gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

パソコンの構造とかに詳しくない者です。

大震災以来、やたらとこんな事を目にします。

『パソコン使用中に停電したらパソコンが壊れるから、一般家庭にも無停電装置を!』

これは本当でしょうか?私の知人に九州の台風直撃コースに住んでいる人がいますが、『パソコン使用中に台風が原因で突然の停電なんて何度も経験しているけど、パソコンが壊れたなんてなかったし、そんな話も聞いた事ない』と言っています。

ただの震災便乗商法でしょうか?
それとも本当に壊れるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

この道何十年というパソコン使いです。

それを使うのが本業です。

まず、その九州の人はどれほどのPCを使ってきたのでしょうか、どれほどの家電を触ってきたかそれによります。多くの人は、せいぜいPC歴15年ぐらい。パソコンは家庭と職場で数十台でしょうからね。停電の遭遇率は国内なら、台風など災害時ぐらいで、しかも必ずしもその瞬間に電源を入れているとは限りません。即ち、リスクに遭遇する確率は極めて低いのです。だから、経験上なければ、そんな話はあり得ない。訊いたこともないという話になります。
それは、即ち、このまま世の中が、安定した電力状況ならそういうリスクは低いという意味でもあります。
それを前提として回答します。

本題です。
本当か嘘かでいえば、本当ですよ。ただ、それが発生する確率と投資に対して保険として導入するコストを計ったときに、そのコストが意味ある物かどうかが重要なのです。だから、多くの人は意味がないと判断するはずなのです。しかも、日本の場合は、停電の発生率が極めて低いですからね。
デスクトップの場合でも、その意味はあまり持ち合わせていません。
ノートの場合は、バッテリが内蔵されていますからそれを心配する必要もありません。


一般に、近年はパソコンに限らない話で、例えばデジタルAV家電もルータなどの通信機器や通信家電でも言えることですが、電源が一瞬落ちて、すぐに復旧、その後再び一瞬電圧が下がるといったことがあれば、電源ユニットは高負荷によって破損する確率が飛躍的に高くなります。また、電源ユニットの遮断機や整流装置から漏れた過剰電流や電圧が、基盤を通り、電流、電圧変動に弱いパーツを破損させるリスクも相対的に上がるのです。そのため、データの破損はもちろん、故障という考え方においても、リスクはあるのです。

尚、サーバー装置に無停電電源が登載されている理由は、シャットダウンまでの時間稼ぎはもちろんですが、電圧と電流量の安定を保つためでもあります。雷などの雷撃による破損、電圧低下に伴う、電源装置の破損の防止のためにも、さらに停電前後の電圧のゆらぎを抑制するためにも利用されています。停電の前後は、特に電圧の変動が大きくなりますから、電源への負荷が大きくなりますからね。さらに、もう一つサーバではたこ足はしませんが、流量は使っている電化製品の電源稼働状況でも変化します。その影響も加味して無停電電源装置など多重の冗長電源を利用し、サーバの安全運用管理をしているのです。
これは、これだけの投資をすることに意味があるからです。お金をかけても守った方が良いなら、データを守るために沢山の対策を講じるのですよ。

個人でそれをすることが意味に値するかは、その個人データにどれほど貴重な情報が詰まっているかによります。やればやっただけ、安全性や信頼性は高くなりますが、投資は大きくのしかかります。
それだけの話です。


尚、比較的誰もが遭遇しやすい問題として、
パソコンやサーバの稼働中に電源が落ちた場合に見られるのは、システムデータの破損です。
OSの根幹となるカーネルや、レジストリへのアクセスが発生している場合、何かをインストールしている途中などに、電源装置が停止すると、システムが起動しなくなるリスクが極端に上がります。
これは、MFT(マスターファイルテーブル)上のシステムデータの位置情報が、正確に記録されていないことで発生するもので、発生するとその破損したデータを特定し、バックアップから修復または、新規で導入しない限りは、普及できなくなります。
これが、多くの方が書かれている内容です。この場合は、システムの修復が出来さえすれば、正常に動くようになります。動かなくなるケースも含めて、比較的率は高く、何百何千のPCを扱っていれば、5~10回の電源ダウンで約10%~程度で発生するでしょう。ちなみに、ダウン率が20回になれば、その倍になるかもしれません。30回ならさらに倍かも知れません。電源ユニットは、高負荷がかかるほど遮蔽装置や整流装置、コンデンサが劣化しへたりますからね。


データの破損ではなく、先に記載したハードウェアの損傷は、データに比べると比較的確率が低いですが、一度不良が発生すれば、コンピュータは電源投入時にビープ音を鳴らして、停止します。また、電源を入れた直後に保安機能が働き、電源が一瞬で落ちます。
最悪の場合は、もっと酷く、起動はしますが、動きがおかしく、徐々に動きは悪化します。
最終的に起動しなくなり、ボード交換が必要となったり、複数のパーツが連鎖不良となってしてしまい。
電源、ボード、メモリなど複数箇所を交換しないと改善しなくなることもあります。
これらを、電源から始まった不良と予測できる人は、あまりいません。即ち、その瞬間に壊れて、中を見てここが焦げているなどと判別が出来なければ、停電が原因だとも思わないのです。
この率は比較的低いですが、数百台とあれば、5~10回のダウンで3%~ぐらいで遭遇していると思います。これもデータ破損のリスクと同じで落ちる頻度が高いほど、徐々に率は上がります。


ここまで言えば、分かりやすいと思います。それぐらいのリスクであり、それが現実です。だから、大丈夫だと思いこんでいる人もいますが、実際は率は低くとも、頻繁にダウンすればするだけ確率は高まります。後は、そのリスクが大きいと取るか小さいと取るかでしょう。計画停電などがあり、そのPCが24時間稼働し、尚かつとても大事なデータを持っているなら、考えた方が良いでしょう。

そうでなければ、とりあえずバックアップに心がければ気にする必要もないでしょう。

個人的には、便乗ではないと思いますが、気にするような状況の環境は、今の段階では日本にはないでしょう。大事なデータをしっかりバックアップしていれば、気にすることではありませんからね。
いかがでしょうか?
    • good
    • 6

可能性です



壊れる可能性があるのはハードディスクです

HDDに書き込み中に停電すると、書き込みデータが正しく書き込まれないことが起こりえます
最悪の場合にはHDDの読み書き機能を壊してしまうこともありえます

ただし よほど古いHDDで無ければ、書き込み中停電しても保護回路が働きますから、データ・機器が壊れる可能性はかなり低くなります( が なんとか委員長の言い方のように 0ではありません)

すべての電気を使用する機器は、正規の停止手順で停止(電源を落とす)しないと壊れることはありえます
    • good
    • 2

デスクトップなら過去に一度経験していますが物理的には壊れませんでした、その時は運悪くOSに被害が有ったみたいでその後立ち上がらないために再インストールを実施して色々とセットアップすることで元通りに成りましたがこの時間と手間がかなり掛かりました(結構色々とソフトが入っているので)もちろん色々な作業のバックアップは取っていたので回復も出来ました)しかしその時に作業していた物は全てパーです。



それ以降そのタイミングで作業していた物は諦めますがそれ以外は全て2重にバックアップを取っています、仮にOSの再インストールしてもその後バックアップから簡単に元通りに戻せるように(XP内蔵ののバックアップと市販ソフトと二重に)非常時無停電電源装置も考えましたが結構高価なのと内蔵バッテリーの寿命を考えたら取り付ける気にはなりません。

ノートならバッテリーに瞬時に切り替わるので心配は無いのですが今日も雷注意報も出ていますから余り油断できません(サージ対策は一応あるけど当てには出来ないので)従って有れば安心くらいの物で雷などの時に無いよりはましと私は考えています(コンセントは一つ抜くだけで物理的に切断できるので落雷しそうなら元のコンセントを引き抜きます)

落雷を受けて壊れた家電製品を2度ほど見ているのでOSやファイルくらい諦めます、その際でも復旧は短時間で出来るように思っていますがこれからの時期油断は出来ません、こんな感じに私は考えています。
    • good
    • 1

デスクトップパソコンの場合、その可能性はあります。


正確には「HDDデーターが壊れる」可能性です。
この場合のデーターとは、個人が作ったデーターという意味でなく「システムを含めたHDDに記録されているデーター」といいう意味です。
HDDアクセスの最中にいきなり電源が落ちたら、HDDクラッシュしてデーターが壊れる可能性があります。
ノートの場合はバッテリーがありますが、デスクトップの場合いきなりですから対策(UPS導入)をした方が安全です。
   
私はNASで、1度ブレーカー落ちでやってしまいました。
それ以来UPSを導入しました。
まああらかじめ時間がわかっていれば、事前に電源を切ればすむことだと思います。
    • good
    • 3

