こんにちは。試行錯誤の連続でようやくフェースの芯をで玉を捕らえられるようになってきました。アドレスの重要性。テークバック。切り返し等色々ポイントはありますが今回の質問はテークバックです。 スイングにはフラットやアップライトにより様々な利点やまたその反対があると思いますが先日石川遼選手の番組で様々な選手のテークバックを実践されてました。私も色々と試してます。
私は今すぶりでトライしているのが右サイドはキープしたままで左肩を飛球線後方に押し込む練習をしています。腕を上にV字に挙げる意識は今ありません。 よくグリップエンドを飛球線後方の遠くへ押し込むようにするという事を耳にします。自分でトライしているとミケルソンのようだなと感じます。言い過ぎですが。このようなテークバックの感覚でされている方いますか?また注意点などありましたら教えて下さい。

A 回答 (2件)

理想とする形とその形を実現するための方法を分けて考えられたらどうでしょう。

また、その理想がなぜ理想なのかも併せて理解しておくと迷いが少なくなると思います。
例えば、”右サイドキープで左肩を後方”という表現も左肩だけが動くのは肩甲骨の可動範囲ですから、実際は上体の左サイドが動き、それに伴い当然、右サイドも動きます。つまり、この言葉はこんな感じ、感覚でということで、実際の動きとは異なります。故に、大切なのは、それによってどういう形を実現しようとしているかという事を把握しておくことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理想と現実ですね。今となればゴルフを始めた頃の理想はその理想を目指して行ってきた行為が真逆だとわかります。例えば腰や肩を回して打てなんていい例で能動的に動かしたら破滅ですよね。とかダウンスイングで右肘を落とすも難しく手を動かさないで下半身と脇の締まりで肘が下りるetc
なのでスイングには秘訣があると思ってます。だって背中を飛球線に向けたまま打て。最初はこんな形で打つ事は出来ないと違和感さえ感じました。だからゴルフは難しく楽しいのでしょう。長くなりましたが有難うございました。

お礼日時:2011/04/19 12:26

毎週BSで丸山茂樹プロのコーチをしていた


内藤プロのレッスンが放映されています

この中で「どんなスイングをしていても、
途中の経過がどんなに変則的であっても
結果的には、いかにインパクト時に正確に
クラブヘッドがアドレスでセットした形に戻るかで
プロとアマの違いはそこにあるのだ」
という言葉がありました

これまでにどのプロも共通して言ってきた
事なのですが、聞いては忘れ、聞いては忘れで
いつの間にか、ああ、そうだったなということになります

御自身の感覚をお話されていますが
結果が良ければ自信を持って続けてください
身体的条件も個人個人全て異なりますので

上手くない事が出来た時には
また、そこの戻って御自身のビデオを確かめ
何処が違ってきたかを見つけてください

参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インパクトがイメージ通りできる為にその前の工程が大事だと思ってます。どんな玉筋で打ちたいかなどによっても変わりますよね!自分の感覚と大事な箇所を見直しながらこれからも練習していきます。有難うございます。

お礼日時:2011/04/19 08:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストをネットから使用した本を刊行する場合、広報や教科書や著者不明のネットのイラストは無料ですか。

無料でネットのイラストを本に小さくのせて発行したいです。どのような問題が起こるでしょうか。
広報のイラストの場合は無料でしょうか。
教科書のイラストは どうでしょうか。
イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。

Aベストアンサー

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め、回収指示、著作物の機会損失金銭被害請求、慰謝料の請求など。
ようは泥棒です。

>広報のイラストの場合は無料でしょうか。
有料。頒布範囲が無制限なので高いです。利用料の計算は基本、利用料☓複製枚数。
>教科書のイラストは どうでしょうか。
有料。著作権の買い上げが必要。そうしないと教科書として採用されません。
>イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
金で解決すると思うなよ。他にも権利保有者がいるのです。
>イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。
許諾のとりようがないので、あなたの発行物は著作権侵害の汚名を拭えない窃盗剽窃物。
それはあなたに権利がない事と同様になります。

再度書きます。著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。
他人の褌で相撲を取るな。

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め...続きを読む

Qドライバーの打ち方で試行錯誤しています

ゴルフの練習を始めて2ヶ月のものです。アメリカに赴任になりコストが安いので始めました。こちらのレッスンコーチに2週に一度くらい45分のレッスンを受け、それ以外は週に3~4度練習場で練習しています。7番アイアンとドライバーをいつも100球づつ程、打っています。

ドライバーで一昨日、本当に力が抜けてバックスイングをして、そこから打ったところ上手くいきました。フニャーと引いてバーンと打つといった感じでした。ところが本日、再度試してみると球が右30度くらいに飛び出していきます。また、握り方を弱くして途中から強く握るせいか手にもマメができました。アメリカ人のコーチとは英語でのコミュニケーションで上手く伝わらなかったり、わからなかったりするので質問させて下さい。

以下の点に気をつけて打っていますが、真直ぐ力強いボールが飛びません。

・グリップは軽く握る
・バックスイングで右ひざの位置を変えない
・背中を飛ばす方向に向ける
・左脇をしめる

文章だけで難しいとは思いますが、同じような時期にコツをつかんで上手くいった方などがいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

ゴルフの練習を始めて2ヶ月のものです。アメリカに赴任になりコストが安いので始めました。こちらのレッスンコーチに2週に一度くらい45分のレッスンを受け、それ以外は週に3~4度練習場で練習しています。7番アイアンとドライバーをいつも100球づつ程、打っています。

ドライバーで一昨日、本当に力が抜けてバックスイングをして、そこから打ったところ上手くいきました。フニャーと引いてバーンと打つといった感じでした。ところが本日、再度試してみると球が右30度くらいに飛び出していきます。...続きを読む

Aベストアンサー

私も始めて1年半程で最近やっとゴルフらしくなってきた程度の者ですので自信はありません。スコアは110前後です。「3歩進んで2歩下がる」の繰り返しです。

最近、ドライバーがまっすぐ、やや力強く飛ぶようになりました。
私も以前からグリップは軽く握れと教えられ続けてはいたのですが、インパクトの瞬間には力を入れようとしていました。ただ本来の意味で力が入っていたのでは無く、インパクトの瞬間に力んでいたことに最近気が付きました。質問者さんと同じ悩みだったような気がして回答致しました。

参考URLの本を読んで試してみたところ、なんかマシになりました。
高松志門「ゴルフ力の抜き方、飛ばし方」

その本に書いてあった一部分では、「スイング動作中(アドレス~トップ~インパクト~フォローの間)はグリップを握る力は一定にしなさい、そして可能な限りゆるゆるで握りなさい」とありました。
私も高校まで野球の経験者でインパクトの瞬間にガツンといくイメージでやっていましたので、ゴルフ上級者ではうまくインパクトの瞬間にだけ体の力を入れるんだとは思いますが(想像です)、初心者がやろうとするとインパクトの瞬間に無駄に力んでしまっているだけとなることが多いようです。私はそうでした。

理想のグリップの力の加減は、クラブを振った時に遠心力でクラブがスッポ抜けない程度の力が良いらしいですね~。

スーっとクラブを上げて、スーと打つイメージでスイングすると良くなりました。そうすると体の力が抜けてパワーが上手くクラブに伝わるし、スイング軌道も安定したのか大きく曲がることも少なくなりました。スーっと打って当たるようになってきたら、その感覚のままスイングスピードを上げれるように日々練習とのことです。

参考URLの本の内容を私自身理解できているのか、回答内容が正しいのかどうか、自信はありませんので読み流してください。
最近やっと初級者を脱して中級者になれそうな予感を感じています、ゴルフはおもしろいですね~。
なんとか今年中には100切りできるように私もがんばります!

参考URL:http://www.gdoshop.com/gdoshop/ex/product/do/ldp/10/pfi/6621091

私も始めて1年半程で最近やっとゴルフらしくなってきた程度の者ですので自信はありません。スコアは110前後です。「3歩進んで2歩下がる」の繰り返しです。

最近、ドライバーがまっすぐ、やや力強く飛ぶようになりました。
私も以前からグリップは軽く握れと教えられ続けてはいたのですが、インパクトの瞬間には力を入れようとしていました。ただ本来の意味で力が入っていたのでは無く、インパクトの瞬間に力んでいたことに最近気が付きました。質問者さんと同じ悩みだったような気がして回答致しました...続きを読む

QIllustratorで線がクレヨン風のイラストを作りたいのですが…

お世話になります。
Illustratorにてイラストを描くのですが、
パスの綺麗なラインではなく、ちょっとガタガタっとした
味のある線にしたいと思ってます。
イメージとしては画用紙にマジックで描いたようなちょっと
滲んだ線です。

イメージとしましては、下記urlのようなイラストです。
http://www.orangepage.net/ad/orangepage_cafe/index.html

自分が試したやり方としましては、パスでイラストを描いて、
線をブラシライブラリに登録してある「アーティステック」等で
いろいろ試しましたが、イメージと合いません。
ブラシの設定だとやり過ぎで、もっとurlのような素朴な感じにしたいのです。

そこで、画用紙に下書き→スキャン→ライブトレースをしたのですが、
やはり線があまり綺麗ではありませんでした。

urlイラストを描いた方は、ライブトレースなのかな?とは
思っているのですが、こういうイラストを描くにはどうしたら
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

2番の方の言われるように、
完成イラストとしてはイラストレータEPS形式で保存されていても、
輪郭線は手書きをスキャニングされたように見えます。

モノクロ2階調(線画)で読み込んで、カラーモード(CMYK)に変換し、選択範囲からパス化、着色。
またはモノクロ2階調またはグレースケールのTiff画像をイラストレータで着色、スウォッチで塗りを設定してあるのではないでしょうか。

気負わず、簡単な方法で仕上げるのが素朴感を演出するこつでは?

Qテークバックする際の右腰は不動に保つのが正しい?

先ほど、女子プロの東海クラシック中継でジョン・ミジョン選手のイーグルを生んだスーパーショットのスローモーションを見ていて、テークバックでは右腰が見事に静止しているのを目の当たりにして疑問が生じました。
※ 以前から、プロの右腰はピタリと止まっている事は承知していましたが、今回は特に問題意識を
持っていたのか、強く印象付けられました。

今まで読んできた解説書では、テークバックのスタート(キッカケ)は『左脚を踏み込む』(新約・ボディーターンバイブル)、『右腰を真後ろに引く』(逆説ゴルフ)など、各種表現に出合ってきましたがプロのスローモーション映像の動作では、それらが微塵も感じられない点は不思議に思います。

実は、プロはそれらの動きはしているものの、ほんの少しのアクションで外部からは分からない程度のものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
>>テークバックする際の右腰は不動に保つのが正しい?
これはもちろん正面から見た画像での事と解釈して回答します。正面から捉えたスロー画像で右腰に長い直線を引くとプロはほぼその直線上から右腰が外れないということですね?
これは正しいと思います。
しかし打ち方によって選手の意識は違うようです。
タイガーがやっている左脚中心のスイングではむしろ積極的に動かす選手もすくなく、例えばサム・スニードは不動の意識はないようで、本人も解説する側も「大きく腰を後ろに引く」と言います。これは私自身もプロのレッスン現場(プロがプロに教える)で目にした事があります。
ところがそういう意識でも正面から見ると・直線上からは外れない・・・

左サイド中心でスイングをする人、またはテークバックで右サイドに体重が大きく移る人は不動の意識があると思いますし、右ひざ不動の意識を持つ人もいます。

>>テークバックのスター ~ 微塵も感じられない

これは本人の中では大きな動きでも他人には気づかれないケースも多々あると思います。グリップのフォワードプレスやニクラウスのチンバックははっきりわかりますが、下半身のアクションは見えにくいと思います。

こんにちは。
>>テークバックする際の右腰は不動に保つのが正しい?
これはもちろん正面から見た画像での事と解釈して回答します。正面から捉えたスロー画像で右腰に長い直線を引くとプロはほぼその直線上から右腰が外れないということですね?
これは正しいと思います。
しかし打ち方によって選手の意識は違うようです。
タイガーがやっている左脚中心のスイングではむしろ積極的に動かす選手もすくなく、例えばサム・スニードは不動の意識はないようで、本人も解説する側も「大きく腰を後ろに引く」と言います...続きを読む

Q無料のイラスト

よろしくおねがいします。

介護保険にまつわる、文書(リーフレット)を作成するところです。

おじいさん、おばあさん、介護スタッフ、家など図式化する際、わかりやすくするためにイラストを、と思っているのですが、なかなか無料でイラストを提供してくれるサイトがないようなのです。

もし、どこかご存知のサイトがございましたら教えて頂けたら幸いです。

イラストの素材集なども購入も考えたのですが、経費の都合上、出来たら無料で、を図々しいのですが考えております。

Aベストアンサー

ご希望のイラストがあるかどうか、わかりませんが・・・・・・
http://www.printout.jp/clipart/
かなり自由に使わせていただけるようです↓。
http://www.printout.jp/form/help/help_top.html

Qテークバックを低く長く引く必要性

特にドライバーでの話なのですが
よくテークバックの時に右肩があがりすぎると
ダウンと時に逆に下がりすぎてしまうのでクラブを低く引けといいますが、
意識して低く引くと右に体重が移動しすぎてからなのか
アッパースイング気味になり、余計にダフってしまうことがあります。

テークバックを低くすることを意識せずに
振った場合は、右肩が多少あがっていてもうまく打てます。

あまりテークバックを意識しすぎないほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お話のケースでダフってしまう場合、以下の原因が考えられると思います。

○テークバックで腰が右にずれている(スウェイ)
○右に体重が乗っているつもりで、逆体重になっている。
○腰と肩が水平に回らずに縦回転になっている(ギッタンバッコン)

鏡の前でチェックしてみてください。
トップを作ったときの体全体のシルエットが"A型"になっていればいいのですが、背中が反った"逆K"だとダフりやすくなります。

Q天野喜孝先生のイラストの主線の画材はなんですか?

天野喜孝先生のイラストの主線(主にカラーイラスト)は何の画材を使用していらっしゃるのでしょうか。

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ。私の知る範囲で答えさせていただきます。
「季刊コミッカーズ」の冬号で、天野先生のイラストの製作風景やインタビューが約6ページ分掲載されているのですが、それによりますとペンの描写が「専用ペン」としかされていません。そのペンが写真で載っているのですが、すみませんが私には何という名前かわかりません・・・。ちなみに、「ペンの先をカッターで削ってから・・・」とあります。持つ部分はどうやらプラスチックのようで、先の部分(木炭のような感じ?)をつけペンのように刺して使うようです。
あいまいな表現ばかりで申し訳ありませんが、少しでもお役に立てたら幸いです。

Qゴルフのテークバック

先週のラウンド時、友人がレッスンプロから聞いたこととして教えてくれたのですが、
テークバック時、ボールの後方へまっすぐ引く時、少しフェースをかぶせる
(フェースが少し下を向く感じ)ようにするとよいと言われました。
ためしに打ってみたのですが、普段よりもクラブが立っている感じのテークバックになったものの、
打球は驚くほどよい感じで若干ドロー系の弾が出ました。
但しその友人はまだビギナーで、その話を鵜呑みにしてよいか判断がつきません。
普段よりも少しまっすぐ、そしてフェースを下向きに引き上げるテークバックは理にかなっている
スイングなのでしょうか?
また、そのレッスンプロの言われるとおりなら、アイアンも同じ感覚で引き上げればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

ゴルフの動きを文字や言葉で表すと結構色んな言い方があって、同じことを言ってるのに表現が違ったり、その方のクセを元に指導していることなんかは、逆のクセを持っておられる方にとっては聞いて違和感があったりするものです。


という前置きを踏まえて・・・・
同じことを言ってると思いますが、私はよくこんな表現をします。




『クラブのフェースに"目"が付いていてテークバックからクラブが腰の高さくらいになるまで、そのフェースの目玉でずっとボールを見ているようにする』




要はクラブを挙げる際にフェースを開かないようにしてくださいね!ということですが、ちょこっと表現の違う部分として"かぶせる"という言葉を使っていません。必要以上に開くことも被せることもNGです。フェースをずっとスクエアに保ったままテークバックするのが正しい動きなんで、今までテークバックでフェースが開いていた人には被せるでも良いかもしれませんが、キチンとできている人には被せるという言葉を使うことで必要以上にフェースが閉じてしまいますからね!


クラブはその構造上、開いてしまいやすい様にできています。ダウンスイングでその開いたフェースをスクエアに戻してくる技術が無いとスライスしてしまいますが、これが原因で初心者の方の多くがスライスに悩みます。『それなら最初っから開かないようにしておけば良いじゃない!』というのがそもそもの考え方で、今時のクラブはそのように扱ったほうが楽にショットを成功させることができます。ただし開かないと言っても力を入れて閉じる必要はありません!ほんのコンマ数秒スクエアを意識するだけで随分変わりますので、些細なことですが覚えておいた方が良いですよ!


これはドライバーからサンドウェッジまで、ロングショットからアプローチまで、クラブの大小、スイングの大小に係わらず基本はフェースをスクエアに保つ方がスクエアなインパクトを迎えやすいと言えます。その感覚が無いと逆に意識的に球を曲げれないのでスキルアップのためには必要な感覚です。


ということで『テークバックの始動から30cmくらいは地面を引き摺るように動かし、腰の辺りまでフェースがスクエアであるように意識してみてください。』


地面を引き摺るように始動するのは緩やかな軌道でインパクトする為に『帰り道もこの辺りを通してやろう!』と確認することと、右の股関節に体重を乗せやすくする為の秘訣です。


そこから先のスイングはある程度アバウトで構いません。2秒そこそこのスイングで意識してできることなんて限られています。ショットの成否の80%はアドレスまでに決まっており、残りの10%は正しい始動、最後の10%運と言っても過言ではありません。


もし過去誰かに『手でクラブを上げている』なんてことを言われた記憶がおありであれば改善の余地ありですよ。

ゴルフの動きを文字や言葉で表すと結構色んな言い方があって、同じことを言ってるのに表現が違ったり、その方のクセを元に指導していることなんかは、逆のクセを持っておられる方にとっては聞いて違和感があったりするものです。


という前置きを踏まえて・・・・
同じことを言ってると思いますが、私はよくこんな表現をします。




『クラブのフェースに"目"が付いていてテークバックからクラブが腰の高さくらいになるまで、そのフェースの目玉でずっとボールを見ているようにする』




要はクラブを挙げる際...続きを読む

Qphotoshop6で、イラスト(線)の色を全て一回で変える方法を教えてください。

黒ラインのイラスト(線のみ)をスキャナーで取り込みphotoshopで加工しています。イラスト全ての線の色を一回で別の色にしたいのですが、photoshop6での方法がわかりません。今は自動選択ツールを使って部分的に線の色を変えていますが、もともとの線の太さが違うようで(途切れてスキャンされた線もあり)何度も回数をかけなければ全体の線の色を変える事ができません。線の太さを均一にする作業から教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。好きな色を指定できて、なおかつ楽な方法を思い出しましたのでご報告差し上げます。

--ステップ1------------------------------------------
スキャンした画像を読み込んだあと、

イメージ→色調補正→
明るさ・コントラスト→(適度に調整してください)

--ステップ2------------------------------------------
次にスキャンした画像の上に、調整レイヤーを作ります。

レイヤー→新規調整レイヤー→「グラデーションマップ」を選択後、そのままOKボタンを押してください。

--ステップ3------------------------------------------
「グレースケールマッピングに使用されるグラデーション」という、グラデーションの帯の表示が出てきます。
これをワンクリックしてみてください。
次に、グラデーションエディタというウィンドウが出てきます。このウィンドウの上部にあります、
「プリセット」の中から、白と黒が最もハッキリしたグラデーションを選択してください(Photoshop7.0では
左上から三番目にあるのですが、おそらく6.0でも同じかと思われます)。

これを選択すると、このグラデーションエディタウィンドウ下部にあります、グラデーションの帯の表示が
コントラストの強い、白と黒の帯に変わります。
この帯の上下左右に配置されている、四角いマーカーのような
オブジェクトのうち、左下のものを、ワンクリックしてみてください。

グラデーションエディタウィンドウ最下部にあります、「カラー:」の右にある小さな窓が真っ黒になったと思います。
この小さな窓を、ワンクリックしてみてください。

カラーピッカーウィンドウが表示されると思います。あとは、この中から好きな色を選ぶとよいでしょう。
※気に入った色は、色見本に追加するか、16進表記をメモしておくことをおすすめします。
(例えばオレンジであれば FF9600 などという数字です)

描線を好きな色にできたら、必要な場合表示レイヤーを結合してください。



描線を白にしたい場合は、まず、上記ステップ2までの手順を踏んでください。
「グレースケールマッピングに使用されるグラデーション」のグラデーションの帯の表示が出てきます。
この表示の下にあります、「逆方向」という項目にチェックを入れます。
白と黒が反転したと思います。さらに、グラデーションの帯の表示をワンクリックしてみてください。
「プリセット」の中から、白と黒が最もハッキリしたグラデーションを選択してください。
OKボタンを押してこのウィンドウを閉じます。残ったグラデーションのウィンドウも、OKを押して閉じてください。

次に、表示レイヤーを結合。そのままでは背景になっていると思いますので、この背景を
レイヤー→レイヤー複製で複製してください。
そして、レイヤーウィンドウのレイヤー効果メニュー(『通常』と表示されているところです)から
「スクリーン」を選択します。

下にある背景レイヤーをCtrl+Aですべて選択。その後、ブラシなどで白より暗い適当な色で塗ってみてください。
これで画像の描線が白色に変更されていることが確認できます。

どうでしょうか。ご参考になれば幸いです。

たびたびすみません。好きな色を指定できて、なおかつ楽な方法を思い出しましたのでご報告差し上げます。

--ステップ1------------------------------------------
スキャンした画像を読み込んだあと、

イメージ→色調補正→
明るさ・コントラスト→(適度に調整してください)

--ステップ2------------------------------------------
次にスキャンした画像の上に、調整レイヤーを作ります。

レイヤー→新規調整レイヤー→「グラデーションマップ」を選択後、そのままOKボタンを押してください。
...続きを読む

Qゴルフ テークバック

ゴルフのテークバックについて、腕と腰の動きについて 迷っていますので どなたかアドバイス頂ければ幸いです。
具体的には、
1 腕を動かし、腰は結果的に付いて回る(腰は、意識的には回さない)
2 腕を動かすと同時に、意識して腰も回す
3 腕を動かした後、引き続き、腰も意識的に回す
4 腰を回した後引き続き、腕を動かす
 動きについてベターなのは、上記の中のどれに近いですか。

Aベストアンサー

ゴルフを勘違いしてます!!
ゴルフというゲームを全く理解していないし、こんなことじゃ一生下手のままです!

自分中心に半径1.5mを考えるゴルファーはうまくならない!!
つまり腰だの肘だの動かし方や、スイングをいじる人にうまい人はいない!ってことです。
某有名プロの名言です。

ゴルフというのはどんなゲームだと考えてますか?
美しくスイングするスポーツでもなければ、下半身リードでスイングするゲームでもない、
ハンドファーストに打つゲームでも、体重移動するゲームでもないんです!
ましてどこを最初に動かすかを考えるスポーツでもないんですよ。

ゴルフは目標とするところにボールを運ぶゲームなんです!
最後は一点に、つまりカップにボールを入れるゲームです。

どこを最初に動かさすのが正解なのか?
では、練習場でもコースでもいいです、

ボールに構えて、考えることはただ一つ!
「このボールをあそこに(目標とするところ、柱でも、ピンでも、マンホールでも何でもいいです)
なにがなんでも運んでやるぞ!」
だけです。

この意識だけを持って、クラブを振り上げてみてください!
その時の動きが今のあなたには正解なんです!
結果、うまくいけばいいし、失敗すれは人間というのは自然なフィードバックができて
徐々に修正するようにできてるんです。

餅つき、やったことありますか?
初めてやる人、キネを上げるとき、打ち下ろすとき、両方力入れちゃいます。
しかし、打ってるうちにあげるときは一番効率よく上げるようになるし
打ち下ろすときは自然落下を使い左手でちょいとひっぱるだけです。
「効率よく」というのはあの重いヘッドの部分を体の近くに持ってきて
ゴルフでいうところのコックをすぐに使い、さっと杵を立ててそれから上にあげていきます。
そりゃそうですよね、身体から遠いところにあるキネの頭をそのまま持ち上げようとすればものすごい
力が必要ですよね。
最初はそうやっちゃいますがそのうち自然に上記の上げ方ができるようになるんです。

どんなスポーツ(スポーツだけには限りませんが)でもそうですが、最初はそりゃぎくしゃくします。
しかしそれを続けてるうちに人間のコンピューターがフィードバックされた情報をもとに必ず最適な
身体の動きを作り出してくれます。

包丁を使って、お刺身を切ってくれ、
と言われれば最初は分厚く切ったり、押し切りしたりしますが1000本のマグロを刺身にすれば
職人さんのように、というかもう職人でしょうけど、薄く均等にスーッとしかも早く美しく切れるようになるでしょ?

人間道具を与えて、この道具で、これをしてご覧!
と言われると、必ず最適な動きになります。

クラブも道具です。

朝、歯を磨くときあなたは何を考えてますか?
あと10分で出なくちゃ電車乗れないな、とか
仕事終わったらデートだ、ひげもそらなくちゃ、とか
歯磨きとは全く違うことを考えているにもかかわらず歯ブラシでのどを突っつくことはないでしょ?

バスケットボールのフリースロー、利き手をボールの下手前、側手をボールの向こう側、あるいは横に補助する形でおいて
ボールを頭の上にかざします。
そこから膝を曲げ反力を使って伸び上がると同時に肘を伸ばし、さらにスナップを利かせてボールを
ゴールに放り込みます。

さて、このプレーヤー、肘の曲げ具合、膝の曲げ方、伸ばすタイミング、
どこから動かそうか、なんて考えてると思いますか?

考えることはただ一つ!
ゴールを凝視し、このボールをゴールに入れるんだ!!だけです。

しかしはじめてボールを持った人は変なタイミングでジャンプしてしまい実に不格好です。
しかもゴール方向にジャンプしちゃいます。
中学生でもバスケットボール部の子は真上に飛び上がりタイミングよくボールを投げ入れます。

これ、人間のコンピューターがはじき出した動きなんです。
では彼らに肘はこうして膝はこうする、ジャンプのタイミングはこうだ、やってごらん。と言ったらどうなるでしょう?
ボーるはゴールまで届かなかったり、それたりします、タイミングもずれてしまいます。
なぜならそこを意識して動かそうとする。意識後に動かそうとすれば意識と動きにラグが発生します。

もしそこでうまくできるならそれは投げる瞬間その命令を無視して自分の感性で投げた時です。

ゴルフも同じなんですよ。
このボールをあの柱にぶつけるぞ!
と思って打っているうちにボールがそこに行くように反応し始めます。
そのうちビシッとあたり目標にきれいに飛んでいくようになります。
スイングいじってるうちは絶対にうまくなりません。
せいぜい90回で回れるのが精いっぱい。
70台なんて夢のまた夢、スイングいじってるうちに60歳、
もう伸びしろもなく、100のままゴルフ人生を終わっていきます。

私も腕に覚えがあり(歴30年、ハンディ2)若い時からゴルフバカだったため+1までいったこともあります。
しかしスイングなどrただの一度も考えたことも研究したことも、まして教えてもらったことなどありません。
しかし、クラブの中ではスピードこそかないませんが、スイングの美しさはプロよりきれいだね、と定評があります。

変なキーを押すから本来人間の持つ素晴らしいコンピュータが誤作動起こし、結果ぎくしゃくした動きになっちゃうんです。

それから、
人間道具を使うときにはどんなものでもだいたい体の正面で使います。
けん玉だって正面を外してする人はいません。
包丁だって、ハンマーだって、のこぎりだってだいたい体の正面肩幅の中で使います。
それがヒントです。

まぁ打ってるうちに正面で使えるようにはなりますが、外れて打ってるとすれば間違ってます。

理屈や理論、またこうするあーするがわかればうまくなるわけじゃありません。
おsんなもんでうまくなるんだったら何万人もプロゴルファーになれます。

また、その理屈や理論を実践しようとしてもうまくなりません。
それは自分の動きではないからです。

スキーで、カーブするとき外足内側エッジを踏み込みます。
その通りなんですが、
これを教えたとすると、
うまくいかず当然転びます。
しかしこの人は教えられた通り転んでも転んでも内エッジをぎゅっと踏み込んじゃいます。
確かに踏むことには間違いないのですが、自分の感性で踏み込むわけはないので
いつまでたっても同じ踏みこみ方しちゃって転んじゃいます。

しかし踏みこみ方など教えず、曲がってみ!
というと最初は変な恰好するし転びますが、転んでいるうちにだんだんフィードバックさえれた情報をもとに
踏みこみを覚えてきれいにターンできるようになります。
転んでもなお、教えてもらったものをするか、
転んだらフィードバックされた情報をもとに完成が動き始めるか、
当然後者の方が上達は早いです。

長々書きましたが
買いうとうとしては

何も考えずボールを目標に運ぶことだけ考えて打ってごらんなさい。
その時の始動があなたの今のゴルフに最適な始動です!

とにかく目標だけを考えて打つこと!
これだけです。これが片手シングルへの一番簡単で一番早く到達する唯一の方法です。

ドライバーからアプローチ・パターまで、全部これだけです。

ゴルフを勘違いしてます!!
ゴルフというゲームを全く理解していないし、こんなことじゃ一生下手のままです!

自分中心に半径1.5mを考えるゴルファーはうまくならない!!
つまり腰だの肘だの動かし方や、スイングをいじる人にうまい人はいない!ってことです。
某有名プロの名言です。

ゴルフというのはどんなゲームだと考えてますか?
美しくスイングするスポーツでもなければ、下半身リードでスイングするゲームでもない、
ハンドファーストに打つゲームでも、体重移動するゲームでもないんです!
まして...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報