10代の頃、冒険・スパイ小説にはまりましてハヤカワ書房の『冒険・スパイ小説・ハンドブック』 

http://www.ne.jp/asahi/mystery/data/Best/BOKEN.h …

なんかを参考にしてよくその類の小説を読んでいました。

最近『虐殺器官』 (伊藤計劃) を読みまして、
久しぶりに冒険・スパイ・SF小説をまた読みたくなりましが、
いかんせん面白そうな小説をどう探していいのか困りました。

1990年代以降の比較的最近のもので皆さんのお勧めの小説を教えてください。

過去に読んで面白かったもの

『ジャッカルの日』 『レッド・オクトーバーを追え』 『鷲は舞い降りた』
『シャドー81』 『大統領に知らせますか?』 『ナヴァロンの要塞』
『興奮』 『オデッサ・ファイル』 『大穴』 『ブラックサンデー』

などです。(『冒険・スパイ小説・ハンドブック』で探していたので古いものが多いです。 )

SFはあんまり読んだことはないんですが
『虐殺器官』がとても面白かったので冒険小説も好きな方の
お勧めSF(できれば1990年代以降のもの)も知りたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

★とりあえず、SFあたりを。



・マイク・レズニック
昔の作家ですけど、翻訳がなかなかでてこなくて。
「ソウルイーターを追え」「暗殺者の惑星」「サンティアゴ -はるかなる未来の叙事詩」
あたりは80年代に出版された作品ですが、冒険・スパイ小説がお好きなら、お勧め。
(SFなので普通の冒険小説やスパイ小説とは違いますが。)でも、古いので入手困難かも。
「スターシップ―反乱」「スターシップ―海賊」は2005~2006にでていますが、これもなかなかいいです。これは入手しやすい。
(「キリンヤガ」もいいのですが、冒険系とは違いますので今回はお勧めしません)

・谷甲州
80年代~90年代にSFを多数書いています。
「惑星CB-8越冬隊」や「カリスト-開戦前夜-」「エリヌス-戒厳令- 」等の航空宇宙軍史シリーズ等は好みに合うかも。
なお、この人は山岳小説や架空戦記ものも書いていますのでお好みにあわないものもありそうですので注意してください。

・野亜梓
この人も80年代くらいからの作家なので、あしからず。
「武装音楽祭」(1984)「五月ゲーム」(1992)あたりはお勧め。
特に後者は、テロリストにハイジャックされた宇宙船が、クーデター勃発中の惑星へ到着して、
その宇宙船に乗っているテロリストと敵対するグループに所属する主人公達(もテロリストだったりするけど)はどうすんの?というとんでもない設定なので。。。

・神林 長平
「戦闘妖精・雪風」「グッドラック」「アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風」
(最初の2作は古いです。)
敵は海賊シリーズ
少なくとも「敵は海賊・A級の敵」「敵は海賊・正義の眼」「敵は海賊・短篇版」あたりは、条件に合致するはず。

★冒険物は、A・マクリーン以上の人ってあまり思い浮かばないけど、
マイケル・クライトンなんていうのはどうでしょう?
(知ってます、といわれそうですが。)
「アンドロメダ病原体」が1969年。これは対象外でしょうが、「ジュラシック・パーク」「ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-」が90年代。「パイレーツ―掠奪海域」というのが2009年にでているようです。(これが最後かな。たしか、去年か一昨年お亡くなりになって、映画ジェラシック・パーク4が没になったはずだから。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

谷甲州は話がリアルそうで好みに合いそうです。
冒険・スパイ小説もどちらかというとリアルなものが好きです。

マクリーンの『ナヴァロンの要塞』は一級品でしたが他の作品は読んでいません。
『女王陛下のユリシーズ号』くらいは読むべきですね。
マイケル・クライトンは読んだことないです。
映画原作者のイメージが強くて。小説としても面白いのか興味あるところです。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/27 21:03

ベルリンの壁が崩壊して人々は自由を得たが、おかげでスパイは職を失


うはめに。このあたりは映画「ローニン」でも描かれていましたが
、現在でもスパイ小説作家としてかたちを変えながらも書いているのは
ル・カレぐらいでしょうか。レン・デイトンあたりはどうしているのだろう。

というわけで冒険小説から・・・

    クレイグ・トーマス「闇の奥へ」
 http://www.amazon.co.jp/%E9%97%87%E3%81%AE%E5%A5 …
当時はこちらの受け入れ態勢がよかったのか、大変おもしろかった。
登場する工作員ハイドとその上司の友情やら裏切りやら冒険小説としては
うまく描写されていたからか。

ところで今年は梅雨時から妙に暑いので、歯ごたえのあるものより、のど越しの
良さで選んでみますと・・・

     サイモン・カーニック「ノンストップ!」
  http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82 …

オーストラリアでビュンビュン飛ばしている、

    マシュー・ライリー 「アイスステーション」
     http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82 …
              「エリア 7 」
    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82 …
この二冊今検索したら絶版になってますね、う~む、困った。
機会があればということで。

これ、さきに言っておいたほうがよいと思われるので言いますが、
おおいに好き嫌いが分かれるのじゃないでしょうか。
 
 
    • good
    • 0

1980年代に条件を緩めていただくことで、愉しめたものでは、


ダン・シモンズ「ハイペリオン」四部作
クリストファー・プリースト「逆転世界」
ジーン・ウルフ「新しい太陽の書」四部作
ビアズ・アンソニイ「魔法の国ザンス」シリーズ
夢枕獏「上弦の月を食べる獅子」
半村良「岬一郎の抵抗」
荒俣宏「帝都物語」
川又千秋「幻詩狩り」

この「過去に読んで面白かったもの」リストからして、かなりの読み込みをされていらっしゃることが窺えます。
次のような作品はいかがでしょうか。
ギャビン・ライアル「深夜プラス1」
ハモンド・イネス「キャンベル渓谷の激闘」
ミッチェル・スミス「ストーン・シティ」
ライオネル・ディビッドスン「シロへの長い道」
デズモンド・バグリイ「高い砦」
ジャック・ヒギンズ「脱出航路」
ダンカン・カイル「氷原の檻」
ジョン・ボール「航空救難隊」
スティーブン・ハンター「ダーティホワイトボーイズ」

二つの戦争とそれに続く冷戦という時代の裏付けを失った頃から、急速に冒険・スパイ小説は移ろいで行かざるを得なかったのでしょう。
日本ではその後、とりわけ隆慶一郎以降には時代小説へと移行しており、北方謙三「水滸伝」や佐伯泰英「密命」シリーズなど幅広い読者層を獲得しています。漫画やTVドラマで人気の「JIN-仁-」のように人は皆古き良き時代へのタイムスリップを求めているのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お勧めの中では「脱出航路」「深夜プラス1」だけ読んでいます。
ヒギンズは大好きです。「深夜プラス1」はあまり好みではありませんでした。
デズモンド・バグリイ「高い砦」は何度か読もうとしてまだ手にしていません。
必読ですね。

たしかに現代における冒険・スパイ小説は難しいのかも知れません。
それゆえにSF的世界観の中での冒険・スパイものにいま自分が興味を
持っているのかもしれません。
たくさんのご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/27 21:15

SFと言えば、真っ先に思い浮かぶのがポーランドの作家スタニスワフ・レムです。



一番有名なのはタルコフスキーによって『惑星ソラリス』として映画化された『ソラリスの陽のもとに』です。(映画もすばらしいです。)

ちょっと、いやかなり古いのでご指定の90年代以降のもとは離れてしまうのですが、ぜひ読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『ソラリス』は名作として有名ですね。映画の方も見てないのですが
興味ありました。(ソダーバーグの方はあんまり評判よくないですね)
原作から読んでみたいですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/25 19:01

> 冒険小説も好きな方のお勧めSF(できれば1990年代以降のもの)も知りたいです。



近頃読んだ中では、月と地球が舞台の近未来SFサスペンス
▼フランク・シェッツィング「LIMIT」1~4、ハヤカワ文庫NV(1220~1223)、2010年
  http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/3 …
が大変おもしろかったです。

同じ著者で最初に発行されたのが近未来の海洋SFサスペンス
▼「深海のYrr」上中下、ハヤカワ文庫NV(1170~1172)、2008年
  http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/3 …
ですが、これがめっぽう面白かったため上記「LIMIT」も読んだものです。

