父が亡くなり、相続税がかかるかどうか、計算をしています。
父が残した財産は、銀行預金100万円と、土地の借地権とそこに建てた家屋です。

家屋の評価額は、固定資産税の納税通知書に書かれてる「課税標準額」が評価額となりますよね?
そして借りている土地の方は、路線価図に書かれてる単価に土地の大きさを掛けて、借地率である60%で割ると評価額が出るのだと思います。

しかし、土地の大きさがわかりません。
建物の登記簿には建物の平米数しか記載がありません。
土地の大きさを知るには、どうしたら良いのでしょうか?地主の登記簿を見なければならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

路線価で評価する土地は、簡単に計算できるものではありません。


借地権割合も地域によって異なります。
土地の評価の知識がない人が計算するのは難しいと思います。

例えば、次のような要素を加味して計算します。
・道路の接し方
・土地の形や傾き
・地代の支払い状況
・土地の用途(事業用、居住用など)
・実際の地積(登記簿上の地積と異なる場合あり)
自治体によっては、無料の税務相談をやっているところがありますので、固定資産税の納税通知書、登記簿謄本、土地の公図、路線価図をもっていくと、おおまかな金額を教えてもらえるかもしれません。
ただし、その場で教えてもらえる保障はありませんので、だめもとで行ったほうがよいと思います。
    • good
    • 0

固定資産税の課税標準額は、評価額に固定資産税の税率を掛けると固定資産税が高くなりすぎるために調整されたものです。

相続税の計算の場合は課税標準額ではなく固定資産税評価額になります。
土地の大きさについては土地の登記簿を見ればわかります。地番さえわかっていれば登記は誰でも見れるのはご存知ですか?
土地の評価額については、土地の形状などによって路線価から多少修正する事もあります。
ところで、相続税の基礎控除はご存知なんですかね?それでもかかるかもしれないくらいの高額な土地の地域なんですかね?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税の計算方法

父母と子供2人の家族で、父が亡くなった場合の相続税の計算方法について質問します。
相続税額は課税財産から基礎控除(5000万円+1000万円×3人)を控除した課税遺産総額を法定相続分に応じて配分した場合の各人の相続税額の合計になるとあります。
各人の相続税額からは更に配偶者の税額軽減などの控除を行うことができるとあります。
そこで質問ですが、上記のように法定相続分にて計算した結果算出された相続税額は、実際にはどのように遺産を配分しようとも、例えば配偶者の配分はゼロで、子供2人に50%ずつ配分するような場合にも税額は変わらないと考えてよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

配偶者への配分がゼロの場合、配偶者の税額軽減の恩典を放棄することになるので、最終的な納付税額は多くなります。

以下、設例で説明します。
遺産総額 1億円
相続税の総額の計算
 1億円-基礎控除8000万円 = 2000万円
 ここでは2000万円を法定相続分で取得したものとして計算します。
 妻 2000万円×1/2 = 1000万円 1000万円×10% = 100万円
 子 2000万円×1/4 = 500万円  500万円×10% = 50万円
 相続税の総額 100万円+50万円×2 = 200万円
 ここまではどのように配分しても同じです。
 (ただし、小規模宅地の評価減などがあると事情が異なることがあります。)

ケース1 法定相続分どおり、妻への配分が1/2、子への配分 各1/4の場合
 妻 200万円×1/2 = 100万円、 配偶者の税額軽減 100万円、差引納付税額 ゼロ円
 子 200万円×1/4 = 50万円、納付税額 50万円
 全員の納付税額の合計 50万円×2 = 100万円

ケース2 妻への配分がゼロ、子への配分 各1/2の場合
 妻 200万円×0 = ゼロ円、 配偶者の税額軽減 ゼロ円、差引納付税額 ゼロ円
 子 200万円×1/2 = 100万円、納付税額 100万円
 全員の納付税額の合計 100万円×2 = 200万円

以上のように、全員の納付税額の合計は、ケース1では100万円、ケース2では200万円となります。

配偶者への配分がゼロの場合、配偶者の税額軽減の恩典を放棄することになるので、最終的な納付税額は多くなります。

以下、設例で説明します。
遺産総額 1億円
相続税の総額の計算
 1億円-基礎控除8000万円 = 2000万円
 ここでは2000万円を法定相続分で取得したものとして計算します。
 妻 2000万円×1/2 = 1000万円 1000万円×10% = 100万円
 子 2000万円×1/4 = 500万円  500万円×10% = 50万円
 相続税の総額 100万円+50万円×2 = 200万円
 ここまではどのように配分しても同じです。
 (ただし、...続きを読む

Q土地を相続したのですが、贈与だといわれて印紙税が43万もかかってしまい、困っております。

父の叔父(子供なし)が亡くなった為、公正証書に従って父が土地と家(評価額2000万ほど)を相続しましたが、登記を司法書士に頼んだところ法務局に相続ではなく贈与だといわれたとのことで、印紙税などで43万もかかってしまいました。その後行った税務署では相続と認めてくれたようですが、印紙税を取り戻すことができるか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公正証書に従って「相続した」のか「遺贈を受けた」かで、
相続税は同じですが、登録免許税は異なります。
「公正証書」の現物の表現や、お父さんが叔父の相続人にあたるのかなど、
よく確認されてからの方が良いと思います。

■相続税(税務署)
遺贈の場合、贈与税ではなく相続税がかかります。
税率は相続でも遺贈でも同じですから、相続税がかかったとしても、
「遺贈なのか、相続なのか」が判定されたわけではないと思います。
■登録免許税(法務局)
所有権移転の原因が相続か遺贈かで、税率が異なります。
こちらは、「遺贈か、相続か」を判定する必要があります。

http://www.zai3.com/manual/souzoku/souzokuzei-kiso1.html
http://lantana.parfe.jp/souzok9-1.htm

Q相続税の計算

父親名義の土地の相続について
 固定資産税のはがきに「土地評価格5500万」と書いてあるのですが、相続税の計算はこの金額でするのでしょうか。
又、知人に相続する土地が少ないから相続税はかからないと言われたのですが本当でしょうか。
 相続人は母と私と私の主人(父の遺言状では)で、実兄がいますが遺産放棄する予定です。

Aベストアンサー

相続の場合の土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。
路線価方式は、毎年、税務署が路線価を発表し、倍率方式は、固定資産税の評価額に一定の倍率をかけて計算する方法で、路線価の決められていない土地の場合に用いられます。

いずれの方式を取るにしても、相続税では次の式で計算した金額が基礎控除となりますから、質問の場合は、土地の評価額が5000万円であれば、他の相続財産と合わせて相続財産が8000万円以内なら、相続税か掛からないことになります。
5000万円+法定相続人の数×1000万円=基礎控除額

相続税についての詳細は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20010911/

Q亡くなった父名義の家について・・・。

12月20日に父が亡くなりました。
突然のことで頭が混乱している上に、この様な手続きを母に代わり私がすることになりお知恵をお貸し下さい。。

わずかですがローンも残っていたのもあり先日UFJ銀行へ手続きへ行きました。
現在その家へは母一人が住んでおり、兄は地方・私は市外に住んでいます。
最終的にはその家を処分して母も一人で不安なので私の住んでる地域へ引越ししてくる予定でいます。

1、これからどの様な手続きを進めて行ったら良いのでしょうか?
2、家を売却するにはどこに頼めば良いのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お悔やみ申し上げます。

まず、亡くなったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に、お父様の所得税を申告、納税する必要があります。例えば、お父様が年金をもらっていた場合です。詳しくは、下記のサイトを参照して下さい。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2022.htm

次に、相続税の検討です。

土地、家屋の評価額の計算については、下記のサイトに記載されています。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4602.htm

時価よりも安くなるようです。

そして、質問者さんのご兄弟がお兄様のみの場合、法定相続人は、お母様、お兄様、質問者様の3人になります。そして、相続税の基礎控除額は、8000万円になります(5000万円+1000万円*3)。

従って、相続財産が8000万円以下の場合には、相続税の申告は不要です。

詳しくは、下記のサイトをご参考に。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4152.htm

また、相続税の申告が必要な場合には、その申告期間は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。詳しくは、下記を参照してください。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4205.htm

お悔やみ申し上げます。

まず、亡くなったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に、お父様の所得税を申告、納税する必要があります。例えば、お父様が年金をもらっていた場合です。詳しくは、下記のサイトを参照して下さい。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2022.htm

次に、相続税の検討です。

土地、家屋の評価額の計算については、下記のサイトに記載されています。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4602.htm

時価よりも安くなるようです。

そして、質問者さんのご兄弟がお兄様のみの場合...続きを読む

Q相続税の計算について

相続税の計算について

下記の問題を途中まで計算してみたのですが、
よく分からず、困っています。
特に、(6)(7)が理解できていませんので、
どうか、分かりやすい解説をしていただけませんか?
また、他の計算部分でのミスがありましたら、ご指摘ください。
よろしくお願いいたします。

1.被相続人甲の法定相続人は、配偶者乙、長男A(24歳)、長女B(18歳)の3人であり、
  全員、国内に住所を有している。AおよびBは被相続人甲の実子である。

2.各人の課税価格は次の通りである。
 乙:180,000千円
 A: 90,000千円
 B: 60,000千円

3.相続開始前3年間は、各法定相続人に対して、被相続人甲からの贈与はなかった。

(1)課税価格の合計額:330,000千円

(2)遺産に係る基礎控除額 50,000千円+10,000千円*3人=(1)千円

(3)法定相続人に応じる各人の取得金額
 乙 (330,000千円-(1)千円)*(2)=(3)千円
 A,B(330,000千円-(1)千円)*(4)=(5)千円

(4)相続税の総額計算
 乙 (3)千円*40%-17,000千円=<a>の金額
 A,B ((5)千円*30%-7,000千円)*2人=<b>の金額
 <a>の金額+<b>の金額=相続税の総額(<c>の金額)

(5)各人の納付税額の計算
 乙:0.55 A:0.27 B:0.18

 各人の算出相続税額
  乙の算出相続税額<c>の金額*0.55=<d>の金額
  Aの算出相続税額<c>の金額*0.27=<e>の金額
  Bの算出相続税額<c>の金額*0.18=<f>の金額

 各人の納付税額の計算
  乙の配偶者の税額軽減額の計算
   <c>の金額*(6)千円/330,000千円=(7)円

  Bの未成年者控除
   60,000円*(20歳-Bの年齢)=(8)円

   上記より各人の納付税額(百円未満切り捨て)
    乙の納付税額<d>の金額-(7)円=(9)円
    Aの納付税額(e)の金額
    Bの納付税額(f)の金額-(8)円=(10)円


(1) 80,000 (2) 1/2 (3) 125,000 (4) 1/4 (5) 62,500
(6)   (7)   (8) 120,000 (9)   (10) 10,050,000 

<a> 33,000千円 <b> 23,500千円 <c> 56,500千円
<d> 31,075,000 <e> 15,255,000 <f> 10,170,000

相続税の計算について

下記の問題を途中まで計算してみたのですが、
よく分からず、困っています。
特に、(6)(7)が理解できていませんので、
どうか、分かりやすい解説をしていただけませんか?
また、他の計算部分でのミスがありましたら、ご指摘ください。
よろしくお願いいたします。

1.被相続人甲の法定相続人は、配偶者乙、長男A(24歳)、長女B(18歳)の3人であり、
  全員、国内に住所を有している。AおよびBは被相続人甲の実子である。

2.各人の課税価格は次の通りである。
 乙:180,...続きを読む

Aベストアンサー

相続税の総額56,500千円の按分計算まではOKです。

配偶者の税額軽減額の計算
(1)(取得財産の合計)330,000千円×(法定相続分)1/2=165,000千円(最低保証160,000千円)
(2)(分割財産の価額)180,000千円
(3) (1)(2)のいずれか少ない金額 165,000千円
(4)配偶者の税額軽減の限度額 31,075千円
(5)(相続税の総額)56,500千円×(3)165,000千円÷(取得財産の合計)330,000千円=28,250千円
 (4)(5)の内いずれか少ない額28,250千円←配偶者の税額軽減額

乙の納付税額 31,075千円-28,250千円=2,825,000円
Aの納付税額 15,255,000円
Bの納付税額 10,170千円-120,000円-10,050,000円(未成年者控除もお書きのとおりです。)
合計納付税額 28,130,000円

Q土地売却にあたり土地家屋調査士の方の報酬は、

過去の質問にピッタりのが見つけられ無かったでよろしくお願いします。
駐車場だった土地を不動産屋に売却します。隣接する数件との境界線の確認
に土地家屋調査士さんに依頼すると担当の人から言われました。
土地家屋調査士の方に支払う報酬は売主になりますか?
この件に付いては始めに聞いていなかったとおもいますが、当然の事だから
不動産屋さんも言わなかったのかなと勝手に思ってました。

Aベストアンサー

売却するにあたり、都や県の指導のもとに作られた売買契約書には、土地の境界を売り主がその責任と費用負担で、明示するとありますので、それに伴う測量費用や杭入れ費用は、原則売り主負担となるのが通例でしょう。しかし、業者はなれていますし、土地所有者はそんなことは、わからないのが現状です。金額的にも土地代金と比べ、大きくなければ、買主負担でお願いしますと言ってみてもいいと思います。どちらが費用負担するかは、民法では書いてありませんし、折半でも問題はありません。相手が業者であれば、なおのことです。ただし、境界を明確にするために立ち会うことには協力してあげてください。

Q相続税の計算は、税理士に依頼するべき?

借地権で建てた自宅の所有者である父親が亡くなり、母と子2人で相続することになりました。

相続税がかかるということで、調べたのですが、基礎控除5000万+3000万(相続人3名)=8000万円を超える部分のみが課税されるようです。

わたしの自宅は一般住居で、路線価図を見て単純計算してみると3000万円くらいでした。
その他父の遺産は銀行の預金100万くらいしかありません。

おそらく相続税の申告は不要ではないかと思っております。

しかし、思いもよらない財産があったり、計算を間違えていたりして、あとで加算税を取られたりしたらこまります。

やはり、相続税の申告が不要っぽくても、きちんと税理士に依頼して、土地評価等をしてもらい、正しく財産を把握した方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>思いもよらない財産があったり、
これは税理士でもわかりません。
銀行の預金以外で考えられるのは株や生命保険ですね。
生命保険金は、貴方の場合1500万円まで非課税です。

>相続税の申告が不要っぽくても、きちんと税理士に依頼して、土地評価等をしてもらい、正しく財産を把握した方がいいのでしょうか?
いいえ。
土地家屋以外の財産が100万円ならその必要ないでしょう。

相続税評価額は、土地は路線価で、家屋は固定資産税評価額(納税通知を見れば記載されている)です。
貴方が心配しなくても、もし、土地家屋の評価額を貴方が間違えていても、土地家屋の評価額だけで控除額を越えていれば、税務署は申告期限前に事前に申告するよう通知してきますから。

なお、相続税の改正(基礎控除額の減額、5000万円+1000万円×相続人の人数から、3000万円+600万円×相続人の人数)が4月からある予定でしたが、大震災の影響で、まだ、国会でその法案が通っていまません。
6月以降になるようです。

Q亡くなった父親の土地売却について

こんにちは。

皆様のお知恵を拝借したいと思い、下記の質問をさせていただきます。


5年前に父親が死去しましたが、土地の名義は父親のままで残っています。母親、兄、私の3人が法定相続人となりますが、家族間の揉め事等々今まで色々なことがあり、最終的に、この土地は私一人のものとなり、売却を考えています。


1)父親の死去後、父親名義の土地を売却するには、まず、土地の名義を私のものにする必要がありますか?
2)名義を変更するにあたり、相続に関する手続きをする必要がありますか?この際、母親、兄の承諾(押印)が必要でしょうか?
3)父親名義のままで、土地の売却は出来ると不動産会社の営業マンが入っていますが、本当でしょうか?
4)土地の評価額は5000万円くらいですが、相続するとなると、相続税は発生するのでしょうか。相続しないで売却する場合、譲渡税が発生するのでしょうか。
5)相続しないで売却した場合、その売却益は確定申告をすればよいのでしょうか。


母親、兄は一旦は土地の処分を全て私に一任し、利益(損益)が出ても一切関知しない、という念書を書いたのですが、いざ、売却しようという段階になると、お金が欲しいと言い出しました。父親の死去後、固定資産税を支払ってきたのは私ですし、母親と兄の念書があるので、万が一、相続ということになっても、二人の言い分は却下できると思っていますが、そのあたりも、どなたか教えて下さい。


何卒宜しくお願いします。

こんにちは。

皆様のお知恵を拝借したいと思い、下記の質問をさせていただきます。


5年前に父親が死去しましたが、土地の名義は父親のままで残っています。母親、兄、私の3人が法定相続人となりますが、家族間の揉め事等々今まで色々なことがあり、最終的に、この土地は私一人のものとなり、売却を考えています。


1)父親の死去後、父親名義の土地を売却するには、まず、土地の名義を私のものにする必要がありますか?
2)名義を変更するにあたり、相続に関する手続きをする必要がありますか?こ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

1.質問者様名義にする必要があります。被相続人名義のまま第3者に所有権移転登記をすることはできません。

2.相続を原因とする所有権移転登記をする必要があります。質問者様が相続することを証する書類が必要となります。戸籍関係書類に加え、遺産分割協議書・特別受益証明書などがこれに該当します。質問者様以外の法定相続人(質問のとおりなら、母と兄であり、叔父さんなどは相続人にはなりません)の実印の押印・印鑑証明書は「必須」です。「念書」の内容が相続証明書の一部として適切であったとしても印鑑証明書も必ず必要です。

3.父親が売却し、書類が整っているが登記だけ未了と言う状態で亡くなったのなら、その方法もありますが、質問のケースでは1で記載したとおりできません。不動産会社の営業マンにその真意と根拠(条文・先例)などを示すように要望してみてください。

4.相続税は基礎控除があります。質問のケースでは8000万円までは相続税はかかりません。評価5000万円の土地とその上物ですので、基礎控除額内だと思います。相続しないで売却はできません。譲渡税は当然かかります。

5.相続しないで売却はできません。当然確定申告する必要があります。

司法書士に依頼すれば相続関係書類を作成し、他の法定相続人にその書類が意味するところを説明することはできますが、最終的に母と兄に押印をしてもらうには質問者様自らの力で承諾を得なくてはなりません。

登記のことが中心になりますので、まずは司法書士に相談してください。各都道府県の司法書士会では無料相談会にも積極的に取り組んでいるはずです。利用してみてはいかがでしょうか。↓「日本司法書士会連合会」のホームページ、左側メニューの「全国の司法書士会一覧」で最寄の司法書士会の連絡先が分かります。

参考URL:http://www.shiho-shoshi.or.jp/

こんばんは。

1.質問者様名義にする必要があります。被相続人名義のまま第3者に所有権移転登記をすることはできません。

2.相続を原因とする所有権移転登記をする必要があります。質問者様が相続することを証する書類が必要となります。戸籍関係書類に加え、遺産分割協議書・特別受益証明書などがこれに該当します。質問者様以外の法定相続人(質問のとおりなら、母と兄であり、叔父さんなどは相続人にはなりません)の実印の押印・印鑑証明書は「必須」です。「念書」の内容が相続証明書の一部として適...続きを読む

Q相続税の総額の計算書(第2表)について

相続税の総額の計算書(第2表)について

相続税の申告書の作成をしております。
課税価格の合計を出して、相続税の総額などを記入したのですが不明な点があります。

法定相続人は、母(配偶者)・姉・私の3人です。
しかし、遺産分割協議書で、相続財産は全て母が相続することになっております。

この相続税計算書の記入例では、法定相続分(妻1/2、子 1/4、子1/4)にのっとって
税額が算出されておりますが、こちらの現状では母が全て相続するので、この記入欄には
母の名前だけ書き、子2人の名前は記入しなくても良いのでしょうか?

また、母一人の名前だけ記入する場合は「左の法定相続人に応じた相続分」や「法定相続分に応ずる取得金額」などの欄はどうしたら良いのでしょうか?

それから、確認ですが実際に相続するのは母一人でも、法定相続人は子を含めた合計3人となりますので、基礎控除額は以下の通りで良いのでしょうか?

5000万円+(1000万円×3人)=8000万円

これに加えて、配偶者のみが相続するので、配偶者の税額減税が適用されて16,000万円までは控除されると考えて良いのでしょうか?

宜しくお願いします。

相続税の総額の計算書(第2表)について

相続税の申告書の作成をしております。
課税価格の合計を出して、相続税の総額などを記入したのですが不明な点があります。

法定相続人は、母(配偶者)・姉・私の3人です。
しかし、遺産分割協議書で、相続財産は全て母が相続することになっております。

この相続税計算書の記入例では、法定相続分(妻1/2、子 1/4、子1/4)にのっとって
税額が算出されておりますが、こちらの現状では母が全て相続するので、この記入欄には
母の名前だけ書き、子2人の名前は記入しな...続きを読む

Aベストアンサー

 相続税の計算は、実際に相続する者の財産価額に対して税率を乗じて計算するものではありません。
 まずは、相続財産額を各相続人に法定相続分で分け、相続人ごとに税率を乗じて税額を算出する。次に、算出された税額を合計し、その合計した税額を実際に相続する財産価額に応じて按分します。
 つまり、3人が法定相続分で相続するものとして仮計算し、それを合計した税額を実際に相続するお母さんに全部集めるという手順になります。
 
 したがって、実際に相続するか否かにかかわらず、相続人である以上は全員の名前を記載します。
 基礎控除や配偶者の税額軽減については、あなたの考え方のとおりです。

Q亡くなった御主人名義の土地建物を貸し店舗として貸そうとされています。

亡くなった御主人名義の土地建物を貸し店舗として貸そうとされています。

 知り合いの奥さんからの相談なのですが、亡くなられた御主人名義の土地建物をテナントとして貸そうとされているのですが、名義変更をせずに貸しても問題は無いのでしょうか?
 3階建ての建物で、1階部分を亡くなられた御主人が車の整備工場として使われていて、2階・3階部分を居住スペースとして使われていました。ご主人が亡くなられ、1階部分を使わなくなったので、テナントとして貸そうとされています。不動産会社の方からは問題ないと言われているようなのですが、大丈夫か心配で相談されているのですが、私も専門知識が無いので答えることができないでいます。
 なにかご存知の方おられましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法律上のあるべき論は一旦置いておいて・・・

不動産が相続されていない状態でも賃貸することは可能です。借りる側は登記名義が誰かなどは興味ないですから。
問題は『事業の主体』が誰かということです。賃貸して賃料収入を得れば、当然税務申告をしなければなりません。まさか亡くなった人の名前ではできませんよね。

不動産収入を税務申告した際に、相続手続きが未了で、ひょっとすると相続税も払っていないということが税務署にばれる可能性もあります。
結局、きちんと相続手続きして、新しい所有者の名義で賃貸業をするのが無難という結論になります。


人気Q&Aランキング