『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

梅酒を造ろうと思ってますが、手許に白砂糖とザラメはいっぱいあるんだけど「氷砂糖」がないので、ザラメで造ったらどうなのかなぁと思ってます。やっぱりダメですか?
スーパーで氷砂糖の成分表示を見たら、「原料=グラニュー糖」ってなってたので、グラニュー糖でも良いのかなぁなどとも思ってますが...
(なんで「氷砂糖」なのかも良く分からないけど、何か理由があるのですか?)

A 回答 (3件)

使えますが色々とポイントが変ってきますし、味にクセが出てきます。


それを承知で使うというのなら問題はないと思います。
氷砂糖を使う理由は、先ず一つ目に砂糖としての純度が高い(雑味が少ない)ということです。 クセの強いものは梅の風味を損ねます。
(ホワイトリカーを使うのも梅の風味を生かすためです。ですから、ほかのお酒でもできないというわけではありません。)
それに氷砂糖はゆっくり溶けるので、梅の成分がしみだしてくる速度とバランスがいいと言われています。
一番の理由はやっぱり溶ける速度ですね。

ちなみに砂糖を入れないで梅酒を作るという方法もあります。
大人の梅酒という感じでおいしいです。
甘さかほしければ出来てから、シロップを入れて飲めばいいのです。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

回答を参考にして、今年は砂糖を入れないで作ってみようかと思ってます。

お礼日時:2012/05/18 11:44

構わないですよ。


飲む分には


ザラメは色がついているので梅酒が濁ります、飲む分には一緒ですから色を気にしないのであれば、それで作ってもかまいません。

氷砂糖はグラニュー糖から作られています。
グラニュー糖の結晶ですね、氷砂糖を細かくしたものがグラニュー糖

白砂糖は、グラニュー糖より甘くないですから、グラニュー糖より量を多く入れる事でちゃんと梅酒になります、濁らないし
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
そうですね、まあ自分で飲むわけだからあんまり気にしなくても良い訳ですよね。

お礼日時:2012/05/18 11:42

氷砂糖は粒が大きいので、ゆっくり溶けます。

これが原因です。
早く解けるとお酒に糖分が先に溶け出して、お酒側が濃くなり、浸透圧の関係で梅の中の水分がお酒にどんどん出て行ってしまい梅の成分が出にくくなるからです。
ですからグラニュー糖でもザラメでも作れますが、一気に入れると美味しい梅酒が出来ません。
グラニュー糖などを使う場合は少量ずつ日にちをおいてこまめに入れる必要があるということになり、面倒なのです。氷砂糖ならゆっくり溶けるので1度漬けて後は置いておくだけというやり方が出来るから、氷砂糖を使うと良いと言われています。

参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
な~るほど、氷砂糖を使い理由が良く分かりました。

お礼日時:2012/05/18 11:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホワイトリカーって焼酎のことですか?

アロエ酒を作りたくて、本にあった
「ホワイトリカー」を買いに行ったのですが
その名前ではありませんでした。
ホワイトリカーとは焼酎のことかなとも
思うのですが、そうでしょうか?

もしそうだとしたら、
焼酎と言ってもいろいろ種類があるようですが
一般にアロエ酒などに使うにはどんな種類の
焼酎がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ホワイトリカーは甲類の焼酎で、アルコール分は35%です。一般的には広口瓶入りの大容量で売られていますが、一升入り紙パックもあります。
ただ「ホワイトリカー」でなければいけないということはなく、甲類の焼酎で35%でしたらOKです。が、なるべくプレーンな(?)ものがいいでしょう。代表的な銘柄は「宝焼酎」で、昔ながらの丸底瓶の、あれです。「純」「トライアングル」などでもいいのですが、割高になりますし、風味が微妙に違います。

なお焼酎にはその甲類の他、乙類というのがありまして、「蕎麦焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などがそれです。銘柄名「いいちこ」「雲海」などなどたくさんありますが、この乙類はそれぞれ素材の味や香りがついてますので、果実酒にはまったく向きません。最近は乙類がブームで、コンビニやスーパーの類いのお店だと、棚に並んでいるのは乙類の方が多いと思います。ラベルに「甲類」「乙類」の別は必ず記載されていますので、お店で品物をとってみてください。

Q梅を取り出さなかった10年以上の梅酒、飲めますか。

10年以上(記憶も定かでない)も前に漬け込んだ梅酒が出てきました。梅を取り出さなかった(ここが問題)ため、飲めるかどうか気にしています。何方か経験の有る方のアドバイスをお願いします。
(1)ブランデーと氷砂糖で漬け込んだ。
(2)ふたを開けるのに相当力が必要だったため、空気には触れていないと思われる(密閉されていた)。
(3)流しの下の冷(?)暗所に保存。
(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
(6)臭いは普通。特にくさい臭い等は無く梅酒の臭い。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
折角見つけたので是非飲みたいと思っているのですが...。

Aベストアンサー

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
梅の実を長く入れすぎた時に良く出る苦味があります。
もしくはヘタを取り損ねていると、それがエグミの元にもなります。
いずれにしても梅の方は味的に食用には向かないと思います。

これ以上の酸化防止に、一升瓶など遮光の保存瓶に移し変えましょう。
10年物の場合は、底の方に澱が溜まっている可能性があります。
そっと移し、出来ればガーゼ+コーヒーフィルターで漉すと良いでしょう。
漉す事で、エグミが取れる場合も多いです。
【漉し方】
※まず上澄みを先に他の瓶に移し、濁ってる部分だけ漉すようにしましょう。
100均で売っている大判ガーゼと、味噌漉しを用意します。
3枚以上重ね味噌漉しを覆うようにセットし、空気が混ざらないようゆっくり流しいれます。
ある程度目詰まりするようになったら、新しいガーゼに替えます。
ガーゼで荒い澱が除けたら、コーヒーフィルターです。ドリッパーにセットしやはりゆっくり流します。
目詰まりで液が出なくなったらこまめに取り替えます。
最初からコーヒーフィルターでやると、目詰まりばかりおこし、何時間もかかりますのでご注意ください。

アルコール感はまだかなり残っていますか?もしかしてかなり飛んでいませんか?
アルコールが飛んでいるとやはり酸化しやすいのでこれも手入れが必要です。
アルコールの回復には、新梅酒の追加が一番良いです。
もしも今年梅酒を漬けていれば、それをたっぷり足してください。1:1ぐらいまで大丈夫です。
新梅酒が無い場合は、漬けた酒と同等の酒を追加します。
1.8リットルで漬けているなら750mlほど足してみてください。

せっかくの10年梅酒、是非美味しく飲んでくださいね!

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味...続きを読む

Q氷砂糖じゃないとダメ?

梅酒と梅サワー(焼酎の代わりに酢を入れるもの)を毎年作っています。
この際、氷砂糖を使わないとダメなのでしょうか?
例えば、グラニュー糖、キビ砂糖、三温糖・・・などではうまくつからないもの
なのでしょうか?

ご存知の方がいらしたら教えてください。
また、実際に氷砂糖以外でつけてうまくいった、というものがあったら
あわせて教えてくださいね。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私はまったく砂糖は入れません。蜂蜜なども。
ただ梅と焼酎だけです。このやり方ですと「大人の梅酒」が出来ます。できてからも梅は取り出さずにほってます。にごりませんよ。二年もすると高級酒の趣です。甘いのがいい、という人には飲む時にシロップなり、蜂蜜なりを足します。だまされたと思って一回、少しだけでも試してみてください。あとみりんでつけるのもなかなかです。梅シロップにちかくなるかとおもいますが、三杯酢風に料理にも使います。早いうちなら水やソーダで割って飲み物としてもいけそうですよ。

Q梅を土用干ししたあと、どうすばいいのでしょうか?

今年初めて梅干しを漬けました。まだ先の事なんですが、土用干しをしたあとの梅はまた梅酢に漬けて保管するのでしょうか?それとも、別の容器に入れて保管するのでしょうか?教えて下さい。
あと他に気おつけなければいけない事がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

2種類の方法があります。

その1 土用干し後の梅だけを保存容器に移す。
その2 土用干し後の梅を梅酢の中で手泳がせ、それを直ちに引き上げ、保存容器に移す。

その1の作り方では、カラカラとしたものに仕上がり、その2の作り方では、しんなりとしたものとなります。硬いか柔らかいか、というか、水分を感じないか・感じるかというどちらかのものとなります。よりお好みのものに近い保管法を選択なさるとよいかと思います。半分づつ、2種類ともお試しになさるのも、後々、役に立つかもしれません。どちらにしても、保存容器は消毒(煮沸又は熱湯)なさると安心できます。容器としてはホーローかガラス製が望ましいです、酸に強いので。梅が入る大きさがあるなら、わざわざそのために購入なさらずとも、お手持ちの空き瓶でも大丈夫ですよ。
土用干しをするときははお天気具合が気にかかりますね。たいへんですが、できれば、晴天の続く数日間を費やして、1度くらいは裏表を返しながらすれば、よくよく干しあがります。
また、梅酢も捨てずに別の瓶かペットボトルなどに保存しましょう。殺菌力が強いので何かと生活に使えますし、料理の際にも活用できます。ただ、白梅酢より赤梅酢は強烈なので、ご使用に際しては、後一考なされるとよいと思います。

2種類の方法があります。

その1 土用干し後の梅だけを保存容器に移す。
その2 土用干し後の梅を梅酢の中で手泳がせ、それを直ちに引き上げ、保存容器に移す。

その1の作り方では、カラカラとしたものに仕上がり、その2の作り方では、しんなりとしたものとなります。硬いか柔らかいか、というか、水分を感じないか・感じるかというどちらかのものとなります。よりお好みのものに近い保管法を選択なさるとよいかと思います。半分づつ、2種類ともお試しになさるのも、後々、役に立つかもしれません。...続きを読む

Q梅酒の梅がしわしわにならないのは何が悪いの?

去年、梅酒を作りました。母が作っていた梅酒の梅はエキスが全部出てしわしわになっていたのですが、私の作った梅酒の梅は漬けた時とかわらずふっくらしてリカーを沢山含んでます。そのせいか、梅酒自体に梅の味があまり出ていないように思います。今年こそは失敗しないで作りたいのですが、何がいけないんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

しわしわになっていた時のレシピと比べて、砂糖(氷砂糖等)の量が控えめじゃないですか?
浸透圧の差で梅の中の水分が吸い出されますが、砂糖が薄いと、その程度が低くなるのではないかと思います。

参考URL:http://www.charsbar.com/japanese/index.cgi/note/how_to_make_umeshu

Q氷砂糖を使う理由

調味料として考えたとき、氷砂糖も砂糖も成分はほとんど変わらないものと考え甘味料として使います。
赤漬を作ってみようと思っていて、レシピを調べたところ、材料には氷砂糖とありました。
(括弧書きで砂糖でも可とあったのですが。)

氷砂糖を使うメリットはなんなのでしょうか??

果実酒なんかも氷砂糖を使いますよね…。
氷砂糖はじっくりゆっくり溶ける感じがします。
スープなどを強火で煮込むんじゃなくて
弱火でコトコト煮るのと同じような原理なのでしょうか?

Aベストアンサー

科学的にはこちらの説明が納得いきます。

 ・http://www005.upp.so-net.ne.jp/konan/af-1215.htm
  実験12-15 『白砂糖で果実酒はできないの?』

 【原理】部分をお読み下さい。『氷砂糖は酒(アルコール水溶液)の中でゆっくり溶けていくため,初めはアルコールが梅の実に浸透していき,氷砂糖が溶けてアルコール水溶液が砂糖の濃い溶液になると梅の実のエキスを十分溶かしたアルコールが梅の実の外に出てくる』事がメリットになりそうです。

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/konan/af-1215.htm

Qホワイトリカーの値段の違い

梅酒をつくるホワイトリカーって、複数のメーカーのものがありますよね。
アルコール度数は同じなのに、紙パック1.8L入りで900円~1300円と差があって、タ○ラみたいな有名メーカーのものが高く、地元の無名メーカーのものは安いようです。
今までは、単純に「無名メーカーのは叩き売られるのかな」などと思って今年も最安値のものを買ったんですが、ふと、もしかして材料の違いとか味の違いとかあるのかも?と思いました。

けど、たとえ材料が違っても、甲類焼酎なら原料の匂いはほぼ消えているので、梅酒にしちゃえば味の差は分からないんじゃないかと思うのですがこのあたりもどうなんでしょう。

整理すると、
○ホワイトリカーの値段が違う理由
○安いものと高いものの味の違い
です。知ってる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2度目の登場です。

>たとえばモラセスの品質が違ったり~~
「モラセス」は先にも書きました通り、サトウキビを搾った液を砂糖の原料となる、純度の高い糖液を抽出した後に残る、言わば「絞りかす」なわけで、元々は捨ててしまうような物。とても品質を語れるようなシロモノではありません。
サトウキビの品種は「より高濃度の糖液を作る」事と「気象による影響を抑える」事に特化しており、「絞りかすで酒を造ること」に関してはまったく配慮されていません。
葡萄や米はお酒を造ることを目的に作られていて、その絞りかすも品質を語ることができるのとはワケが違うのです。

>アルコールで輸入して日本で調整したりで安くなったりとかはないんでしょうか?
アルコールにして輸入した場合、現地で加工した方が人件費は安く済みますし、原料で輸入するより輸送コストは安くなります。
しかし輸入関税がかかります。
輸送費の関係で高濃度アルコールで輸入されることになると思います(薄めればそれだけ嵩が増しますから)が、それだと「飲用アルコール」ではなく「原料用アルコール」扱いになるから関税は安くなるのかな?
まぁどっちにしろ「原料で」輸入されることはないでしょう。
そうなると各社の価格差はなくなることになりますね。
この辺の細かい所までは残念ながらよく知りません。

残りは「企業努力」ぐらいでしょうか?
事実お酒のディスカウントでも同じ商品の価格がお店によって500円も違うようなことはよくあることですし。

2度目の登場です。

>たとえばモラセスの品質が違ったり~~
「モラセス」は先にも書きました通り、サトウキビを搾った液を砂糖の原料となる、純度の高い糖液を抽出した後に残る、言わば「絞りかす」なわけで、元々は捨ててしまうような物。とても品質を語れるようなシロモノではありません。
サトウキビの品種は「より高濃度の糖液を作る」事と「気象による影響を抑える」事に特化しており、「絞りかすで酒を造ること」に関してはまったく配慮されていません。
葡萄や米はお酒を造ることを目的に作られてい...続きを読む

Q梅干の皮を柔らかくする方法は?

梅干の皮を柔らかくする方法は?
家内が毎年梅干を作っています。本の通りにやっているのですが、市販の物に比べ皮がかたいといっています。過去の質問を検索すると、土用干しをすると柔らかくなるということですが、家内も土用干しはしているようです。干し方が足りないのでしょうか。干し方の目安はありますか。それとも他にも原因があるのでしょうか。はっきりしないので、質問させて頂きます。

Aベストアンサー

>「皮」も柔らかく出来ると理解してよろしいでしょうか?

我が家では塩分が濃いまま保存しており、食べる時に有る程度まとめてお湯に短時間つけ込み塩出しをしています。
その後、食器乾燥機で有る程度水分を飛ばして居ますが、これをすると梅干しの皮も相当に柔らかくなって、場合によっては皮が破れる物も有るほどです。
とりあえず少しだけ試してみられてはいかがでしょう。

Q梅酒作りの途中で振り混ぜる?

梅酒作りに初めて挑戦しました。氷砂糖をウメの上に載せて焼酎を加える、と教科書?に書いてありその通りにしました。 今日で2日たちますが、ビンの底に全て溶けた砂糖の非常に濃い層ができて、水面のほうの焼酎層とは、砂糖の濃度に差があります。軽く揺するとモワモワっと、アイスコーヒーのシロップ層のような状態です。 ウメは表面に近い焼酎層より比重がかるいのか半分くらいが水面に顔をだしています。 さて、このまま10年くらい放置しておいて良いのでしょうか。それとも砂糖の濃い->薄い層をむらなく振り混ぜていいのでしょうか?振り混ぜるとするとその時期と頻度は? 

Aベストアンサー

こんにちわ。
最近梅酒造っていないんですが、私が以前造った時は、梅と氷砂糖を層にして漬けました。
でも、まだ2日ですよね。まだまだこれからおいしくなりますね。
だんだん梅に焼酎が染みてきて沈んできます。振り混ぜた事はないんですが、振り混ぜない事が正解とか振り混ぜる事が正解とは実はわからないんです。
ただ、振り混ぜなくてもおいしく飲めましたよ、という事だけです(笑)。
ごめんなさい、答えを出せなくて。
もう少し、様子を見てみましょう。何ヶ月か経過して、ちょっと味見して甘味が足りなかったら、途中で氷砂糖足すのもO.Kですよ。
参考までに・・。

Q梅酒の梅に穴は空けるの?空けないの?

今年初めて梅酒を漬けます。
色々レシピを検索したのですが、梅酒に使う梅に『傷をつけてはいけません』と書かれたレシピと『フォークや剣山で表面に穴を空けましょう』と書かれたレシピが見つかり、『?????????』です。
多分どちらでも作れるのでしょうが、いずれかの方法で作ったことの有る方、それぞれの違いを教えて下さい。

今年は手間が省けるので穴を空けないでトライしてみますが、(明日漬けるので)とにかく疑問なので教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

両方やったことありますよ。
昔は、フォークでぷつぷつ穴をあけてつけてました。そのときは、しわしわにならずふっくら仕上げるためと認識してましたが、数年前、ためしに穴をあけずにつけてみたところ、見た目はしわしわでしたが歯ごたえがあるものに仕上がりました。
我が家では後者のしわしわだけど歯ごたえがあるほうが好評で、以来穴をあけずにつけてます。


人気Q&Aランキング