どちらも結構な分量がありますが、読み出すとぐいぐい引き込まれてしまいました。お薦めです。

なお同じ著者の翻訳サスペンスがハヤカワから他に3作品出ていまして、こちらはSFではなくまだ読んでいませんが、たぶん同様に面白いのではないかと思うので、そのうち読もうと思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『深海のYrr』は題名を小耳に挟んだことがあります。
ドイツ人の作家の本って読んだことないかもしれません。
新鮮かもしれませんね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/22 21:33

 最近古本屋をあさると、昔のハヤカワのハードカバーミステリが捨て値で売られているので、この際だから、読み損なった本を探すのも手。


 ワテが今読んでいるのは、レイ・デイトンの「ベルリン・ゲーム」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハヤカワのハードカバーのそんな扱いが目に浮かびます…。
冒険小説とかはやっぱり近頃は下火なんですかね。
古本屋は近所にいっぱいあるんで冒険・スパイ小説目当てで行くと
色々ありそうですね。意外と盲点でした。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/22 21:38

冒険小説では、トレヴェニアン『シブミ』の続編をドン・ウィンズロウが執筆した『サトリ』が今年上半期の注目作品。



ウィンズロウは過去複数回、日本冒険小説協会賞を受賞。

日本冒険小説協会賞受賞作を検索して参考にするとよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

トレヴェニアン『シブミ』は何度か読もうと迷ったことがありますが未読です。
日本冒険小説協会賞は参考になりそうですね。
受賞作には好きな作品もあまり合わなかった作品もありますね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/22 21:21

福井晴敏「亡国のイージス」「終戦のローレライ」「真夏のオリオン」


http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search …
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search …
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search …
今野敏「特殊防諜班」
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search …
佐藤大輔「皇国の守護者」
http://www.c-novels.com/book/500525.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「亡国のイージス」は読んだことあるんですが途中で止まってしまいました。
福井晴敏はちょっとタイプじゃないかもしれません。
今野敏、佐藤大輔は全く未知ですが興味持ちました。
特に佐藤大輔はマニアックな匂いがプンプンしますね。
はまるかも知れません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/22 21:14

こんにちは。



レッドオクトーバーが面白かったのなら、トム・クランシーの他の作品も読んでみたらどうですか?但しジャック・ライアンシリーズに限りますが・・・あと同じクランシーのレッドストーン・ライジング(第三次大戦ものですが)も近未来小説としては面白いかもですね。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

トム・クランシーは『愛国者のゲーム』、『いま、そこにある危機』も読みました。
『オクトーバー』が1番好きでしたが映画の影響もあるかもしれません。
ベストセラーを原作にした映画では珍しくよくできていましたよね。
ジャック・ライアンて大統領にまで上り詰めてるんですね。知らなかった…。
『レッドストーム・ライジング』はテーマが壮大で面白そうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/22 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実写映画『ジョジョの奇妙な冒険』見たいですか?

実写映画『ジョジョの奇妙な冒険』にファン不安「テラフォーマーズ化が心配」
http://sirabee.com/2016/09/28/169497/

「ジョジョの奇妙な冒険」第4部が実写映画化ァァー!!!
http://natalie.mu/comic/news/203424

『ジョジョの奇妙な冒険』第四部の実写映画化の話がありますが、見たいですか?

Aベストアンサー

出演依頼した俳優のプロモーションビデオにならず、原作を忠実に再現しようとしすぎて下手なコスプレのようになってなければ。

マンガ原作だと前者の問題がありますし、非現実的な作品だと後者の問題があります。
2次元だから違和感なく受け入れられるデザインってモノがあるんですよね…。

Q面白くて感動できる冒険小説

 最近、冒険ものの小説が好きなのかな?と思い始めました。宮部みゆきさんや恩田陸さんの小説が好きなので、いろいろ読んでいたら、宮部みゆきさんの「ブレイブストーリー」や恩田陸さんの「上と外」を読んで、とても面白く、感動しました。
 女性の作家さんの小説が好みなんですが、何か面白く、感動できる「冒険もの」の小説を教えてください。
 「冒険もの」でなくても、面白いミステリーで感動できる小説をご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

私も恩田陸さんの『上と外』を丁度今読んでいて、とても楽しんでいます。
もうすぐ日本でも映画が公開されるフィリップ・プルマンの『ライラの冒険』シリーズ(『黄金の羅針盤』『神秘の探検』『琥珀の望遠鏡』)は男性作者の作品ですが、「冒険もの」で、3部作全部を読み終わるととても感動的なお話だと思います。いわゆるただのファンタジーや児童小説に収まりきらない深い内容を持っていて、読み応え十分です。
http://www.amazon.co.jp/黄金の羅針盤?ライラの冒険シリーズ〈1〉-フィリップ・プルマン/dp/4105389017/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1196207313&sr=1-3

あとはもう少し児童向けになってしまいますが、浜たかやさんの『龍使いのキアス』は長さの割に内容が充実していて、その独創的な世界観に引き込まれてしまう作品です。
http://www.amazon.co.jp/龍使いのキアス-浜-たかや/dp/4037444100/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1196207151&sr=1-1

女性作者のものも挙げておきます。小野不由美さんの『十二国記』シリーズは、始めは設定をつかむまでに時間がかかるかもしれませんが、一旦設定を覚えると世界観がしっかりと描かれていることに感嘆させられます。主人公と共に冒険をする気分にさせてくれる本です。
http://www.amazon.co.jp/月の影-影の海〈上〉十二国記-講談社文庫-小野-不由美/dp/4062647737/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1196207201&sr=1-2

私も恩田陸さんの『上と外』を丁度今読んでいて、とても楽しんでいます。
もうすぐ日本でも映画が公開されるフィリップ・プルマンの『ライラの冒険』シリーズ(『黄金の羅針盤』『神秘の探検』『琥珀の望遠鏡』)は男性作者の作品ですが、「冒険もの」で、3部作全部を読み終わるととても感動的なお話だと思います。いわゆるただのファンタジーや児童小説に収まりきらない深い内容を持っていて、読み応え十分です。
http://www.amazon.co.jp/黄金の羅針盤?ライラの冒険シリーズ〈1〉-フィリップ・プルマン/dp/41...続きを読む

Qおすすめの異世界冒険ファンタジー映画

ハリーポターシリーズ
ライラの冒険
ナルニア国シリーズ
エラゴン
 以外 で、主人公は人間で異世界に迷い込んでしまうという映画でその中から面白いと思った映画を教えてください。

Aベストアンサー

エンバー
ラストキングダム
ネバーウェア
ドクター フー
プリンス オブ ペルシャ
カラー オブ ハート
ミラー マスク
フォール 落下の王国
アバター
エアベンダー
Dr.パルナサスの鏡
パンズ ラビリンス
タイム ライン
モンキー ボーン
13F
ポーラー エクスプレス
ベッドタイム・ストーリー
ツバル
アデル
などは いかがでしょう。
ファンタジー というより SF、
迷い込んではいない ものも
含まれてしまいました。

Qスパイ小説

 007などで有名な諜報機関MI6やMI5、などスパイを主人公としたおもしろい小説があったら教えてください。
 海外、国内問いません。

Aベストアンサー

先程、もう一つの質問にも書き込み致しましたがフレデリック・フォーサイスがお薦めです。と言うか彼の小説以外にこの条件にピッタリなのは無いと思います。
私の大好きな作家で、面白いと言えばキリが無く、ハズレは無いです。私個人の趣味では「第四の核」などがお薦めで、特にMI5・MI6に拘るなら「騙し屋」からのサミュエル・マクレディシリーズなんかが良いと思います。
ですが殆どの主人公はどちらか所属の人間で、全作お薦めしますし、病み付きになること保証します(笑)。

Q【映画】ホビット/思いがけない冒険で登場する剣

映画のホビット/思いがけない冒険で
ビルボ・バギンズがガンダルフから手渡されるようなフォルムの剣は
現実のなんという名の剣をモチーフにしているのでしょうか?

Aベストアンサー

見たところ、ダガーが一番近いと思います。
両刃ですが、小型で威力もあまりないため、携帯用や主に最後にとどめをさすなど補助的に使われていました。

ビルボの剣は元々エルフのもので、エルフも同じように補助的に使っていたのでしょう。
でも大きさがホビットが使うのにちょうど良いサイズだったので 笑
エルフが鍛えた剣ですから、人間が作ったのよりは切れ味もいいのだと思います。
オークが近づくと光るっていうおまけ付きですし。

Qロシアのスパイ小説

ロシア人が描いたスパイ小説を探しています。今絶版になっている本で
も構いませんので、知っていたら是非紹介してください。


(これより下の2つの質問は、付随的なものです。上の質問に答えてく
ださった方で、下のことを知っていたら答えてくれると嬉しいです)


ロシアのスパイ小説って、あまり翻訳されてないのでしょうか。自分の
探し方が下手なのかもしれないのですが、なかなか見つかりません。

最近、旧ソ連の元KGB諜報員がスパイ小説を描いて、そのあまりのリ
アリさにちょっとした国際的話題になったニュースを見た記憶があるの
ですが、その人の本って日本でも出版されてるのでしょうか。(かなり
抽象的な情報しかなくて、すみません)

Aベストアンサー

ソビエト時代は、庶民の日常がそのまま「密告」の恐怖が横行していた時代だと解釈しております。
そういう中でのほほんと架空の「スパイ小説」など楽しめる、否「書く」こと自体発想はなかったのではないでしょうか?
(即投獄されると思います)
いちどフリーマントルのフィクションを読んでご覧になっては?
あるいは、ジョン・ル・カレを。

Qジョジョの奇妙な冒険を映画化するとしたら?

最近漫画が映画になること多いですよね。もし「ジョジョの奇妙な冒険」を映画化するとしたらどの部(またはエピソード)が一番いいと思いますか?私は映像で見るなら5部が一番かな、と思ってます。
また、キャストは誰がいいですか?国籍は問いませんので、このキャラにはこの俳優!とみなさんが思う人を教えてください。他、映画化するとしたらこういう点に注意してほしいな~、というところがあればそれもお願いします。

Aベストアンサー

僕はドラマ形式でやるなら4部、映画化するなら
3部、5部、1部あたりが良いと思います
6部は確かに映像化すると面白そうだと思うんですが
ちょっとまとめきれない所がありそうですね…
(関係無いんですが4部一番好きで、好きな主人公は
ジョルノです)
仮に三部を映画化するとしたら
承太郎  ティムロス
ポルナレフ トムハンクス
アブドゥル エディマーフィ
ジョセフ  ハリソンフォード
イギー 犬
花京院 キアヌリーブス
DIO ブラッドピット
何億かかるんだこの映画

Q結末でびっくりするSF小説

カート・ヴォネガット・ジュニアの『タイタンの妖女』を読みました。

ラストで、むなしいと言いますか、何とも言えない気持ちを持ちましたが、
あっと驚いたのも事実です。

推理小説では、ラストにどんでん返しというか、びっくり仰天する小説を
何冊も読んでいるのですが、SF小説はほとんど読んでおらず、
SF小説ならではの驚きがあるもんだなぁ~としみじみ思いました。(u_u*

そこで、SF小説で『ラストでびっくりする』もしくは『ああ、そういうことなのか~』
と、しみじみ思うようなSF小説ってどのようなものがあるのかな?と思いました。

もし、この手のSF小説があれば教えて頂けないでしょうか?

ちなみに、今まで読んだことがあるのは、
ハインライン『夏への扉』
アシモフ『銀河帝国の興亡』
くらいです。

よろしくお願い致します。<(_ _)>

Aベストアンサー

「星を継ぐ者」ジェイムズ・P・ホーガン おすすめします。
「ガニメデのやさしい巨人」「巨人たちの星」と3部作になっています。
古い本ではありますが、新聞の書評で興味を持ち読んでみました。まさにSF的『ああ、そういうことなのか~』でした。
図書館で借りたので、今手元にないのですが是非また読みたいと思える本です。

Q昔の映画「冒険者達」の情報とゴダールの映画の情報

昔の洋画「冒険者達」のタイトルの英語名、監督、主演俳優などを教えて下さい。
またフランスのゴダール監督の映画で「きちがいピエロ」という作品がありますが、その英語名も教えて下さい。そのほかのゴダールのタイトルとその英語名も教えて下さい。

アメリカに留学中の娘が昔のヒッピーに興味を持ち、英語版の映画ビデオを買いたいらしいのですが、タイトルやその英語名がわからなくて、困っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「冒険者たち」
英語タイトル:The Last Adventure
監督:Robert Enrico
主演:Lino Ventura,Alain Delon,Joanna Shimkus
※現在アメリカでのビデオ発売なし
http://us.imdb.com/Title?0061376

「気狂いピエロ」
英語タイトル:Crazy Pete とか Pierrot Goes Wild というのが当時使われたようですが、原題の"Pierrot le fou"でビデオは流通しているのではないでしょうか。
http://us.imdb.com/Title?0059592
その他では
「勝手にしやがれ」→"Breathless"※リチャード・ギアのと間違えないように。
「女は女である」→"A Woman Is a Woman"
「軽蔑」→"Contempt"
「女と男のいる舗道」→"My Life to Live"
「彼女について私が知っている二、三の事柄」
 →"Two or Three Things I Know About Her"
「恋人のいる時間」→"A MARRIED WOMAN"等々
以下のURLでも確認できます。
http://us.imdb.com/Name?Godard,+Jean-Luc

「冒険者たち」
英語タイトル:The Last Adventure
監督:Robert Enrico
主演:Lino Ventura,Alain Delon,Joanna Shimkus
※現在アメリカでのビデオ発売なし
http://us.imdb.com/Title?0061376

「気狂いピエロ」
英語タイトル:Crazy Pete とか Pierrot Goes Wild というのが当時使われたようですが、原題の"Pierrot le fou"でビデオは流通しているのではないでしょうか。
http://us.imdb.com/Title?0059592
その他では
「勝手にしやがれ」→"Breathless"※リチャード・ギアのと間違えないように。
「女...続きを読む

Qミステリーかスパイ物、文庫で面白い小説

ミステリーやスパイ物など、どんどん読み進んでしまうような小説で、
ハヤカワ文庫や新潮文庫のような「文庫」で、面白いものを教えてください。

Aベストアンサー

 最近、読みたい本が多くて『積ん読』状態が多く、海外ミステリーを読む機会が減ってきてしまって、少しあせったりもしているのですがぜひお勧めの作家を三人だけ・・・。

1.レイモンド・チャンドラー
 あの名探偵フィリップ・マーロウの産みの親です。一番のお勧めはやはり『長いお別れ』(ハヤカワ文庫)です。他に『大いなる眠り』(創元推理文庫)、『かわいい女』(創元推理文庫)、『さらば愛しき女よ』(ハヤカワ文庫)などhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4150704511/sr=1-1/qid=1163095156/ref=sr_1_1/250-5486235-4296268?ie=UTF8&s=books

2.スコット・トゥロー
『推定無罪』(文春文庫)、『立証責任』、『われらが父たちの掟』、『囮弁護士』などhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4167527073/sr=1-16/qid=1163095454/ref=sr_1_16/250-5486235-4296268?ie=UTF8&s=books

3.ネルソン・デミル
『将軍の娘』(文春文庫)、『アップ・カントリー 兵士の帰還』(講談社文庫)、『王者のゲーム 』、『ニューヨーク大聖堂』など
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062750899/sr=1-4/qid=1163096430/ref=sr_1_4/250-5486235-4296268?ie=UTF8&s=books

 いずれも単なる推理サスペンス小説に収まりきれない文学的面白さも備えた作品だと思います。

 最近、読みたい本が多くて『積ん読』状態が多く、海外ミステリーを読む機会が減ってきてしまって、少しあせったりもしているのですがぜひお勧めの作家を三人だけ・・・。

1.レイモンド・チャンドラー
 あの名探偵フィリップ・マーロウの産みの親です。一番のお勧めはやはり『長いお別れ』(ハヤカワ文庫)です。他に『大いなる眠り』(創元推理文庫)、『かわいい女』(創元推理文庫)、『さらば愛しき女よ』(ハヤカワ文庫)などhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4150704511/sr=1-1/qid=1163095156/ref=...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報