痔になりやすい生活習慣とは?

先日事故を起こしてしまいました。当方が一時停止のある4m道路から優先道路6m(中央線なし)へ右折する際の事故です。左側は見通しが悪く徐々に安全を確認しながら出ていくしかないところです。当方は一時停止後、少しずつやや右へ頭を向けながら進行していったところ、左から相手車両がきたため道路中央付近で停止し待機したところ、右折ウインカーをだし停止したため、当方が右折を再開したところ、右折が終わるまじかのところで当方の左前フェンダーの後ろ寄りと、相手車両の右前方が衝突しました。相手方は右折のためウインカーをだしいったん停止したが、すぐに曲がれないと思い進路を変え直進したとのことです。実際両方の車両が停止した状態では、相手車両は敷設できない状態です。警察も双方から話を聞いており、その点についての証言も確認出来ているはずです。もちろん相手からは常に当方が視界にあるはずです。衝突するにしても当方の後方か、急ブレーキでも衝突は避けられたのではないかと思っています。
このような状態での事故ですが、相手側の損保は当方が過失8だと言ってきました。どうにも納得いきません。
当方の過失について皆さんの意見を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず第一に一時停止規制のある側は、交差道路の車両の通行を妨げてはならないという大原則があります。


従って、質問者様の過失が基本的に8割程度からスタートする話です。

問題は質問者様は、右折車同士の事故と認識されていますが、相手側も同様の見解かどうかということです。

相手車は最終的には右折を取りやめ、交差点を直進しようとしたのですから、直進車×右折車の事故類型で考えているのではないでしょうか。
この場合、別冊判例タイムズでは基本過失が、質問者様85:相手15となっています。

質問者様が主張されている右折車×右折車の事故類型であれば、基本過失が質問者様70:相手30です。

交差点の写真や図面、双方の位置関係が分かる資料がないので、正確にはコメントできませんが、質問文を読む限りでは、質問者様の車が先に右折をしてしまわないと相手車が右折できないような交差点で、それが事前に認識できる見通しであるように読み取れますが、それが事実であれば、質問者様の一時停止後進入として10%修正し、60:40が妥当な線となります。

直進車×右折車の事故類型であったとしても、同様に質問者様の一時停止後進入の修正は可能ですし、相手が右折合図を出しながら直進したのであれば著しい過失としてさらに10~15%の修正は可能ですから、65:35~60:40が妥当な線となります。

相手損保に80:20の根拠を確認し、その矛盾点を指摘してみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。なかなか難しいものですね。一番納得いかないのは、(道路はT字路です)このような状態では自分が動かなければ、あっという間に渋滞になり、だれも動けなくなってしうということです。それでも相手が優先道路にいるというだけでこちらが過失が大きくなるとしたら、今後このような時どうしたらいいのでしょうか?怖くて動けません・・・

お礼日時:2011/08/26 20:34

書かれていることが事実だとすると、


質問者さんの過失が8割は不当だと考えます。
単純な直進と右折(一旦停止有り)の場合で、
85:15になりますし、右折同士の事故の場合は
75:25です。
今回は相手が右ウインカーを出し
停止(徐行だけなら、だろう運転と言われても仕方がないですが)
までしている(何故停止したのでしょうか。質問者さんを
先に行かせないと相手が右折できない・右折がやりにくい位置に
質問者さんが停止していたのか)のですから、完全に右折のために
道を譲ったと考えてよいと思います。また、交差点内での
進路変更と言えるでしょうし、質問者さんが直進の動作に入った後での
衝突と考えると、同一方向での追い越しと考えても良いと考えますので、
20(質問者さん):80(相手)から、交渉しても良いように
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。ちょと味方がついたようで心強いです。

お礼日時:2011/08/26 20:37

過失割合は妥当です。



過失に不満があるのは、相手の車が、貴方の車の後方部分に衝突した為、貴方は追突された被害者だと思っている為だと思います。
確かに、追突の仕方だけを見れば、相手が追突してきた様に感じられます。
しかし、今回の事故原因は、貴方が交通違反(優先車両の走行を妨げた)を起こした事が原因です。
教習所でも習ったと思いますが、優先車両の走行を妨げてはならないと言う事をお忘れですか?
    • good
    • 0

相手の言い分は妥当だと思います。


質問者さんの保険会社はなんと言ってるのですか?

納得いかなければ、下記のような専門家に相談されてはいかがでしょうか?
http://www.bengo4.com/bbs/
    • good
    • 0

過失割合は、警察からの報告により保険会社が決めます。



それと、「左から相手車両がきたため・・・中略・・・いったん停止したが、すぐに曲がれないと思い進路を変え直進したとのことです。」文章からすれば、相手は「直進状態」になってしまったため、過失割合が「8」になったのでしょう。

どうしても、覆(くつがえ)したいのならば、裁判を起こすしかありません。

それでも過失割合がどこまで考慮されるのかは不明です。

質問者の文面からすると「当てられた」という印象がぬぐえませんが、相手車両が明確に道を譲ったのでしょうか?

私は、質問者自身に「確認の有無を怠った」という答えがちらほらと見えている気がします。

なんにしても「相手車両が一旦停止し、再加速を行い衝突した」のであれば、警察の調書にも記録が残っているハズです。

そこを争点にし、裁判で決着を付けることが、遺恨を残さない良い方法でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。やはり裁判になるのでしょうか?質問文章に書き忘れましたが、事故現場はT字路で相手は曲がれない状態です。ここはいつも通る道で自分が事故現場を優先道路から右折することもあります。実際先に右折車がいる場合、右折出来ないので相手が右折した後に、自分が右折をしています。今回相手が停止したことは確認していますし、相手も認めているところです。裁判で遺恨を残さないようにするのがいいのでしょうが・・・、急に休める仕事ではないので・・・

お礼日時:2011/08/26 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q右折同士、どっちが優先?

いわゆる一般道路から、駐車場に入ろうとして、右折待ちしている車と、その駐車場から一般道路に入ろうと右折待ちしている車があるとします。

同時に発進すれば、当たり前ですが、ぶつかるので、どちらが先にいくのが正しいのでしょうか?

こちらはたとえ優先側でも注意していますが、以前譲りあいが長引き、挙句の果てに対向車がきてしまい、結局発進できず立ち往生してしまいまして・・・。

また、こういう駆け引きでなにも合図(バッシングなど)がない場合、いつ発進するかのコツとかあればお願いします。

Aベストアンサー

原則的には左側優先です。

道幅が同じ交差道路で直進同士が出合いがしらになったときも左側のクルマに優先権があります。

QT字路の右折どおしの優先順位

T字路の横棒を行く方が右折しようと一時停止し、縦棒を行く方も右折しようと一時停止で、さてどちらが優先的に右折できるか、交通マナー等でなく、道路交通法等法律を根拠に教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

左方優先について、道路交通法第36条第1項第1号で定められています。
また、第120条に罰則(5万円以下の罰金)も設けられています。

(交差点における他の車両等との関係等)
第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
1.車両である場合
その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車

交差点の形状(十字路T字路)は関係ないようです。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM

Q交差点での右折優先について

質問させて頂きます。交差点右折について何ですが
お互いに信号待ちで対向車も右折をしようとしています。
自分も右折、対向車も右折をしようとしている場合は何を基準に優先されるのでしょうか?
それとも同時に発進してもいいのでしょうか?
教習で同時に発進し、対向車が邪魔になってしまい右側通行をしてしまい怒られました。
回答お願いします

Aベストアンサー

右折時に「優先」なんて概念はありません。お互いに相手及び周囲の安全を確認しつつ、
右折態勢に入る。だめと思ったら、右折行動を中止し待つ。もしくは譲り合う。これしかないはずです。
よってどちらが優先だからと言うよりは、あなたは教習中なので、譲る精神を教えられたのだと思って良いでしょう。

最初は私も他の回答者様同様「お互い右折同士ならそんな状態になりえない。」と思っていたのですが、
よくよく考えると「右折レーンの無い、片側1車線道路同士」ではぶつかりますね。
絵を描いてみると分かるのですが、3本の平行線を十字に書いてみてください。交差点を上から見た図です。
右下の交点を中心として、交差点のクロスする、センターライン同士、左側ライン同士を同心円で結んだところが
自車の右折時に通るルートとなります。
次に左上の交点を中心として、同様に同心円を描いてください。すると、ちょうど交差点中央付近ではかぶるところが出来ますね。
これが誘導ラインの描かれていない交差点での本当のルートと教官は解釈しているのでしょう。
それを、相手をよけるために右側にハンドルを切りそのルートから右側へはみ出した。=ショートカットしたとみなされたのでしょう。

免許取得後の実運転上はショートカットでもお咎めなしが多いです(と言うか私を含め普通に行われているからこそ、
そんな状況はありえないと皆が同じ回答をする)が、質問者様は教習中の身ですので教官に右側通行を指摘されたのではないかと。

よって右側通行で注意は、
・右折中にショートカットした。(たぶんこれ)
・右折前に右後輪がセンターラインを踏んでしまった。(これもかも)
・右折後に右後輪がセンターラインを踏んでしまった。(これもかも)
の3点のいずれか(もしくは全部)だと思います。

教官が指摘したのなら何らかの根拠があるはずと無理やり自分の概念を変えて考えてみました。
よって、事実かどうかは分かりませんので、次回教官に真意を聞いてみてください。そのための自動車学校です。
教習中は日常走行の慣例とは違って、厳密な法解釈および、譲り合い(特に譲る方)の意識の教育がなされているはずです。

右折時に「優先」なんて概念はありません。お互いに相手及び周囲の安全を確認しつつ、
右折態勢に入る。だめと思ったら、右折行動を中止し待つ。もしくは譲り合う。これしかないはずです。
よってどちらが優先だからと言うよりは、あなたは教習中なので、譲る精神を教えられたのだと思って良いでしょう。

最初は私も他の回答者様同様「お互い右折同士ならそんな状態になりえない。」と思っていたのですが、
よくよく考えると「右折レーンの無い、片側1車線道路同士」ではぶつかりますね。
絵を描いてみる...続きを読む

Q右折車線が2車線ある場合のレーンについて

車の運転にブランクがあり、再開して間もない者です。

上高井戸一丁目交差点(東京都)を、環八通り北側から甲州街道沿い(調布方面)に右折する際の質問です。陸橋の下側を通るルートです。
http://goo.gl/maps/eH6ws

分かりにくくて申し訳ないのですが、陸橋の下が片側三車線(左折・右折1・右折2)となってます。
http://goo.gl/maps/2NJuA
(Google Mapの経路案内では二段階右折のように表示されてしまっていますが、普通自動車での右折の場合です)

右折先の甲州街道が、ちょうど2車線なのですが、こういう場合は当然「右折1から来た車は左の車線へ」「右折2から来た車は右の車線へ」で良いのですよね。

というのも、自分は右折2から右折することが多いのですが、右折1から来た車と接触しそうになってハラハラすることが多く…右折1から来た車が右車線に入ったときもありました。
運転再開して間もない者です、なにかコツや注意事項等あれば是非教えていただけますと幸いです。

おまけ:ちなみに、交通事故ワースト2だそうです…
http://www.sonpo.or.jp/protection/kousaten/kousatenmap20/13/1302.html

車の運転にブランクがあり、再開して間もない者です。

上高井戸一丁目交差点(東京都)を、環八通り北側から甲州街道沿い(調布方面)に右折する際の質問です。陸橋の下側を通るルートです。
http://goo.gl/maps/eH6ws

分かりにくくて申し訳ないのですが、陸橋の下が片側三車線(左折・右折1・右折2)となってます。
http://goo.gl/maps/2NJuA
(Google Mapの経路案内では二段階右折のように表示されてしまっていますが、普通自動車での右折の場合です)

右折先の甲州街道が、ちょうど2車線なのですが、こうい...続きを読む

Aベストアンサー

右折のしかたは、質問者さんのお考えのとおりです。

運転に慣れた人だと、右折1から右折する時には大きくカーブしてくれるので安心なのですが、運転に慣れていない人だと右折1から右折する際に小さくカーブしてしまって、結果右折2から右折してくる車の進路をふさいでしまいがちです。

また、中には右折した先の左車線に路線バスや路上駐車などがあるのを見て急遽右車線に入ろうと、右折2の流れに割り込んでくる人もいます。

どちらも良くないことなのですが、そういう運転をする人は少なからずいますので、自分が右折2にいる場合には
・なるべく小さくカーブしてやる
・右折した先でファスナー合流できる(右折1の車を前に入れてやる)程度に余裕をもつ

などで自己防衛するしかないと思います。

こちらも動いている以上、きちんと流れに乗って右折していても、万が一事故になった時には必ず前方/側方不注意を取られますので。

Q駐車場から出てきた車との事故での頭出し待機って?

車で直進中に、駐車場から出てきた車に横から追突されました。

駐車場の入り口付近を通ったときに、相手の車はそこから20mくらい先の場所で左折しようと停止していました。
その車は道路に対してかなり斜めの状態だったので、飛び出してくる可能性もあると思い減速しました。
私が見た限り、その車は道路にはみ出しているわけではありませんでした。
その車の後ろ側近くに私の車が進むまでその車は動かず停止していることを確認し、対向車がくる可能性もあったので、減速したまま少し中央よりに進みましたが、相手の車の横に並んだと思った瞬間に横から追突されました。
相手はこちらの車が全然見えていなかったそうです。

翌日、相手の保険会社から電話があり、「過失を認めてください」と言われましたが、相手が見ていなかったことと自分が減速していることから過失ゼロを主張しました。
事故の状況がうまく伝わっていないと思ったので、相手の保険会社に説明を聞きに行ったところ、相手は頭出し待機をしていたので、クラクションを鳴らすか、一時停止をするか、大きく右側にふくらんで通過するべきだったと言われました。

相手の車が道路にはみ出しているようには見えなかったので「頭出し待機」というのが納得できません。

いろいろ調べてみたところ、頭出し待機とは「路外からそろそろ 出てきて、道路に少し頭を出して待機した後、発進した場合」という定義になっていました。

車が道路に対してある程度垂直に止まっていたのであれば前の部分全体が道路に出ている状態なのかな?とは思うのですが・・・
相手の車がかなり斜めだったので、どういう状態が「頭出し待機」になるのかよくわかりません。

駐車場は広くどこからも出入りでき、事故にあった道路は道幅がせまい道路で、歩道がなく両端に側溝があります。

「頭出し待機」というのはどの部分がどのくらい車が道路に出ている状態のことを言うのでしょうか?

また、側溝までしか出ていなかった場合も、道路に出ているという判断になるのでしょうか?

質問するのがはじめてなので説明がわかりにくいかもしれませんが、教えてもらえたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

車で直進中に、駐車場から出てきた車に横から追突されました。

駐車場の入り口付近を通ったときに、相手の車はそこから20mくらい先の場所で左折しようと停止していました。
その車は道路に対してかなり斜めの状態だったので、飛び出してくる可能性もあると思い減速しました。
私が見た限り、その車は道路にはみ出しているわけではありませんでした。
その車の後ろ側近くに私の車が進むまでその車は動かず停止していることを確認し、対向車がくる可能性もあったので、減速したまま少し中央よりに進みましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

『頭出し待機』の定義までは存じませんが,側道から本道に出る車が安全を確認出来,他車からも認められる位置で待機する状態,普通誰しもがしている行為だと思います。
事故の状況についてですが,明らかに相手側の安全確認不全と解されます。
ただ,双方共に走行中と解釈すれば,責任の度合いに差はあっても,一方が0%となる事は無いと言われています。
危険回避は運転者全てに課せられている義務ですから,保険会社の言い分は其処の所にあるかと思います。警察の現場検証でも,100対0の判定はしないと思われます。
貴方から見て斜めに停車待機していた相手側は,右側方向指示器を点けて合図すべきだったのですが,その辺は如何ですか? 
それが無ければ,貴方が相手車を駐車中と誤認するのはやむを得ない事です。
少なくとも,95対5程度の主張は可能かも知れません。

Q車両保険 いくらの修理費なら使うべきか

自損事故で車両保険を使おうと思います。

駐車場の角にガリっとあたって、へこみと傷ができました。
免責金額は5万なのですが、修理費がいくら以上なら車両保険を使おうか迷っています。

どういう修理になるかまだわかりません。

実際に保険を使うと3等級下がって、金額的には16000円ほどの損になると担当者にいわれました。すぐに等級が戻るわけではないので実質はもっと保険料はあがると思うので、それを考慮して保険を使うか決めたいのです。

今のところ10万円以上修理費がいるなら保険を使おうと思っていますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

始めまして。
自動車業界のものです。

車両保険の使用については、かなりの悩みどころですね~。

車両保険を使う事により、今後増額されるであろう保険料金は、
翌年以降の等級アップもトータルで考える必要がありますから・・・。

車両保険を使う使わないの判断は、
保険会社の料率や、yushaさんの現在の等級にもよりますが、
10万円以下の修理代で車両保険を使った場合には、
ほぼ損すると考えていいと思います。

ちなみに・・・
http://apdins.autolife-assist.net/loss.html
↑こちらに、車両保険を使うか使わないかの簡易な試算方法が説明されているようです。

少々ややこしいですが、
十分参考になるかもしれません。

私がお客様にアドバイスする時には、
お客様の等級と現在の保険料を見て、
修理代10万~20万円以上の間で調節して判断しています。

あまり具体的な参考数値でなく申し訳ないです・・・

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は右前のバンパー、ヘッドライト、フェンダーです。

こういったケースでは過失割合はどうなるのでしょうか?

保険会社からは

相手7
こちら3

を提示してきました。こちらの保険会社もそれで納得しています。

ただ自分としては8対2ではなくては納得がいきません。

こちらの言い分は止まっていたので譲ってくれたと思い進んだら左後方からぶつけられた感じなので
とても避けることはできなかったという事です。明らかに相手が出るタイミングを間違えたか操作ミスかに思います。

そこのT字路は民家が車にぶつけられないように少し下がって建てられており、左折しようとする車は
直角に曲がるT字路よりは早く直進車を発見しやすいような道路です。

相手は70歳を超えていて仕事で配達をやってる最中に起きました。
あまり相手の方を悪く言うのも大人げないのですが警察の方も認めるほど少し反応が鈍い方だと
思います。事故後の対応もこちらで全部してその後の謝罪の連絡も一切なしです。

相手には怪我がなかったのですがこちらは首と腰が痛く只今通院してます。
なので人身事故にさせてもらいました。

自分の保険会社の担当は7-3で納得していてこちらが納得していない旨を伝えても事務的な処理しかしていない気がします。
納得いかないのであれば相手の保険会社と話してみたり、直接 相手の方と当事者同士で話してみればいいと言ってます。
操作ミスとかわき見であって、相手がそれも認めれば8-2位にはなる余地はあると。

相手の保険会社は操作ミスもわき見もない、車の破損もチェックして現場検証もしてから言ってるんだとの事です。
こちらの保険会社は私が相手の保険会社から聞いた所によると現場検証もしていなくお互いの車の破損状況もみていないで事故に対する意欲がみられないと思うとおっしゃってました。
こちらの保険会社にそれを伝えたら後日また人を向かわせると言ってました。ワゴン車に関しては決まりがあって現物を見ることはできないそうです。

真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます。
左前がぶつかってて出合い頭にぶつかっているのであればまだわかるのですがどうも納得いきません。

相手の保険会社にも途中で2週間程連絡も無しに待たされ、整備工場からも「どうなってるんですか?
そろそろ代車を返してください」と催促がくる程で、総合的に非常に不安ですし一体何を信じていいのかわかりません。

加害者とも話しましたがやはり相手が操作ミスを認めない限り過失割合はかわる事はないのでしょうか?

後もしわかればこういったケースでは免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?
免許センターに問い合わせても具体的な事は言えないとのことです。

長文すみません。

画像は相手側の運転席側から見た事故現場です。
警察がチョークで付けた後を元に位置取りしてます。


ご意見聞かせてください

よろしくお願いします

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じようなものです。交渉事が苦手な人もいますし、大好きな人もいます。
質問者様の保険会社あるいは担当者は交渉事が苦手なのでしょう。

質問者様が30:70で納得できないのであれば、質問者様の保険会社と相手側に「私は相手車の動向に注意し、15km/h程度に減速して直進したが、交差点中央部付近まで進行後、右折を開始した相手車にぶつけられており、本来は0:100と考えるが、交差点内の事故であるのでそれでは示談できないだろうから15:85までは譲歩する」と伝え、修理工場へは自費で修理代を支払っておきましょう。

それでも質問者様の保険会社が動かなかったら、次回更新時には保険会社を変えればよいのです。人身事故となっていますし、相手が職業運転手であることから、相手と直接交渉すれば、15:85や20:80は十分可能な話です。

>真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます

現場を見ないからそんな放言がでるのです。40~60km/hで走行する広い道の交差点なら、衝突箇所が前方か後方かは過失割合にほとんど影響しませんが、住宅街の狭い交差点で、しかも15km/h程度の低速度あれば判例上、修正要素として考慮されています。

>免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?

相手にけががありませんから、質問者様には基本点・付加点とも加算されません。

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じ...続きを読む

Q事故の代車費用の相場についてです。 代車費用が1日7000円で買い替えの際かかっかった期間50日

事故の代車費用の相場についてです。


代車費用が1日7000円で買い替えの際かかっかった期間50日間(35万)ほど請求されました。
相手はクラウンの箱型でぐらいまで走っており相場が36万くらいです。
買い替えの費用36万円は相場からみて認めてもらいました。
過失割合は7対3でこちらが加害者側です。
保険は加入していませんでした。
代車費用が相手の車をみて明らかにと私でも思うのですが…。相手が使用していたので必ずしもその値段を払わなくてはいけないのでしょうか?1日の代車費用の相場が大体が決まっているのでしょうか?
期間が50日間と1ヶ月と20日なのでネットなどを見る限り買い替えにかかる期間約1ヶ月とあったので1ヶ月分だけ払うということはできるのでしょうか…?

詳しい方教えてください。説明が下手で申し訳ありません。

Aベストアンサー

対物賠償保険に入っていないのが敗因ですが、
仮に保険に入っていたとして、、、相手に代車を提供するのは、
●過失割合が100:0の事故で、なおかつ、
●通勤か通学に使用している場合に30日間を限度
として、保険会社は賠償する。

因みに、代車費用7千円/日は相場ですね。
仮に代車を保険会社が手配したらクラウンクラス1万/日程度でしょう。
修理工場からいくらで手配しようが本来は関係ないが、
示談項目にいれるなら
買い替え前提の場合、「購入期間30日分で打ち切り」は常識。

まっ、世の中「保険の対応が全て」ではありませんので、
被害者が「代車を出せ」と要求してきても不思議はない。

しかし、質問者さんの弁護士は何をしているのでしょうかね。
いくら先方が割に合うとか合わないとか言ってきたとしても
過失割合は事故状況により決まるものだから、
ビジッ7:3となる根拠の事故報告書を作成すればモメる要素が無くなるハズです。

それでも相手が7:3に不服を持ち続けるなら
後は、損害賠償請求訴訟を起こされるのを待って
「法廷で争い、裁判官の判決に従えば良いだけ」です。

法廷で争えば、相手はかなり不利。
相手車の評価額(36万×70%)-自車の修理費用(30%)
ってことになるでしょうから。

対物賠償保険に入っていないのが敗因ですが、
仮に保険に入っていたとして、、、相手に代車を提供するのは、
●過失割合が100:0の事故で、なおかつ、
●通勤か通学に使用している場合に30日間を限度
として、保険会社は賠償する。

因みに、代車費用7千円/日は相場ですね。
仮に代車を保険会社が手配したらクラウンクラス1万/日程度でしょう。
修理工場からいくらで手配しようが本来は関係ないが、
示談項目にいれるなら
買い替え前提の場合、「購入期間30日分で打ち切り」は常識。

まっ、世の中「保...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む


人気Q&Aランキング