色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

コミックや本全般に第1刷発行と記載されているものは、俗に言う初版というものでしょうか?
また、本によっては、第1刷発行の記載の下に第7刷発行などと記載されているものは、初版ではなく第7版とう言うことでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

こんばんは。



>コミックや本全般に第1刷発行と記載されているものは、俗に言う初版というものでしょうか?

そうですよ~。
第1刷発行=初版です。


>初版ではなく第7版とう言うことでしょうか?

そうです。
数字が大きいほど重版されている=良く売れてる
と言う事です。
人気のあるものであれば良く売れるからすぐに、品切れになって重版を繰り返しますよね。

と言う風に書店で働いている時教わりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございます

お礼日時:2003/10/06 20:37

版は印刷する版面(オフセット印刷であれば製版フィルム)が、第何回目に作られたものか。


刷は、1つ(ページ数があるので1セットというべきか)の版を使って印刷すると、たいてい何100~何1000部一度にすりますが、その一度に刷った何度目を現します。

売れ行き予測や在庫調整などを考えて、刷る部数が決まりますが、他の方のおっしゃるようにもっと世に出したければ、刷る度数が増えていきます。

では、版が増えるときですが、これはデザインが変わるときもそうですし、ある文字が内容が間違っていて、それを訂正して新しい版を作ったとき、あと初版で版の一部に抜けがあったとき(昔はフィルムは手で焼いていたので、光源の前に紙切れがあって、文字が一部ごっそる欠けていたり)などさまざまですが、要は印刷に使う版を変更したときです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございます

お礼日時:2003/10/06 20:37

「版」というのは印刷するための活字(活版印刷)のことです。

昔は金属でできた活字を組み合わせて印刷していました。今は樹脂(ゴム?)みたいなものを固めてつくったり、上の原稿をそのまま取り込むことができるみたいですけれどね。
それを使って印刷物を大量生産するわけですが、
出版社は初め、その版を使って何部印刷するか決めます。せっかくたくさん刷っても売れなきゃ損するので。
で、これが、「第1刷」となるわけです。その後売れ行き好調ならば、第2刷、第3刷と刷っていくわけです。
でどんどん出版していくうちに、版そのものが古くなったりデザインが古くなったり、時代が過ぎるうちに内容の見直しが迫られたりした場合に、新しい版をつくる必要が出てくるわけです。これが、「第2版」というわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございます

お礼日時:2003/10/06 20:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング