売り上げが900百万円と記載されている会社を見つけましたが、一体いくらなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

9億でしょう。


数字を書くときに見やすいように3桁ずつ区切る習慣がありますが、そうすると百万は
1,000,000
となって、切りが良いわけです。このため百万円を単位のように使う例は良くみられます。
900百万・・900,000,000
という具合になります。
    • good
    • 0

日本では十百千という補助単位と万、億、兆、京という単位を使って4桁ごとに数字を数えます。


ところが英語圏をはじめ世界標準は3桁で一単位となっています。

例えば英語では Thousandが1000 Ten Thousandが10千で10000のこと。
おなじみのMillion(ミリオン)が1000000 なので一千万は 10ミリオンで10百万となります。          
国内でも使いますが、特に海外のニュースを和訳したりする時には
「sales 900million yen」などと書いてあると、そのまま訳すと「売上げ900百万円」となります。
手間をかけて訳せば「売上げ9億円」になるのですが、慣習として最近はそのまま訳すことが多いですね。
    • good
    • 0

10百万円が1千万円ですから、100百万円が1億円です。


従って、900百万円は9億円になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMKS単位系への換算方法

こんにちは、現在高1の者です。
MKS単位への換算方法がよくわからないので質問させていただきます。
基本的な単位の換算(gをkgに換算することなど)は小学校の時に習いましたが、組立単位をMKS単位へ換算するときに、どのような順序で計算を行えば良いかあまり理解できていません。例えば 48.3 g/cm3 をMKS単位に直す過程がわからなかったりします。組立単位からMKS単位への換算方法(過程)をご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ある数値、(単位付き、あるいは単位なし)があるとします。単独の数値でも、等式でも構いません。
2.これに「1」を掛けても、これを「1」で割っても何も変わりませんし、等式も成り立ちます。
3.掛け算、割り算の世界では、数値も単位も同じように掛けたり割ったり出来ます。

3.1m = 100cm と言う等式を見ましょう。両辺をmで割ればどうなりますか。1 = 100 cm/m です。
4.問題:3.4 m は何cmですか。x = 3.4 m これに「 1 」を掛けましょう。x = 3.4 m * 100 cm/m = 3.4 * 100 m*cm/m = 340 cm(分母の m と分子の m を約しました。)

5.同様に 1 = 1000 g/kg あるいは 1 = 0.001 kg/g
6.また 1 = 100 cm/m 従って、1 = 1*1*1 = 100*100*100*cm*cm*cm/m*m*m = 1,000,000 cm3/m3 あるいは 1 = 0.000 000 001 m3/cm3
7.このように  実際には「1」である等式を換算したい数値に掛けてやれば、すぐに答えは出てきます。

1.ある数値、(単位付き、あるいは単位なし)があるとします。単独の数値でも、等式でも構いません。
2.これに「1」を掛けても、これを「1」で割っても何も変わりませんし、等式も成り立ちます。
3.掛け算、割り算の世界では、数値も単位も同じように掛けたり割ったり出来ます。

3.1m = 100cm と言う等式を見ましょう。両辺をmで割ればどうなりますか。1 = 100 cm/m です。
4.問題:3.4 m は何cmですか。x = 3.4 m これに「 1 」を掛けましょう。x = 3.4 m * 100 cm/m = 3.4 * 100 m*cm/m = 3...続きを読む

QH12年度に税理士に依頼した確定申告の間違いを見つけました

最近妊娠が判明したので、前回の出産入院の時はいくらくらいかかったのか調べるため、平成12年度の確定申告書をひっぱりだして見ていたところ、医療費の申告額が少なく記載されているのを発見しました。

入院医療明細書では434140円なのですが、税理士の先生の転記(添付されている医療費控除の内訳欄です)では344140円となっており、その額でトータルなどの全部の計算がされています。
9万円も違うので、我が家の税率(30%)を単純に掛けた額を考えてみても、今回の妊娠通院費用の足しになるので
もし出来るのならば取り戻したいと思います。

このような場合、まず税理士の先生に相談するのが先決なのでしょうが、還付を受けることが可能なのか、教えて下さい。
また、税理士をされている方にお伺いしたいのですが、
このようなことを指摘する依頼者はちょっと迷惑に
感じられたりしますでしょうか?
細かい!などと思われるといやだな、と思ったものですから。。。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず申告書を作成した税理士に説明をしてもらいましょう。税理士に間違いがあった場合は税金の損失部分を請求してみましょう。税務署からの還付は期限が過ぎているので賠償責任は税理士にあると考えられます。
 税理士側からみると困った客だなと思うでしょうが、報酬を得て仕事をしているのだから、責任は当然負うべきでしょう。
 貴方も税理士に報酬を支払って依頼したのであれば納得のいく説明を受けて、2万7千円と住民税相当額を補償してもらって良いと思いますが・・・・。

Q単位換算について

VisualC#.NETを用いて、単位換算を主目的としたアプリケーションを作ろうと計画しています。

ラジオボックスやコンボボックスを用いて換算前の単位・換算後の単位を指定し、換算結果を表示させたい場合、どのような記述になるのでしょうか?ifを使い、一つずつの計算法を追加記述するしかないのでしょうか?


御教授のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

たいていの換算可能な単位は「単純に定数を掛けるだけ」で換算できますから、単位と換算定数の一覧を配列やリストで持っておけば事足ります。個々の単位ごとに条件分岐をする必要はありません。

なお、「m」→「kg」のように換算できない単位の関係もありますから、「換算できる単位はどれか」を示す情報も一覧に入れておくほうがよいでしょう。

Q事業開始は、仕事を始めた日?売り上げの出た日?

いつもお世話になってます。

今年の4月10日から、フリーランスとして仕事を始めました。
最初の契約金が振り込まれたのが、6月1日です。

青色申告で節税したいと思ってたのですが、「個人事業の開廃業等届出手続」を開業してから1ヶ月以内に提出しなければいけないと、国税庁のサイトにありました。

ここでいう「開業の日」は、「仕事を始めた日」じゃなければいけませんか?
「売り上げの出た日」とは解釈できませんか?

やる気満々で複式簿記について調べていたので、ぜひ青色申告したいのですが・・・。

Aベストアンサー

開業届は1ヶ月以内となってはいますが、これを過ぎても提出は出来ます。
また、青色申告の申請書の提出期限は開業2ヶ月後のため、開業日は4/10なので6/10までに申請書を提出すれば今年から青色申告することも可能です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2070.htm

Q濁度単位(ppm→FTU)の換算方法をお教え下さい。

濁度単位(ppm→FTU)の換算方法をお教え下さい。

水質の現地観測で使用する観測機器(クロロテック)の単位(ppm)が
過年度に使用された機器(機器不明)の単位(FTU)と異なるために、
ppmをFTUへ換算する必要性が生じました。

インターネットで調べた結果、
それぞれの濁度単位(NTU、FTU、ppm、FUN)には相関があるらしく
換算が可能らしいのですが、
肝心の換算方法に辿り着くことができませんでした。


どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、
濁度単位ppmをFTUへ換算する方法をお教えください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も長いことこの業界に居ますが、換算法があれば是非教えてほしいです(笑)。尚、日本では計量法上、液体のppmという単位は公式には認められなくなっていますので、mg/Lという単位に置き換えてお話しします。

濁度のFTUと懸濁物質濃度の単位であるmg/Lに絶対値としての相関はありません。濁度は一定粒度のカオリンの濃度で定義されますが、たとえカオリンの濃度が同じでも粒度が変わっただけで濁度は変わってしまう訳ですから、ましてや物質名も構成も粒度もわからない懸濁物質と、濁度を数式ひとつで相関付けるのはナンセンスなのです。

しかし、同じ水域や濁質発生源の水であれば、一度濁度と懸濁物質濃度を正当に分析しておいて検量線が引ければ、同じ水域の水で濁度から懸濁物質濃度を推定するのは問題ない場合が殆どです。SS計なども同じ原理で、懸濁物質濃度の分析値と光の透過度との相関を一度手で入力しておいて、近似的にmg/Lを示すようになっています。

Q源泉徴収票の住所記載について

源泉徴収票の住所記載について
副業先の源泉徴収票に記載されている住所が、以前住んでいた住所のまま変更されていなく、また、名字が一字間違っている場合(読みは合っています)、きちんと本業の方の所得と合算されて給与総収入金額に入っているのでしょうか?それとも、副業の(住所・名前違い)の給与は別人として迷子の状態になっているのでしょうか?
主人の収入をこっそり調べているのですが、本業の総収入+副業の総収入(数か所)の合計が、課税証明書の給与収入金額よりも多いので、住所・名前の間違っている源泉の分は入っていないのかと・・。だらしない主人は、副業の確定申告はしていないと言っていました。ちなみに、以前の住所と今の住所は同市内です。

Aベストアンサー

No.1です。

>源泉徴収票が出ていても会社側が給与支払い報告書を出さない場合というのはありますか?
副業の収入は(34,43,12万)とまちまちです。
あります。
給与支払報告書を出すのは会社の義務ですが、まれに義務を果たさないところもあります。

>それと・・おわかりになったらでよろしいのですが・・
本業の方の12月末の給料明細(年末調整済み)に載っている「課税所得累計額」 というのは、源泉に載ってくる「支払金額」の額と同じですか?
「所得」という字句がひっかかりますが、その表記の仕方ならおそらく同じでしょう。
正確にいうと「所得」とは「収入(支払金額)」から「給与所得控除(収入によって決まります)」を引いた額をいいます。

>本業の源泉が見当たらないもので。
なお、課税書証明書には「所得」と「収入」の2つの数字があると思いますが、前に書いたように「収入」が「支払金額」になります。

Q単位換算係数の換算は可能でしょうか?

あるシステム(A)から、別のシステム(B)に
単位換算係数のインターフェースを行いたいと考えています。

たとえば、
システムAでは 単位a:単位b
システムBでは 単位b:単位c の比率を保持する状態を作り、
システムAからBへ何らかの数量のインターフェースを行ったとき、
単位a→単位cの換算を簡易に行いたいのです。

各システムのテーブル構造は以下のようになっています。

--------------------------------------------
<<システムA 品目単位換算マスタ>> ●=key
●品目コード
●代替単位
 分子
 分母
 システムA基本数量単位
--------------------------------------------

--------------------------------------------
<<システムB 品目単位換算マスタ>> ●=key
●品目コード
●代替単位
 分子
 分母
 システムB基本数量単位
--------------------------------------------

システムAでは基本数量単位に対して考えられうるすべての
換算分母、分子を持っています。
システムBはそれを利用して、自システムの数量単位を正とする
換算分母、分子を持ちたいと考えています。
このようなインターフェースは可能でしょうか?
コンピュータで比率を計算しようとすると小数が出てきますので、
分母、分子といった項目どうやって格納してよいか検討がつきません。。
言語はC#です。

いくら考えてもわからないので、お聞きすることにいたしました。
どなたかお知恵をお貸し願えませんか?
よろしくお願いいたします。

あるシステム(A)から、別のシステム(B)に
単位換算係数のインターフェースを行いたいと考えています。

たとえば、
システムAでは 単位a:単位b
システムBでは 単位b:単位c の比率を保持する状態を作り、
システムAからBへ何らかの数量のインターフェースを行ったとき、
単位a→単位cの換算を簡易に行いたいのです。

各システムのテーブル構造は以下のようになっています。

--------------------------------------------
<<システムA 品目単位換算マスタ>> ●=key
●品目コード
●代替単位...続きを読む

Aベストアンサー

変換係数は全て分子・分母とも整数の分数で保持しているということですか。
システムA基本数量単位からシステムB基本数量単位への変換係数(分数)はあるんですよね。

それだと分数(有理数)計算用のライブラリを作れば済むことでは? 分数の掛け算なんて分子同士、分母同士で掛ければ良いだけだし、割り算も分子分母を入れ替えるだけで同様だしね。
後は約分だけ作れば質問の用途には十分でしょう。約分は分子分母を公約数で割るだけです。公約数は互除法で求まります。
# 通分も実装すれば四則演算が可能です

Q給与所得者異動届書の記載方法について

異動届所に記載してある、一括徴収できない理由
「5月31日まで支払われる給与もしくは退職手当等がないため、または未収入額より少ないため」

これの意味がまったく理解できません。

5月31日付けでやめる人に対し、普通徴収、そして、上記の記載に○をする手続きをするようにいわれたのですが理解できず困っています。

素人にもわかりやすく教えてくださると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今自宅なので、自分の仕事用ノートを見ながら回答できません。
ですから細かい文言に違いがあるかもしれませんが、以下のような内容だったと記憶しています。


12月31日以降5月31日までに退職した場合、退職者の住民税の残額は、給与や退職手当から一括して天引きするのが原則です。
ですから、一括徴収しない場合は、異動届にある理由に○をつけることになっています。
逆に言うと、残額がない場合は、○をつける必要はありません。


>これの意味がまったく理解できません

3月31日退職者(毎月の住民税額3万円)を例に説明します。

(1) 原則は、4月と5月の給与から引かれるはずだった住民税6万円を、退職手当から一括徴収。

(2) 勤続期間が短すぎて退職手当が出ない人や、退職手当の制度がない場合は、3月分の給与から、3・4・5月分の住民税の合計9万円を一括徴収。

(1)(2)の方法で一括徴収できない人が、「一括徴収できない理由=給与、退職手当がないため、未徴収額より少ないため」のケースになります。
具体的には、退職手当がもらえない人で、なおかつ3月分の給与が残りの住民税額(9万円)よりも少ない人、病気欠勤や育児休業などの理由により3月の給料がゼロの状態で辞める人などです。
この方たちは、残りの住民税額を給与天引きできず普通徴収に切り替えとなりますので、普通徴収に○印をつけます。


それから、『給与所得者異動届出書』は、
『給与支払報告書にかかる給与所得者異動届出書』と
『特別徴収にかかる給与所得者異動届出書』
の2枚を兼用する様式になっており、本来は提出する時期や提出先によって使い分けるようになっています。

『給与支払~異動届出書』の方は、新年度(6月以降)の住民税用の様式です。
『給与支払報告書』(いわゆる源泉徴収票)を税務署に提出した後~5月31日までの間に、退職や転勤が生じて、『給与支払報告書』で報告した勤務先や徴収方法などに変更がある場合に使います。

『特別徴収~届出書』は、旧年度(5月まで)の住民税を、どうやって納めるかを報告するための様式です。


で、5月は住民税の旧年度と新年度の両方に関わるので、2枚とも出すのが正式です。
でも、2枚とも同じような内容で間違いやすいので、自治体によっては1枚で済ませてしまえるよう、様式を工夫している所もあります。
退職された方が、平成16年中に転居していたりすると、提出先も違うので、2枚必要になりますが、転居していないなら、1枚で済ませても分かってもらえると思います。
(私はいつも真面目に2枚に書き分けて100件を超える自治体に出していました。99件の自治体はそれでOKだったのですが、何年か前に、某自治体の住民税担当から、何で2枚も来てるんですか?と電話がかかってきたことがあって、逆に面食らってしまいました)


質問者さまのケースの場合は、『特別徴収にかかる給与所得者異動届出書』1枚出せばOKのように思いますが、勉強だと思って2枚とも作成してみましょう。
届出書は自治体ごとに微妙に様式が違うので、下記URLに載っている様式を元に解説します。


まず、『給与支払報告書/特別徴収にかかる給与所得者異動届出書』をコピーして、2枚用意します。
書く内容が微妙に違う所があるので、気をつけてください。

1枚は、『給与支払報告書』の文字を2重線で消し、『特別徴収にかかる給与所得者異動届出書』として使います。
これは、今まで引かれていた住民税(平成16年度分)の異動届になります。
給与支払者・平成16年度の指定番号・整理番号・個人番号・担当氏名・電話(会社が全て記入、押印。番号は全て平成16年度の住民税額通知書に記載されている番号を記入)
1月1日の住所(平成16年1月1日現在の住所を記入)
現住所(平成17年5月31日現在の住所を記入)
年税額(平成16年5月に通知された平成16年度分住民税の年税額を記入)
徴収済月(平成16年6月~平成17年5月)
徴収済額(5月31日退職の場合は、徴収済額=年税額、のはず)
未徴収税額(同じく、ゼロのはず)
異動年月日(平成17年5月31日)
異動の理由(退職、に○印)
異動後の未徴収税額の徴収方法、一括徴収の納入月(未徴収税額=ゼロなので記入の必要なし)
真ん中の赤い字より下は記入不要。


もう1枚は、『特別徴収』の文字を2重線で消し、『給与支払~異動届出書』として使います。
これは、これから引かれる住民税(平成17年度分)の異動届になります。
給与支払者・平成17年度の指定番号・整理番号・個人番号・担当氏名・電話(会社が全て記入、押印。平成17年度の住民税額通知書がまだ届いていない場合は、昨年と同じ指定番号だけ記入すればOK)
1月1日の住所(平成17年1月1日現在の住所を記入)
現住所(平成17年5月31日現在の住所を記入)
年税額、徴収済月、徴収済額、未徴収税額(全て斜線、又は記入しない)
異動年月日(平成17年5月31日)
異動の理由(退職、に○印)
異動後の未徴収税額の徴収方法、一括徴収の納入月(記入の必要なし)
真ん中の赤い字より下は記入不要。


この2枚を、それぞれの1月1日現在の住所地の市役所に送ります。
転居していないなら、2枚とも同じ自治体へ、もし16年中に転居している場合は、1枚は転居前の住所地に、1枚は転居後の住所地に送ります。


また、退職する方の再就職先が既に決まっており、6月早々に働き始める場合は、『給与支払~異動届出書』は、再就職先に直接送ります(退職者本人に、再就職先にすぐさま出すようにと言って渡してもOK)。
そうしますと、再就職先の担当が一番下の『転勤等による特別徴収届出書』の欄に記入して、市役所に提出し、新年度の住民税は再就職先で天引きする、ということになります。

参考URL:http://www.city.iiyama.nagano.jp/download/zeimu/pic/tokuchouidou.pdf

今自宅なので、自分の仕事用ノートを見ながら回答できません。
ですから細かい文言に違いがあるかもしれませんが、以下のような内容だったと記憶しています。


12月31日以降5月31日までに退職した場合、退職者の住民税の残額は、給与や退職手当から一括して天引きするのが原則です。
ですから、一括徴収しない場合は、異動届にある理由に○をつけることになっています。
逆に言うと、残額がない場合は、○をつける必要はありません。


>これの意味がまったく理解できません

3月31日退職者(毎月の住民...続きを読む

Q単位長さあたりから単位面積あたりの換算

単位の換算方法について教えて下さい。
例えば、単位長さあたり(165kg/m)の荷重を単位面積あたりの荷重
に換算する場合どのようにしたらよいのでしょうか?
負担面積は、15m x 1.5mと仮定した場合で教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

単位長さあたり(165kg/m)の荷重が15mx1.5mの板に加わっていたという話ですね。

この「単位長さ」がどっちの長さを指すのかで、面積あたりの荷重は違います。15mのほうを長さ方向とすれば(普通、長手方向を取るのでこっちだと思いますが)、1m×1.5mの面積に165 kg かかっていることになるので、単位面積あたりの荷重は 165/1.5 [kg/m^2] になります。165 の単位はもともと [kg/m]ですから、これを長さの単位で割ると[kg/m^2] になって、ちゃんと面積あたりの荷重の単位になります。

Q源泉徴収票の記載について教えてください!

教えてください!!
「控除対象配偶者の有無等」の欄ですが、
控除対象配偶者ではなくて配偶者特別控除の対象がいた場合は
有に○でしょうか、無に○でしょうか??

Aベストアンサー

配偶者の合計所得が38万円~76万円未満の方ですよね。
でしたら、無に○です。
「配偶者の合計所得」の欄に金額が入っているはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報