昔のPCでは、使用中に電源を切るとハードディスクの記録面に傷がついて壊れる、ってなことはありました。

今のハードディスクでは対策がされているので、その手のトラブルはまずないでしょう。
ただし、#3さんなどの回答にあるように、ファイルの書き込み中に電源を切ると、そのファイルが壊れる(関連するデータが喪失する)ので、避ける方が無難です。
    • good
    • 0

>『パソコン使用中に停電したらパソコンが壊れるから、一般家庭にも無停電装置を!』


ちょっと古いですが・・・「可能性はゼロではない!」です(汗)

まぁ~逆に言えば必ず壊れることはないのでバックアップなど、壊れて良いような対策にはお金を使い、まだお金があるなら「無停電装置」があっても悪くはないと思います。
    • good
    • 1

あたしはノートパソコンを使ってますので、ディスクトップ型については解りませんが、バッテリーが内臓されてれば突然の停電でも大丈夫なの

では?
    • good
    • 0

知人の方はノートPCなのではタイプ聞いた?



>それとも本当に壊れるのでしょうか
台風が来なくても試すことはできます。PC使用中に、いきなり電源コードを抜いてしまえばいい。それだけ。
ただし、ノートPCではなくデスクトップ型のPCでやってね。
    • good
    • 0

>『使用中に停電したら壊れる』って本当ですか?



     ↓
誤解・嘘・偽装&便乗だと思います。

何度も、誤ってコンセントを切ったり、ブレーカーダウン(現象としては停電と同じ)を経験していますが、故障した事もありませんし、パソコンの機能保全やバックアップのシステムから理論的にも有り得ません。

それは、データーやソフトの一部に消滅とか誤動作の可能性があると言う事を強調&誇張されているか?
商売上のバックアップ機能やオプション部品の販促用のセールストークだと思います。
世界的なパソコンの普及と電源事情の事を考えれば、恐怖販売(危険性や恐怖を煽り物販に結び付ける)の一種だと思います。

無停電装置とかバックアップ電源(自家発電や蓄電池とか充電機能を擁し、停電時には自動的に補助&第2電源に切り替える)の問題でしょうが、色んな意味で大切な今後のテーマーでしょうが、パソコンの故障とか壊れる事、現下の問題とは思えません。
あくまでも、為にするオーバーで意図的な誤報・偽装情報だと思います。
    • good
    • 0

壊れることはないですね。



ハードウェア自体は照明器具と同じで、動くために電気がなくなったので止まっただけ。
Windowsだと、停電復旧後は自動復旧してくれますし。

ただ、停電時に作成や編集していたデータは、バックアップされていないかぎり、きれいに無くなってしまうので、最初からやり直しですね(-_-;)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q停電でパソコンの電源が入らなくなった

停電が起きた時はパソコンの電源は切れていました。
電気が復旧してから、パソコンの電源を押しましたが電源がつきません。
パソコンの電源ユニットが故障したのでしょうか?使用パソコンは、ディスクトップです。
修理方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

見当違いでしたらごめん。

単純に飽和状態又は安全回路が働くケースもあるので、
PC本体の電源をコンセントから抜いて暫く放置(30分位)
リセットを掛けるつもりで再起動してみて下さい。

(上記を試しても起動しない場合は・・・)
停電時にカミナリが発生してませんでしたか???

停電でダウンしたときHDDが稼働中だとドライブの故障も
想定され、ご自分で修理できない場合はメーカに依頼する
かPCに詳しい友人・知人を捜した方が宜しいと思います。

Q停電でPCが故障

停電でPCが故障

停電時、PCの電源を入れたままで外出してしまい停電回復後、PCの電源が入らなくなってしまいました。買い換えと修理で悩みましたが、部品交換で解決の可能性に賭けてみたいと思ってます。
PCについては、詳しくないので故障可能性の高い部品など参考までに教えていただきたいと思い質問しました。可能性の高そうな部品から順次交換してみようと思っています。

PC機種:デスクトップ DELL Vostro200
     CPU:CORE2Duo
状態  :電源ボタンを押してもなにも反応がない。
     PCケース内で、焦げなどの焼き付きは、見える範囲にはない。
     電源コードを差した状態で、マザーボード上のLEDは点灯している。

質問
(1)電源、マザーボード、CPUなどの部品で、可能性が高いと思われる故障箇所を教えていただけないでしょうか。
(2)マザーボード、CPU、HDDなどを差し替えを行った際、HDDの内容は初期化となるでしょうか?HDDのファイルを読み取りたいと思っております。

     

Aベストアンサー

今一度パソコンの電源コードをコンセントから抜いてください。
数分後、再び電源ケーブルをコンセントに繋ぎパソコン電源オンしてみてください。
変化なしでしたら、次はマザーボードに付いている電池を抜いて、
数分後再び取り付けて電源オンしてみてください。

(1)
電源ユニットが一番故障の可能性が高いです。
次にHDDです。
次にマザーボードですが、私の経験からこれは可能性が低いです。
あまり関係がないとは思いますが、メモリーをスロットから抜き差ししてください。
これも経験からCPUは滅多に故障しません。

多分電源ユニットの故障でしょう!

(2)
HDDを新しく差し替えるのでしたら、
古い方をセカンダリーに繋げば故障してなければ中のファイルは読めます。
HDDを取り出してUSB接続器具を買ってきて、外付しても良いです。
古い方をプライマリー接続でOSクリーンインストールすれば
初期されてファイルは消去されます。

Qパソコン使用中に停電になると・・・

今日、パソコンをはじめようとして電源をいれ、操作できる状態になるまでの間に、
停電で、電源が1回落ちました。停電が終わってパソコンを起動し、
自動でエラーチェックがはじまり、その後何事もなく起動できたのですが・・・
パソコン使用中に停電が起きるとなにか被害があるのでしょうか?
またその被害を防ぐ方法はあるのですか?

Aベストアンサー

パソコンは、一瞬でも電源が落ちますと、動作を停止してしまいます。

ここで一番気を付けなければならないのが、ハードディスクをアクセスしている時に停電すると、最悪の場合、ハードディスクがクラッシュしてしまい、ハードディスクの故障だけでなく、ハードディスクに保存しているファイルも取り出せなくなります。

その他にも、ワープロ等のアプリケーションを起動中に停電を起こすと、作成中のデーター・ファイルをセーブしてない場合、すべてが消失してしまいます。

これらの対策としては、無停電電源と言う物があります。

これは、充電式のバッテリーを搭載しており、AC100Vが停電した場合、約10分間、AC100Vを供給してくれる電源装置です。

供給出来る電源容量により価格もピンキリですが、個人向けでしたら、15,000円程度で購入できます。

国内メーカーではAPCが有名です。

参考URL:http://www.apc.co.jp/

Qブレーカーが落ちた場合PCへの影響は?

パソコン使用中に停電や家庭内の電気の使いすぎによりブレーカーが落ちた場合、当然パソコンの電源も落ちるわけですがその場合パソコンへの悪影響はあるんでしょうか?(パソコンが壊れるとか、調子がおかしくなるとか)

Aベストアンサー

作成中のデータを保存していなかった場合、
消えますね。

運が悪ければHDDのデータが飛んでしまうこともあるそうです。

私はパソコンには素人ですが、
パソコンは手順に従って電源を落とさないといけないようになっていますので、
それ以外で電源が落ちた場合は、それ相応の覚悟は必要だと思っています。

素人考えとしては、それくらいの認識でよいのではないかと思っております。

(具体的にどういう影響があるか、興味はありますが)

Qパソコンの電源は落とすべきでしょうか

私は仕事柄、就寝時以外は常にパソコンに張り付いています。
当然パソコンも動いているのですが、パソコンを長時間起動したままにしておくとメモリにバグが溜まって良くない、という話を聞きました。
睡眠中も急な仕事が入ることがあるのでパソコンは付けっぱなしにしておきたいのですが、仕事中に突然フリーズすると大変な損害を被るので2日に一度、1分程電源を落とすようにしています。
いわゆるスリープやログオフは、アプリケーションを立ち上げてネットに接続しておく必要があるので使えません。
実際、パソコンの電源を落とさないまま使用していると問題が起こるのでしょうか?
デスクトップ型とノート型を両方使っており、OSはどちらもwindows7 64bitです。
また、電源を落とすなら何日おきがよいでしょうか。

Aベストアンサー

会社のIT担当してます。

サーバなどでないならば1~2日に1回程度で全然問題無いですよ。

1.PCは電源入れっぱなしが一番寿命が長い=正しいです。
2.PCは電源を落とさないと調子が悪くなる=これも正しいです。

この2つの要素は矛盾しているように感じるでしょうが、対象がハードとソフト(OS)で分かれています。

電源やHDD等のハードウェアについては、電源投入時が一番電子パーツやモーターに負担がかかりますので、電源入れっぱなしというのが一番寿命は長くなり、電源のON/OFFの仕方が悪いと電子パーツの寿命は落ちていきます。

ただ、この電源OFF→ONの感覚が短くなければ(数分~10分程度空ける)電子パーツへの負担は最小限ですし、もともと電源OFF/ONは繰り返されること前提で作られていますので、極端に寿命が短くなることもありません。大昔のオフコン(大型コンピュータ。でかい)などは大電力を使ってましたし、電子パーツ自体の耐久性も今より低かったので、めったに電源OFFと言うのはしませんでした、OFFしたら立ち上がらないというのも有りましたので(新品とかあまり関係ない。見た目によらず繊細でした)。

現在も会社で使うサーバは基本的に電源を落としません。これはサーバ自体が電源OFF/ONした場合の再起動に時間が掛かる(サーバOSは起動に時間がかかります)等、業務に影響があるためというのが理由としては大きく、PCと違って故障時、復旧に時間や費用がかかるため、不安要素は最小限にする理由もあります。


で次、メモリにバグ云々の話ですが...正確にはメモリにゴミが溜まる、という表現を使うと思います。実際、日常使うPCは電源を落とさないで長期間使い続けるとゴミが増えて不安定になります。再起動すれば治りますが...溜まり過ぎると再起動もできない場合があるので、定期的に再起動するのは大事です。

OSはいろんなソフトを立ち上げたり終了させたりしますが、終了させた時などにいわゆるゴミ(本来は終了させた時に関連のプログラムはすべてメモリから削除されますが、プログラムの作りから不要なプログラムが残ったり、他のソフトと共用してたりしてその時削除できないプログラムが残ったりします。これらをゴミと言ったりします)が残ります。このゴミはシャットダウン・起動時に整理・初期化されるのですが、シャットダウンしないと残り続け、それが積み重なると、ソフトが異常動作したりします。そのため、通常は定期的に再起動したほうがいいのです。

じゃあサーバとかはどうなの?と思うでしょうが、一般的にサーバは起動したら特定のソフトを立ち上げっぱなしで決まった挙動しかさせません。通常のPCのようにいろんなソフトを立ち上げ下げしたりブラウザでネットサーフィンもしませんのでゴミがたまりにくく、また、サーバOSはそのようなゴミを定期的に掃除する機能やソフト(プロセスの初期化ですが)もあったりとゴミ自体が長期間たまりにくくなっています(その代わり、きちんと構築する必要があるし、管理も手間がかかる。OSも高価。普通のソフトはたいていサーバOSはサポートしてません)。また、サーバでも、可能ならば年に1~0.5回程度は再起動しますし、個人用PCと違って維持に工数もかかります。よく、個人運用でも、サーバPCと普通使うPCは分ける、と言うのはそういう理由です。

会社のIT担当してます。

サーバなどでないならば1~2日に1回程度で全然問題無いですよ。

1.PCは電源入れっぱなしが一番寿命が長い=正しいです。
2.PCは電源を落とさないと調子が悪くなる=これも正しいです。

この2つの要素は矛盾しているように感じるでしょうが、対象がハードとソフト(OS)で分かれています。

電源やHDD等のハードウェアについては、電源投入時が一番電子パーツやモーターに負担がかかりますので、電源入れっぱなしというのが一番寿命は長くなり、電源のON/OFFの仕方が悪いと電子パーツの...続きを読む

Q停電作業と、それによる電気製品の故障の関係について教えてください。

停電作業と、それによる電気製品の故障の関係について教えてください。

保安管理業務に従事しているものです。

通常停電作業を行うとき、絶縁抵抗測定ということで、
配電盤のブレーカーを一個ずつ切ってメガー測定を行いますが

メガー測定や清掃、リレー試験も終わり、いざ、復電準備に入
るとき、僕の会社では、ブレーカーを切ったままPASを投入して、
電圧確認後、ブレーカーを投入する人と、ブレーカーを先に入れて
おいて、それからPASを投入する人に分かれます。

後者の方の意見を聞くと、後からブレーカーを投入すると投入
した際のちょっとした火花(アーク?)が“過度過電圧”となって、
これが電気製品の基盤に使われているトランジスタやダイオード
といった半導体を損傷させ、製品を故障させる恐れがあると言っております。
ブレーカーを入れたままPASを投入すると、PASでも火花が発生はしますが、
その影響はトランスの二次側までは及ばず、それで機器の故障は起こりづら
い。だから電力停電では、電気製品の故障率が低いが、年次点検では
復電後、ブレーカーを入れるから逆に故障率が高くなると入っておりました。

そのように教えられましたが、後者の件に関しては、なんの資
料もないので、それが正しいのかどうか判断ができません。
実際のところはどうなんでしょうか?

停電作業と、それによる電気製品の故障の関係について教えてください。

保安管理業務に従事しているものです。

通常停電作業を行うとき、絶縁抵抗測定ということで、
配電盤のブレーカーを一個ずつ切ってメガー測定を行いますが

メガー測定や清掃、リレー試験も終わり、いざ、復電準備に入
るとき、僕の会社では、ブレーカーを切ったままPASを投入して、
電圧確認後、ブレーカーを投入する人と、ブレーカーを先に入れて
おいて、それからPASを投入する人に分かれます。

後者の方の意見を聞くと、後からブレ...続きを読む

Aベストアンサー

過渡現象について判りやすく説明してあるのを探しましたので紹介しておきます。

開閉サージのメカニズム→http://denkinyumon.web.fc2.com/denkinokiso/kaiheisa-ji.html
いずれも遮断時に発生すると説明されています。

コイルによる過電圧発生の理論的説明→http://blog.goo.ne.jp/commux/e/68732accd0de8111372790d8cb2f69de
これもまた電流遮断での説明ですが、それよりもアークそのものが原因ではないということです。

Q停電によるPCの故障

3日ほど前に、ブレーカーが落ちてPCが強制シャットダウンしてしまいました。 その後、Windowsは通常に起動していましたが、フリーズやブルースクリーンに度々なってしまい、現在では起動もできない状況です。(ファンは回りますが、すぐにきれたりついたりして、起動まで出来ません。) 電源の問題かマザーボードの問題かと思うのですが…
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原因も判らないときに「周辺機器のカテゴリ」に登録するのはなぜか?
私だったら、先ずOS、デスクかノートか?、型番、ハード構成(メモリ、HDD,マザー)、を明記する。そして、フリーズの状況、ブルースクリーン(エラーコードを検索すれば意味は判る)の内容を明記する。
常識的には、HDDの損傷の可能性が最も高い。多くは論理的障害だ。
Write中に電源が落ちたら、中身は論理的におかしくなる。
ファイルシステムの損傷は致命的。OSにも被害が及ぶ。OSのファイルが損傷したり、消失すれば起動できなるのも当然。
セーフモードは試したか?
CHKDSKは?
HDDは物理的には損傷していないと思うので、段階的にやっていけば修復できる可能性はある。最後の手段はリカバり(そこは多分損傷してない)、再インストールも可能だと思う。全部は無理だとしてもデータのバックアップを忘れずに!
WikiPediaの「データ障害」はもう見ましたか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E9%9A%9C%E5%AE%B3

原因も判らないときに「周辺機器のカテゴリ」に登録するのはなぜか?
私だったら、先ずOS、デスクかノートか?、型番、ハード構成(メモリ、HDD,マザー)、を明記する。そして、フリーズの状況、ブルースクリーン(エラーコードを検索すれば意味は判る)の内容を明記する。
常識的には、HDDの損傷の可能性が最も高い。多くは論理的障害だ。
Write中に電源が落ちたら、中身は論理的におかしくなる。
ファイルシステムの損傷は致命的。OSにも被害が及ぶ。OSのファイルが損傷したり、消失すれば起...続きを読む

Qコンセントを抜いてきたのですが

仕事場のビルが停電のため帰宅時にはパソコンの電源を抜いてくださいということを言われました。ディスプレイと本体と両方抜いたのですが大丈夫だったのでしょうか。まったく無知なのでそんなことをしてよかったのか心配です。何かしておくことがあったのではとか、本当はどちらかだけでよかったのではとか…特に本体は大丈夫なんでしょうか。すみません、すごく初歩的なことだと思うのですが心配になってきたのでどなたか教えてください。デスクトップにおいてある書類とかもあるのですが。お願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の内容から、たぶん作業停電だと思われ、法定点検の場合は数倍の電圧をかけて絶縁試験を行います。
機器のコンセントは必ず抜くように指示されます。
でないと正確な試験ができないばかりでなく、機器の故障、火災などの原因になります。

私の職場のビルも間もなく法定点検の時期で、全部のコンセントを抜けという指示があるかと思います。というか、指示するセクションなんですけど(笑)
でもこれってやっかいなんですよね。元の状態に復活させるのが。必ず入れ忘れがあって、電源が入らない!って騒ぎまくるのが恒例です(^^;

さて、この場合、正常な終了手順を踏んだ後にコンセントを抜いたのであれば、なんら問題ありません。パソコン内部に記憶されている時間などのデータは、内蔵されている(ボタン)電池で保持されますので、影響はありません。
ハードディスクも磁気的に記録されてるので、支障なし。

ただどうなんでしょう。poncolancoさんのパソコン以外の、その他の機器のコンセントも抜かれたんでしょうか(^ ^;

Q電気事故による停電の際の賠償責任

電線を誤って破損させ、数分間の停電を引き起こしてしまった場合、停電によって損害を被った人に対してどの範囲まで損害賠償しなくてはいけないのでしょうか?

