無塩トマトジュースってなんで普通のトマトジュースより量が少なくて
同じ値段なんでしょう?普通のトマトジュースって無塩トマトジュースに
塩を入れたものじゃないんでしょうか?
それとも需要供給の関係でしょうか?
暇なときに回答くださいぺこ <(_ _)>

A 回答 (1件)

もともと塩分無添加を売り出した理由としては、健康ブームを意識したものです。


となると、せっかくだからということで「有機栽培トマト使用」とか「ストレート(濃縮還元していない)」等、ある程度健康面への配慮が徹底された方が良く売れるため、そういった他の付加価値をつけているものが多いと思います。
そうなると、従来品に比べて無塩のものの方がコストがかかり、相対的な値段が高いという結果になっているのではないでしょうか。
それらの付加価値が同条件であれば、有塩・無塩で値段は変えていないと思います。

この回答への補足

補足です。
無塩で小さいのはカゴメだけのようです(*^.^*)
でも食塩以外は特に違いはないようです┐(´ー`)┌
やっぱり不思議~

補足日時:2001/05/09 18:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