グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

ずっと気になっていたのですが。

サリンジャーの「笑い男」に出てくる、笑い男の話。
あれは別個の物語として存在するものなのですか?

どこかで読んだような気がするのですが、確かではありません。
それともあれはサリンジャーの創作なのでしょうか?

ご存知のかたいらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>笑い男の話



というのは、コマンチ団の団長が話してくれた“宣教師の一人息子が中国の山賊に誘拐されて、盗賊団の団長になる”、というエピソードのことですね。

サリンジャーの研究書を何冊か見てみましたが、はっきりと出所明示がしてあるものはもとより、何かの影響を受けた、という書き方がしてあるものもありませんでした。

ただ、このエピソードの原型、植民地へ行ったヨーロッパ(アメリカ)人の子どもが両親とはぐれ、一人現地で育っていく、というものは、19世紀ごろには、多くのバリエーションをもった民間伝承としてあったようです。
そうしたものを元に書かれた有名な作品が、キプリングの『ジャングル・ブック』や『少年キム』です。

一方、サリンジャーの短編というのは、周到な計算によって練りに練られたものなので、すでにできあがっていたストーリーを作品の中に借り入れる、ということをしたとは考えにくいのです。
おそらくそうした“誰もが知っているエピソード”を一番根っこのところで借りながら、サリンジャーが創作したものと考えてよいと思います。
質問者さんが“どこかで読んだことがある”と思われたように、団長の話も子どもたちにとっては“どこかで聞いたことがある”話としてスタートし、予想もつかない展開を見せていったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「笑い男」の仮面の下の醜い顔など、子供のころ読んだ記憶があるのですが……。
意識下に刷り込まれた記憶の勘違いだったようです。

『ジャングル・ブック』や『少年キム』は読んだことがありません。

「ナインストーリーズ」は最も感銘を受けた短編集の1つです。

>周到な計算によって練りに練られたものなので

 同感です。それぞれの作品は完成度が高いですね。
 笑い男のエピソードもサリンジャーの創作だとすると、ますます尊敬します。

お礼日時:2003/12/23 14:37

こんにちは。



私も「笑い男」については何かモデルがあると考え、
一時期探しました。それらしき小説や伝承も見つかりましたが、最終的にはある結論に達しました。

それは、「すべてはサリンジャーの頭の中にある」
ということです。つまり、「笑い男は笑い男」であるということに他なりません。

答えになっていませんが、これが私の答えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>それらしき小説や伝承も見つかりましたが

 モデルに近いものがあるわけですね。
 もっともどんな話でも類似したものは見つかると思いますが。
 「笑い男」の話があまりにも完璧なので、てっきり既存の物語が存在するものと思っていました。
 

お礼日時:2003/12/23 14:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサリンジャーの本を読んだのですが、どなたか教えて下さい

最近、サリンジャーの「ナインストーリーズ」というのを読んでます。

9つの短編全てを読みきったわけではないのですが、
どれもこれも
「?」「??」「???」という内容と思ってしまいます。
何をいいたいのか、何が書いてあるのか、何を意味するのかがサッパリわからず、読んでいて、
おぉぉ~、これから面白くなりそうだなって思ったら
「え!?終わり?」みたいな感じです。

多分、私があまりに思慮がなさすぎなんだと思うのですが、せめて、この話、一つ一つの解説などがわかれば、きっと面白いのだろうと思うのですが
どなたか、解説できるor解説の書いてあるHPなど
教えていただけないでしょうか?

ちなみに、サリンジャーの本は、この本が初めてで、一番有名という「ライ麦畑でつかまえて」というのは読んでません。
それと、つけくわえるなら、
上記で読んだという短編は、
「バナナフィッシュにうってつけの日」
「コネティカットのひょこひょこおじさん 」
「小舟のほとりで 」
「エズミに捧ぐ――愛と汚辱のうちに 」
「愛らしき口もと目は緑」
です。
よろしくお願いしますm(__)m

最近、サリンジャーの「ナインストーリーズ」というのを読んでます。

9つの短編全てを読みきったわけではないのですが、
どれもこれも
「?」「??」「???」という内容と思ってしまいます。
何をいいたいのか、何が書いてあるのか、何を意味するのかがサッパリわからず、読んでいて、
おぉぉ~、これから面白くなりそうだなって思ったら
「え!?終わり?」みたいな感じです。

多分、私があまりに思慮がなさすぎなんだと思うのですが、せめて、この話、一つ一つの解説などがわかれば、きっと面白...続きを読む

Aベストアンサー

サリンジャーは若者の心情を表現するのが得意な作家ですよね。「ライ麦……」のホールデン達も16歳位でした。ナインストリーズには、若者、それも子供が多く登場しますね。私は、どれも彼の分身なのではないかな、と思ったりしています。「小舟のほとりで」の、家出をするライオネル少年は、メイドが父親を「ユダ公」呼ばわりしているのを聞いていますが、母親に「ユダ公って何だか知ってるのか」と言われて「ユダコという空に上げるタコの一種」と答え、母親に抱きしめられて、最後は二人でかけっこしながら町にパンを買いに行きます。本当に彼が取り違えているのかどうか分かりませんが、この最後の部分などは映画のワンシーンを観ているように感じました。(サリンジャーの父方はユダヤ人)どの作品も、微妙な、単純だけど割り切れない子供(若者)の心理をよく捉えていると思います。バナナフィッシュの最後は唐突と言えば唐突で、私もあっけにとられましたが。(^^) サリンジャーの文体は、技巧をこらした繊細で緻密なガラス細工の様だとかよく言われますが、その辺りのことまでは言葉の壁がある日本人が、翻訳ものから感じるのはなかなか難しいですよね。
あくまで私見ですが、参考までに書いてみました。

サリンジャーは若者の心情を表現するのが得意な作家ですよね。「ライ麦……」のホールデン達も16歳位でした。ナインストリーズには、若者、それも子供が多く登場しますね。私は、どれも彼の分身なのではないかな、と思ったりしています。「小舟のほとりで」の、家出をするライオネル少年は、メイドが父親を「ユダ公」呼ばわりしているのを聞いていますが、母親に「ユダ公って何だか知ってるのか」と言われて「ユダコという空に上げるタコの一種」と答え、母親に抱きしめられて、最後は二人でかけっこしながら町にパ...続きを読む

QJ・D・サリンジャー ナインストーリーズを読んで

J・D・サリンジャーのナインストーリーズを読みました。
・バナナフィッシュにうってつけの日
・コネティカットのひょこひょこおじさん
ここまで読んだ時点で、全く意味がわからないんです!
登場人物の思考も、サリンジャーが書きたいこともわかりません。
言い方が悪いんですが、シーモアなど狂ってるとしか思えません。
登場人物、おかしな人ばかりではないですか?

ここまで意味がわからない作品を読んだことがないので、どうもスッキリしなくて困っています。
自分自身、何がわからないかもわからなくなってきました。
どうしたらいいでしょうか。
何か解決の糸口やアドバイスがあれば教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
サリンジャーにそれほど詳しいわけではないので、多少まちがった回答をしてしまうかもしれませんが、ご容赦ください。参考までの回答ということでお願いします。

『ナインストーリーズ』ですが、今手元にないのでちょっと記憶が曖昧なのですが、これは、サリンジャーの作品群の中で、1つのカテゴリというか、シリーズに分類できる作品です。
サリンジャーは、シーモアを長兄とした、ある家族というか、七人兄弟の、群像劇のようなシリーズを書いています。
『ナインストーリーズ』はこのシリーズの作品の一つで、9つのどの話も、この兄弟たちの誰かが主人公だったり、モデルだったりしているはずです。

この兄弟のシリーズには、『大工よ屋根の梁を高く上げよ/シーモア序章』と『フラニーとゾーイー』という、二つの新潮文庫があります。こちら先に読まれるといいと思います。ナインストーリーズよりも、長めの中編なので、物語の筋や兄弟の状況がよく掴めると思います。

すごく、おおざっぱに単純化した説明をすると、この兄弟は、子供の頃から、神童を売りにしたTV番組に兄弟で出演し続けて、それで学費を稼いで育ってきた兄弟という設定です。神童ですから、とても頭がいい兄弟です。
ただ、特殊な子供時代を送ってきたことによって、うまく大人になってゆくことができません。シーモアをはじめ、兄弟の誰もが世界に馴染んでいくために苦しい格闘しなければならないのです。頭がよすぎることや、あるいは繊細すぎることが、彼らをとても苦しめてしまいます。
・・・単純化してのっぺりと説明してしまうと、そういった兄弟の話になるのですが、たとえ神童でなくても、TV番組に出続けていなくても、同じように、大人になるためには誰もが似たような苦しみを味わうものでもあるので、それが、このサリンジャーのシリーズが読者を惹きつける理由になっています。

『ナインストーリーズ』は、そういった兄弟の物語の中の物語のような位置にあります。先にも書きましたが、新潮文庫の他の『フラニーとゾーイー』などを先に読まれると、『ナインストーリーズ』もわりと理解できるのではないかと思います。

ちょっと、長い説明になってしまいましたが、参考にしてくださいね。

こんばんは。
サリンジャーにそれほど詳しいわけではないので、多少まちがった回答をしてしまうかもしれませんが、ご容赦ください。参考までの回答ということでお願いします。

『ナインストーリーズ』ですが、今手元にないのでちょっと記憶が曖昧なのですが、これは、サリンジャーの作品群の中で、1つのカテゴリというか、シリーズに分類できる作品です。
サリンジャーは、シーモアを長兄とした、ある家族というか、七人兄弟の、群像劇のようなシリーズを書いています。
『ナインストーリーズ』はこのシリ...続きを読む

Q除湿機って、夏に使うと涼しいですか?

新聞の折込広告を見ると、1日で7リットル除湿できるとか書いてありますが、
それだけ除湿できると、かなりカラッと乾燥するのでしょうか?
夏場の蒸し暑い日に、使用すると涼しく感じますか? 
エアコン無しで。 部屋の窓締め切りで、 除湿機 + 扇風機 で。 
 
やっぱり、夏は、エアコンしかないですかね?? 
来年、引越しの予定なんで、エアコン工事がもったいないと思って、
今年の夏は、なんとかエアコン無しで乗り切りたいんです。
 
なにかいい方法はないでしょうか? 
 
今日、梅雨明けしてしまいました。 北関東在住です。 
夏は、最高で38度ぐらいの日もあります。 

Aベストアンサー

デシカント方式よりも部屋の温度上昇が少ないと言われているコンプレッサー式でも、かなり室温が上昇します。
排気は暖房を入れてる状態に近いです。
外気温38度といったら、除湿機かければ平気で45度とかになってしまうと思います。
そうなれば、扇風機をかけていても熱の放散ができずに、かなりの汗をかくと思います。
全くお勧めできないです。

余談ですが、部屋干しの洗濯物のある部屋で寝ると、そこから冷たい空気が吹き降ろしてきます。
これが意外と快適。
そこから考えると、タンクに水を入れて使う冷風扇のほうが有効だと思います。


人気Q&Aランキング