こんにちは。
今まで何も考えずに残業等やっていましたが4~6月の平均月収により1年でかかる税金が違うと
知り今年から調整したいと思っています。
そこで自分なりに調べていたのですがどうしても分からないことがあるので詳しい方に
教えていただけますと幸いです。

標準報酬等級を決める際に4~6月の平均から決められるとありましたが、あるページには翌月給与支払いの方は3~5月、とありました。
そこで混乱してしまったのですが…どちらが正しいのでしょうか?

3月月初から月末までの給与が4月20日にでる場合、これは3月、4月、5月分の給与の平均なのでしょうか?
それとも4月分からスタートして7月20日にでる6月分までの4月、5月、6月の平均で考えればいいのでしょうか?
うまく伝えきれず申し訳ありませんがどうぞご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

もっと簡単に考えればいいんですよ(^^;)。


4月・5月・6月の各給与支給日に実際に支払われた額を平均して導く‥‥。それだけです。

それぞれの月のお給料が「いついつの分」か。
これは、例えば、4月に実際に支払われた給与が3/16~4/15の勤務から出したもので、4/30に支払われたと仮定しましょう。
一見「3月分?」と思われるかもしれませんけれど、そうではなくて、「4月分」として見ます。
ただ、ここで3/16~4/15が31日あるので、届出のときの算定基礎日数は「4月分=31日」のように書きます(30日、とならないところがミソ)。
同様に、5月が4/16~5/15の勤務を元に5/30払だとしたら、「5月分=30日」のように考えます。

要は、4月~6月に実際に支払われる額を見る‥‥。
ここがポイントです。
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんばんは。回答頂きまことにありがとうございました!

なるほど…。
優しく教えてくださりありがとうございます。
最後のポイントが簡潔明瞭でなるほど!と私でも理解できました!
5月分を調整したいと思います。
お忙しいなか回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/01 22:49

>今まで何も考えずに残業等やっていましたが4~6月の平均月収により1年でかかる税金が違うと知り今年から調整したいと思っています。


いいえ。
税金はそんなことありません。
最終的に1年間の年収(所得)によって決まります。

標準報酬月額により決まるのは、健康保険料や厚生年金の保険料です。

>3月月初から月末までの給与が4月20日にでる場合、これは3月、4月、5月分の給与の平均なのでしょうか?
いいえ。
4月から6月に支払われた給与の平均ですから、4月から6月の給与の平均ということになります。
働いた月ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。回答頂きまことにありがとうございました!

すみません(^^;)
どうやって伝えるのか分からず給与から引かれるもの=税金と安易に考え書いてしまいました(笑)
健康保険料や厚生年金保険料でしたね。
みなさまのおかげですっきりいたしました。
本当にありがとうございました!!

お礼日時:2011/05/01 22:52

>今まで何も考えずに残業等やっていましたが4~6月の平均月収により1年でかかる税金が違うと


知り今年から調整したいと思っています。

税金と言うのは例えば所得税とか住民税です、それらは1年の収入に対してかかるものです。
標準報酬月額は税金ではありません。

>標準報酬等級を決める際に4~6月の平均から決められるとありましたが、あるページには翌月給与支払いの方は3~5月、とありました。
そこで混乱してしまったのですが…どちらが正しいのでしょうか?

どちらも正しいです。
4~6月に”支払われる”給与の平均です、ですから締めてから翌月に支払われるならば3~5月に”働いた”分の給与になります。
つまり締めてから当月払いか翌月払いかで、いつ働いた分かが違ってくるというだけの話です。

>3月月初から月末までの給与が4月20日にでる場合、これは3月、4月、5月分の給与の平均なのでしょうか?

ですから「3月月初から月末までの(働いた)給与が4月20日に出る場合は、これは4月、5月、6月に支払われた給与の平均です。

>それとも4月分からスタートして7月20日にでる6月分までの4月、5月、6月の平均で考えればいいのでしょうか?

そうではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。回答頂きまことにありがとうございました!

おかげさまでどの月の給与から平均を求めればいいのか理解できとても助かりました。
5月の勤務を調整したいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2011/05/01 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未払役員報酬の源泉所得税について

期首(4月)から役員報酬を未払計上しております。
その場合、どのタイミングで源泉所得税を徴収して、納付すればいいのですか。

また、4月から12月分の源泉所得税は年末調整か確定申告
どちらで手続きするのですか。

宜しくお願いします。。

Aベストアンサー

源泉徴収をするのは実際に支払ったとき、納付するのはその支払い(=徴収)の翌月10日までになります。ただし賞与については、株主総会等でその金額が確定した日から1年が経過した場合、その日に支払われたものとみなされるので、その日の翌月10日までにその税金分を会社が立て替えて納付する必要があります。

ただし、年末調整については未払い分についても対象になりますので、本来の支払予定日に支払われたものとして計算だけは行う必要があります。その計算結果に基づいて源泉徴収票を作成しますが、未払いがある場合には、支払額欄の内書に未払額を、源泉徴収税額欄の内書に未徴収の税額を記載し、確定申告が必要な場合には御社からの給与に関する資料としてこの源泉徴収票を申告書に添付することになります。

確定申告が必要かどうかは給与が未払いであるかどうかとは関係ありません。給与総額や他の所得の状況、年末調整ではできない控除項目があるかどうか等で判断することになります。
http://www.zeikin-taisaku.com/cat58/post_8.html

給与所得者の場合、年末調整と確定申告はどちらかだけをするというものではなく、年間給与支払額が2千万円を超えていたり扶養控除申告書を提出していないなどの理由で年末調整ができない人を除き、原則としてまず年末調整があって、その後必要な場合には確定申告をするということになります。

源泉徴収をするのは実際に支払ったとき、納付するのはその支払い(=徴収)の翌月10日までになります。ただし賞与については、株主総会等でその金額が確定した日から1年が経過した場合、その日に支払われたものとみなされるので、その日の翌月10日までにその税金分を会社が立て替えて納付する必要があります。

ただし、年末調整については未払い分についても対象になりますので、本来の支払予定日に支払われたものとして計算だけは行う必要があります。その計算結果に基づいて源泉徴収票を作成しますが、...続きを読む

Q標準報酬月額が4~6月の給与平均より多い

標準報酬について質問です。
現在、休職中の身で給与を貰えているだけでも有り難いのですが
どうしても気になってしまいましたので投稿致します。

標準報酬月額の算定基準になる給与(平成25年4月~6月)は、
棒級支給額:144,979円 (1級36号棒:190,300円 休職減額:20%減 臨時特例:4.47%減)
地域手当:11,599円
住居手当:12,800円
でした。

合計すると月平均169,378円になるので
等級は10級(170,000円)になると思うのですが
実際の給与明細には15級(240,000円)になっています。

どうして、これほどかけ離れているのか分かりません。
計算や考え方が間違っていたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
算定基準は4~6月ですが、基本的に
・報酬支払いの基礎日数が17日以下の月は除外
・3ヶ月とも17日以下の場合は従前(休業前)の標準報酬月額で決定
ということになってます。
ただし育児休業の場合はこれに当てはまらず、特例があります。
休業がどういったものか分かりませんので、詳しくは職場の担当者にご確認下さいね。

Q役員報酬の源泉所得税について

経理初心者です。
教えてください。

株式会社で青色申告予定です。

役員報酬が月5万円(一人)の場合は
年間103万円以下ですので、
源泉所得税は納めなくてよいのでしょうか?

5万円から年金と健康保険を引いた額が
そのまま給与となるのでしょうか?

また、納付税額が無い場合でも所得税徴収高計算書は税務署に
送らなくてはいけないのですよね?

Aベストアンサー

毎月の源泉徴収については、年間いくらというのは関係なく、月額表に従って求めるべき事となりますので、会社に扶養控除等申告書を提出していれば、月額87,000円未満であれば、源泉徴収税額は0円となりますので、月5万円であれば、源泉徴収税額は0円となります。

扶養控除等申告書の提出がない場合には、月額表の乙欄により源泉徴収すべき事となりますので、5万円であっても6%の源泉徴収をすべき事となりますので、3千円を源泉徴収しなければならない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2511.htm
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4117/01.htm

ですから、扶養控除等申告書を提出していれば、給料から、天引きされる社会保険料があれば、それを差し引いた後の金額が手取り額となります。

>また、納付税額が無い場合でも所得税徴収高計算書は税務署に
>送らなくてはいけないのですよね?

その通りです、法人であれば源泉徴収義務者とはなりますし、給与を支払っているのであれば、税額の有無に関係なく報告すべきものですから、提出すべき事となります。

毎月の源泉徴収については、年間いくらというのは関係なく、月額表に従って求めるべき事となりますので、会社に扶養控除等申告書を提出していれば、月額87,000円未満であれば、源泉徴収税額は0円となりますので、月5万円であれば、源泉徴収税額は0円となります。

扶養控除等申告書の提出がない場合には、月額表の乙欄により源泉徴収すべき事となりますので、5万円であっても6%の源泉徴収をすべき事となりますので、3千円を源泉徴収しなければならない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/25...続きを読む

Q4/1の入社日が産休中の場合の標準報酬月額の取り扱いはどうなりますか? 前年の前会社での標準報酬月額

4/1の入社日が産休中の場合の標準報酬月額の取り扱いはどうなりますか?
前年の前会社での標準報酬月額がそのまま適応されますか?
ちなみに限度額認定証でどの区分になるか不安で質問させてもらっています。

H27年4/1→前会社入社日
H28年3/31→前会社退職日(3/9〜産休)
H28年4/1→現会社入社日(現在育休中)

前会社は親会社
現会社は子会社になります。

Aベストアンサー

前職と現職が別法人なら、標準報酬月額は引き継ぐことはできません。

ただ、4/1入社時に見込みで標準報酬月額を届出ている(正確には見込みで給与額を届出ている)はずです。
それを前職と同じにしているなら、その金額となっているでしょう。
確認はしていないのですか?

4~6月給与の支給がないなら9月分からの標準報酬月額は保険者算定で従前の月額がそのままスライドするかと思います。

Q短期貸付金を役員報酬で返済(相殺?)する際の源泉所得税等の仕訳を教えてください。

例えば、会社から役員に短期貸付金として100万貸し付けたとします。
これを、毎月の役員報酬で返済していこうと考えたとき、役員報酬満額を返済に
充てられるわけではなく、いくらか源泉所得税分等を預かり金にしないといけませんよね?
その場合の仕訳がわからなくて質問させていただきました。

役員に貸し付けた際の仕訳は以下で正しいですよね?
短期貸付金 100万 / 普通預金 100万

で、通常役員報酬を支払う際の仕訳は以下になろうかと。
役員報酬 20万 / 普通預金 ××
             預かり金 △△

今回質問したいのはこの「預かり金 △△」が、役員報酬で短期貸付金の返済をしていくのに
どうかかわってくるか、ということがよくわからなくて質問しました。

短期貸付金 20万 / 役員報酬 ○○
              預かり金 △△
というようになるのでしょうか。

これにさらに利息が関わってくるんですよね?もうチンプンカンプンです。利息は年に1回
決算期に計上したらOKという話も聞いたような気がしますが・・・

ご教授くださいますよう、お願いいたします。

例えば、会社から役員に短期貸付金として100万貸し付けたとします。
これを、毎月の役員報酬で返済していこうと考えたとき、役員報酬満額を返済に
充てられるわけではなく、いくらか源泉所得税分等を預かり金にしないといけませんよね?
その場合の仕訳がわからなくて質問させていただきました。

役員に貸し付けた際の仕訳は以下で正しいですよね?
短期貸付金 100万 / 普通預金 100万

で、通常役員報酬を支払う際の仕訳は以下になろうかと。
役員報酬 20万 / 普通預金 ××
        ...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

通常の支給の場合、月末に未払費用を立てて、翌月支給しているのですね。
その場合には、預り金は支給時点でたてるべきなので、
月末:役員報酬 20万 / 未払費用 20万
支給時:未払費用 20万 / 現金 ××
             預かり金 △△
になります。(支給時には、役員報酬は立てずに未払費用の消し込みをしますでしょ)

貸付金の返済の日を、通常の支給日に合わせて行いたいのであれば、
未払費用 20万 / 短期貸付金 ××
             預かり金 △△
となりますが、未払費用を立てずに、月末時点で直接先の仕訳を切ってもよいと思います。(月末の費用発生時に借入金の返済を行ったと考えればよいのです)

なお、決算で計上する利息分の未収入金もいずれ役員から返済を受けなければならないのは当然ですが。

Q標準報酬月額についての質問 アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の標準報酬月額っ

標準報酬月額についての質問

アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の標準報酬月額って、どのように決まるのですか?
僕の最初の月収は交通費込みで約13万だったのですが、標準報酬月額は14万2000円となっており、一つ高めの等級になっていたので気になりました。
また、これからシフトを増やして、月収が15、16万になっても、一年間は社会保険料は変わらないのでしょうか?

Aベストアンサー

> アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の
> 標準報酬月額って、どのように決まるのですか?
一応、資格取得時の決定方法についてはルールがございます。
 『b.日給・時間給・出来高給・請負給などの報酬については、その事業所で前月に同じような業務に従事し、同じような報酬を受けた人の報酬の平均額 』
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3165/1963-232
 http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20120330.html

このルールに従って算出されたのか?それとも会社独自のルールで決めたのかは、第三者である私たちには判りません。


> また、これからシフトを増やして、月収が15、16万になっても、
> 一年間は社会保険料は変わらないのでしょうか?
標準報酬月額の見直しは主に次の2つ。
 ・定時決定[算定]
  毎年、4月・5月・6月に支給した賃金の総額から導いた「報酬月額」を用いて、当年9月分からの保険料に適用する『標準報酬月額』を決定。
 ・随時改定[月変]
  固定的賃金[契約単価(時給)]に増減[毎月のアルバイト代(手取り)ではありません]が生じた場合、増減の生じた月から3か月間(例えば6月支給から変更であれば、6月~8月)の賃金から導いた『標準報酬月額』が、現在の『標準報酬月額』と比べて2等級以上の差が生じている時は、増減の生じた月の3か月後(例えば6月支給に増加が有るのであれば、9月支給分から)から変更後を適用。
  *計算対象となる3か月間の各月における出勤日数[賃金計算対象となる日数]が全て一定日数以上でなければ計算しない。
  *時給の増減方向と、標準報酬月額の増減方向が一致していなければ、変更とはならない。つまり、時給はアップ(↑)したが、シフトの関係でアルバイト代は減り、標準報酬が3等級以上下がった(↓)場合には対象とならない。

> アルバイトの時給制・シフト制の場合、社会保険の一番最初の
> 標準報酬月額って、どのように決まるのですか?
一応、資格取得時の決定方法についてはルールがございます。
 『b.日給・時間給・出来高給・請負給などの報酬については、その事業所で前月に同じような業務に従事し、同じような報酬を受けた人の報酬の平均額 』
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3165/1963-232
 http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20120330.html

このルールに従って算出され...続きを読む

Q法人成り 個人時の報酬部分の源泉所得税 納付

今年法人成りしました。個人事業で発生した労務士顧問料は法人設立後支払しました。法人の開始仕訳には個人時代の未払費用も含め労務士顧問料も未払計上済みです。源泉税の納期特例の適用により源泉税の納付を個人については1/1から閉鎖まで法人については法人設立後から6/30支払分までをそれぞれ集計しています。労務士顧問料は発生は個人時代ですが、支払は法人設立後です。源泉所得税も発生しています。納付はどちらで行えばいいですか?

Aベストアンサー

No.1です

・明らかに異なる回答がふたつ並んでしまい、質問者様が混乱されるといけないと思いましたので、補足させていただきます。

・ご質問について、法人の帳簿に書いてしまったのだけど、そのこと自体がどうだったのかな?という趣旨を含んでのご質問と受け止めておりましたので、そもそも書かなくてもいいんですよという回答になりました。

・私の回答の趣旨は、
  労務士の顧問料なので「高額」とは思わない(=十分個人で支払える)。
  法人に引き継がず、個人が払えば法人の会計処理に影響させなくて済み、債権の移動に関する諸手続きも不要。
  したがって、源泉徴収義務者も個人のままで完結させてしまう。
 というもので、要は、なるべくシンプルに。引き継がなくても良いものは、なるべく引き継がない。という発想での回答です。


・ご質問の文中の
 
 >法人の開始仕訳には個人時代の未払費用も含め労務士顧問料も未払計上済みです。

 を、「これはこれで確定するものです」と読めば、
 No.2、hata79さんの回答どおりと私も思います。

 説明不足な回答で、申し訳ありませんでした。

No.1です

・明らかに異なる回答がふたつ並んでしまい、質問者様が混乱されるといけないと思いましたので、補足させていただきます。

・ご質問について、法人の帳簿に書いてしまったのだけど、そのこと自体がどうだったのかな?という趣旨を含んでのご質問と受け止めておりましたので、そもそも書かなくてもいいんですよという回答になりました。

・私の回答の趣旨は、
  労務士の顧問料なので「高額」とは思わない(=十分個人で支払える)。
  法人に引き継がず、個人が払えば法人の会計処理に影響させな...続きを読む

Q標準報酬の等級について

傷病手当を受給するにあたり、支給される金額の計算をしようとしましたが、計算が合わないため教えてください。

2015年4月5月6月の総支給額(私の場合は基本給、通勤手当、残業手当、深夜残業手当)の平均をとり報酬月額とし、それに当てはまる等級や標準報酬が決まると思っています。

2015年4月が235000円、5月が225000円、6月が235000円であった場合、
3ヶ月の合計は695000円 3で割ると231667円(四捨五入)となります。
報酬月額は230000円~250000円に該当するため、等級は19、報酬月額は240000円となると思います。(大阪府の場合)

ですが、2015年の9月以降の健康保険料や厚生年金保険料は等級が220000円の額が差し引かれています。

どこかで計算するべきものを見落としていたりするのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

なるほど。
まず確認ですが、4~6月給与というのは4~6月に「支給」された給与です。
それから、それよりも前に支給されないといけなかった手当などが含まれていた場合(昇給などがあったがすぐ反映されなかったなど)はその分は除かれます。
それから、赴任手当や出張手当などの定期的(年4回以上)でない手当も除かれます。
そういった点はどうでしょうか。

Q弁護士報酬の立替払いと源泉所得税

よろしくお願いします。

海外の会社の日本子会社で働いています。

先日、親会社から連絡があり、
「日本国内の弁護士を使って、ある手続きを行った。請求が来ているのだが、そちらで振込をしてほしい。立て替えた分は、請求書を送ってくれれば、後で送金する」
とのことでした。

そのときは何も考えずに満額を支払ったのですが、源泉所得税について、何か処理をしなければいけなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

仕事で迷うときは、確実に結論の出るポイントあるならそこで結論出してまえばええのよ。勉強ならそゆわけにいかんけど。今回のは弁護士法人が確実なポイントやもの、そこで結論出しておけ。

国際間取引に係る源泉やと、実質的な取引主体とか実質的に取引のあった地とかを見てるで。あと、立替金をきっちり回収せえへんと、お前源泉せい言われたりな。審決やら裁決やら判例やら見るのもええやろね。ただ、問題になりそなケース出てきたら調べてみるとかでも十分と思うわ。

あと、ほかの回答さんが返事せえへんので言うてみると、消費税は、役務提供のあった地で判断するとええ。確か、役務提供の場合の消費税についての判断基準はたっくすあんさに書いてあったで。

Q出産手当金支給算出のための標準報酬月額について

9月30日出産予定の者です。
8月中旬から産前6週、産後8週間の産休を取得する予定です。産休中は無給です。
産休終了後の11月末以降に出産手当金の申請をすることになります。
この場合、出産手当金支給の算出に使用される標準報酬月額は、
毎年9月に行われる改定前の金額が適用されるのでしょうか。
それとも改定後の金額が適用されるのでしょうか。
ご存知の方、教えて下さい。
あるいは、このことについて説明をしているサイトがありましたら、
URLを教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「後」です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報