人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

参勤交代のメリット、デメリットを教えてください。
またそのメリットは幕府が参勤交代を施行する際、意図していたものだったのでしょうか?
ついでに総合的に見て、参勤交代が悪法であったかどうか教えて頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 参勤交代がどのような制度であったかはご存知という前提で回答しますが,参勤交代は江戸時代を通じて幕府が採用していた制度であり,他の制度と比較する余地もあまりないため,メリット・デメリットという議論はあまりされていないように思われます。


 参勤交代のメリットは,各藩に財政的負担を掛けるとともに人質を取ることで,各藩が徳川幕府に反旗を翻すことを非常に難しくしたところにあります。支配力が極めて不安定だった鎌倉幕府や室町幕府に比べ,徳川幕府の安定ぶりを見ればその効果は顕著であり,その効果も幕府の意図したとおりであったことは明らかでしょう(経済や文化の発展といった副次的効果まで意図していたかは分かりませんが)。
 なお,参勤交代を現代的視点から見れば,人質を取るとか各藩に財政的負担を掛け農民をいじめるのは怪しからんという議論もできるのかも知れませんが,そういった現代的価値観ではるか昔の制度を評価するのは誤りというべきでしょう。
 財政難に苦しむ諸藩には悪法と思われたかも知れませんが,少なくとも,江戸幕府下の平和と繁栄に貢献した制度であることは確かであり,現代人でこれを悪法と断罪する人はあまりいないかと思われます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/18 14:59

参勤交代の効果



1,大名が経済的に疲弊し、徳川家が安泰。
  結果、日本国が安定した。

2,宿場や、街道の経済が発達した。


日本全体から観れば、メリットが多く
良かったと思います。
    • good
    • 2

参勤交代のメリット


外様大名にとってお金が掛かり、江戸幕府は安泰
(謀反を起こさない為)

参勤交代のデメリット
外様大名にとって謀反を起こすだけのお金が足りない
(江戸幕府は安泰)

つまり江戸幕府が安泰ならば、それでいいのです。
    • good
    • 2

当時の中央が地方を統括するために行った施策です。

悪法かどうかは、それを判断する人間によって
評価が変わりますが、国外からの侵略を度外視した体制なので、未熟とは思いますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QワシントンD.C.とワシントン州の違いは何ですか?

ワシントン州とワシントンD.C.の違いは何ですか?
ただ、名前が似ているだけですか?

先日、カリフォルニア州のアメリカ人と話をしていたところ米国の人々はよりよい環境を求めてワシントン州に向かっているということを聞いて気になりました。

回答お待ちしています。

Aベストアンサー

ワシントン州は、1846年、アメリカ-カナダ間で領地の境界線が定められ、その2年後にアメリカ合衆国の領土の一部となり、1889年11月11日、アメリカ合衆国の42番目の州として認められています。
ワシントン州の州名は、アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで、名づけられています。"The Evergreen State"というニックネームもあります。

ワシントンD.C.は、1796年、アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンと、アメリカ大陸発見者クリストファー・コロンブスにちなんで、"Washington, District of Columbia"(ワシントン、コロンビア特別行政地区)と名づけられています。

ですから、両者に直接の関係はないものの、どちらもアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで名づけられているという点では共通しています。
もちろん、両者の混同を避けるため、「ワシントン州」、「ワシントンDC」と呼ばれていますよね。 

参考URL:http://access.wa.gov/

Q江戸時代はなぜキリスト教はNGだったの?

日本は仏教が中心ですが、キリスト教信者もいます。キリスト教に篤い学校・老人施設・病院などもあります。
しかし、江戸時代はキリスト教は禁止されていました。キリスト教を信仰すると罰を受け、踏み絵などキリスト教信者を見つけては処罰という制度もありました。天草四郎を中心とした島原の乱も起きるなどしながらもキリスト教は禁止されましたが、隠れキリシタンも多数存在していました。
で、いったいなぜ江戸時代はキリスト教が禁止されていたのでしょうか???

Aベストアンサー

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観とは相容れなかった。欧州では支配者と創造主は同一であるという「神権政治」、そこから発展した、王の地位は創造主より授けられたものという「王権神授」という伝統的倫理観が土壌にあります。そのような倫理観がない世界(日本)に創造主の絶対性を重んじる思想は、主君・領主への忠誠より、創造主への忠誠を優先させます。このことが天下統一のさわりになると、豊臣秀吉は天正15年(1587)に禁教令を発します。

 さらには外交政策の面。徳川家康は和平外交を進めるため、当初は信仰を黙認していましたが、慶長5年、オランダ船リーフデ号漂着により、プロテスタントであるオランダ・イギリスと交渉開始。日本市場の拡大を図るため、ポルトガル・スペインの締め出しを計画。そこでカトリックへの不利な情報と中傷を行いました。つまりカトリック国の侵略的意図。信徒を利用した反乱計画などをは、当時の幕府としては「天下統一のさわりになると」いう危惧をより拡大させました。禁制により教会の破壊・宣教師の国外追放。信徒の東北・蝦夷地への放逐などが行われました。
 徳川家光はさらに厳しく禁制を行いますが、寛永14年(1637)の島原の乱による衝撃から、鎖国政策の徹底とキリシタン弾圧はより強固となります。
 カトリックの海外布教は、プロテスタントに対する対抗措置という面がありました。その点、海外布教を重視していないプロテスタント国とは幕府は貿易を行えたのでしょう。

参考
『国史大事典』(吉川弘文館)

 ただし、禁制も太平の世が長く続くことで形骸化していき、当初はキリシタン監視の意味でもうけられた寺請制度も、寺院側からすれば「檀家としての勤めを果たしていれば、裏でキリスト教を信仰していても黙認する」という事実もありました。領主も「良き領民としての勤め」を果たす限りは信仰も黙認状態でもありました。キリシタンであると暴露しても、領主の監督不行届と罰せられる危険性があったからです。
 現在でも「カクレキリシタン」の家では、寺院の檀家であり、神社の氏子であり、家には仏壇・神棚が祀られて、同時にカクレキリシタンである。その信仰体系は仏教・神道・民間信仰とキリスト教が混在した、いわゆるカトリック・プロテスタントとは異なる信仰形態ですが、キリスト教公認以後も、カトリック・プロテスタントに改宗せず、先祖が守ってきた信仰として「カクレキリシタン」として守り続ける家があります。

資料
『オラショ―魂の通奏低音 カクレキリシタン』(宮崎賢太郎・長崎新聞社)
http://www.nagasaki-np.co.jp/jigyoubu/book/kakure_book.html

『カクレキリシタンの信仰世界』(宮崎賢太郎・東京大学出版会)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130104020/250-7207972-6663457

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観...続きを読む

Q江戸時代の身分制度について。

こんにちは(*゜ー゜*)

江戸時代に出来た身分制度
「士・農・工・商・えた・ひにん」
の「えた・ひにん」の意味と区別がわかりません。というか、学校で習った記憶があるのですがすっかり忘れてしまいました。教えて下さい。

また、今は小中学校では教えてないという文章を見たことがあるんですが本当なんでしょうか。

Aベストアンサー

非常にやっかいな質問ですが
歴史的事実として回答します。

江戸時代社会の士農工商・えた・ひにんといった
上下の身分的仕組みとして政策的に作り出されました。

「えた」はある業種の手工業者で
「ひにん」は遊芸人や職業を持たない人々でした。

「ひにん」については一種のアウトローですので特に説明する必要もありませんが(社会的・政治的にどこにも属していない人たち)「えた」について簡単に説明します。

中世の賤民は農業から離れた仕事をしているものほど賤視され手工業者や商人の多くも賤民視されていましたので「えた」「ひにん」だけに限られなかったものが、江戸時代の身分秩序の成立のなかで最末端に置かれてしまい時をたつにつれ差別が相当ひどいものになり、この業種以外の仕事に就けないとか住居も町はずれにあり動けないといったことになりました。

半農半工の「えた」は村(農業共同体)の生活からだんだんはじき出され(例えば村祭りからの疎外や用水の権利など)社会外の社会を作らされました。

政治的なねらいとしては人口の80%以上を占める農民から支配階級の武家が年貢や労働力を確保するためや、これに対する不平不満(一揆や越訴)を押されるために分裂支配する必要があったわけです。そして最底辺に置かれた「えた」「ひにん」といった人々を権力機構の末端の仕事(牢番・処刑・城内の掃除)をさせ身分秩序を支える役目を担わされました。

江戸時代も中期にはいると武家の生活水準も高くなり農村に対する態度も変わり商業経済もすすみ農村も変貌を止め町人が台頭し経済的には武士の上に立つようなり農民を押さえるようになって来ました。
このことは幕府や藩にとって社会基盤の危機にほかなりませんから身分制度を厳しくする必要がでてきました。特に8代将軍吉宗のころから身分規制を非常に厳しく行っています。逆に考えますと取り締まりの対象となるような反動が盛んになったと考えられます。
(例えば社会での差別が厳しくそれに対し立ち上がったとか・・)

この身分制度も明治4年8月の解放令まで続くことになります。

最後に「ある職業」と書きましたが
差別に繋がる恐れがありますので
ここには記載できません。ご了承下さい。

非常にやっかいな質問ですが
歴史的事実として回答します。

江戸時代社会の士農工商・えた・ひにんといった
上下の身分的仕組みとして政策的に作り出されました。

「えた」はある業種の手工業者で
「ひにん」は遊芸人や職業を持たない人々でした。

「ひにん」については一種のアウトローですので特に説明する必要もありませんが(社会的・政治的にどこにも属していない人たち)「えた」について簡単に説明します。

中世の賤民は農業から離れた仕事をしているものほど賤視され手工業者や商人の多く...続きを読む

Q篆書体が見れるサイト

学校の美術で、ハンコを作るのですが、篆書体の字がどんなものだかわかりません。
篆書体が調べられるサイト、またはフリー配布をしているフォントなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

篆書体チェック
http://www.is-hanko.co.jp/shachi/tensho_check.html

和文フォント大図鑑 [篆書体]
http://ohkadesign.cool.ne.jp/wabunfont/category/tensho.html

Q徳川時代の鎖国について

徳川家光は鎖国をしました。
これによって日本はどのようなメリットとデメリットがあったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

これまでの考え方:(通説)
(1)「神の下では、万民が平等」という教えが、徳川幕府を頂点とした「封建社会の秩序」を乱しかねない。などの理由が挙げられていますが、戦国時代あたりから日本に「布教活動」を活発に行い始めたのは、主に、イギリスやポルトガル、スペインを中心としたキリスト教の中でも、カトリック系の宣教師たちであった。
(2)そして、確かに、私たちは、学校教育などの現場で「キリスト教徒」の進出に恐れて、日本が植民地化されるのではないか、と言う「懸念」から「鎖国」をした・・・と、習ってきましたね。
(3)しかし、長崎の出島においてはオランダとの交易は「許可」をした。
これには、オランダも植民地化を推進する国ではありましたが、一言で言うと、日本から「輸入」する「産物」が乏しかった。つまり、東インド会社などのように、当時、ヨーロッパが欲しがるような「香辛料」などは、日本の風土の中では、全くなかった。
さらに、金銀などにしても、当時は「銀」が主な流通貨幣でしたが、メキシコにおいて銀山の開発が本格化して、大量に輸出されたため、「黄金の国ジパング」とは言われても、その産出量は比較にならないほど少なかったためにスペインはいち早くメキシコとの交易に転じた。
そして、オランダはキリスト教の中でもプロテスタント系が多く、東インド会社を巡っては、オランダはイギリスに勝利をしイギリスは排除され、日本からも撤退せざるを得なかった。しかし、すでに、日本が戦国時代頃から布教がされていたカトリック系をプロテスタント系に改宗せよ、と言っても、すでに根付いてしまったものを覆すことは、非常に困難であり、無理だと考え、布教活動に対する「魅力」は何もなかった。
(4)そこで、布教活動をするよりも、交易による利権に目を向けた。

もう一つの考え方:(日本側)
(1)どのような国の支配者たちも、自らの権力の「維持」「強化」を目指すものであり、海外との交渉で諸問題が発生するよりも、「閉ざされた社会」の方が「管理」をしやすい。
(2)当時の諸外国と言えども、中国や朝鮮でも同様に「閉ざされた社会」であり、例えば、明にしても、朝貢以外を排除し、中国人の海外渡航を禁止している。
(3)幕府としては、「開国」することにより、日本の諸藩が貿易による「財力」や「兵力」の拡大を強く恐れた。
(4)ただし、こうなると、諸外国の「情勢」が何も見えなくなって、いわゆる、「独裁国家」になるため、幕府権力だけでは日本を「独裁的」に統治する力は、まだ「完全」とは言えず、とは言っても、幕府権力という独裁的立場を確立するために、「布教活動をしない」という約束のもとで、長崎の出島のみでのオランダとの交易を許可した。
そこには、日本の諸藩を介入させず、幕府だけが「富」と「情報」を独占するためであった。
しかし、幕府の力が、まだまだ弱いことを印象付けたのは、寛永14年(1637)10月25日より発生した「島原の乱」では、幕府軍は苦戦をし、オランダに依頼をして、海上から原城への砲撃をさせています。
(5)「鎖国」をする・・・と、言うことは、とりもなおさず、国家の中だけで「自給自足」をすることになるわけですが、秀吉の頃からは、日本国内でも「灌漑」「治水」事業が発達して「新田開発」なども盛んになった、また、「農業技術」や「農機具の発明」などで徳川幕府としては、「国内生産」「国内消費」だけでも統治できる・・・と、考え「鎖国」に踏み切った。
(6)やがて、幕府権力も充実してくると、海外との戦いでも、必ずしも「最新の兵器」だけで勝てるわけもなく、「兵力数」や「食料の補給路」で、さらには、戦国時代としう戦いにおいての「戦略」や「戦闘技術」では、幕府は諸外国に対抗できる・・・と、考えた。
これには、秀吉が朝鮮出兵で「補給路」を絶たれて敗北した経験が、そうした考えとなった。
従って、徳川幕府としては、「鎖国」をすると同時に「海外進出」には一切目を向けていない。
寛永12年(1672)6月25日、幕府評定所の話し合いで酒井忠勝は、
「我々は、他の人の奉仕を受けることができるかぎり、日本の船を国外に渡航させる必要はない」
との諮問を出している。
(7)幕府は、一気に「鎖国」をしたわけではなく、徐々に発令していった。
*慶長17年(1612)、キリスト教禁止令を出す。
*寛永10年(1633)、奉書船(渡航が許可された船)以外の海外渡航を禁止。
*寛永12年(1635)、日本人の海外渡航と帰国を禁止。
*寛永14年(1637)、島原の乱。
*寛永16年(1639)、ポルトガル船の来航を禁止。
*寛永18年(1641)、オランダ商館を平戸から長崎の出島へ移転。
(8)また、「鎖国」とは言っても、「四口(よつのくち」と呼ばれて、
*中国から琉球へ、そして、薩摩藩を通じて幕府への路。
*中国から朝鮮へ、そして、対馬を通じて幕府への路。
*中国やオランダから長崎へ、そして、幕府への路。
*蝦夷地(アイヌ)から松前藩を通じて幕府への路。
(ただし、松前藩には40%位の課税をしたとか)
が、開かれていました。

「鎖国」という言葉について:
(1)ドイツ人のエンゲルベルト・ケンペルが江戸旅行をして、帰国後に書いた「日本史」(1712刊)の中にある、
「日本国において自国人の出国、外国人の入国を禁じ、また、此国の世界諸国との交通を禁止するにきわめて当然なる理」
と、いう一文を、蘭学者である志筑忠雄(しづきただお)が享和元年(1801)「鎖国論」において初めて使用した「造語」である。
(2)しかし、嘉永2年(1849)に成立した「徳川実記」では、寛永12年(1635)の措置を「海禁」と書かれている。
(3)近年、「鎖国」という言葉は、研究者の間でも使われなくなってきており、学校の教科書などでも、山川出版「新日本史」では、本文中には一切「鎖国」という文字は出てきていない。
(4)著者の東大教授藤田覚氏によると、
「幕府は、最初から鎖国を意図したわけではない。その状態が、たまたま200年ほど続いたから『なんとなく鎖国』だった」
と、考えた方が自然ではないか・・・とコメントしている。

結論:
>>これによって日本はどのようなメリットとデメリットがあったのでしょうか?

メリット:
(1)植民地化されずにすんだ。
(2)諸国の大名が幕府よりも経済的優位にはならなかった。
(3)幕府の「独裁体制」が一層強固なものとなった。

デメリット:
(1)諸外国の政情が幕府の独占で、諸国の大名たちには、海外情勢が理解できなかった。
(2)物産が国内の取引だけであったので、一部の「発明」や「工夫」などはあったが、画期的な進歩がなくなってしまった。
(3)農業依存度が続いた。

このようなところでしょうか。

少しでも、あなたのお役に立てば・・・。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

これまでの考え方:(通説)
(1)「神の下では、万民が平等」という教えが、徳川幕府を頂点とした「封建社会の秩序」を乱しかねない。などの理由が挙げられていますが、戦国時代あたりから日本に「布教活動」を活発に行い始めたのは、主に、イギリスやポルトガル、スペインを中心としたキリスト教の中でも、カトリック系の宣教師たちであった。
(2)そして、確かに、私たちは、学校教育などの現場で「キリスト教徒」の進出に恐れて、日本が植民地化されるの...続きを読む


人気Q&Aランキング