ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

非課税者でも修正申告はできるのでしょうか。
市県民税が安くなるかもしれないよと聞き
役所の窓口で尋ねると、非課税なので何もないですと言われました。
合っていますか?どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

所得税と住民税では基礎控除額(所得税38万円、住民税33万円)が違います。


所得額がこの5万円の差で所得税は非課税、住民税は課税となることがあり、確定申告時にどうせ所得税は0円だからと余分な控除(生命保険控除等)を申告しなかったりすると住民税は課税対象となる可能性があります。
この場合は、所得税額に変わりがなければ住民税の申告だけを再度行えばいいはずです。

>役所の窓口で尋ねると、非課税なので何もないですと言われました。

この応答からすると、住民税も非課税なので何もしなくてもいいということだと思います。

この回答への補足

ゼロ(0)だと言われました。
恐らく、課税か非課税かの区分を指したのだと思いましたが。
わかった振りをせず、きちんと説明して貰えばよかったです。
申告時に提出しても、現在提出しても変わらないと言われましたので
退散しました。

因みに、提出したのは【社会保険料控除用】で
国民健康保険税納付済額は24,900円でした。

スペックの低いはなしで恐縮です。

補足日時:2011/07/01 12:42
    • good
    • 0

>非課税者でも修正申告はできるのでしょうか…



「修正申告」というのは、いったん提出した確定申告書の内容を、所得税が増える方向で訂正することをいいます。
したがって、納税額ゼロで申告書を提出したものを、100円でも追納しますという修正申告は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>市県民税が安くなるかもしれないよと聞き…

話がかみ合いません。
もともと非課税なら、それ以上安くなることはあり得ません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

修正申告で何らかの納税が安くなるとばかり思っていました。

話、かみ合わず当然ですね。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/01 00:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q申告納税額に変化ない場合、確定申告の修正申告は必要ですか

前年の収入先を、3つのうち1つを入れ忘れて確定申告してしまいました。
忘れた分の源泉徴収票では収入47万円(所得控除後の金額は38万円)ほどで、源泉徴収税額は0円です。
もともと2つの収入先で申告したとき、所得よりも控除のほうが大きく上回り、申告納税額は0円で、源泉徴収された所得税の還付を受け取る予定でした。
今回入れ忘れた3つめの収入を足して再計算したところ、大赤字が小赤字になったくらいで、申告納税額は0円に付き、還付金も変化ないです。このような場合、私は修正申告する必要ありますか?

また、私の収入が増えたことで夫につけていた配偶者控除が外れるのですが、夫も、もともと大赤字だった為、納税額は変化ありません。夫のほうの修正申告は必要でしょうか?

どうか教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

修正申告が必要になる場合というのは、
1)確定申告書の提出によって「納める税金」として記載した税額に不足があるとき
2)確定申告書に記載した「純損失などの金額」が多かったとき
3)確定申告書の提出によって、「還付される税金」として記載した金額が多かったとき
4)確定申告書の提出によって、納める税額があったにもかかわらず「納める税金」として税額を記載しなかったとき

という要件があります。

ご質問の場合は税額が変わらないということですので1には該当しないかと思われます。
ただしご質問者様が青色申告で損失の繰越控除を受ける場合には2に該当することになりますので修正申告が必要になります。

ご主人の方も同じことが言えるかと思いますので、お二人とも白色申告で繰り越す赤字がないということであれば、提出の必要がないということになります。

Q配偶者控除の修正申告 住民税の額?

平成25年分の源泉です。確定申告は3月に終わったので、だめかと思ったのですが、12月までなら、修正申告が出来るようなので教えてください。

私(妻)の収入が135万未満だったので、配偶者の控除が11万受けられたようです。
夫の源泉を見ると、住宅ローンの控除がおおきくて、所得税は0です。
しかし、6月に確定した住民税は金額が挙がっています。
この住民税の控除が私の135万未満の収入によって控除できるのなら、修正申告したいと考えていますが、どうでしょうか?

夫の課税証明を取ってみると、現在「配偶者特別」の欄は0になっています。
市民税は、所得割「59400」均等割「3500」
県民税は、所得割「39600」均等割「2000」です。

修正申告した場合、住民税の課税証明の下記の金額はどう変わりますか?
「配偶者特別」「市民税の所得割及び均等割」
「県民税の所得割及び均等割」

Aベストアンサー

>確定申告は3月に終わったので、だめかと思ったのですが、12月までなら、修正申告が出来るようなので教えてください。
いいえ。
来年でも大丈夫です。
5年以内なら大丈夫です。
なお、「修正申告」とは税金を納め足らなかった場合にする申告で、税金還付の場合は「更正の請求」という手続になります。

>夫の源泉を見ると、住宅ローンの控除がおおきくて、所得税は0です。
それなら、役所へ「住民税の申告」をすればいいでしょう。
いつでも申告できます。
ご主人の源泉徴収票、ハンコを持って役所に行ってください。
今後、給料から引かれる住民税が安くなります。

>修正申告した場合、住民税の課税証明の下記の金額はどう変わりますか?
配偶者特別控除 → 11万円
市民税(所得割) → 52800円
県民税(所得割) → 35200円   
なお、均等割は変わりません。

Q税務調査 追徴課税500万! いくら脱税したわけ?

友人の個人事業の会社の話なのですが
税務調査での追徴課税で500万の請求がきたそうです

内容は仕事を他の会社にまわしていて
まわしたことでの手数料を帳簿につけていなかったそうです

その分が3年ほど追徴課税できたとのことでしたが
他の知り合いに話をしたところ「個人事業での500万の追徴課税は大きい脱税だったんでは?」
と言っていました

この場合には友人の個人事業はいくらの脱税をしたことになるのでしょうか?
おおよその金額でいいので教えてください

Aベストアンサー

税務調査の判断基準がありますので、税額で500万円追徴課税されたということであれば、5000万円~3000万円の脱税となります。

過去3年間で、税額500万円であれば、加算税・延滞税・市県民税・健康保険税、総額で800万円を超える追徴税額ということになります。

たぶん、今後事業継続は不可能かと思われます。

税務署によってある程度基準がありますが、1年間に2000万円以上所得をごまかしたりすれば、その個人事業主は、永久管理対象者とされます。


人気Q&Aランキング