ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

居酒屋経営で有名なモンテローザなんですが、株式会社なのになぜ株は上場していないんですか?

http://www.monteroza.co.jp/monte/company/company …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

モンテローザが上場していない理由は、経営陣に聞かないとわかりません。



一般的には株式上場のメリットとして、新たに資金の調達ができる(しやすい)。
一般の人に広く株を発行できます。上場しないと本人や家族、親せき・親しい
友人など身内だけで株を発行(資金を集める)になります。

会社が事業をするうえで資金が必要です。銀行から借りたり、社債の発行など
は利息を付けてお金を全額返す必要があります。

対して株は、集めたお金を返す必要が全くありません。業績がよければ分け前
(配当金)をくださいね、という条件です。

デメリットは、大口の株主に経営に関して口を出される。何年も赤字の事業があ
ったとして、経営陣は将来的な黒字をめざして頑張りたいと思っても、大口の株
主にヤメろと言われたら止めざるをえないです。

つまり資金の調達の必要性があれば上場、株主(部外者)の口だしがいやなら
非上場という感じかもです。

もちろん上場にあたっては、証券取引所の審査があります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

v

お礼日時:2012/03/02 01:30

まず、すべての株式会社が上場しているわけではありませんね。



では、会社はなぜ上場するのか。
いくつかメリットはあります。
(1)信頼性が出る。(→ 証券取引所の上場審査を通らなければ上場できません。なのでその審査を通った信頼できる会社とお墨付きということになります。)
(2)資金調達がしやすくなる。(→限られた方ではなく、一般の方もその会社の株を購入することができるようになります。)
 等です。

したがって、信頼もあり資金調達を必要としない会社は、上場する必要がないのです。そのほかにも有るかと思いますが、ほとんど上記2点だと思われます。
    • good
    • 4

回答致します


株式会社とは人格権に由来する呼称です
それはさて置き
上場(ジョウジョウ)は株式を公開する事で外部から運営全般の資金を募集する事で
会社の社会的な地位を高める方法です
信用が高くないと 貴方もお金を出しませんよね 出します???
逆にお金が在ってお金持ちの会社は そうはしません
例えば 貴方が知っている会社なら
(1)サントリー
(2)竹中工務店
(3)ホテルオークラ
等の会社はお金持ちで有名ですから外部に資金を求めてはいません
又市場(シジョウ)で資金を募集しないので その会社は社会性が認められません
しかし 最近は その会社の 自身の会社の社会的公開性の重要性の認識から
ディクスロージャーの考え方から竹中工務店の様に決算を公開している法人もあります
早い話が他人の資金か 自己資金かの経営者の判断基準なのです
お判り頂けますでしょうか?????
又 この先程使用した
シジョウ
という言葉ですが 日本語ではすべて シジョウ と読む事になっております
ただ唯一 街中の実物を売買する食品等の市場(イチバ)だけが市場と書いてイチバと読みます
これは基本的な事ですね おかしな事に
街中の市場がシジョウの意味なのに 
市場だけがイチバと読むのもおかしな事と言えばおかしな事ですよね
最後に 株式会社とは その性格から法人格の中の一形態を指しますが
貴方は 法人格を知る必要もありますね
御願いだから勝手に調べてね???
!!!!
バイバイ
又判らない事があれば あいましょうね
    • good
    • 0

株式会社数が300万、上場企業数は3、4千程度です。

全てが上場(登録)しているわけではありません。なぜと言われても経営陣に聞いてみないと分からないでしょう。上場するメリットがない、上場したくても出来ないとか大抵はどちらかでしょうが…。
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/zuhyou/y060100 …
http://www.iposupport.co.jp/ipo/01.html
    • good
    • 2

上場してない株式会社の方が圧倒的に多いですよ。


株式会社は株主と資本金があれば作れます。上場するかしないかはその会社の自由ですし、そもそも上場基準を満たさないと上場できません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上場していない会社の株は買えるの?

よく興味のある会社の株情報を調べようとその会社名をYahooファイナンス等で入力しても、情報が一切ありません。

Yahooファイナンスなどで表示されない会社は上場していないと聞いたのですが本当ですか。このような会社の株は買うことができないのでしょうか。また○○株式会社という名前だからといって、その会社の株は必ず買えるとは限らないのでしょうか。ご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

Yahooファイナンスの情報は上場会社と日経平均などの指数しかありませんから
会社名を正しく入力して表示されないなら上場されていません。

上場されていなくても証券会社で売買されているものも
数は少ないですがある様です。
その様な会社は上場を目指しているので将来買える様になる可能性があります。

上場していない会社は有名企業でも沢山あります。
身近なものではサントリーは上場していません。
サントリーを買うことが出来るかと言えば先ず無理だと思います。
株主は創業者一族?程度しか持っていないでしょうから
株を売って身内以外のものが株主になる事を嫌っている
とも言えます。

買える可能性は、その会社の株主を捜して売ってくれるか、
直接の交渉する程度でしか方法はないです。

Q(株)●●● なのに、株を買えない会社って?

会社名に(株)って付いているのに、株を買おうと思って検索しても、見当たらない会社が多数あるのですが、なんでですか?

Aベストアンサー

株式会社は小さいところも含めれば多数存在しますが、そのほとんどの会社の株式は自由には売買できません。
大きな会社であっても、会社の方針により上場していないところも多数あります。

「株式会社」であるからには株は存在します。しかしそれは「株式市場で売買できる」ということとイコールではありません。
上場(公開)していない会社の株の多くには「譲渡には取締役会の承認を必要とする」といった旨の譲渡承認条項がついており、自由には売買できないです。
数だけ見れば、むしろ売買できない会社のほうが多いです。

資金調達などを目的に株式市場へ上場(公開)している企業の株のみが証券会社を通じて市場で売買できます。
上場(公開)企業の株は誰でも売買でき、損害を被る可能性もあるので、上場(公開)には厳しい条件があります。
上場(公開)しているということは、ある程度の条件をクリアしているというステイタスにもなり得る(「(例)東証一部上場」と示すことで信用度が上がる・優秀な人材が確保しやすくなる・低コストで銀行借入ができるなどのメリットがあります)ので、それを目指している会社もあります。

うちの親戚の工務店も株式会社ですが、株主は叔父など親戚だけです。
その株を知らない第三者が買うことは想定していません。

株式会社は小さいところも含めれば多数存在しますが、そのほとんどの会社の株式は自由には売買できません。
大きな会社であっても、会社の方針により上場していないところも多数あります。

「株式会社」であるからには株は存在します。しかしそれは「株式市場で売買できる」ということとイコールではありません。
上場(公開)していない会社の株の多くには「譲渡には取締役会の承認を必要とする」といった旨の譲渡承認条項がついており、自由には売買できないです。
数だけ見れば、むしろ売買できない会社...続きを読む

Q寄り付きとは?

こんにちは
株の寄り付きで買う、というのはその日の成り行きで買うということなのでしょうか?
辞書などで調べたり、検索したのですが、今一よく分からないので、質問しました。
初歩的な質問で恥ずかしいですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寄付きと言う言葉があるのは、市場が開くてから最初に付く値段と
言う意味ですが、値段が付いた後と売買の成立方法が違うからです。

寄付きは板寄せと言い高値の買いと安値の売りをマッチングさせて
行き中心相場で最初の値段を決めます。この時の成行き注文は
最優先でマッチングされますので、ほぼ確実に取引が成立します。

値段が付いたあとはオークション方式になるので指値の場合は
反対取引の相手が現れるまで成立しません。

成行注文の場合は相手側(買いの場合は売り)の注文があれば
相手側の値段で約定します。

纏めると成行きは注文方法のことで、寄付きとは相場が出来ることを
いいますので別物です。

Q株が売れない事ってありますか?

株は全くの初心者です。本やネットで勉強してて、どうしても分からない点がありまして、どうか教えて下さい。
例えばA社の株を1000円の時に10000株買ったとします。
その株が1200円になったので10000株全てを売りに出したとします。全て売れれば200円×10000株=2000000円の利益ですよね?
1.このような時売れない事ってあるんですか?上昇中の株であれば、相場の価格で売れるのでは?と思っていたのですが・・・。最悪、相場が1200円の時に1100円とかで売りに出せば10000株全てが売れるのでしょうか?
2.出来高が高いものは、売る人も買う人も多いって事ですよね?その場合大体が相場価格(始値、終値とか)で取引されているのしょうか?

全くの初歩的なことですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.相場の価格(現在値)というのは、直近で最後に約定(取引成立)した価格のことです。
したがって、理論上その後に(直後であっても)同じ値段で売れるとは限りません。
ただ、現実論として、流動性の高い銘柄(TOPIXコア30や日経平均225採用銘柄など)なら、現在値がついた直後に
1~2ティック(呼び値)下の値段で売りに出せばまず売れると考えて良いです。

株価が上昇中なら確かに買いが入りやすいのでその分売りやすいと言えますが
#1さんのご指摘どおり、あくまでも買い手が存在して初めて取引成立します。

>相場が1200円の時に1100円とかで売りに出せば10000株全てが売れるのでしょうか?

したがって、上記ご質問の回答としては「銘柄の流動性による」ということになります。
自動車や鉄鋼の大手ならまず売れますが、一日に数単位しか取引されないような銘柄では売れないことが多いでしょう。

2.出来高が多いということは、売る人(量)と買う人(量)が多いことを示しています。
ご質問の「相場価格」の定義が分かりませんが、一日を通して売買の量が多いのです。
こういう銘柄は 始値=寄り付き と 終値=引け で買う人も多いのですが、一日の全取引からごく一部にすぎません。
例)今日のソフトバンクでは、全取引株数が2700万株超ですが、寄り付き95万株・引け34万株となっています。

1.相場の価格(現在値)というのは、直近で最後に約定(取引成立)した価格のことです。
したがって、理論上その後に(直後であっても)同じ値段で売れるとは限りません。
ただ、現実論として、流動性の高い銘柄(TOPIXコア30や日経平均225採用銘柄など)なら、現在値がついた直後に
1~2ティック(呼び値)下の値段で売りに出せばまず売れると考えて良いです。

株価が上昇中なら確かに買いが入りやすいのでその分売りやすいと言えますが
#1さんのご指摘どおり、あくまでも買い手が存在して初めて取引成...続きを読む

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Q【空売り】の意味がわかりません

株初心者です。
空売りの意味がわかりません。ある証券会社の説明では、

「証券会社などから株券を借りて市場で売却することを指します。株価が下落して、買い戻した値段が売却したときの値段を下回っていればその差し引き分が利益となります」

とあるのですが、どうして利益が出るのか理解できません。
ご説明宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ある会社Aの株を空売りするとします。
売ります。しかしA社の株は持っていません。そこで、A社の株を借りて、売ります。
借りる先は証券会社からの説明の通りです。
借りたものは返さなければなりません。A社の株を借りたのですから、A社の株で返します(※ここがポイント)。
返すためにA社の株を買います。買って、株を返します。
以上で終了です。

借りて売る際、100円だったとします。そして、買って返す時が80円だったとします。
売った際に100円を得て、買ったときは80円を払っています。この差額20円が利益になります。
期限が来たら(ふつう半年)、どうしても返さなければいけません。
もし120円になっていたら・・。120円で買って返さないといけません。20円損します。

Q未公開株の価格って誰が決めてるのですか?そもそも変動するのですか?

株の素人です。
質問は首題の通りですございます。
実は私の妻が自分の務めている会社の株(未公開)を持っています。
私の理解では、市場に出ていない以上、株価は変動しないものとばっかり思っていたのですが、妻が株価が上がったとか言ってるのです。
私は「はぁ?未公開なのに上がったとか下がったとかあるわけないじゃん!」とか自信満々に反論してたら、ちょっと口論になった次第です。
妻はその会社の会長が価格を決めているというのです。
そんな、いくら会長でも勝手に「今日はいくらだ!」とか言い値で決まるもんなのでしょうか。

Aベストアンサー

未公開株について奥様が言われているのは税法上の株価でしょう。
未公開株価は決算内容(利益、純資産、配当を要因として)により税法上の株価が算出されます。ですので、毎日変動するというものではありません。期毎に変動するといえます。

評価価格は
(1)配当還元価格
(2)純資産価格
(3)類似業種比準価格
の3種類(あるいは組合せ)で決定されます。計算方法は上記コメントをインターネットに入力されれば、計算方法が把握できると思いますので割愛します。

上記3つの評価方法でどの株価を適用するかは、そのお勤めになっている会社と奥様の関係により異なります。会社の株主比率30%以上所有している株主一族か(同族株主)、それ以外か(非同族株主)が一義的な判定方法です(実際はもっと細かく規定されていますので、場合によって違うケースもあります)。
(1)株主比率30%以上の株主の一族 ⇒会社規模によりますが、「配当還元価格or純資産価格」「配当還元価格と純資産価格の組合せ」
(2)(1)以外 ⇒配当還元価格

となります。

税法上は相当の価値になる可能性があります。よく中小企業オーナーは自社株の相続の問題でお悩みになっています。

ご回答されている方がいらっしゃるように、(1)であれば業績が上がったため株価が上がったということでしょうが、奥様が筆頭株主一族と関係がなければ配当還元価格となるため、略額面価格となり殆ど変動はありません。

未公開株について奥様が言われているのは税法上の株価でしょう。
未公開株価は決算内容(利益、純資産、配当を要因として)により税法上の株価が算出されます。ですので、毎日変動するというものではありません。期毎に変動するといえます。

評価価格は
(1)配当還元価格
(2)純資産価格
(3)類似業種比準価格
の3種類(あるいは組合せ)で決定されます。計算方法は上記コメントをインターネットに入力されれば、計算方法が把握できると思いますので割愛します。

上記3つの評価方法でどの株価を適用するかは...続きを読む

Q株超初心者です。上がった株ってすぐに売れないの?

表題のとおり、最近株をやりはじめたものです。
まだ、よくわかっていないので質問させてください。

たとえば、
一株500円だった銘柄を50万円で、1000株買いました。
それが、一株2000円になったので売ろう!と思ったらすぐに売れるものなのですか?

売れない場合はどんな場合ですか?

Aベストアンサー

あなたが売ろうとしている値段で買ってくれる人が居ない場合です。
成行(いくらでもいいよ、という注文)なら売れるかもしれません。
ただし、2000円で約定するとは限りません。

Q株超超初心者です。ストップ高の株の買い方?

買いたい株がストップ高の場合はあまり買わないほうがいいのでしょうか?
買うとすれば下がるのを待ったほうがいいですか?

希望の買値で買い注文をしていればその値に下がったとき買えるのですか?

やさしいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ストップ高を買って、翌日売ろうという投資法があるそうです。勢いに乗るということでしょう。選択眼は必要です。

色々な面(これくらいで買いたい、予算など)希望価格があるなら、その価格で指値しておくことです。ただし、その指値は、前日終値からストップ高・ストップ安の範囲にしなければなりません。
下がってくれば、買える可能性はあります。指値注文の一般論としては、約定しないこともあります。

Q株式用語で「IR」ってどういう意味ですか?

株式用語で「IR」ってよく出てくるんですが意味はなんですか?

例「IRまだか~~?」

Aベストアンサー

IR(インベスター・リレーション)とは 
企業が投資家向けに行なう広報活動のことです。
企業の現状や中・長期計画、それを実現するための戦略などを公開して、より多くの出資者を募る。
近年、株式や社債を発行して市場から直接、資金を調達する企業が増えている。
このため、企業は少しでも多くの投資家から出資してもらおうとIRに力を入れ始めた。
ただし、自社に都合のいい情報しか公開されないという批判もある。
http://www.nomura-ir.co.jp/company/ir.html


人気Q&Aランキング