教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

現在PEGの合成実験を行っているのですが、有機化学がチンプンカンプンの為理解できていません。
PEGの末端に、多種の置換基をつけるのですが、どうして重合するのかが、わかりません。
PEGの重合はラジカルを用いた合成が一般的なのでしょうか?

私が行っている実験はPEGを溶媒で溶かし、そこに末端につけたい試料を仕込む。40度で3時間攪拌
その後、洗い、結晶で出来上がり。

どうして、40度の攪拌で重合が出来るのかがわかりません。
ラジカル重合ならもっと熱を加えてやらねば、切れませんよね?

合成に関する知識がなく、ただ、教科書通りに実験を行ってしまっているため、物はできるのですが、工程を理解できていません。
教えて下さい。

A 回答 (3件)

重合じゃないでしょ,それ.


末端になんかついたPEGなら,たとえば,その末端にしたいやつをアルコキシドみたいにして,そっからエチレンオキサイドにアニオン付加重合させてくなんて手があるけど,そういうのとも思えない書きぶり.
たとえば,付けたいやつを酸クロかなんかにしておいて,PEGと混ぜれば反応するよ,ってのはありうるかも.
    • good
    • 0

>合成に関する知識がなく、・・・


知識のない人に説明するためには、どの程度の知識ならあるのかを知る必要があります。また、説明しようにもあなたからの情報が皆無に近いです。重合と言う言葉も理解できていないのかもしれません。
知識がないのであれば、回答者がどういう情報が必要であるかがわからないはずです。その場合には、すべての情報を相手に与えるべきだと思います。化学反応について尋ねたいのであれば使用した化合物が何であるかは最低限必要な情報です。
    • good
    • 0

重合というより水酸基の修飾という感じですが、使っている試薬は具体的にどんなものですか?

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング