自動車で走行中に後方から原付バイクに追突され、原付バイク側に怪我があった場合、自動車を運転していた側が治療費などを支払わなければなりませんか?
また、人身事故扱いとなり、減点などの処分もあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

的外れな回答が多いですね。



質問者様は車ですから、当然、自賠責保険(強制保険)加入ですよね、根本的な回答は、自賠責は任意保険の様な賠償する保険ではありません、弱者救済の為の保険です、過失割合に関係なく支払われるのが自賠責保険なんですよ。

>自動車で走行中に後方から原付バイクに追突され、原付バイク側に怪我があった場合、自動車を運転していた側が治療費などを支払わなければなりませんか?

自賠責保険では怪我に関しては上限120万まで補償されます、例え100:0の過失割であろうとも、質問者様の自賠責保険から補償されます、質問者様が拒んでも、相手側は被害者請求と言って、相手自ら請求する事が出来ます。
ただ、相手が重過失(70%以上)の過失がある場合、20%減額されて支払われます。今回はこれに当たりますね。

当然、自賠責で支払われても任意保険の等級に影響しません、自賠責上限の120万を超えても、追突の様な過失が無い場合では、賠償する義務はありませんので自賠責上限の120万を超えれば相手側の事故負担です。

>また、人身事故扱いとなり、減点などの処分もあるのでしょうか?

当然過失割合に関係なく負傷者が居て診断書を提出すれば人身事故になります、ですが追突の様な殆どが100:0の事故であれば、追突した方が怪我をしても、これは自損事故と同じ様な扱いになりますから、質問者様の様な追突された方は処分はされません。
前方不注意や車間距離不保持等で追突されて怪我をされたからと言って、処分されなぞおかしな話です、それが出来たら、嫌いな人の車に突っ込む人出てきちゃうよ。
当然相手もご自身を訴える事は出来ませんから処分されません、100:0の追突事故で追突した方が怪我をした場合は誰も処分されない。

過失相殺事故になるような追突事故になれば、処分される可能性は過失割合に応じてされますね。


追突事故=100:0と言うわけではありませんが、殆どが100:0です、ただ、状況次第で過失相殺事故には成り得るのも事実ですね。

過失100:0の事故で、追突した側が怪我をした場合
>自動車を運転していた側が治療費などを支払わなければなりませんか?

相手側は質問者様の自賠責の上限120万の範囲で補償はされます。

>また、人身事故扱いとなり、減点などの処分もあるのでしょうか?

無過失ですから、処分はありません。
質問者様にとっては対物事故と同じ、相手にとっては対物事故と自損事故による怪我と同然です。
無過失が処分される事は無い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
わかりやすく解説してくださり、大変参考になりました。

お礼日時:2011/05/24 11:21

自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に、たとえ過失がなくても賠償責任が発生するのが一般的で、これを”無過失責任”と呼んでいます。



簡単に言うと、ごく普通に自動車を運転していて、何の運転ミスもない場合でも相手がケガをした場合は、賠償する必要があるということです。

もちろん、被害者に100%過失があったときは別ですが、今までの事例で被害者に全ての過失があったと、認められた事故は大変まれです。ですから、ほとんどの場合、加害者が賠償責任を負うことになります。

任意保険での過失割合と警察での過失割合は別物です、保険金詐欺の防止も必要な部分ではあるでしょうね。


無過失責任とは、加害者側の故意または過失であるか否かを問わず、被害者に対して損害賠償の責任を負わなければならないことをいいます。
これが弱者救済の自賠責保険です。

http://www.fp3vocabulary.com/songaihoken/ritokuk …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2011/05/24 17:29

あなたに過失が発生するかしないかで変わります。



相手側が後ろから追突して 相手の過失が大きいとしても 極端な例えですが1パーセントでもあなたに過失があるとなったら あなたの自賠責保険の支払いが適応されます。

あなたに一切過失はない
相手のバイクがわき見とかして 前の信号待ちで止まっていたあなたの車に追突した事故で 相手の過失がすべて100パーセントだとされたら その場合のみ自賠責保険の支払いの対象になりません。

過去被害者側が(この場合の被害者とは怪我した側という意味です) 100パーセントの過失で自賠責保険の支払いが認められたケースは、とても少ないです。

この支払われない場合を 無責事故といいます。

自賠責保険が支払われない場合の被害者(相手バイクの方)には、自分の自損事故保険の支払いのみでなんとかするしかないわけですね。

あなたの過失が発生した場合は、あなたの自賠責も使うことになります。

そこは他の方がご説明されていましたので 省略させていただきます。

人身事故の減点に関しては、事故の内容で判断されるかと思います。

たとえば 信号待ちでとまっていたところに 少ししてわき見のバイクがぶつかり 勝手に大怪我したとして 信号待ちで止まっている前の車の運転手さんが行政処分されるとかはないですよね。

でも双方が動いている場合 片方だけにすべての責任があるケースは、とても少ないため 後ろから追突されましたという話しだけでは判断しにくいです。

ですから いまここで減点は、されませんよ安心してくださいとはいえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2011/05/24 11:23

自動車の場合は、後方からの衝突ですが過失はないとは言い切れません。



人身事故になっても、後方衝突では過失を問えるかが問題になり、その時の走行状態がわからないと過失の有無は判断できません。

当然、自動車側にも相当な注意義務がありますから、車線変更時での事故では自動車側に過失が重たく問われる場合もあります。
よく、1車線道路で、右折車を左から回避したときに後方から原付が走行してきているのを確認不足で見落とし、進路を塞いだ状態になり原付が衝突した場合では自動車が過失が大となります。
全て、後方衝突では後ろが悪いとは言い切れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/24 09:29

 後方からの追突なら、相手が悪いし、あなたが停車していればなおさらです。


しかし、集団暴行でも警察は動かいことがあり、事件にはならないと思います。
  http://www.d1.dion.ne.jp/~masina/

 追突の直後の映像を携帯ででも取っておくとよかったですね。
近くなら、今からでも説明用に撮影して、一応保険会社に連絡しておきましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/24 08:54

後方が悪くなると思います!



なんでも、前方不注意が悪い!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/24 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q追突事故で追突した側だけが怪我をしても罰金?

友人が追突事故を起こしました。
ノロノロ渋滞の中で、前車が止まったのにブレーキが
間に合わず追突しました。双方の車が破損しました。
過失は100%友人になるので、友人の保険を使うことに
なるのですが、相手に怪我はなく、友人の迅速で丁寧な
対応に相手が人柄を理解してくれ、揉め事などの問題も
まったくありません。
ところが、友人の方が首と腰に怪我をしました。
搭乗者保険をかけているので、それで治療したい旨を
保険会社の担当者に話したら、以下のような対応。
「ずっと治療するつもりか」
「人身事故になれば罰金を科せられる」
「加害者だけ怪我をしていたら警察にいろいろ言われる」
「それでも人身事故扱いにしたければ診断書を出しに行け」
事故を起こした側とはいえ、好きで起こしたわけではなく、
保険会社の冷たい対応に精神的にもショックを受けており、
見る影もなく落ち込んでいます。
何かの時の保険のはず。相手は怪我をしていないのに、
怪我をした友人は罰せられるのでしょうか?
保険会社の対応ってそんなに冷たいのでしょうか?

Aベストアンサー

人身事故で罰金というのは自動車運転過失傷害罪という刑法犯を問われるからなんですが、この刑法は他人に怪我をさせた場合に適用になるものですので、自分を怪我させたことによる罰金はありません。
ましてや交通刑務所に行くことなんてあり得ません。

人身事故扱いとなれば、安全運転義務違反を問われ、行政罰(免許の点数加点や免許停止)に問われることはありますが、自分だけが怪我した場合というのは刑事罰(罰金や懲役)に問われることはまずありません。
飲酒・無免許が絡めばこの限りではありませんが。。。

Q自分の怪我の人身事故扱いで罰金と減点?

事故の話に出会う事が多々あります。その中で何度も耳にしたのが自分がバイクで転んで怪我をし保険の請求をしたいので人身事故の届出をしたい申し出を警察にすると決まって「人身事故扱いにすると罰金と減点がくる」と言われ届出をためらって帰宅する人がいます。実際に自分の怪我の届出をしてどうして罰金や免停になるのでしょうか?警察は嘘を言うのでしょうか?勿論飲酒などの不法行為はありません。本当にそのような事があるのかどうか納得できません。警察のいうような事があるのならどのような事例でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

警察官も実の所、行政処分と刑事処分にはあまり詳しくないです。
人身事故にすると、処理が面倒なので、「人身にすると免停や罰金くるよ」と驚かせてためらわせるわけです。

それはさておき、自損事故で人身扱いとした場合は、人身事故を起したということで、安全運転義務違反に問われ、2点の加点はされることがあります。
まったく加点もなにもなかったという話も聞きます。
通常はそこに診断書日数による付加点数がプラスされるのですが、これは相手方を怪我させた場合なので、自身のみ怪我した事故であれば、付加点数はありません。

また、罰金についても、一般的に人身事故の刑事処分は自動車運転過失致死傷罪のものであり、相手方に対しての行為を処罰されるものであり、刑法では自分を怪我させたことに対する罰則はありませんので、自動車運転過失致死傷罪の罰金はありません。

残るは安全運転義務違反という道路交通法違反の罰金ということになりますが、正直、検察もそんなに暇じゃないので、まず起訴しませんので、自損事故を人身事故にしても刑事処分がある可能性はほとんどありません。

Q自動車事故での物損と人身の減点と罰金について

昨日家内が車で接触事故を起こしました。原因は交差点で止まっていた車に後方から衝突したわけで、当方が一方的に悪いと思います。幸い、スピードも遅かったので、相手方に怪我も無く警察を呼んで事故処理が終わり、警察から「この件はこれで警察介入は終わりますので、後は当人同士で行ってください」と言われたそうです。先方はバンパーとハッチバックがへこんでいたので、当方は「保険を使って修理になると思います」と告げて別れました。その後30分ほどしたら先方から電話があり「頭が少し痛いので念のため病院に行って診てもらいたい。良いでしょうか?」と連絡がありました。私は警察介入が終わっても、日時も経っていないので責任はあると思い「頭が痛いのなら病院に行って診てもらってください」と伝えました。ただこの件を警察に伝えておいた方が後々面倒な事になったら困ると思い電話をかけました。そしたら再度調書を取り直して、減点5点と罰金が告げられたそうです。病院の方は結局担当医が不在ということで明日月曜日改めて精密検査をして異常があれば診断書で人身扱い、何もなければこのまま物損扱いと言われました。先方も病院に行くと言ったことで事態が変わってしまい困惑してしまったいたそうです。
今回のようなケースでは改めて警察に連絡せず、そのままにしておいた方が減点や罰金にもならず良かったのでしょうか。私は人身扱いになったらその調書が無いと保険会社さんは相手方に支払ってくれないと思いますがいかがでしょうか。

昨日家内が車で接触事故を起こしました。原因は交差点で止まっていた車に後方から衝突したわけで、当方が一方的に悪いと思います。幸い、スピードも遅かったので、相手方に怪我も無く警察を呼んで事故処理が終わり、警察から「この件はこれで警察介入は終わりますので、後は当人同士で行ってください」と言われたそうです。先方はバンパーとハッチバックがへこんでいたので、当方は「保険を使って修理になると思います」と告げて別れました。その後30分ほどしたら先方から電話があり「頭が少し痛いので念のため...続きを読む

Aベストアンサー

まず初めに、むちうちは1、2週間くらいして症状が出る場合もあり、あとで人身事故に切り替わることも珍しくありません。
たとえ診断書が出ても、警察に提出しないかぎり人身事故にはならず、減点にもなりません。よって、あなたが前もって警察に電話しろと言ったことはなんの関係もありません。

保険会社にもよりますが、物件事故のままでも補償してくれる場合もありますので、まずはあなたの保険会社に確認して下さい。保険会社または、被害者に人身事故に切り替えてほしいと言われた場合は、診断書を提出して下さい。それから、警察による現場検証があり、調書をとられ、初めて減点になります。

まずは、被害者のお見舞いに行って下さい。お金ではなく、菓子折りをもっていくのが一般的です。
後ろからの追突ですので、おそらくむちうちになると思います。後は保険会社さんにお任せして、可能なら、たまに被害者に様子を聞いてあげて下さい。スムーズに示談になるといいですね。

Q自動車対原付の人身事故

昨年9月に娘(23)バイクで通勤途中信号のない、十字路で娘直進、相手一時停止カーブミラーありを、ミラーがあったこと気が付かず(本人も認めています)右折娘のバイクは真ん中、相手は右のバンパーとぶつかりました。
娘は飛ばされ、下顎骨折と顎を3針縫いました。
月に1度になりましたが、いまだ通院し、顎の傷もハッキリ残っています。
相手保険会社(三井住友海上)こちらJAですが、こちらから連絡する以外電話くることもないらしく、未だ過失割合も決まっていません。相手の主張は85対15だそうですが、事故現場見に行くのに1ヶ月かかり、頼んだ書類も1ヶ月かかり、全く誠意が感じられません。こちらは90対10主張し(気持ちは過失なしにしたいのですが20キロで動いていたので仕方がありません)月に1度こちらから、連絡している以外、何の連絡もないようですが、このままの状態でいいのでしょうか?こちらの保険会社の話だと、相手裁判にしようとしているようです!と言われましたが、何故そんなことになってしまうのか!
過失割合はいつまで決まらなくていいのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

因みに「示談内容」ってのは「過失割合だけじゃない」ので、それ以外の事項についても合意が得られないなら、やっぱり、示談は不成立になり、最後は裁判になります。

例えば「過失割合はそれで良いが、顔に消えない傷が残ったので、慰謝料として○万円欲しい」って主張して、相手がそれに同意しないなら、示談不成立です。

「示談内容」は、それぞれの賠償割合(過失割合)の他、治療費やら、慰謝料やら、色々あります。どれか一つでも合意出来ないなら、示談は不成立になり、裁判で解決するしか方法が無くなります。

Q友達が飲酒で捕まり13点減点、以前事故で4点減点 計17点減点になり裁判所に来る様に通知が来ました。

友達が飲酒で捕まり13点減点、以前事故で4点減点 計17点減点になり裁判所に来る様に通知が来ました。付き添いの人を最大3人までは連れて来ていいとの事 何の為に付き添いを認めるのか? 刑を軽減するにはどうしたらいいか分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめに点数は減点では無く加点ですので・・・

さて、13点というと酒気帯びですね。
違反において、免許取消の行政処分と罰金または懲役の刑事処分とに分かれてますね。

行政処分における意見の聴取ではなく、裁判所に行くと言うことは刑事処分の為の簡易裁判を受けるか正式な裁判を行うかとなると思います。

酒気帯び運転の罰金は50万円以下の為、簡易裁判で判決が出た金額を当日支払わなくてはなりません。
付き添いは、その支払いでお金が足りないときに借りれる人の事じゃないですか?

刑を減刑してもらうには、してもらえるだけの確かな証拠が必要です。
まあ20万円~50万円の間での罰金ですかね。
最悪懲役もありますので頭に入れておいた方が良いでしょう。

これは行政処分と刑事処分では異なりますので・・・
行政処分は危ない人には運転をさせられないと言うことでの免許取消処分となるわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報