【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

250ページの小説なら、400字つめ原稿用紙何枚分でしょう?

A 回答 (3件)

ライトノベル以外の新人賞で、受賞後に出版を前提にした賞で、作品の長さが400字詰め原稿用紙で300~500枚という規定になってるんじゃないでしょうか。



今、試しに、過去に新潮社の日本ファンタジーノベル大賞に応募して二次審査で落選した作品で調べてみました。
私の応募作は400字詰め原稿用紙に換算して500枚の作品です。
ワープロで、新潮社の文庫本の1ページ42文字18行に合わせてみると322ページになります。

ここから逆算してみると、250ページの書籍の作品なら、400字詰め原稿用紙で388枚というところでしょうか。

ただし、私の応募作のように地の文が詰まった文体の作品を、1ページ42文字18行で印刷したときという前提です。
改行が多かったり、文章の間に空白の多い文体の作品や1ページの文字数が違うとその数字も違ってきますよ。
    • good
    • 0

ざっと、原稿用紙1000枚分です。



例えば、会話部分を
「やめろー!」
「ばかぁ!、なんで死にに来るの」
状況説明2行
「あなたは何にも知らないのよ、・・・」
「こうでもしなきゃ、貴方を自由には、できない」
などと、下部空行化や、
挿絵挿入すると、600枚とかでしょう。

なお、上の小説は気に入っているキンドル版の
「穣太郎伝」の一部です。
    • good
    • 0

本によって1行あたりの文字数や1ページあたりの行数等が異なるので、ページ数だけでは判断が難しいでしょう。


1ページに上下二段組みの本などもあるので。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング