「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

長文ですが、交通安全のためにも教えてください。

近所に一時停止する交差点があります(信号機なし)。
しかし、その横切る道路はリゾート地へ行く道でもあるので休日は大変混みます。
そのため休日・混雑時のみ警備会社の人が誘導しています。
渋滞で前方をふさがれた交差点で、渋滞する車を一時停止させて誘導してくれるのですが、
たしか、交差点では誘導員の指示が最優先にだったと思いますが、それは警察官だったと思います。
でも、この交差点に立つのは、民間会社の警備員です。
だから一時停止するべきか、そのまま停止せず行ってよいか悩んでいます。
正しいのはどちらか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

警備員・誘導員に法律上の権限が無いことは初任教育の初めに教えられます。


交通誘導はあくまでお願いで強制力はありませんので、違反した場合や事故を起こした場合は運転者の責任になります。

こんなの常識です、権限があるのは警察だけです、交通誘導が警察官なら、信号が赤でも警察官の誘導にしたがって下さい、決して一般警備員の誘導はお願いであってそのような権限はありません。

ちゃんと警備法にも定められています。
警備業法15条には「警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たっては、この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意する」とわざわざ書いてある。つまり、警備員の停止指示に法的強制力はなく、「停止のお願い」にすぎない。交通整理の警察官が停止を命じれば、法律上の強制力が生じ、赤信号と同じ扱いになるのとは対照的である。事故防止のための「お願い」は、受け入れることが望ましいが、「お願い」が不合理であるならば、従わなくても違法ではない。



一般警備員の誘導を無視しても罰則はありませんが、道路交通法を無視すればドライバーの責任でありそれに応じた罰則があります、警察官に捕まればね。

ただし、駐車場の出入り口等ではちゃんと誘導に従った方が良いですよ、
引き抜き
【警備員の停止指示に逆らって公道に入り、同じように直進車と衝突したのなら、これは進入車の『重過失』として扱われる可能性が高くなる」(横張弁護士)】
【警備員が明らかに不合理な誘導(直進車があるのに進入を指示するなど)をした結果、衝突事故が起こった場合、

「過失割合は変わらないが、警備員と進入車の運転手との共同不法行為(民法719条)が成立し、警備員も進入車の責任を一部肩代わりする可能性がある」(同)

ここでいう警備員が、たとえばガソリンスタンドの店員だとしても、事情は同様である。】

【歩道の歩行者が警備員の指示に従わず、歩道に進入してきた車両と接触した場合はどうなるのだろうか。保険会社の交通事故査定担当者のバイブルともいわれる「別冊判例タイムズNo.16」(判例タイムズ社)によれば、
「歩道等を通行する歩行者の保護は絶対的といってよく、横断歩道上と同様に、原則として過失相殺を考えなくてよい」
とある。歩行者が意図的にぶつかった場合は論外だが、歩行者に「重過失」があったとしても、過失相殺で不利になる可能性は極めて小さい。】

参考に
http://president.jp.reuters.com/article/2009/11/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい答えをありがとうございます。
今後も参考に交通安全を心がけようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/01 22:51

>正しいのはどちらか教えてください。



他にも回答がありますが、警察以外の誘導員(警備員)の指示に従う必要はありません。
信号機と誘導員がいれば、信号機が優先します。
裁判でも、誘導員に従っても「法的な根拠・意味が無い」事になっていますよ。
工事現場では、誘導員設置が法律で決まっています。
(これでも、誘導員の指示は任意なんです)
が、リゾーチでの混雑(渋滞)解消の為に誘導員を置くのは「リゾート会社の自由」なのです。
新規スーパーなど開店でも、同様ですね。
もし、何ら法的に根拠の無い誘導員が「道交法を無視して、自動車を誘導」しても誘導員は「何ら責任を負わない」のです。
例えば、質問者さまが誘導員の指示に従って自動車を移動したとします。
が、事故を起こしてしまった。
法的に裁かれるのは、誘導員でなく運転していた質問者さまなのです。
「誘導員の指示に従っただけ」は、一切通用しません。
「安全確認義務違反・道交法違反・業務上過失致傷(致死)」を、100%問われます。
質問者さまを誘導した誘導員は、何ら責任を負いません。
夜間。工事現場で「工事会社が設置した信号機もどき」がありますよね。
この信号もどきが「赤」でも、対向車が居なければ前進しても合法です。
信号機もどきを無視しても、この事では何ら罪に問われる事はありません。
但し、事故が起きた場合は「安全確認義務違反・道交法違反・業務上過失致傷(致死)」に問われます。

余談ですが・・・。
実際、誘導員の指示で動いた自動車が転落した事故があります。
(夜間だったので、誘導員も運転手も崖が見えなかった)
運転手は、残念ながら即死です。
裁判でも、運転手が「安全確認を怠った」事が重要視されましたね。
つまり、裁判所でも「誘導員には、何ら権限が無い。信用するな!」との判決です。
あくまで「自動車は、運転手の責任」なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

悲惨な事故ですね。
たまに近所でも他県ナンバーの事故が発生します。
交通安全は自治体の問題のひとつです。
ですので、特に気をつけたいものです。
例を挙げてのご説明、どれだけ大変かよくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/01 22:56

 誘導員の場合は従う義務はありません。

もちろんその場合の事故はドライバーの責任になりますが、誘導員に従った場合の事故でもドライバーの過失を避けることはできません。

 ガソリンスタンドの誘導と同じようなもんです。過去にガソスタの誘導に従って女子高生を引き殺してしまった事件があったのですが、しっかりとドライバーの責任が問われました。

 要は、従うにしても無視するにしても最終的には本人が目視でちゃんと確認するべきだということです。

 ご質問のケースは誘導員が行けといっても標識が一時停止なら一時停止するべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誘導員は結構気が荒い性格の人が多いのでおびえることもよくあります。
ですが、これでジャッジ(答え)が明らかになりました。
誘導員からのクレームがきたら返そうと思います。
その前に、これから年末大変混むシーズンに入るので、
冷静に交通安全を心がけようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/01 22:59

誘導員がいてもいなくても一時停止が必要な交差点もありますが?



誘導員に従わなくても罰則はありませんが、その行為によって引き起こされた事故についての過失は大きくなると思います。

例え優先道路であっても、事故が起こりやすい状況を知っていて無視したというのはよろしくないですね。
事故を起こせば1時間2時間は処理に時間を喰われますし、修理などでも時間を喰います。
アホみたいだとは思いませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誘導員が「はやくこい!」といやな顔つきで誘導することがよくあるので、
怖くて行ってしまうことが過去にありました。
自分としてはバカみたいです。
当然のことですが、誘導されていても標識を重視して、
誘導員がクレームつけてきたら言い返します。
そのまえに、これから年末大変混む時期に突入しますので、
交通安全を心がけたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/01 22:49

法律上は守らなくていいです


しかし指導員を無視して事故した時は、運転者が事故を
誘発させたことになり過失を多くとられることもあるので
気を付けて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まもなく年末とても混む時期に突入します。
今回の答えを頭に入れて交通安全を心がけたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/01 22:43

こんばんは。



質問者様の指摘通り、指導員はあくまで目安であり、標識や信号機が優先されます。

警察の場合のみ警察優先ですね!

指導員の通りで事故した時は、運転者の責任になりますので、気を付けて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいジャッジ(答え)をありがとうございました。

お礼日時:2011/12/01 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誰か助けてください!ガソリンスタンドでの事故トラブルです…

先日、G.Sでガソリンを入れて、出発したところ何かがタイヤに巻き込み、滑ってバイク(ビックスクーター)が転倒しました。
スタンド内に平べったいプラスチック容器の【2サイクルオイル】が放置されており、地面に書かれている誘導用の矢印の上に落ちていたので、まったく見えず踏んでしまったです。
タンデム状態で転倒しないよう抑えたので、バイクと人の重さで、腕は【捻挫】し足も挟まって怪我をしました。バイクも破損しました。

そのときは深夜だったので、深夜の責任者と話し【オイルの容器を何もないはずの誘導進路に放置していた】ことなど『G.S側の非』を訴え【治療費はいいので破損部分の全修理】を要求しました。
その人は『責任を持ってすべて修理しますので、私に見積書を持ってきてください』と言い、さらに『病院もよければ行ってください』と言いました。

念のためその人の名前や連絡先、勤務時間帯を書いてもらい、さらに踏んで巻き込んだ『オイルの容器』も証拠品として預かりました。

私的にはいきつけのG.Sなので、事を荒立てるつもりはなく、治療費の請求はせずに破損した箇所を修理してもらうため、今日ガソリンを入れるついでに、見積書を持って行きました。
すると『そっちの前方不注意だから、支払えない』と手のひらを返したように言ってきたんです(怒)
当然、抗議し説明を求めても逃げるばかり…怒りを抑えるのが大変でした!

とりあえず、【『転倒の原因になったオイルの容器』という証拠物も持っており、一部始終話しを聞いていた同乗者の『証人』もいて、その責任者が書いた『メモ書き』も持っている】事を伝え、【最悪は修理代だけでなく、治療費や慰謝料も含めて訴える】と言い残し、なんとか見積書をその人間に受け取らせ帰宅しました…

だれか良いアドバイスをお願いできないでしょうか!?お願いします!
P.S ちなみに東京、池尻の【出光石油SS】です。

先日、G.Sでガソリンを入れて、出発したところ何かがタイヤに巻き込み、滑ってバイク(ビックスクーター)が転倒しました。
スタンド内に平べったいプラスチック容器の【2サイクルオイル】が放置されており、地面に書かれている誘導用の矢印の上に落ちていたので、まったく見えず踏んでしまったです。
タンデム状態で転倒しないよう抑えたので、バイクと人の重さで、腕は【捻挫】し足も挟まって怪我をしました。バイクも破損しました。

そのときは深夜だったので、深夜の責任者と話し【オイルの容器を何もな...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

>池尻の【出光石油SS】です
 私もここへガソリン入れに行ってます!笑

保険上などの詳しい事はわかりません。
私個人の意見になってしまい申し訳ありません。

オイルの容器が置いてあったら危ないじゃないですか。
それで怪我をさせといて…と思います。
私なら出光の本社へ電話でクレームをつけます。
対応の悪さを訴えます。
本社からクレームが来たと連絡が来れば
態度も変わるのではないかと…。

参考にならなくてごめんなさい…。
お大事になさってください。
で諦めないで下さいね!ふぁいとです。

Q交通誘導員を無視してよいか

スーパーの駐車場から出る時に、警官の制服によく似たユニフォームの交通誘導員(呼称は正しいですか?)がいたのですが、自転車の女性が眼の前を横切ろうとしていたので、やり過ごしました。直後、駐車場を出る時、例のユフォームの整理員が何か怒鳴っていました。小生の方に「行け」の合図をしていたのに、結果的に無視してしまったからだと思います。(実際見てなかった。)

無視されたら嫌でしょうが、自分の解釈では、他者からの指示で動いて通行人や自転車をはねても、全責任は運転者にあると思っていますが、正しいですか。誘導員の指示で行動して事故になった場合、多少の相殺は期待できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇共同不法行為
・誤った誘導を行った誘導員(およびその所属する会社)にも,発生した事故の責任を問う余地は排除されないです。
 
・事故の相手方には全く過失が無かったと仮定しますと,相手方の立場からみれば,誘導員と車両の運転者が共同で事故を起こしたと考えることができます。
 民法では,このようなケースを「共同不法行為」と言います。つまり,連帯して賠償責任を負うということですね。

・具体的な責任の割合については,勿論,個別のケースによってまちまちですが,誘導員の指示を誤信して赤信号で進行したケースで,誘導員の過失が認められた事例も存在します。

○下記のサイト参照
→【判例紹介=第0050】出典は自動車保険ジャーナル第1546号(2004年6月24日発行)
(5)合図した道路工事誘導員の過失を認めたが信号,対向車を確認せず直進訴外車と衝突した右折X車に70%の過失(東京地裁 平成15年9月8日判決)

○民法
第719条  数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは,各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも,同様とする。

◇最終責任は運転者
・誘導員の過失責任を問うことができる可能性があったとしても,完全に責任を転嫁するのは無理があります。
 周囲の状況を把握して安全を確保する最終的な責任は,車を運転する者に委ねられているということは変わりないです。

・「警備員の行う交通誘導は,警備業法や道路交通法等の法令上何ら特別の権限がみとめられているわけでなく,単に工事現場等において人や車両の通行の危険を防止し,かつ,道路工事等が一般交通に与える影響を緩和するという目的に適合する範囲内において誘導を受ける側の自発的な協力に基ずき行われるものに過ぎません 」((社)全国警備業協会編集発行 交通誘導警備の教本)
と書いてあるそうです。

------------------
 以上から,

>無視されたら嫌でしょうが、自分の解釈では、他者からの指示で動いて通行人や自転車をはねても、全責任は運転者にあると思っていますが、正しいですか。

・基本はそのとおりで良いと思います。
 個人的には,合図があっても,必ず自分で確認しています。事故はいやですから。

>誘導員の指示で行動して事故になった場合、多少の相殺は期待できるものなのでしょうか?

・上記のように誘導員の過失を認めた例もあるようですが,事故の対応,裁判,などなど…考えただけでも面倒です。

・やはり,誘導員の方の面子より,自分のこと,さらには被害者になるかもしれない方のことを考えて行動するのが一番かと思います。

 こんにちは。

◇共同不法行為
・誤った誘導を行った誘導員(およびその所属する会社)にも,発生した事故の責任を問う余地は排除されないです。
 
・事故の相手方には全く過失が無かったと仮定しますと,相手方の立場からみれば,誘導員と車両の運転者が共同で事故を起こしたと考えることができます。
 民法では,このようなケースを「共同不法行為」と言います。つまり,連帯して賠償責任を負うということですね。

・具体的な責任の割合については,勿論,個別のケースによってまちまちですが,誘導...続きを読む


人気Q&Aランキング