのは魚によりけりですね。

尚、熟成か腐っているのかを見た目で見分ける方法は私は分かりません(^^;)
なので、私が安心して生食するのは、自分で釣ったか、店(寿司屋等)で食べるときだけです。

鯛、アジ、ブリ等、
「締めて3日目くらいが一番美味しい(うまみが多い)」
と言われる魚が多いのは事実です。
(生食ではなく火を通す場合(塩焼きや煮付け)は、私は新鮮な方が美味しいと思いますが)

これは、他の方もおっしゃっている通り、日を置くことでうまみ成分が増えるからですが、
ただ死ぬにまかせていただけではだめです。

生きているうちにきちんとした手順で締める(血抜きや神経締め等)ことで、初めて「美味しさ」につながります。
スーパーで売っている魚は、大抵の場合、獲ってから...続きを読む

Q海の釣堀ではPEラインより、ナイロン糸の方が釣れるのでしょうか?

最近、海の釣堀で釣りを始めた初心者です。
最初の釣りでは道糸=PEライン(約3号 30ポンド)、ハリス=ナイロン糸(4号)
で、鯛やシマアジ、ブリヒラ、クエ等を沢山釣ったのですが、そこでふと、
道糸もナイロン糸にした方が魚の警戒心も薄れてもっと釣れるのでは?と思いました。
思うに、食いの立っている時ならPE、ナイロン関係なく釣れると思うのですが、
当たりが無くなった時にその効果を発揮するのでは?と思います。
これまでPEラインとナイロン糸を使い比べてみた方、釣果にどれ程影響が有ったか教えて下さい。
また、ご自身は結果、どちらの糸を使っているのかも教えて下さい。
また、道糸以外に、食いの立ってない時に有効な方法等有れば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。海は潮の満ち引き、水温の上下、風向きの変化

潮の流れの変化その他本当に様々なちょっとした事で釣果は激変します

feel_2008様は釣堀で大物をねらっていらっしゃるようですので

PE3号の道糸と同等の強度をもつナイロン糸と言う事になると

太さが最低でも4倍以上になることが予想されますので得策と思えませ

ん。対策としてはハリスを長くする。ハリスを細くする。針を

サイズダウンする。えさも小さくする。などが経済的にあまり負担

がかからない一般的な方法だと思います。また餌について規制が

なければ釣具屋さんに珍しいえさを紹介してもらう等も有効な手段

だとおもいます。それでもだめならPEの20~25ポンドを

試してみてもいいかもしれません。

Q海上釣堀での冷凍イワシの付け方が解りません。

海上釣堀での冷凍イワシの付け方が解りません。

青物用のエサとして、イワシを使用される方が多いと聞きます。
 (1)顎にかける。
 (2)ハナにかける。
 (3)目を通して、背中にかける。
自分なりに考え、上記の付け方をしてみましたが、
引き上げてみると、
背骨から身が外れてバラバラになったり、身が千切れていたりします。
元々モロイ魚ではあるのでしょうが、
これでは、軽く誘いを掛けることも困難かと思いました。
また、(1)や(2)ではハリが丸見えである為、
魚に警戒されるのではないかと思いました。

現在、私は冷凍イワシを敬遠し、青物狙いのエサは毎回活アジを使用しています。
しかし、活アジ代もバカになりません。
また、ローテーションの手の内を増やす為にも
ぜひ冷凍イワシを使用出来るようになりたいと思います。

ネットでも調べたものの、
冷凍イワシの具体的な付け方に及んだページは見付けることが出来ませんでした。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、
ご指導をお願い致します。

Aベストアンサー

まず口に通してください
凍った状態だったら口周辺で構いません、そして目や背を抜いて体に鈎を通してもいいし、鈎を刺すだけでも構いません。

こうすることで、誘いを掛けた時にイワシが回転しません、また最初に鈎を通した場所が身切れしません。


逆に、口を外して、目やあごに最初に通して、イワシが回転する事で不確かな動きをさせて誘うという方法もあります。


冷凍餌は常温で時間を掛けてゆっくり溶かさないと、身が崩れますので、どんな指し方をしたって一緒です(^^;

Q釣った魚の血抜きについて教えてください

こんにちは!海釣りに良く行きますが、血抜きがうまくいってるのかよくわかりません。
そこで、血抜きについて調べてもわからない点があるのでご存知の方教えてください!

(1)血抜きの時間
…えらの奥と尻尾に切り込みを入れて、逆さにしておきますが
クーラーボックスに入れるまでおおよそ何分くらいおいておけばよいのでしょうか?
また、血が出なくなるまで放置する必要はあるのでしょうか?

(2)逆さにしているとき
…手で持って血が抜けるまで待ったほうがよいのでしょうか?
もしくはバケツなどに入れて海水につけたほうがよいのでしょうか?

(3)さばくときの血
…血抜きをしたつもりですが、さばくときに血の塊が骨のまわりに
残っていたりして、歯ブラシなどで落としてとっています。
これは血抜きがうまくいっていないのでしょうか?

また、「上手な血抜きポイント」など血抜きがうまくいかない私への
アドバイスなどありましたら何卒宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

血抜きはあくまで現場処理。手間と時間がかかることは避けたいです。すべての魚に血抜きして悪くは無いと思いますが、食べてその効果が実感できない魚とか血抜き法は、実質避けるべきでしょう。まず、メバルは刺身で食べない限り間違いなく血抜きの必要が無い。釣ったそばから海水で浸した氷の入ったクーラーボックスに入れて氷締めがいいです。ほかの小魚もほとんどこれでいけます。食べても味は変わりません。ただ、大型メバルを刺身でいただく時は次の方法で。クロダイ、アイナメ、メジナなど青魚以外はエラをハサミでチョッキンしましょう。やり方は簡単。魚のエラの中にハサミの先を入れてエラを1-2本切断するのみ。これを左右両側にします。しばらく(数分)スカリか海水バケツに入れておくと出血しますがほどなく止血してしまいます。魚はまだ生きているのでこの状態で海水氷につけます。これで終了。刺身もOK。裁いた時に残った血があっても毛細血管レベルでは貧血になっていますので臭くなく食べられますし、刺身の色も血の抜けた色になっていますよ。お試しください。これが今の自分での一番楽で効果がある方法です。もっときちんとした方法もありますが、楽な方法が一番です。

血抜きはあくまで現場処理。手間と時間がかかることは避けたいです。すべての魚に血抜きして悪くは無いと思いますが、食べてその効果が実感できない魚とか血抜き法は、実質避けるべきでしょう。まず、メバルは刺身で食べない限り間違いなく血抜きの必要が無い。釣ったそばから海水で浸した氷の入ったクーラーボックスに入れて氷締めがいいです。ほかの小魚もほとんどこれでいけます。食べても味は変わりません。ただ、大型メバルを刺身でいただく時は次の方法で。クロダイ、アイナメ、メジナなど青魚以外はエラを...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報