私は食品工場に勤めています。
そこで手指や器機の消毒に使用しているアルコールについて質問します。

その工場では95%のアルコールを水で2倍に薄めて使用しています。ですから、47,5%になりますよね。しかも作りおきしてるんで、実際はもっと低いはずです。(アルコールが先に蒸発するから)

普通、70か75%、もしくは95%のアルコールを使用しているところが多いんじゃないでしょうか?あるサイトでアルコールは70%以上でないと殺菌効果は期待できない、と書かれていました。

これはなんらかの法律に引っ掛からないものなんでしょうか?
こうしたことを定めている法律はないのでしょうか?食品衛生法など。
最近、この工場で働き始めたのですが、とても疑問に思います。
もし、違法行為ならすぐに改善してもらいたいので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

当方、実際にいろいろな企業を回っております。



先の方が詳しく説明されているので、各論は省略させていただきます。
別件でアルコール濃度(塩素濃度も)と殺菌効果について調べたことがあります。
その結果、70%以上の濃度でないと菌は死滅しません。あまり高い濃度のアルコール製剤は手に負担が大きいことと、コストの点からあまり使用されておりません。95%アルコールを適宜希釈して使用されることをお勧めします。

日水よりフードスタンプという微生物試験用の簡易培地が販売されております。
各々の濃度で手を洗った後の指を培地に押しつけてもらい、生菌数をカウントするとよく分かります。工場長の前でやるといいでしょう。効果ありますよ。

業種によっては工場がアルコールまたは塩素臭いほど殺菌に神経をとがらし、加えて紫外線灯、エアーシャワー、器具のバッチ殺菌等徹底して衛生管理を心がけているところ(主に乳畜関連)もあれば、微生物に無頓着な食品企業(伝統食品等)も多数あります。

ラフな物言いをすると、加工時、流通時に菌の繁殖の危険性がある加工食品は衛生管理をしっかり行う必要があります。逆に最終工程で菌が完全に死滅する、あるいは繁殖できない状態で流通する食品は普通の管理でもいいと思います。(しなくてもよいというわけではないですよ)御社の業種が分からないのでアドバイスできませんが、御社の製品と品質管理についても考えてみてください。

でも、そういう点について留意しているあなたはエライ。
品管担当になりなさい。
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「食品工場のサニテーション」
このページによるとエタノールの有効濃度は
「75~80%」
のようです。
http://www.eiken.co.jp/pi/es/es01-10/es7main.html
(食品工場の環境衛生の向上を目的とした自主的な管理基準)

さらに
http://www.tic-co.com/books/96111002.htm
(殺菌・除菌実用便覧)

以下の成書も参考にしてください。
=====================================
早わかり食品衛生法/厚生省生活衛生局/日本食品衛生協会/1998.11 
食品衛生法の改正と食品添加物の規制/厚生省生活衛生局食品…/日本食品添加物協会/1996.8 
食品衛生法/藤原邦達/合同出版/1996.8 
=====================================

ご参考まで。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/sani.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。サイトにより有効農度は若干違いがあるようですが、やはり問題ありそうですね。品質管理担当と相談してみます。

お礼日時:2001/05/10 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食品工場で使用しているアルコールについて。

食品工場や化粧品工場?などで
殺菌?消毒?のために手に振り掛けるアルコールについて質問です。

食品工場でも化粧品工場でも同じ成分だと聞いたんですが
あれはアルコール100%じゃないみたいで。
詳しい作り方わかるかた居ませんか。
他に要る成分やその濃度など。
あとどこで購入できるかも分かれば教えて欲しいです。
アルコールは100%のものなら何でもOKなんでしょうか。

家でも使いたいな~と思いまして。。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

家庭で使うなら「消毒用エタノール」を買ってくれば十分です。
これは最大殺菌効果を示す70~80%に希釈されているため、そのまま利用できます。

自分で作る化粧品コーナーに「無水エタノール」という100%のアルコールが売っていますが、これは自分で70%に希釈する必要があります。
なので、わざわざ高い無水エタノールを購入する意味がありません。

また、「イソプロピルアルコール入り消毒用アルコール」という物も売っています。
普通の「消毒用アルコール」より安いですが、ちょっと特有の嫌な臭いがします。
これも薄める必要はありません。

もしかすると工場だと「ウェルパス(製品名)」のようなものを使ってるかもしれませんね。

アルコールは殺菌力が強いですが、効果が持続しません。
そのため、塩化ベンザルコニウムのような薬剤を混ぜています。
医療関係者は使いますが、家庭でそこまで強い物を使う必要はないでしょう。

間違っても、燃料用アルコールは辞めておきましょうね。
メタノールという神経毒を持ったアルコールが入っていますから。

Q2種類の消毒用アルコール どう違う?

アルコール系の消毒液は色々種類があってややこしいです。
調べて大体分かったのですが、どうしても2種類だけよく分からない物が残りました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B002UWBXVG
こういった 消毒用エタノール を一部の掃除に、主に水回りにスプレーして使っています。
・人体にも使用できる(使用していませんが)
・飲めない
・薄めずに最大限の能力を発揮できる(100%のものと比べて)

と理解しています。(違っていたらご指摘頂けますと幸いです)
価格は家の近くだと500ml 700円以下くらいです。

さらに価格が高い物には、味はともかく一応飲んでも問題無いもの、
酒税がかかっている物があるようですが、これはあえて高い物を選ぶ理由が無いので除外、
また100%アルコールのものも消毒するたびに薄めるのは面倒、その割には安くないので除外しています。

もう1種類ですが
http://www.amazon.co.jp/dp/B004FEJOQI
こういった感じの商品で、食品添加物という表記になっています。
薬局では無く、業務用スーパーにありました。

後者の方は500ml、500円以下で売っていたため、食品添加物というとグレードが高い気がするのですが、たまたま私の家の近くの店で値段が逆転しているだけでしょうか。
あるいは食品に使える=効果が弱い?ような事があるのでしょうか。

前者は説明を見ると、第三種医薬品となっており、後者は見た限りそういった表記は無かったと思いますが、店で見ただけなので単に見落としかもしれません。

どちらでも良いのなら安い方を使いたいのですが、どちらが適しているのでしょうか。
台所などでは、食品にはかからないようにしていますが、前者はもしかかったらまずいですよね。
そのあたりも少し気になりました。
買ったときは薬局の薬剤師の人に、台所とか水回りの消毒と、目的を言っているのでまったく駄目な物を勧められている事は無いと思いますが。

教えて頂けますと幸いです。

アルコール系の消毒液は色々種類があってややこしいです。
調べて大体分かったのですが、どうしても2種類だけよく分からない物が残りました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B002UWBXVG
こういった 消毒用エタノール を一部の掃除に、主に水回りにスプレーして使っています。
・人体にも使用できる(使用していませんが)
・飲めない
・薄めずに最大限の能力を発揮できる(100%のものと比べて)

と理解しています。(違っていたらご指摘頂けますと幸いです)
価格は家の近くだと500ml 700円以下くらいです。

さらに価格...続きを読む

Aベストアンサー

酒税を免れるための添加物の違いですね。

前者のイソプロパノールはアルコールの一種で、
エタノールと同様(それ以上)に消毒作用があります。
毒性はエタノールよりやや強いですが、
大差はありません。(メタノールのような毒は無い)
ただ、食品添加物ではありませんので、
飲食店や食品工場などでは使いにくいです。
(商品に残留すると、法的に問題となる。)

この製品は、基本的にアルコールと水なので、
乾燥した後には(ほとんど?)何も残りません。
(これが利点となります。)

一方の後者には、乳酸(とその塩)が配合されています。
(類似商品でクエン酸などが使われているものもあります。)
添加されているのは食品添加物ですので、
飲食店などでも使いやすいです。

また、エタノールの消毒作用は酸性で強くなるとされていますが、
このような製品は、乳酸などの緩衝作用(pHが変化しにくい)で、
水周りでも安定した消毒作用が得られます。
(水分を含むものに使っても酸性を保つ。)

ただし、揮発成分ではありませんので、
使用後(乾いた後)に多少の酸が残ります。
ですから、機器などに使うと錆の原因になることがあり得ます。

私だったら、
室内の家具や機器などには、イソプロパノールを使った前者、
台所などの水周りには、酸を使った後者を使います。

参考までに、
スーパーなどで売られているスプレーには、
エタノール59%のようなものがあります。
エタノールは60%以上の濃度では、消防法上の危険物扱いとなるため、
工場や問屋などでの保管に制限が生じ、流通コストが上がります。
低濃度のものは、このコストが下がりますので、
多少安くなっています。(ただし、消毒効果は下がります。)

酒税を免れるための添加物の違いですね。

前者のイソプロパノールはアルコールの一種で、
エタノールと同様(それ以上)に消毒作用があります。
毒性はエタノールよりやや強いですが、
大差はありません。(メタノールのような毒は無い)
ただ、食品添加物ではありませんので、
飲食店や食品工場などでは使いにくいです。
(商品に残留すると、法的に問題となる。)

この製品は、基本的にアルコールと水なので、
乾燥した後には(ほとんど?)何も残りません。
(これが利点となります。)

一方の後者には、乳...続きを読む

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q金属探知機の数値データが意味が分かりません。

Fe ●●mmφ
Sus●●mmφ

●●は数値です。
金属探知機のこのデータは、どういう意味でしょうか?
FeとSusとmmФの意味が分からないので、さっぱり分かりません。
分かるようにどなたか教えてください

Aベストアンサー

検知できる金属片の最小サイズを表しているはずです.

Fe 0.6mmφ
Sus 1.0mmφ

上記の場合は,Fe(鉄)は半径0.6mm以上,Sus(ステンレス)は半径1.0mm以上の粒なら検出できますという意味です.

金属の中で検出しやすい順に並べると,以下の様になります.
鉄>金・銀・アルミ・銅等>ステンレス
ですので,金属探知器の性能を語るときはFeとSusの検出精度を述べるわけです.

Qアルコール消毒の消毒時間ってどのくらい?

職場で調理の際に、「食中毒菌を殺す為に75度で、1分加熱」とか、「布巾の消毒に、自亜鉛素酸ナトリウムに30分つけなさい」とか、「熱湯で3分炊くと細菌類はほとんど死ぬ」とか、聞いたのですが、70%のアルコール消毒の時は、吹き付けてさっと拭いてすぐに使います。このアルコール消毒ってすぐに細菌を殺すものなんでしょうか?

Aベストアンサー

アルコールの消毒方法は、基本的に、気化(蒸発)するときに熱と水分を瞬間的に奪うことにより細菌を殺すしくみのはずです。
水分を急速に奪うことにより、細菌をミイラ化するような感じになると思います。このため、逆にアルコールが蒸発してからしばらく置いておいたとしても効果はあまり無いでしょう。

ただし、仕組み上アルコールをほぼ完全に出来るだけ早く蒸発させ乾燥させなければならないので、アルコールのつけすぎは無意味ですし、アルコールを拭きつけたあと乾かないうちに、濡れたタオル等ですぐふき取ると効果は無いはずです。吹き付けすぎたと思ったら、乾いた清潔なタオル等で軽くふき取れば、すぐ蒸発して殺菌効果は現れると思います。

また、熱による殺菌の場合、時間を要するのは、細菌自体がその温度まで上昇するのにそれだけの時間が掛かるというのが理由だったと思います。

記憶違いや、質問者さんの使用状況による、理屈の違いがある可能性があります、あしからず。

Q大腸菌群の殺菌方法

大腸菌群の殺菌方法として、効果的な方法を探しています。
アルコール、次亜塩素酸ナトリウム、除菌剤、加熱処理・・・
わかる方いらっしゃいましたら、教えてください。
すみませんがよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

大腸菌が検出されてはいけないとのことなので、食品関係の加工場のようなところですか?
作業台(木・スチール・ステンレス)の上だけでよいなら、No2の方が仰るように消毒用アルコール(70%エタノール)だと思います。もうちょっと正確に言うと、日本薬局方でいうところの70%(w/w)エチルアルコールです。

たとえば食品加工場であると仮定して、そこで使う布類やプラスチック器具であれば次亜塩素酸ナトリウムがよいですし、手指の消毒には逆性せっけんが適しています。
コストによっては使い捨て器具を使うのもアリです。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。

Q次亜塩素酸ナトリウムの殺菌効果の消失について

化学のことはよく分かっていませんが、仕事上知りたくて質問します。

調理の仕事で、200ppmに希釈した次亜塩素酸ナトリウム溶液をバケツに作るのですが、殺菌効果は、溶液を作ってから何分位までなら保たれますか?

また、希釈する時に使用する水は、お湯だといけませんか?
お湯だと塩素が飛ぶからダメだと言われているのですが、本当かどうなのかわからなくて・・・

塩素消毒したタオルを水で洗ってから干すのですが、消毒した意味が無いように思うのですが・・・

詳しくわかる人がいないためただ言われたことをする毎日ですが、どうしても知りたくて。
質問も的確ではないかもしれませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そういったものは調製後すぐに使うのが基本です。
たとえば、5分とか10分であれば大丈夫でしょうけど、1時間後となれば効果は落ちるでしょうね。そもそも、10リットル作るのと10ミリリットル作るのでは効果が落ちる速度も違うと思いますよ。

>また、希釈する時に使用する水は、お湯だといけませんか?
温度によります。熱湯はダメでしょう。冬に水が冷た過ぎるので、夏の水温程度にするというのであれば許容かもしれませんけど、水温が低い方が良いのは確かです。

>塩素消毒したタオルを水で洗ってから干すのですが、消毒した意味が無いように思うのですが・・・
なぜ、そう思うのでしょうか。水道水に雑菌があるからと思っているのであれば間違いです。水道水は殺菌されていますので蛇口から出てきてすぐの状態であれば消毒したのが無意味になるようなことはないでしょう。もちろん、それを干すのであれば、その段階での汚染の可能性はあります。ただし、タオルを使用した際に付着した菌とは別の菌が付着することになるので、無意味かどうかはそのタオルの使用方法によることです。たとえば、タオルに危険な病原菌がつく可能性があるので消毒するというのであれば、次亜塩素酸によってその目的は達成されたことになります。干している時に付着するのは、通常、その危険な病原菌ではありません。

そういったものは調製後すぐに使うのが基本です。
たとえば、5分とか10分であれば大丈夫でしょうけど、1時間後となれば効果は落ちるでしょうね。そもそも、10リットル作るのと10ミリリットル作るのでは効果が落ちる速度も違うと思いますよ。

>また、希釈する時に使用する水は、お湯だといけませんか?
温度によります。熱湯はダメでしょう。冬に水が冷た過ぎるので、夏の水温程度にするというのであれば許容かもしれませんけど、水温が低い方が良いのは確かです。

>塩素消毒したタオルを水で洗ってか...続きを読む

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報