男性を紹介すると言われて歳をきかれましたが、49年生まれと答えたら「五黄の虎」だからダメだと言われました。きくと、その人も良く知らないけれど、普通より気が強いとか、なんとか。周りにきいても、どうしてそのように言われるのか知っている人がいません。その年というだけで、すごい差別を受けたようでとても悲しいです。いわれを知っている方是非教えてください。

A 回答 (2件)

五黄とは九星のひとつ。

『性質は豪気大胆。情深く、思い立ったことは是が非でも押し通さねば気のすまないところがあって人から憎まれる。また器用で何事にも優れた才を発揮するけれども、中には反対に臆病で何事もできない人もあります。行をつつしみ、人と争いをしなければ実にたぐいまれな幸運の星』。

寅年生まれの一代運勢は『果敢に決断して、よく艱難に耐え、進取の気性に富み思慮分別があり競争心が強い』。

『同じ寅でも嫌われる寅もある。五黄の寅がそれである。とりわけこの年生まれの女性が敬遠される。強(ごう)の寅、強い虎として嫌われるようだ』。

参考までに、大正3年、昭和25年、昭和61年生まれがこれに当たる。

とりあえずほとんど参考URL(上)の受け売りです。参考URL(下)にはもう少し詳しくのっているようです。それにしてもそんなことで断られるなんでひどいですね。


http://www.city.asahi.chiba.jp/koho/zuisou/zuiso …
http://www.ffortune.net/calen/calen/fromqa/qa101 …

参考URL:http://www.city.asahi.chiba.jp/koho/zuisou/zuiso … http://www.ffortune.net/calen/calen/fromqa/qa101 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答本当にありがとうございましたっ!!
このことがあってからずーっとグジグジしていたので
本当にスッキリ晴れました。
御紹介いただいたHPもみたんですが
本当にくだらないことで俗説なんだけど、
中途半端に意味も知らないくせに「よくない」と
言ってるんだなぁと恐くなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/10 19:22

たとえ,「五黄の寅」生まれの女性が,No.1回答にあるような性格・運命であったとしても,chikosaru さんは,それではない(昭和49年生まれなら五黄ではなく 八白の寅です)


ですから,全然気にする必要はありません。
その紹介者はものを知らないし,無責任な人ですね。
紹介者がよくないと,当のお相手もなんだかよくない人物のような気がします。

グジグジから開放されたそうで,よかったですね。


なお,干支で「とら」は虎ではなく寅という字を書きます。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寅さんファンって...

寅さんの一日です!私は寅さん言わく、「労働者諸君!」です。お休みの日は朝っぱらからビデオを準備し、ずっ~と「男はつらいよ」見ている始末です!しかしながら私は友達達に「変すぎる!」って言われているのです!私のまわりはアンチ寅さんばかりで、誰一人と話しにのってくれず、つまらないもんです。極端にキライな人とハッキリ別れるのですが、寅さんの話しをしたいのに、探すのにまったく苦労します!以前にも寅さんファンの方が「皆さんの好きなシリーズは?」ってありましたが、私も聞いてみたい!ちなみに私はこの季節は、マドンナ太地喜和子さんの兵庫県龍野市が舞台になっている(あ~題名忘れました)のがすごく好きで好きで。寅さんファンの方、あなたの好きなシリーズ、教えて下さい!!!!

Aベストアンサー

私も寅さんの映画を観る方です。
 どのシリーズが好きという訳ではありませんが、寅さんの何処にでも、居
そうで居ないキャラクターが好きです。(喧嘩早く、直ぐ頭に血が登って、
美人には弱い、)とても分かりやすい性格で、でもいろんな人から好かれる、
一昔前の近所のおじさんという感じがします。
 それと、少し現実ばなれした生活(寅さんのような生活していたら、現代
では、ホームレスになってしまうかな?)
 それと、昭和40年代の日本の町並み、服装、車など、少しレトロな感じ
がして懐かしく思います。
 今は、もう亡くなった俳優も出演していて、その人の演技を観ると、「い
い味だしているなー」と思います。
 それと何かの番組で言っていましたが、日本人が外国で長く生活している
と日本が恋しくなる時があって、その時は寅さんの映画を観ると心が休まる
そうです。
 寅さんの映画って、本当に日本の映画と言う感じがしますね、これからも
度々観ようと思います。           

Q大相撲の三役などのいわれについて

大相撲の、横綱・大関・関脇・小結・前頭などの名前の意味(いわれ)を教えてください。

Aベストアンサー

横綱:
当初は大関の中で、横綱をつけられる者のことをいっていた
横綱免許を持つ大関に対する名誉称号だったため、番付表では大関が最高位であったが
1909年以降は地位として定められた

上記を含め、下記URL(大相撲大辞典)を参照下さい
大相撲のいろんなことが分かります
http://sumou.bonsainosekai.com/contents133.html

Q歌舞伎演目ー葉早寅鞍馬源氏

歌舞伎演目、寛延2年市村座で講演された、葉早寅鞍馬源氏(ハツトラクラマゲンジ)の葉早寅の意味を教えて下さい。鞍馬源氏は義経の事のようですが、葉早寅の意味がわかりません。また、この演目の物語のあらすじも教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

推測になってしまいますが「鞍馬源氏」は源義経が鞍馬寺にて過ごされた事が由来してつけられたのだと思います。
葉早寅は・・恐らく江戸時代の日付、時刻に関係しているのではないか。と推測してます。

寅が、旧暦の1月頃を指していて、「草木が生え始める月」という意味合いで「葉早」と表現しているのではないでしょうか。
(丁度公演されたのが寛延2年(1749年)の1月頃ですし、それっぽい感じですよね;;)

あらすじとしては、一条家から鞍馬寺に預けられ、鞍馬寺から出奔して奥州藤原氏の平泉に下るまでの内容かな・・と。
実際に見る事叶わず、他に情報が無いので全てにおいて自信が無い回答ですが、参考になれば幸甚です。

Q女性活用とか言っている人たち

女性活用!女性活用!とか言っている人たちに
すごい違和感があります

ーーーーーーーーーーーーーーー
安倍政権は、成長戦略の「第三の矢」として「女性活用」を掲げている。2020年までにあらゆる分野で女性が指導的地位に占める割合を30%程度にするとして、企業に具体的なアクションを要求している。「女性の管理職30%」「育児休暇3年導入」「全上場企業は役員に1人は女性を登用」等、具体的な数値を提示し、さらにそれが実現できているのかどうか、上場企業を中心に女性登用状況に関する公開を求めてチェックしていく方針を示している。
ーーーーーーーーーーーーーーー

無理に働かせようという運動はなにが目的なんでしょう?
その人が企業にとって必要であれば女性でも男性でも管理職につくわけで、
管理職につかせるために女性が必要というのは逆な気がするのですが。。。
余計なお世話というかパターナリズムですよね

こういうことを言うと、よく海外では~とか言う方がいますが
海外に合わせなければいけない合理的な理由はあるのでしょうか
海外が日本より優れていると妄信してる方も謎です。

コネがあったり、要領が良かったり、容姿が良かったり、、、
実力(会社に利益をもたらす力)はないけど偉くなる人なんかは沢山いるわけで、社会は平等でないのが普通です。
男!女!統計的に女が少ない!海外から見て恥ずかしいガタガタブルブル!とか考えているのって今どき古いと思うのです
おじいさんが集まって物事を決める、もう「政府」自体が古いものなんですかね
皆さんどう思いますか?

※ちなみに障害があるなどの大きなハンディキャップがあるひとは政府的なものが保護する必要があると思います。

女性活用!女性活用!とか言っている人たちに
すごい違和感があります

ーーーーーーーーーーーーーーー
安倍政権は、成長戦略の「第三の矢」として「女性活用」を掲げている。2020年までにあらゆる分野で女性が指導的地位に占める割合を30%程度にするとして、企業に具体的なアクションを要求している。「女性の管理職30%」「育児休暇3年導入」「全上場企業は役員に1人は女性を登用」等、具体的な数値を提示し、さらにそれが実現できているのかどうか、上場企業を中心に女性登用状況に関する公開を求めてチェッ...続きを読む

Aベストアンサー

実は、もうすでに質問者さんの文章に、答えが隠れて仕込まれているのです。

話は少し逸れますが、人間というのは実は素晴らしい才能を持っているのですが、なかなか表に出てこないのです。
でも「深層心理」としては、実は「答えを知っている」と言うのはよくあることで、質問者さんも「深層心理」では、もう答えを知っていると思います。

さて、本題ですが、答えは「社会は平等でないのが普通です」この中に答えが隠れています。
たとえば「飲酒運転なんて、絶対に0にはならないのだから、いくらやってもいいのか?」
あるいは「戦争なんて無くならないのだから、いくら戦争をやっても構わないのか?」
それと同じように「完全な平等なんて、あり得ません」ですが、でもよりよい社会、より多くの人が納得するような平等を追い求めることが大切なのです。

このことを日本語で「改善」と言います。
改善を積み重ねていくことで「完璧、絶対」にたどり着くこともありますが、ほとんどは「改善」で終わりですし、改善することこそが大切なのです。

つまり、答えとしては「男女平等」を突き詰めることが大切なのです。
そして「男女平等」を実現させるためには、当然ながら女性にも「責任ある立場」を担ってもらう必要があるのです。

まだ、まだ、書き足りないのですが、まずはここまで。
もし締め切られていなければ、もう少し掘り下げたことを書きたいと思います。

実は、もうすでに質問者さんの文章に、答えが隠れて仕込まれているのです。

話は少し逸れますが、人間というのは実は素晴らしい才能を持っているのですが、なかなか表に出てこないのです。
でも「深層心理」としては、実は「答えを知っている」と言うのはよくあることで、質問者さんも「深層心理」では、もう答えを知っていると思います。

さて、本題ですが、答えは「社会は平等でないのが普通です」この中に答えが隠れています。
たとえば「飲酒運転なんて、絶対に0にはならないのだから、いくらやってもいいの...続きを読む

Q楽天的な生き方~寅さん~

映画「寅さん」の生き方に憧れています。
これってやはり、映画の世界だけのものなんでしょうか?
寅さんのような生き方をしている方は
実際いるのでしょうか?
どう思いますか?

Aベストアンサー

原則的に、人間が想像できるもので、現実化できないものは一つもないと思います。
「寅さん」という作品も、原作者が当然いて、想像の産物=創造物であるからには、現実にもいてしかるべきだと思います。
但し、寅さんという一人の人物に近い人はいても、また、周りの登場人物に近い人がいても、それら全員の組み合わせの妙だけは、現実とは違うものとなります。
「事実は小説より奇なり」というように、ひとりの原作者から生まれる映画作品よりも、全員が作者になって織り成す実際社会の方が小説よりも深いし味わいがあるのは当然のことです。
実際、寅さんが現実にいるとして、話題にすらならないでしょう。
寅さんも映画で見るから、面白く感ずるのだと思います。
逆に言えば、人の数だけ、あなたや私の人生も、映画にすれば、いくらでも人に感動を与えたり、面白さを強調できる視点を提供できるのです。
筋書きができている作品でさえ面白いなら、筋書きがない我々の人生即ち普通の人生はどれほど神妙な作品、どれほど深淵な作品であることでしょうか?
私は、映画とはではなくて、実際の自分や周りの人を見てそう感ずることは多いものです。
余談が過ぎましたが、答えは「実際にいる」です。寅さんよりも寅さんらしい人だっていると思いますよ。
だって、人が生まれた数だけ、無限大の個性として、どんどん増え続けているのですから・・・

原則的に、人間が想像できるもので、現実化できないものは一つもないと思います。
「寅さん」という作品も、原作者が当然いて、想像の産物=創造物であるからには、現実にもいてしかるべきだと思います。
但し、寅さんという一人の人物に近い人はいても、また、周りの登場人物に近い人がいても、それら全員の組み合わせの妙だけは、現実とは違うものとなります。
「事実は小説より奇なり」というように、ひとりの原作者から生まれる映画作品よりも、全員が作者になって織り成す実際社会の方が小説よりも深いし...続きを読む

Q時事川柳、手負いの虎に苦戦

地元の新聞に載っていた時事川柳ですが、「あばれでた手負いの虎に苦戦する」というのがありました。阪神のことを言っているのかなとも思うのですが、オープン戦はまだあまりおこなわれていないし、よくわかりません。この川柳は何のニュースを主題にしているのですか。

Aベストアンサー

トラ=酔っ払いでしょう。ローカルニュースの酔っ払い騒動でもネタにしたのでしょう。

Q寅さん所帯を持ったのでは?(夕焼け小焼け)

BSで寅さんをみました。副題が夕焼け小焼けとかだったと思います。まだそんなに本数を見ていませんが、これまで見たのはいつも(恋が)駄目になるというパターンばかりでした。でも、今回「ぼたん」さんという芸者さんとハッピーエンドに思えたのです。ああ寅さん良かったねと涙した私はどうも次回作(BSの)を見るのに気がのりません。このマドンナぼたんさんは今後もどこかで出てきて「落ち」(幸せに別に結婚しているとか)があるのでしょうか?うまく言えませんが次回作はとてもみたいし、でもああ寅さんは幸せになったんだって思って、もう終わりにしたいみたいな・・・。寅さんファンの先輩方何かご意見などありましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もこの番組を見ました。
ラストでぼたんに会いに来た寅さんが
「お前と所帯を持ちにきた。」と言いました。
これは映画の中ほどで「あんたと所帯を持ちたい」と
言ったことを、もう一度言うことで笑わせようと
冗談で言ったんであって、本気で結婚しようという
ことではなかったと思います。

今回は失恋ではなかったけど、独身であることは
相変わらずという結果に終わったと思います。

Q長尾景虎(上杉謙信)が毘沙門天を祈祷しているときのお経

NHK大河ドラマ「風林火山」を見ていたら、
Gackt演ずる長尾景虎(上杉謙信)が毘沙門天を祈祷するとき、
同じ言葉のお経を何度も何度も繰り返して唱えています。
早口なので、正確に聞き取れませんが、

おんべー・しらばんであ・せんちけさっ
おんべー・しらばんであ・せんちけさっ
おんべー・しらばんであ・せんちけさっ
・・・・・

という感じに聞こえます。

これは、漢字でどう書くのですか?

Aベストアンサー

漢字表音が文字化けしたので再度書き込みます

「om(口庵) 吠室ra(口羅)縛拏野 莎賀」

omは口偏に庵、raは口偏に羅です。
梵字の漢字表音は中国語発音で梵語発音に近いものが漢字に充てられます。現在の日本語では羅も口偏の羅も一律に「ra」と区別なく発音されますが、当時の発音では梵語raを表すには「羅」よりも「口偏の羅」の方が近かったのでしょうね

Q13日の寅の刻とは?

とある時代小説を読んでいたところ、「(夜襲は)13日の寅の刻に決まったぞ」という言葉がありました。

寅の刻とは今の時間でいう明け方3時頃だという事は知っていたのですが、

子の刻が23時だと考えた場合、13日の寅の刻とは今でいう14日の3時の事ではまさかないですよね?

もちろん13日の3時の事ですよね?

つまり、昔の暦では今より約1時間早く日付が翌日に変わっていたという事なのですよね?

Aベストアンサー

お尋ねの「寅の刻」は13日なのか、14日なのか、ということですね。
現在では日付が変わるのは午前0時と誰もが思っています。しかし江戸時代には日の出で日付が変わるというのが一般の人の認識でした。時計がなかったので正確な時刻の認識ができず、日の出という誰もが認識できる事象での日付変更としたのです。
ですから歴史史料を読む場合に深夜から日の出までの日付については注意せねばなりません。そういうわけで「13日の寅の刻」は現在の時刻に換算すると「14日の午前4時頃」と考えるべきです。時刻は2時間きざみですからその前後約1時間が寅の刻ということになります。(しかし暦の学者などは子の刻で日付が変わるとしていた人もいたようですが小生の知る範囲ではごくわずか。)
他の方の回答にもありますが、江戸時代の時刻は日の出、日の入りが基準です。その時刻は季節によって変わりますから寅の刻は一年中常に「午前4時頃」ではありません。夏には少し早くなり午前3時半頃、冬には遅くなって午前4時半頃と考えるべきです。
時刻をもう少し細かく表すには「寅の上刻(じょうこく)」「正(しょう)寅の刻」「寅の下刻(げこく)」という言い方もありました。上刻は少し前、下刻は少し後です。いずれにしてもかなりアバウトということですが当時の人々の生活には支障はなかったのでしょう。江戸など都市部には時の鐘が設置してあり人々はそれに合わせて生活していました。

お尋ねの「寅の刻」は13日なのか、14日なのか、ということですね。
現在では日付が変わるのは午前0時と誰もが思っています。しかし江戸時代には日の出で日付が変わるというのが一般の人の認識でした。時計がなかったので正確な時刻の認識ができず、日の出という誰もが認識できる事象での日付変更としたのです。
ですから歴史史料を読む場合に深夜から日の出までの日付については注意せねばなりません。そういうわけで「13日の寅の刻」は現在の時刻に換算すると「14日の午前4時頃」と考えるべきです。時...続きを読む

Q輪廻転生、生まれ変わり、とか言いますが、結局別人になるわけですから今の

輪廻転生、生まれ変わり、とか言いますが、結局別人になるわけですから今の自分は死滅するのと同じなのですか。

Aベストアンサー

別人になったとしても、生まれ変われるのなら悪くない話ですね。輪廻転生があるかどうか、それは誰も証明はできないので分かりません。しかし、行き着くところは、生命の神秘、ですね。人間、だれしも、ベースはほとんど同じ、後は、DNAだったり、環境だったり、経験だったり、様々な味付けが成されて、私、が出来上がります。果たして、自我とは何なのか。まず、自我が脳の中にあることは間違いなさそうです。脳だけ交換する手術が可能なら、生命維持装置である心臓を中心とした「姿かたち」を交換して、ある種の「別の私」になることは可能になるでしょう。それでは、さらに、脳の中から、果たして、自分だという意識、ここにいるという感覚、魂、自我を、気体のように、もしくは、一部分として、分離できるかどうか。ここから先は分かりません。しかし、記憶などは、脳の機能であることは間違い無いので、生まれ変わったとしても、新たに生み出された体に、前世の脳の記憶(経験、知識)が、ワイヤレスに時空を超えてコピーされることは無いでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報