銀行で外国にお金を振り込む時、

例えばドルの場合、
世の中では81円xx銭と言われているとしましょう。
10時になると、

「85円xx銭で確定しました。」

と言われ、プラス6500円の手数料を取られて振込みます。

で、調べてみると、やっぱり81円みたいなのですが、
振込み時のレート計算ではかならず3,4円位高くなっているようです。
手数料は毎回同じ金額と決まっているそうなので、
疑問ではないんですが、
どうして銀行で送金する際のレートと、テレビやネットで得られるレートで
差があるのでしょうか?
仕組みを知ってる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

為替レートはひとつではないです。

⇒参考URL。
テレビで報道しているのは銀行間取引のリアルタイムにちかいレートです。モノで言えば卸売価格です。

>どうして銀行で送金する際のレートと、テレビやネットで得られるレートで差があるのでしょうか?
差は銀行の儲け、卸売り価格に利益を乗せて小売価格になっていると思ってください。また、送金や外貨預金は1日1回レートを決めますが、銀行間取引は24時間世界中で行われています。

参考URL:http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/k …
    • good
    • 0

すでに2人が説明しているので、簡単に。



1.海外送金手数料以外に、上乗せレート分から得られる差額が銀行の稼ぎになっています。

2.多くの銀行は午前中(10~12時ころ)の実勢レートで判断して、その日の取引レートを固定するので、午後から円安になれば顧客にとっては得になります。
(あまり大幅に為替レートが変動するとその日の取引レートを変更することもあります。)

どこの銀行かわかりませんが、米ドルの場合3円も上乗せになっていないと思います。
(海外送金の場合たいてい1円、米ドル現金への両替は3円程度でしょう。)
上乗せレートを避ける方法、ネット取引、ゆうちょ銀行の海外送金手数料2,500円より手数料負担を抑える方法はいろいろありますよ。 (他にもさまざまな手数料がかかります。)
    • good
    • 0

>>疑問ではないんですが、どうして銀行で送金する際のレートと、テレビやネットで得られるレートで


差があるのでしょうか?

ニュースで流れる相場は市場での取引レート 例:81.21-81.24 81.21で買い 81.24売り。
銀行で送金する際に使われる相場はTTS(電信売相場です)毎日10時頃にその日1日の相場を予想して公表されます。ただし、この相場から市場が2円以上乖離した場合は相場はサスペンドされ公表相場が変えられます。

因みに、海外から電信送金されて来たドルを円に交換する際の相場はTTB(電信買相場)です。
海外払いの小切手を円に交換する際はA/B(At sight)
他にも現金の売買に使われる相場はCASH-S(円→$) CASH-B($→円)
為替の交換手数料、立替金利、現金の輸送コストなどが中心相場(TTM)に加減して公表されています。

>>プラス6500円の手数料を取られて振込みます
内訳は送金手数料2500円 ケーブル手数料2000円 コルレス手数料2000円といった具合ではないですか?
この中には為替の交換手数料は入っていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直物と先物為替レート?

二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか教えてください。
直物為替レート?先物為替レート?というのもいまいちピンときませんのでどういうことなのかよろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利差がある」というのが味噌ですが、
この金利が、先物取引の時点まで同じようにずっと続くということが前提です。
2.為替レートが、投資家の資金運用のみで決まり、金利にすべてその思惑などが織り込み済み。

こうしたことを仮定すれば、
もし、先物と直物で差がなければ、
金利が高いほうでは、どんどんその国の通貨で金融資産を持っていれば、放っておけば増えるので、
みんな金利が高いほうの通貨を持つほうが有利でしょ?
だから、将来よりも現在その通貨を買って運用したいと思うので、金利差の分だけ、金利が高い国の直物為替レートのほうが、先物為替レートより高くなるのです。

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利...続きを読む

Qオーストラリアドル、送金レートについて教えて下さい。

為替のことは分からない初心者です。
9月9日までにオーストラリアに入金予定です。
送金レートが日によって違うので円が強い日に送金した方がいいと記載されていました。

あと2週間ほどありますが、だいたい円がいくら位の時がお勧めなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀行に「きょうのオーストラリア$の送金レートはいくらですか」と電話すれば教えてくれます。
新聞に出るのは前日の仲値だから、動いている可能性がありますよね。
高額な送金でしょうか。
もし少額だったら、為替の動きより、
送金手数料を調べた方がいいかも。
電信送金の手数料は2000円代から5000円代ぐらいまで
各銀行によって違います。
(オーストラリアの銀行での手数料が受取人負担の場合の金額です)
郵便局でもできます。(出来る局と出来ない局があると思いますが)
為替に関しては円がいくらというより、
少しでも送金レートが安い時がいいと思いますが、
次の日にどう動くかはむずかしいですよね。

Q為替レートの決定について

為替レートの質問です。

U.Sドル対ユーロの為替レートが決まれば、
円対ユーロの為替レートも自動的に決定されるのでしょうか?

普通に考えれば、一つの通貨を基準に為替レートを決定すれば効率的だと思いますが、
円対ユーロの相場決定と、ドル対ユーロの相場決定は別々に行われていればそうはならないでしょうし。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃられているのは
対ドル
EUR/USD
USD/JPY
の為替レートが決まれば、
EUR/JPYも決まる
ということでしょうか?

そういう意味であれば
そのとおりです。
というかそうなってます。

現在、基軸通貨は明らかに米ドルで
円でユーロを買うにも
インターバンク上では
円→ドル→ユーロ
となります。

つまりクロス円と呼ばれている
EUR/JPY
AUD/JPY
など
双方の対ドルでレートで決まるのです。

2015/7/9 10:40時点で
EUR/USD 1.1070
USD/JPY  120.78

このレートをかけあわせます。

1.1070×120.78
=133.703

EUR/JPYのレートになったでしょう。

『×』からクロス円と呼ばれているのです。

AUD/JPYでもやってみてください。

いかがでしょう?

Q外国為替(円-ドル)のレートの推移

お知恵を拝借させてください。

首記の通りなのですが、レートの推移表を(CSV等の)ファイル
としてダウンロードできるサイトを探しています。

同じgooでの質問で、過去の情報は取れたのですが
(http://fx.sauder.ubc.ca/data.html から)
できれば、今後の推移を予測した 情報も併せてとれるサイトが
無いでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今後の推移はありませんが、下記のヤフーファイナンスで過去10年のレート推移が見れます。

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=usdjpy=x&d=c&k=c3&t=1y&l=off&a=v&z=m&h=on&q=l&p=m65,m130,s

Q為替レートがかわらないなら-----

FXでは朝何時かの為替レートがその日の為替レートに決まるんですよね?
そしたらその日のうちに売買をしても為替レートがかわらないのだから手数料などを取られるだけで儲けはないということでしょうか。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>朝何時かの為替レートがその日の為替レートに決まるんですよね?
それは銀行の仲値です。外貨預金や外貨両替のもとになるレートです。

Qドルを買うと、外国為替銀行のドル預金が減るのでしょうか?

 どこのドル資産が減るのかわかりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者が外国為替銀行から米ドルを購入したと仮定しましょう。そして、質問者が円をその外国為替銀行に払ったと仮定しましょう。

正解です。
外国為替銀行が保有している米ドル資産が、少なくとも瞬間的には減少します。そして、彼らは円を質問者から手に入れます。

それでは、応用編としての回答を考えましょう。
外国為替銀行はつまり日本の銀行と仮定しますが、彼らの財務諸表は円で表示されています。よって、普段から米ドルを保有していると米ドル円の為替レート水準がいくらかによって、彼らの財務諸表に含み損や益が発生します。
よって、普段から米ドルを在庫としてもたずに、米ドルを質問者に売る必要に迫られたときのみ、彼らは米ドルを他の銀行から買います(円を払って)。
そしてその米ドルを質問者に売るのです、代わりに質問者から円をもらいます。

Q購買力平価、理論値、実質為替レートの問題

購買力平価、理論値、実質為替レートの問題


こんにちは。興味本位で勉強を始めた経済学ですが、センスが無いのか本を読んでもよく分からないため、この問題の答えを詳しい方に解説をして頂けると助かります。

初級レベルの問題で申し訳ありません。

問題:

1973年平均の円ドル為替レートは1ドル260円で適性レートと考えられた。その後2003年1月までに日・米の両国の消費物価指数がそれぞれ2.5倍、6.5倍に上昇した。
だが2003年1月平均の名目為替レートは1ドル118円である。
問題(1)2003年1月現在の購買力平価に基づく為替レート(理論値)はいくらか
  (2)2003年1月現在の実質為替レートはいくつか。これは円の過大評価か、過小評価か。
  (3)この状態は日本の財の貿易にいかなる影響を与えるか

以上の3問です。この問題の回答とその解説をして頂けたら大変助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数÷米国の物価指数=購買力平価
260×2.5÷6.5=100


◎実質為替レート
1ドル=110円のとき,アメリカで1ドルのコーラを買いたい時は110円が必要ですね.もしそこから1ドル=100円になれば1ドルのコーラを買うのに100円だけで済むわけです.(ようは為替レートが円高になれば購買力が上がるということ)

短期的にはこれでいいんですが,長期的に考えると物価水準も考えなくてはなりません.

上の事例でその1ドルのコーラが20%の物価上昇によって1.2ドルになってしまったらどうでしょう.100円ではそのコーラは買うことはできなくなり,それどころか以前の110円よりもっと払わなければならない事態(120円払わなければならない)になってしまうのです.
このように物価上昇は実質的にその国の通貨高と同じ働きをいたします.通常の為替レートに物価指数を加味した指標が「実質為替レート」になるわけです.


問題(2)現在の為替レート÷基準時点の為替レート×米国の物価指数÷日本の物価指数×100=実質為替レート
118÷260×6.5÷2.5×100=118


この事例では「本来の」実力と考える購買力平価のレートが1ドル100円,「現状の」実力と考えられる実質為替レートが1ドル118円なので,円は現状では過小評価されていると考えられます.(つまり円安状態)

過小評価(円安)されているならば,貿易に関しては輸入に不利で輸出に有利ということになりますかね.

以上の回答を作成するのに使ったページ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%E8%AA%AC
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/si/jissitu_kr.html






これだけだと回答としてつまらないので,購買力平価を用いて「実践的な経済」を少々.(回答とは少し脱線するので,関係ないと思ったらスルー推奨)

購買力平価といえば「ビッグマック指数」が有名ですね.上の事例では2国間の比較のみでしたが,ビッグマック指数は世界全体の購買力を量ることができます.

ビッグマック指数
http://www.oanda.com/currency/big-mac-index

Implied PPP rate + が購買力平価での為替レート.Valuation against the USDが現状過大評価(+)か過小評価(-)かという判断基準になります.

これを見ると軒並み「北欧諸国」(デンマークとかスウェーデン)が過大評価されているのがわかりますね.過大評価されている国は将来的に是正されることで,為替の暴落の危険がある訳です.(現に過大評価されていたユーロがリーマンショック以降かなり評価を下げました)
北欧諸国全体が過大評価されているってことは,北欧諸国がクレジットイベント(大企業の破綻・ソブリンデフォルトなど)に巻き込まれたら一気に為替レートが暴落する危険があると考えられます.

そしてもっとヤバイのはスイス….現状スイスは為替介入をしており,通貨安にしようとがんばっているのですが,ビッグマック指数ではものすごく過大評価….これはスイスフランバブルと考えられます.しかしもしUBS(スイスの大銀行,現状危ないとも言われていますね)のようなリスクを抱える大企業に暗雲が立ちこめるとどうなることやら.将来的なスイスフランの暴落の可能性は非常に高いと思われますね.

私も初心者なんですが回答してみますね.(しかも購買力平価とか実質為替レートって十分上級な内容な気がしますが…)


◎購買力平価
物価があまり上がっていない国→通貨高状態で輸入に有利になったのが理由→通貨高と考えられる
物価が上がった国→通貨安状態で輸入に不利になったのが理由→通貨安と考えられる

スーパー単純にいえば,長期的にインフレ傾向が続く国は通貨安・デフレ傾向が続く国は通貨高と判断するのが購買力平価説かと.(間違ってたらすんません…)

問題(1)
基準時点の為替レート×日本の物価指数...続きを読む

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

Q為替の実勢レート

 日本だと、土日に為替の実勢レートが止まってしまい、月曜まで為替実勢レートがが動きません。
 土日の為替の動きを見たいのですが、可能なのでしょうか。可能な場合、アメリカ等、海外のサイトで結構ですので、土日の実勢レートを見れるアドレスを教えてください。

Aベストアンサー

きわめて例外的ですが
土日も取引されている市場があります。

イスラム教国で金曜日が休みであるバーレーンの市場です。
もっとも、その取扱量は全体の0.2%ともいわれ、
そのプライスを反映するFX業者は見かけません。

プラザ合意の際などはずいぶん注目されたようですが
現在では国内の実需筋がメインのようです。

Q米ドル/円の為替レートで一銭動かすのにどれくらいの通貨が必要なものなのでしょうか

一万通貨を一枚としたらどのくらいの枚数が一銭を動かすのに関わってくるものなのでしょうか

Aベストアンサー

少し前の2004年の日銀1兆円(100億ドル)介入時に1円程度の値動きとのこと。1/100の1銭だと1億ドルなので1万枚。上田ハーローの情報を見ると、今の取引量は2004年の倍くらいになっているはず。
http://www.uedaharlowfx.jp/knowledge/exchange/exchange_05.html

そうすると、倍の2万枚程度で1銭動かせそう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報