例えば、停電によってパソコンが破損した人がいた場合、パソコンの修理費を弁償するべきなのでしょうか?
また、そのパソコンのデータに対する損害なども賠償しなくてはいけませんか?

また、会社などが停電によって、「営業に支障をきたした」と言われた場合、その遺失利益も賠償すべきでしょうか?

ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

停電に拠る損害賠償は全て起因者が賠償する責務があります。
電力会社は自らの設備の不良、従業員等の過失に拠り停電を惹起した場合は電力会社が損害賠償をします。
但し、雷・台風・地震等の自然災害については補償はしません。
尚、電力会社は起因者に電力会社の被害額を請求します。
第三者(質問者の方の様な)の不法行為が原因で停電を惹起した場合は起因者の責任に於いて賠償しなければなりません。
例のパソコンの故障ですが全て最新の機種(停電補償システムが無い)と限りません(プログラムも旧タイプ)ので瞬時停電(瞬き程度以下の時間)でプログラム、データが消える事は多々あります。
其の場合は双方話し合いで損害額を決定しなければなりません。
データを作成するには多大な時間が必要な場合が有りますのでご注意下さい。
又、会社関係で電子制御で製品を作成している場合其の工程での製品不良が出ますので何百万円の不良品の補償が必要となります。
要するに被害者が損害を立証すれば全て起因者が賠償する事が必要です。
尚、NO1の回答の様に電力会社は電力供給の義務がありますので損害賠償を盾に取り供給停止する事は絶対にありません、電力会社OB(損害賠償・法務担当)として一言申し添えます。

停電に拠る損害賠償は全て起因者が賠償する責務があります。
電力会社は自らの設備の不良、従業員等の過失に拠り停電を惹起した場合は電力会社が損害賠償をします。
但し、雷・台風・地震等の自然災害については補償はしません。
尚、電力会社は起因者に電力会社の被害額を請求します。
第三者(質問者の方の様な)の不法行為が原因で停電を惹起した場合は起因者の責任に於いて賠償しなければなりません。
例のパソコンの故障ですが全て最新の機種(停電補償システムが無い)と限りません(プログラムも旧タ...続きを読む

Q自作PCからの出火が原因で火事になる確立はどのくらいでしょうか?

私は今の自作PCを組んで1年半たちます。その期間、まったく問題なく使ってきました。結構酷使していて、動画編集やネットゲームや仕事などに使い、ほぼ1日中つけっぱなしにしている日も珍しくなく、起動するのが面倒だと感じ、つけっぱなしで外出したり、そのまま眠ったりもしています。面倒事が嫌いないい加減な性格が出ています。小まめな電源管理が正直苦手です。

とはいえそんな感じで使っていても、最近なんとなく不安になっていることは、長時間電源を入れっぱなしが原因でPCが出火し、最悪の場合、家が全焼しないだろうか?という考えが出てきました。1年半たっているので、そろそろPC内部に埃も結構溜まりました。先日、完璧とはいわずとも、ある程度綺麗に掃除しましたが、それでも不安です。典型的なアルミケースで周囲に燃えやすい物は置いていませんけど、やはり不安です。

家が全焼というのは、いささか飛躍すぎる考えですが、たとえばPCのアルミケースの中身(MBやHDD)が燃えたり焦げたりしても買い換えれば済むまでですが、小火でも家まで焼けるのはさすがに困ります。

自作PC派の方で過去に御自分のPCで出火した経験をお持ちの方はおりますでしょうか?人から聞いた話ではなく、その時の状況や、その時の対策などをお聞かせ願えれば幸いです。

ちなみにビックカメラで「過去に設置しているPCから出火した事例はありますか?」という質問をしたことがありますが、「一度もない」とのことです。これはメーカー製のPCの話だと思いますので自作PCとはまた事情が違ってくるかもしれません。

どうぞ、よろしくお願い致します。

私は今の自作PCを組んで1年半たちます。その期間、まったく問題なく使ってきました。結構酷使していて、動画編集やネットゲームや仕事などに使い、ほぼ1日中つけっぱなしにしている日も珍しくなく、起動するのが面倒だと感じ、つけっぱなしで外出したり、そのまま眠ったりもしています。面倒事が嫌いないい加減な性格が出ています。小まめな電源管理が正直苦手です。

とはいえそんな感じで使っていても、最近なんとなく不安になっていることは、長時間電源を入れっぱなしが原因でPCが出火し、最悪の場合、家が...続きを読む

Aベストアンサー

火花,発煙は経験ありますが燃え出した事はないです。
スパンと音がしてかすかに発煙。他は匂いがかなりの物でした。
長期不在時に電源入れたままという経験はありませんので通電時間は短いです。
私は基本的に鉄ケースですので火に投げ入れても燃える事はありませんが、アルミケースは燃え出したら燃えるのでちょっと怖いですね。
しかし、よほどの燃え方しないとそんな事にはなりませんのでどうやったらPCを燃やすことができるのかがよく判りません。
ちなみに私はPCが炎上したという事を見た事も聞いた事もありません。
(ノートPCは除く)
ノートPCではDELLのリコールバッテリーでかなり発熱する物があったので燃えるのを見てみようとビデオを準備してかなり根気強く観察したのですが、ものすごく熱くはなるもののなかなか発火せずで根気を失ってしまい素直にリコールに出してしまいました。
リコールバッテリーを計5本所有してましたが、リコール対象ではない物に比べて妙に寿命が短かったのと2本は発熱がかなりありました。

#1さんの言われてるトラッキング火災。
これは観察した事があります。
自宅UPS達が盛大に電源電圧低下警報をこっちで「ぴぃ~ぴぃ~」あっちで「ぴぃ~ぴぃ~」と合唱してたので何事!と家中を見ていくとキッチンの壁コンセントがまさに燃えはじめてました。
「おおぉ・・・こんなのめったに見られない」と1分くらい観察してるとコンセントそのものが焼け落ちそうになって延焼が危惧されたのでささってたコードをとりあえず引き抜きブレーカーを落として点検しました。
見てた最初は気楽にそのうち燃え尽きておさまるだろうと思ってたのですが、激しく燃え出しそうな状態に発展しつつありました。
事態に気がつかなければ家は燃え落ちてたと思います。
この時は、UPSによって救われたという感じです。
(私は別の階で何も気づかずに、のほほんとテレビ見てましたので)
UPS自体は長期間メンテナンスしてないとかの場合には、かなり危険な存在になります。
ビデオがスタンバイ状態なら一部始終を撮影して、かなり話のネタにできたのですが残念でした。
通常は直ちにブレーカーを切って電気屋さん(度合いによっては消防署)に相談する必要があります。
ちなみにそのコンセントは20年くらいプラグが刺さったままでかなり汚れていたはずです。
(屋外灯が繋がってました。)
元のブレーカは40年経過物で、マトモに動作するかどうかも怪しい代物です。

最初はぷちぷちと青白く控えめな火花を出しながら発煙してるだけですが、みるみるうちに変形(熱で溶け落ちる)しながら燃え上がります。
私の場合は消火の必要はなく、ブレーカを切った時点で自然に火は治まりました。
ブレーカ落としても消えなきゃ消火器を噴射する経験もしてみようと思ってたけど必要なかったです。
古くから挿しっぱなしのコンセントが有る方は、一度抜いてキレイに拭き掃除をした方が良いです。
見た感じはコンセント内ではなく外側で燃え始めてましたので、コンセントは表面の汚れをよくふき取るだけで良いと思えます。
プラグ側は全体をしっかりとふきふきする必要があります。

事後の状況ですが、コンセントまでの配線には絶縁低下や変色もなく先端の傷んだ部分だけ切り飛ばしてそのまま使用する事ができました。
コンセント部分とプレートは、もちろん新品に交換せざるを得ない状態でした。

火花,発煙は経験ありますが燃え出した事はないです。
スパンと音がしてかすかに発煙。他は匂いがかなりの物でした。
長期不在時に電源入れたままという経験はありませんので通電時間は短いです。
私は基本的に鉄ケースですので火に投げ入れても燃える事はありませんが、アルミケースは燃え出したら燃えるのでちょっと怖いですね。
しかし、よほどの燃え方しないとそんな事にはなりませんのでどうやったらPCを燃やすことができるのかがよく判りません。
ちなみに私はPCが炎上したという事を見た事も聞いた事...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング