「底ひ」という言葉があり、
発音するときは「ソコイ」と言う人と、「ソコヒ」と言う人がいます。
旧かなかつ古語だとおもうので、「ソコイ」のような気もしますが、辞書や古語辞典に「ソコヒ」と書いてありました。

こんなことがありました。

句会で句を読みあげるときこの「底ひ」を「~ソコヒ~」と発音したら、
野次が飛んできて「ソコイっていうんだよ!」
と、言われました。
しかしこの野次を飛ばした人は、「春愁(しゅんしゅう)」を「しゅんじゅう」と読み間違える人です。
知識に穴があり、信用できません。
しかもまた、いい加減な見た目のおばさまが「そうだよ!! 『イ』って読むんだよ!」
と、合いの手を入れるかのように言ってきました。
このおばさまも読み間違えの多い人です。

また、上記のおじさまとおばさまに注意されたことから、ためしに他結社の句会で「ソコイ」と読んだら、「ソコヒって読むんですよ」と諭されました。

みんな言うことが違うのです・・・。

「ソコヒ」「ソコイ」発音はどちらが正しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です。


国語辞典の扱いを御覧ください。

『大辞林』
>そこい[―ひ] 【底▽方】
 きわまる所。はて。きわみ。限り。
 天地の―の裏に我(あ)がごとく君に恋ふらむ〔出典: 万葉 3750〕
 →(句)底方(そこい)も知らず
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%9D%E3%81 …
>底方(そこい)も知らず
はてもなく深い。限りがない。
 棹させど―ぬわたつみの深き心を君にみるかな〔出典: 土左〕
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/0/0ss/111470000010/

『大辞泉』
>そこ‐い〔‐ひ〕【底▽方】
行きついてきわまる所。限り。奥底。はて。
「濃き藍いろの目には、―知らぬ憂ありて」〈鴎外・うたかたの記〉
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%9D%E3%81 …

これらの辞書が見出しの表記を「そこひ」ではなく「そこい」としていることの意味をお考えください。
もとをただせば、歴史的仮名遣いでは「そこひ」ですが、たとえ古典であっても、現代では「ソコイ」と読むから、
そこい[―ひ]
とするわけです。
俳句や短歌だけは別だと主張する方の御意見は、それとして承っておくということでよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分の手持ちの広辞苑と三省堂国語辞典には、「底ひ」としか載っておらず、
>そこ‐い〔‐ひ〕【底▽方】
とはなかったので、てっきり「ソコヒ」としか読まないものと思っていました。
なぜか手持ちの古語辞典も同じでした。
辞書もいろいろ持っておかなくてはと思いました。
『大辞林』や『大辞泉』も手に入れたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 22:50

白内障、緑内障の場合は、現代でも「ソコヒ」と言います。



「底ひ無き…」「底ひも知らぬ…」といった雅語の場合は「ソコイ」が普通です。
「ソコヒ」と読んでいけない道理はありませんが、「なぞへ」を「ナゾエ」ではなく「ナゾヘ」と読むのと同断です。

>「ソコヒって読むんですよ」と諭されました。
その人に言うときはその通りにしておけばいいでしょう。
    • good
    • 0

 僕は何とも思わず「ソコヒ」と発音してきたので、ご質問を見て、慌てて下記を見ました。


 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/130456/m0u/ …

 「ソコヒ」の項には「底翳」「内障」の漢字があり、「眼球内に障害があって物の見えなくなる病気。ひとみの色によって、白そこひ(白内障)・青そこひ(緑内障)・黒そこひ(黒内障)とよばれる。内障眼。→上翳(うわひ)」とあります。

 「ヒ」の項には「目翳」の漢字があり「眼球にくもりを生じて目が見えなくなる病気。そこひ・うわひなど。〈和名抄〉」とあります。

『日本国語大辞典』では「ソコイ」に底方、底意、の二語はありますが目に関するものはありません。
 「ソコヒ」では、「眼球内の疾病。黒内障、白内障、緑内障などの総称」→上翳(うわひ)」とあります。文明本節用集が出ています。

 文明本節用集は1474年、実隆公記(長享三年)にも出ていますが1479年です。
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%8F%E8%A1%8C% …
 上記にあるように語中語尾のヒがイになる「カ行転呼音」平安(一部にはもう上代から)あり鎌倉時代に一般化した音韻変化の一部です。

 「ソコヒ」の語彙は、ハ行転呼音に影響された「底方」「底意」のあと「ソコ」+「ヒ」として、すなわち「語中」という意識無しに比較的新しく創られたため、語中に「ヒ」があるように見えるのではないかと思います。

 僕は「ソコヒ」が正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
わたしも昔から「ソコヒ」と思っていました。
ちなみに手持ちの広辞苑には「底ひ」とあり、意味しか載っておらず、
「底い」とはなかったので、「ソコヒ」としか読まないとばかり思っていました。
わたしも「底」+「ひ」なのだとおもっていました。
>「ソコヒ」の語彙は、ハ行転呼音に影響された「底方」「底意」のあと「ソコ」+「ヒ」として、すなわち「語中」という意識無しに比較的新しく創られたため、語中に「ヒ」があるように見えるのではないかと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 22:46

指摘する方が野暮で、俳句が判ってないなぁと思います。



どちらでも構いませんよ。
文語での古語表記を、古語発音するか、現代語発音するかだけのコトです。

もし平安風の短歌なら、発音も「ソコヒ」とすべきでしょうね。
しかし現代語では、文語・口語ともに「底い(ソコイ)」で通用します。
そのいずれで発音するかは、質問者様の感性です。

句会における質問者様の作品なら、質問者様の発音・読み方が正しいです。
質問者様の感性・語感で決めて下さい。ソレが正解です。

「この句は現代句なので、『底ひ』と書いて『そこい』と読むんです」などで構いませんし、それによって、自由で洒脱な俳風になろうかと思います

逆に、短歌や古(いにしえ)に着想を得たり、思いを馳せた様な句であれば、現代風に「ソコイ」と発音しちゃうと、台無しになってしまうかもしれません。
敢えて「ソコヒ」と発音した方が、情緒がありますよね。

厳密に申せば、古語発音を現代人が多少真似てみたところで、当時と現代では、速度やイントネーションが全く違うんですけどね。
それでも自分なり自由に、雰囲気などを楽しむのが、俳句の世界かと思います。

俳句は、一字一句にこだわって、「こう読まねばダメ」じゃないです。
むしろ、こだわりが一番の敵でしょう。
「こう詠んだ方が良くない?」の世界で、最後はそれに共感するかどうか?ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
てっきり「ソコヒ」だとずっと信じていたので、ためになる回答でした。
古語にも興味があり、古いよいことばを俳句に取り入れるようにしています。
句の世界観に合わせて、読み方を考えてみようと思います。
ありがとうございました^-^/。

お礼日時:2011/04/19 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「酎」の部首について。

漢字検定2級の、練習問題20の2をやっていました。

そして、「酎」の部首と部首名を書き出す問題で、
それで酎の問に私は、

  寸(部首)、すん(部首名)

と解答しました。
そして答え合わせをしたところ、
この酎の部首は「酉(とりへん)」が正解でした・・

寸(すん)だと思ったのですが、酎のような部首が2つくっついてる漢字には、優先する部首があるのでしょうか?
部首のシステムがあまり分かりません><
ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

辞書によってその漢字の成り立ちや解字には異説が混在している場合もありますので、漢検を目指す目的であれば、やはり「漢検 漢字辞典」に当られてはいかがでしょう。
この辞書では部首索引の欄で例えば「寸」に当ると最初に別枠に他の部首である漢字が列記されており大変便利です。(例えば「付→人」「肘→肉」「討→言」「奪→大」など。)

ここから、二つの部首の組み合わせとしての会意文字と見た場合でも、「寸」の方は「肘」の省画の略字であり、「酉(酒つぼ)」+「肘(ひきしぼる)」の意味であり、しかも一般的には形声文字と見做して主要な意符(義符)は「酉」であり、「肘」が省画された「寸」の方は「チュウ」という音符(声符)と解して意符「酉」の部首に組み入れられているということでしょう。
面白いのは肝心の「酒」が「酉」の部首になく「サンズイ」に入っている辞書もあるなど、解字にも変遷や辞書それぞれのポリシーの相違が見受けられることです。(例:「岩波漢語辞典」)

とまれ、「漢検 漢字辞典」では部首は「酉(日暦(ひよみ)のとり)」の3画になっています。
単に「酉(とり)」では「鳥(とり)」「隹(ふるとり)」と混同しやすいことからでしょう。
他の辞書では「ひよみ(暦)のとり」(「岩波漢語辞典」)、「日読(ひよみ)のとり」(「大字典」)と、同訓でも当てられた漢字はそれぞれ異なっています。
「酉(さけ)扁(へん)」とする通称もありますが、本来は酒壺や徳利の形からの象形文字なので「さけづくり」とか「さけのとり」と呼ぶ辞書もあるようです。

ことほど左様で、試験には試験向きの辞書が欠かせない現状なのかも知れません。

辞書によってその漢字の成り立ちや解字には異説が混在している場合もありますので、漢検を目指す目的であれば、やはり「漢検 漢字辞典」に当られてはいかがでしょう。
この辞書では部首索引の欄で例えば「寸」に当ると最初に別枠に他の部首である漢字が列記されており大変便利です。(例えば「付→人」「肘→肉」「討→言」「奪→大」など。)

ここから、二つの部首の組み合わせとしての会意文字と見た場合でも、「寸」の方は「肘」の省画の略字であり、「酉(酒つぼ)」+「肘(ひきしぼる)」の意味であり、しかも...続きを読む

Q【日本語】昔の「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」は同じ発音だったので昭和28年に統合されたと言うが、同じ

【日本語】昔の「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」は同じ発音だったので昭和28年に統合されたと言うが、同じ発音なら別表記にする必要はなかったので昔の人はいとゐ、えとゑの発音は変えていたのでは?

そうでないとどっちのいかえか分からなかったはず。

同じ発音だから統合したという歴史認識は間違いでは?

Aベストアンサー

「ゐ」は「ぅい」、「ゑ」は「ぅえ」と発音します。
ただの「い」「え」とは発音の仕方が少し違いますが、
話していてもさほど差がないので、「ほぼ同じだから」という理由で統合されたのでは?

Q音符が部首になっている漢字

形声文字では、意符が部首になるのが原則のようですが、原則があれば例外もあるだろうと思います。
つまり、音符が部首とされている漢字、です。

たまたま「錦」を見つけました。
手持ちの漢和辞典(2種)では、いずれも部首が「金へん」の形声(会意形声)文字であり、「キン」という音は部首の「金」から来ている、とあります。
だとすると音符が部首になっているわけです。

こういう漢字、多分他にもあるだろうと思うのですが、ご存知の方はご教示下さい。

なお、同じ漢字でも辞書によって部首が違う場合があること、部首の分け方は絶対ではないことは承知しておりますので、その点のご指摘は無用です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「碩」は[頁]が義符、[石]が声符
「到」は[至]が義符、[刀]が声符
「賊」は[戈]が義符、[則]が声符
「修」は[彡]が義符、[攸]が声符

「甥」は[男]が義符、[生]が声符
「舅」は[男]が義符、[臼]が声符
齊部の字はすべて[齊]が声符。
「齊」を亠部に収容して、それぞれを本来の義符の部に振り分けるのが妥当な処置だったでしょう。

Q「青春」と言う言葉を大和言葉では何と言うっていたのでしょうか?

「青春」という言葉がありますが、中国から来た言葉だと思います。聖徳太子の前の時代?本来の大和言葉では何と言うっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。6/1のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

ご質問:
<本来の大和言葉では何と言うっていたのでしょうか?>

「花の齢(よはひ)」でいいと思います。

1.青春の青は「春を表す色」で、文字通り人生を春を例えた言葉です。

2.その意味で、華やかさを表現するのに古語では「花」を使います。

3.比喩を表す格助詞「の」を使った「花の」は、「花のような」=「華やかな」という、形容詞として使います。

4.従って「青春」は、「人生で華やかな年頃」ということで、
「花の齢(よはひ)」
となります。

5.また、時代にポイントを置けば
「花の世」
などと使われます。

6.一方、青春を「恋愛」に重点を置く場合は、「雅」という体言も使えるかもしれません。実際「雅び男(みやびお)」=「風雅な男」という言葉も存在していましたが、これは現代語にすれば「プレイボーイ」「女たらし」になるので、ちょっと青春とずれるかもしれません。

以上ご参考までに。

Q漢字の部首について

漢字の宿題をしていて分からないところがあったので質問しました
部首・部首名は分かっているのですが、どの部分が部首なのか分からない漢字がありました
その漢字のどの部分が部首なのか教えてください!!

『甚』部首:甘(「甘」の部分がどこにあるのか分かりません)
『炎』部首:火(上か下、どちらが部首か分かりません)
『褒』部首:衣(「衣」が分かれていていまいち分かりません)

解答よろしくお願いします

Aベストアンサー

甚 : 下の 匹 という部分を外してみると、甘 という文字になります。甘 という文字の二本の縦棒を少し下に伸ばして、その下に 匹 という文字をくっつけると 甚 という文字になります。

炎 : なるほど、上下とも 火 ですね。でも、あえてどちらが部首になるのかというと、私は下の部分だと思います。災 や 灸 のような文字を見ると、下の部分を部首として取っています。まず 火 があり、その 火 の上に燃え上がると 炎 になるのでしょう。

褒 : 哀 や 表 という文字と似た形です。褒 の場合は 保 という漢字の下にある部分が 衣 です。衣という文字の場合には上の部分がありますが、あれは人の首のあたりを意味して、その下が衣服のえりもとを表すそうです。漢字によっては、首の部分が略されて衣服のえりもとを表す部分だけの形になっています。

Q貧富の「貧」の発音は「ひん」 貧乏の「貧」の発音は「びん」 これはどうしていますか、規定ですか?規律

貧富の「貧」の発音は「ひん」

貧乏の「貧」の発音は「びん」

これはどうしていますか、規定ですか?規律がありますか、

Aベストアンサー

ヒンは漢音、 ビンは呉音です。
漢音呉音のことは、分かりやすい過去記事があります。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1280440.html

Q部首名

中学の子供が利用するのですが・・・
部首名が載っているサイトってありますでしょうか?
例えば、湯で検索したら、部首は「さんずい」で、読みは「ゆ」と出てくるような・・・
いろいろ調べてみたのですが、部首は出てきても、その部首の読みがわからなかったりで、いまいち納得のいくサイトがないので、あれば教えてください。

Aベストアンサー

部首名のサイトなら、こちらがいいかもしれません。

http://dearbooks.cafe.coocan.jp/kotoba03.html

Q悲愁の諷ひ尻を想い起させ、・・・。「諷ひ尻」の読みと意味は?

表題の通りです。
用例(正岡 容著、「滝野川貧寒」から)
先代東家小楽燕の悲愁の諷ひ尻を想い起させ、王子扇屋海老屋の名は(以下略)

浪曲関係の用語のような気がしますが分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウタイジリとしか読めんでしょう。意味は一節の決まりの付け方、フレーズの終わりの処理の仕方のことでしょう。

Q部首を教えてください

手元に辞書がなく、ネットで部首の検索をしましたが良いサイトが見つからなかったので教えてください。

共通する部首、及び部首名を教えてください。

1.可 永(はねぼう でしょうか)
2.者 君(ノ の でしょうか)
3.彦 豆
4.央 免

Aベストアンサー

>「次の二つの漢字について(A)共通する部分(部首)を補い、(B)補った部首の名称を書け。」


であれば、

(1)「さんずい」を補って「河」と「泳」

(2)「おおざと」を補って「都」と「郡」

(3)「いちのかい(おおがい)」を補って「顔」と「頭」

の要領でしょう。

(4)はすぐにはわかりませんが、考えてみます。

Q「あ」という発音と「あっ」という発音

「あ」という発音と「あっ」という発音は何が違うのでしょう。
聞いて区別できるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「あっ」(の後ろに音が続かないとき)の発音では,母音[a]の後ろに声門閉鎖音(発音記号では[?]に似た字)が起こります。声の振動を起こす声帯が閉じることによって気流を遮断する音で,「あっ あっ あっ」とつなげて発音したり聞き取ってみると声門閉鎖音が判りやすいかもしれません。

ただし,この音が語尾にあるかないかが日本語における音韻的な区別にはなっていないので,「あ」のとき必ず声門閉鎖音がなく「あっ」のとき必ずあるとは言えないかもしれません。「あ」と「あっ」の表記としては,音声的な違いより書き手の意図の違いが表されている可能性もあると思います。


人気Q&Aランキング