ネットが遅くてイライラしてない!?

48歳男性です。
3ヶ月前から朝起きると右手中指が痺れ、動かしたり、手を振ると止まります。
段々痺れの範囲が増えて来て親指から薬指の半分迄痺れるようになり、熟睡出来ません。
寝ている時だけだったのが、机の上に手を置いているだけでも、数分すれば痺れます。
動かしたら痺れは取れるので仕事帰りでも行けるので、接骨院に行ったところ、頸椎捻挫と言われ、牽引と温める治療(ホットパット?)と低周波をして貰い、湿布も渡されました、そるから1ヶ月通っていますが、良くなりません、このまま通い続けて良いのでしょうか?

何か違う病気でしょうか?
何科を受診すれば良いのでしょうか?
何が疑われるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>何か違う病気でしょうか?


>何科を受診すれば良いのでしょうか?
>何が疑われるでしょうか?

これは神経の症状だと思います。首から出た神経は肩、腕、肘を通り指先まで伸びています。この走行上で何か異状があれば、ご質問のような 症状が出ます。多くは首、肘、手首の異状で、今回は正中神経という神経の領域と合致しているようですからそのような病名も想像できます。例えば手根管症候群、回内筋症候群などです。もちろん同時に頚椎症など首の異常を合併しているケースもあります。


>接骨院に行ったところ、頸椎捻挫と言われ、

普通捻挫とは交通事故や転倒、衝突など何か大きなきっかけで起こる “ケガ” です。接骨院は貴方が頸椎捻挫でなければ困るのです。貴方は頸椎捻挫になるべくしてなったわけです。

詳しくご説明します。接骨院(整骨院も同じ)は柔道整復師という資格ですが、そもそもこの柔道整復師という国家資格は、肩コリや腰痛など治療するものではありません。柔整師は 捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折) などのいわゆるケガを治療するライセンスです。しかも国から 「急性期に限る」  とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・ 接骨院で治療はできません。
   
腰痛や肩コリの治療(要するにケガ以外の治療)は 「歯医者で眼の治療」 をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯し、慢性首痛を「首のねんざ」など嘘の受傷理由を添付したり、施術部位数・治療日数の水増しなどの手口で健康保険を偽装請求し荒稼ぎしています。全国に約4万件と整骨院はあり、不正は業界ぐるみで行われております。政府管掌系の社会保険から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あり、2007年度で約3000億円、直近の試算では4000億円かかっています。わずか数年で約1000億円という急増ぶりです。言うまでもなく、保険料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほとんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納 得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度にして浮いたお金が3000億円です。このように柔整とは金儲けライセンスに成り下がり、能力のない輩が多いのでご注意ください。

質問文を聞く限りでは、手根管症候群(CTS)の可能性が一番高いと思います。手根管とは手首近くにあるトンネルで、そのトンネルには神経、腱などの組織が通っています。CTSとは炎症やガングリオンなどにより手根管内部の物理的圧迫を生じ、正中神経領域に痺れや痛みなど各種神経症状を呈する疾患を言います。治療は一般的にお薬、電気などのリハビリ、注射、鍼治療などです。これらの保存療法でも効果がない場合は手術という方法もあります。

ですから原因は頸椎ではないので、牽引をやっても何も変わらないはずです。ただ例えば頚椎症など首の疾患でも神経症状があらわれることはあります。しかも臨床上結構多いですが、肩や腕にも症状があらわれるのが特徴ですし、診断にはレントゲンが絶対に必要になります。


病院に行くまでは絶対に揉まないようにしましょう。レントゲンとは病院でしか撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

整形外科に行ってみたら、レントゲンを撮って、
手首をゴムの金槌みたいなので叩いて、しびれ具合を
調べてくれたところ仰るように、手根管症候群でした。

また、接骨院で頚椎捻挫と言われたので、そのことも
言ってみると、レントゲンを撮って、MRIもして
頂きましたが、なんでもありませんでした。

お礼日時:2011/12/28 16:13

No1の方がおっしゃっている様に、先ずは整形外科へ。


私は、53歳頃、肩甲骨内側のこり(痛み)から始まり、肩こり、上腕・前腕痛、中指・薬指の痺れ、そのうち、物が掴めなくなり、整形外科に行きましたが、診断は頚椎症でした。
鎮痛剤、貼り薬と牽引治療が中心でしたが、時間をとられる割には効果も感じず、ペインクリニックを紹介され、ブロック療法を3年程、再発を繰り返しながら続けました。
そのうち、仰向けになると腕に激痛が走り熟睡できなくなり、藁をも掴む気持ちで磁気ネックレスをしたところ、数日で痛みは無くなり、2年ほど経った頃に、指の痺れも取れ、現在症状は全く有りません。
現在62歳になりました。
ただ、磁気で完治した訳ではなく、付け忘れると翌日には肩凝りが始まるので、手放せなくなりました。
若い頃は、磁気ネックレスの効果など、気のせいだと信じていませんでしたし、ネット上にも賛否いろいろ書き込みが有りますが、自分はこの歳になり助けられています。
1ヶ月前から、握る・絞る・手のひらを上に持ち上げる動作をすると、原因不明の手首痛が有りましたが、ネックレスを2重に巻いて着けたところ、その日の夜には痛み解消。今日で3日目です。何なんでしょうね?
安いし簡単ですし、試されてみては。効果が有れば良いのですが。。。
始めに書きましたが、先ず、信頼できる病院で原因の特定を。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング