よく聞く話ですが、
妻に先立たれると、旦那さんは短命、だとか。

ホントか嘘か判りませんが、
そもそも女性の方が長寿なのは判りますが、
「女房に先立たれて、後を追うように亡くなった」
みたいな話をよく耳にします

これってなぜなんでしょうか?

逆に、旦那さんに先立たれた寡婦は長生きするモノなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちわ。


『お礼』有難うございます。
お礼文を読ませてもらい思ったことや、感じたことなのですが、ご相談者様は『・・・私にとって定年も老後も何十年も先の話ですが、今から生活力を養っといた方がいいのかなー、』

って言われておられますが、男性の場合はそうした事を選択されることはとても賢明なことだと思います。失礼なことを言う様ですが、奥様が年上とか、病み歴があるとかと言ったこととは別としてある程度のことはご自分でやれる様に身に付けておかれても損はないと思いますよ。

それと、長い目で見た場合、“人生論”めいた事を言う様ですが、自分の好きなことをし、面白おかしく生きた者勝ちなんでしょうか。?  (程度や中身にもよりますが・・・。)

既婚者の方に対してこんな逆、質、なんかして失礼とはおもいますが、・・・されど誰しもこうした願望は持っていると思うのですよね。・・・それを人間として理性で“コントロール”しているともとれますよね。

性別も違い、年齢も年上、(きっと、いや絶対)それに既婚者でもないだけにこんな“のん気”なことが言えるのだと思われがちになりますが、人生観として捉えた場合、“十人十色”であることは違いないし、現在、置かれている状況や、立場も“人それぞれ”と言う事も大いに関係してくることは当然では有るけど、“生き方”って、と考えていくと余計に“ややっこしく”なってしまい結局は、現状に変化なし状態・・・。

ならば悩まず、考え込む事なく、自分の直感で生きいくことが正解なのかと・・・。

相談者様の最初の“テーマ”とかけ離れてしまって申し訳ありません。(既婚者の方なのにすみませんでした。)愚痴になってしまいました。・・・こんなのもいるということで受け止めてください。
    • good
    • 0

余計悩ませてしまってすいません。



医学的なことですが、体の何割か出血すると亡くなる、というのは
男性のデーターで、女性には当てははまらないようです。
女性はそれぐらいでは死なないようです。

あと、病気になってもまたよみがえるのは女性だといっていたのは、
介護施設でパートをしている近所の人がいっていました。

女性は我慢強くできていますね。
男性は痛みとか治療に対して、攻撃的になるようにできているようです。


よくわからないですが、依存度が高いと後を追うような形になるかもしれませんね。

少し前、俳優の奥さんが、40代の若さで自殺しましたね。
なんとなく、この方は母親や他人への依存度が高かったのではないか?と感じていました。
現在、親に依存する子供が多いようですが、
親がなくなると、生きていけないそうです。
これからそういう問題が表面化してくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生物学的にメスの方が強く逞しいということでしょうか
たしかに、そんな気がします、クモ、カマキリとかライオンとかいろんな動物(笑)

女性は我慢強い、ですか。
もしかしたら、出産の痛みを経験したら、大抵のことには動じない、とかでしょうか。

定年前だと、夫は仕事、妻は家事で割り切れますが、
定年後、夫の役割が激変、環境も生活もまるっきり変わりますよね、
うん十年と染み込んだ環境からのチェンジは老人には辛いかもしれませんね
変化に順応できるタフネスが必要かもしれませんね

妻に依存しない老後、一つのキーワードかもしれないですね

お礼日時:2011/04/26 15:22

こんにちわ。


よく、“男鰥に蛆が湧き女鰥に花が咲く”とした諺がありますが・・・言われていることはよく分かります。“「女房に先立たれて、後を追うように亡くなった」”みたいな話をよく耳にします

確かにそうしたことはよく耳にしますよね。それによく、お婆ちゃんは『・・・旦那がなくなってもう“十、ん年”経ったのよ・・・。』なんてことはザラですよね。

これはきっと“女性は強い”んだと思うのね。と言うことは、女の人は“男の役目も(仕事も)こなせる”からではないでしょうか。・・・それにたいし、男は“からっきしダメ”で、家の中のことは、何がどこに有るのか分からない。仕事に関しても、半ば女房任せで、挙句に“趣味”と言うものが無いなら、言われていることは“当てはまる”と思いますね。

実は、私の兄がソレなんです。奥さんが3年前に亡くなりました。
兄は、面白いことを言っては皆を笑わせている様な性格でしたが、180度変わりましたね。

冗談を言えるような空気では無くなりました。ウツではないかと思えるくらい、とても陰気になってしまいました。・・・一番苦労するのは“食事”の様です。時々、皆が“煮物”やら“旬”のものなどを持っていって挙げたりはしていますが、相変わらずです。(男は弱いです・・・。)
>これってなぜなんでしょうか?

私もよくは分かりませんが、奥さんの役割分担が軽減するからではないでしょうか。
精神的、肉体的にも・・・。(嫌な言い方ですが)余計な心配も、手間もせずに済むということですよ。自分のやりたいことを優先し、今まで出来なかったこともやれる、気持ちの上で余裕が生まれるからではないでしょうか。(不倫とかそうした事ではなく、中にはアリと思う人もいるかも?)

亡くなってしまった事は悲しいけど、それ以上に“気持ちに余裕が湧いてきた”としたことではないでしょうか。ピント外れだったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー
と読ませていただきました
お兄様の例はホントにウツのような気がしないでもないですが 余計な詮索ですねゴメンナサイ
私にとって定年も老後も何十年も先の話ですが、
今から生活力を養っといた方がいいのかなー、
いや、でも、嫁に先立たれるとは限らない
でも、でも嫁は一年前に乳がんになったし、7つも年上だし・・・
というわけで、嫁に先立たれるなんて不吉なことが脳裏をよぎって質問した次第です

私は家事だいっきらいの亭主関白の根っからの九州男児なんで
不摂生でゴミに埋もれて飢え死ぬと思います♪

お礼日時:2011/04/25 17:43

奥さんがきつかった人で、何でもこまめにやる男性は、


一人でも十年以上生きていました。

単純ですが、食事の問題があるかもしれませんね。

あと、社会性とか。
社会性のある人は、仲間を作って、楽しくやるようです。
でも、クヨクヨと長く生きてる男性もいます・・・


体の面ですが、男性は弱いそうですね。
ちょっと具合が悪くなると、ころっと逝きやすいとか。
女性はなかなか死なない、と聞いたことがあります。


配偶者が亡くなったときのショックの度合いも関係あるかもしれませんね。

同時期に同じようなガンにかかる夫婦が2組いましたが、
後を追う、というより、食生活だったと思います。

いろんなケースがあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

社会性のある人が長生きする、と言うことでしょうか
そうだとしたら、妻の死との関わりが判りません

女性の方が体が丈夫、うーん、なんとなくそんな気がしないでもないですが
男性はうん十年というもの、外で働き通しだからして、蓄積された負担も大きいのではないかと。
つまり命削ってる度合いが多いとか。

同時期に同じようなガン、なるほど日常生活に、病気に至る原因があるのかもしれないと。

なんか、謎と疑問が余計ふくらんできました

お礼日時:2011/04/25 17:28

年金生活をしているおっちゃんです。



家事を奥さんに任せたような人は短命ですね。
何しても戸惑う毎日でしょうよ。(私がそうです)

一方、料理などを積極的にやってきた人はそうでもないようです。
妻のお父さんは「釣り」が好きで、魚さばきなどは奥さんにやらせなかったような人でしたね。
実際、奥さんがなくなってから10年は生きていました。

奥さんの場合は、羽を伸ばし、足を伸ばし、やりたい放題ですから、長生きしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生活力、知恵、経験の乏しさ→不摂生で命を縮める、
確かに家事がこなせると、運動にもなり健康的な気がします
メンタルにはどうなんでしょう?
なぜ女性は、男性の死で、なにかから「解放」でもされるのか?
老後の夫婦生活のあり方にヒントがありそうですね

お礼日時:2011/04/25 17:13

その逆のパターンの夫婦もいますから、一概にそうだ!とはいえませんが。



介護ショップに居た時に、パートナーの急病なり看病なりでやはり力強いのは「妻」ですね。
夫は、ただただ、うろたえていますね。

勿論、妻は直ぐに気持ちを切り替えるわけではないですが、切り替える心の強さや、相手への理解があるから、気持ちの整理が着き易いかと。
それに比べて、夫は、ほんと頼りになりません。

「看護師から、ココ(お店)を教えらて来た、なにを買えばいい?」
これ、絶対夫が言います。妻は、店頭を見回し、こっちの話を聞いて、「じゃぁーこれから買っていこうかしら」と判断は早いです。ただ、デザイン等で悩む程度です。

夫は、そのデザインすら、「どれがいい?」ですって。
いやー奥様の趣味、家の様子などわからぬ私達には、なんとアドバイスしていいのやらですよ。

妻は、夫をよく判っています。夫は、それに比べて全く妻を判っていません。書面上の情報をスラスラいえたら言いぐらいでは?
だから、夫を亡くしても、妻は、心の中にいっぱいある夫の内面からの思い出だけでも過ごしていける人がいるのかもしれませんが。ある女性は、夫に先立たれ、彼のいない人生に心のだけじゃなく身体もついていけず、海に身を投げたそうです。

逆に、相手を必要とし過ぎて、相手があるから生きてこられた、だから居ない、思い出だけでは一緒に居られない女性は、彼に近づく為に死を選ぶかもしれませんが。

夫は、今の団塊の世代であろうと、若い人であろうと、妻のことなんてうわっつらしか知らないから死をひきづりやすいようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、重病の妻の入院、夫はうろたえますね実際。「私に何が出来るだろう?」
一日のうち、ほとんどを仕事に費やして家族を養ってるんだから、家事も下手なのは当然でしょうね
何を買えばいいのか?最初はだれでも訳わかんないんじゃないでしょーか。
考えるより聞いた方が早い、と。
妻のことを知らないと死をひきづるのですか? より知っている方が深く刻み込まれるような気がするのですが
生活力のなさが、旦那の余命を縮める?
男一人だとどうしても不摂生になるから?
なにやら、判らなくなってきました

お礼日時:2011/04/25 17:07

仕事依存型の男性に多い特徴ですね。



子供や家庭の事などは、全て妻任せ、言い換えれば、家庭のことを顧(かえり)みない男性が早死にします。

そして、いつまでも「妻の死」を受け入れられない人が、後を追うように亡くなります。


>逆に、旦那さんに先立たれた寡婦は長生きするモノなのでしょうか?

女性は切り替えが早く、しかも「思い出」だけでも生きていけるような精神構造を持っています。

そこは、男性と違う所ですね。

男性は割り切れない人が多い。

言い換えれば「執着」する傾向がある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんかグサグサ突き刺さりますね
「女性は切り替えが早い」
「男性は執着する」
この2点は理解できません

お礼日時:2011/04/24 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 出血性ショック<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

     出血性ショックとは、出血のために重要な内臓の有効な血流が維持できず、細胞機能が保てなくなる時の症候群です。一般的には血圧が低下しますが、実は血圧が低下する前に、その他の症状が先に現れていることが多いので、血圧が下がり始める前に出血性ショックの有無を判断し、迅速な処置や救急車要請、病院への搬送を行う必要があります。  血圧の測定以外に、出血性ショックの症状が出現する顔色、呼吸、脈拍、皮膚を観察す...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奥さんに先立たれた男性ってどうしてるのでしょうか

最近「ロストシングル」といって
奥さんを亡くした男性が立ち直れないまま
精神的にボロボロになって暮らしている実態をメディアで知りました。

特に毎日の食事に困ってそうに思いますが、、、。
また食器の洗い方さえわからず、衣類や風呂用の洗剤で
食器を洗おうとしたり、、、。
また家政婦さんにきてもらおうものなら莫大な費用がかかりますね。

私は未婚男性で
仕事をしながら家のこと(掃除、洗濯、食事の準備など)をしないといけないので
家のことは粗雑になりがちで恥ずかしく思うこともあります。
既婚者からは「これだから独身者はなんかだらしないね」みたいなことを
言われたこともあって
「やはり独身男性って世間から惨めに見えるのかな」と
自分で思い悩むこともあります。

しかしもともと一人暮らしなので家のこと(掃除・洗濯)は雑ながらもしてるつもりですし
食べ物も簡単な料理なら食材を買ってきて
作ることも出来ます。
例えば味噌汁ならインスタントではなく
「だし」をとって
完全に手作りで作ることもできます。

面倒でウンザリすることもあるんですが、
外食やインスタント食品ばかりだと栄養バランスだけでなく
味付けが濃すぎることや「化学調味料」もなんとなく気になります。

話を元に戻します。
奥さんに先立たれた男性、また離婚して突然一人暮らしになった男性は
やはり家のこと(とくに食事)で苦労しているのでしょうか。

最近「ロストシングル」といって
奥さんを亡くした男性が立ち直れないまま
精神的にボロボロになって暮らしている実態をメディアで知りました。

特に毎日の食事に困ってそうに思いますが、、、。
また食器の洗い方さえわからず、衣類や風呂用の洗剤で
食器を洗おうとしたり、、、。
また家政婦さんにきてもらおうものなら莫大な費用がかかりますね。

私は未婚男性で
仕事をしながら家のこと(掃除、洗濯、食事の準備など)をしないといけないので
家のことは粗雑になりがちで恥ずかしく思うこともあります。
既...続きを読む

Aベストアンサー

全く家事経験のない人なら苦労するのはまちがいないでしょう。
ただ、本来はやれる人であっても先立たれた悲しみよりすべての意欲を失ってやる気がでなくなってしまったケースもあると思います。

仰るとおり、いずれは誰もが一人になることは考えておかねばならないことです。
結婚されていて、奥さまにすべてやってもらうだけで過ごすのではなく、少しでも自分でできるようになっておかねばならないのは必須でしょうね。単純にいってしまえば先立たれなくたって、離婚しなくったって、奥さまが病気やケガで動けなくなったときに自分でできなきゃ困るのは自分なんです。

私は既婚者ですが、少し前より妻に教わりながらやり始めています。家事は妻が一手に引き受けてきたこともあって、やっぱりやり方というのがありますから合わせなければならない面もあります。まー怒られながらやってますよ。
苦労はしたとしてもやっていれば慣れてくるものだと思うのです。要は自分から考えてやるにせよ、やらなきゃならない状況に追い込まれたにせよ、自分でやるしかないものです。

高齢者福祉の充実についてですが、昔から叫ばれてはきてます。外部面ではサービスの充実があるようですけど、実際によくなっている状態ってあまり感じません。どうしても福祉という名の商売に走る人たちも多いわけで、これから先も同じでしょう。

男女、既婚未婚問わず、自分の身は自分で守れるような意識がどうしても必要になってくるものだと感じています。どうしても年齢で身体の自由がきかなくなったときは他人の手を借りなきゃならないでしょうけどね。

全く家事経験のない人なら苦労するのはまちがいないでしょう。
ただ、本来はやれる人であっても先立たれた悲しみよりすべての意欲を失ってやる気がでなくなってしまったケースもあると思います。

仰るとおり、いずれは誰もが一人になることは考えておかねばならないことです。
結婚されていて、奥さまにすべてやってもらうだけで過ごすのではなく、少しでも自分でできるようになっておかねばならないのは必須でしょうね。単純にいってしまえば先立たれなくたって、離婚しなくったって、奥さまが病気やケガで動け...続きを読む

Q伴侶の死後、前向きになれる人となれない人の違いは?

妻の死後、悲しみを癒すため色々やって来ました。不幸な人のために尽くせば、それが喜びになり癒しになると言う人が多くて、視覚障害者のため音訳ボランティアをやって来ました。少数民族を救うための活動もやって来ました。しかし、自分の悲しみを軽減する力にはならないと感じました。

最近同じ苦しみを抱えた方、数人とメールを交換するようになりました。彼女たちは海外のメル友を訪ねたり、あるいはジムに通ったり、わざと自分を忙しくしていると言っております。夫の分まで、前向きに生きて行きたいと言います。時々は夫を思い出して悲しくなり、思いっ切り泣くとも言います。

共通しているのは、前向きな姿勢です。翻って自分なんですが、基本的な気持ちは「何もやりたくない」のです。で、無理にやっている音訳ボランティアその他の活動も重荷に感じます。
彼女たちは一人閉じこもらず、外に出て人と接することで、悲しみを忘れているようですが、私の場合は外に出て人に接しようという気が土台起こらない。ムリにやると非常な負担になる。

で、家に一人居て、音訳録音の準備作業とか、やることは一杯あります。しかし、妻のことを時々思い出すというよりも、頭にこびり付いていて24時間悲しい重苦しい気分に支配されているという状態です。

メル友からのメールを読んでいる時と、返信を書いている時だけは、明るい気分になり妻のことはほとんど忘れていますが、送信完了した途端、更に以前にも増して悲しみが襲って来ます。そしてそれがいつまでも続きます。
妻の分まで生きたいとは思えず、出来るだけ早く妻の元は行きたいという思いしか持てません。

前向きに活動できる彼女たちと、私との違いは何でしょうか?
私は男性ですが、男と女の違いでしょうか?
妻を亡くしてまだ1年を過ぎたばかりですから、もっともっと年数が必要ということでしょうか?
個人差があって、自分の場合は一生前向きになれないということでしょうか?

経験された方、あるいは何かヒントになるものがあれば、教えていただきたいと思います。
宜しくお願いします。

妻の死後、悲しみを癒すため色々やって来ました。不幸な人のために尽くせば、それが喜びになり癒しになると言う人が多くて、視覚障害者のため音訳ボランティアをやって来ました。少数民族を救うための活動もやって来ました。しかし、自分の悲しみを軽減する力にはならないと感じました。

最近同じ苦しみを抱えた方、数人とメールを交換するようになりました。彼女たちは海外のメル友を訪ねたり、あるいはジムに通ったり、わざと自分を忙しくしていると言っております。夫の分まで、前向きに生きて行きたいと言い...続きを読む

Aベストアンサー

>>生きててもたいして意味ないとは思いますが
>そうですね。妻がいた時は意味を感じてやっていたことが、妻が死んだ途端、何の意味も感じなくなっ
>てしまいました。
この件で思うのは、ボランティア趣味もいいのかもしれませんが、それより、少しでも働かれることを
お勧めしたいですね。
働くというのは、いい加減な仕事はできませんから、働くことで、物事への集中力がでますし、
なにがしかの小遣いを得ることは、少しの喜びにもなると思うのです。
昔の人も同じように伴侶と死に別れてるのですが、みんな働かないと生きていけない時代ですから、
働くことで生きていけ、また元気になっていったのではないかと思います。
たとえば農家からなにがしか仕入れて行商人みたいに売ってまわり、薄利でしょうけど、そこになにか
生き甲斐も出てくると思うのです。僕は働くことは祈りのようなものと信じています。
働くことで悲しみを忘れている時間の出来るし、体も元気になり、後追い誘惑もなくなると思います。
僕は幸い自営業ですので、いつも働いていないとダメです。そのことが、同じ死別者仲間より早く立ち直れた気がします。


>>帰りの電車の中で涙がボロボロで、家に帰ってずっと嗚咽
>これ凄く興味がありますね。何故悲しくなるのでしょうね。

この答えはまだ出せないでいます。
妻に対する悪い気持ちが起きたか、目の前の女性が妻だったらいいのにと思ったか、
目の前の女性へ愛情を感じたことで、忘れていた妻への愛情を思い出したか・・・。
私達の心は暗闇で解明されてない部分すこぶる多いと言われています。
多分、何故悲しくなるかはわからないような気がします。

この件があって、今お付き合いの方と、いつか愛し合うことになると思うのですが、その最中に嗚咽するのではないかと思ったりします。これ引かれてしまいますよね。君の美しさに感動したんだと言ってごまかしましょうか(笑)。

>>死別者が嫌われるとこなんだなと
>死別者が敬遠されているとは知りませんでした。それで貴殿は離別だと嘘を付いたんですね。その後そ
>の問題は解決出来ましたか?
誤って別れました。酷すぎるとかなりのお叱りを受けました。

.

>>生きててもたいして意味ないとは思いますが
>そうですね。妻がいた時は意味を感じてやっていたことが、妻が死んだ途端、何の意味も感じなくなっ
>てしまいました。
この件で思うのは、ボランティア趣味もいいのかもしれませんが、それより、少しでも働かれることを
お勧めしたいですね。
働くというのは、いい加減な仕事はできませんから、働くことで、物事への集中力がでますし、
なにがしかの小遣いを得ることは、少しの喜びにもなると思うのです。
昔の人も同じように伴侶と死に別れてるのですが、みんな働か...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っており

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまうので今の状態が一番良いと言っています。ですが少し以前は少量ですが食事を摂っていましたしそれが許されていたのに栄養分のある点滴がうてないとゆうのはどうも矛盾している様な気がしてなりません。ちなみに病院側からは兄に残された時間は残り少ないと何度も言われており最後まで望みを捨てていない私達からするともっと出来る事がある筈なのにそれをしていないのではないかと感じられる事があり点滴の件はその一つなのですが末期の癌患者にあえて栄養分を与えないとゆうのは癌の進行を抑える為に妥当な方法なのでしょか?またそれはもしかしたら回復するかもしれないとゆう事も視野に入れても有効な手段と言えるでしょうか?専門分野の方、もしくは同じ様な経験をお持ちの方からのアドバイス又は御意見を伺えると大変に助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを消費して体で利用できるように組み立てられます。ここまではエネルギーになりません。しかし、その後利用できなければ、再びエネルギーを消費して肝臓で分解され、腎臓から排出しなければなりません。

つまり、体が利用できないのに栄養を口から又は点滴で投与しても、かえって体のエネルギーを浪費するだけに終わります。また、肝臓や腎臓の機能が落ちていることが多く、余った栄養を処理できずに肝性脳症や尿毒症になり、栄養点滴が原因で昏睡になることもあります。そこまで行かなくても、栄養点滴はむくみの原因となり、肺浮腫などで呼吸状態が悪化したり、腹水の増加につながるなど、いいことが全く亡いために、現在では行われなくなっているのです。

「癌が成長してしまう」は、上記のようなことを患者さんやご家族が理解しにくいために昔から使われているロジックですが、実際には栄養点滴が百害あって延命の効果は全く見られないことが研究でおおよそ分かっています。

私は過去に、1日200mlの電解質の点滴だけで2ヶ月間頑張られた方を担当したことがあります。

残念ながら、現在の医学ではいったん減った進行癌の体重や体力を元に戻す方法は見つかっておらず、そのような時期には無駄に体力を減らさない(含む抗がん剤)がとても重要となります。

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを...続きを読む

Q夫に先立たれました

ひと月前に夫に先立たれた 56歳女性です。寂しくて毎日泣いています。同じような経験をなさった方どのように乗り切れば良いかアドバイス下さい。異性との出会いは今は望んでいません。

Aベストアンサー

お辛いですね。
ひと月、気が張って雑事を終え・・・ぽっかりと穴が開いたような喪失感。

私の友達は雨の日に部屋中に写真を置き
写真に話しかけながら、ひとりで子供のようにワァーワァー何時間も大声で泣いたそうです。

何かが変わるわけではないのですが、そうすることで少し受け止めることが出来た。
と言ってました。

参考まで・・・

Qお金がない親の面倒について。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を使ってしまう。
透析を受ける事になり障害者になったが年金払っていないため障害年金が貰えない。
タバコがやめられない。
持ち家がない。
車が盗まれる。

このような感じで貧乏になりました。

同居してほしいと言われましたが、どうしようもない親ですし、一緒に住んだら物凄く大変になる事は確実で、妻の事を思うと、同居は絶対に出来ないと思ったので、はっきり断りました。

その後も父は、今後誰が面倒みてくれるんだ、みんな冷たい、兄弟で話し合ってくれ、などと言ってきます。

妹はまだ親と暮らしていましたが、すぐに出ていった方がいいと話し、彼氏の家に引っ越しさせました。

現在は団地に入って貰い、車は私が乗っていた車をあげました。車をあげたのは、車がないと生活が出来ないような田舎、病院等に自力で行ってもらうためです。

私の親の貧乏の事、車をあげる事について、もちろん妻とケンカになりました。親については、私も本当に困っており、お金の援助して欲しいとは今の所言ってきませんが、今後の事を考えると、どうするのがいいのかわからず、不安でしょうがないです。

妻は、今まで後の事を考えず自由に暮らしてきたんだから自業自得、老後は子供を頼りにしようと思って生きてきたなんて信じられない、同居なんて絶対に出来ないし、援助もしたくない、関わりたくないと。

私もその通りだと思いますし、関わりたくありません。私も弟も、子供がいますし、お金の援助する余裕もない状況です。

父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、お前達が面倒みろ!と言われました。母はこのような話をするといつも黙ってしまいます。


どうするのがいいのかわからず、困っています。

アドバイスを頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではないですよ。子供が扶養できないことを福祉事務所に説明すればいい。
一緒に住んでいたらだめですけど、遠方にいて仕送りをしたら自分の生活が
なりたたない。そう言うしかない。

実は、私の実の弟が脳内出血で半身まひになって働けない状況で、しかし私は
子供の教育費用住宅ローンなど負債がたくさん残っている状況で弟を世話する
余裕はないどころか、妻の母が癌で治療費がかかる。
そもそも謙虚な弟ならまだしも、親の遺産相続で大げんかし自分から兄弟の
縁を切ると言った人です。母の面倒をみたと周囲には言っているけどその実
自分は働かず父の遺族年金や貯蓄を食いつぶし、あげくのはてに母が病気の
際に二つ隣の県まで遊びにでかけていて、インフルエンザで母はなくなりました。

だいたいが、人に面倒見てもらうのが当たり前みたいなことを言う人間は
できそこないです。
面倒を見たらみたで当然だとおもうだけ。感謝の気持ちがあるなら、もうすこし
まともな生活をしてきているはず。


お父様にはこういって差し上げてください。

もし、お父さんの面倒をみることで、うちの子が大学進学できなかったら
あなたどうするつもりですか。一人東京の大学を卒業させるのに
1600万円はかかるんですよ。(生命保険会社の資料に出ています)
孫の将来まで足引っ張って自分が長生きしたいですか。糖尿だって
透析に至るまで放置しなければ、薬でコントロールできたんですよ。
自分の不摂生の結果じゃないですか。


私も、手立てがあるのなら弟の面倒をみることも考えますよ。先に遺産として
実家の土地建物と貸家一軒先の生活の手立てとして弟に渡してあるのです。
何も面倒をみないからといって恨まれる筋合いはないです。

質問者さまも、実際に無理なことをやれと言われて悩むことはないですよ。
質問者様に経済的な余裕がおありなら別ですが。

親不孝を脅しに使う親ほどひどいものはないと私は思います。そういわれるのが
子供にとって何よりつらいことがわかっていてそういうのだから。

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではな...続きを読む

Q母の死。父が心配です

3月中旬母が急逝しました。

私は結婚して実家から車で15分くらいの所に住んでいます
兄は海外で仕事しています

母が急逝したため、父は落ち込んでいます
亡くなってから、今現在も私と子供は実家に帰っています
旦那も仕事が終わると、私の実家に帰ってきます

もうすぐ49日です。
私は、自分の実家なので気にしていませんでしたが、
旦那がストレス感じているようです
当たり前ですよね。

もうそろそろ、自分たちの家に帰ろうかと考えてはいますが、
70歳近くになる父が心配です。
家の事は、亡くなった母が全てやっていたので、食事面など心配です

私はフルで働いているため、夜しかいませんが
父は体は元気ですが、精神的には弱っている今
出来れば一緒にいてあげたい
げど、旦那の事考えるとそろそろ帰ろうか・・。
いずれか、帰るのだから、49日がよい機会なのか
けど父が心配

一体どうすればいいでしょうか!?
乗り越えるにはどうしたらいいのかわかりません

アドバイス下さい

Aベストアンサー

  おはようございます。50代女です。
  この度、お母様の訃報、
  心よりご冥福をお祈り申しあげます。
  今誰よりも辛く悲しいのはお父様です。
  いつも一緒にいた大事な伴侶を失った
  悲痛さは解りません。
  娘として当然のこと、側にいてあげること。
  こういう場合は女の助けは必要ですから。 
  49日の法要が終わるまであなたが支えになって
  あげてください。
  ただ、”可哀想”では今度はあなたの家庭が大変です。
  旦那様のこともきちんと考えてあげないといけません。
  嫁ぎ先と実家も近いのだから、様子を見に来る事くらい
  にとどまらないとお互いがギクシャクしてしまいます。
  お父様も今は"抜け殻"状態かも知れませんが
  子供が思うほど親とは弱くないものです。
  何れはどちらかが先旅立つもの。
  人間、生まれてくればいつかは死ぬもの、
  これも運命です。
  最後を見届け責任を果たされた。
  りっぱな”夫婦愛”です。  
  こういう時はお子さん(お孫さん)を口実に時々、実家に
  連れて行ってあげて成長を共に喜びましょう。
  子供の笑顔が何よりです。
  私は14歳で母(47)と兄(25長男)を交通事故でなくしました。
  父は48歳、祖父78歳、
  このときの父の顔には"涙"はありませんでした。
  母をなくした哀れな娘(私)をどう育てようか
  必死でした。ましては年老いた父の世話もあります。
  普段、お酒も好きで晩酌は欠かさなかった父
  お酒に溺れることなく、仕事とに専念し家計を支えてくれました。
  あれから37年。昨年永眠(85)しました。
  大切な伴侶をなくしても再婚することなく
  自分の子供を第一に考え、教育し,独立させ
  親として子供を嫁がせ孫に囲まれ幸せに旅たちました。
  海外に移住されているお兄さんにも今後のことを相談され
  子供達が親孝行してあげて下さい。
  ”見守る”これも愛の形ですから。  
    
   
    

  おはようございます。50代女です。
  この度、お母様の訃報、
  心よりご冥福をお祈り申しあげます。
  今誰よりも辛く悲しいのはお父様です。
  いつも一緒にいた大事な伴侶を失った
  悲痛さは解りません。
  娘として当然のこと、側にいてあげること。
  こういう場合は女の助けは必要ですから。 
  49日の法要が終わるまであなたが支えになって
  あげてください。
  ただ、”可哀想”では今度はあなたの家庭が大変です。
  旦那様のこともきちんと考えてあげないといけません。
...続きを読む

Q配偶者に死なれて

配偶者が4月8日に亡くなりました。肉腫の再発でした。初発は11年前でした。配偶者は67歳でした。いまだに喪失感が強く、立ち直れていません。また翻訳をしているのですが、ショックで能力、スピードもおちました。もうひとつ何をやる気にもなれません。早く立ち直りたいですが、どのようにすればいいでしょうか
やはり依存度が強かっただけに、これからのことを考えても不安になります。もし似たような経験をなさったかたがいらしゃいましたら、そういうこともぜひおきかせ願いたいです。

Aベストアンサー

私は4年前に妻を胃がんでなくしました。
配偶者は亡くした経験があるものしかわからない、どくどくの感情ですね。

生前、決して中がよかったわけでもないごく普通の夫婦でしたけど、葬儀が済んだ直後から喪失感
が襲ってきますね。昨日まで部屋にいた人が永遠に帰ってこなくなった現実はたまったもんでない
ですね。

私は夕立のようにおとずれる激しい哀しみにまるで赤子のように泣きじゃくりました。
私は自営ですが、お客様と会っているときは、相手との話に集中しますので、普通ですが、一人になると
また赤子のように号泣しました。
半年くらいは毎日号泣しない日は一日たりとてありません。

質問者様泣いてください。悲しいんですもの泣くしかないです。
あとこれ信じていいです。「時間がクスリ」です。どんな哀しみも時間の経過で癒されるように
なっているようです。

もう少し積極的になれるなら、西原理恵子さんが言う「働くことは祈り」という言葉がありますが、
ふらふら、やる気のない気持ちは、悲嘆感情からくる当然の気分です。

これは気分ですから病気ではありません。このやる気のない気分のまま、いやいやながら、一行でもいいので翻訳の仕事にまず手を出してみてください。突然夕立のように悲しみが襲ってきますが、誰もいなければ手を休め思い切り号泣してください。

そうすれば悲しみは夕立のように去っていきますから「働くことは祈り」で、また少し翻訳に手を出してみてください。

昔の人はどんなに悲しくても農作業を休まず家事もしていたようです。働くことで悲しみを乗り越えていけるると思います。

私も日曜以外は休まず働き続け子は中3でしたからなれない家事もしました。

100日くらいたつとかなり楽になり、一周忌くらいで時々号泣くらいまで立直り、三回忌くらいで悲しみは癒えたような気がします。

参考になれば幸いです

私は4年前に妻を胃がんでなくしました。
配偶者は亡くした経験があるものしかわからない、どくどくの感情ですね。

生前、決して中がよかったわけでもないごく普通の夫婦でしたけど、葬儀が済んだ直後から喪失感
が襲ってきますね。昨日まで部屋にいた人が永遠に帰ってこなくなった現実はたまったもんでない
ですね。

私は夕立のようにおとずれる激しい哀しみにまるで赤子のように泣きじゃくりました。
私は自営ですが、お客様と会っているときは、相手との話に集中しますので、普通ですが、一人になると
また赤...続きを読む

Q妻との死別と性欲

3月に妻と死別しました。

付き合ってから21年、結婚して18年でした。
悲しかったし、寂しいですし、そして私や子供達の為に前向きに病気と闘ってした妻の気持ちを考えると悔しいです。

ただ本当に妻には申し訳ないと思うのですが・・・
性欲の方が・・・
まぁ歳も歳ですので(40半ば)、若い頃のようにと言う訳ではないのですが。

病気が分かって、約2年半。
それまではそこそこ夫婦の営みはありましたが、病気が分かってからは治療も副作用などもありましたし、
病巣が子宮でもあったので、当たり前?ですが、関係はありませんでした。

ふと、先日このまましないで死んで行くのかなぁと・・・(苦笑)

お金を払ってと言うところはあまり行きたくないですし、じゃあナンパでもしてと言う外見でも口達者でもないですし、かと言ってまぁまだ約3カ月と言うのもありますが、誰かと交際してと言う気にもなりません。

じゃあ我慢するしかないという結論になりますが・・・

こんな事を考えるのは本当に妻に申し訳ないのですが・・・

私は薄情者でしょうか?

Aベストアンサー

30代既婚女性です。

妻の病死と貴方の身体の事とは、別次元なことなので、気にすることはないと思います。

貴方の身体が、まだ生殖能力がある若い証拠だと思います。

こういう場合に、お金を払って・・という手段は、大いにありだと思いますけどね。

性欲を満たす目的で新たに素人の誰かを探すよりは、マシだと思います。その方が失礼だと感じます。

私が奥様の立場だったら、夫に我慢しないでね。と声をかけると思います。夫は、独身時代の話を聞くと

マスターベイションで終わらせるタイプかもしれませんが、私はお店で処理してくれても、全然

構わないと思っています。こればかりは、生理現象ですから。

死別した後も、誰か共に生きれるパートナーを見つけて欲しいなとは、思いますが、それはそんなに

簡単な話でもないでしょうからね。

Q義理父同居に伴うストレス

数ヶ月前より義父との同居が始まりました。(義母はすでに他界)
同居前から義父は自分の身の回りのことは自分でやっておりましたので主人曰く、そんなに大変じゃないはずといっておりましたが実際はとっても大変です。
まったく何もやりません!飯、風呂、寝るって感じです。きっと、息子の妻である私がすべてやるものと思っているようです。専業主婦でしたらやるのが当然かもしれませんが、普通の会社員として朝から晩まで働いております。

私、30歳前半。義父、70歳前半。
このたび家を建てようと計画中ですが、頭金等は自分達だけで用意してます。(義父はだしてくれないようです)

そこで、同じく同居されているみなさんは、生活費を出してもらってますか?食費等々で義父の分もかかってくるのでいくらかでも出してもらおうと思ってますが、いかがでしょうか?
あとそもそも、このような義父の態度は普通で私が我慢しないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

同居・別居ともに経験した者です。お察しします。
子供夫婦それぞれ・父君の性格と相性によって、今後の展開は様々でしょうね。
まず生活費についてですが、老若を問わず、父親は生活費については念頭にないようです。というかそこに気がつかないのです。買い物に行く習慣が無い人はなおさら物価についても無知なのです。この問題はあちこちで耳にしますが、おじいはたいてい、悪気は無いのですよ。知らないだけで。
家の新築費に父君がノータッチ・・・。その土地が父君のものならそれでも良いのですが。そうでないのなら、今後の生活費は出していただきましょう。
最初が肝心です。気張ってあなたが面倒をみると、それが当たり前・日常となってしまいます。冷たいようですが、ここまではするけれど、これ以上はできない、という原則を設けて父君にもそれをはっきりと・意地悪でないニュアンスで伝えましょう。明確にそう出来づらければ、日常のなかでナシクズシ的にしてしますのです。例えば、「今日は疲れた・又は体調が悪いので夕飯は私たちは外で済ませます、お父さんにはお弁当を買って帰りたいけれど、それでいいでしょうか」などとシタデに出てお願いしてみることも必要です。そう言っておいて、息抜きとしてご馳走を食べたり、遊びにでかけても罰は当たりません。とにかく何かにつけては相手を立てておくのです。
また、幸い、あなたには仕事があります。それをまっとうしたい意志を常々示すのです。
まあ、どちらにしても、こういう場合、どこの家庭においてもあなたのおつれあいに相当する人は肝心なところではアテにはならないものです。でも、とりあえずおつれあいに相談し、ラチがあかなければあなたが父君に引導を渡すしかないかもしれません。仮にあなたのおつれあいが父君に意見をするとします、すると「これは嫁が言わせてる」という発想をするタイプの年寄って少なからず居るのですよ。で、あなたが仕方なく舅ジジイに何か提案するとします、それでも事前におつれあいにはその由を宣言しておいたほうが後々のためには良いでしょう。
あと、「義父の態度」についてですが、その年頃の人としては普通のことが多いですね。その前後の年齢ですと、戦争経験や受けた教育の影響のために、案外と柔軟な考え方をして、それが行動化されてる例が多いのです。その観点ではちょっと中途半端な年齢の舅ジジイですよ、うちのと同じで。
とにかく、がんばりすぎないように。先は長いのです。

同居・別居ともに経験した者です。お察しします。
子供夫婦それぞれ・父君の性格と相性によって、今後の展開は様々でしょうね。
まず生活費についてですが、老若を問わず、父親は生活費については念頭にないようです。というかそこに気がつかないのです。買い物に行く習慣が無い人はなおさら物価についても無知なのです。この問題はあちこちで耳にしますが、おじいはたいてい、悪気は無いのですよ。知らないだけで。
家の新築費に父君がノータッチ・・・。その土地が父君のものならそれでも良いのですが。そう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報