ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

素人な質問で済みません。
同一電線管にAE線1.2-3C、同軸ケーブル5C-FB、CV-2sq-2cを入れることは問題があるでしょうか?
また、同じ種類のケーブルであれば、同一管にいれても問題ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

素人な質問・・・?


ということは電気知っているってこと?
(sqも使ってるし・・・同一電線管も使っているし・・・)


・「AE線1.2-3C、同軸ケーブル5C-FB、CV-2sq-2c」は、同一管はダメ~~~。
カメラの背後での接触は仕方ないとしても、配管同一はダメ!

・「同じ種類のケーブルであれば、同一管にいれても問題ないのでしょうか? 」は、
問題ないけど、同じ種類のケーブルを数十本も同一電線管ってのは、
物には限度があるようにチョットダメでしょう。

ていうか、一人で入線するの?
    • good
    • 1

No2です



>AE線と5CFBも分けた方が良さそうですね?


 それらが弱電(小勢力回路)どうしなら問題有りません
AE線も何らかの通信回路ですよね

>同種電線を複数本同一管に入れてもよいのでしょうか?

100v系と通信系を分けるなら問題有りません

但しあまり 小径の配管に無理に押し込むのは問題があるので
適当な本数を収容する様に検討されるのが宜しいかと
    • good
    • 1

No2です



強電と弱電は保安上の理由で混触出来ない決まりです
ケーブルなので お互いが接触していなければ良いのですが
導一配管内への挿入はこれに抵触します

よって100Vとカメラインターホン等の配線が接触するので
ノイズ目的だけではなく不可となります

例えば壁に付いているコンセントとTVの差し込み口の中には
通常BOXが付いており それぞれを離隔するために
セパレーターと呼ばれる隔壁が設けられています(本来は)


ケーブルなので本来裸で良いのですが

配線ルートが無い等の目的で同一管路に収めようとされているのでしょか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!
配管をあまり増やしたくないので、同一管内にと思ったのですが、やっぱり分けるべきですね。そうなると、AE線と5CFBも分けた方が良さそうですね?
それから、もし仮にカメラが複数台となった場合、同種電線を複数本同一管に入れてもよいのでしょうか?
何度も質問してすみません。

お礼日時:2011/04/21 11:25

普通に考えてAE線はインターホン 5CFBはテレビ でいわいる弱電


CV-2sq2Cは何らかの電源で いわいる強電
  と言った感じでの使用でしょうか?

強電と弱電は 同一管路に収めることはできません

CV-2sq2cも弱電なら問題有りません

小勢力回路
電磁開閉器の操作回路あるいは呼鈴や警報ベル等に接続する電路であり、最大使用電圧が60V以下のもの(最大使用電流が、最大使用電圧15V以下のものでは5A以下、最大使用電圧が15Vを超え30V以下のものでは3A以下、最大使用電圧が30Vを超えるものでは1.5A以下のものに限る。)で、その上、300V以下の電絡と絶縁変圧器で結合されるもの。電気設備技術基準の解釈。小勢力回路の電線は、弱電流電線に含まれる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
5CFBはカメラで、CV-2sq2cはカメラの動力100Vです。
100Vなら可能ってことでしょうか?
インターネットをいろいろ見ていると、「電源は離した方が良いけど、弱電ならノイズは恐らく入らない」という感じに思われます。そんな感じでしょうか?
また、AE線に関しては、シールド(ノイズから保護するカバー?)がないので、カメラの映像に影響がでる可能性が有るようなことが書いてありました。これも、電源と同じようなことでしょうか?
お礼をするつもりが、又漠然とした質問して済みません。

お礼日時:2011/04/21 09:23

聞く前に素人が出来る作業では有りません


有資格者で有れば常識範囲です
無法工事は止めましょう。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電力ケーブルと弱電ケーブルの離隔距離

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブル(LAN・電話等)の電線間の

相互の離隔距離って法的に決まっているのでしょうか? 強電と弱電は 

離して置かなければいけないと思うのですが 具体的な数値がわかりませ

ん。 ご指導願います。

Aベストアンサー

こんにちわ
本物の電気屋さんです

ずばり、お答えします

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブルの
離隔距離の規定は、きちんと明確に記述されております。

離隔距離の規定は、
直接接触しないように布設する。
が正解です。何cmとの規定はありません
接触していなければOKです
離隔1mmでも、10cmでもOKなのです。

ご質問の電力ケーブルがVVFケーブルであるため
電圧種別は、間違いなく低圧で、ケーブル配線となります。
ガイシ引き配線の場合は、
裸線と弱電線は、30cm
絶縁電線と弱電線は、10cmです
ケーブル工事の場合は、接触しなければOKですので
心配はいりません
強電ルートと弱電ルートを別々に作って布設すれば
何ら問題ありません

Q強電と弱電との離隔について

VVFケーブルとVCTケーブル(湯沸かし器用)との離隔は必要でしょうか

Aベストアンサー

電気設備の技術基準の解釈
【低圧配線と弱電流電線等又は管との接近又は交差】(省令第62条)
第167条
2  合成樹脂管工事、金属管工事、金属可とう電線管工事、金属線ぴ工事、金属ダクト工事、バスダクト工事、ケーブル工事、フロアダクト工事、
セルラダクト工事、ライティングダクト工事又は平形保護層工事により施設する低圧配線が弱電流電線又は水管等と接近し又は交差する場合は
次項ただし書の規定による場合を除き、低圧配線が弱電流電線又は水管等と接触しないように施設すること
(次項のただし書には)
二  弱電流電線が、次のいずれかに該当するものである場合
イ  リモコンスイッチ、保護リレーその他これに類するものの制御用の弱電流電線であって、絶縁電線と同等
以上の絶縁効力があり、かつ、低圧配線との識別が容易にできるもの

湯沸し用のリモコンの線でVCTであれば、VVFと接触していてもかまわないことになります

QLANケーブル(cat5e)と電源ケーブルを同じ配管に入れての配線

こんにちは。
LANケーブル配線についてお伺いしたいことがございます。

5m~60mの金属管にLANケーブル(STP)と電源ケーブルを一緒に入れて、
敷設を考えておりますが、その際にLANケーブル側へはノイズが乗ったりといった支障が起こり、通信が遅くなったりといった障害が起こるのでしょうか。

ご教示願います。

Aベストアンサー

電源ケーブルは、何VAの仕様ですか?

一般的には、電源ケーブルとLANケーブルを平行に敷設する場合、
30cm 以上はなすことが推奨されています。

それが難しい場合、こちらのような ノイズビートケーブルが必要です。

http://sanwa-direct.shopping-search.jp/LAN%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF/LAN%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88CAT5eLAN%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB/

Q強電、弱電の分類

CD管にTV、LAN、電話線、(将来もしかしたら光ケーブル?)を仕込んで壁に埋め込みます。

過去の質問で、強電、弱電は同じ管に混在してはダメらしいと判ったのですが、これらはそれぞれどれを一緒にしてはダメなんでしょうか?

また、CD管(PF管、TL管)を並行に仕込むなら何かシールド処理をしないと管を分けても意味がないんでしょうか?
もしシールドが必要ならどのような方法があるんでしょうか?
それとも管さえ分ければ並行に這わせても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

強電、弱電に限らず電気が流れる電線は必ずノイズを発生します。
強電はノイズ量がものすごく大きいと思ってください。

ノイズの基本
・平行数する電線間の距離の二乗に反比例して影響を受ける
・平行配線距離に比例して影響がでる
・ノイズは途中にアースされた金属があると金属に吸収されアースに逃げる。(金属にアースがないと意味がない)

基本を踏まえて
1.強電はノイズが大きいので、弱電管の中に同一配線するとすべての信号線に影響します。
2.配線管を分ければ、電線間距離が離れるのでノイズの影響はある程度少なくなるが、弱電線(信号線)と平行して長距離配線すればノイズの影響がある。
3.弱電管と強電管はたとえば、1m程度以上離して配管すれば、ノイズの影響は問題ないと思われる。
4.弱電管はできれば金属管とし、片側をアースすることが望ましい。
5.また、弱電配線間でも平行して長距離配線すれば、互いにノイズの影響を与える。
6.弱電管だけ集めた配線間でも、使用する配線はシールド付きが望ましい。
7.シールド線(信号線をノイズ吸収の良い細い線で囲んである)のいったんは、機器のアースに接続しておく
8.光ケーブルは、電気でなく光が流れているのでノイズの影響はないし、ノイズを出さない。
しかし、FTTHの引き込みに使う程度であり、用途が限られる。

強電、弱電に限らず電気が流れる電線は必ずノイズを発生します。
強電はノイズ量がものすごく大きいと思ってください。

ノイズの基本
・平行数する電線間の距離の二乗に反比例して影響を受ける
・平行配線距離に比例して影響がでる
・ノイズは途中にアースされた金属があると金属に吸収されアースに逃げる。(金属にアースがないと意味がない)

基本を踏まえて
1.強電はノイズが大きいので、弱電管の中に同一配線するとすべての信号線に影響します。
2.配線管を分ければ、電線間距離が離れるので...続きを読む

Q接地線の施工について

接地線の施工について、電線で施工すると思いますが、通常配管には入れていないと思います。電流を流す場合、規程により電線は配管工事でなければいけないと思いますが、接地線の場合は配管工事でなくてよいのでしょうか?
こちらのジャンルでよいか分かりませんが、もし分かる方がいましたらお願いします。

Aベストアンサー

#2です、#1さんの保護管の規定以外は必要ないと思います。法令で規定されている接地工事では、接地線の機械的強度、熱的強度を規定していて、保護管については(電線管工事)などを規定していません、IV等を配管に入れるのは電線管工事として行うのであって、IVだけでは工事として成り立たないからです。配管の接地線は露出しますよね。

Q直・交流回路の同一配管内の入線について

電気の配管に、直流回路と交流回路のケーブルを一緒に入れては駄目でしょうか?
電圧の違うケーブルを入線するのは駄目と聞いたことがありますが、同じ電圧で直流と交流ではどうでしょうか?
電気については、高校の授業程度しか勉強したことがありません。
お手数ですが、噛み砕いてご教示ください。
日頃、バタバタしていて返信が遅れるかもしれませんが、お許しください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

異種電源の電線を同一電線管に入れてはいけない、というのは言わば常識みたいになっていて電気工事関係者なら皆知っていることです。その根拠となる規定が何処かにあると思って少し探しましたが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。それで、ここでは常識的に説明しておきます。
どれかの回路で過電流や地絡が生じたときに不幸にして保護回路が働かないと電線が焼損します。このとき同じ電線管に入っている回路も焼損して事故の範囲が広がります。この中に電源を異にする電路が同居していると、被害の範囲が拡大します。それを避けるためには、異系統の電源回路は別にしたほうがいいという結論になります。
従って、3相交流回路、単相交流回路、直流回路など、電気方式の異なるものは当然、同じであっても変圧器や幹線の異なる電路は、同じ電線管に入れるべきではないということになります。

Q「強電」と「弱電」の違い

「強電」と「弱電」の違いがいまいちわかりません。

僕が思っていたのは、
 ○学門等なら一般の電気工学が「強電」、
  電子工学とかが「弱電」、
 ○設備等なら電力設備が「強電」、通信ケーブルとか
  電話線等の信号等の設備が「弱電」
かと思っていました。

なんか定義等ありますか?

「電子工学」は「弱電」かと思いますが「電気工学」
だけでも「強電」と「弱電」に分かれますか?
量子力学なんかは弱電ですか?
制御工学は?

どの辺で強電・弱電に分かれるか、等よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子回路系は弱い電気ですよね。電気エネルギー、熱エネルギーに変換するような機械とかは強い電気を使いますよね。それへの違いだと思います。
なのでその電気の量に対して重点を置かない量子力学や制御工学は、どちらとも言えないんじゃないですか?
一般的には強電流工学 (電力・電気機器工学)と弱電流工学(電子・通信工学)に分かれます。

Q電線管内の電線占有率について

電線管(金属管、樹脂管含む)の電線の占有率はどのくらいなのでしょうか。
40%とか32%とか聞いたことがあるのですが。

Aベストアンサー

一般的には、32%まで。
管の屈曲が少なく、容易に電線を引き入れ、また引き替えができる場合は、48%までです。
以上は、『内線規程』に記載されている数字です。

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q同軸ケーブルとLANケーブルの同居

今、コミュファ光(ネット・電話・テレビ)の導入に向けて、室内配線を計画しています。
それで、ほぼ同じ場所に同軸ケーブル(S5C-FB)1本と、LANケーブル(カテゴリ6)3本を配線します。
それで、天井内では、30センチ間隔でビニールテープ(取り回しがしやすい為)で束ねて、天井から床までは、2本単位をモール内(2本モールが並ぶ)に入れて、配線したいと思います。
そこで質問です。同軸ケーブルと、LANケーブルは、信号は干渉するのでしょうか?
干渉するのならば、天井内は、別々に取り回して、モールも同軸ケーブルとLANケーブルは、場所を離してやらなければと思っています。
干渉するのなら、どの程度離して配線した方が良いのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

LANは100Mbps伝送でも実際は伝送量から、周波数的にはその半分の50MHz程度を中心に使用されていると思います。
 一方、デジタルTVは470MHz~770MHzが使用帯域ですので、周波数的にはラップする事はありません。
 TV信号を伝送する同軸ケーブルはこの帯域では表皮効果の影響で、ケーブルから電波が外に出てくる事はありませんが、接続箇所では注意が必要です。
 LANケーブルはUTP(シールドなし)のCat.6ケーブル等を複数本束ねて使う場合には、多重漏話現象が問題に成る事がありますが、Cat.6を3本では問題ないでしょう。
 注意しなければならないのは、商用電源線です。電源線に乗っているインバーターノイズ等が問題と成ります。例えばオフィース環境で電源線とLANケーブルは、平行に成る箇所では30cm以上離す。クロスする場合には直角にするが原則です。
 ビニールテープを巻く場合にはケーブルがつぶれるような力で巻かないようにしてください。LANケーブルは潰れると、その箇所の特性インピーダンスが変化して信号が反射する原因に成ります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング