人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

グローバル化の明と暗についての小論文を書かなければならないのですが、なかなか考えが浮かびません。どのようなことを書いたら良いのかアドバイスして(教えて)ください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もグローバル化の利点・欠点について少しあげてみます。



<利点>
海外の様々な商品が国内で買えるようになる。
海外(東南アジアなど)で生産することで人件費を抑えることが出来る。⇒安く売ることが出来る(ユニクロなど)
知識の共有が出来る。⇒海外の様々な技術を取り入れることが出来る。
日本の文化を海外にアピールすることが出来る。
日本独自の技術を海外にアピールすることが出来る。⇒経済活性化にもつながる。
外国からの観光客・留学生等の増加

<欠点>
安い商品が大量に輸入されることによる国内産業の衰退
海外の文化が急激に輸入されることによる国内文化の衰退(日本の独自性が薄れる)
外国人犯罪の増加
外国人との文化・習慣等の違いによる混乱の発生

ざっとすぐに思いつくのをあげてみました。参考になったら幸いです。
    • good
    • 7

グローバル化とは物事を地球規模で考えたり、売ったり買ったり、人材を世界に求めたり、工場や販売拠点をワールドワイドな視点から必要なところへ設けていくことです。



従って先ずグローバル化する目的物を明確にする必要があります。何をグローバル化をするかです。目的が決まったら、その実態を時系列的に調べ、現状を分析し、今後何を
どのようにグローバル化すべきか検討。

その過程で自ずからそのものをグローバル化することでどのような利点があり、欠点(短所)があるか見えてくると思います。例えば製造業の場合、中国等に進出すれば製造コストは下がるが、国内において空洞化が起こったり、技術が早く流出するマイナス面が浮かび上がってきます。
人材のグローバル化では優秀な頭脳が流出し、流入の法は
国内の遅れた法律や生活習慣の違い、物価の違いなどから
思うように進まなくなる恐れがあります。日本人のグローバル化が遅れているので一方通行になる可能性が大です。

インターネットで調べればいろいろな業界の実例が見つかると思いますよ。

参考URL:http://www.academyhills.com/gijiroku/27/27_7.html
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小論文の添削をお願いします

小論文としてきちんと書けているか(合格レベルであるか?)を添削お願いできないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。題は「グローバル化」です。

世界中でグローバル化が進み、各国の文化が抑圧されているという批判がある。しかし、我々は文化の多様性よ
りもグローバル化をまず重視するきである。

確かに、アメリカ的な文明が世界に広がり、各地域の独自文化が抑圧さている問題がある。ファーストフードや
ハリウッド映画などが広まり、自国文化が脅かされているという考えもあるだろう。だが、グローバル化にはそ
れ以上のメリットがあるのである。

発展途上国にとって、グローバル化は経済発展のチャンスである。このチャンスを生かし、世界の工場となった
中国がよい例だ。経済がグローバル化すると、新たな市場として期待できる国には世界中から資本が集まる。そ
の結果、その国の経済が発展し国民の生活水準も上がるのである。また、グローバル化は必ずしも文化の多様性
を否定はしない。むしろ自国文化を世界に発信する機会ともなるのだ。グローバル化の波に乗り、世界的に認知
度が高まった日本のアニメ文化も一つの例である。伝統的な価値に固執しすぎて、グローバル化という現実を拒
絶していると、経済発展や自国文化を世界に伝える機会を逃すことになりかねない。

よって、文化の多様性よりも、まずはグローバル化のメリットを我々は理解するべきである。

小論文としてきちんと書けているか(合格レベルであるか?)を添削お願いできないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。題は「グローバル化」です。

世界中でグローバル化が進み、各国の文化が抑圧されているという批判がある。しかし、我々は文化の多様性よ
りもグローバル化をまず重視するきである。

確かに、アメリカ的な文明が世界に広がり、各地域の独自文化が抑圧さている問題がある。ファーストフードや
ハリウッド映画などが広まり、自国文化が脅かされているという考えもあるだろう。だが...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
すみませんが、ANo.3のお礼で次のようにお書きになっているのを、私は先程まで知りませんでした。

------------------------------
この小論文には課題文があり、(グローバル化により、イスラム圏の文化が抑圧され、その結果テロが起こっている。そのため、文化の多様性を尊重しなければならない。)という内容です。
その後、問いで「グローバル化する世界での文化の多様性」についてのべよ。という問題でした。
------------------------------

こうなると、書くべきことはある程度制約を受けるでしょう。上記括弧内の課題文の要約が正確ならば、出題者の問いは次のようなことになると思われます。

グローバリゼーションの進展に伴って文化摩擦やその結果として国際紛争が生じている現実を踏まえた上で、グローバリゼーションと文化の多様性の関係について述べなさい。

すなわち、グローバリゼーションそれ自体は最早何人も避け難い時代の潮流とした上で、その中でいかにして異文化同士の摩擦・紛争を回避すべきかの方策を求めていると考えられます。そうだとすれば、グローバリゼーションそのものの是非や、それがもたらす経済効果の話などをいくら書いても、出題者の立場からは「私が求めているのは、そういうことではない」ということになりそうです。課題が示されている以上、それを外していかに整然と持論を展開しても合格点は期待できないと思います。

蛇足になりますが、論文問題の正解は一つではありません。本問で言えば、どうすればグローバル化の流れと文化の多様性維持とを上手く調整して行けるかという点についての考え方は、十人十色です。したがって、それは各解答者が自分の思う通りに述べて差支えない筈です。
もっとも、そうは言っても多くの場合は相互理解と尊重というような話にならざるを得ないとは思いますが‥。
なお、文化審議会の下記資料なども参考になると思います(* このように書くべきだという意味ではありません)。

文化審議会 文化政策部会 文化多様性に関する作業部会第5回会合[資料1]-2
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/019/04120201/001/002.htm

もう一点‥
アニメ文化ももちろん文化には違いありませんが、これは少なくとも日本の固有文化とは言えません。日本産のアニメが他国で好評を博しても、それで日本という国が理解されるかと言えば、疑問だと思います。

こんにちは。
すみませんが、ANo.3のお礼で次のようにお書きになっているのを、私は先程まで知りませんでした。

------------------------------
この小論文には課題文があり、(グローバル化により、イスラム圏の文化が抑圧され、その結果テロが起こっている。そのため、文化の多様性を尊重しなければならない。)という内容です。
その後、問いで「グローバル化する世界での文化の多様性」についてのべよ。という問題でした。
---------------------...続きを読む

Qグローバル化によるメリット、デメリット。

こんにちは。

グローバル化とは具体的にどうゆうことですか?

メリット、デメリットはなんですか?

中学生なので、分かりやすく教えてくれるとうれしいです。

Aベストアンサー

基本的には、「『国内』と『国外』を同じ感覚で扱えるようにすること」です。
 国内に工場を作るのと同じ感覚で国外に工場を作る。
 国内の製品を買うのと同じ感覚で国外の製品を買う。
 国内の人を雇うのと同じ感覚で国外の人を雇う。
 国内の大学に入るのと同じ感覚で国外の大学に入る。
・・・等、いろいろあります。

世界的にはグローバル化を進めようと言う方向で動いています。その理由は、「国と国の間の格差・差別を無くすこと」自体が理念として意義があるためですが、そうすることによって「経済が合理的に動き、生産性が上がる(=同じ価値のものをより安い値段で手に入れることができる)」と言う効果を期待している人も多いです。日本で言うと、織田信長が楽市・楽座の政策を取ることで領地の経済力を高めたやり方と似ています。この辺がグローバル化のメリットと言えるでしょう。

デメリットは、過渡的に、大きな利害の変動が生じることです。例えば、海外で工場を作る方が製品を安くつくれるから企業が工場を海外に移すと、国内の工場で働いていた人達は失業します。また、そもそも政治体制が異なる状況でグローバル化を進めても混乱が増えるだけだと言う意見もあります。欧州のギリシャやスペインの危機は、国家体制が異なるのに、通貨(ユーロ)だけ先にグローバル化してしまったために、生じた問題です。更に、そもそも文化が異なる中で、本当に「差を無くす」と言うのができるのかと言う悲観論もあります。近年の西欧社会とイスラム教文化の摩擦(フランス国内で起こっているブルカ(イスラム教の女性が被るベール)の禁止騒動)などがそれに該当すると思います。この辺が、デメリットと言うか課題であると思います。

基本的には、「『国内』と『国外』を同じ感覚で扱えるようにすること」です。
 国内に工場を作るのと同じ感覚で国外に工場を作る。
 国内の製品を買うのと同じ感覚で国外の製品を買う。
 国内の人を雇うのと同じ感覚で国外の人を雇う。
 国内の大学に入るのと同じ感覚で国外の大学に入る。
・・・等、いろいろあります。

世界的にはグローバル化を進めようと言う方向で動いています。その理由は、「国と国の間の格差・差別を無くすこと」自体が理念として意義があるためですが、そうすることによって「経済が...続きを読む

Q小論文(グローバル化)

何度も質問してすみません。訂正します。

大学から来た小論文の課題で困っています。
内容は、まず資料を読んで解答する形で、問題文が
「グローバル化は、欧米的なシステムで、特にアメリカ的なシステムで世界を統合しようとする動きとして強く表れている」と述べている。「9・11」をそのようなグローバル化への抵抗と見る見方もある。
このように、グローバル化が問題となる局面が出てくるのはなぜか。その原因と背景を具体例を挙げて分析したうえで、グローバル化が進む中で私たちはどのようのに対応していけばよいか。
600字以内で述べよ。

という課題です。


私は、「文化」を例として書きたいのですが、
その問題点、原因と背景、解決策がよくわかりません。
また、パソコンで調べていても参考になる資料がありません。
何かアドバイスを下さい。
こんな未熟な私を助けてくださると幸いです。

Aベストアンサー

アメリカの心情を理解する事が肝要かと思います。

アメリカは、圧倒的な力を持ってして世界に影響力を放っているという事を示したいし、アメリカが偉大である事を認めてもらいたいという心情があります。

故に、アメリカの世界戦略は、如何にして世界に大きな影響力を放つか、という観点から出発します。少し前までは、軍隊を道具にして圧倒的な軍事力を持って、それを示してきました。例えば、アメリカの前に立ちはだかった日本の存在や、アフガニスタンへの先制攻撃など、徹底的に叩いてきました。

ところが、原子爆弾よりも圧倒的な破壊力をほこる兵器が沢山開発された今では、軍事力・軍隊による影響を放つ事が出来ません。摩擦・衝突や戦争・紛争では、尊敬も感謝もされず、むしろ信頼を失い、心のキョリが生まれる一方です。世界では、徐々に戦争に対する意欲・関心は削がれる様になり、アメリカもその波に巻き込まれていきます。

今は、戦争が出来ない時代へと突入しています(世界大戦に発展したら人類・地球が破滅する事が予測されるため)。

そんな中、アメリカの心情は圧倒的な影響力を放っていたい訳ですから、次に何を使うかと言えばそれが経済力でございます。

アメリカを中心とするグローバル資本主義の一番の問題点は、アメリカが主体となって世界に影響力を放っていたいとするアメリカ中心の論理であるという点でしょう。

文化的な側面から計りたいのでしたら、アメリカの文化に寄り添う国々は発展し、アメリカの文化に寄り添わない国々は衰退していくという点を書かれてみてはどうでしょうか?

グローバル資本主義経済によって世界が繋がってしまうという事は、健全な疎通・交流が前提にあって、相手を認め、受け入れる心の大きさが土台になければなりません。文化は、多様性があって然るべきものですから、その土台が無い状態で世界を統合しようとしても共存は出来ない事となります。

それでも統合したいアメリカがおりますし、確かに大きな影響力を放っているアメリカでしたから、そんなアメリカ中心のグローバル資本主義の下では、アメリカ中心の文化に染まっていきます。

多様性を活かしてこそリーダーシップなのに、結果的に多様性を削ぎ落としながら自分たちの価値基準だけが発展していくのは健全なリーダーシップを発揮しているとは言えないのではないでしょうか?

それでは、どんな形で世界の文化が削ぎ落とされていくのかについて、日本の文化文明と金融バブル崩壊による世界経済の打撃を取り上げてみたいと思います。

日本の文化文明の良いところは、『観』でございます。

とにかく、よく観るんですね。サムライの精神、わびさび美学、大和魂、八百万・・・など、日本を代表する文化文明とは、すべて『観』が入っております。

命を懸けて観る!五感覚でパッと見るのではなく、命をかけて心を込めて観る!でございます。日本の素晴らしさです。

Made in Japanが何故素晴らしいのでしょうか?『観』です。日本人の『観』と、イギリス産業革命のモノ作り・製造業が出会って、Made in Japanを為し得たのでございます。

このMade in Japanは、世界中を覆いつくすほどの凄まじい勢いを持っていたのは、日本の『観』によるものでして、世界ではどんなに頑張ってみてもMade in Japanには勝てません。

世界中を覆いつくす程の日本の勢いは、アメリカから見て面白くありません。それどころか、経済力で世界を取られてしまう危機感を感じます。結果的にアメリカは、モノ作り・製造業が壊滅的打撃を蒙りました。

故に、アメリカはモノ作り・製造業を止めて、経済のルールを変える作戦に出ます。

そうして金融の仕組みが加速的に発達していきます。日本の『観』によって得た富を、金融の仕組みによって美味しくいただきました。日本は、『観』に関心がありますので金融の仕組みによって日本から世界へとお金が流れていく事や、知識・技術・企業などがお金の原理によって簡単に奪われてしまう事など検討も付きません。

結果的にバブル崩壊によって、日本は経済的原子爆弾を喰らい、貧乏の道へと歩みだします。20年にも続く日本経済の長期沈滞へと繋がります。

『観』は文化として素晴らしかったですが、経済論理によって日本人は食べていく事が大変になってきました。円高・デフレ・・・様々な向かい風に立ち向かう為に、生産コストを下げ、社員のクビを切り、向上を海外に移転させ・・・日本人の『観』が削がれ、アメリカ的な効率・結果・スピードなどが重視され、起きた問題がトヨタのリコール問題です。『観』が働いていたら起きよう筈がございません。

世界的不景気である今は代案が必要です。

それが前回お伝えした、『観』を技術化した観術です!

アメリカの心情を理解する事が肝要かと思います。

アメリカは、圧倒的な力を持ってして世界に影響力を放っているという事を示したいし、アメリカが偉大である事を認めてもらいたいという心情があります。

故に、アメリカの世界戦略は、如何にして世界に大きな影響力を放つか、という観点から出発します。少し前までは、軍隊を道具にして圧倒的な軍事力を持って、それを示してきました。例えば、アメリカの前に立ちはだかった日本の存在や、アフガニスタンへの先制攻撃など、徹底的に叩いてきました。

ところが...続きを読む

Qグローバル化においての利点・欠点について

今「グローバル化の中の日本」についての小論文書いているんですが具体的な利点・欠点についてわからずに困っています。
みなさんのご存じな事を具体的に教えて下さい!!

ちなみにみなさんはその中の欠点について日本はどうしていくべきだと思いますか?

回答お願いします!!

Aベストアンサー

その小論文を書かせる意図は、グローバル化という現象が、この日本においてどういう事象として現れているか検証しろ、ということなんでしょう(私だったらそうします)。ということは、利点・欠点は自分で考えるべきですね。
そこで、ここでは考えるヒントだけ書いてみます。

1 消費者と生産者
経済がグローバル化されるということは、No2の方が書かれている通り、国際的な物流がスムーズになることです。これは消費者から見れば利点ですが、生産者から見るとそうとも言えません。これはいわゆる「先進国」「途上国」それぞれの生産者の立場に分けて考えてみてください。また、その際「先進国」の生産物(たとえば自動車やパソコン)と「途上国」の生産物(たとえばコーヒー)について検討してください。

2 小売業者と多国籍企業
 上記の点について、「途上国」の小売業者、「先進国」の小売業者、多国籍企業の経営者、にとってはどうなるか、考えてください。

3 富裕層と貧困層
どこの国にも、金持ちと貧乏な人たちがいます。その人たちにとってはどうでしょうか。これも、たとえばパソコン、コーヒーなどを具体例として考えてみてください。

4 環境問題
このグローバル化によってひきおこされる環境問題はどうでしょうか。どこで、どんな問題が起きるでしょうか。今年ユニクロは大量にカシミヤ製品を売り出すそうですが、環境に問題はないでしょうか?また、ゴミの問題はどうでしょう。

5 差別・人権問題
生産地では無理な製造を行うことがあります。有名な例では、90年代半ばにナイキが起こした人権問題があります。アジア太平洋資料センター刊の「NIKE:just don’t do it―見えない帝国主義」を見るとよく分かります(現在はかなり改善されています)。

No2の方の書かれているとおり、文化や情報の問題も起きてきます。ここでは1点だけ、ヒント。

1 フィリピンの介護士の日本での就労が許可される、というニュースが数週間前報道されました。これもグローバル化の一側面です。利点・欠点はなんですか。日本とフィリピン、サービスをする側と送り出す側、される側と受け入れる側、それぞれについて考えてみてください。

参考URL:http://www.parc-jp.org/

その小論文を書かせる意図は、グローバル化という現象が、この日本においてどういう事象として現れているか検証しろ、ということなんでしょう(私だったらそうします)。ということは、利点・欠点は自分で考えるべきですね。
そこで、ここでは考えるヒントだけ書いてみます。

1 消費者と生産者
経済がグローバル化されるということは、No2の方が書かれている通り、国際的な物流がスムーズになることです。これは消費者から見れば利点ですが、生産者から見るとそうとも言えません。これはいわゆる「先進国」...続きを読む

Q多文化社会(異文化コミュニケーション)における問題点

多文化社会に(異文化コミュニケーション)における最重要だと思う3つの問題点とはなんだと思いますか?
またその解決法はあるとおもいますか?
少しでもいいので意見きかせてくだい

Aベストアンサー

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人が中国人に謝ったとします。
日本語では「ごめんなさい」という言葉は、軽い謝罪から深い謝罪まで使える表現ですが、中国語では軽い謝罪と深い謝罪は違うらしいです。
そこで、翻訳されるときにどちらの意味で翻訳するかで相手(中国側)の受け取り方が変ってくると言えます。
で、多くは「軽い謝罪」の意で訳されることが多く、それが日本人と中国人の認識の差を生み出していると言っておられました。
つまり、言葉を表面的に訳すだけでは誤解が生じ、むしろ言語がコミュニケーションを阻害する結果ともなりかねません。
この辺りをしっかりと認識しないといけないのですが、なかなかそこまで認識出来る人は少ないようですね。


2、歴史・文化の理解

やはり、「異文化」と言うとおり、相手の事を理解しようと思うと、歴史や文化は理解しなければなりません。
例えば、表面的には世俗化し宗教的な面は裏側に隠れてしまっていますが、欧米人の言動にはキリスト教の影響が色濃く残っています。
例えば、「歴史は過去から未来へと一本道であり、未来に向かうに従い文明は進歩する」という考え方は、キリスト教の「創造から終末へ」という歴史観が世俗化したモノと言えます。
このように、相手の思考法やそれに裏付けられた行動は長い歴史の中ではぐくまれたモノであり、一見関係無いことのように見えて、実は深いところで繋がっていることも多々あります。
それを理解するには、やはり歴史と文化の理解は必要といえます。

3、思いこみや偏見の壁を取り払うこと

上記の歴史や文化の理解と通じる所があるのですが、無意識な思いこみや偏見が相手を理解するときの妨げになる事もあります。
例えば、「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージがあります。
しかし、歴史的に見ればイスラム教は他宗教に寛大であり信仰の自由を認めてきました。 (むしろ、異教徒を認めないのはキリスト教の方がきつい)
「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージは「イスラム原理主義のテロ」という文脈と共に広められた単純なイメージに過ぎません。
しかし、この単純なイメージが誤解や偏見を生んでいると言えます。
そして、その事に意識的な人は少ないといえます。
単純なイメージを全体に当てはめて考えてしまうと、相手とのコミュニケーションの妨げになるでしょう。

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人...続きを読む

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む

Q至急!!小論文の添削をお願いします。

~テーマ~
現在の中東情勢に対して、日本が行える「国際貢献」をあなたなりに論述しなさい。(1000字)

ここ近年、シリア問題を始めさまざまな問題を抱えている中東。そのことを踏まえて、日本はどのような国際貢献ができるか考えたい。
 日本が行える国際貢献は、「難民、移民の受け入れ」だと私は思う。二〇一五年、シリア内戦やISISなどを理由に、難民、移民が大量にEU諸国に向かう欧州難民危機が起こった。大量に難民、移民を受け入れに肯定する国と否定的な国が二つに分かれ、国際問題にまで発展している。一番、難民、移民の受け入れに肯定的なドイツはヨーロッパの中でも経済的に豊かであり、積極的に難民、移民を受け入れている。一方、難民、移民の受け入れに否定的なハンガリーでは主に経済的事情であるが、多くの難民の流入によって国内の文化が侵食される恐れや、テロの危険性が高まるというのも受け入れに否定的な理由の一つである。二〇一六年、国民投票によってイギリスがEUを離脱することが決まった。その一因として、難民、移民の大量受け入れに反発した人が多かったためとも言われている。
 このように、難民、移民問題が世界中に広がっている中、政府は難民の数十人程度の若者を留学生として日本で受け入れる検討を始めた。確かに、日本は他国に比べて難民、移民の受け入れには消極的であり、国際社会においても批判されてきた。政府が難民の受け入れを検討し始めたのは良いことである。日本の難民、移民認定の申請者数は年々増えている傾向であるが、申請する人の中に出稼ぎ目的の偽装難民が多いため、日本の難民、移民の認定基準はとても厳しい。政府の難民、移民の認定基準の解釈の中に、難民の受け入れ制度に対して、紛争を理由に他国へ逃れている難民は難民ではないという政府は解釈を示しているが、日本が難民、移民を受け入ようとしたらその前に、こういう解釈も含めもう一度、難民、移民認定基準制度を見直し、緩和させていった方がよいと私は思う。
 一方、日本国内では少子化問題がとても深刻である。政府はさまざまな少子化対策をしているが、これといった成果がみれていない状況である。日本が難民、移民を今よりも受け入れ、日本に来た人が日本の技術などを学びそれを母国で活かしていく人も増えてくるかもしれない。受け入れを活用していくことで、日本の少子化問題も改善し、日本と中東の新たな架け橋が生まれてくると私は思う。1000字

~テーマ~
現在の中東情勢に対して、日本が行える「国際貢献」をあなたなりに論述しなさい。(1000字)

ここ近年、シリア問題を始めさまざまな問題を抱えている中東。そのことを踏まえて、日本はどのような国際貢献ができるか考えたい。
 日本が行える国際貢献は、「難民、移民の受け入れ」だと私は思う。二〇一五年、シリア内戦やISISなどを理由に、難民、移民が大量にEU諸国に向かう欧州難民危機が起こった。大量に難民、移民を受け入れに肯定する国と否定的な国が二つに分かれ、国際問題にまで発展し...続きを読む

Aベストアンサー

この小論文が大学入試会場で時間内に出来たものだと仮定すると、及第点。つまり、他の教科でかなり点数を稼いでいれば、まずまず合格レベル。
小論文っていうのは回答1さんの言うように、あなたの考えをあなたなりに表現するものなので、回答2さんの指摘は少々難度が高過ぎる。
もちろん100点満点を取るなら、回答2さんの指摘は鋭い。これが書ければ100点満点が取れると思う。
ただ、実際の受験では時間内に書かなければならないことを考えると、ヘタに深入りすると「時間内に書けなかった」という最大のミスを犯してしまうため、及第点と言える。
実際の受験では100点満点中、65点から75点(採点基準は大学と採点者によって違うが、マーチレベルならもう少し高い点が付くと思われる)くらい。ただし、慶應や早稲田のような大学ならば、70点くらい。
しかし、もしも受験会場で時間内にここまで具体的な数字まで列挙して解決策を筋道立てて書けるかは疑問があり、もしも採点者が「年に間違いがある」と判断すると、減点対象になる可能性があるので、具体的な年数は書かずに、時系列だけで書いたほうが良いですね。もちろん、年数にはっきりとした自信が有るなら、そこは書いたほうが良い。
ひとつだけ。出だしの「ここ近年」というのが「書き慣れていない感」という印象はあります。
「近年」から始まったほうがエッジの効いた書き出しになる。ただし、これをもって減点の対象にはならないはず。

この小論文が大学入試会場で時間内に出来たものだと仮定すると、及第点。つまり、他の教科でかなり点数を稼いでいれば、まずまず合格レベル。
小論文っていうのは回答1さんの言うように、あなたの考えをあなたなりに表現するものなので、回答2さんの指摘は少々難度が高過ぎる。
もちろん100点満点を取るなら、回答2さんの指摘は鋭い。これが書ければ100点満点が取れると思う。
ただ、実際の受験では時間内に書かなければならないことを考えると、ヘタに深入りすると「時間内に書けなかった」という最大のミスを犯...続きを読む

Q小論文の添削お願いします

試験で小論文を書かなければいけないのですが書きなれていないので添削していただけるとありがたいです。

障害者とノーマライゼーションについて述べよ。(1200字)


 障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。昨今は人権意識の高まりとともに、 ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、 すべての人がともに暮らすという考え方が定着してきている。
 しかし、障害者が生活していくうえで社会には様々な障害が存在している。例えば車いすを使用している人にとっての段差や、エレベーター等の不備などの設備的な障害、就業や資格取得に関する制度的な障害、障害者への無理解や偏見といった意識的な障害などがあるだろう。モノや設備などの障害はハード、意識的な障害はソフトな障害と呼ばれる。このうちハード面では、多目的トイレやエレベーターの設置、点字ブロックの敷設など目に見える形でバリアフリー化が進んでいる。これに対してソフト面ではどうだろうか。障害者に対して無理解であったり偏見を持っている人が多いというのが現状だろう。実際に、企業は障害者を一定の割合雇用しなければならない制度が設けられているが、2012年はこの法定雇用率を下回った数しか採用されていない。これは障害者に対する偏見の表れといえるだろう。このことは障害者の社会参加を推進するうえで致命的な問題である。
 この問題への解決策として3つの方法を提案する。一つ目はバリアフリー体験学習や福祉学習など、実体験を通して地域住民に考えてもらう機会を提供することだ。実際に体験するかしないかでは障害に対する考え方が大きく違ってくる。わかったつもりになっていても自分が体験することではじめてわかることもあるだろう。二つ目は、市民自らがまちづくりの課題を考え学んでいく「まちづくり教室」を実施し、話し合いやお互いの認識を深め合う場を設定することである。自分一人で行える活動には限界があるし、他人と意識を共有することでより深い考えを持てるようになる。三つ目は迷惑駐車の取締まりなどの啓発活動である。積極的に活動に参加していない人でも、自らの負担にならない範囲で障害に対する意識を変えることくらいならば行えるはずである。この意識を変えるということは個人による効果は小さくても、意識する人が増えるにつれて効果は大きくなっていくのである。
 このような活動を行うことによって、地域住民の障害者に対する理解を深めることができればハード、ソフト両面から障害者への支援となるだろう。しかし、本当に大事なのはバリアフリーではなく、ノーマライゼーションの理念であろう。上記のように、身の回りに存在する障害を取り除くことが特別のことであるうちは本当のノーマライゼーションとは言えない。障害者自身が「特別」を感じることなく生活できるようにしていかなければならないのである。

試験で小論文を書かなければいけないのですが書きなれていないので添削していただけるとありがたいです。

障害者とノーマライゼーションについて述べよ。(1200字)


 障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。昨今は人権意識の高まりとともに、 ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、 すべての人がともに暮らすという考え方が...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、各文に番号を振っておきます。文の性質や前後との関係を「→~」で簡単に付記もしてみます。

―――――――――――
01.障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。→障がい者の法的な定義(この文は以降と関連性が薄い)

02.昨今は人権意識の高まりとともに、ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、すべての人がともに暮らすという考え方が定着してきている。→障がい者を取り巻く環境の動向

03.しかし、障害者が生活していくうえで社会には様々な障害が存在している。→問題が存在するとの指摘

04.例えば車いすを使用している人にとっての段差や、エレベーター等の不備などの設備的な障害、就業や資格取得に関する制度的な障害、障害者への無理解や偏見といった意識的な障害などがあるだろう。→05の具体例提示

05.モノや設備などの障害はハード、意識的な障害はソフトな障害と呼ばれる。→障がい者に対する不利なことの分類・定義

06.このうちハード面では、多目的トイレやエレベーターの設置、点字ブロックの敷設など目に見える形でバリアフリー化が進んでいる。→05の一部に対する説明

07.これに対してソフト面ではどうだろうか。→05について06で言っていない面についての疑問表明

08.障害者に対して無理解であったり偏見を持っている人が多いというのが現状だろう。→07に対するネガティブな回答

09.実際に、企業は障害者を一定の割合雇用しなければならない制度が設けられているが、2012年はこの法定雇用率を下回った数しか採用されていない。→08についての具体例提示

10.これは障害者に対する偏見の表れといえるだろう。→09に対する解釈

11.このことは障害者の社会参加を推進するうえで致命的な問題である。→10に対する問題提起

12.この問題への解決策として3つの方法を提案する。→改善策提示の宣言

13.一つ目はバリアフリー体験学習や福祉学習など、実体験を通して地域住民に考えてもらう機会を提供することだ。→12に続く具体的提示1

14.実際に体験するかしないかでは障害に対する考え方が大きく違ってくる。→13に対する補足

15.わかったつもりになっていても自分が体験することではじめてわかることもあるだろう。→14に続けて13に対する補足

16.二つ目は、市民自らがまちづくりの課題を考え学んでいく「まちづくり教室」を実施し、話し合いやお互いの認識を深め合う場を設定することである。→12に続く具体的提示2

17.自分一人で行える活動には限界があるし、他人と意識を共有することでより深い考えを持てるようになる。→16に対する補足

18.三つ目は迷惑駐車の取締まりなどの啓発活動である。積極的に活動に参加していない人でも、自らの負担にならない範囲で障害に対する意識を変えることくらいならば行えるはずである。→12に続く具体的提示3

19.この意識を変えるということは個人による効果は小さくても、意識する人が増えるにつれて効果は大きくなっていくのである。→20に続くべき文(この、という語がいきなり出ても分からない)

20.このような活動を行うことによって、地域住民の障害者に対する理解を深めることができればハード、ソフト両面から障害者への支援となるだろう。→11~18実施後の変化の予想。かつ19までについての結論

21.しかし、本当に大事なのはバリアフリーではなく、ノーマライゼーションの理念であろう。→20までに対する逆接による、何らかの提示開始の示唆

22.上記のように、身の回りに存在する障害を取り除くことが特別のことであるうちは本当のノーマライゼーションとは言えない。→22に対する敷衍

23.障害者自身が「特別」を感じることなく生活できるようにしていかなければならないのである。→21~22に対する結論
―――――――――――

 何が言いたかったのか、よく分からない面があり、順序を多少変えてみて、少しだけ文言の変更や、追加の文を入れることで改善できます。

―――――――――――
03'.障害者が生活していくうえで社会には様々な障害が存在している

02'.確かに、昨今は人権意識の高まりとともに、ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、すべての人がともに暮らすという考え方が定着してきた。

04'.しかし、車いすを使用している人にとっての段差や、エレベーター等の不備などの設備的な障害、就業や資格取得に関する制度的な障害、障害者への無理解や偏見といった意識的な障害などがあるだろう。→

05.モノや設備などの障害はハード、意識的な障害はソフトな障害と呼ばれる。

06'.ハード面では、多目的トイレやエレベーターの設置、点字ブロックの敷設など目に見える形でバリアフリー化が進んでいる。

07'.しかし、ソフト面ではどうだろうか。

08'.ソフト面の充実に欠かせない障害者に対する理解は不足し、逆に偏見すら持っている人が多いというのが現状だろう。

09.実際に、企業は障害者を一定の割合雇用しなければならない制度が設けられているが、2012年はこの法定雇用率を下回った数しか採用されていない。

10.これは障害者に対する偏見の表れといえるだろう。

11.障害者の社会参加を推進するうえで致命的な問題になっているのである。

12'.そこで、この問題への解決策として3つの方法を提案する。

13.一つ目はバリアフリー体験学習や福祉学習など、実体験を通して地域住民に考えてもらう機会を提供することだ。

14.実際に体験するかしないかでは障害に対する考え方が大きく違ってくる。

15.わかったつもりになっていても、自分が体験してみないと、わかっていないと実感することも多々あるだろう。

16.二つ目は、市民自らがまちづくりの課題を考え学んでいく「まちづくり教室」を実施し、話し合いやお互いの認識を深め合う場を設定することである。

17.自分一人で行える活動には限界があるし、他人と意識を共有することでより深い考えを持てるようになる。

18.三つ目は迷惑駐車の取締まりなどの啓発活動である。積極的に活動に参加していない人でも、自らの負担にならない範囲で障害に対する意識を変えることくらいならば行えるはずである。

20.このような活動を行うことによって、地域住民の障害者に対する理解を深めることができればハード、ソフト両面から障害者への支援となるだろう。

19.この意識を変えるということは個人による効果は小さくても、意識する人が増えるにつれて効果は大きくなっていくのである。

20-1.しかし、これで事足りるわけではない。

21'.本当に大事なのは、バリアフリーの先にあるノーマライゼーションの理念であろう。→20までに対する逆接による、何らかの提示開始の示唆

22.上記のように、身の回りに存在する障害を取り除くことが特別のことであるうちは本当のノーマライゼーションとは言えない。

23.障害者自身が「特別」を感じることなく生活できるようにしていかなければならないのである。

01'.注)障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。
―――――――――――

 ここからまた、各文に番号を振り直した上で、各々の文の意味・機能を見直して、順序や文言を検討して、同様に改善します。それを繰り返して納得いくものを仕上げますが、回答としてはここまででご容赦ください。

 まず、各文に番号を振っておきます。文の性質や前後との関係を「→~」で簡単に付記もしてみます。

―――――――――――
01.障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。→障がい者の法的な定義(この文は以降と関連性が薄い)

02.昨今は人権意識の高まりとともに、ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、すべての人がともに暮らすという考...続きを読む

Q異文化理解について

みなさんは、異文化理解とはどういうものだと想いますか?また、どのように異文化理解をとらえるべきだと想いますか?
私は、文化を形成している過程も重視し理解する事が大切だと想っています。また、宗教、人種、地域性からみた異文化理解も紛争が起こらないようにする上で理解するべきだと想っています。
他に、つけくわえたらいいと想う意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

私の個人的見解ですが、
文化というものは、国籍、人種、宗教のように大別されるものだけでなく、男女、年齢、更には個人で異なるものだと思います。
ですから、異文化理解の為に必要なことは、自分の固定観念や先入観を取っ払って、『各々に違うのだ。それが当たり前だ。』と言うことを受けとめる。(これが結構難しいけど)その上で、自分の意見を、違った文化を持つ個人や社会に対して理解してもらえるよう、表現することが必要だと考えています。そのようにして人は共生していくべきだと。
 ただ、いきなり世界中手を繋いでわかちあおうなんて、正直無理ですよね。ですから、まずは身近な人とから理解すること。特に苦手だと思っている人の考え方に耳を傾け理解しようと努めることっていうのは必要だと考えます。
 

Q小論文の添削をお願いします!

昨日投稿した内容で指摘を受け書き直しました。
よろしければ、ほかの方も添削いただければありがたいです。

保健医療系の大学を受験予定の社会人です。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m


問題:高齢化社会に対する私の提案

解答
現在の日本の人口の20%が高齢者である。50年ほど前まではたった5%だった。そんな高齢社会である日本は、はたして高齢者にとって住みやすい国なのだろうか。
核家族が多い現在の日本では、三世帯での同居などは減っていて、2人もしくは1人での生活を送っている高齢者が多い。更に最近では、そんな高齢者を狙った詐欺などの犯罪が多くある。それらは高齢者の孤独や、注意力・思考力の低下に付け込んで行われている。このような状況を救うのは地域のコミュニティーではないだろうか。常に高齢者に気を配るというのではなく、あいさつなどの声かけでもかまわない。子供会などの交流の場に参加をお願いするのもいいだろう。少し前まではおじいちゃん、おばあちゃんが子供を見るのが当たり前であった。古きを知り、人生経験も豊富な高齢者との交流は子供たちの成長の力にもなりえると考える。そして、人と関わることで高齢者の思考力低下も防ぎ、それは、生きがいにも繋がり、コミュニティーが活発であれば孤独死なども防げるのではないだろうか。現在進んでいる、生活サービスの向上だけではなく、心の交流もふやしていくことで、本当の住みやすさに繋がるのだ。
よって私の提案は、地域コミュニティーの活発化である。高齢者にとって生きがいを見つけだし、安心して住める場所をつくることが、これからの高齢化社会にとって大切なことである。

昨日投稿した内容で指摘を受け書き直しました。
よろしければ、ほかの方も添削いただければありがたいです。

保健医療系の大学を受験予定の社会人です。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m


問題:高齢化社会に対する私の提案

解答
現在の日本の人口の20%が高齢者である。50年ほど前まではたった5%だった。そんな高齢社会である日本は、はたして高齢者にとって住みやすい国なのだろうか。
核家族が多い現在の日本では、三世帯での同居などは減っていて、2人もしくは1人での生活を送っている高齢者が多い。更に...続きを読む

Aベストアンサー

えぇっと、まずは、小論文の入門教材は終えてあるのでしょうか?
闇雲に書き倒せばどうにかなるものではありません。
勿論、それでどうにかなるような才能のある人は居ますが。
入試によっては、そういう最低限の努力はしたのか、あるいはそれを超える能力があるのか、が見られるでしょう。

で、前振りがあって、その後、「このような状況を救うのは」からが提案ですよね。
私の提案はこうだ、とでも書く方が読み易いでしょう。
少なくとも、私なら改行しますし、「救うのは『、』」と書くでしょう。

「少し前までは」っていつのことなのか判りませんし、あたかも常識のように書かれていますが、本当なの?と思うのは私だけでしょうか。

「人と関わることで」は、誰が、が抜けているために読みにくいです。前段で、子供の事が書かれていますので。

「人と関わることで高齢者の思考力低下も防ぎ」ってのは、確かに一面でそうでしょう。
そういう一面の例示を並べるのであれば、きちんと次の、「生きがい」、「孤独死なども防げる」と並列関係にしましょう。
文の意味や意図は理解できますが「それは、」が余計な気がします。
「思考力低下も防ぎ」が、一面の事実ではなく、絶対的な万能薬であるのであれば、「それは、」と繋いで次の例示と親子関係を結ぶことができそうです。
しかし、そうではないものを、絶対的な万能薬かの如く書いてしまっているために、内容が軽薄に見えます。
パソコンに詳しい人がジャパネットの宣伝を聞くと、酷く軽薄に感じるように。(うわっ、オマケを除けば中身それだけ?って)

えぇっと、まずは、小論文の入門教材は終えてあるのでしょうか?
闇雲に書き倒せばどうにかなるものではありません。
勿論、それでどうにかなるような才能のある人は居ますが。
入試によっては、そういう最低限の努力はしたのか、あるいはそれを超える能力があるのか、が見られるでしょう。

で、前振りがあって、その後、「このような状況を救うのは」からが提案ですよね。
私の提案はこうだ、とでも書く方が読み易いでしょう。
少なくとも、私なら改行しますし、「救うのは『、』」と書くでしょう。

「少し前ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング